gmoとくとくbb光 評判

>GMOとくとくBB光のキャンペーン・キャッシュバックはこちら

>GMOとくとくBB光とGMO光アクセスの違いはこちら

>GMOとくとくBB光は遅い?についてはこちら

>GMOとくとくBB光のデメリットはこちら

GMOとくとくBB光の悪い評判をもとにあげられるデメリットとその対処法を下表にてまとめました。

GMOとくとくBB光の評判からわかるデメリットデメリットに対する対処法
遅い・繋がらないといった声が多い
  • ルーターやONU(光回線終端装置)を再起動する
  • 周辺機器を最新規格のものに買い替える
  • 通信障害やメンテナンスが発生していないか確認する
キャッシュバックの最大表記が紛らわしい
新規契約の場合キャッシュバック額が少なくなる
  • 新規契約でキャッシュバック金額が多い光回線を選ぶ

>おすすめの光回線はこちら

36ヶ月以内に解約すると工事費の残債が発生する
  • 工事費の残債がいくらあるのか解約前にチェックしておく
サポートの対応が悪い時がある
支払い方法がクレジットカードのみ
  • 口座振替に対応している光回線を選ぶ

>おすすめの光回線はこちら

スマホセット割がない
  • スマホセット割がある光回線を選ぶ
  • とくとくBB光×mineoコラボキャンペーンを適用する

>おすすめの光回線はこちら

GMOとくとくBB光にはスマホセット割がありませんが、元々の月額料金が安いため他社光回線よりも安く利用できるケースがあります。

格安SIMユーザーなど、他社光回線でスマホセット割が適用できない方の場合はGMOとくとくBB光がおすすめです。

現在、GMOとくとくBB光では格安SIMの「mineo」とのコラボキャンペーンを実施しております。

GMOとくとくBB光とmineoの両方をセットで申し込むことは必須ではなく、光回線を申し込んだ後に希望者のみ該当ページからmineoを申し込むことでキャンペーンが適用されます。

今なら光回線と格安SIMをお得に契約でき、通信費を大幅に節約できるチャンスですよ。

光回線名キャンペーン内容+おすすめポイント公式サイト
とくとくBB光 とくとくBB光・本サイト限定で最大126,000円キャッシュバック

・実質月額料金は1,365円〜で他社より安い

・格安スマホユーザーでも安く利用できておすすめ

・通信速度に力を入れているから快適にインターネットを使える可能性が高い
とくとくBB光公式サイト

\本サイト限定!最大126,000円キャッシュバック!/

※本記事は2024/5/22時点の情報です。詳細は各公式ページをご参照ください。
記事内の「実質月額」と「契約期間内の総額」は以下の計算式で算出しています。
※1:実質月額料金={(契約期間×月額料金)+初期費用(工事費・端末代・オプション料金・契約事務手数料など)-(キャッシュバック+月額料金割引)}÷契約期間
※2:契約期間内の総額={(契約期間×月額料金)+初期費用(工事費・端末代・オプション料金・契約事務手数料など)-(キャッシュバック+月額料金割引)}
実測値参考元:みんなのネット回線速度

目次

GMOとくとくBB光とGMO光アクセスの違い

gmoとくとくbb光 GMO光アクセス

GMOとくとくBB光とGMO光アクセスは名称が違うだけでサービス内容は同じです。

もともとGMO光アクセスとしてサービスが始まりましたが、のちにGMOとくとくBB光に名称が変更になりました。

そのためサービスに違いはありませんが、強いていえばGMOとくとくBB光になってからキャッシュバック金額が高額になっています

GMOとくとくBB光では最大127,000円の高額キャッシュバックがもらえるキャンペーンを開催しているので、お得にGMOとくとくBB光を始められます。

GMOとくとくBB光公式:https://gmobb.jp/service/gmohikari/

\本サイト限定!最大126,000円キャッシュバック!/

GMOとくとくBB光の評判・口コミからわかるデメリット7選と対処法

gmoとくとくbb光 デメリット

GMOとくとくBB光の評判や口コミから判明したデメリットは以下の7点です。

  • 遅い・繋がらないといった声が多い
  • キャッシュバックの最大表記が紛らわしい
  • 新規契約の場合キャッシュバック額が少なくなる
  • 36ヶ月以内に解約すると工事費の残債が発生する
  • サポートの対応が悪い時がある
  • 支払い方法がクレジットカードのみ
  • スマホセット割がない

デメリットの数は多いですがそれぞれ対処法もありますので、きちんと対処することで安心してGMOとくとくBB光を使えます。

デメリットの内容が気になってGMOとくとくBB光の契約を迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

遅い・繋がらないといった声が多い

GMOとくとくBB光の口コミをみていると速度が遅い・繋がらないといった声が多いです。

GMOとくとくBB光は高速通信可能な次世代技術のv6プラスを採用しているので、通信が混雑しづらく快適にインターネットを楽しめます。

一方でGMOとくとくBB光は全国的に利用者が多いフレッツ光回線を利用しているため、曜日や時間帯によっては通信が繋がりづらくなることがあります。

またルーターなどの周辺機器の環境が最新のものでない場合でも光回線の速度を十分活かしきれないため、速度が遅くなりやすいです。

GMOとくとくBB光が遅い・繋がらない場合の対処法

GMOとくとくBB光を使っていて「速度が遅い」「通信が繋がらない」といった状態になった場合、以下の対処法を試してみてください。

  • ルーターやONU(光回線終端装置)を再起動する
  • 周辺機器を最新規格のものに買い替える
  • 通信障害やメンテナンスが発生していないか確認する

まずは光回線と接続している無線LANルーターやONUなどの周辺機器を再起動してみてください。

ルーターなどの周辺機器の規格を確認し、古い規格の場合は最新規格のものに買い替えることで速度が改善する場合があります。

また通信障害やメンテナンス作業が発生している時はインターネットが繋がらないため、NTT東日本もしくはNTT西日本の障害情報を確認してみてください。

何をしても通信状況が改善しない場合は、GMOとくとくBBお客様センターに電話で問い合わせてみることをおすすめします。

【GMOとくとくBBお客様センター】

電話番号:0570-045-109

問い合わせフォーム:メールフォーム

受付時間:10時~19時(年中無休)

キャッシュバックの最大表記が紛らわしい

GMOとくとくBB光の公式サイトでは最大126,000円のキャッシュバックがあると表記されています。

しかし126,000円のキャッシュバックは他社からの乗り換えでかつ有料オプションにすべて加入した場合の最大金額なので、新規申し込みだけではもらえません。

また乗り換えでも事業者変更や転用による乗り換えの場合はキャッシュバック対象外となるので注意が必要です。

くわしくは「【注意】キャッシュバックの最大表記について」の項目を参考にしてみてください。

新規契約の場合キャッシュバック額が少なくなる

GMOとくとくBB光の最大キャッシュバック金額は126,000円ですが、新規契約の場合のキャッシュバックは30,000円と少なくなります。

有料オプションを同時加入すれば追加で最大25,000円キャッシュバックできますが、それでも合計55,000円と最大金額には及ばないので注意してください。

55,000円以上の高額キャッシュバックを受け取りたい方は、新規契約でもらえるキャッシュバック額が多い光回線を選ぶことをおすすめします。

GMOとくとくBB光公式:https://gmobb.jp/service/gmohikari/

\本サイト限定!最大126,000円キャッシュバック!/

36ヶ月以内に解約すると工事費の残債が発生する

GMOとくとくBB光の工事費は36回の分割払いにすることで分割払い相当分を月額料金から割引してもらえるため、工事費を実質無料にできます。

しかしGMOとくとくBB光を36ヶ月以内に解約してしまうと、月額割引が適用されなくなるので工事費の残債が発生してしまいます。

GMOとくとくBB光を36ヶ月以内に解約する場合は工事費の残債がいくらあるのか事前にチェックしておくのがおすすめです。

工事が面倒・すぐに使いたい方には「とくとくBBホームWi-Fi」がおすすめ

とくとくBBホームWiFi

月額料金4,928円
最大通信速度4,2Gbps
データ容量無制限
契約期間・解約金無し
特徴最大104,000円キャッシュバック

・端末代実質無料

・au・UQmobileのスマホセット割

「光回線の開通工事が面倒」「工事完了まで待てない」という方には、工事不要で利用できる「とくとくBBホームWiFi」がおすすめです。

とくとくBBホームWiFiは、申し込み翌日までに端末が発送され、コンセントをさすだけで利用開始できます。

またとくとくBBホームWiFiでは、最大104,000円のキャッシュバックがあり、乗り換え時に発生する費用が心配な方でも安心です。

「ホームルーターの速度に満足できなかったら」「やっぱり光回線が必要になったら」と不安な方もいるでしょう。

とくとくBBホームWiFiなら、ご利用後いつでも違約金無料で「とくとくBB光」へアップグレードできます。

光回線の工事完了までの期間もとくとくBBホームWiFiを利用できるので、インターネット回線が途切れることなく光回線に乗換えられますよ。

工事なしで利用可能な「とくとくBBホームWiFi」が気になる方は、ぜひこの機会に公式サイトをチェックしてみてください!

\最大104,000円のキャッシュバック!/

サポートの対応が悪い時がある

GMOとくとくBB光では電話による相談窓口が用意されており、専用オペレーターが対応してくれます。

しかしサポート窓口がなかなか繋がらないなどサポートの対応が悪い時があります。

電話サポートの窓口が繋がらないのはGMOとくとくBB光に限らずどの光回線でも起こりうることです。

GMOとくとくBB光では専用フォームからの電話予約が可能なので、スムーズに電話で問い合わせたい方はぜひ利用してみてください。

支払い方法がクレジットカードのみ

GMOとくとくBB光では支払い方法がクレジットカードのみです。

口座振替などクレジットカード払い以外の支払い方法を希望する場合は、クレジットカード以外の支払い方法に対応した光回線を選んでみてください。

スマホセット割がない

GMOとくとくBB光には他社光回線にあるようなスマホセット割が利用できません。

しかしGMOとくとくBB光は元々の月額料金が他社より安いため、スマホセット割を利用できない格安SIMユーザーでも通信費を節約できます。

3大キャリアユーザーでスマホセット割を使いたいという方はスマホセット割を適用できる光回線がおすすめです。

mineoとのコラボキャンペーンが開催中

現在GMOとくとくBB光では、格安スマホサービス「mineo」とのコラボキャンペーンを実施しています。

GMOとくとくBB光×mineoコラボキャンペーンの詳細を下記にまとめたので参考にしてみてください。

特典詳細
マイピタまるっと990円キャンペーン
  • 【特典内容】
    • 月額料金が最大6ヶ月間990円になる
  • 【申し込み期間】
    • 2024年2月1日~2024年6月3日
  • 【注意事項】
    • 利用開始月はマイピタデュアルタイプの月額基本料金の日割り計算額を上限として特典が適用される
パケットプレゼントキャンペーン
  • 【特典内容】
    • 契約データ容量から最大6ヶ月間一律10GB増量
  • 【適用条件】
    • 特典専用申し込みフォームより新たにデュアルタイプのマイピタに申込みをした方
  • 【注意事項】
    • シングルタイプのマイピタ(SMS機能付を含む)、マイそく、お試し200MBコースは適用対象外
    • パケット付与は利用開始月の翌月から毎月5日前後

このキャンペーンの適用はGMOとくとくBB光の申し込み後でも問題ないため、まず先に光回線を申し込みましょう。

また、GMOとくとくBB光とmineoのどちらも契約しなければいけないというわけではなく、光回線単体の契約でも問題ありません。

「スマホも合わせて通信費を節約したい」という方には、このコラボキャンペーンの利用をおすすめします。

GMOとくとくBB光公式:https://gmobb.jp/service/gmohikari/

\mineoとのお得なコラボキャンペーン実施中!/

GMOとくとくBB光の評判・口コミからわかるメリット13選

gmoとくとくbb光 メリット

GMOとくとくBB光の評判・口コミからわかるメリットは以下の13点です。

  • そもそもの月額料金・実質月額料金が安い
  • キャッシュバックが高額
  • 通信速度が速い
  • 工事費が実質無料
  • サポート体制が整っている
  • 格安SIMユーザーでも安く利用できる
  • Wi-Fiルーターの無料レンタルができる
  • v6プラスに対応済み
  • 2台目のルーター・中継器も購入できる
  • 契約期間の縛り・解約違約金なし
  • 開通待ちの間にWi-Fiルーターをレンタルできる
  • 一定期間無料で使えるオプションが豊富
  • お客様満足度が高い

GMOとくとくBB光には嬉しいメリットがたくさんありますので、くわしい内容が気になる方はぜひチェックしてみてください。

そもそもの月額料金・実質月額料金が安い

GMOとくとくBB光はそもそもの月額料金・実質月額料金が安いのが特長です。

サービス名月額料金実質月額料金
GMOとくとくBB光4,818円4,076円
ソフトバンク光5,720円4,483円
ドコモ光5,720円5,024円
auひかり5,610円4,702円

※料金はすべて税込表記

戸建ては月額料金が4,000円台と比較的安く、キャッシュバックなども加味した実質月額料金も他社と比べてトップクラスに安いといえます。

キャッシュバックが高額

GMOとくとくBB光ではもらえるキャッシュバック金額が高額というメリットがあります。

新規申し込みなら30,000円、乗り換えなら+60,000円のキャッシュバックがもらえてお得です。

指定の有料オプションに加入することで最大25,000円、10ギガプランの申し込みで11,000円キャッシュバックを上乗せできるので、GMOとくとくBB光は高額キャッシュバックが欲しい方にもおすすめです。

通信速度が速い

GMOとくとくBB光では高速通信可能なv6プラスという次世代技術を採用しているため、通信が混雑しやすい時間帯でも快適に使えます。

また動画視聴やオンラインゲームを快適に行うのに最低でも200Mbps以上の速度実測値が必要ですが、GMOとくとくBB光の実測値は下り264.21Mbpsもあります。

サービス名実測値
GMOとくとくBB光下り:264.21Mbps

上り:291.25Mbps

GMOとくとくBB光の実測値は快適にインターネットを使う分にはまったく問題ないといえます。

工事費が実質無料

GMOとくとくBB光では最大26,400円かかる工事費が実質無料になります。

工事費を36回の分割払いにすることで分割払い相当分を月額料金から値引きできるため、工事費を実質無料にできてお得です。

ただし36ヶ月以内にGMOとくとくBB光を解約する場合は工事費の残債を一括請求されてしまいますので注意してください。

GMOとくとくBB光公式:https://gmobb.jp/service/gmohikari/

\本サイト限定!最大126,000円キャッシュバック!/

サポート体制が整っている

GMOとくとくBB光では電話・メール・AIチャットと充実したサポート体制があります。

電話はあらかじめ電話予約をしておくことで専用オペレーターから折り返し連絡してもらえるため、忙しい人でもしっかり相談できておすすめです。

もっと手軽に問い合わせたい方は24時間対応してくれるAIチャットも利用してみてください。

格安SIMユーザーでも安く利用できる

GMOとくとくBB光にはスマホセット割がありませんが、月額料金は他社よりも安いです。

そのためスマホセット割が使えない格安SIMユーザーでも安くインターネットを利用できるというメリットがあります。

Wi-Fiルーターの無料レンタルができる

GMOとくとくBB光では次世代技術のv6プラスに対応した高性能のWi-Fiルーターを無料でレンタルできます。

しかもGMOとくとくBB光で3年以上利用すればレンタルしているWi-Fiルーターをそのままもらえてお得です。

面倒な設定も不要なのでGMOとくとくBB光を使うにあたって最適なWi-Fiルーターがない方はレンタルでの利用をおすすめします。

v6プラスに対応済み

GMOとくとくBB光では次世代技術のv6プラスを採用しています。

v6プラスなら従来の通信方式であるIPv4にくわえて最新の通信方式であるIPv6の両方に対応できるため、通信が混雑しづらいです。

GMOとくとくBB光なら光回線だけでなく無料レンタルできるWi-Fiルーターもv6プラス対応済なので快適なインターネットを楽しめます。

GMOとくとくBB光公式:https://gmobb.jp/service/gmohikari/

\本サイト限定!最大126,000円キャッシュバック!/

2台目のルーター・中継器も購入できる

GMOとくとくBB光ではWi-Fiルーターを1台無料レンタルできますが、2台目のルーターは中継器として購入できます。

2台目のルーターは税込3,300円の端末代金がかかりますが、申し込むと最短翌日で無料発送してもらえるのですぐに使えて便利です。

中継器を導入することでWi-Fiの範囲をぐっと広げられるので、1台だけでは十分に無線が届かないという方は中継器の利用をおすすめします。

契約期間の縛り・解約違約金なし

GMOとくとくBB光には契約期間の縛りがないため、いつでも気軽に解約できます。

解約にかかる違約金も発生しないため、安心してGMOとくとくBB光を始められます。

開通待ちの間にWi-Fiルーターをレンタルできる

GMOとくとくBB光を申し込んでから開通までにはおよそ2週間程度かかります。

開通するまでの間にインターネットを使いたい方にはWi-Fiルーターのレンタルサービスを利用してみてください。

GMOとくとくBB光なら1日あたり税込165円でWi-Fiルーターをレンタルできてお得です。

1ヶ月単位でレンタルできて契約期間の縛りや解約違約金もないので、開通待ちの間も安心してインターネットを楽しめます。

一定期間無料で使えるオプションが豊富

GMOとくとくBB光では一定期間無料で使える便利なオプションがたくさんあります。

たとえば月額税込550円でウイルスからパソコンを守ってくれる「インターネット安心セキュリティ」は最大3ヶ月無料で使えてお得です。

GMOとくとくBB光のくわしいオプション内容については「GMOとくとくBB光のオプション一覧」の項をぜひチェックしてみてください。

お客様満足度が高い

GMOとくとくBB光はユーザーの約94%がサービス内容に満足しているというアンケート結果があるなどお客様満足度が高いです。

過去にはオリコン顧客満足度調査で2年連続1位を獲得しており、通信速度や開通までの期間の短さ、サポート体制が充実している点などが高い評価を受けています。

月額料金も他社と比較して安く工事費も実質無料にできるので、GMOとくとくBB光なら長くお得にインターネットを使いたい方にもおすすめです。

GMOとくとくBB光公式:https://gmobb.jp/service/gmohikari/

\本サイト限定!最大126,000円キャッシュバック!/

【2024年5月】GMOとくとくBB光で開催中のキャンペーン・キャッシュバック

キャンペーン条件キャンペーン内容
新規申し込み30,000円キャッシュバック
36ヶ月間の利用で新規工事費26,400円を実質無料
10ギガプランの申し込み11,000円キャッシュバック増額
他社からの乗り換え最大60,000円キャッシュバック
オプション同時申し込みGMOひかりテレビ:20,000円キャッシュバック

GMOひかり電話:3,000円キャッシュバック

インターネット安心セキュリティおよびスマホトラブルサポート+同時申し込み:2,000円キャッシュバック

※料金はすべて税込表記

2024年5月現在、開催されているGMOとくとくBB光のキャンペーンについて上表にまとめました。

おもにキャッシュバックキャンペーンと工事費の実質無料特典があり、これらの特典を利用することで新規・乗り換えのどちらでもお得にGMOとくとくBB光を始められます。

GMOとくとくBB光公式:https://gmobb.jp/service/gmohikari/

\本サイト限定!最大126,000円キャッシュバック!/

最大126,000円キャッシュバック

GMOとくとくBB光では条件を満たすことで最大126,000円もの高額キャッシュバックを受け取れます。

キャッシュバックを最大金額分受け取るには有料オプションの加入が必要ですが、オプション料金を加味しても7ヶ月分の月額料金を実質無料にできるのでお得です。

【注意】キャッシュバックの最大表記について

GMOとくとくBB光の公式サイトでは最大126,000円のキャッシュバックがもらえると表記されています。

しかし最大表記分のキャッシュバックを受け取るには以下の条件を満たすことが必要です。

  • 他社からの乗り換え(事業者変更・転用を除く)である
  • 他社解約の際に解約違約金が発生している
  • 合計月額税込1,375円の有料オプションを同時に申し込む
  • 10ギガプランの利用である

新規申し込みの場合やオプションを申し込まない場合は最大表記されているキャッシュバック額は受け取れません。

また他社からの乗り換えでも、フレッツ光からの乗り換え(転用)や同じ光コラボからの乗り換え(事業者変更)の場合はキャッシュバックの対象外となるので注意してください。

GMOとくとくBB光のキャッシュバックの適用条件

キャッシュバック適用条件
30,000円キャッシュバック
  • 公式サイトから新規で申し込む
11,000円キャッシュバック
  • 10ギガプランに申し込む
最大60,000円キャッシュバック
  • 公式サイトからの申し込み時点で他社回線を利用している
  • 他社回線の解約違約金明細がある
  • 指定期日までに振込先口座を登録する
最大27,000円キャッシュバック
  • 公式サイトから光回線と同時に以下のオプションを新規で申し込む
    • GMOひかりテレビ:20,000円
    • GMOひかり電話:3,000円
    • インターネット安心セキュリティおよびスマホトラブルサポート+同時申し込み:2,000円

※料金はすべて税込表記

GMOとくとくBB光でもらえるキャッシュバックのうち、新規で申し込む場合は無条件で30,000円のキャッシュバックがもらえます。

GMOひかりテレビGMOひかり電話などの指定有料オプションを同時に申し込むことで最大25,000円の追加キャッシュバックがもらえてお得です。

また他社からの乗り換えで他社解約違約金が発生している場合、最大60,000円還元されます。

ただし最大60,000円のキャッシュバックは受け取り方法がやや複雑なので、申請に間違いがないよう注意してください。

GMOとくとくBB光のキャッシュバック受け取り時期

キャッシュバック受け取り時期
30,000円キャッシュバック開通から12ヶ月後
11,000円キャッシュバック開通から12ヶ月後
最大60,000円キャッシュバック開通から12ヶ月後
最大25,000円キャッシュバック開通から12ヶ月後

GMOとくとくBB光キャッシュバックの受け取り時期は最短でも1年後とやや遅いです。

キャッシュバックの申請手続きは最短でも開通から11ヶ月後になるため、申請忘れや申請間違いのないように注意してください。

たとえばキャッシュバック手続き予定の日にアラート機能を設定しておくなど事前に対策しておくのがおすすめです。

GMOとくとくBB光のキャッシュバック受け取り方法

キャッシュバック受け取り方法
30,000円キャッシュバック
  1. 公式サイトから新規で申し込む
  2. 開通月から11ヶ月目に送られてくる案内メールを受信し振込先口座を登録する
  3. 振込先口座登録の翌月末にキャッシュバックが振り込まれる
最大60,000円キャッシュバック
  1. 公式サイトから他社からの乗り換えで申し込む
  2. 開通から3ヶ月目までに他社回線を解約し解約違約金明細を提出する
  3. 開通月から11ヶ月目に送られてくる案内メールを受信し振込先口座を登録する
  4. 振込先口座登録の翌月末にキャッシュバックが振り込まれる
最大25,000円オプションキャッシュバック
  1. 公式サイトから光回線と同時に指定のオプション(GMOひかりテレビ・GMOひかり電話など)を新規で申し込む
  2. 開通月から11ヶ月目に送られてくる案内メールを受信し振込先口座を登録する
  3. 振込先口座登録の翌月末にキャッシュバックが振り込まれる

GMOとくとくBB光でもらえる各キャッシュバックの受け取り方法を上表にてまとめました。

基本的にはGMOとくとくBB光から送られてくるキャッシュバック案内メールを受け取り、メールの内容にしたがって振込先口座を登録します。

キャッシュバック案内メールはGMOとくとくBB光契約時に登録したメールアドレス宛に送られてくるため、普段使いしていない場合はメールの転送設定をしておくのが有効です。

工事費実質無料キャンペーン

GMOとくとくBB光では工事費が実質無料になるキャンペーンが開催されています。

GMOとくとくBB光の工事費は最大26,400円かかるため、実質無料になれば初期費用の負担なくGMOとくとくBB光を始められます。

ただし無料対象は基本工事費のみなので、土日祝に工事する場合にかかる追加工事費などは対象外となる点に注意してください。

工事費が実質無料になる仕組み

GMOとくとくBB光では工事費を36回の分割払いにて支払います。

GMOとくとくBB光の工事費は毎月の分割払い相当額を月額料金から値引きすることで36ヶ月目に無料になる仕組みです。

言い換えれば、工事費を無料にするには36ヶ月間の継続利用が必要となりますので注意してください。

36ヶ月以内に解約すると工事費の残債が発生するため注意

GMOとくとくBB光では分割払い期間中の36ヶ月以内に解約してしまうと、工事費の残債が発生してしまいます。

工事費の残債がある場合は解約時に一括で請求されてしまうため注意が必要です。

GMOとくとくBB光で工事費を無料にしたい方は3年以上の長期利用を前提として契約することをおすすめします。

GMOとくとくBB光公式:https://gmobb.jp/service/gmohikari/

\本サイト限定!最大126,000円キャッシュバック!/

GMOとくとくBB光の通信速度は遅い?利用者の評判・口コミ

gmoとくとくbb光 通信速度 評判

GMOとくとくBB光の通信速度に関するユーザーの評判や口コミを調べてみると、以下のような声がみられました。

  • 曜日や時間帯に限らず速度が安定している
  • 動画視聴やオンラインゲームも快適にできる

土日や夜間の時間帯にかかわらず速度が安定しているという口コミが多くありました。

家族など複数人でインターネットを使っても遅延しないため、動画視聴やオンラインゲームも問題なく楽しめると評価されています。

GMOとくとくBB光では高速通信可能なv6プラスを採用しており通信が混雑しづらいことから、快適さを感じる方が多いと考えられます。

GMOとくとくBB光と他社光回線の実測値を比較

サービス名下り上り
GMOとくとくBB光284.57Mbps221.12Mbps
ソフトバンク光310.53Mbps289.46Mbps
ドコモ光270.96Mbps262.1Mbps
auひかり505.35Mbps491.84Mbps

GMOとくとくBB光の実測値を他社光回線と比較してみると、下り・上りともに平均的な速度であることがわかります。

GMOとくとくBB光と同じ光コラボのソフトバンク光ドコモ光の実測値ともたいして差はみられません。

独自回線をもつauひかりの速度には及びませんが、GMOとくとくBB光の実測値なら日常的にインターネットを楽しむ分には何の問題もないといえます。

GMOとくとくBB光は常に通信速度の向上に力を入れている

GMOとくとくBB光は次世代技術のv6プラスを採用しており、常に通信速度の向上に力を入れています。

4年連続で「2020年度v6プラス最優秀パートナー賞」を受賞するなどv6プラスの普及にも貢献しており、実績は確かです。

GMOとくとくBB光で無料レンタルできるWi-Fiルーターもv6プラスに対応しているため、光回線の速度を損なうことなく安定した速さを維持できます。

GMOとくとくBB光はオンラインゲームや動画配信も快適にできる可能性が高い

GMOとくとくBB光ならテレワークやSNSはもちろん、オンラインゲームや動画配信も問題なくみられます。

たとえばオンラインゲームや動画配信を快適に楽しむには最低でも200Mbps以上の実測値が必要です。

GMOとくとくBB光の実測値は下り284.57Mbpsあるので、オンラインゲームや動画配信も遅延なく快適にできる可能性が高いです。

高速通信可能なv6プラスも標準実装されているため、GMOとくとくBB光なら土日や夜間などの混雑しやすい時間帯でもスムーズにインターネットを使えます。

GMOとくとくBB光公式:https://gmobb.jp/service/gmohikari/

\本サイト限定!最大126,000円キャッシュバック!/

GMOとくとくBB光の料金は高い?利用者の評判・口コミ

gmoとくとくbb光 料金 評判

GMOとくとくBB光の料金について、利用者の評判や口コミを調べてみました。

  • 光コラボのなかでも一番料金が安くコスパがいい
  • 他社から乗り換えることで通信費が安くなった
  • 高額キャッシュバックがもらえてお得

GMOとくとくBB光は光コラボのなかでも月額料金が安く、他社からの乗り換えで通信費を節約できたという声もありました。

最大126,000円のキャッシュバックや工事費無料のキャンペーンを利用することで、お得にインターネットを使える点も高く評価されています。

GMOとくとくBB光と他社光回線の料金を比較

サービス名月額料金実質月額料金総額
GMOとくとくBB光4,818円4,076円146,748円
ソフトバンク光5,720円4,700円169,220円
ドコモ光5,720円4,561円164,220円
auひかり5,610円3,924円141,260円

※料金はすべて税込表記
※総額={(契約期間×月額料金)+初期費用(工事費・端末代・オプション料金・契約事務手数料など)-(キャッシュバック+月額料金割引)}
※戸建て3年契約と仮定した場合

GMOとくとくBB光の戸建ての月額料金は税込4,818円で、5,000円台の他社光回線と比べると安いです。

キャッシュバック割引なども加味した実質月額料金や総額で比較しても安いので、GMOとくとくBB光なら長くお得にインターネットを使えます。

GMOとくとくBB光の料金は他社と比較しても安いと言える

サービス名月額料金
戸建てマンション
GMOとくとくBB光4,818円3,773円
ソフトバンク光5,720円4,180円
ドコモ光5,720円4,400円
auひかり5,610円4,180円

※料金はすべて税込表記

GMOとくとくBB光の月額料金は戸建てが税込4,818円、マンションが税込3,773円と元々の月額料金が安いのが特長です。

他社光回線の戸建てが5,000円台、マンションが4,000円台なので、GMOとくとくBB光は他社より1,000円近く安いといえます。

GMOとくとくBB光ならスマホセット割が使えない格安SIMユーザーでも通信費を安く抑えられてお得です。

GMOとくとくBB光の料金シミュレーション

GMOとくとくBB光を3年契約した場合の料金がいくらになるのか下表のとおりにシミュレーションしてみました。

項目名新規乗り換え
月額料金4,818円4,818円
分割工事費(36回払い)726円

※初回のみ990円

726円

※初回のみ990円

契約事務手数料3,300円3,300円
オプション月額料金1,375円1,375円
分割工事費の月額割引-726円

※初回のみ-990円

-726円

※初回のみ-990円

キャッシュバック-30,000円-90,000円
オプションキャッシュバック-25,000円-25,000円
1年目の総額20,616円26,116円
2年目の総額92,932円84,932円
3年目の総額165,248円157,248円

※料金はすべて税込表記
※戸建て+オプション(GMOひかりTV・GMOひかり電話)同時加入の場合
※総額={(契約期間×月額料金)+初期費用(工事費・端末代・オプション料金・契約事務手数料など)-(キャッシュバック+月額料金割引)}

新規と乗り換えの2パターンで比較した場合、1年目の時点でもっとも総額が安いのは新規で申し込んだ場合です。

しかし乗り換えはもらえるキャッシュバック額が多いことから、3年目の時点では乗り換えの方が総額が安くなります。

ちなみにオプションを外したいならキャッシュバック受領後の2年目以降にオプションを解約することで年間最大16,500円安くできてお得です。

工事費の残債がなくなるまでに発生する費用の総額

項目名支払い総額工事費残債
契約時点-26,400円
1ヶ月目8,118円25,410円
3ヶ月目17,754円23,958円
6ヶ月目32,208円21,780円
12ヶ月目61,116円17,424円
キャッシュバック値引き-20,000円

→29,116円

-
24ヶ月目86,932円8,712円
36ヶ月目144,748円0円

※料金はすべて税込表記
※新規契約(戸建て・オプション加入なし)の場合

GMOとくとくBB光の工事費は最大26,400円かかりますが、キャンペーンによって36回の分割払い相当分の料金が月額料金から割引されます。

工事費は初回のみ990円でそれ以降は支払い完了まで毎月726円割引され、36ヶ月目で残債がなくなる仕組みです。

ただし36ヶ月以内にGMOとくとくBB光を解約してしまうと、その時点で工事費の残債を一括で支払わなければならなくなります。

契約してすぐに解約してしまうと高額の工事費残債が請求されるので、残債がいくらあるかは常にチェックしておくことをおすすめします。

契約時に発生する初期費用の総額

項目名初期費用
開通工事費26,400円

→キャンペーン適用で実質無料

契約事務手数料3,300円
総額3,300円

※料金はすべて税込表記
※新規契約(戸建て・オプション加入なし)の場合

GMOとくとくBB光の契約時に発生する初期費用は開通工事費と契約事務手数料のみです。

このうち開通工事費はキャンペーンを適用することで実質無料にできるため、実際に必要な初期費用は契約事務手数料の税込3,300円となります。

GMOとくとくBB光の料金が高いと感じる場合の対処法

GMOとくとくBB光の料金が高いと感じる場合は以下の対処法がおすすめです。

  • 不要なオプションを解約する
  • 3大キャリアユーザーならスマホセット割が使える光回線に乗り換える

一定期間無料のオプションに加入している場合、無料期間が過ぎてオプション料金が発生してしまっている場合があります。

もし加入してるオプションが不要と判断できたら、思い切って解約してみることで月額料金を安くできるので検討してみてください。

またドコモ・ソフトバンク・auなど3大キャリアのスマホをお持ちの方は、スマホセット割が適用できる光回線への乗り換えもおすすめです。

スマホキャリアおすすめの光回線
ドコモドコモ光
ソフトバンク・ワイモバイルソフトバンク光
au・UQモバイルauひかり

GMOとくとくBB光ではスマホセット割が使えないため、3大キャリアユーザーならスマホセット割を適用できる光回線の方が毎月の通信費をお得に節約できます。

GMOとくとくBB光公式:https://gmobb.jp/service/gmohikari/

\本サイト限定!最大126,000円キャッシュバック!/

GMOとくとくBB光のサポート対応は丁寧?利用者の評判・口コミ

gmoとくとくbb光 サポート 評判

GMOとくとくBB光のサポート対応についての評判や口コミは以下の通りです。

  • サポート窓口への電話がなかなか繋がらない
  • 申し込み時の電話・メール対応が丁寧でスムーズに契約できた

サポート対応については電話がなかなか繋がらず困ったという声がいくつかありました。

一方で申し込み時の電話相談が丁寧だったため、スムーズに契約できて良かったという喜びの口コミもみられました。

サポート対応はどの光回線でも賛否両論

GMOとくとくBB光のサポートについての評判や口コミからは「良い」とする声と「悪い」とする声がありました。

しかしサポート窓口の対応についてはGMOとくとくBB光に限らずどの光回線でも賛否両論あるものです。

とくに多いのが「電話が繋がらない」という意見ですが、GMOとくとくBB光では専用フォームから電話予約を行えるので、忙しい方でも比較的問い合わせやすいです。

電話以外にもGMOとくとくBB光ではメール・AIチャットと様々な手段が用意されているので、ご自身に合った方法で問い合わせしてみてください。

GMOとくとくBB光のサポート・問い合わせ窓口一覧

電話相談窓口

(契約前)

電話予約フォーム

電話番号:0120-130-007

受付時間:10時~19時(年中無休)

電話相談窓口

(契約後)

電話番号:0570-045-109

受付時間:10時~19時(年中無休)

メールフォーム専用お問い合わせフォーム
AIチャット公式サイトの「AIチャットで今すぐ解決」ボタンをクリック

GMOとくとくBB光のサポート窓口は電話・メール・AIチャットの3種類あります。

電話窓口は契約前と契約後で問い合わせ先が変わるので注意してください。

とくに申し込み前の電話窓口は電話予約を使うことで専用オペレーターが希望する日に折り返し連絡してくれるので、契約前の不安をしっかり解消できておすすめです。

GMOとくとくBB光のサポートに繋がらない場合の対処法

GMOとくとくBB光の電話サポートになかなか繋がらない場合は混雑しやすい日時を避けて問い合わせてみてください。

曜日なら月曜と金曜、時間帯なら12時〜15時は比較的混雑する時間帯なので、火曜日・水曜日・木曜日の夕方頃に電話してみるのがおすすめです。

どうしても電話が繋がらない場合はメールフォームやAIチャットなど他の手段を利用することも検討してみてください。

GMOとくとくBB光公式:https://gmobb.jp/service/gmohikari/

\本サイト限定!最大126,000円キャッシュバック!/

GMOとくとくBB光を契約する際にルーターは自分で準備すべきか

gmoとくとくbb光 ルーター

GMOとくとくBB光では契約の際にルーターを無料でレンタルできるため、ご自身で準備する必要はありません。

GMOとくとくBB光でレンタルできるルーターは高速通信可能なv6プラスに対応しており、光回線の速度を十分に活かせます。

またレンタルしたルーターを3年以上継続利用し続ければそのままもらえるのでお得です。

ご自身でルーターを購入する場合は初期設定を行う必要があり購入代金もかかるので、ルーターにこだわりがない方はGMOとくとくBB光で無料レンタルすることをおすすめします。

レンタルの場合機種の選択はできない

GMOとくとくBB光でレンタルできるルーターは全部で5種類あります。

ただしレンタルするルーターはランダムで発送されるため、ご自身でお好きな機種を選択できない点に注意してください。

レンタルルーターはどれも高性能だから当たり外れがない

GMOとくとくBB光でレンタルできるルーターはどの機種もv6プラスに対応した高性能ルーターです。

ご自身では機種を指定できませんが、どのルーターも厳選された高スペック機種なので当たり外れがなく安心してレンタルできます。

GMOとくとくBB光公式:https://gmobb.jp/service/gmohikari/

\本サイト限定!最大126,000円キャッシュバック!/

GMOとくとくBB光とドコモ光の違い

gmoとくとくbb光 ドコモ光

GMOとくとくBB光とドコモ光はどちらもフレッツ光の回線を利用した光コラボです。

くわえてドコモ光のプロバイダにGMOとくとくBBを利用する場合、GMOとくとくBB光とドコモ光のサービス品質はほぼ同じになります。

しかしGMOとくとくBB光とドコモ光は運営元が異なるので、おもにキャッシュバックや料金設定に違いがみられます。

項目GMOとくとくBB光ドコモ光
月額料金戸建て:4,818円

マンション:3,773円

戸建て:5,720円

マンション:4,400円

キャッシュバック30,000円

乗り換え:+60,000円

オプション:+25,000円

10ギガプラン:+11,000円

新規:38,000円

他社解約違約金負担:15,000円

10ギガプラン新規:13,000円

※料金はすべて税込表記

GMOとくとくBB光とドコモ光の月額料金を比較すると、GMOとくとくBB光の方が戸建て・マンションともに安いです。

一方でGMOとくとくBB光の方がもらえるキャッシュバック金額がドコモ光よりも少ないですが、元々の月額料金が安いため長期での利用を検討している方ならお得です。

ドコモ光と比較してGMOとくとくBB光をおすすめする人の特徴

ドコモ光よりもGMOとくとくBB光をおすすめする人は、格安SIMのユーザーで料金の安さを重視する方です。

GMOとくとくBB光ではスマホセット割が使えないですが、元々の月額料金は他社回線よりも安いです。

GMOとくとくBB光ならスマホセット割がない格安SIMユーザーでも通信費を安く抑えられます。

GMOとくとくBB光と比較してドコモ光の利用をおすすめする人の特徴

ドコモ・irumo・eximoユーザーで料金の安さを重視したい方にはGMOとくとくBB光よりもドコモ光の利用をおすすめします。

ドコモ光ならドコモ・irumo・eximoユーザーを対象としたスマホセット割を適用することでスマホ料金を毎月最大1,100円も安くできます。

GMOとくとくBB光ではスマホセット割がないため、ドコモ・irumo・eximoユーザーならドコモ光を利用する方が通信費を節約できるのでお得です。

ドコモ光が気になる方はドコモ光の評判まとめ記事やドコモ光のキャッシュバック情報まとめ記事を参考にしてみてください。

GMOとくとくBB光公式:https://gmobb.jp/service/gmohikari/

\本サイト限定!最大126,000円キャッシュバック!/

GMOとくとくBB光の評判・口コミからわかる利用をおすすめする人の特徴

gmoとくとくbb光 おすすめする人

GMOとくとくBB光の評判や口コミをもとに、GMOとくとくBB光の利用をおすすめする人の特徴は以下の3点です。

  • 高額キャッシュバックを受け取りたい方
  • 安い光回線に契約したい方
  • 格安SIMユーザー

上記の特徴に当てはまる方なら、GMOとくとくBB光でお得にインターネットを使えます。

GMOとくとくBB光をおすすめする理由を次項にてくわしく解説していきますのでぜひ参考にしてみてください。

高額キャッシュバックを受け取りたい方

光回線の契約時に高額キャッシュバックを受け取りたいならGMOとくとくBB光がおすすめです。

GMOとくとくBB光では新規申し込みで30,000円、乗り換えで最大90,000円のキャッシュバックを受け取れます。

指定のオプションに同時加入することで最大25,000円もの追加キャッシュバックをもらえるため、条件を揃えれば最大126,000円もの高額キャッシュバックになりお得です。

126,000円キャッシュバックの条件については「【注意】キャッシュバックの最大表記について」をあわせてチェックしてみてください。

安い光回線に契約したい方

GMOとくとくBB光は料金が安い光回線を契約したい方にもおすすめできます。

GMOとくとくBB光は月額料金が戸建て4,000円台、マンションが3,000円台と他社光回線と比べて1,000円近くも安いです。

もともとの基本料金が安く、長期で契約しても料金が値上がりしないため、GMOとくとくBB光なら長くお得にインターネットを利用できます。

格安SIMユーザー

GMOとくとくBB光は格安SIMユーザーをお使いの方にもおすすめです。

GMOとくとくBB光はスマホセット割がないのでお持ちのスマホ料金を安くはできませんが、その代わり元々の月額料金が安いです。

元々の料金が安いGMOとくとくBB光ならスマホセット割が使えない格安SIMユーザーでも通信費を節約できます。

GMOとくとくBB光公式:https://gmobb.jp/service/gmohikari/

\本サイト限定!最大126,000円キャッシュバック!/

GMOとくとくBB光の評判・口コミからわかる利用をおすすめしない人の特徴

gmoとくとくbb光 おすすめしない人

GMOとくとくBB光の評判・口コミから、GMOとくとくBB光の利用をおすすめしない人の特徴は以下の通りです。

  • 大手スマホキャリアユーザー
  • 通信速度の悪評が気になる方
  • 短期利用をお考えの方

GMOとくとくBB光をおすすめしない理由もあわせて解説していきますので、GMOとくとくBB光を利用するかどうか検討する参考としてみてください。

大手スマホキャリアユーザー

ドコモ・ソフトバンク・auなどの大手スマホキャリアユーザーの方は、GMOとくとくBB光の利用は避けた方がよいです。

GMOとくとくBB光には大手スマホキャリアのスマホセット割が存在しないため、スマホ料金は安くなりません。

大手スマホキャリアユーザーでお得に通信費を抑えたいなら、お持ちのスマホキャリアのスマホセット割が適用できる光回線を選ぶことをおすすめします。

どの光回線がご自身にとっておすすめなのか気になる方はおすすめの光回線まとめ記事をぜひ参考にしてみてください。

通信速度の悪評が気になる方

「通信速度が遅い」などの悪い評判が気になるなら、GMOとくとくBB光の利用はおすすめしません。

GMOとくとくBB光はフレッツ光の回線を共用しているので、独自の回線網をもつ光回線と比べると通信速度はやや遅く混みやすいです。

通信速度にはこだわりたいという方はおすすめの光回線まとめ記事を参考に実測値の高い光回線を検討してみてください。

短期利用をお考えの方

光回線を短期で利用しようとお考えの方は、GMOとくとくBB光は利用しない方がよいです。

GMOとくとくBB光の工事費はキャンペーンで実質無料にできますが、36ヶ月以内に解約してしまうと工事費の残債が発生してしまうためです。

おすすめの光回線まとめ記事では短期利用でお得に使える光回線をご紹介していますので興味のある方はぜひチェックしてみてください。

GMOとくとくBB光公式:https://gmobb.jp/service/gmohikari/

\本サイト限定!最大126,000円キャッシュバック!/

GMOとくとくBB光の申し込みから開通までの流れ

gmoとくとくbb光 申し込みから開通までの流れ

GMOとくとくBB光を申し込んでから開通するまでの流れは以下の通りです。

Step1:GMOとくとくBB光公式サイトから申し込む

Step2:開通工事を実施する

Step3:ルーターの設定を行う

フレッツ光からの乗り換えの場合は「転用承諾番号」、他社光コラボからの乗り換えの場合は「事業者変更承諾番号」が事前に必要となります。

「転用承諾番号」と「事業者変更承諾番号」の有効期限は15日間なので、GMOとくとくBB光への申し込み前に番号を取得しておいてください。

Step1:GMOとくとくBB光公式サイトから申し込む

GMOとくとくBB光公式サイトの専用フォームより申し込みを行います。

プラン内容やオプションを指定し、重要事項説明書などに同意したら個人情報を入力してください。

クレジットカード情報と工事の希望日を指定してフォームを送信したら申し込み完了です。

工事日は申し込みから2〜3日以内にメールで確定連絡が届きます。

Wi-Fiルーターは工事日の1週間ほど前に自宅に届くので、開通まで保管しておいてください。

Step2:開通工事を実施する

事前に決めておいた工事日に開通工事を実施します。

新規で開通する場合は原則として立ち会いが必要となりますので注意してください。

転用や事業者変更の場合は開通工事は不要で、GMOとくとくBB光側で回線の切り替えが行われますので待つだけでOKです。

Step3:ルーターの設定を行う

開通工事が完了したらWi-Fiルーターを設置して30分ほど待ちましょう。

GMOとくとくBB光でレンタルできるWi-Fiルーターなら初期設定は不要なので簡単に接続できておすすめです。

インターネットに繋がっていることを確認できたら、GMOとくとくBB光の利用開始となります。

GMOとくとくBB光公式:https://gmobb.jp/service/gmohikari/

\本サイト限定!最大126,000円キャッシュバック!/

GMOとくとくBB光の解約方法

GMOとくとくBB光の解約はBBnaviより申請します。

毎月20日までに解約申請をすることでその月の末日に解約となります。

月の途中で解約しても日割り計算はできないので、解約月は1ヶ月分の月額料金が請求される点に注意してください。

回線撤去工事を実施する場合はNTTレンタル機器はNTT担当者が回収してくれます。

回線撤去工事をしない場合はNTTから送付される回収キットにNTTレンタル機器を入れて返却してください。

Wi-Fiルーターをレンタルしている場合は、解約月の翌月20日までに下記指定住所へWi-Fiルーター一式を返却する必要があります。

【Wi-Fiルーター返却物】

Wi-Fiルーター本体、ACアダプタ、LANケーブル

【Wi-Fiルーター返却先住所】

〒945-1352

新潟県柏崎市安田田尻工業団地7550-1 新進テック(株)内

GMOとくとくBB 物流センター Wi-Fiルーター返却係

0570-045-109

期日までにWi-Fiルーター一式を返却しなかった場合は11,000円の未返却補償料を支払わなければならなくなるので、返し忘れがないよう注意してください。

GMOとくとくBB光の解約違約金

GMOとくとくBB光には契約期間の縛りがないため、解約違約金は発生しません。

ただし36ヶ月以内にGMOとくとくBB光を解約した場合は工事費の残債が発生してしまいます。

工事費の残債は解約時に一括で請求されますので、解約時には残債があるかどうかチェックしておくことをおすすめします。

GMOとくとくBB光公式:https://gmobb.jp/service/gmohikari/

\本サイト限定!最大126,000円キャッシュバック!/

GMOとくとくBB光のオプション一覧

オプション名オプション内容
GMOひかりTV月額料金:825円

GMOとくとくBBが提供するテレビ視聴サービス

GMOひかり電話月額料金:550円

GMOとくとくBBが提供するIP電話サービス

リモートサポート

サービス

月額料金:550円

電話・遠隔操作によるサポートサービス

インターネット安心セキュリティ月額料金:550円

「マカフィー®マルチアクセス」による総合セキュリティサービス

※最大3ヶ月無料

スマホトラブルサポート月額料金:1,078円

データ容量無制限のクラウドバックアップサービス+データ復旧保証サービス

※最大2ヶ月無料

※料金はすべて税込表記

GMOとくとくBB光では便利なオプションサービスが豊富です。

GMOひかりTVGMOひかり電話は、GMOとくとくBB光契約時に同時加入することでキャッシュバックを25,000円追加でもらえます。

また「インターネット安心セキュリティ」や「スマホトラブルサポート」は一定の無料期間があるので、サービス内容が気になる方でも気軽に試せます。

ひかり電話の詳細

月額料金【基本プラン】

550円/回線

【GMOひかり電話A(エース)】

1,650円/回線

【ホームゲートウェイ利用料】

無線LAN:330円

追加無線LANカード:110円

クロス対応無線LAN:550円

工事費【基本工事費】

交換機器等工事:1,100円/工事

交換機器等工事(訪問):4,950円/工事

【交換機器等工事費】

基本機能:1,100円/回線

発信者番号通知の変更:770円/番号

GMOひかり電話A(エース):1,100円/回線

付加サービス各種:770円/番号~

番号ポータビリティ:2,200円/番号

【機器工事費】

設置費:1,650円/装置

設定費:1,100円/装置

通話料金国内電話音声:8.8円(3分)~

※料金はすべて税込表記

GMOひかり電話はテレビ電話やファイル共有などのデータ通信が可能なひかり電話オプションサービスです。

NTTで発番した電話番号を持っている場合は、その電話番号をGMOひかり電話でも引き継げます。

GMOひかり電話の月額料金は税込550円と一般的な固定電話よりも安く利用できてお得です。

GMOとくとくBB光と同時契約することで5,000円のキャッシュバックがもらえるので、ご自宅で固定電話を使っている方はぜひ利用してみてください。

ひかりテレビの詳細

月額料金【テレビ伝送サービス利用料】

495円/回線

【テレビ視聴サービス利用料】

330円/回線

【ホームゲートウェイ利用料】

無線LAN:330円

追加無線LANカード:110円

クロス対応無線LAN:550円

工事費【基本工事費】

4,950円/工事

※GMOとくとくBB光と同時契約なら無料

【GMOひかりテレビ伝送サービス工事料】

3,300円

【テレビ視聴サービス利用登録料】

3,080円

【テレビ接続工事費】

単独工事:7,150円

共聴工事(NTT社):21,780円

共聴工事(スカパー社):19,800円

※オプション工事は別途料金あり

提供エリア東日本エリア

戸建て・マンションタイプ

西日本エリア

戸建てタイプのみ

※料金はすべて税込表記

GMOひかりテレビは地上デジタル・BSデジタル・CS放送をアンテナ不要で楽しめるテレビ視聴サービスです。

戸建てにGMOひかりテレビを導入すれば何台使っても同じ月額料金でひかりテレビを利用できます。

4K8K衛星放送や専門チャンネルが楽しめる「スカパー!」と同時契約すればテレビ接続工事料を無料できてお得です。

GMOとくとくBB光の契約と同時に加入することで20,000円のオプションキャッシュバックがもらえるので、ひかりテレビをお得に楽しめます。

GMOとくとくBB光公式:https://gmobb.jp/service/gmohikari/

\本サイト限定!最大126,000円キャッシュバック!/

そもそもGMOとくとくBB光とは

 GMOとくとくBB光

項目名サービス概要
契約期間なし
月額料金戸建て:4,818円

マンション:3,773円

契約事務手数料3,300円
解約違約金なし
通信速度下り最大1Gbqs以上
速度実測値※1下り:284.57Mbps

上り:221.12Mbps

支払い方法クレジットカード
キャッシュバック
  • 30,000円
  • 10ギガプラン:+11,000円
  • 乗り換え:+最大60,000円
  • オプション(GMOひかりTV):+20,000円
  • オプション(GMOひかり電話):+3,000円
  • インターネット安心セキュリティおよびスマホトラブルサポート+同時申し込み:+2,000円
その他特典工事費実質無料(36回分割払い相当分を月額割引)
提供エリア全国
運営会社GMOインターネットグループ株式会社

※料金はすべて税込表記

GMOとくとくBB光はフレッツ光の回線とGMOとくとくBBのプロバイダを利用した光コラボ回線です。

フレッツ光と同じ全国エリアで利用可能で、次世代技術のv6プラスを採用しているため快適な高速通信を楽しめます。

月額料金は戸建て4,000円台、マンション3,000円台と他社回線と比べて安く、スマホセット割が使えない格安SIMユーザーでも通信費を節約できます。

GMOとくとくBB光公式サイトから申し込むことで最大127,000円の高額キャッシュバックを受け取れるので、お得にGMOとくとくBB光を始められます。

GMOとくとくBB光の料金プラン詳細

プラン名月額料金
戸建てプラン4,818円
マンションプラン3,773円

※料金はすべて税込表記

GMOとくとくBB光の料金プランは戸建てとマンションの2種類あります。

戸建てプランは月額税込4,818円、マンションプランは月額税込3,773円と他社回線に比べてそれぞれ1,000円近く安いのが特長です。

継続利用しても料金が値上がりしないので、GMOとくとくBB光ならお得に長期契約したい方にぴったりです。

GMOとくとくBB光公式:https://gmobb.jp/service/gmohikari/

\本サイト限定!最大126,000円キャッシュバック!/

GMOとくとくBB光の評判に関するよくある質問と回答

GMOとくとくBB光の評判に関するよくある質問について以下に回答してみました。

  • GMOとくとくBB光のキャッシュバック金額が違うのはなぜですか?
  • GMOとくとくBB光は胡散臭いと言われているのはなぜですか?

同じような疑問をもっている方に向けて回答していきますのでぜひ参考にしてみてください。

GMOとくとくBB光のキャッシュバック金額が違うのはなぜですか?

GMOとくとくBB光では申し込み先のサイトによってキャッシュバック金額が異なります。

本記事で紹介している公式サイトから新規で申し込むと30,000円のキャッシュバックがもらえるので、高額キャッシュバックが欲しい方はぜひチェックしてみてください。

また新規申し込みと乗り換えでの申し込みでもらえるキャッシュバック額が違うため、もらえる金額を勘違いしている可能性があります。

くわしくは「【注意】キャッシュバックの最大表記について」の項を参考にしてみてください。

GMOとくとくBB光は胡散臭いと言われているのはなぜですか?

GMOとくとくBB光が胡散臭いと言われている理由には、通信品質の高さと月額料金の安さが両立していることが考えられます。

GMOとくとくBB光は次世代技術のv6プラスを採用しており、快適な高速通信が可能です。

くわえて月額料金が他社回線よりも安く、スマホセット割が使えない格安SIMユーザーでもお得に通信費を節約できます。

新規申し込みで30,000円のキャッシュバックももらえるので、GMOとくとくBB光はお得にインターネットを使いたい方におすすめです。

GMOとくとくBB光公式:https://gmobb.jp/service/gmohikari/

\本サイト限定!最大126,000円キャッシュバック!/

この記事を書いた人
福田ありさ

福田ありさ

ぴかまろ編集・ライティング担当。光回線の販売経験を活かして、インターネットサービスのあれこれをわかりやすくお伝えできるように日々奮闘しています。家でも光回線やスマホサービスを色々試しており、ユーザー目線でリアルな情報を発信できたらと思っています!よろしくお願いします。

NEWS PICKSはこちら