ドコモ光 速度 遅い

ドコモ光の速度が遅い場合、次のような対処法を試すことで改善が期待できます。

ドコモ光はプロバイダ毎に実測値が異なるため、速度が遅いと感じる場合はプロバイダ変更が有効な手段の一つとなります。

ドコモ光のプロバイダ実測値ランキングおすすめのプロバイダを参考に、ドコモ光のプロバイダを変更してみましょう。

この記事では、実際に他社と比べてドコモ光は遅いのかという比較や、スピードテストをする方法についてもご紹介していますので、ドコモ光の速度について疑問点がある方は、是非参考にしてみてください!


光回線名キャンペーン内容+おすすめポイント公式サイト
ドコモ光(代理店GMOとくとくBB) ドコモ光・無条件で38,000円のキャッシュバック

・他社からの解約違約金15,000円キャッシュバック

・10ギガプランお申し込みで追加13,000円キャッシュバック(総額最大66,000円)

・v6プラス対応高性能Wi-Fiルーターを無料レンタル

・モバイルWi-Fiルーターが最大3ヶ月無料

・インターネット安心セキュリティサービスが1年間無料

・「ドコモ光専用無料訪問サポート」が無料
ドコモ光×GMO公式サイト

\現金最大66,000円キャッシュバックがお得!/

※本記事は2024/4/24時点の情報です。詳細は各公式ページをご参照ください。
記事内の「実質月額」と「契約期間内の総額」は以下の計算式で算出しています。
※1:実質月額料金={(契約期間×月額料金)+初期費用(工事費・端末代・オプション料金・契約事務手数料など)-(キャッシュバック+月額料金割引)}÷契約期間
※2:契約期間内の総額={(契約期間×月額料金)+初期費用(工事費・端末代・オプション料金・契約事務手数料など)-(キャッシュバック+月額料金割引)}
実測値参考元:みんなのネット回線速度

目次

ドコモ光の速度が遅い場合の対処法9選

ドコモ光 速度 遅い 対処法

ドコモ光を使っていて、速度が遅いなと感じる場合の対処法を9つご紹介します。

速度が遅いからと言って、すぐに別の光回線に乗り換えるのではなく、これらの対処法を試して速度が改善されるか試してみましょう。

それぞれの対処法について、詳しくご紹介していきます。

プロバイダを変更する

ドコモ光は、使用するプロバイダによって実測値が異なります。

速度が思ったように出ないなと感じる人は、実測値が速いプロバイダへ変更すると、改善する場合があるので、試してみましょう!

プロバイダの変更手順と、電話の連絡先については次の通りです。

プロバイダ変更手順
  1. 全国のドコモショップ、または電話でプロバイダ変更を申し込む
  2. 新しいプロバイダ先から契約書類とルーターが届く
  3. プロバイダが切り替わったら、ルーターのID・パスワードの再設定を行う
  4. 変更前のプロバイダでレンタルしていたWi-Fiルーターがあれば返却する
プロバイダ変更の連絡先ドコモインフォメーションセンター

電話:151または0120-800-000

受付時間:9時~20時/年中無休

ドコモ光のプロバイダ変更についてはこちら

ドコモ光のおすすめプロバイダ

ドコモ光のプロバイダの中でも、おすすめしたいのは「GMOとくとくBB」です。

実測値も速いプロバイダで、タイプAに属しているため月額料金もタイプBに属するプロバイダより200円安く、キャッシュバック・キャンペーンも充実しています。

【GMOとくとくBBがおすすめな理由】

  • 最大66,000円のキャッシュバックが受け取れる
  • 無料キャンペーンが充実している
  • タイプAなので月額料金がタイプBのプロバイダに比べると200円安い
  • ドコモ光で使えるプロバイダの中でも速度が速い
  • ユーザー評価や満足度が高いプロバイダ

最大66,000円のキャッシュバックは、オプション契約の必要が無く、受け取りが利用開始から5ヶ月後と比較的速く設定されているため、受け取り忘れの心配も少ないです。

GMOとくとくBBの独自キャンペーンとして、IPv6に対応したWi-Fiルーターが1Gプランは無料で、10Gプランは309円でレンタルできます。

これからルーターの購入を検討している人や、買い換えを検討している方は、是非こちらのキャンペーンを活用してください!

ドコモ光のプロバイダのおすすめについてはこちら

ドコモ光プロバイダの速度ランキング

実測値を確認できるみんなのネット回線速度では、ドコモ光のプロバイダ速度ランキングを掲載しています。

直近3ヶ月で計測された速度を元にした平均実測値でランキングを作成しているため、現在の実測値とは異なる速度が出ている場合もありますのでご了承ください。

速度ランキングプロバイダ実測値
1位ASAHIネット下り:370.21Mbps

上り:365.27Mbps

2位ドコモnet下り:363.17Mbps

上り:384.62Mbps

3位WAKWAK下り:346.49Mbps

上り:296.49Mbps

4位OCN

※新規受付終了

下り:283.26Mbps

上り:285.75Mbps

5位GMOとくとくBB下り:277.06Mbps

上り:311.26Mbps

6位BB.Excite下り:272.47Mbps

上り:297.28Mbps

7位@TCOM下り:250.18Mbps

上り:253.79Mbps

8位Yahoo!BB下り:249.6Mbps

上り:226.89Mbps

9位エディオンネット下り:247.99Mbps

上り:223.09Mbps

10位plala

※新規受付終了

下り:245.19Mbps

上り:238.19Mbps

11位So-net下り:242.25Mbps

上り:235.33Mbps

12位@nifty下り:230.17Mbps

上り:287.68Mbps

13位BIGLOBE下り:228.17Mbps

上り:243.25Mbps

14位DTI下り:222.34Mbps

上り:263.53Mbps

15位andline下り:208.72Mbps

上り:272.06Mbps

16位楽天ブロードバンド下り:168.07Mbps

上り:191.01Mbps

17位InfoSphere

(NTTPCコミュニケーションズ)

下り:128.6Mbps

上り:209.02Mbps

18位hi-ho下り:104.64Mbps

上り:221.51Mbps

このように、ドコモ光はプロバイダ毎に実測値に違いがあります。

あくまでも参考程度とはなりますが、遅い実測値平均が計測されているプロバイダを利用中の場合はランキング上位のプロバイダへの変更がおすすめですよ。

接続機器の再起動をする

機器の再起動をすることで、速度が改善することがあります。

パソコンやスマホ、ルーターといった機器の再起動をしてみましょう。

再起動をする場合は、必ずデータのバックアップを取っておく事をおすすめします。

  1. パソコンやルーターの電源をオフにする
  2. 機器をつなぐケーブルの緩みを確認
  3. 再度パソコンやルーターの電源を入れ直す

※引用元:ドコモ光/ahamo光の宅内機器の操作・確認方法

停電復旧後につながらなくなった場合は特に、機器の再起動が有効です。

PCやスマホなどの機器を最新機種に買い替える

利用中のPCやスマホが古い機種だった場合、最新機種に買い換える事で通信速度が上がります

とはいえ、かなりお金がかかる改善方法となるので、まずは利用中のOSが最新のバージョンであるかを確認しましょう。

バージョンを最新のものにアップデートすると、通信速度が改善する場合があるので、まずはお使いの機種をご確認ください。

ケーブルなどを最新規格のものに変更する

回線の通信規格が最新でも、ケーブルがそれに対応していなければ、思ったような通信速度が出ません。

1ギガを使っている人は「Cat.6」、10ギガを使っている人は「Cat.7」のLANケーブルへの買い替えがおすすめです。

また、ルーターと機器を接続しているLANケーブルは消耗品で、耐用年数はおよそ20年といわれていますが、利用方法によっては数年で不具合が出る事もあります。

何年も利用していると劣化し、通信速度が低下する原因となりますので、この場合も最新規格のものへ変更することをおすすめします。

10ギガプランにプラン変更をする

現在ドコモ光の1ギガを利用していて、通信速度が遅いなと感じる方は、10ギガへのプラン変更もおすすめの方法です。

月額料金が上がったり、利用可能エリアは限られたりしますが、エリア内であれば1ギガよりも10ギガの方がはやい通信速度で利用できます。

速度をより必要とするオンラインゲームや動画配信を目的とした利用がメインという方は、10ギガプランへのプラン変更をご検討ください。

【10ギガプランへの変更方法】

  1. Web・ドコモショップ・インフォメーションセンターからプランの変更申し込み
  2. 工事日の打ち合わせ
  3. 1Gか10ギガへ切替え工事
  4. 工事完了後、ルーターや周辺機器の接続設定をして利用開始

プラン変更には事務手数料3,300円と工事費22,000円が発生します。

10ギガに切り替えた場合、ルーターも10ギガの通信速度に対応したものを用意する必要があるので、用意を忘れずにしておきましょう!

>ドコモ光10Gの評判はこちら

ドコモ光×GMOとくとくBB:https://gmobb.jp/service/docomohikari/

\現金最大66,000円キャッシュバックがお得!/

マンションの場合接続方式を確認する

マンションにお住まいで、建物の接続方式がADSLやVDSLの場合、最大通信速度が遅いため、実測値も遅くなります。

ADSLの最大通信速度は下り50Mbps・上り5Mbpsで、VDSLの最大通信速度は下り100Mbps・上り50Mbps〜100Mbpsです。

ドコモ光の最大通信速度は1ギガの場合1Gbps、10ギガの場合10Gbpsなので、大きく差があることがわかりますね。

いくら早い通信速度の光回線を導入しても、建物の接続方式によっては、思ったように速度が出ないことがあるので覚えておきましょう。

通信障害が起きていないか確認する

周辺機器やケーブルの問題ではなく、ドコモ光の通信障害が原因でインターネットが使えなくなる場合もあります。

ネットに全くつながらなくなってしまった場合は、必ず公式サイトで通信障害やメンテナンスがおこなわれていないか確認しましょう。

ドコモ光の通信障害は、ドコモ光公式サイトにある「重要なお知らせ(通信障害等)」をご覧ください。

通信障害が発生している場合は、残念ながら復旧するまでインターネットに接続できません。

障害の復旧を待ってから、再度利用を開始しましょう。

接続台数を減らしてみる

1つのルーターに何台も機器を接続していると、通信速度が遅くなります。

特に家族でスマホやPC、タブレット等を同時に何台も利用すると、回線の混雑が発生してしまうため、使っていない機器は接続を解除しておくといった工夫が必要です。

大きなデータのDLをするときも、接続台数を減らすことで、スムーズに作業が進む可能性が高いです。

PCのメモリを増やす

パソコンのメモリが少ないと、パソコン自体の動作が遅くなったり、通信速度が遅くなったなと感じることがあるため、メモリの増設も有効な手段の一つです。

パソコンのメモリを確認し、残りの容量が少ない場合は、不要なデータやゲームアプリを削除したりして、メモリの空き容量を増やしてください

ドコモ光×GMOとくとくBB:https://gmobb.jp/service/docomohikari/

\現金最大66,000円キャッシュバックがお得!/

ドコモ光の通信速度は遅い?他社光回線と比較

ドコモ光 速度 遅い 比較

ドコモ光の通信速度を、他社主要光回線と比較すると、次のようになります。

光回線実測値
ドコモ光下り:262.47Mbps

上り:277.96Mbps

ビッグローブ光下り:241.3Mbps

上り:262.64Mbps

ソフトバンク光下り:305.27Mbps

上り:332.49Mbps

GMOとくとくBB光下り:230.12Mbps

上り:289.1Mbps

auひかり下り:518.67Mbps

上り:517.31Mbps

NURO光下り:619.84Mbps

上り:621.89Mbps

独自回線を使用してサービスを提供している「auひかり」や「NURO光」と比べると、光コラボのドコモ光の実測値は劣ります。

しかしながら、その他の同じ光コラボの回線と比較すると、速いほうの速度が出ているということがわかりますね。

ドコモ光の通信速度は決して遅くなく、通常利用では問題の無い実測値平均が出ているのです。

ドコモ光の通信速度が遅いということはない

ドコモ光の通信速度は、決して遅くありません。

オンラインゲームや動画配信も十分に楽しむことのできる速度が出ています。

ただ、お住まいの場所や建物によっては思ったように速度が出ないこともあり、実際には使ってみないとどのくらいの速度がでるかわからないというのが現状です。

SNSや評判サイトでは速度に関する悪い評判をよく見かけるかと思いますが、悪い評判だけに惑わされないよう注意が必要です。

ドコモ光ならオンラインゲームや動画配信なども快適にできる可能性が高い

ドコモ光であれば、オンラインゲームや動画配信といった速度を必要とする利用方法がメインの場合でも、快適に楽しめる可能性が高いです。

対応エリアは限られていますが、10Gプランもあるので、より速度を必要とされる方にもおすすめです。

10ギガプランの場合、GMOとくとくBBの窓口から申し込むことで、最大66,000円のキャッシュバックを受け取れたり、月額料金309円でお得にレンタルできます。

オンラインゲームや動画配信を快適に楽しみたい人は、ドコモ光をご検討される際に1ギガと10ギガ両方のプランをご検討ください。

>ドコモ光の評判はこちら

>ドコモ光10Gの評判はこちら

ドコモ光の通信速度が遅い。クレームを入れたい場合どこに問い合わせれば良い?

ドコモ光の通信速度が遅く、対処法を試してみてもあまり改善が見られない場合、ドコモインフォメーションセンターへ問い合わせましょう。

【ドコモインフォメーションセンター】

電話:151または0120-800-000

受付時間:9時~20時/年中無休

また、電話だけでなくメールやLINE、チャットでの問い合わせも可能です。

まずはクレームを入れる前に「ドコモ光の速度が遅い場合の対処法9選」を参考に、改善するか試してみましょう。

電話をかける場合は、時間帯や曜日によって繋がりにくいこともあります。

できるだけ土日や、平日の昼休み時間・夕方以降を避けると比較的つながりやすいようです。

ドコモ光×GMOとくとくBB:https://gmobb.jp/service/docomohikari/

\現金最大66,000円キャッシュバックがお得!/

ドコモ光の通信速度が100Mbpsしか出ないのはなぜ?

ドコモ光を利用していて、通信速度が100Mbps程度しか出ない場合、次のような原因が考えられます。

  • LANケーブルの劣化や規格の古いケーブルを利用している
  • 無線利用の場合、ルーターの設置場所に問題がある
  • PPPoE接続方式を使用している
  • マンションの接続方式がVDSLになっている
  • 古いパソコンやスマホを使用していて処理速度が遅くなっている

特に、マンションの接続方式がVDSLの場合は、100Mbps以上の速度は出ません。

接続方式に問題が無く、他の原因が考えられる場合は、ケーブルや周辺機器の確認をしてみてください。

ドコモ光の速度が遅い場合の対処法9選」の見出しも参考にして、速度の改善を試してみましょう。

ドコモ光の夜の通信速度が遅くなりがちなのはなぜ?

ドコモ光に限らず、多くの光回線で夜間の通信速度は遅くなりがちですが、これは夜間の方が日中よりも回線利用者が多くなることから発生します。

回線利用者の人数が増えると、通信の渋滞が起こりやすく、比較的利用者が抑えられている昼間の時間帯に比べると速度が出にくくなるのです。

大容量の通信をおこなう場合は、混雑する時間帯を避けて利用するのがおすすめですよ。

ドコモ光はIPv6に対応している?

ドコモ光は、IPv6に対応しています。

以前はIPv6に対応していないプロバイダもありましたが、2024年4月現在全てのプロバイダでIPv6が利用できます。

IPv6を利用するためには、対応したルーターが必要です。

おすすめの申込窓口のGMOとくとくBBでは、IPv6に対応したルーターを1Gプラン契約時に無料レンタルできるキャンペーンが開催されています。

ドコモ光にこれから申し込む方で、現在IPv6非対応のルーターを利用している方や、買い替えを検討している方は、こちらのキャンペーンの利用がおすすめです。

>ドコモ光×GMOとくとくBBについてはこちら

ドコモ光×GMOとくとくBB:https://gmobb.jp/service/docomohikari/

\現金最大66,000円キャッシュバックがお得!/

ドコモ光のスピードテスト(速度測定)をする方法

ドコモ光 速度 テスト

実際にドコモ光を利用している方が、スピードテストをするには通信速度を外部サイトで測定するのがおすすめです。

上記2つの方法についてご紹介していきます。

また、スピードテストに関連した質問として…

という疑問についても解説していきますので、合わせてお読みください。

ドコモ光の速度を測りたいなら当サイトのスピードテストがおすすめ

当サイトでは、ワンクリックで通信速度の測定ができる「スピードテスト」があります。

PC・スマホのどちらからでも測定できるので、是非ご活用ください。

いつでも計測できるよう、ブックマークやお気に入り登録しておくと便利です。

みんなのネット回線速度で計測することもおすすめ

当記事でご紹介している実測値平均が確認できる「みんなのネット回線速度」を使って速度を計測するのもおすすめの方法です。

みんなのネット回線速度では、測定後に平均速度との比較や、ダウンロード速度・アップロード速度の評価を確認できます。

平均実測値は、測定状況が人によって異なるためあくまでも目安の数値として見ることが大切です。

ただ測定するだけでなく、平均速度との比較や他の光回線の実測値平均も確認したいという方はこちらの計測サイトの利用がおすすめですよ。

実測値計測サイトによって速度が異なるのはなぜ?

実測値の計測サイトによって速度が異なるのは、測定時のサーバーまでの通り道の混雑具合や、測定時間帯の違いにより発生するからです。

同じサイトからの速度計測でも、ちょっとした時間帯の違いによって全く異なる速度結果が出ることがあります。

Aの測定サイトでは速い速度が計測されていたのに、Bの測定サイトではダメダメだった…。

となることもあるかと思いますが、スピードテストはあくまでも目安として考えていただいて、結果に一喜一憂せずに、このくらいの速度が出るんだなという見方でいきましょう。

ドコモ光の速度の平均は?

明確に公式サイト等で平均速度は提示されていないため、ここでは「みんなのネット回線速度」を参考に平均実測値をご紹介します。

ドコモ光平均実測値下り:262.47Mbps

上り:277.96Mbps

これを見てもわかるように、ドコモ光の実測値平均は遅くなく、通常のネット利用からオンラインゲーム・動画配信でも快適に利用できる速度が出ています

利用しているプロバイダや、接続状況によってはこれ以上の速度が出たり、逆に速度があまり出なかったりするので、あくまでもこの数値は目安と考えてください。

ドコモ光×GMOとくとくBB:https://gmobb.jp/service/docomohikari/

\現金最大66,000円キャッシュバックがお得!/

ドコモ光の速度が遅い場合に乗り換え先として検討したい光回線3選

ドコモ光 速度 遅い 乗り換え

ドコモ光の速度が遅いから乗り換えたい!という人の場合に、乗り換え先として検討したいおすすめの光回線を3つご紹介します。

光回線GMOとくとくBB光ビッグローブ光NURO光
おすすめの申し込み先GMOとくとくBB光公式サイト3年プラン:ビッグローブ光公式サイト

2年プラン:NNコミュニケーションズ

NURO光公式特設窓口
月額料金戸建て・1ギガプラン:4,818円

マンション・1ギガプラン:3,773円

10ギガプラン:5,940円

戸建て:5,478円

マンション:4,378円

10ギガプラン:6,270円

【戸建て】

G2Tプラン(3年契約):5,200円

G2Dプラン(2年契約):5,700円

【マンション】

M2Tプラン(3年契約):2,090〜2,750円

M2Dプラン(2年契約):2,530〜3,190円

【10ギガプラン】

5,700円

実質月額料金新規・1ギガプラン

戸建て:3,381円

マンション:2,336円

新規・10ギガプラン:4,226円

乗り換え・1ギガプラン

戸建て:2,826円

マンション:1,781円

乗り換え・10ギガプラン:3,670円

戸建て:4,236円

マンション:3,140円

10ギガプラン・戸建て:3,783円

10ギガプラン・マンション:3,279円

【戸建て】

G2Tプラン(3年契約):4,041円

G2Dプラン(2年契約):3,962円

【マンション】

M2Tプラン(3年契約):2,147円

M2Dプラン(2年契約):2,285円

【10ギガプラン】

4,450円

実測値下り:264.23Mbps

上り:307.18Mbps

下り:265.58Mbps

上り:241.47Mbps

下り:580.51Mbps

上り:550.48Mbps

スマホセット割なしau・UQモバイル・BIGLOBEモバイルソフトバンク
キャッシュバック新規・1ギガプラン:最大57,000円

新規・10ギガプラン:最大67,000円

乗り換え・1ギガプラン:最大117,,000円

乗り換え・10ギガプラン:最大127,000円

3年プラン(公式サイト):最大48,000円

2年プラン(NNコミュニケーションズ):25,000円

最大45,000円

【ドコモ光の乗り換え先におすすめの光回線3選】

GMOとくとくBB光とビッグローブ光は、ドコモ光同様に光コラボなので乗り換えが事業者変更で簡単に行えます。

NURO光のみ独自回線なので新規申込となり開通工事が必要ですが、新規開通工事が実質無料となるキャンペーンを開催しているので、初期費用を気にせず乗り換えが可能です。

それぞれの光回線の特徴やおすすめポイントについて、詳しくご紹介していきます。

GMOとくとくBB光

 GMOとくとくBB光

おすすめの申し込み先GMOとくとくBB光公式サイト
月額料金戸建て・1ギガプラン:4,818円

マンション・1ギガプラン:3,773円

10ギガプラン:5,940円

実質月額料金

※工事費の支払いが終わる3年利用時で計算

新規・1ギガプラン戸建て:3,381円

マンション:2,336円

新規・10ギガプラン4,226円
乗り換え・1ギガプラン戸建て:2,826円

マンション:1,781円

乗り換え・10ギガプラン3,670円
実測値下り:264.23Mbps

上り:307.18Mbps

契約期間なし
事務手数料3,300円
工事費最大26,400円

※実質無料

スマホセット割なし
キャッシュバック新規・1ギガプラン:最大57,000円

新規・10ギガプラン:最大67,000円

乗り換え・1ギガプラン:最大117,,000円

乗り換え・10ギガプラン:最大127,000円

GMOとくとくBB光は、実質月額料金の安い光回線で、公式サイトから申し込むと最大127,000円のキャッシュバックが受け取れます

ドコモ光の乗り換えは、1ギガプランの場合事業者変更を利用すれば、改めて工事をする必要もなく、スムーズにサービスを切り替えられます。

乗り換えの際に解約違約金が発生する場合、キャンペーンで最大60,000円まで補填してくれるので、万が一ドコモ光を解約する際に高額な違約金が発生しても安心して乗り換えられます。

GMOとくとくBB光には有効なスマホセット割がありませんが、元々の月額料金の安さと高額キャッシュバックで、実質料金が安い光回線です。

格安SIMを利用しているユーザーや、できるだけ安く光回線を使いたいという人は、GMOとくとくBB光をご検討ください。

GMOとくとくBB光の評判についてはこちら

GMOとくとくBB光公式:https://gmobb.jp/service/gmohikari/

\本サイト限定!最大127,000円キャッシュバック!/

ビッグローブ光

ビッグローブ光

おすすめの申し込み先3年プラン:ビッグローブ光公式サイト

2年プラン:NNコミュニケーションズ

月額料金戸建て:5,478円

マンション:4,378円

10ギガプラン:6,270円

実質月額料金戸建て:4,236円

マンション:3,140円

10ギガプラン・戸建て:3,783円

10ギガプラン・マンション:3,279円

実測値下り:265.58Mbps

上り:241.47Mbps

契約期間3年、または2年
事務手数料3,300円
工事費戸建て:19,800円

マンション:16,500円

※実質無料

スマホセット割au・UQモバイル・BIGLOBEモバイル
キャッシュバック3年プラン(公式サイト):最大48,000円

2年プラン(NNコミュニケーションズ):25,000円

ビッグローブ光は、au・UQモバイル・BIGLOBEモバイルのスマホ割が適用される光回線です。

3年プランは公式サイト、2年プランはNNコミュニケーションズからの申し込みが最もおすすめの申込窓口です。

乗り換え時に違約金を還元してくれるキャンペーンはありませんが、最大48,000円のキャッシュバックがあるので、違約金が発生する場合でも安心して乗り換えられます

ドコモ光と同じ光コラボなので、乗り換える際に新規開通工事の必要が無く、短期間で簡単に乗り換えが完了します。

現在auやUQモバイルを利用している方は、毎月の通信費の節約にもつながるので、ビッグローブ光への乗り換えをご検討ください。

ビッグローブ光の評判についてはこちら

ビッグローブ光のキャッシュバックについてはこちら

ビッグローブ光公式:https://join.biglobe.ne.jp/ftth/hikari/

\最大48,000円キャッシュバック!/

ビッグローブ光×NNコミュニケーションズ:https://xn--biglobe-kc9k.com/

\最大25,000円キャッシュバック!/

NURO光

 NURO光 公式

おすすめの申し込み先NURO光公式特設サイト
月額料金【戸建て】

G2Tプラン(3年契約):5,200円

G2Dプラン(2年契約):5,700円

【マンション】

M2Tプラン(3年契約):2,090〜2,750円

M2Dプラン(2年契約):2,530〜3,190円

【10ギガプラン】

5,700円

実質月額料金【戸建て】

G2Tプラン(3年契約):4,041円

G2Dプラン(2年契約):3,962円

【マンション】

M2Tプラン(3年契約):2,147円

M2Dプラン(2年契約):2,285円

【10ギガプラン】

4,450円

実測値下り:580.51Mbps

上り:550.48Mbps

契約期間2年もしくは3年
事務手数料3,300円
工事費44,000円

※実質無料

スマホセット割ソフトバンク
キャッシュバック最大45,000円

NURO光は独自回線を使用してサービスを提供している光回線のため、光コラボのサービスよりも速い実測値が出るのが特徴です。

ドコモ光の速度に満足できない人でも、NURO光であればより快適にネットを使える可能性が高いです。

公式特設サイトから申し込むことで、最大45,000円のキャッシュバックと最大60,000円の解約違約金補填キャンペーンが利用できます。

ドコモ光からの乗り換え時に解約金が発生する場合でも、安心して乗り換えられる光回線です。

注意が必要な点は、必ず開通工事が必要となるので、光コラボ同士の乗り換えに比べるとサービスの切り替えまでに時間がかかる点です。

NURO光への乗り換えを検討する場合は、2回の開通工事が必要になるので、余裕を持って申し込みすることをおすすめします。

NURO光の評判についてはこちら

NURO光のキャッシュバックについてはこちら

NURO光公式:https://www.nuro.jp/

\最大45,000円キャッシュバック実施中!/

ドコモ光の速度まとめ

ドコモ光の通信速度は、決して遅くありません。

実際に他社光回線と比較してみても平均的な速度がでており、通常の利用からオンラインゲーム・動画配信といった、速度を必要とする利用方法でも快適に遊べる可能性が高いです。

ドコモ光を利用中に、「速度が遅くなったな?」「繋がらなくなってしまった」といった場合は、まず下記の対処法を確認しましょう。

この方法で速度が改善する事もありますので、乗り換えや解約を検討される前に、これらの対処法を試してみてくださいね。

ドコモ光×GMOとくとくBB:https://gmobb.jp/service/docomohikari/

\現金最大66,000円キャッシュバックがお得!/

この記事を書いた人
福田ありさ

福田ありさ

ぴかまろ編集・ライティング担当。光回線の販売経験を活かして、インターネットサービスのあれこれをわかりやすくお伝えできるように日々奮闘しています。家でも光回線やスマホサービスを色々試しており、ユーザー目線でリアルな情報を発信できたらと思っています!よろしくお願いします。

NEWS PICKSはこちら