本ページはプロモーション(広告)が含まれています

【2024年5月】ドコモ光のキャッシュバック窓口22社を一覧表で徹底比較!選び方のコツや注意点も解説

ドコモ光 キャッシュバック
「ドコモ光のキャッシュバックのメールが来ない。問い合わせ先は?」
ドコモ光のキャッシュバックはいつもらえる?
ドコモ光のキャッシュバックは期限切れになるとどうなる?
ヤマダ電機のドコモ光キャッシュバックはお得?」
ドコモ光キャッシュバックの受け取り方は?
GMOとくとくBBのドコモ光キャッシュバックはお得?」

ドコモ光のキャッシュバックについて調べていると、上記のような悩みを持つ方が多いかと思います。

ドコモ光に限らず、光回線はキャッシュバックをもらうことでお得に利用できるため、受け取り忘れが一番心配ですよね。

結論、ドコモ光のキャッシュバックは「GMOとくとくBB」が最もお得です。

【ドコモ光×GMOとくとくBBのキャッシュバックの受け取り方】

  1. GMOとくとくBB公式サイトよりドコモ光を申し込む
  2. ドコモ光開通工事月を含む4ヶ月目にキャッシュバック案内メールを受け取る
  3. キャッシュバック案内メール送信月より1ヶ月以内に振込先口座の登録を行う
  4. 振込先口座を登録した月の翌月末日にキャッシュバックを受け取る

>ドコモ光×GMOとくとくBBのキャッシュバックの受け取り方の詳細はこちら

ドコモ光×GMOとくとくBBのキャッシュバック受け取り時期は5ヶ月後、金額は最大66,000円(現金38,000円+他社違約金負担15,000円+10ギガプランキャッシュバック13,000円)です。

なお、申請期間をすぎ期限切れになるとキャッシュバックを受け取れなくなってしまいます。

忘れないように申請期間にリマインダーを使ったり、メールが来ない場合は「NTTドコモ コンサルティングセンター」に問い合わせてみたりしてください。

また、Webか家電量販店かで悩む方が多いですが、基本的にWebからの申し込みの方がお得な傾向にあります。

家電量販店はセットで家電も購入したい方にはおすすめですが、お得なキャッシュバックだけ欲しい方にはおすすめしません。

受け取り方・受け取り時期もWebの方が簡単で早い傾向にあります。

本記事では、おすすめ窓口のGMOとくとくBBをはじめ、各代理店・家電量販店のドコモ光キャッシュバックを徹底比較しています。

本記事を参考にすればドコモ光キャッシュバック窓口でどこが一番お得かわかりますので、ドコモ光をお得に利用し始めたい方は参考にしてみてください。

【ドコモ光キャッシュバック窓口厳選3社比較表】

代理店名キャッシュバック・キャンペーン内容公式サイト
GMOとくとくBB
ソフトバンク光 GMOとくとくBB
  • 本サイト限定で最大66,000円キャッシュバック(現金38,000円+他社違約金負担15,000円+10ギガプラン13,000円)
  • 受け取りは5ヶ月後
  • 受け取りにはメールでの申請が必要なので注意
  • ドコモ光の公式キャンペーンも併用可能
GMOとくとくBB公式
OCN インターネット
OCNインターネット
  • 新規 最大55,000円(10ギガ)のキャッシュバックがもらえる

  • NTTドコモが運営し、OCNはプロバイダ実績25年以上

OCN インターネット公式サイト
@nifty
ドコモ光 nifty
  • 最大35,000円キャッシュバック
  • 受け取りは8ヶ月後
  • ドコモ光の公式キャンペーンも併用可能
@nifty公式サイト

ドコモ光×GMOとくとくBB公式:https://gmobb.jp/service/docomohikari/

\当サイト限定!現金最大66,000円キャッシュバック!/

※本記事は2024/5/22時点の情報です。詳細は各公式ページをご参照ください。
記事内の「実質月額」と「契約期間内の総額」は以下の計算式で算出しています。
※1:実質月額料金={(契約期間×月額料金)+初期費用(工事費・端末代・オプション料金・契約事務手数料など)-(キャッシュバック+月額料金割引)}÷契約期間
※2:契約期間内の総額={(契約期間×月額料金)+初期費用(工事費・端末代・オプション料金・契約事務手数料など)-(キャッシュバック+月額料金割引)}
実測値参考元:みんなのネット回線速度

目次

家電量販店のドコモ光キャッシュバック一覧比較表

家電量販店でもドコモ光のキャッシュバックキャンペーンを申し込めます。

そこで、大手家電量販店のキャッシュバックキャンペーン内容について、表にまとめてみました。

家電量販店おもなキャッシュバック内容
ヤマダ電機・10,000円~30,000円分の商品券プレゼント

・5,000pt~20,000pt分のdポイントプレゼント

ケーズデンキ・数万円相当の家電購入割引

・10,000円~20,000円の現金キャッシュバック

・20,000pt分のdポイントプレゼント

エディオン・最大40,000円の家電購入割引
ビックカメラ・5,000pt~45,000pt分のビックポイントプレゼント

・20,000pt分のdポイントプレゼント

ヨドバシカメラ・最大40,000円の家電購入割引

・30,000円分の商品券プレゼント

・20,000pt分のdポイントプレゼント

※時期・店舗により内容は異なります、詳しくはお近くの店舗にてご確認ください。

それぞれのキャンペーン内容について、家電量販店別にくわしく解説してまいりましょう。

ヤマダ電機のドコモ光キャッシュバック

ヤマダ電機におけるドコモ光のキャッシュバックキャンペーンの内容は以下の通りです。

  • 10,000円~30,000円分の商品券プレゼント
  • 5,000pt~20,000pt分のdポイントプレゼント

おもに商品券やdポイントの進呈がメインですが、時期・店舗によってキャンペーン内容が変わる可能性がありますので注意してください。

ヤマダ電機では、キャッシュバックの適用条件として「ひかりTV」などの有料オプションの加入や家電購入を求められるケースが多いのが特徴です。

有料サービスの利用や家電購入の予定がない方であれば、あまりお得ではないキャンペーンといえるでしょう。

ドコモ光でお得なキャッシュバックを受け取りたいなら、GMOとくとくBBがおすすめです。

GMOとくとくBBのお得なキャンペーンについては「ドコモ光×GMOとくとくBB独自の特典一覧」でくわしくご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

ケーズデンキのドコモ光キャッシュバック

ケーズデンキのドコモ光キャッシュバックキャンペーンの内容についてご紹介します。

  • 数万円相当の家電購入割引
  • 10,000円~20,000円の現金キャッシュバック
  • 20,000pt分のdポイントプレゼント

時期・店舗によってキャンペーン内容が異なる場合はありますが、おもに現金のキャッシュバックやdポイントの進呈などが行われています。

とくに家電の購入予定がない方でも、最大20,000円のキャッシュバックをもらえますので、他の家電量販店と比べるとお得なキャンペーンです。

しかし、特典の受け取りにはケーズデンキの店舗へ足を運ぶ必要があり、ケーズデンキの会員登録を行わなければならない場合もあります。

ドコモ光代理店のWebサイトからの申し込みであれば、振込先口座の登録を行うだけで手軽にキャッシュバックを受け取れるためより便利といえるでしょう。

なかでも、GMOとくとくBBなら最大66,000円の高額キャッシュバックや高性能Wi-Fiルーターの無料レンタルなどお得な特典を利用できておすすめです。

GMOとくとくBBのキャンペーンについて詳細を知りたい方は「ドコモ光×GMOとくとくBB独自の特典一覧」もあわせてチェックしてみてください。

エディオンのドコモ光キャッシュバック

エディオンでは、以下のようなドコモ光のキャッシュバックキャンペーンを行っています。

  • 最大40,000円の家電購入割引

このエディオンのキャンペーン内容は、店舗・時期によって異なりますので注意してください。

エディオンでドコモ光の契約を行うと家電を最大40,000円割引してもらえますが、家電の購入が必須条件であり、現金や商品券によるキャッシュバックもとくにありません。

家電を購入しないという方に、エディオンのキャンペーンはあまりおすすめできないでしょう。

GMOとくとくBBをはじめとしたドコモ光代理店のWebサイト窓口であれば、高額キャッシュバックを含むお得な特典を利用できます。

くわしくは「ドコモ光のキャッシュバック窓口徹底比較表」にて一覧で確認できますので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。

ドコモ光×GMOとくとくBB公式:https://gmobb.jp/service/docomohikari/

\当サイト限定!現金最大66,000円キャッシュバック!/

ビックカメラのドコモ光キャッシュバック

ビッグカメラのドコモ光キャッシュバックキャンペーンを調査したところ、以下の内容であることがわかりました。

  • 5,000pt~45,000pt分のビックポイントプレゼント
  • 20,000pt分のdポイントプレゼント

ただし、店舗や時期によってキャンペーン内容が異なりますので注意してください。

ビックカメラのドコモ光キャンペーンは、ビックカメラで使えるビックポイントやdポイントの進呈がメインです。

しかし、最大45,000pt分のdポイントを受け取るにはビックカメラで指定の家電を購入する必要があります。

普段からビックカメラで頻繁に買い物をする方ならよいですが、そうでない方にはあまりお得なキャンペーンとはいえません。

ポイントだけでなく現金のキャッシュバックも受け取りたいなら、ドコモ光代理店のWebサイトからドコモ光を申し込むとよいでしょう。

GMOとくとくBBなら、dポイントだけでなく高額キャッシュバックをはじめとしたお得な特典が満載なのでおすすめです。

詳細については「ドコモ光×GMOとくとくBB独自の特典一覧」の項でご紹介していますので、参考にしてみてください。

ヨドバシカメラのドコモ光キャッシュバック

ヨドバシカメラにおけるドコモ光のキャッシュバックキャンペーンについてご紹介いたします。

  • 最大40,000円の家電購入割引
  • 30,000円分の商品券プレゼント
  • 20,000pt分のdポイントプレゼント

以上のキャンペーンは、店舗や時期によって内容が異なる可能性がありますのでご注意ください。

キャンペーン内容だけをみるとお得にみえますが、ヨドバシカメラの店舗は都心に多いため、地方にお住まいの方はそもそも店舗へ足を運びづらいでしょう。

ドコモ光代理店のWebサイトならお近くにヨドバシカメラの店舗がなくても手軽にキャンペーンに申し込みできておすすめです。

なかでも、GMOとくとくBBなら最大66,000円(現金38,000円+他社違約金負担15,000円+10ギガプランキャッシュバック13,000円)のキャッシュバックなどお得なキャンペーンが多数実施されています。

ドコモ光×GMOとくとくBB独自の特典一覧」では、GMOとくとくBBのキャンペーン詳細をご紹介していますので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

【総評】家電量販店からのドコモ光の申し込みはおすすめしない

大手家電量販店のドコモ光キャッシュバック内容をみると、ほとんどの家電量販店がdポイントの進呈や家電の割引をおもに実施していることがわかります。

しかもキャンペーン特典の受け取り条件として家電の購入を必須としている場合が多く、費用負担なくお得に特典を受け取ることは難しいでしょう。

家電量販店のキャンペーン自体も店舗・時期によって不定期に変わるため、総合的にみて家電量販店からドコモ光を申し込むことはおすすめできません。

ドコモ光のキャンペーンを申し込むなら、Web上から簡単に申し込めるGMOとくとくBBがおすすめです。

家電量販店のように店舗まで足を運ぶ必要もなく有料サービスに加入する必要もないため、

手軽かつお得に高額キャッシュバックを受け取れます。

ドコモ光×GMOとくとくBBのおすすめ理由解説記事で、GMOとくとくBBの評判や実態をくわしくご紹介していますので、こちらもぜひチェックしてみてください。
ドコモ光×GMOとくとくBB公式:https://gmobb.jp/service/docomohikari/

\当サイト限定!現金最大66,000円キャッシュバック!/

キャッシュバックと併用可能なドコモ光公式キャンペーン一覧

ドコモ光の代理店が実施するキャッシュバックは、ドコモ光公式サイトの一部キャンペーンと併用できます。

ドコモ光のキャッシュバックと併用可能なドコモ光公式キャンペーンは、以下の通りです。

  • スマホ代永年割引
  • 新規工事費無料
  • dポイントプレゼント
  • 光★複数割

それぞれのキャンペーン内容について、順にくわしくご紹介してまいりましょう。

スマホ代永年割引

ドコモ光 セット割

ドコモ光公式キャンペーンのひとつに、ドコモ光セット割があります。

契約スマホプラン割引額割引後の月額料金
eximo1,100円4,565円~7,315円
irumo(9GB)1,100円2,090円
irumo(6GB)1,100円1,540円
irumo(3GB)1,100円880円
irumo(0.5GB)なし550円
ギガホ1,100円6,578円
ギガライト Step4(~7GB)1,100円5,478円
ギガライト Step3(~5GB)1,100円4,378円
ギガライト Step2(~3GB)550円3,828円
ギガライト Step1(~1GB)なし3,278円
ウルトラデータ LLパック1,760円7,040円
ウルトラデータ Lパック1,540円5,060円
ベーシックパック Step4(~20GB)880円6,820円
ベーシックパック Step3(~5GB)880円4,620円
ベーシックパック Step2(~3GB)220円4,180円
ベーシックパック Step1(~1GB)110円3,080円

上表をみると、ドコモ光セット割を適用すればスマホ料金が最大1,100円永年割引されてお得なことがわかります。

しかもドコモ光セット割は、本人だけでなく家族もふくめ最大20回線まで適用できます。

例えば4人家族の場合は月々最大4,400円、年間最大52,800円も割引できるため、家族全員でドコモ光セット割を利用すれば、家計の通信費全体を安く抑えられるでしょう。

2023年9月に発売したのiPhone15の発売日は、各キャリアにて予約受付が開始しています。

光回線と一緒にスマホも新しくしたいとお考えの方は、iPhone15の予約ドコモのiPhone15の予約を解説した記事をぜひ参考にしてみてください。

新規工事費無料

ドコモ光 工事費無料

ドコモ光公式サイトでは、ドコモ光の新規申し込みで開通工事費が無料となります。

通常なら税込19,800円(戸建て料金)かかるところ、ドコモ光公式キャンペーンで全額無料となるため、とてもお得です。

ただし無料となるのは通常の工事費のみで、それ以外で発生する以下の料金は無料対象外となります。

【無料対象外の工事費】

・土日祝の追加工事料

・「ドコモ光電話」などのオプション工事料

など

開通工事の際に上記にあてはまる場合は、工事費が別途発生するため注意が必要です。

dポイントプレゼント

ドコモ光 dポイント

ドコモ光代理店が実施するキャンペーンを利用すると、ドコモ光公式キャンペーンのdポイントもあわせてプレゼントされます。

GMOとくとくBBなら、高額キャッシュバック特典とあわせて2,000円相当のdポイントを受け取れておすすめです。

参考として、ドコモ光公式サイト「代理店経由の場合dポイントは2,000円分になる」の項でも詳細を解説しています。

なお、キャッシュバックと併用して受け取れるdポイントは、取得から6ヶ月間の期間限定ポイントであり、ポイント交換商品などの用途では利用できません。

もらったdポイントは用途・期間限定なので注意」で解説していますので、くわしく知りたい方はこちらもあわせてチェックしてみてください。

光★複数割

光 複数割

ドコモ光では、同一シェアグループ内でドコモ光を2回線以上契約すると、ドコモ、irumo、eximoのスマホの月額料金が税込330円割引されます。

シェアグループを組むと、月ごとのパケットプランをグループ内で共有する「シェアパック」を利用することになります。

光★複数割は、このシェアパック料金から「2回線目以降のドコモ光の回線の数×税込330円」を割引してくれる制度なのです。

例えば、同一シェアグループ内で4回線のドコモ光を利用している場合、毎月税込990円の割引が行われるため、年間11,800円も安くドコモを使えてお得です。

光★複数割は、遠く離れた家族も含めて利用できるため、通信費を節約したいファミリーにぴったりの特典といえるでしょう。
ドコモ光×GMOとくとくBB公式:https://gmobb.jp/service/docomohikari/

\当サイト限定!現金最大66,000円キャッシュバック!/

【2024年5月版】ドコモ光のキャッシュバック窓口22社徹底比較表

運営元金額受取時期受取方法有料オプションv6プラスタイプA or

タイプB

その他

特典

GMOとくとくBB最大66,000円5ヶ月後振込先口座登録不要タイプA・Wi-Fiルーター無料レンタル

※4/23からスペックアップの高性能Wi-Fiルーターがさらに追加!

・モバイルWi-Fiが最大3ヶ月無料

・セキュリティサービス1年間無料

・訪問サポート1年間無料

・新規工事費無料

・dポイント2,000ptプレゼント

@nifty最大35,000円8ヶ月後振込先口座登録不要タイプA・新規工事費無料

・Wi-Fiルーター無料レンタル

・ノジマ店内商品5%OFF

・訪問サポート初回無料

・dポイント2,000ptプレゼント

OCN最大55,000円4ヶ月後振込先口座登録不要タイプA・新規工事費無料

・Wi-Fiルーター無料レンタル

・セキュリティサービス1年間無料

・初回訪問サポート無料

・dポイント2,000ptプレゼント

TiKiTiKiなし--不要タイプA・dポイント最大20,000ptプレゼント
BIGLOBEなし--不要タイプA・訪問サポート初回無料

・リモートサポート無料

・Wi-Fiルーター無料レンタル

・セキュリティー安心パック1年間無料

ドコモnetなし--不要タイプA・ネットワークセキュリティ1年間無料
Tigers-netなし--不要タイプA・新規工事費無料

・Wi-Fiルーター無料レンタル

・出張セットアップ初回無料

・セキュリティーサービス無料

・詐欺サイト対策ソフト無料

・阪神タイガース会員限定コンテンツ無料

・dポイント10,000ptプレゼント

andlineなし--不要タイプA・先読み防御セキュリティ1年間無料

・ウイルス対策ソフト1年間無料

・迷惑メールフィルター1年間無料

・メールウイルスチェック1年間無料

・Wi-Fiルーターサービスなど6つのオプションサービスから1つだけ永年無料

・遠隔サポートサービス初回無料

・訪問設定サービス初回無料

hi-hoなし--不要タイプA・無線LANルーター無料レンタル

・マカフィーマルチアクセス1年間無料

・追加メールアドレス最大5個まで無料

・メールウイルスチェック6回無料

・訪問サポート1回無料

SISなし--不要タイプA・Wi-Fiルーター無料レンタル

・SIS永年セキュリティ無料

・メール・ホームページ領域無料

・訪問サポート最大2回無料

・リモートサポート初回無料

DTIなし--不要タイプA・新規工事費無料

・DTI Club Off利用可能

・安心パックオプション最大2ヶ月無料

・スマホバックアップ最大2ヶ月無料

・マカフィーマルチアクセス最大1年間無料

・DTIオリジナルオプションサービス無料

・dポイント10,000ptプレゼント

BBエキサイトなし--不要タイプA・新規工事費無料

・Wi-Fiルーター無料レンタル

・訪問サポート初回無料

・イーセットファミリーセキュリティ36ヶ月間無料

・dポイント10,000ptプレゼント

エディオンネットなし--不要タイプA・ウイルスチェックサービス無料

・メールアドレス1つ無料

楽天ブロードバンドなし--不要タイプAなし
ic-netなし--不要タイプA・Wi-Fiルーター無料レンタル

・メールアドレス20個・ホームページ無料

・安心セキュリティサービス無料

・安心サポート無料

・訪問サポート3回まで無料

SYNAPSEなし--不要タイプA・訪問サポート初回無料

・セキュリティーガード1年間無料

・新規工事費無料

・dポイント10,000ptプレゼント

@ネスクなし--不要タイプA・メールアドレス1個無料

・迷惑メール・ウイルスチェック対策無料

@TCOMなし--不要タイプB・メールアドレス1個無料

・かんたん迷惑メール対策無料

・セキュリティサービス最大3ヶ月間無料

・リモート・訪問サポート初回無料

WAKWAKなし--不要タイプB・メールアドレス2個・ホームページ無料
@ちゃんぷるネットなし--不要タイプB・無料出張サポートサービス1年間無料

・IPv6対応機器無料レンタル

AsahiNetなし--不要タイプBなし
TNCなし--不要不明タイプBなし

ドコモ光のキャッシュバック窓口について、プロバイダを中心に徹底調査してみました。

キャッシュバック金額・受け取り時期・その他特典など総合的にみて、もっともお得なのはGMOとくとくBBです。

ドコモ光×GMOとくとくBBのキャッシュバック金額は、各社のなかでもっとも高い最大66,000円(現金38,000円+他社違約金負担15,000円+10ギガプランキャッシュバック13,000円)であることがわかります。

受け取り時期は最短5ヶ月後とけして遅くはなく、受け取り方法も振込先口座の登録のみなので比較的シンプルです。

高額キャッシュバックにありがちな有料オプションの加入も必要ないため、安心してキャッシュバックを受け取れますよ。

高性能Wi-Fiルーターの無料レンタルをはじめ、さまざまな特典が無料で利用できるGMOとくとくBBは、おすすめのキャッシュバック窓口といえます。

ドコモ光×GMOとくとくBB公式:https://gmobb.jp/service/docomohikari/

\当サイト限定!現金最大66,000円キャッシュバック!/

ドコモ光では「キャッシュバック窓口=プロバイダ」と捉えてほぼ問題ない

ドコモ光のキャッシュバックキャンペーンは、プロバイダだけでなくドコモ光代理店でも行われています。

しかし、ドコモ光代理店のキャンペーンはプロバイダと比べて数が少なく、キャッシュバック内容もプロバイダほど充実していないことがほとんどです。

仮に代理店を窓口としてドコモ光を契約してしまうと、プロバイダの高額キャッシュバックや独自特典は受け取れなくなってしまいます。

また、代理店を経由して手続きすることで、契約が煩雑になりやすいでしょう。

ドコモ光では光回線とプロバイダをセットで契約する仕組みとなっているため、結果的にプロバイダを窓口として契約する方がスムーズかつお得といえるのです。

以上のことから、ドコモ光でキャッシュバックを申し込む際は「キャッシュバック窓口=プロバイダ」と考えて差し支えないでしょう。

ドコモ光で契約できるプロバイダのうち、もっともおすすめの窓口がGMOとくとくBBです。

ドコモ光のおすすめキャッシュバック窓口・プロバイダはどこ?」でくわしく解説していますので、ぜひあわせてチェックしてみてください。

高額キャッシュバックがもらえるドコモ光のキャッシュバック窓口

ドコモ光のキャッシュバックは、プロバイダがおもな窓口といえます。

それでは、プロバイダが行っているキャッシュバックキャンペーンのうち、高額キャッシュバックがもらえるプロバイダ窓口はどこになるのでしょうか。

キャッシュバックを行っているプロバイダ窓口を以下表にて比較してみました。

キャッシュバック窓口キャッシュバック金額
GMOとくとくBB最大66,000円
@nifty最大35,000円
OCN最大55,000円

高額キャッシュバックを展開している3社のうち、もっとも高額なキャッシュバックをもらえるのはGMOとくとくBBです。

GMOとくとくBBからドコモ光を申し込むと、最大66,000円のキャッシュバックがもらえます。

さらに、他社回線からドコモ光に乗り換える場合は解約違約金補助として15,000円増額してもらえるため、最大66,000円のキャッシュバックを受け取れてお得です。

高額キャッシュバック特典にありがちな有料オプションの加入も必要ないため、安心してドコモ光に申し込めますよ。

転用・事業者変更でお得に乗り換えられるドコモ光のキャッシュバック窓口

フレッツ光からドコモ光に乗り換えることを転用、光コラボ回線からドコモ光に乗り換えることを事業者変更といいます。

ドコモ光のキャッシュバック窓口のうち、転用または事業者変更でもお得に乗り換えられる窓口について調査してみました。

キャッシュバック窓口転用・事業者変更時のキャッシュバック金額
GMOとくとくBB最大66,000円
@nifty転用・事業者変更:20,000円(1ギガ)

転用:35,000円(10ギガ)

OCN最大55,000円

キャッシュバックを行っているプロバイダ窓口3社で比較したところ、転用・事業者変更でもっともお得に乗り換えられるのは、GMOとくとくBBであることがわかりました。

GMOとくとくBBなら、転用・事業者変更であっても最大66,000円の高額キャッシュバックを受け取れるのが特長です。

有料オプションサービスの加入も必要なく、振込先口座の登録だけでスムーズにキャッシュバックを受け取れるため、お得にドコモ光を始められますよ。

ドコモ光のおすすめキャッシュバック窓口・プロバイダはどこ?

結論からいうと、ドコモ光のおすすめキャッシュバック窓口・プロバイダは、ずばりGMOとくとくBBです。

GMOとくとくBBを窓口としてドコモ光を申し込むと、最大66,000円(現金38,000円+他社違約金負担15,000円+10ギガプランキャッシュバック13,000円)の高額キャッシュバックを受け取れます。

振込先口座の登録を行うだけで最短5ヵ月後にキャッシュバックを受け取れるため、スムーズに手続きできるのもメリットといえます。

また、GMOとくとくBBは次世代技術のV6プラスを採用しているため、他社プロバイダと比較しても速い実測値をほこります。

V6プラス対応の高性能Wi-Fiルーターも特典として無料でレンタルできるので、安定した高速インターネットを楽しみたい方にもおすすめといえるでしょう。

もちろん、GMOとくとくBB以外にもドコモ光で利用できるプロバイダはたくさん存在します。

ドコモ光のおすすめプロバイダ記事にて、ドコモ光の各プロバイダの特徴や実態をくわしくご紹介していますので、気になる方はあわせてチェックしてみてください。
ドコモ光×GMOとくとくBB公式:https://gmobb.jp/service/docomohikari/

\当サイト限定!現金最大66,000円キャッシュバック!/

ドコモ光のキャッシュバックは公式と代理店独自のものがある

ドコモ光のキャッシュバックは、ドコモ光公式サイト以外に代理店が独自で展開しているキャンペーンがあります。

ドコモ光公式サイトの主なキャッシュバックキャンペーンは、以下があげられます。

  • スマホセット割
  • 新規工事費無料
  • dポイントプレゼント

公式サイトのため案内が分かりやすく、手続きに不安があるといった方でも安心して申し込みやすいでしょう。

ただし現金によるキャッシュバックはなく、各オプションサービスの無料特典もありません。

一方で、代理店独自のキャッシュバックキャンペーンは、種類豊富に展開されています。

高額キャッシュバックをはじめWi-Fiルーターの無料レンタルなど、ドコモ光公式サイトにはないキャンペーンが充実しています。

さらに、ドコモ光公式サイトキャンペーンの一部と併用もできるため、代理店からの方が公式サイトから申し込むよりもお得といえるでしょう。

基本的には代理店からの申し込みがおすすめ

ドコモ光は代理店から申し込む方がお得にキャッシュバックキャンペーンを受け取れます。

ドコモ光公式サイトではもらえない高額キャッシュバックなどの代理店独自の特典があるため、お得にドコモ光を始められます。

しかし、ドコモ光のキャッシュバックキャンペーンを行っている代理店はたくさんあるため、どの代理店が最適なのか迷う方もいらっしゃるでしょう。

優良な代理店を見極めるポイントとしては、特典内容がしっかりと明記されているかどうかです。

キャッシュバックの金額や特典の受け取り時期・条件などが明確に示されていない代理店は、不利な条件を提示してくる可能性があるので注意が必要です。

ドコモ光のおすすめ代理店5社比較まとめ記事では、ドコモ光のおすすめ代理店をご紹介していますので、気になる方はぜひ参考にしてみてください。
ドコモ光×GMOとくとくBB公式:https://gmobb.jp/service/docomohikari/

\当サイト限定!現金最大66,000円キャッシュバック!/

ドコモ光のキャッシュバック窓口の選び方

ドコモ光のキャッシュバックには、公式サイトや代理店をはじめ多くの窓口が存在します。

なかには、どの窓口からキャッシュバックを申し込めばよいのか分からない方もいらっしゃるでしょう。

そこで、ドコモ光のキャッシュバック窓口を選ぶポイントについて以下にあげてみました。

  • キャッシュバックが高額かどうか
  • キャッシュバックの受け取り方法が簡単か
  • キャッシュバックの受け取り時期が早いか
  • 実測値は速いか
  • 実質月額料金が安くなるか
  • 有料オプションへの加入義務はないか
  • 独自キャンペーンを実施しているか
  • タイプAプロバイダか

それぞれ順を追ってくわしく解説してまいります。

キャッシュバックが高額かどうか

ドコモ光のキャッシュバック窓口を選ぶうえで、受け取れるキャッシュバックが高額かどうかは大切なポイントです。

高額なキャッシュバックを受け取ることで、光回線を始めるうえでかかる金銭的な負担をぐっと減らせるでしょう。

キャッシュバックキャンペーンを行っている窓口のなかで、もっとも高額なキャッシュバックを実施しているのは、GMOとくとくBBです。

GMOとくとくBBなら、最大66,000円(現金38,000円+他社違約金負担15,000円+10ギガプランキャッシュバック13,000円)もの高額キャッシュバックを受け取れておすすめです。

ドコモ光のキャッシュバック窓口徹底比較表では、窓口ごとに受け取れるキャッシュバック金額を一覧で確認できますので、参考にしたい方はぜひチェックしてみてください。

キャッシュバックの受け取り方法が簡単か

ドコモ光のキャッシュバックを受け取る方法が簡単かどうかは、キャッシュバック窓口を選ぶためのポイントのひとつです。

複雑な手続きが必要な窓口だと、申請方法を間違えるなどした場合、キャッシュバックをもらえなくなってしまう可能性があるからです。

わずらわしい手続きをしたくないという方は、シンプルな受け取り方法のキャッシュバック窓口を選ぶのがベストでしょう。

GMOとくとくBBは、ドコモ光のお申込み後に送られてくる案内メールにしたがって振込先口座を登録するだけで、キャッシュバックを受け取れるのでおすすめです。

ほかにも、ドコモ光のキャッシュバック窓口徹底比較表でご自身に適したキャッシュバックの受け取り方法を一覧で確認できますので、あわせて参考にしてみてください。

キャッシュバックの受け取り時期が早いか

ドコモ光のキャッシュバックを受け取るなら、受け取り時期はできるだけ早い方がおすすめです。

高額なキャッシュバックだったとしても、受け取りまでに1年かかる窓口だと受け取りそのものを忘れる可能性もあるでしょう。

GMOとくとくBBなら、現金の高額キャッシュバックが5ヶ月後と比較的早めに受け取れるので、なるべく早くキャッシュバックを受け取りたい方にもおすすめです。

実測値は速いか

ドコモ光のキャッシュバック窓口のなかには、プロバイダを兼ねている業者も多く存在します。

ドコモ光は契約するプロバイダによって速度が変わるため、回線速度を示す実測値が速いプロバイダを選べるかどうかは重要なポイントといえます。

ドコモ光で高額キャッシュバックがあるプロバイダ窓口3社を実測値で比較してみました。

ドコモ光のキャッシュバック窓口実測値
GMOとくとくBB上り:281.25Mbps

下り:336.68Mbps

@nifty上り:221.71Mbps

下り:315.61Mbps

OCN上り:305.93Mbps

下り:324.23Mbps

上表の通り、GMOとくとくBBは表内のプロバイダのなかで実測値がもっとも速いことがわかります。

GMOとくとくBBは「v6プラス」とよばれる通信方式を採用しているため、安定した高速通信を期待できておすすめです。

ドコモ光で契約できるプロバイダ各社の実測値については、ドコモ光の評判まとめ記事にてくわしくご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

ドコモ光×GMOとくとくBB公式:https://gmobb.jp/service/docomohikari/

\当サイト限定!現金最大66,000円キャッシュバック!/

実質月額料金が安くなるか

実質の月額料金が安くなるかどうかも、ドコモ光のキャッシュバック窓口を選ぶポイントといえます。

ドコモ光の

キャッシュバック窓口

月額料金実質月額料金キャッシュバック金額
GMOとくとくBB5,720円3,566円最大66,000円(現金38,000円+他社違約金負担15,000円+10ギガプランキャッシュバック13,000円)
@nifty5,720円4,399円最大35,000円
OCN5,720円3,774円最大55,000円

※料金はすべて税込表記
※戸建ての場合の料金

上表のとおり、高額キャッシュバックがあるキャンペーン窓口なら実質月額料金を安く抑えられることがわかります。

なかでも、GMOとくとくBBなら最大66,000円(現金38,000円+他社違約金負担15,000円+10ギガプランキャッシュバック13,000円)のキャッシュバックを受け取ることで、実質月額料金を3,566円と2,000円近く安くできておすすめです。

ドコモ光公式サイトのキャンペーンとも併用可能なため、スマホセット割も適用すれば、毎月の通信料がさらにお得になるでしょう。

ドコモ光の料金を安くする方法については、ドコモ光の料金を最安にする方法まとめ記事にてくわしく解説していますので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

有料オプションへの加入義務はないか

ドコモ光のキャンペーン窓口のなかには、高額キャッシュバックの条件として有料オプションへの加入を必須としている場合もあります。

有料オプションへの加入がなければキャッシュバック金額が大幅に減額されることもあり、最悪の場合キャッシュバックがもらえないこともあるでしょう。

確実にお得なキャッシュバックを受け取るためには、有料オプションへの加入義務がないかどうかをチェックしておくことが大切です。

ドコモ光×GMOとくとくBBは、最大66,000円(現金38,000円+他社違約金負担15,000円+10ギガプランキャッシュバック13,000円)の高額キャッシュバックにもかかわらず有料オプションへの加入が一切ないため、安心して利用できておすすめです。

独自キャンペーンを実施しているか

ドコモ光のキャッシュバック窓口は、ドコモ光公式サイトのキャンペーン以外に独自のキャンペーンを実施しているところを選びましょう。

なかでも、キャッシュバック制度やオプションの無料サービスなどキャンペーンが豊富な窓口を選ぶのがおすすめです。

GMOとくとくBBは、最大66,000円(現金38,000円+他社違約金負担15,000円+10ギガプランキャッシュバック13,000円)の高額キャッシュバックに加えて、高性能Wi-Fiルーターの無料レンタルなど特典が充実していてお得です。

【GMOとくとくBBのキャンペーン内容】

  • 最大66,000円(現金38,000円+他社違約金負担15,000円+10ギガプランキャッシュバック13,000円)キャッシュバック
  • v6プラス対応高性能Wi-Fiルーターを無料レンタル

※4/23からスペックアップの高性能Wi-Fiルーターがさらに追加!

  • モバイルWi-Fiルーターが最大3ヶ月無料
  • インターネット安心セキュリティサービスが1年間無料
  • 「ドコモ光専用無料訪問サポート」が無料
  • dポイント(期間・用途限定)2,000ptプレゼント

ドコモ光公式サイトのキャンペーンであるスマホセット割も併用すれば、月々の通信料をさらに安く抑えられるでしょう。

ドコモ光のキャンペーン窓口紹介記事では、GMOとくとくBBをはじめとしたドコモ光のおすすめ窓口をくわしくご紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

タイプAプロバイダか

ドコモ光で契約可能なプロバイダの種類は、おおまかにタイプAとタイプBに分かれています。

プロバイダの種類プロバイダ名
タイプAGMOとくとくBB、ドコモnet、plala、andline、@nifty、SIS、ic-net、hi-ho、BBエキサイト、BIGLOBE、Tigers-net、エディオンネット、SYNAPSE、楽天ブロードバンド、DTI、@ネスク、TiKiTiKi、OCN インターネット
タイプB@TCOM、AsahiNet、TNC、@ちゃんぷるネット、WAKWAK

大きな違いはプロバイダ料金で、タイプBの料金はタイプAと比べて税込220円高いのが特徴です。

しかし、サービス内容などに大きな違いはないため、特段の理由がない限り料金が安いタイプAのプロバイダを選ぶとよいでしょう。

タイプAのプロバイダのうち、GMOとくとくBBは高額なキャッシュバックをはじめお得なキャンペーンが豊富なのでおすすめです。

次世代技術であるv6プラスを採用しているため、GMOとくとくBBなら安定した快適な通信を楽しめるでしょう。

その他のプロバイダについては、ドコモ光のおすすめプロバイダ記事にて詳細をご紹介していますので、気になる方は参考にしてみてください。
ドコモ光×GMOとくとくBB公式:https://gmobb.jp/service/docomohikari/

\当サイト限定!現金最大66,000円キャッシュバック!/

ドコモ光のキャッシュバックに関する注意点

ドコモ光のキャッシュバックを受け取る際に注意するポイントについては、以下の通りです。

  • キャッシュバックの受け取り忘れに注意
  • 代理店経由の場合dポイントは2,000円分になる
  • もらったdポイントは用途・期間限定なので注意
  • 電話・訪問勧誘での申し込みはおすすめしない
  • 高額すぎるキャッシュバックを提示している代理店には注意

各ポイントについて、詳細を順に解説してまいりましょう。

キャッシュバックの受け取り忘れに注意

ドコモ光のキャッシュバックは申し込みから受け取りまで数ヶ月かかるケースが多いため、キャッシュバックの受け取りを忘れないことが大切です。

GMOとくとくBBでは、キャッシュバックの振込先口座登録に関する案内メールがドコモ光の利用開始から4ヶ月後に届きます。

振込先口座の登録は案内メール送信日の翌月末までと定められており、それを過ぎるとキャッシュバックを受け取れなくなってしまいます。

確実にキャッシュバックを受け取るためにも、キャッシュバック案内メールを見逃さないよう注意しましょう。

ドコモ光×GMOとくとくBBのキャッシュバックはいつ?受け取り方も紹介」にてキャッシュバックの受け取り方法をくわしくご紹介していますので、参考にしてみてください。

代理店経由の場合dポイントは2,000円分になる

ドコモ光のキャンペーンで受け取れるdポイントは、ドコモ光公式サイトからの申し込みと代理店経由からの申し込みで異なります。

申込窓口受け取れるdポイント
ドコモ光公式サイト新規1ギガ:10,000pt 10ギガ:25,000pt
転用1ギガ:5,000pt 10ギガ:20,000pt
代理店経由

GMOとくとくBB

2,000pt

ドコモ光公式サイトから申し込むとdポイントが最大25,000ptもらえますが、代理店を経由すると2,000ptになってしまいます。

ドコモ光公式サイトから申し込んだ方がたくさんdポイントをもらえそうですが、代理店独自のキャッシュバック特典が利用できないことを踏まえるとけしてお得とはいえません。

とにかくdポイントをたくさん欲しいという方なら、ドコモ光公式サイトから申し込んでもよいでしょう。

しかしお得なキャッシュバックなどの還元特典も受け取りたいという方は、GMOとくとくBBをはじめとした代理店経由でキャンペーンを申し込むことをおすすめします。

もらったdポイントは用途・期間限定なので注意

ドコモ光のキャンペーンでもらえるdポイントについては、用途や期間が限定されている点に注意が必要です。

【ドコモ光公式キャンペーンのdポイント適用対象外】

・ポイント交換商品(賞品が当たる抽選、JALマイル・Pontaポイントへの交換含む)

・ケータイ料金の支払い

・データ量の追加

ドコモ光のキャンペーンでもらえるdポイントは、上表のような用途では使用できません。

また、もらったdポイントは取得から6ヶ月以内でしか使えない期間限定ポイントとなります。

ドコモ光のキャンペーンでdポイントを取得できたら、できるだけ6ヶ月以内に使い切ってしまうようにしましょう。

電話・訪問勧誘での申し込みはおすすめしない

ドコモ光のキャッシュバックキャンペーンを電話または訪問で勧誘してくる業者からの申し込みはおすすめしません。

なぜなら、個人相手に直接営業をかけてくる業者は悪徳業者の可能性もあるからです。

実際に電話または訪問勧誘から申し込みを行う際は、その場で即決せず保留にして、周囲の人に相談するようにしましょう。

その業者の会社名や電話番号などをインターネットやSNSで検索して、不審な業者でないかをチェックすることをおすすめします。

もっとも安全なのは、Webから申し込み可能なドコモ光公式サイトもしくは代理店窓口です。

なかでも、GMOとくとくBBはお客様満足度2年連続1位の実績をもつドコモ光の優良代理店のひとつで、最大66,000円(現金38,000円+他社違約金負担15,000円+10ギガプランキャッシュバック13,000円)の高額キャッシュバックがもらえるのでおすすめです。

興味のある方は「ドコモ光×GMOとくとくBB独自の特典一覧」でぜひキャンペーンの詳細をチェックしてみてください。

高額すぎるキャッシュバックを提示している代理店には注意

ドコモ光のキャンペーンを行っている代理店のなかには、高額すぎるキャッシュバックを提示しているところもあります。

しかし、そういった代理店ではキャッシュバックの受け取りに必要な条件が厳しい場合が多いです。

有料オプションへの加入やキャッシュバックの受け取りが1年後といったデメリットがないかどうかは事前にチェックしておくようにしましょう。

GMOとくとくBBなら、有料オプションに加入することなく最短5ヶ月で高額キャッシュバックを受け取れておすすめです。

くわしくは「ドコモ光×GMOとくとくBB独自の特典一覧」にて解説していますので、あわせて参考にしてみてください。
ドコモ光×GMOとくとくBB公式:https://gmobb.jp/service/docomohikari/

\当サイト限定!現金最大66,000円キャッシュバック!/

ドコモ光に契約中の方が適用できる特典一覧

2024年5月現在、ドコモ光に契約中の方でも適用できるキャンペーン特典については以下の通りです。

  • お引越し(移転)特典
  • 1ギガプラン⇒10ギガプラン変更特典

各特典の内容について、それぞれ詳細をご紹介してまいりましょう。

お引越し(移転)特典

ドコモ光 引越し特典

ドコモ光を利用中に、ドコモ光サービス提供エリアへ引っ越しまたは移転の申し込みを行うと、2,000ptのdポイントがもらえます

特典を受け取るには、引っ越しまたは移転の申し込みから7ヶ月以内に新居でのドコモ光の利用を開始している必要があります。

ただし、お引越し(移転)特典でもらえるdポイントは用途・期間が限定されているため注意が必要です。

くわしくは「もらったdポイントは用途・期間限定なので注意」でも解説していますので、参考にしてみてください。

1ギガプラン⇒10ギガプラン変更特典

ドコモ光では、ドコモ光1ギガプランを契約中の方が10ギガプランに変更すると、dポイントが7,000ptもらえるキャンペーンが開催されています。

10ギガプランへの変更申し込み後7ヶ月以内に10ギガプランの利用を開始すると、その4ヶ月後にdポイントが進呈されます。

このdポイントは有効期限が6ヶ月間だけであり用途も限定されているため、ポイントの利用忘れがないようにしましょう。

もらったdポイントは用途・期間限定なので注意」にて、特典で付与されるdポイントの使い方についてご紹介していますのであわせて参考にしてみてください。

ドコモ光×GMOとくとくBB公式:https://gmobb.jp/service/docomohikari/

\当サイト限定!現金最大66,000円キャッシュバック!/

【結論】ドコモ光のキャッシュバック窓口は無条件で受け取れる「GMOとくとくBB」がおすすめ

ドコモ光 GMOとくとくBB
ドコモ光のおすすめキャッシュバック窓口は、ずばりGMOとくとくBBです。

GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーン情報を以下の表にまとめました。

項目名キャンペーン内容詳細
キャッシュバック金額最大66,000円

∟ドコモ光申し込みで38,000円

∟他社回線からの乗り換えで解約違約金補助15,000円

∟10ギガプランお申し込みで13,000円追加キャッシュバック

受取時期5ヶ月後
受取方法案内メールの指示にしたがって振込先口座を登録
有料オプション加入不要
v6プラス
プロバイダタイプタイプA
その他特典・v6プラス対応高性能Wi-Fiルーターを無料レンタル

※4/23からスペックアップの高性能Wi-Fiルーターがさらに追加!

・モバイルWi-Fiルーターが最大3ヶ月無料

・インターネット安心セキュリティサービスが1年間無料

・「ドコモ光専用無料訪問サポート」が無料

・新規工事費無料

・dポイント(期間・用途限定)2,000ptプレゼント

GMOとくとくBBの窓口からドコモ光を申し込むと、最大51,000円の高額キャッシュバックがもらえるのが特長です。

他社回線からの乗り換えであれば、解約違約金補助としてさらに15,000円のキャッシュバックが増額され、合計66,000円になるのでとてもお得です。

キャッシュバック受け取り方法もシンプルで、GMOとくとくBBからの案内メールにしたがって振込先口座を登録するだけで済みます。

高額キャッシュバックにありがちな有料オプションの加入も必要ないため、安心してドコモ光を申し込めるでしょう。

さらに、GMOとくとくBBは次世代技術であるv6プラスを採用しており、混雑しがちな時間帯でも遅延なくインターネットを楽しめます。

v6プラス対応の高性能Wi-Fiルーターも無料でレンタルできるため、お得にドコモ光の高速通信を利用できるでしょう。

ドコモ光×GMOとくとくBB公式:https://gmobb.jp/service/docomohikari/

\当サイト限定!現金最大66,000円キャッシュバック!/

ドコモ光×GMOとくとくBBの評判・口コミ

ドコモ光の評判では「お得な特典がもらえて人気」という口コミがSNSでもみられました。

月額料金が安くなったという口コミがある一方で、ドコモ光でゲームをプレイ時にパケットロスが出て困るという意見もありました。

時間帯などによって回線速度が遅くなることもあるようですが、ドコモ光のGMOとくとくBBの回線速度が遅いというわけではありません。

実測値は速いか」の項で解説している通り、GMOとくとくBBではV6プラスという高速通信可能な次世代技術が採用されているため、混雑時も遅延なく通信できるでしょう。

ただし、お使いのルーターがV6プラスに対応していない機種だとドコモ光×GMOとくとくBBの本来の回線速度は活かせません。

GMOとくとくBBからドコモ光を申し込めば、V6プラス対応の高性能Wi-Fiルーターを無料でレンタルできるため、高速通信を希望する方はぜひ利用することをおすすめします。

なお、ドコモ光の評判についてもっとくわしく知りたい方は「ドコモ光の評判まとめ記事」にて別途ご紹介していますので、参考にしてみてください。

ドコモ光×GMOとくとくBB独自の特典一覧

ドコモ光をGMOとくとくBBから申し込んだ際に受け取れる独自のキャンペーン特典については以下の通りです。

  • 38,000円のキャッシュバック
  • 他社からの解約違約金15,000円キャッシュバック
  • v6プラス対応高性能Wi-Fiルーターを無料レンタル

※4/23からスペックアップの高性能Wi-Fiルーターがさらに追加!

  • モバイルWi-Fiルーターが最大3ヶ月無料
  • インターネット安心セキュリティサービスが1年間無料
  • 「ドコモ光専用無料訪問サポート」が無料

それぞれの特典内容について、くわしくご紹介してまいりましょう。

38,000円のキャッシュバック

GMOとくとくBBの公式サイトからドコモ光を申し込むと、現金38,000円の高額キャッシュバックを受け取れます。

高額キャッシュバックにありがちな有料オプションの加入も必要ないため、お得にドコモ光を始められるでしょう。

キャッシュバック案内メールにしたがって振込先口座を登録するだけでキャッシュバックをもらえるため、煩雑な手続きも必要ありません。

ただし、開通月から4ヶ月目に送られてくる案内メールを確認しそびれると、キャッシュバックを受け取れなくなってしまうため注意が必要です。

キャッシュバックの詳細な受け取り方法を知りたい方は「ドコモ光×GMOとくとくBBのキャッシュバックはいつ?受け取り方も紹介」もあわせて参考にしてみてください。

他社からの解約違約金15,000円キャッシュバック

他社回線からドコモ光に乗り換えたい方がGMOとくとくBBを通じて申し込みを行うと、他社解約違約金補助として15,000円をキャッシュバックしてもらえます。

解約違約金補助としてのキャッシュバックは、38,000円のキャッシュバックと併用できるため、最大66,000円も受け取れてとてもお得といえます。

適用条件として、振込先口座の登録と他社サービスの解約違約金に関わる証明書類の提出が必要です。

開通月から4ヶ月目に送られてくる案内メールを忘れずに受け取り、メールの内容にしたがって必要な手続きを行ってください。

なお、ドコモ光申し込み時に他社回線を解約していた場合は適用対象外となるため、必ずドコモ光開通後に他社回線を解約するようにしましょう。

v6プラス対応高性能Wi-Fiルーターを無料レンタル※4/23からスペックアップの高性能Wi-Fiルーターがさらに追加!

ドコモ光 Wi-Fiルーター無料レンタル

GMOとくとくBBからドコモ光に申し込むと、月額税込330円のv6プラス対応高性能Wi-Fiルーターを無料でレンタルできます。

ドコモ光でより安定して快適な高速インターネットを利用したい方におすすめの特典です。

なお、高性能Wi-Fiルーターの無料レンタルには別途お申込みが必要となります。

ドコモ光開通と同時に無線も利用開始したい場合は、開通工事日までにWi-Fiルーターのレンタル申し込みを済ませておくことをおすすめします。

Wi-Fiルーターレンタルの詳しいお申込み方法については、GMOとくとくBB公式サイトの動画を参考にしてみてください。

モバイルWi-Fiルーターが最大3ヶ月無料

ドコモ光 モバイルルーター 3ヶ月無料レンタル

GMOとくとくBBからドコモ光を申し込むと、開通工事完了までに使えるモバイルWi-Fiルーターのレンタルが最大3ヶ月無料となります。

通常モバイルWi-Fiルーターのレンタルは月額税込4,950円もかかるため、3ヶ月も無料で使えるのはとてもお得なサービスといえます。

モバイルWi-Fiルーターの無料レンタルを利用したい方は、ドコモ光申し込み後にかかってくる折り返し電話の際に、担当者にモバイルWi-Fiルーターの利用希望を伝えましょう。

インターネット安心セキュリティサービスが1年間無料

ドコモ光 セキュリティソフト 1年無料

GMOとくとくBBからドコモ光を申し込んだ方限定で、有料オプションの「マカフィー®マルチアクセス」が1年間無料で利用できます。

セキュリティーサービスを1年間も無料で使えるため、インターネット初心者の方も安心してドコモ光を始められるでしょう。

ただし、1年を過ぎても継続して利用を希望する場合は、月額税込550円が別途発生しますので注意が必要です。

くわしい申し込み方法については、GMOとくとくBB公式サイトの特設ページを参考にしてみてください。

「ドコモ光専用無料訪問サポート」が無料

ドコモ光 訪問サポート 無料

GMOとくとくBBからドコモ光を申し込むと、ドコモ光専用訪問サポートを1年間無料で利用できます。

無料対象となるサポート内容は、以下の通りです。

【ドコモ光専用無料訪問サポート対象】

・インターネット接続設定(各1台)

・Wi-Fi設定(Wi-Fi親機1台+子機1台)

・メール設定(1アカウント)

・ひかりTV接続設定(各1台)

・dtvインストール・接続設定(各1台)

上記以外のサポートを行った場合は、別途料金が発生しますので注意してください。

また、ドコモ光専用無料訪問サポートの利用には、事前に別途申し込みが必要です。

訪問サポートを希望する日の1ヶ月前を目安にGMOとくとくBBお客さまセンターへ申し込むようにしましょう。

ドコモ光×GMOとくとくBBのキャッシュバックはいつ?受け取り方も紹介

GMOとくとくBBを通じてドコモ光を申し込んだ際に受け取れるキャッシュバックは、最短5ヶ月後になります。

キャッシュバックの申し込みから少し間が空くため、キャッシュバックに必要な手続きを忘れないようにすることが大切です。

具体的なキャッシュバックの受け取り方法は以下の通りです。

GMOとくとくBB公式サイトよりドコモ光を申し込む②ドコモ光開通工事月を含む4ヶ月目にキャッシュバック案内メールを受け取る

③キャッシュバック案内メール送信月より1ヶ月以内に振込先口座の登録を行う

④振込先口座を登録した月の翌月末日にキャッシュバックを受け取る

キャッシュバック案内メールは、GMOとくとくBBの会員登録時に作成されたGMOのメールアドレス宛に送られてきます。

GMOのメールを利用していない方は、案内メールを受け取りそびれないようにご自身の利用するメールボックスへ転送設定しておく等の対策をしておきましょう。

また、キャッシュバック案内メールが届いたらできるだけ早く振込先口座の登録を行うことをおすすめします。

案内メールが送信されてから1ヶ月を過ぎると、キャッシュバックを受け取れなくなってしまうため注意が必要です。

ドコモ光×GMOとくとくBBは顧客満足度が高いから安心

ドコモ光×GMOとくとくBBは、オリコン顧客満足度調査で2年連続1位の実績をもっています。

利用者のサービス満足度も高く、96.8%の方がドコモ光×GMOとくとくBBのサービスに満足しているというアンケート結果もでています。

v6プラスに対応した回線速度の速さや、お得なキャンペーンの豊富さなどが顧客満足度の高さに繋がっているといえます。

実際の評判や口コミからも、GMOとくとくBBのドコモ光が安心して快適に使えるおすすめの光回線であることがわかるでしょう。

これからドコモ光を始めたいと考えている方は、顧客満足度の高いGMOとくとくBBからの申し込みをおすすめします。

ドコモ光×GMOとくとくBB公式:https://gmobb.jp/service/docomohikari/

\当サイト限定!現金最大66,000円キャッシュバック!/

速度にも力を入れているから安定したインターネットの利用が可能

GMOとくとくBBでは、次世代技術であるv6プラスを採用しています。

v6プラスがあれば、インターネットを利用する時間帯によって発生していた速度遅延の影響を受けづらいため、快適にインターネット通信を行えるでしょう。

GMOとくとくBBを通じてドコモ光を申し込むと、v6プラス対応のWi-Fiルーターも無料でレンタルできます。

最先端の高性能Wi-Fiルーターを利用することで、GMOとくとくBBの本来の回線速度を充分に発揮できるでしょう。

GMOとくとくBBならv6プラスの高速通信を楽しめるため、安定したインターネットライフを楽しみたい方におすすめです。

新規工事費が完全無料だから初期費用もかからない

GMOとくとくBBでは、ドコモ光の新規工事費無料キャンペーンを利用できます。

ドコモ光を新規で始める場合は最大19,800円の工事費が必要となるため、工事費が無料になることで初期費用をぐっと抑えられるでしょう。

工事費無料の特典については「新規工事費無料」の項でも詳細を解説していますので、あわせて参考にしてみてください。

GMOとくとくBBからドコモ光を申し込むと、新規工事費無料とキャッシュバック特典を併用できるため、よりお得にドコモ光を始められておすすめです。

ドコモ光×GMOとくとくBBの申し込み方法

ここでは、ドコモ光をGMOとくとくBBを通じて申し込む場合の方法についてご紹介していきます。

新規申込の場合転用・事業者変更の場合とで、申し込み手順が異なります。

ドコモ光への新規申込または他社回線からの乗り換えを希望する方は「新規申込の場合」の項にて詳細手順を確認していきましょう。

フレッツ光からの乗り換え(転用)または他社光コラボ回線からの乗り換え(事業者変更)の方は「転用・事業者変更の場合」の項でくわしくみていきましょう。

新規申込の場合

ドコモ光へ新規で申し込む場合の手順についてご紹介します。

なお、フレッツ光または光コラボ回線からの乗り換えの方は「転用・事業者変更の場合」の項をご確認ください。

新規申込の手順は、おもに以下の通りとなります。

STEP①GMOとくとくBB公式サイトよりドコモ光を申し込む

GMOとくとくBB公式サイトの専用ページより、ドコモ光の申し込みを行います。

担当オペレーターからの折り返し連絡希望日を選択し、必要事項入力のうえ送信します。

STEP②担当オペレーターからの電話連絡に対応する

STEP①で希望した折り返し連絡日に担当オペレーターから電話がきます。

確認連絡を含め2回電話がくる場合があるため、対応しそびれないよう注意しましょう。

申し込み内容の確認を行い、問題がなければ正式に申し込み完了となります。

申し込み完了後、ご自宅に契約関連書類が届きますので、紛失しないよう大切に保管しておいてください。

なお、ドコモ光の開通までの間インターネットを利用したい方は、モバイルWi-Fiルーターのレンタルを希望する旨をこの段階でオペレーターに伝えてください。

GMOとくとくBBでは、モバイルWi-Fiルーターを最大三ヶ月間無料でレンタルできますので、有効活用されることをおすすめします。

開通工事日について担当者から連絡がきたら、立ち会い可能な工事日を調整して電話対応は完了となります。

STEP③開通工事を行う

STEP②で決定した日にドコモ光の開通工事が行われます。

GMOとくとくBBから申し込むと新規工事費は無料ですが、土日祝日の場合などは追加で3,300円かかりますので注意が必要です。

無料対象外となる工事費については「新規工事費無料」の項でくわしくご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

開通工事が完了したら、ご自身でWi-Fiルーターを設置してドコモ光の利用開始となります。

Wi-Fiルーターは、GMOとくとくBBで無料レンタルできるv6プラス対応の高性能Wi-Fiルーターの利用がおすすめです。

くわしくは「v6プラス対応高性能Wi-Fiルーターを無料レンタル」にて解説していますので、良ければチェックしてみてください。

転用・事業者変更の場合

転用・事業者変更の場合におけるドコモ光への乗り換え手順についてご紹介していきましょう。

フレッツ光からの乗り換えの場合は「転用」、他社光コラボ回線からの乗り換えの場合は「事業者変更」となります。

なお、フレッツ光・光コラボ回線以外の他社回線からの乗り換えは通常の新規申込に該当するため「新規申込の場合」の項をご確認ください。

「転用」または「事業者変更」のいずれの場合も、以下の手順で手続きを行います。

STEP①GMOとくとくBB公式サイトよりドコモ光を申し込む

GMOとくとくBB公式サイトの特設ページからドコモ光を申し込みます。

必要事項を入力のうえ、オペレーターからの折り返し連絡希望日を選んで送信しましょう。

STEP②「転用承諾番号」または「事業者変更承諾番号」を取得する

現在契約しているNTTの窓口で手続きに必要な番号を取得します。

「転用」の場合は「転用承諾番号」の取得手続き、「事業者変更」の場合は「事業者変更承諾番号」の取得手続きがそれぞれ必要となります。

なお「転用承諾番号」と「事業者変更承諾番号」には、15日間の有効期限があります。

有効期限を過ぎると使用不可となり再発行手続きが必要となるため、番号取得後は早めに手続きを進めるようにしましょう。

STEP③回線が切り替わるのを待つ

STEP①で申し込んだ日時に担当オペレーターから電話連絡がくるので、STEP②で取得した番号を伝えます。

その後は、回線の切り替えが完了するまで待ちましょう。

原則として工事は不要ですので、簡単にドコモ光へ回線を切り替えられます。

なお、GMOとくとくBB公式サイトでは乗り換え手順をまとめた動画もありますので、あわせて参考にしてみてください。

ドコモ光×GMOとくとくBB公式:https://gmobb.jp/service/docomohikari/

\当サイト限定!現金最大66,000円キャッシュバック!/

ドコモ光のキャッシュバックに関するよくある質問

ドコモ光のキャッシュバックについて、よくある質問を以下にまとめて回答してみました。

  • ドコモ光のプロバイダはどこがおすすめ?
  • ドコモ光のキャッシュバックに関する問い合わせ先は?
  • ドコモ光のキャッシュバックは期限切れになるとどうなる?
  • ドコモ光のキャッシュバックを返金しないといけない場合はあるの?
  • ドコモ光10ギガプランはキャッシュバックキャンペーンをやってる?
  • ドコモ光でプロバイダの変更はできる?
  • OCN forドコモ光(OCN インターネット)はおすすめ?
  • ドコモ光×ぷららはおすすめ?

各項目について分かりやすく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

ドコモ光のキャッシュバックに関する問い合わせ先は?

ドコモ光のキャッシュバックに関する問い合わせ先は、キャッシュバックの申し込み窓口により異なります。

ドコモ光公式サイトではなく代理店でキャッシュバックを申請した場合は、代理店へ直接問い合わせるようにしましょう。

ここでは、ドコモ光公式サイトとおすすめ代理店のGMOとくとくBBの問い合わせ先をご紹介いたします。

申し込み窓口キャッシュバックに関する問い合わせ先
ドコモ光公式サイト電話:0120-976-425(受付時間:9時~20時)

メールフォーム:専用ページより必要事項を入力して送信

チャットサポート:公式サイトのページ右下「チャットで質問する」をクリック

GMOとくとくBB電話:0120-377-109(受付時間:10時~19時)

メールフォーム:専用ページより必要事項を入力して送信

原則として、どの窓口も電話は繋がりづらい傾向にありますので、早く問い合わせたい場合はメールフォームやチャットサポートを利用するとよいでしょう。

どうしても電話で問い合わせたい場合は、比較的混雑しにくい平日昼間の時間帯などに問い合わせることをおすすめします。

ドコモ光のプロバイダはどこがおすすめ?

ドコモ光のプロバイダを比較した結果、おすすめなのはずばりGMOとくとくBBです。

GMOとくとくBBなら、最大66,000円の高額キャッシュバックをはじめ、お得なキャンペーンが豊富に展開されています。

また、GMOとくとくBBのプロバイダは次世代技術であるv6プラスを採用しているため、混雑時でも快適にインターネットを利用できるでしょう。

v6プラス対応の高性能Wi-Fiルーターも無料でレンタルできるので、安定した高速インターネットを楽しみたい方にもおすすめです。

もちろん、GMOとくとくBB以外にもドコモ光で使えるプロバイダはたくさんあります。

ドコモ光のキャッシュバックは期限切れになるとどうなる?

ドコモ光のキャッシュバックは、基本的に期限が切れると受け取れません

キャッシュバック申請手続きは、必ず決められた期限までに行うようにしましょう。

また、キャッシュバック申請の手続きを間違えたり忘れたりしても、キャッシュバックを受け取れなくなってしまいます。

確実にドコモ光のキャッシュバックを受け取りたいなら、なるべくシンプルな申請手続きを行っている窓口を選ぶようにしましょう。

GMOとくとくBBでは、振込先口座の登録を行うだけでキャッシュバックを受け取れます。

くわしい受け取り方法については「ドコモ光×GMOとくとくBBのキャッシュバックはいつ?受け取り方も紹介」でご紹介していますので、あわせて参考にしてみてください。

ドコモ光のキャッシュバックを返金しないといけない場合はあるの?

ドコモ光のキャッシュバックは、振込が行われた時点で手続き完了となるため、振込後に返金が必要になることはありません

ただし、振り込みまでの間にキャッシュバック手続きの適用条件を満たせなかった場合は、キャッシュバック対象外となります。

例えば、ドコモ光のおすすめキャッシュバック窓口であるGMOとくとくBBでは、以下のケースに当てはまる場合、キャッシュバックは適用されません。

【ドコモ光のキャッシュバック適用対象外となるケース】

(GMOとくとくBBの場合)

・ドコモ光申し込み対象プランの変更

・ドコモ光申し込み対象プランの解約

・月額料金の未納・滞納

・期限までに振込先口座が登録されなかった場合

・振込先口座情報に不備があった場合

・期限までにドコモ光を開通しなかった場合

確実にキャッシュバックを受け取るためには、キャッシュバック申請手続きを正しく行うことと、キャッシュバック受け取りまでドコモ光を継続していることが必要です。

ドコモ光×GMOとくとくBBのキャッシュバックはいつ?受け取り方も紹介」では、GMOとくとくBBのキャッシュバック受け取り方法について解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

ドコモ光10ギガプランはキャッシュバックキャンペーンをやってる?

ドコモ光の10ギガプランに関するキャンペーンは、ドコモ光公式サイトで実施されているdポイントプレゼントのみとなっています。

ドコモ光公式サイトから新規で申し込むことで最大25,000ptがもらえるほか、1ギガプランから10ギガプランへの変更でもdポイントが付与されます。

代理店が実施するキャッシュバックキャンペーンも、1ギガプランが対象となっている場合がほとんどです。

しかしGMOとくとくBBでは、2024年5月現在、ドコモ光10ギガプランに申し込むと、最大66,000円のキャッシュバックが受け取れます。

このキャッシュバックは期間限定なので、ドコモ光10ギガプランの利用を検討している方は、ぜひキャンペーン中に申し込みをしましょう!

ドコモ光×GMOとくとくBB公式:https://gmobb.jp/service/docomohikari/

\当サイト限定!現金最大66,000円キャッシュバック!/

ドコモ光でプロバイダの変更はできる?

電話もしくはお近くのドコモショップにてドコモ光のプロバイダを変更できます。

ドコモ光のプロバイダ変更申請窓口は、以下となります。

【ドコモ光のプロバイダ変更申請窓口】

電話番号:ドコモユーザー専用窓口 もしくは 0120-800-000

受付時間:9時~20時

注意が必要なのは、プロバイダの変更には原則として事務手数料が発生するという点です。

ドコモ光のプロバイダ変更パターン事務手数料
タイプA→タイプA もしくは タイプB→タイプB3,300円
タイプA→タイプB もしくは タイプB→タイプA3,300円
タイプAの加入 もしくは タイプBの加入無料
タイプAの廃止 もしくは タイプBの廃止3,300円

タイプA・B以外のプロバイダを利用している方がタイプA・Bのプロバイダへ変更する場合をのぞき、プロバイダ変更には税込3,300円の事務手数料がかかります。

契約途中でプロバイダを変更することがないよう、ご自身にとって最適なプロバイダはドコモ光契約時に慎重に選ぶことをおすすめします。

OCN for ドコモ光はおすすめ?

ドコモ光のプロバイダがOCNである「OCN for ドコモ光(OCN インターネット)」がおすすめかどうかについて、他のプロバイダサービスと比較してみました。

プロバイダ名プロバイダ

タイプ

月額料金キャッシュバック金額受け取り時期
OCN インターネットタイプA5,720円最大55,000円4ヶ月後
GMOとくとくBBタイプA5,720円最大66,000円5ヶ月後

※料金はすべて税込表記
※戸建ての場合

結論、OCN インターネットはGMOとくとくBBの次におすすめです。

OCN インターネットもGMOとくとくBB同様、キャッシュバックは高額ですし、実質月額料金も安い傾向にあります。

なるべく高額なキャッシュバックが欲しい方にはGMOとくとくBB、プロバイダとしての安心感がより欲しい方にはOCN インターネットの利用をおすすめします。

OCN for ドコモ光(OCN インターネット)の評判まとめ記事では、OCN インターネットの実際の評判や乗り換え時の注意点についてご紹介していますので、興味のある方はぜひ参考にしてみてください。

ドコモ光×ぷららはおすすめ?

ぷららでは、過去に15,000円のキャッシュバックキャンペーンを行っていましたが、2024年5月現在はキャッシュバックキャンペーンを実施していません。

ドコモ光でキャッシュバックを受け取りたいと考えている方は、ぷららからドコモ光を申し込むことは避けた方がよいでしょう

ぷららの実際の評判やメリット・デメリットについては、ドコモ光×ぷららの解説まとめ記事でくわしくまとめていますので、気になる方はチェックしてみてください。

ドコモ光のお得なキャッシュバック窓口を探している方なら、GMOとくとくBBだと最大66,000円(38,000円+他社違約金15,000円+10Gプラン13,000円追加キャッシュバック)の高額キャッシュバックを受け取れておすすめです。
ドコモ光×GMOとくとくBB公式:https://gmobb.jp/service/docomohikari/

\当サイト限定!現金最大66,000円キャッシュバック!/

ドコモ光のキャッシュバックまとめ

ドコモ光でお得にキャッシュバックを受け取るためには、どの窓口から申し込むのが最適なのかを見極めることが大切です。

ドコモ光にはプロバイダ・代理店・家電量販店など様々なキャッシュバック窓口がありますが、もっともおすすめの窓口はGMOとくとくBBです。

振込先口座の登録をするだけで最大66,000円(現金38,000円+他社違約金負担15,000円+10Gプラン13,000円追加キャッシュバック)もの高額キャッシュバックを受け取れるため、実質月額料金を安く抑えられます。

また、GMOとくとくBBはV6プラスを採用しているので、通信量の多い時間帯でも遅延することなく快適に通信を行えるでしょう。

高性能Wi-Fiルーターの無料レンタルをはじめ、魅力的な特典がいっぱいのGMOとくとくBBでお得にドコモ光を始めてみてはいかがでしょうか。

ドコモ光×GMOとくとくBB公式:https://gmobb.jp/service/docomohikari/

\当サイト限定!現金最大66,000円キャッシュバック!/

ドコモ光の記事一覧
ドコモ光 一人暮らし
ドコモ光 オンラインゲーム
ドコモ光 速度 遅い
ドコモ光 セット割 なくなった なぜ
ドコモ光 乗り換え
ドコモ光 10g 評判
ドコモ光 申し込み どこで
ビッグローブ光 から ドコモ光
nuro光 から ドコモ光
楽天ひかり から ドコモ光