ドコモ光 乗り換え

ドコモ光へ他社光回線から乗り換える場合は、契約している光回線により3つの方法があります。

新規申込・転用・事業者変更それぞれの乗り換え手順は次の通りです。

他社からドコモ光へGMOとくとくBBの窓口から乗り換える際に利用可能なキャンペーンは、全部で9つあります。

乗り換え時にはキャッシュバック額が15,000円増額となるので、万が一解約金が発生する場合でも安心して乗り換えられますよ。

【ドコモ光×GMOとくとくBBで開催されているキャンペーン一覧】

ドコモ光は、ドコモユーザーや乗り換え時に高額キャッシュバックを受け取りたい方におすすめの光回線です。

これらに該当する人は、ドコモ光が特におすすめとなります。

また、1ギガ・10ギガともに新規開通時の基本工事費が完全無料となるため、独自回線から新規申込で乗り換える場合でも初期費用を抑えて乗り換えられます。

この記事では乗り換える際の注意点や、各種キャンペーンについて詳しく解説していますので、乗り換えを希望する方は是非参考にしてみてくださいね!


光回線名キャンペーン内容+おすすめポイント公式サイト
ドコモ光(代理店GMOとくとくBB) ドコモ光・無条件で38,000円のキャッシュバック

・他社からの解約違約金15,000円キャッシュバック

・10ギガプランお申し込みで追加13,000円キャッシュバック(総額最大66,000円)

・v6プラス対応高性能Wi-Fiルーターを無料レンタル

・モバイルWi-Fiルーターが最大3ヶ月無料

・インターネット安心セキュリティサービスが1年間無料

・「ドコモ光専用無料訪問サポート」が無料
ドコモ光×GMO公式サイト

\現金最大66,000円キャッシュバックがお得!/

※本記事は2024/4/24時点の情報です。詳細は各公式ページをご参照ください。
記事内の「実質月額」と「契約期間内の総額」は以下の計算式で算出しています。
※1:実質月額料金={(契約期間×月額料金)+初期費用(工事費・端末代・オプション料金・契約事務手数料など)-(キャッシュバック+月額料金割引)}÷契約期間
※2:契約期間内の総額={(契約期間×月額料金)+初期費用(工事費・端末代・オプション料金・契約事務手数料など)-(キャッシュバック+月額料金割引)}
実測値参考元:みんなのネット回線速度

>ドコモ光の評判はこちら

目次

ドコモ光の乗り換えキャンペーン一覧

ドコモ光 乗り換え キャンペーン

ドコモ光にこれから乗り換えようと考えている方向けに、現在開催されているキャンペーンをご紹介します。

といった、プロバイダやドコモショップ・公式で適用可能なキャンペーンについてもまとめています。

詳しい適用条件や詳細についても合わせてご紹介していきますので、是非ご覧ください。

最大51,000円キャッシュバック

 ドコモ光 GMOとくとくBB

キャンペーン内容最大51,000円キャッシュバック
受け取り時期最短5ヶ月後
適用条件【38,000円キャッシュバック】

  • GMOとくとくBBのドコモ光(2年定期契約プラン)を申し込む
  • 申込月を含む5ヶ月以内に開通する
  • GMOとくとくBBの指定の方法で「キャッシュバック受け取り手続き」を完了する

【10ギガプラン契約で13,000円特典増額】

  • ドコモ光の10ギガプランに申し込む
  • WEB申込み完了後に折り返し電話で10ギガプラン希望の旨を伝える
  • GMOとくとくBBの指定の方法で「キャッシュバック受け取り手続き」を完了する
注意事項
  • 既にドコモ光を利用していて、プロバイダをGMOとくとくBBに変更する場合は対象外
  • キャッシュバック特典の付与時期に解約となっていた場合は特典の適用外
  • キャッシュバックの案内メールより、指定期日までに受け取り口座の指定が無い場合は対象外となる

ドコモ光をGMOとくとくBBの窓口から申し込むと、最大51,000円のキャッシュバックが受け取れます。

  • ドコモ光1ギガ(2年):38,000円キャッシュバック
  • ドコモ光10ギガ:51,000円キャッシュバック

1ギガと10ギガでは受け取れるキャッシュバック額に差があるので、ご注意ください。

この最大51,000円キャッシュバックは、オプション契約なしで受け取れるキャンペーンとなっているので、余計な費用の発生がありません。

キャッシュバックの受け取りも開通から最短5ヶ月後と比較的早いので、しっかりとリマインダー機能を設定しておけば、もらい忘れの心配も少ないです。

>ドコモ光のキャッシュバックはこちら

ドコモ光×GMOとくとくBB:https://gmobb.jp/service/docomohikari/

\当サイト限定!最大51,000円キャッシュバック!/

他社違約金を15,000円までキャッシュバック

キャンペーン内容他社サービスからドコモ光へ乗り換える場合15,000円キャッシュバック増額
適用条件
  • ドコモ光(2年定期契約プラン)の申込みと同時に本特典の適用を希望する
  • 申込み時に、他社インターネット回線を利用している
  • ドコモ光の申込みからドコモ光の回線開通月を1ヶ月目として3ヶ月目の末日までに他社サービスを解約し、指定の方法で他社サービスの解約違約金明細の写真を提出する
注意事項
  • 申し込み時点で他社サービスを既に解約している場合は対象外
  • 他社サービス解約時に発生する解約金・撤去費用の証明書が必須
還元対象
  • インターネット回線、テレビ、電話等の施設撤去に関わる費用や解約金
  • インターネット回線の長期割引等にかかわる解約金
  • 現在利用中のインターネット回線工事費の残債
  • ドコモ光に変更する際の、プロバイダ解約にかかる解約料
  • 他社固定電話からNTTアナログ回線への切り替え時発生する工事料

他社サービスからドコモ光へ乗り換える場合、キャッシュバックが15,000円増額します。

申込時に他社サービスを利用していることが条件なので、先に利用中のサービスを解約してしまわないようご注意ください。

また、ドコモ光指定の方法で解約違約金明細を提出しなければいけないので、期日内に必ず手続きを終えるようにしましょう。

開通工事費完全無料

キャンペーン内容ドコモ光を新規で開通する方の工事費が完全無料
適用条件
  • 「ドコモ光1ギガ」または「ドコモ光10ギガ」 を新規で申込み、申込み月含む7か月以内に利用開始する
注意事項
  • 「ドコモ光電話」などのオプション工事料、土日・祝日工事の追加工事料、工事内容によって発生する追加料金は特典対象外
  • フレッツ光または提携CATVのインターネット接続サービスからのきりかえ・設置場所の移転のお申込みの場合は対象外

ドコモ光は、新規開通工事に関する基本工事費がキャンペーンで完全無料となるおすすめの光回線です。

1ギガ・10ギガどちらの場合も適用されるので、工事費が高額で万が一解約したときに残債支払いが発生するのが心配…という人にも安心しておすすめできます。

オプション工事や土日・祝日の追加工事料については、無料キャンペーンの対象外となるのでご注意ください。

Wi-Fiルーター無料レンタル

キャンペーン内容
  • ドコモ光1ギガを契約の方にv6プラス対応の高性能なWi-Fiルーターを0円レンタル
適用条件
  • ドコモ光1ギガに申し込みをした方
  • Wi-Fiレンタルキャンペーンの申し込みをBBnaviから申し込んだ方
注意事項
  • Wi-Fiルーター申込後の希望端末の変更はできません
  • GMOとくとくBBの会員お一人さまにつき、1回のみ利用可能
  • 解約時には端末の返却が必要

1ギガプランをドコモ光×GMOとくとくBBから申し込むと、Wi-Fiルーターが無料レンタルできます。

【レンタル可能な機種】

  • BUFFALO製:WSR-2533DHPLS
  • NEC製:Aterm WG2600HS2
  • ELECOM製:WRC-2533GST2

上記のルーターの中から、希望する機器を利用者が選んでレンタルが可能です。

これからルーターの購入を検討している人や、どのルーターを選べば良いかわからないという方は、このキャンペーンを活用してお得にドコモ光を始めましょう!

10ギガプランなら10ギガ対応のルーターを格安レンタル

キャンペーン内容
  • ドコモ光10ギガを契約の方:10ギガ対応で最大4803MbpsのWi-Fiルーターを月額309円でレンタル
適用条件
  • ドコモ光10ギガに申し込みをした方
  • Wi-Fiレンタルキャンペーンの申し込みをBBnaviから申し込んだ方
注意事項
  • Wi-Fiルーター申込後の希望端末の変更はできません
  • GMOとくとくBBの会員お一人さまにつき、1回のみ利用可能
  • 解約時には端末の返却が必要

10ギガプランを申し込む方は、10ギガ対応ルーターが月額309円でレンタル可能です。

2年間の契約期間中の総支払額は9,360円なので、20,000円前後かかるルーターを購入するよりも安く使えることがわかります。

【レンタル可能な機種】

  • BUFFALO製:WXR-5700AX7S

10ギガの通信速度を活用するためには、10ギガに対応したルーターが必ず必要なので、これから購入を検討している方は、このレンタルキャンペーンをご活用ください。

GMOとくとくBBで他に適用できるキャンペーンまとめ

GMOとくとくBBからドコモ光を申し込むと、下記3つのキャンペーンも利用可能です。

  • 工事前モバイルWi-Fiルーター最大3ヶ月無料レンタル
  • ドコモ光専用無料訪問サポートが1回無料
  • セキュリティーソフト1年間無料

「ドコモ光専用無料訪問サポート」は開通月から12ヶ月後末日まで初回のみ無料となります。

接続設定も対象となるので、開通後の設定が難しそう…自分でやるのはちょっと…という方は、こちらの訪問サポートの利用がおすすめです。

1年間無料となるセキュリティソフトは「マカフィーマルチアクセス」で、期間終了後は月額550円で継続利用もできます。

これらのキャンペーンは、各種キャッシュバックキャンペーンなどと併用できますので、利用したいキャンペーンがある方は、是非ご活用ください。

ドコモショップ・公式で適用できるキャンペーンまとめ

キャンペーン内容
  • ドコモ光1ギガ申し込み:2,000dポイントプレゼント
  • ドコモ光10ギガ申し込み:17,000dポイントプレゼント
適用条件
  • ドコモ光の2年契約プランを申し込む
  • 申込み月含む7ヶ月間以内に利用を開始する
  • ドコモ光利用者がdポイントクラブ会員またはドコモビジネスプレミアクラブ会員であること
  • 利用開始月の2ヶ月後の月末時点でドコモ光を利用中であること
注意事項
  • 「ポイント交換商品(賞品が当たる抽選、JALマイルへの交換含む)」、「ケータイ料金の支払い」、「データ量の追加」には利用不可
  • 進呈されるdポイントの有効期限は進呈月含む6か月目まで

ドコモショップ・公式で適用可能なキャンペーンは、dポイントのプレゼントキャンペーンです。

1ギガと10ギガでは受け取れるポイントに違いがありますが、日ごろからdポイントを貯めている人は、お得に感じる内容ではないでしょうか?

ただ、有効期限と使用用途に制限があるポイントなので、早めのポイント利用がおすすめです。

ドコモ光×GMOとくとくBB:https://gmobb.jp/service/docomohikari/

\当サイト限定!最大51,000円キャッシュバック!/

ドコモ光に乗り換える手順・方法【新規・転用・事業者変更】

ドコモ光に乗り換える場合には、3つの方法があります。

  • 新規申し込み:独自回線からドコモ光へ乗り換える
  • 転用:フレッツ光からドコモ光に乗り換える
  • 事業者変更:光コラボからドコモ光に乗り換える

ご自身がドコモ光へ乗り換える際に契約中の光回線によって、乗り換え方法が異なりますのでご注意ください。

それぞれの手順について、おすすめの窓口のGMOとくとくBBから申し込んだ場合を例に、詳しくご紹介していきます。

ドコモ光に乗り換える手順【新規申し込み】

ドコモ光 乗り換え 新規

ドコモ光に独自回線から乗り換える場合は、新規で申し込みを行います。

  1. ドコモ光にGMOとくとくBBから新規申し込みをする
  2. ドコモ光の開通工事をして利用開始
  3. 利用中の光回線を解約し、レンタル機器を返却

ドコモ光を開通させてから、利用中の光回線の解約をしないと、インターネットが使えなくなる期間が発生するため注意が必要です。

それぞれの手順について、詳しく見ていきましょう。

ドコモ光にGMOとくとくBBから新規申し込みをする

独自回線から乗り換える場合、おすすめの窓口GMOとくとくBBから新規申込をします。

WEBからの申し込みは24時間いつでも受け付けているので、空いた時間で簡単に申し込み可能です。

申し込み後は、内容の確認を含めて2度GMOとくとくBBから電話がかかってきます。

申込時に折り返しの連絡の希望日時を第3希望まで選択できますので、電話のとれる時間帯を選択しましょう。

確認の電話をもって申し込み完了となりますので、電話の取り忘れにはご注意ください。

ドコモ光×GMOとくとくBB:https://gmobb.jp/service/docomohikari/

\当サイト限定!最大51,000円キャッシュバック!/

ドコモ光の開通工事をして利用開始

新規申し込みの場合は、開通工事が必須です。

開通工事には立ち会いが必要となりますので、希望した日時に必ず在宅しておくようにしましょう。

工事日に不在だった場合は、また後日改めて予約を取り直す必要があり、その分開通までに時間がかかってしまう事になるので、他の予定を入れずに1日フリーにしておくと安心です。

開通工事が完了したら、説明書に合わせて各種設定を済ませると、ドコモ光が利用できます。

利用中の光回線を解約し、レンタル機器を返却

ドコモ光が開通したら、それまで利用していた光回線の解約手続きを進めます。

Webから解約できるサービスや、電話で解約するサービスなど、光回線によって解約方法は様々あるので、詳しくはご利用中の光回線をご確認ください。

解約後に、レンタルしている機器があれば必ず返却しましょう。

ドコモ光に乗り換える手順【転用】

ドコモ光 乗り換え 転用

現在、フレッツ光を利用している人がドコモ光へ乗り換える場合に利用する方法が転用です。

  1. フレッツ光で転用承諾番号を発行する
  2. ドコモ光へGMOとくとくBBから転用で申し込む
  3. フレッツ光で利用していたプロバイダの解約してレンタル機器の返却をする

転用の場合は、開通工事の必要が無く簡単に乗り換えられます。

1点注意すべき点は、フレッツ光で利用していたプロバイダには別で解約連絡を入れなければいけない点です。

転用での乗り換え手順について、詳しく見ていきましょう。

フレッツ光で転用承諾番号を発行する

転用の場合は、まずフレッツ光から「転用承諾番号」を発行してもらう必要があります。

発行方法は全部で2つです。

  • フレッツ光公式サイトからWeb申し込み(NTT東日本NTT西日本
  • 電話窓口に問い合わせ(NTT東日本:0120-140202・NTT西日本:0120-553104)

お住まいの地域により問い合わせ先が異なりますのでご注意ください。

また、転用承諾番号には使用期限があり、発行から15日間と定められています。

期間を過ぎてしまうと再発行する必要がありますので、受け取り次第速やかに転用手続きを進めましょう。

ドコモ光へGMOとくとくBBから転用で申し込む

転用承諾番号を受け取ったら、ドコモ光へGMOとくとくBBから転用で申し込みます。

申し込みフォームに転用承諾番号を入力するところがありますので、受け取った承諾番号をそのまま入力してください。

ドコモ光の契約が完了したら、ルーターの設定やプロバイダの設定を変更します。

フレッツ光の契約は自動的に解約となるため、サービスは自動的にドコモ光へ切り替わります。

ドコモ光×GMOとくとくBB:https://gmobb.jp/service/docomohikari/

\当サイト限定!最大51,000円キャッシュバック!/

フレッツ光で利用していたプロバイダの解約してレンタル機器の返却をする

フレッツ光の解約後は自動的にドコモ光へ切り替わりますが、プロバイダは利用者自身で解約する必要があります。

プロバイダの解約が終わったら、レンタルしていたルーターなどの機器を返却して解約手続きは終了です。

ドコモ光に乗り換える手順【事業者変更】

ドコモ光 乗り換え 事業者変更

現在ドコモ光以外の光コラボを利用している人は、事業者変更で乗り換えを進めます。

  1. 利用中の光コラボで事業者変更承諾番号を発行する
  2. ドコモ光へGMOとくとくBBから事業者変更で申し込む
  3. 利用していた光コラボのレンタル機器を返却する

転用と同様に、開通工事の必要がない乗り換え方法となりますので、申し込み後はサービスの切り替えを待つだけです。

立ち会いの必要な作業もないので、1週間~10日前後で乗り換えが完了します。

それぞれの手順について、詳しく見ていきましょう。

利用中の光コラボで事業者変更承諾番号を発行する

事業者変更で乗り換える場合は、まず利用中の光コラボから「事業者変更承諾番号」を発行してもらう必要があります。

発行後、使用期限は15日間と定められているため、再取得する手間を省く為にも速やかに事業者変更手続きを進めていきましょう。

ドコモ光へGMOとくとくBBから事業者変更で申し込む

事業者変更承諾番号が発行されたら、GMOとくとくBBから事業者変更でドコモ光を申し込みます。

申し込みフォームに承諾番号を入力する欄がありますので、発行された11桁の番号を入力しましょう。

開通工事は原則不要なので、手続きが完了すれば自動的にサービスがドコモ光へ切り替わります。

切り替わった後は、ルーターの設定をすれば利用が可能です。

ドコモ光×GMOとくとくBB:https://gmobb.jp/service/docomohikari/

\当サイト限定!最大51,000円キャッシュバック!/

利用していた光コラボのレンタル機器を返却する

利用していた光コラボからレンタルで機器を借りていた場合は、必ず返却手続きをしてください。

返却方法はサービスによって異なるので、解約時によく確認しましょう。

返却しないままでいると、高額な違約金が発生する場合がありますので、解約後は速やかに返却するのがおすすめです。

ドコモ光に乗り換える際の注意点

ドコモ光 乗り換え 注意点

ドコモ光へ乗り換えを検討している人向けに、注意してほしい点を9つご紹介します。

確認不足で、乗り換え後に「あれ?」とならないよう、契約する前に必ずこれらの注意点を確認しておきましょう。

電話番号を継続利用できない可能性がある

ドコモ光へ乗り換えることで、固定電話の番号を継続して利用できない場合があります。

引き継ぎ可能
  • NTT加入電話で取得した番号の場合
  • 光コラボ⇔光コラボの乗り換えの場合
引き継ぎ不可
  • 光回線で取得した番号の場合

引き継ぎができない電話番号を利用している場合で、その番号をそのまま使いたい場合は「アナログ戻し」をすることで、引き続き利用が可能となります。

工事が必要となり、費用も2,000円~10,000円程度発生するので、ご注意ください。

プロバイダのメールアドレスを継続利用できない可能性がある

乗り換え前に光回線でプロバイダのメールアドレスを発行している場合、ドコモ光に乗り換えることでそのメールアドレスが使えなくなる場合があります。

引き継ぎ可能
  • 乗り換え前と乗り換え先で同一のプロバイダを利用する場合
引き継ぎ不可
  • 乗り換え前と乗り換え先で別のプロバイダを利用する場合

引き続き利用できるのは、ドコモ光で使用するプロバイダと同一のプロバイダを、乗り換え前の光回線で利用している場合のみで、それ以外の方は解約とともにアドレスが失効します。

日常的に使うアドレスに設定していたり、サイトのログインアドレスに利用している場合は、乗り換え前にフリーのメールアドレスに切り替えるのがおすすめです。

インターネットを使えない期間がないように乗り換え手順に注意

ドコモ光へ独自回線からの乗り換えで新規申し込みをする場合、手順に気をつけなければインターネットが使えない期間が発生するため注意が必要です。

ネットがつながらない期間があると、日常生活に支障をきたす人も多いはずです。

独自回線からドコモ光へ乗り換える場合は、ドコモ光の開通後に利用中の光回線の解約をしましょう。

独自回線からの乗り換えでは、転用や事業者変更と違い工事が必ず発生します。

先に契約中の光回線を解約してしまうと、ドコモ光の工事完了までの間にインターネットが使えなくなります。

必ず、ドコモ光開通後に利用中の光回線の解約をするという手順で、進めるようにしましょう。

新規・転用・事業者変更の乗り換え手順については「ドコモ光に乗り換える手順・方法【新規・転用・事業者変更】」の見出しで解説していますので、こちらを合わせてご覧ください。

10ギガプランの場合は転用・事業者変更でも工事・立ち合いが必須

ドコモ光に乗り換える際、10ギガプランの契約を検討している場合、新規だけでなく転用や事業者変更の場合でも開通工事と工事の立ち会いが必要となります。

1ギガプランと同様に申し込みから1ヶ月~2ヶ月程度の時間がかかりますのでご注意ください。

ドコモ光では、10ギガプランの新規開通工事についても、工事費が無料になるキャンペーンが開催されています。

キャッシュバックも増額となるので、より速い速度で光回線を楽しみたいという人は、10ギガプランの契約をご検討ください。

>ドコモ光10Gの評判はこちら

10ギガ・1ギガで特典に違いがある

ドコモ光は、10ギガと1ギガで特典内容に違いがあります。

1ギガプラン特典
  • 38,000円キャッシュバック
  • 他社からの乗り換えでキャッシュバック15,000円増額
  • 新規開通工事費完全無料
  • v6プラス対応 高性能 Wi-Fiルーターをレンタル提供
  • 1ギガ申し込みでdポイント2,000ptプレゼント
10ギガプラン特典
  • 38,000円キャッシュバック
  • 10ギガプラン契約で13,000円キャッシュバック増額
  • 他社からの乗り換えでキャッシュバック15,000円増額
  • 新規開通工事費完全無料
  • 10ギガ対応で最大4803MbpsのWi-Fiルーターを月額309円でレンタル
  • 10ギガ申し込みでdポイント17,000ptプレゼント
共通特典
  • 工事前モバイルWi-Fiルーター最大3ヶ月無料レンタル
  • ドコモ光専用サポートが1回無料
  • セキュリティーソフト1年間無料

特典内容を比較すると、キャッシュバックの金額が大きく異なる点が目につくと思います。

1ギガも10ギガも特典が豊富に揃っているので、特典内容に差があってもお得に利用が可能ですよ。

10ギガプランを検討中の方にはWi-Fiルーターのレンタルサービスがおすすめ

10ギガプランの利用を検討中の方には、ドコモ光のルーターレンタルキャンペーンを利用するのがおすすめです。

10ギガの回線を使うためには対応したルーターの購入が必要となりますが、家電量販店やインターネットで購入する場合、平均で20,000円前後の料金がかかります。

ドコモ光の10ギガ対応ルーターレンタルキャンペーンを利用すると、月額料金309円で10ギガルーターがレンタル可能です。

契約期間の2年間レンタルすると、ドコモ光契約期間内は合計9,360円で利用できます。

購入するよりもお得につかえるので、現在10ギガ対応ルーターを持っていない人はこちらのレンタルキャンペーンを利用しましょう。

詳しいキャンペーンについての詳細は「10ギガプランなら10ギガ対応のルーターを格安レンタル」の見出しをお読みください。

プロバイダは料金の安いタイプAを選ぼう

ドコモ光は、選択するプロバイダによってタイプAとタイプBに分けられますが、月額料金の安いタイプAを選ぶのがおすすめです。

分類プロバイダ月額料金
タイプA
  • GMOとくとくBB
  • ドコモnet
  • andline
  • @nifty
  • SIS
  • ic-net
  • hi-ho
  • BBエキサイト
  • BIGLOBE
  • Tigers-net
  • エディオンネット
  • SYNAPSE
  • 楽天ブロードバンド
  • DTI
  • @ネスク
  • TiKiTiKi
戸建て:5,720円

マンション:4,400円

タイプB
  • @TCOM
  • AsahiNet
  • TNC
  • @ちゃんぷるネット
  • WAKWAK
戸建て:5,940円

マンション:4,620円

タイプAの方が、タイプBよりも月額料金が200円安いことがわかります。

当記事でおすすめしているプロバイダのGMOとくとくBBも、タイプAに属していますね。

特にこだわりがなく、どこを選べば良いかわからないという方は、月額料金の安く特典もお得なGMOとくとくBBがおすすめです。

>ドコモ光のおすすめプロバイダはこちら

利用中のスマホセット割が使えなくなる可能性がある

ドコモ光で適用されるスマホセット割は、ドコモ・irumo・eximoのみなので、それ以外のスマホキャリアを利用している場合は、スマホ割が適用されません。

au・UQモバイル・ソフトバンク・ワイモバイルといった、他社光回線でセット割が使えていた場合は、最大1,100円の割引が無くなるので毎月の通信費が高くなります。

スマホセット割を乗り換え先でも継続して利用したい場合は、下記表を参考に光回線を選んでみてください。

au・UQモバイル
ソフトバンク・ワイモバイル

ドコモ光のスマホ割について、詳細は「ドコモのスマホセット割の割引額などの詳細」の見出しをご覧ください。

>スマホキャリア別におすすめの光回線はこちら

乗り換え前の光回線にてレンタル機器がある場合は返却を必ずする

ドコモ光に乗り換えて、乗り換え前の光回線を解約した後は、レンタル機器の返却を必ずしてください。

返却方法は光回線ごとに異なり、返却キットが送られてきたり、自分でBOXを用意して返送したりと様々です。

レンタル機器があるにもかかわらず返却をしないでいると、違約金が発生することもありますので、ご注意ください。

ドコモ光に乗り換える際に発生する費用

ドコモ光 乗り換え 費用

ドコモ光に乗り換える際に発生する費用は、乗り換え方によって異なります。

そのため、ここでは3つのパターンでそれぞれの乗り換えパターン時に発生する費用をご紹介していきます。

新規申込の場合と、転用・事業者変更を10ギガプランで申し込む場合は、ドコモ光の開通工事費が発生しますが、キャンペーンで完全無料となりますのでご安心ください。

各種事務手数料のみ、必ず発生する費用になります。

それ以外の解約違約金や回線撤去費用については、支払う必要の無い場合がありますので、契約中の光回線の契約事項をよくご確認ください。

新規申込の場合

ドコモ光新規開通工事費戸建て:19,800円

マンション:16,500円

10ギガ:22,000円

※キャンペーンで完全無料

ドコモ光契約事務手数料3,300円
他社光回線解約違約金サービスにより金額が異なる

解約違約金:更新月の場合はなし

工事費残債:分割払い期間が終了している場合はなし

他社光回線撤去費用(任意)サービスにより金額が異なる

契約年によっては撤去が必須となるため要確認

新規申込の場合、転用・事業者変更と大きく異なる点は、利用中の回線撤去費用が発生するかもしれないという点です。

撤去については任意となっているサービスがほとんどですが、契約年によっては回線撤去が必須となっている場合があります。

たとえ費用が発生する場合でも、ドコモ光は高額キャッシュバックと乗り換え時キャッシュバック増額キャンペーンもありますので、安心して乗り換えられますよ。

転用の場合

ドコモ光新規開通工事費10ギガ:22,000円

※キャンペーンで完全無料

※1ギガプランの場合は工事不要

ドコモ光契約事務手数料3,300円
転用承諾番号発行手数料3,300円
他社光回線解約違約金

(フレッツ光)

戸建て:4,950円

マンション:1,650円

※更新月の乗り換えの場合はなし

工事費残債:分割払い期間が終了している場合はなし

転用の場合は、10ギガプランを契約する場合を除き、開通工事が不要です。

工事が発生する場合であっても、キャンペーンで基本工事費が完全無料となるのでご安心ください。

転用はフレッツ光からの乗り換えに限る乗り換え方法です。

フレッツ光の解約違約金は更新月(申し込んだ日の翌月から25カ月目と26カ月目)の解約であれば発生しません。

解約金を支払わずに乗り換える場合は、更新月での乗り換えがおすすめです。

事業者変更の場合

ドコモ光新規開通工事費10ギガ:22,000円

※キャンペーンで完全無料

※1ギガプランの場合は工事不要

ドコモ光契約事務手数料3,300円
事業者変更承諾番号発行手数料3,300円
他社光回線解約違約金サービスにより金額が異なる

解約違約金:更新月の場合はなし

工事費残債:分割払い期間が終了している場合はなし

事業者変更の場合も転用と同様、10ギガプラン契約時以外は工事費が発生しません。

解約違約金や工事費残債については、契約している光回線によって金額が異なります。

工事費の分割払いが終了している場合、かつ契約更新月での乗り換えに限り、解約に関する料金が発生しなくなります。

乗り換え時に無駄な費用の発生を抑えたい人は、これらの点に注意して乗り換え時期を決めるのがおすすめです。

ドコモ光×GMOとくとくBB:https://gmobb.jp/service/docomohikari/

\当サイト限定!最大51,000円キャッシュバック!/

ドコモ光に乗り換える際におすすめのプロバイダ・申込窓口はGMOとくとくBB

ドコモ光 乗り換え GMOとくとくBB

ドコモ光は、契約の際にプロバイダを自分で選択する必要がありますが、おすすめのプロバイダと申込窓口は「GMOとくとくBB」です。

これらのおすすめ理由について、詳しく解説していきますので、ご覧ください。

プロバイダとしての評価が高い

GMOとくとくBBは、オリコンのおすすめプロバイダランキング(広域企業)でも3位と、プロバイダとしての評価が高いです。

評価項目点数
加入・開通手続き67.1点
料金プラン62.9点
サポートサービス60.1点
セキュリティ対策61.0点
通信速度・安定性68.6点
コストパフォーマンス63.9点
付帯サービス60.7点

オリコンおすすめプロバイダ広域企業ランキング

コスパの良さや加入手続きのしやすさが高評価のようで、お客様満足度の高さにもつながっています。

サポート面においてもしっかりしているという声が見られているので、安心して利用できるプロバイダです。

お客様満足度が高い

GMOとくとくBBは、お客様満足度も高いプロバイダです。

SNSや評価サイトの口コミには、以下のような評判が見られます。

  • 速度が安定していて使いやすい
  • ルーターのキャンペーンがお得で助かる
  • キャッシュバックキャンペーンが魅力的
  • ウィルスソフトが1年間無料で使えてお得

利用者にとって満足できるキャンペーンが開催されていたり、高額キャッシュバックが魅力的といった声が多く見られます。

また、GMOとくとくBBは次のような受賞歴もあります。

この事からも、GMOとくとくBBは利用者の満足度が高いプロバイダであることがわかりますよね。

通信速度の改善に力を入れている

GMOとくとくBBは、日々通信速度の改善に力を入れているプロバイダです。

プロバイダ実測値
GMOとくとくBB下り:278.97Mbps

上り:314.03Mbps

@nifty下り:229.96Mbps

上り:282.58Mbps

BIGLOBE下り:230.43Mbps

上り:244.05Mbps

OCN

※新規受付終了

下り:282.45Mbps

上り:284.31Mbps

Plala(ぷらら)

※新規受付終了

下り:246.66Mbps

上り:238.29Mbps

ドコモ光は、プロバイダを自分で選べますが、その中でもv6プラスに対応していて、比較的通信速度が速いのがGMOとくとくBBです。

今後も徐々に通信速度が改善されていくことが予想されますので、速度重視の方も安心して利用可能なプロバイダとなっています。

無料で適用できるキャンペーンが多い

GMOとくとくBBからドコモ光を申し込むと、無料で適用可能なキャンペーンが4つ用意されています。

  • v6プラス対応のWi-Fiルーターが無料
  • モバイルWi-Fiルーターが最大3ヶ月無料レンタル
  • ドコモ光専用無料訪問サポートが1回無料
  • セキュリティーソフト1年間無料

無料期間が限定されているものがほとんどですが、v6プラス対応のルーターはずっと無料でレンタルが可能です。

現在Wi-Fiルーターをお持ちで無い方や、乗り換えを機に買い換えを検討されている方にメリットが大きいので、ぜひGMOとくとくBBから申し込んでキャンペーンをご利用ください。

v6プラス対応のWi-Fiルーター無料レンタルキャンペーンについては「Wi-Fiルーター無料レンタル」の見出しで解説していますので、合わせてお読みください。

ドコモ光×GMOとくとくBB:https://gmobb.jp/service/docomohikari/

\当サイト限定!最大51,000円キャッシュバック!/

ドコモ光への乗り換えをおすすめする人の特徴とメリット

ドコモ光 乗り換え おすすめする人の特徴

ドコモ光へ乗り換えをおすすめする人の特徴とメリットは4つあります。

これらの特徴に当てはまる方には、特にドコモ光がおすすめです!

とくに、ドコモユーザーがセット割対象となるのは、ドコモ光以外ありませんので、プランによる割引額についてもご紹介していきます。

開通工事費を完全無料にしたい方

独自回線からの乗り換えを検討していて、工事費を完全無料にしたい方は、ドコモ光がおすすめです。

ドコモ光は、キャンペーンで1ギガ・10ギガの新規開通時の基本工事費が完全無料となります。

他の光回線で行われている実質無料キャンペーンと違い、契約期間内で万が一解約となった場合でも残債支払いがありません。

初期費用を大幅に抑えて利用開始できるため、工事費を完全無料としたい方はドコモ光をご検討ください。

高額キャッシュバックが欲しい方

光回線へ乗り換える際に、高額キャッシュバックがほしい方は、ドコモ光がおすすめです。

ドコモ光は1ギガの契約で38,000円、10ギガの契約で51,000円のキャッシュバックがオプション契約なしで受け取れます。

このキャッシュバックに加えて、他社からの乗り換えで解約違約金が発生する場合15,000円のキャッシュバック増額キャンペーンを開催しています。

増額キャンペーンを加味すると、1ギガは最大53,000円、10ギガは最大66,000円のキャッシュバックを受け取れるため、キャッシュバックを重視しているという方は、是非ドコモ光をご検討ください。

ドコモ光のキャッシュバック・キャンペーンについて、詳しくは「ドコモ光の乗り換えキャンペーン一覧」をご確認ください。

ドコモのスマホユーザー

ドコモユーザーがドコモ光を契約すると、利用中のスマホプランに応じて最大1,100円がスマホ料金から割引されます。

対象となるのは契約者のスマホだけでなく、同一世帯内と離れて暮らす家族の端末も対象となり、最大20端末まで割り引きが適用されます。

ドコモのスマホだけでなく、ドコモ光契約者の「ファミリー割」に含まれているirumo・eximoのユーザーも対象です。

条件を満たしていれば、永年続く割引となりますので、ドコモのスマホユーザーの方にはドコモ光がおすすめの光回線となります。

ドコモのスマホセット割の割引額などの詳細

ドコモのプランごとのスマホセット割の割引額は以下の通りです。

ドコモのスマホセット割
スマホ料金プラン割引額
eximo1,100円割引
irumo9GB1,100円割引
6GB1,100円割引
3GB1,100円割引
0.5GB割引なし
5Gギガホ プレミア1,100円割引※1
5Gギガホ1,100円割引※1
ギガホ プレミア1,100円割引※1
ギガホ1,100円割引※1
5Gギガライト

/ギガライト

ステップ4:~7GB1,100円割引※1
ステップ3:~5GB1,100円割引※1
ステップ2:~3GB550円
ステップ1:~1GB割引なし

ドコモ光のスマホセット割は、ドコモ光契約者の端末だけでなく、ファミリー割に含まれている家族の端末も対象です。

最大20端末まで割引が適用されるので、家族でドコモのスマホを利用中の場合は、毎月の通信費がぐんと下がる事になります。

オンラインゲーマーや動画配信者

ドコモ光には10ギガプランが用意されているため、速度の必要なオンラインゲーマーや動画配信者にもおすすめの光回線です。

ドコモ光の10ギガプランは、新規開通工事完全無料、GMOとくとくBBからの申し込みで最大66,000円キャッシュバックと、お得に利用できるのが特徴です。

現在10ギガ対応のルーターをお持ち出ない方も、キャンペーンを利用すると月額309円でレンタルできるため、高額なルーターを購入する必要もありません。

>10Gでおすすめの光回線はこちら

>ドコモ光10Gの評判はこちら

>オンラインゲームにおすすめの光回線はこちら

ドコモ光×GMOとくとくBB:https://gmobb.jp/service/docomohikari/

\当サイト限定!最大51,000円キャッシュバック!/

ドコモ光の乗り換えに関するよくある質問

ドコモ光の乗り換えに関して、よく見られる質問を5つご紹介します。

それぞれについて、詳しく見ていきましょう。

ドコモ光からahamo光への乗り換えはおすすめ?

ドコモ光からahamo光への乗り換えは、あまりおすすめできません。

ahamo光は、2023年7月にahamoユーザー向けに提供が開始された新しい光回線で、現在はahamoユーザーのみ契約が可能となっているため、誰でも契約できるというわけではありません。

では、実際にドコモ光とahamo光ではどちらがお得に利用可能なのか、実質月額料金を元に見ていきましょう。

光回線ドコモ光ahamo光
月額料金戸建て:5,720円

マンション:4,400円

戸建て: 4,950円

マンション: 3,630円

実質月額料金戸建て:4,107円

マンション:2,787円

戸建て:5,087円

マンション:3,767円

残念ながらahamo光にはドコモ光のようにキャッシュバックがありません。

dポイントの10,000ptプレゼントキャンペーンはありますが、これもドコモ光からのプラン変更は対象がとなっています。

結果的に月額料金はahamo光の方が安くても、実質月額料金ではドコモ光の方が安いという事になるのです。

ahamo光をおすすめする人
  • ahamoを契約している人
  • ドコモ光から簡単にプラン変更で乗り換えたい人
ahamo光はおすすめできない人
  • ahamoを契約していない人
  • キャッシュバックを受け取りたい人
  • ドコモ光でスマホセット割が適用されている人

現状ドコモ光でセット割が使えている方の場合、ahamoを持っているからといってahamo光に乗り換えてしまうと、セット割が適用外となります。

その分毎月の通信費が高くなってしまうので、十分ご注意ください。

今後キャンペーン内容の変更等でおすすめできる可能性もありますが、現時点ではドコモ光の方が契約にメリットがあると言えるでしょう。

ドコモ光からケーブルテレビに乗り換えるのはおすすめ?

結論、ドコモ光からケーブルテレビへの乗り換えはおすすめできません。

ケーブルテレビは元々電波の届きにくい地域への提供を目的としているので、光回線に比べると通信速度が遅くなる傾向があります。

光回線が使えないエリアにお住まいの方にはおすすめですが、フレッツ光の回線を利用しているドコモ光が使えているにもかかわらず、あえてケーブルテレビに乗り換えるメリットはほぼありません。

ケーブルテレビをおすすめする人
  • 様々なテレビ番組とインターネットの両方を楽しみたい人
  • 光回線の未対応エリアにお住まいの人
  • 通信速度が遅くても気にならない人
ケーブルテレビはおすすめできない人
  • 光回線の対応エリアに住んでいる人
  • 家族が多い人
  • 速度を必要とする利用方法を活用したい人

回線速度が遅くてもいいからテレビもまとめて視聴したいという人にはおすすめできますが、それ以外の人はドコモ光のまま乗り換えない方が良いでしょう。

>ケーブルテレビのおすすめはこちら

ドコモ光からフレッツ光に戻す手順・方法を教えてもらえますか?

ドコモ光からフレッツ光に戻したい場合は「事業者変更」を利用します。

【ドコモ光からフレッツ光へ事業者変更で乗り換える手順】

  1. ドコモ光から事業者変更承諾番号を取得する
  2. お住まいの地域に合わせてNTT東日本、またはNTT西日本のフレッツ光へ事業者変更で申し込み
  3. サービスの切り替わりを待ってから各種設定
  4. ドコモ光のレンタル機器を返却

フレッツ光からドコモ光へ乗り換える際に利用した「転用」では申し込みできませんのでご注意ください。

ドコモ光から乗り換える際にルーターは返却必須ですか?

ドコモ光から他社光回線に乗り換える際に、GMOとくとくBBからレンタル中のルーターがあれば返却は必須となります。

解約時に返却キットの郵送等はありませんので、梱包するための段ボールについてはご自身で用意しなければいけません。

主な返却物、返却先住所、注意事項については下記の通りです。

返却物
  • Wi-Fiルーター本体
  • ACアダプタ
  • LANケーブル
返却先住所〒945-1352

新潟県柏崎市安田田尻工業団地7550-1 新進テック(株)内

GMOとくとくBB 物流センター Wi-Fiルーター返却係

電話番号 : 0570-045-109

注意事項
  • 返却に関わる費用は利用者負担
  • 解約月の【翌月20日まで必着】
  • 佐川急便・ヤマト運輸・郵送やコンビニエンスストアでの発送
  • Wi-Fiルーター発送月を1ヶ月目とし、38ヶ月目以降に解約する場合は返却不要
  • ドコモ光10ギガプランの場合は、利用期間に関わらず返却が必要

返却期限を過ぎても返却が確認できない場合は、未返却補償料として1Gの場合11,000円、10Gの場合22,000円が請求されます。

解約手続き後は、早めに返却物の返送を行いましょう。

ドコモ光から乗り換える際に違約金負担キャンペーンを実施しているおすすめの光回線はありますか?

ドコモ光から乗り換える際に、違約金が発生してしまう場合、下記光回線であれば違約金負担キャンペーンを利用し、安心して乗り換えることが可能です。

光回線解約違約金負担キャンペーン額
ソフトバンク光最大100,000円
auひかり最大30,000円
NURO光最大60,000円
GMOとくとくBB光最大60,000円

ここでご紹介しているのは、一部の光回線のみですので「他の光回線ももっと見てみたい!」という方は、おすすめの光回線についてご紹介している記事から、光回線を比較検討してみてください!

ドコモ光の乗り換えまとめ

ドコモ光へ乗り換える際は、新規・転用・事業者変更という方法を使います。

現在利用中の光回線によって申し込み方法が異なるのでご注意ください。

  • 新規申し込み独自回線からドコモ光へ乗り換える
  • 転用フレッツ光からドコモ光に乗り換える
  • 事業者変更光コラボからドコモ光に乗り換える

代理店窓口のGMOとくとくBBから乗り換えを申し込むと、1ギガは38,000円、10ギガは51,000円のキャッシュバックが受け取れます。

プロバイダとしての評価・お客様満足度ともに高いので、ドコモ光へ乗り換える際はGMOとくとくBBからお申し込みください。

これらに該当する人は、ドコモ光への乗り換えがおすすめですので、是非ご検討ください!

ドコモ光×GMOとくとくBB:https://gmobb.jp/service/docomohikari/

\当サイト限定!最大51,000円キャッシュバック!/

この記事を書いた人
福田ありさ

福田ありさ

ぴかまろ編集・ライティング担当。光回線の販売経験を活かして、インターネットサービスのあれこれをわかりやすくお伝えできるように日々奮闘しています。家でも光回線やスマホサービスを色々試しており、ユーザー目線でリアルな情報を発信できたらと思っています!よろしくお願いします。

NEWS PICKSはこちら