ドコモ光 一人暮らし

ドコモ光が一人暮らしにおすすめの理由は?」
ドコモ光セット割の条件は?」
一人暮らしでドコモ光を利用する際の料金は?」
ドコモ光セット割はahamoも適用できる?」

ドコモ光は「オリコン顧客満足度」の1人暮らしが選ぶおすすめのインターネット回線で、第1位を獲得しているユーザーからの評価が高いおすすめの光回線です。

実際にドコモ光を利用しているユーザーの口コミ・評判は、下記の通りです。

【良い口コミ・評判】

  • 通信費を一括にまとめることが出来てシンプルになった。
  • ドコモ携帯やdカード等、トータルで利用するとお得な感じがします。
  • ドコモユーザーだとセット割が安い。ポイントがつく。工事費用が無料。
  • 携帯電話もずっとドコモなので通信の安定性には安心感がある。
  • データ上限がないところ。通信速度が安定して速い。
  • 困った時に、コールセンターの方の対応が非常に素晴らしかった事です。

【悪い口コミ・評判】

  • 通信が悪い時があり動画を見ているときに切れたり不安定になることがある。
  • 引越しに伴う移設料金が高すぎる。工事の予約が取れない。
  • サポート窓口がドコモの携帯電話と同じなので、つながるまで非常に時間がかかる。

引用元:オリコン顧客満足度

口コミ・評判から「通信速度が速い」「ドコモユーザーならお得」といったドコモ光のメリットがわかります。

具体的にドコモ光が一人暮らしの方にもおすすめの理由・メリットは、下記の通りです。

  • 実質月額料金が安め
  • 快適な通信が可能
  • ドコモユーザーなら通信費を節約できる
  • 提供エリアが広いため契約しやすい
  • 転用・事業者変更なら工事不要で乗り換えられる
  • 工事費が無料
  • Wi-Fiルーターを1ギガの場合は無償、10ギガの場合は格安でレンタル可能

一方で、「通信速度が遅い」「サポート窓口への電話がなかなか繋がらない」といった悪評があるのも事実です。

悪い口コミ・評判からわかるドコモ光のデメリットは、下記の通りです。

悪い口コミ・評判からわかるデメリット対処法
通信速度が遅い
  • Wi-Fiルーターやモデム、スマホなどの接続機器を再起動
  • 公式サイトにて通信障害が起きていないかを確認する
  • 「光回線方式」で利用する
  • v6プラスに対応したWi-Fiルーターを利用する

Wi-Fiルーターを1ギガの場合は無償、10ギガの場合は格安でレンタル可能

料金が高い
サポートへの電話がなかなか繋がらない
  • 混雑する時間帯(休日、夜間)を避けて電話をする
  • LINEやチャットなどの問い合わせを活用する
  • インフォメーションセンターへのコール事前予約を利用する

悪い口コミやデメリットはあるものの、原因や対処法を理解すれば、解決できるものがほとんどです。

これまでのメリット・デメリット、口コミからわかるドコモ光がおすすめな人は、下記の通りです。

【一人暮らしでドコモ光がおすすめな人】

  • スマホがドコモの人
  • スマホセット割が適用できないスマホを利用している人
  • 光回線の導入に工事費をかけたくない人
  • 安定した通信環境を求めている人
  • 光回線の実質月額料金を抑えたい人

上記に該当する人は、ぜひドコモ光を契約しましょう。

ただし、ドコモ光は申し込み窓口によって、実質月額料金や通信品質が異なります。

そのため、本記事では一人暮らしの方におすすめのドコモ光プロバイダ(窓口)ランキングも紹介します。

結論、1番おすすめなのは「GMOとくとくBB」です。

GMOとくとくBBがおすすめの理由は、下記の通りです。

  • 実質月額料金が安い
  • 通信品質が高い
  • 最大66,000円の高額キャッシュバック
  • 高性能Wi-Fiルーターを無料または格安でレンタル可能

他にも本記事では、一人暮らしでドコモ光を利用する際の料金シミュレーターやメリット・デメリットなどを詳しく解説します。

一人暮らしでドコモ光を検討されている人は、ぜひ最後までご覧ください。


光回線名キャンペーン内容+おすすめポイント公式サイト
ドコモ光(代理店GMOとくとくBB) ドコモ光・無条件で38,000円のキャッシュバック

・他社からの解約違約金15,000円キャッシュバック

・10ギガプランお申し込みで追加13,000円キャッシュバック(総額最大66,000円)

・v6プラス対応高性能Wi-Fiルーターを無料レンタル

・モバイルWi-Fiルーターが最大3ヶ月無料

・インターネット安心セキュリティサービスが1年間無料

・「ドコモ光専用無料訪問サポート」が無料
ドコモ光×GMO公式サイト

\現金最大66,000円キャッシュバックがお得!/

記事内の「実質月額」と「契約期間内の総額」は以下の計算式で算出しています。
※1:実質月額料金={(契約期間×月額料金)+初期費用(工事費・端末代・オプション料金・契約事務手数料など)-(キャッシュバック+月額料金割引)}÷契約期間
※2:契約期間内の総額={(契約期間×月額料金)+初期費用(工事費・端末代・オプション料金・契約事務手数料など)-(キャッシュバック+月額料金割引)}
実測値参考元:みんなのネット回線速度

目次

ドコモ光は一人暮らしにおすすめ?基本情報を解説

ドコモ光 一人暮らし おすすめ

【1Gプラン】

月額料金戸建て:5,720円

マンション:4,400円

実質月額料金戸建て:3,649円

マンション:2,329円

開通工事費最大22,000円

※新規の場合はキャンペーンで無料

事務手数料3,300円
契約期間2年契約/なし
最大通信速度1Gbps
平均通信速度(実測値)下り:269.07Mbps

上り:285.32Mbps

提供エリア全国(フレッツ光提供エリア)
キャッシュバック最大53,000円
解約違約金

※2年契約の場合

戸建て:5,500円

マンション:4,180円

スマホとのセット割あり

※月額料金と実質月額料金は、2年契約の料金

【10Gプラン】

月額料金戸建て:6,380円

マンション:6,380円

実質月額料金戸建て:4,158円

マンション:4,158円

開通工事費最大22,000円

※新規の場合はキャンペーンで無料

事務手数料3,300円
契約期間2年契約/なし
最大通信速度10Gbps
平均通信速度(実測値)

Xの口コミを参照

下り:1,586Mbps

上り:1,411Mbps

提供エリア全国(フレッツ光提供エリア)
キャッシュバック最大66,000円
解約違約金

※2年契約の場合

戸建て:5,500円

マンション:5,500円

スマホとのセット割あり

結論、ドコモ光は一人暮らしにおすすめです。

一人暮らしでも、家族や恋人と同居であっても、インターネットは日常生活において非常に重要です。

そのため、どのインターネットサービスを選ぶかは、快適な生活を送るための重要な決定の一つとなります。

ドコモ光が一人暮らしにおすすめの理由は、下記の通りです。

  • 実質月額料金が安い
  • 快適な通信が可能
  • ドコモユーザーなら通信費を節約できる
  • 提供エリアが広いため契約しやすい
  • 転用・事業者変更なら工事不要で乗り換えられる
  • 工事費が無料
  • Wi-Fiルーターを1ギガの場合は無償、10ギガの場合は格安でレンタル可能

ドコモ光は、高速で安定したインターネット接続やコスパの良さなど、一人暮らしという条件に必要な要素を幅広くカバーしています。

ここからは、ドコモ光についてより詳しく解説していくので、ご自宅のインターネットをどこと契約しようか迷っている方は、ぜひ参考にしてください。

ドコモ光の提供エリア

ドコモ光の提供エリアは、フレッツ光と同じです。

フレッツ光の設備がある建物・提供エリアであれば利用できます。

【ドコモ光提供エリア】

  • 北海道:北海道
  • 東北:青森・秋田・岩手・山形・宮城
  • 関東:茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川
  • 中部:新潟・富山・石川・福井・山梨・長野・岐阜・静岡・愛知
  • 近畿:大阪・京都・兵庫・滋賀・奈良・和歌山
  • 中国:鳥取・島根・岡山・広島・山口
  • 四国:徳島・香川・愛媛・高知
  • 九州/沖縄:福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄

上記のように、ドコモ光は多くの人が利用できる可能性がありますが、具体的なサービス提供状況は地域や建物などによって異なります。

契約前に、使えるかどうかを必ず確認しておきましょう。

ドコモ光の提供エリアの確認は、下記から行えます。

なお、NTT東日本エリアについては、検索結果画面に「光アクセス(10G品目)の提供エリアです」と表示された場合のみドコモ光10ギガプランの提供可能エリアです。

ドコモ光の料金プラン

ドコモ光の料金プランは「1Gプラン」「10Gプラン」ともに、対応プロバイダ(タイプ別)によって下記のように違いがあります。

【1Gプランのタイプ別料金表】

プラン戸建てマンション
タイプA2年定期契約:5,720円

定期契約なし:7,370円

2年定期契約:4,400円

定期契約なし:5,500円

タイプB2年定期契約:5,940円

定期契約なし:7,590円

2年定期契約:4,620円

定期契約なし:5,720円

単独タイプ2年定期契約:5,500円

定期契約なし:7,150円

2年定期契約:4,180円

定期契約なし:5,280円

ドコモ光ミニ2年定期契約:2,970~6,270円

定期契約なし:4,620~7,920円

【10Gプランのタイプ別料金表】

プラン戸建て・マンション
タイプA2年定期契約:6,380円

定期契約なし:8,030円

タイプB2年定期契約:6,600円

定期契約なし:8,250円

単独タイプ2年定期契約:5,940円

定期契約なし:7,590円

ドコモ光はさまざまなプロバイダから選べますが、タイプによって月額料金が異なります。

特にこだわりがなければ、1G・10Gプランともに1番安く利用できる「タイプA」のドコモ光プロバイダがおすすめです。

ドコモ光の通信速度(実測値)

ドコモ光の最大通信速度は1Gbpsですが(1Gプランの場合)、あくまでも理論値で、実際にこの速度が出るわけではありません。

最大通信速度が1Gbpsの光回線は多数ありますが、ドコモ光は他社光回線と比べて実際の速度はどれくらい速いのかを比較してみました。

光回線名実測値平均:下り実測値平均:上り
ドコモ光(1Gプラン)269.07Mbps285.32Mbps
ソフトバンク光311.73Mbps341.38Mbps
auひかり513.7Mbps526.32Mbps
楽天ひかり210.2Mbps236.77Mbps
GMOとくとくBB光253.05Mbps300.66Mbps

ドコモ光の通信速度(実測値)は、他社光回線と比べて速くもなく遅くもなく、平均的な速度でした。

下りの実測値平均が269.07Mbpsもあれば、動画視聴やリモート会議・ウェブ閲覧など、日常使いにおいて快適に利用できるでしょう。

一人暮らしには1ギガ・10ギガどちらがおすすめ?

結論、一人暮らしにおすすめのドコモ光は「1ギガプラン」です。

なぜ1ギガプランがおすすめなのか、それぞれの優れている部分をを挙げて解説します。

ドコモ光の評判(1ギガプラン)】

  • 月額料金が安い
  • 日常使いにおいて十分な通信速度
ドコモ光10ギガの評判

  • 1ギガプランよりも通信速度が速い
  • 複数台接続や大容量データを送受信しても快適に利用できる

ドコモ光の1ギガプランは、コストパフォーマンスが良く、動画視聴やウェブ閲覧などの一般的な用途には十分な速度です。

一方で、ドコモ光10ギガプランは、高速データ通信を必要とするオンラインゲームや、複数台で接続することが多い場合は検討する価値があるでしょう。

とはいえ、一人暮らしで複数台接続を必要とする場面はあまりないと思います。

1ギガプランであってもお使いのスマホやパソコン・ゲーム機などの同時接続であれば、十分快適に使えます。

料金よりも通信速度が速いインターネット環境を求めている方以外は、一人暮らしにはドコモ光の1ギガプランがおすすめです。

ドコモ光で適用できるスマホセット割

ドコモユーザーなら、ドコモ光セット割の利用で下記のような割引を適用できます。

スマホセット割対象プラン割引額
eximo1,100円
irumo:3G/6G/9G1,100円
5Gギガホ プレミア1,100円
5Gギガホ1,100円
ギガホ プレミア1,100円
ギガホ1,100円
5Gギガライト/ギガライト:3G〜7G1,100円
5Gギガライト/ギガライト:1G〜3G550円

ドコモで上記のスマホセット割対象プランに加入していれば、ドコモ光の利用でスマホの月額料金から最大1,100円の割引を永年受けられます。

なお、ドコモ光の契約者と同一のファミリー割引グループ内であれば、離れて住んでいる家族にも割引を適用できます。(スマホセット割対象プランに加入している場合)

お得なスマホセット割を適用できるドコモユーザーの方は、ぜひ自宅のインターネットはドコモ光を選びましょう。

一人暮らしにおすすめのドコモのプラン

ドコモ光を契約したうえで、一人暮らしにおすすめのドコモのプランは、eximoまたはirumoの3Gプランです。

外出先でもたくさんデータ量を使いたいという場合は、データ無制限で使えるeximoが良いでしょう。

一方で、外出先ではほとんどデータ量を使わないという場合は、irumoの3Gプランがおすすめです。

eximoとirumoの3Gプランのスマホセット割を適用した場合の月額料金は、下記の通りです。

プラン通常月額料金スマホセット割適用後の月額料金
eximo
  • 〜1G:4,565円
  • 1G〜3G:5,665円
  • 3G〜無制限:7,315円
  • 〜1G:3,465円
  • 1G〜3G:4,565円
  • 3G〜無制限:6,215円
irumo(3G)2,167円1,067円

ご自身のスマホの利用用途に合わせて、どちらかを選びましょう。

ドコモ光×GMOとくとくBB:https://gmobb.jp/service/docomohikari/

\最大66,000円キャッシュバック!/

一人暮らしの方がドコモ光を利用する際の注意点・デメリット

ドコモ光 一人暮らし デメリット

一人暮らしの方がドコモ光を利用する際の注意点・デメリットは、下記の通りです。

  • スマホセット割を適用させる
  • マンション・アパートの場合接続方式に注意する
  • オンラインゲーマーの方は10ギガプランを検討する
  • なるべく不要なオプションに契約しない
  • ahamoのスマホセット割は適用できない
  • プロバイダによって通信速度が異なる
  • タイプAのプロバイダに契約する

次項で一人暮らしの方がドコモ光を利用する際の注意点・デメリットについて詳しく解説するので、ぜひ参考にしてください。

スマホセット割を適用させる

スマホセット割を適用させるのを、忘れないようにしましょう。

せっかくドコモ光を契約しても、スマホセット割を適用しないとスマホの月額料金を割引できないからです。

ドコモユーザーかつスマホセット割対象プランであれば、スマホの月額料金から毎月最大1,100円の割引を永年受けられます。

ドコモ光を契約後、ドコモユーザーの方はスマホセット割の適用を忘れないようにしましょう。

ドコモのスマホセット割の対象プランや割引額に関しては、本記事の「ドコモ光で適用できるスマホセット割」で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

マンション・アパートの場合接続方式に注意する

ドコモ光を契約する際、または契約後に速度が遅いと感じたときは、お住まいがマンション・アパートの場合接続方式を確認しましょう。

マンションやアパートでの接続方式は、下記のように異なり、接続方式によって通信速度に影響します。

接続方式最大通信速度:下り
光回線方式1Gbps
LAN方式100〜800Mbps
VDSL方式100Mbps

「VDSL方式」は設備の関係上、最大速度100Mbpsまでしか出ません。

そのため、ドコモ光を快適に利用するには「光回線方式」がおすすめです。

もしお住まいのマンションやアパートの接続方式がVDSL方式の場合は、可能であれば管理会社やオーナーなどに許可をとってから接続方式の変更工事を行いましょう。

オンラインゲーマーの方は10ギガプランを検討する

ドコモ光でオンラインゲームを快適にプレイしたい人は、10ギガプランを検討しましょう。

オンラインゲームの場合、低遅延かつ高速通信であることが重要ですが、ドコモ光10ギガプランなら、これらの条件を満たすのに十分な通信速度だからです。

大容量のデータ通信を伴うオンラインゲームをプレイする際や、同時にストリーミング配信を行う場合などに、ドコモ光10ギガプランなら快適に利用できるでしょう。

ドコモ光10ギガプランはオンラインゲームにおすすめの光回線です。

なるべく不要なオプションに契約しない

なるべく不要なオプションには、契約しないことがおすすめです。

中には便利なオプションサービスもありますが、不要なものに契約すると余分な月額料金が発生します。

ドコモ光のオプションには、下記のようなものがあります。

【固定電話サービス】

  • ドコモ光電話:月額550円
  • ドコモ光電話バリュー:月額1,650円

【サポートサービス】

  • ネットトータルサポート:月額550円

【映像サービス】

  • ドコモ光テレビオプション:月額825円
  • スカパー!:月額1,980円
  • ひかりTV:月額2,750円
  • DAZN for docomo:月額3000円
  • Lemino:月額990円

固定電話サービスや映像サービスなど、利用しないオプションには契約しない、または見直しをすることが節約に繋がります。

月額料金を抑えたい場合は、必要最低限のサービスに絞ってドコモ光を契約しましょう。

ahamoのスマホセット割は適用できない

ahamoユーザーは、ドコモ光のスマホセット割は対象外なので注意しましょう。

ahamoはNTTドコモの廉価版料金プランで、サブブランドのような立ち位置ですが、ドコモ光セット割引の対象外とされています。

そのため、ahamoユーザーがドコモ光を契約しても、スマホセット割が適用できないため、期待したほどの節約は見込めないでしょう。

ahamoユーザーがドコモ光を選ぶ際は、スマホセット割の適用外であることを理解し、他のメリットやデメリットも含めて慎重に判断する必要があります。

ahamoにおすすめの光回線は「GMOとくとくBB光」など、元々の月額料金が安い光回線です。

プロバイダによって通信速度が異なる

ドコモ光は、選択するプロバイダによって、インターネットの通信速度が異なります。

ドコモ光で契約できるプロバイダの実測値を比較してみました。

プロバイダ平均通信速度:下り平均通信速度:上り
GMOとくとくBB281.3Mbps325.48Mbps
OCN インターネット302.14Mbps310.48Mbps
@nifty215.38Mbps267.52Mbps
SIS265.29Mbps286.06Mbps
andline319.95Mbps327.94Mbps
IC-NET306.83Mbps788.78Mbps
hi-ho91.04Mbps236.38Mbps
BIGLOBE229.59Mbps240.41Mbps
BB.excite234.43Mbps245.66Mbps
タイガースネット161.89Mbps164.0Mbps
エディオンネット260.04Mbps217.19Mbps
SYNAPSE274.36Mbps195.97Mbps
楽天ブロードバンド180.56Mbps186.27Mbps
DTI213.46Mbps245.51Mbps
@ネスク211.89Mbps254.04Mbps
TiKiTiKi227.88Mbps239.75Mbps
@T COM262.08Mbps265.7Mbps
TNC351.14Mbps359.55Mbps
ASAHIネット396.71Mbps437.41Mbps
@ちゃんぷるネット8.12Mbps98.02Mbps
WAKWAK350.98Mbps277.9Mbps

上記のようにプロバイダによって提供されるサービスの質や、通信の最適化の度合いが違うため、通信速度が異なります。

一人暮らしの方がドコモ光を契約する際は、プロバイダによって通信速度が異なることを考慮し、自分の利用状況に最適なプロバイダを選びましょう。

万が一契約後に「速度が遅い」と感じても、ドコモ光はプロバイダ変更が可能なので安心ですよ。

タイプAのプロバイダに契約する

特にこだわりがなければ、タイプAのプロバイダでドコモ光を契約しましょう。

なぜなら、ドコモ光はタイプによって月額料金が異なり、タイプAが1番安いからです。

ドコモ光のタイプごとの料金は、下記の通りです。

【1Gプランのタイプ別料金表】

プラン戸建てマンション
タイプA2年定期契約:5,720円

定期契約なし:7,370円

2年定期契約:4,400円

定期契約なし:5,500円

タイプB2年定期契約:5,940円

定期契約なし:7,590円

2年定期契約:4,620円

定期契約なし:5,720円

単独タイプ2年定期契約:5,500円

定期契約なし:7,150円

2年定期契約:4,180円

定期契約なし:5,280円

ドコモ光ミニ2年定期契約:2,970~6,270円

定期契約なし:4,620~7,920円

タイプAのプロバイダは、料金が安いだけでなく、インターネットの品質も高いのが特徴です。

そのため、タイプAのプロバイダを利用すればインターネットの速度が安定し、オンラインゲームや動画視聴など快適な使用感が得られるでしょう。

ドコモ光を選ぶ際は、通信品質と料金の観点から、タイプAのプロバイダを選択するのがおすすめです。

ドコモ光×GMOとくとくBB:https://gmobb.jp/service/docomohikari/

\最大66,000円キャッシュバック!/

ドコモ光が一人暮らしの方にもおすすめの理由・メリット

ドコモ光 一人暮らし メリット

ドコモ光が一人暮らしの方にもおすすめの理由・メリットは、下記の通りです。

  • 実質月額料金が安め
  • 快適な通信が可能
  • ドコモユーザーなら通信費を節約できる
  • 提供エリアが広いため契約しやすい
  • 転用・事業者変更なら工事不要で乗り換えられる
  • 工事費が無料
  • Wi-Fiルーターを1ギガの場合は無償、10ギガの場合は格安でレンタル可能

次項でドコモ光が一人暮らしの方にもおすすめの理由・メリットについて詳しく解説するので、ぜひ参考にしてください。

実質月額料金が安め

ドコモ光は実質月額料金が安いので、一人暮らしの方にもおすすめです。

他社光回線とも実質月額料金を比較してみました。

光回線名実質月額料金(戸建て)実質月額料金(マンション)
ドコモ光

※ギガタイプA/Cの場合

3,649円2,329円
ソフトバンク光4,191円2,651円
auひかり4,313円2,401円

※タイプVの場合

楽天ひかり4,913円4,088円
GMOとくとくBB光3,706円2,661円

※記載の実質月額料金は新規契約の場合(ネットのみ)

上記のように、他社光回線と比較してもドコモ光は安いことがわかります。

ドコモユーザーかつスマホセット割対象プランに加入していれば、最大1,100の割引を受けられるので、さらにお得に利用可能です。

そのため「実質月額料金が安い光回線を探している方」や「ドコモユーザーの方」は、ドコモ光がおすすめです。

快適な通信が可能

ドコモ光の実際の平均通信速度は、下り:269.07Mbps/上り:285.32Mbpsなので、快適なインターネット通信が可能です。

用途別で、必要となる通信速度の目安を下記にまとめました。

用途通信速度の目安
動画視聴

(YouTubeやNetflixなど)

5〜30Mbps
オンラインゲーム100Mbps
ウェブ閲覧1〜10Mbps
テキストの送受信

(メールやLINEなど)

1Mbps
スマホゲーム1〜5Mbps

上記のような一般的な用途において、必要な通信速度は確保できています。

そのため、ドコモ光であれば、ストレスなくインターネットを楽しめるでしょう。

ドコモユーザーなら通信費を節約できる

ドコモユーザーなら通信費を節約できる点も、ドコモ光を利用するメリットです。

ドコモ光とドコモのスマホをセットで利用することで、毎月のスマホの月額料金から最大1,100円割引を永年受けられるドコモ光セット割」というサービスがあります。

ドコモ光セット割は、ドコモで契約中のプランやデータ使用量に応じて、スマホの月額料金が割引される仕組みです。

そのため、ドコモユーザーがドコモ光を利用すれば、通信費を節約できるのでおすすめです。

ドコモ光セット割の対象プランなどは、本記事の「ドコモ光で適用できるスマホセット割」で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

提供エリアが広いため契約しやすい

提供エリアが広いため契約しやすいという点も、ドコモ光がおすすめの理由です。

ドコモ光の提供エリアは、NTT西日本/NTT東日本が提供するフレッツ光と同じエリアをカバーしています。

そのため、都市部はもちろん、地方でもドコモ光のサービスを受けられる場合が多く、独自回線を利用しているauひかりNURO光などに比べて、提供エリアが広いのが特徴です。

とはいえ、設備状況や建物などによっては利用できない場合もあります。

基本的には、全国の広い地域で利用できますが、契約前には必ず実際に使えるかを確認しておきましょう。

転用・事業者変更なら工事不要で乗り換えられる

転用・事業者変更なら、既に光回線の工事が完了しているため、工事不要でドコモ光へ乗り換え可能です。

そのため、他社の光回線を使用しているものの、サービスや料金に不満がある場合に、ドコモ光へ簡単に切り替えられます。

また、工事が不要のため、乗り換えの際に手間や時間が省けるのは、一人暮らしの方にとっても非常にありがたいと言えるでしょう。

工事費が無料

新規でドコモ光を申し込む場合、光回線の開通工事が必要ですが、キャンペーンにより工事費は無料です。

他社光回線でも工事費実質無料キャンペーンはよく開催されていますが、ドコモ光のように工事費が完全無料のキャンペーンは多くありません。

完全無料なので、契約期間内に解約したとしても工事費の残債が残らない点もメリットと言えるでしょう。

ドコモ光なら、工事費が無料になるので、初期費用を抑えつつ高速インターネット環境を導入できます。

※「ドコモ光電話」などのオプション工事費や、土日・祝日工事の追加工事費などは、工事費無料キャンペーンの対象外なので注意してください。

Wi-Fiルーターを1ギガの場合は無償、10ギガの場合は格安でレンタル可能

ドコモ光では、契約するプランに応じて、Wi-Fiルーターを無償または格安でレンタルできます。

具体的なWi-Fiルーターのレンタル料金は、下記の通りです。

契約プランレンタル料金(月額)
1ギガ0円
10ギガ390円

ドコモ光の快適な高速インターネットを楽しむためには、v6プラスに対応したWi-Fiルーターを利用しなければ、本来の性能を発揮できません。

とはいえ、v6プラスに対応したWi-Fiルーターをご自身で購入すると、3,000円〜5,000円程度の出費がかかるので、無償(1Gプランの場合)でレンタルできるのは非常にお得です。

10Gプランであれば、ご自身で購入すると20,000円〜25,000円ほどの高性能なWi-Fiルーターを格安でレンタルできます。

ドコモ光なら、無償または格安で高性能なWi-Fiルーターを使えるので、一人暮らしの方でも手軽に快適なインターネット環境を整えられるでしょう。

ドコモ光×GMOとくとくBB:https://gmobb.jp/service/docomohikari/

\最大66,000円キャッシュバック!/

一人暮らしでドコモ光を利用する際の料金シミュレーター

ドコモ光 一人暮らし 料金シミュレーター

一人暮らしでドコモ光を利用する際の料金を、下記の2つに分けてシミュレーターしてみました。

  • ドコモのスマホセット割ありの場合
  • スマホセット割なしの場合

一人暮らしでドコモ光の利用を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

ドコモのスマホセット割ありの場合

一人暮らしでスマホセット割ありの場合、ドコモ光の料金は下記の通りです。

プラン1ギガ(戸建て)1ギガ(マンション)10ギガプラン
月額料金5,720円4,400円6,380円
スマホセット割−1,100円−1,100円−1,100円
Wi-Fiルーターレンタル料金0円0円390円
月額合計4,620円3,300円5,670円
年間合計55,440円39,600円68,040円

※スマホセット割は最大割引金額
※スマホセット割はスマホ料金から割引
※キャッシュバックは含まない

ドコモユーザーであれば、ドコモ光の1ギガ・10ギガともに毎月最大1,100円の割引が適用されるので、非常にお得です。

ドコモユーザーの方は、迷わずドコモ光を選びましょう。

スマホセット割なしの場合

一人暮らしでスマホセット割なしの場合、ドコモ光の料金は下記の通りです。

プラン1ギガ(戸建て)1ギガ(マンション)10ギガプラン
月額料金5,720円4,400円6,380円
Wi-Fiルーターレンタル料金0円0円390円
月額合計5,720円4,400円6,770円
年間合計68,640円52,800円81,240円

※キャッシュバックは含まない

ドコモユーザーでない場合、ご自身が利用するスマホとセット割引が使える光回線を検討するのも良いでしょう。

とはいえ、スマホセット割がなくてもドコモ光は実質月額料金が安いので、ご自身の利用しているスマホとセット割ができる光回線とを比較して決断するのがおすすめです。

スマホセット割が適用できない場合は「GMOとくとくBB光」もおすすめ

スマホセット割が適用できないスマホを利用している場合は「GMOとくとくBB光」もおすすめです。

ドコモ光とGMOとくとくBB光の月額料金を比較をしてみました。

プランタイプ戸建てマンション
光回線名ドコモ光GMOとくとくBB光ドコモ光GMOとくとくBB光
月額料金5,720円4,818円4,400円3,773円
Wi-Fiルーターレンタル料金0円330円0円330円
月額合計5,720円5,148円4,400円4,103円
年間合計68,640円61,776円52,800円49,236円

※キャッシュバックは含まない

上記のように、GMOとくとくBB光はキャッシュバックやスマホセット割などを含めなくても、純粋に月額料金が安い光回線です。

そのため、スマホセット割が適用できないスマホを利用している場合は、GMOとくとくBB光を検討してみても良いでしょう。

ドコモ光×GMOとくとくBB:https://gmobb.jp/service/docomohikari/

\最大66,000円キャッシュバック!/

一人暮らしでドコモ光を利用しているユーザーの評判・口コミ

ドコモ光 一人暮らし 評判・口コミ

一人暮らしでドコモ光を利用しているユーザーの評判・口コミを、下記にまとめました。

【良い評判・口コミ】

  • 通信費を一括にまとめることが出来てシンプルになった。
  • ドコモユーザーだとセット割が安い。ポイントがつく。工事費用が無料。
  • 携帯電話もずっとドコモなので通信の安定性には安心感がある。
  • 困った時に、コールセンターの方の対応が非常に素晴らしかった事です。

【悪い評判・口コミ】

  • 通信が悪い時があり動画を見ているときに切れたり不安定になることがある。
  • 引越しに伴う移設料金が高すぎる。工事の予約が取れない。
  • サポート窓口がドコモの携帯電話と同じなので、つながるまで非常に時間がかかる。

引用元:オリコン顧客満足度

一人暮らしでドコモ光を実際に利用しているユーザーの良い評判と悪い評判を元に、下記について次項で詳しく解説するので、ぜひ参考にしてください。

  • ドコモ光は本当に安定したインターネットを利用できるのか?
  • ドコモ光のコールセンターの対応は本当に良いのか?
  • ドコモ光の通信速度が遅い時の対処法は?
  • ドコモ光を利用している人が引越し先でもお得に使う方法

ドコモ光は本当に安定したインターネットを利用できるのか?

結論、下記のポイントさえ押さえておけば、ドコモ光で安定したインターネットを利用できます。

  • 通信環境の評判が良いプロバイダを選ぶ
  • 光回線方式で利用する
  • v6プラスに対応したWi-Fiルーターを使用する

ドコモ光は多数のプロバイダを選べますが、プロバイダによって通信速度が異なる点に注意が必要です。

実際の通信速度の差は、速いところは300Mbps以上でますが、遅いところは10Mbps以下しか出ません。

ドコモ光を快適に利用したいなら、通信速度や安定性の評判が良いプロバイダを選びましょう

また「接続方式」や「使用するWi-Fiルーター」によっても通信速度が遅くなったり、安定しなかったりする原因になります。

光回線方式で利用するのがなぜ良いのかに関しては、本記事の「マンション・アパートの場合接続方式に注意する」で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

ドコモ光のコールセンターの対応は本当に良いのか?

ドコモ光のコールセンターの対応は、実際に良いと言えるでしょう。

なぜなら、ドコモ光は「オリコン顧客満足度」のサポートサービス部門で第2位という実績があるからです。

対応するオペレーターによっては、対応が悪いと感じる可能性もありますが、コールセンター全体として対応が悪ければ、このような輝かしい評価は得られないでしょう。

オリコン顧客満足度は、実際に利用しているユーザーが評価した結果なので、ドコモ光のコールセンター(サポート体制)の対応は良いと言えます。

ドコモ光の通信速度が遅い時の対処法は?

ドコモ光の通信速度が遅い時の対処法は、下記の通りです。

  • Wi-Fiルーターやモデム、スマホなどの接続機器を再起動
  • 接続方式を確認する
  • 公式サイトにて通信障害が起きていないかを確認する
  • v6プラスに対応したWi-Fiルーターかを確認する
  • プロバイダを変更する

ドコモ光の通信速度が遅い場合、Wi-Fiルーターやモデム、スマホなどの接続機器を再起動すれば改善することがあります。

接続機器を再起動しても通信速度が改善されない場合は、下記の対処法を試してください。

確認項目確認結果対処法
接続方式の確認接続方式が「VDSL方式」または「LAN方式」だった接続方式を「光回線方式」へ変更しましょう
公式サイトにて通信障害が起きていないかを確認通信障害が起きていたドコモ光の対応を待ちましょう
通信障害が起きていない別の原因を探し、対処しましょう
v6プラスに対応したWi-Fiルーターかを確認v6プラスに対応していた別の原因を探し、対処しましょう
v6プラスに対応していない契約時に無料レンタルしてもらえるv6プラスに対応したWi-Fiルーターを使用しましょう

上記の対処法を試しても改善できない場合は、プロバイダの通信品質が悪い可能性が高いので、評判の良いドコモ光プロバイダへの変更がおすすめです。

プロバイダごとの通信速度は、本記事の「プロバイダによって通信速度が異なる」で紹介しています。

なお、ドコモ光のおすすめのプロバイダを本記事の「一人暮らしの方におすすめのドコモ光プロバイダ(窓口)ランキング」で解説しているので、ぜひ合わせてご覧ください。

ドコモ光を利用している人が引越し先でもお得に使う方法

悪い口コミで「引越しに伴う移設料金が高すぎる」とありましたが、実は引越し先でもお得に使える裏ワザがあります。

方法は簡単で、1度ドコモ光を解約してから、引越し先の住所で新たに申し込みをするだけです。

1度解約してから改めて申し込みをする方法でかかる料金は、下記の通りです。

発生する費用料金
解約違約金戸建て:5,500円

マンション:4,180円

※更新月の場合は0円

事務手数料

※再度新規で申し込み時

3,300円

一方で、引越しに伴う移転手続きをした場合、下記の料金が発生します。

発生する費用料金
移転事務手数料2,200円
回線工事費最大22,000円

このように、1度解約をしてから申し込みをするのと、移転手続きをするのとでは発生する料金が大きく異なります。

あまり正当な方法とは言えませんが、ドコモ光を引越し先でも利用しようと検討している方は、ぜひ参考にしてください。

ドコモ光×GMOとくとくBB:https://gmobb.jp/service/docomohikari/

\最大66,000円キャッシュバック!/

一人暮らしの方におすすめのドコモ光プロバイダ(窓口)ランキング

ドコモ光 一人暮らし おすすめ プロバイダ

一人暮らしの方におすすめのドコモ光プロバイダ(窓口)ランキングは、下記の通りです。

次項で各プロバイダのおすすめポイントを解説するので、ぜひ参考にしてください。

1位:GMOとくとくBB

 ドコモ光 GMOとくとくBB
一人暮らしの方におすすめのドコモ光プロバイダ(窓口)ランキング第1位のGMOとくとくBBの概要は、下記の通りです。

ドコモ光プラン1Gプラン10Gプラン
ドコモ光契約タイプタイプA
実質月額料金戸建て:3,649円

マンション:2,329円

4,158円
平均通信速度(実測値)下り:281.3Mbps

上り:325.48Mbps

下り:1,586Mbps

上り:1,411Mbps

※Xの口コミを参照

キャッシュバック金額最大53,000円最大66,000円
その他特典
  • v6プラス対応のWi-Fiルーターを無料でレンタル可能
  • ドコモ光専用訪問サポートが初回無料
  • インターネット安心セキュリティーが1年間無料
  • v6プラス対応の高性能Wi-Fiルーターが月額390円でレンタル可能
  • ドコモ光専用訪問サポートが初回無料
  • インターネット安心セキュリティーが1年間無料

※実質月額料金は他社光回線から乗り換えの場合

ドコモ光×GMOとくとくBBがおすすめの理由は、下記の通りです。

  • 実質月額料金が安い
  • 通信品質が高い
  • 最大66,000円の高額キャッシュバック
  • 高性能Wi-Fiルーターを無料または格安でレンタル可能

GMOとくとくBBは、安さ・通信品質・申し込み特典など全てが高水準のため、ドコモ光で1番おすすめのプロバイダです。

実質月額料金の安さは、ドコモ光プロバイダ(窓口)の中でトップクラスです。

通信品質に関しても、次世代技術v6プラスを採用したことで、遅延の少ない快適なデータ通信を可能にしています。

出典:GMOとくとくBB

さらに、申し込み特典の最大66,000円の高額キャッシュバックも魅力的です。

キャッシュバックの内訳は、下記の通りです。

ドコモ光申し込みプラン新規他社光回線から乗り換え
1Gプラン38,000円53,000円
10Gプラン51,000円66,000円

ドコモ光のプロバイダにこだわりがなければ、実質月額料金も安くて、通信品質も良く、高額キャッシュバックも付いてくるGMOとくとくBBを選びましょう。

ドコモ光×GMOとくとくBB:https://gmobb.jp/service/docomohikari/

\最大66,000円キャッシュバック!/

2位:OCNインターネット

OCINインターネット

一人暮らしの方におすすめのドコモ光プロバイダ(窓口)ランキング第2位のOCNインターネットの概要は、下記の通りです。

ドコモ光プラン1Gプラン10Gプラン
ドコモ光契約タイプタイプA
実質月額料金戸建て:4,316円

マンション:2,996円

※新規・事業者変更の場合

4,434円

※新規の場合

※Wi-Fiルーター料金は含まない

平均通信速度(実測値)下り:302.14Mbps

上り:310.48Mbps

下り:938.13Mbps

上り:900.18Mbps

※Xの口コミを参照

キャッシュバック金額最大37,000円最大50,000円
その他特典
  • IPoE通信に対応したWi-Fiルーターを無料でレンタル可能
  • OCN開通とことんサポートの初回訪問が無料
  • 総合セキュリティサービスが1年間無料
  • 高性能Wi-Fiルーターを特別優待価格で購入可能(8,980円)
  • OCN開通とことんサポートの初回訪問が無料
  • 総合セキュリティサービスが1年間無料

OCNインターネットの評判からわかるおすすめの理由は、下記の通りです。

  • NTTドコモが運営するプロバイダなので安心
  • 通信品質が高い
  • 最大50,000円のキャッシュバックが貰える(転用でも最大32,000円キャッシュバックが貰える)
  • IPoE通信に対応したWi-Fiルーターを無料でレンタル可能

※1Gプランの場合

  • 高性能Wi-Fiルーターを特別優待価格で購入可能

OCNインターネットは、NTTドコモが運営するプロバイダなので、安心して利用できる点が1番のおすすめポイントです。

また、IPoE通信により快適で高速なインターネットを楽しめます。

出典:OCNインターネット

他にも下記のように最大50,000円のキャッシュバックが貰えます。

ドコモ光申し込みプラン1Gプラン10Gプラン
新規37,000円50,000円
事業者変更37,000円37,000円
転用32,000円32,000円

実質月額料金が安いタイプA対応で、信頼できるプロバイダで契約したい方は、NTTドコモが運営するOCNインターネットでドコモ光を契約するのがおすすめです。

OCNインターネット公式:https://service.ocn.ne.jp/hikari/ocn-internet/

\最大50,000円キャッシュバック!/

3位:NNコミュニケーションズ

ドコモ光 NNコミュニケーションズ

一人暮らしの方におすすめのドコモ光プロバイダ(窓口)ランキング第3位のドコモ光×NNコミュニケーションズは、プロバイダではなくドコモ光の正規代理店です。

下記では、NNコミュニケーションズの窓口を経由して、プロバイダはGMOとくとくBBを選択した場合の概要を説明します。

ドコモ光プラン1Gプラン10Gプラン
ドコモ光契約タイプタイプA
実質月額料金戸建て:5,024円

マンション:3,704円

5,658円
平均通信速度(実測値)下り:281.3Mbps

上り:325.48Mbps

下り:1,586Mbps

上り:1,411Mbps

※Xの口コミを参照

キャッシュバック金額20,000円30,000円
その他特典
  • v6プラス対応のWi-Fiルーターを無料でレンタル可能
  • ドコモ光専用訪問サポートが初回無料
  • インターネット安心セキュリティーが1年間無料
  • v6プラス対応の高性能Wi-Fiルーターが月額390円でレンタル可能
  • ドコモ光専用訪問サポートが初回無料
  • インターネット安心セキュリティーが1年間無料

NNコミュニケーションズがおすすめの理由は、下記の通りです。

  • キャッシュバックの条件や受け取り方法が簡単
  • 好きなプロバイダを選べる

NNコミュニケーションズは、新規・事業者変更・転用どの申し込み方法でも同額のキャッシュバックが受け取れます。

キャッシュバックの受け取り方法も、NNコミュニケーションズからの申し込み時に振込先口座を伝えるだけで、最短1ヶ月で受け取り可能です。

今回はGMOとくとくBBをプロバイダに選択した場合で説明しましたが、他のプロバイダを選ぶことも可能です。

簡単にキャッシュバックが受け取れて、尚且つ好きなプロバイダを選びたい方は、NNコミュニケーションズからドコモ光を申し込みましょう。

ドコモ光×NNコミュニケーションズ:https://nn-com.co.jp/docomo/

\最大30,000円キャッシュバック!/

一人暮らしの方にドコモのホームルーター・ポケット型Wi-Fiはおすすめ?

ドコモ光 一人暮らし ホームルーター ポケット型Wi-Fi

結論、ライトユーザーであればホームルーターはおすすめですが、ポケット型Wi-Fiはおすすめできません

一人暮らしの方にドコモのホームルーターがおすすめの理由は、下記の通りです。

ドコモホームルーターの評判

  • 工事不要なので、手軽にデータ使い放題のインターネット環境を自宅に導入できる
  • ドコモのスマホを利用していれば、スマホセット割を適用できる

ドコモ光の工事ができない建物にお住まいであれば、ホームルーターは工事不要で使えるのでおすすめです。

さらに、ドコモのスマホを利用している方なら、スマホセット割対象プランに加入していれば毎月最大1,100円の割引が永年受けられます。

しかし、ドコモ光のように高額なキャッシュバックはないので、ホームルーターの方が実質月額料金が高くなる可能性があります。

また、ドコモ光よりもホームルーターは通信速度が遅いので、ヘビーにインターネットを利用したい方には向いていません。

次に、一人暮らしの方にドコモのポケット型Wi-Fiがおすすめできない理由は、下記の通りです。

  • ドコモ光より月額料金が高い(データ使い放題で利用するなら)
  • ドコモのスマホとのシェアで利用したとしても、データ容量30GBまでしか使えない
  • ポケット型Wi-Fiの端末代金が高い

ホームルーターと同様に、ポケット型Wi-Fiは工事不要で利用できるうえに、外出先でも自分専用のWi-Fiとして使えるのは魅力的です。

しかし、データ使い放題で利用する場合、スマホと同じeximoプランで契約する必要があるので、プラン料金だけで月額7,315円と、ドコモ光よりも月額料金が高くなります。

また、5Gデータプラスというドコモのスマホとのシェアプランで契約したとしても、端末代と合わせて月額3,788円でデータ容量30GBまでしか利用できません。

端末代も最新機種だと96,800円もするので、途中で解約した場合に端末の残債が発生するのもネックと言えるでしょう。

以上の理由から、あまりインターネットを利用しない方で、ドコモ光の工事ができないという場合は、ドコモのホームルーターを選ぶのが無難です。

動画視聴やオンラインゲームを快適にしたいならドコモ光がおすすめ

動画視聴やオンラインゲームを快適にしたいなら、ドコモ光を選びましょう。

ホームルーターやポケット型Wi-Fiよりもドコモ光の方が、快適な通信が可能だからです。

オンラインゲームでは、一瞬の遅延も勝敗を左右しますが、ドコモ光なら低遅延で快適にプレイできます

また、動画視聴においても、インターネットの安定性や通信速度は画質に影響します。

ドコモ光なら、動画視聴をするうえで十分な通信速度なので、YouTubeやNetflixなどを快適に楽しめるでしょう。

動画視聴やオンラインゲームなど、高品質なエンターテイメント体験を求めるなら、ドコモ光が最適な選択です。

家での利用がメインなら光回線でOK

家でのインターネット利用がメインなら、光回線の方が適しています。

なぜなら、光回線の方がホームルータやポケット型Wi-Fiよりも通信品質が高いからです。

ホームルーターやポケット型Wi-Fiは、複数のデバイスを同時に接続すると、通信速度が低下する可能性があります。

しかし、スマホやパソコン・タブレットなど複数台のデバイスを同時に接続しても、光回線なら快適に利用できます。

また、友人が自宅に遊びに来て、同時に動画視聴をしたり、オンラインゲームをしたりといった場合でも、光回線なら問題なく利用できるでしょう。

インターネット利用は家がほとんどという場合は、光回線のドコモ光を選ぶのがおすすめです。

通信制限が厄介ならドコモ光がおすすめ

通信制限を気にしたくないという方も、ドコモ光がおすすめです。

ホームルーターやポケット型Wi-Fiは、1度にたくさんのデータ通信を行ったり、回線が混雑しやすい時間帯に利用したりすると、一時的に通信制限がかかる場合があります。

そのため、工事不要Wi-Fiが欲しい方や、外でも自分専用のWi-Fi環境が欲しいという方以外は、ドコモ光を選んだ方が通信制限を気にすることなく快適にインターネットを利用できます

ドコモ光×GMOとくとくBB:https://gmobb.jp/service/docomohikari/

\最大66,000円キャッシュバック!/

一人暮らし×ドコモ光に関するよくある質問

一人暮らし×ドコモ光に関するよくある質問は、下記の通りです。

  • ドコモ光のキャッシュバックはお得ですか?
  • ドコモ光の評判は悪いですか?
  • ドコモ光はプロバイダ変更可能ですか?
  • ドコモ光の料金は安いですか?
  • ドコモ光の代理店はどこがおすすめですか?
  • ドコモ光のプロバイダのおすすめはどこですか?

次項で一人暮らし×ドコモ光に関するよくある質問についてそれぞれ解説するので、ぜひ参考にしてください。

ドコモ光のキャッシュバックはお得ですか?

結論、ドコモ光のキャッシュバックはお得です。

例えば、GMOとくとくBBというプロバイダから申し込みすれば、最大66,000円のキャッシュバックが貰えます。

しかし、申し込みする窓口によって、キャッシュバック金額は異なります。

実質月額料金やキャッシュバックなども含めて、本記事で一人暮らしの方におすすめのドコモ光プロバイダ(窓口)ランキングを紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

ドコモ光の評判は悪いですか?

ドコモ光の評判で「速度が遅い」という悪評をよく目にします。

しかし、ドコモ光の通信速度(実測値)は他社光回線と比較しても平均的な速度で、決して遅いということはありません。

ただし、プロバイダによって通信速度が異なるのも事実です。

もし利用していてドコモ光の通信速度が遅いと感じた場合は、本記事の「ドコモ光の通信速度が遅い時の対処法は?」を参考にしてみてください。

ドコモ光はプロバイダ変更可能ですか?

ドコモ光はプロバイダ変更可能です。

ドコモ光のプロバイダ変更方法は、下記の通りです。

  1. 電話またはドコモショップでプロバイダ変更を申し込み
  2. 新しいプロバイダ先から契約書類とルーターが届いたら、プロバイダの切り替えをまってルーターのID・パスワードを再設定
  3. 変更前プロバイダでレンタルしていたWi-Fiルーターがあれば返却

プロバイダの変更には、3,300円の手数料がかかります。

また、変更前のプロバイダの契約内容によっては、更新月以外での変更は解約違約金が発生する場合もあるので注意してください。

プロバイダを変更する際の電話窓口の詳細は、下記の通りです。

連絡先電話番号受付時間
ドコモインフォメーションセンター
  • 151
  • 0120-800-000
9:00~20:00(年中無休)

ドコモ光の料金は安いですか?

ドコモ光の料金は、他社光回線と比較しても安い方です。

他社光回線と比較した料金詳細は、本記事の「実質月額料金が安め」で解説しているので、ぜひ参考にしてください。

ドコモ光の代理店はどこがおすすめですか?

ドコモ光のおすすめの代理店は、ドコモ光の正規代理店である「NNコミュニケーションズ」です。

NNコミュニケーションズがおすすめの理由は、下記の通りです。

  • キャッシュバックの条件や受け取り方法が簡単
  • 好きなプロバイダを選べる

NNコミュニケーションズの詳細は、本記事の「一人暮らしの方におすすめのドコモ光プロバイダ(窓口)ランキング」で解説しているので、ぜひ参考にしてください。

ドコモ光のプロバイダのおすすめはどこですか?

ドコモ光のおすすめのプロバイダは、GMOとくとくBBです。

GMOとくとくBBがおすすめの理由は、下記の通りです。

  • 実質月額料金が安い
  • 通信品質が高い
  • 最大66,000円の高額キャッシュバック
  • 高性能Wi-Fiルーターを無料または格安でレンタル可能

GMOとくとくBBの詳細は、本記事の「一人暮らしの方におすすめのドコモ光プロバイダ(窓口)ランキング」で解説しているので、ぜひ参考にしてください。

ドコモ光×一人暮らしまとめ

一人暮らしでドコモ光がおすすめの人は、下記の通りです。

  • スマホがドコモユーザーの人
  • スマホセット割が適用できないスマホを利用している人
  • 光回線の導入に工事費をかけたくない人
  • 安定した通信環境を求めている人
  • 光回線の実質月額料金を抑えたい人

一方で、一人暮らしでドコモ光がおすすめでない人は、下記の通りです。

  • スマホがソフトバンクまたはauの人
  • あまりインターネットを利用しない人

ドコモ光はプロバイダによって通信速度や実質月額料金などが異なりますが、GMOとくとくBBなどの評判が良いプロバイダを選べば、安くて快適に利用できます

【GMOとくとくBBがおすすめの理由】

  • 実質月額料金が安い
  • 通信品質が高い
  • 最大66,000円の高額キャッシュバック
  • 高性能Wi-Fiルーターを無料または格安でレンタル可能

さらに、スマホがドコモユーザーであれば、毎月最大1,100円のスマホセット割が受けられるので、よりお得に利用可能です。

一人暮らしで光回線をどこにしようか迷っている方で、上記のおすすめな人に該当する人は、ぜひドコモ光を申し込みましょう。

ドコモ光×GMOとくとくBB:https://gmobb.jp/service/docomohikari/

\最大66,000円キャッシュバック!/

この記事を書いた人
福田ありさ

福田ありさ

ぴかまろ編集・ライティング担当。光回線の販売経験を活かして、インターネットサービスのあれこれをわかりやすくお伝えできるように日々奮闘しています。家でも光回線やスマホサービスを色々試しており、ユーザー目線でリアルな情報を発信できたらと思っています!よろしくお願いします。

NEWS PICKSはこちら