ドコモ光 gmoとくとくbbドコモ光×GMOとくとくBBの評判は?」
ドコモ光×GMOとくとくBBの料金は高い?」
ドコモ光×GMOとくとくBBは遅い・繋がらない?」
ドコモ光×GMOとくとくBBにおすすめのルーターは?」

ドコモ光は、フレッツ光の回線を利用したおすすめ光コラボサービスです。

NTT東日本・西日本のフレッツ光提供エリアで利用可能です。

ドコモ光を代理店窓口のGMOとくとくBBから申し込むと、キャンペーンで最大66,000円のキャッシュバックを受け取れます。

新規開通工事費無料キャンペーンや、IPv6に対応したルーターが無料レンタルできたりなど、お得なキャンペーンも多く開催されているのでおすすめです。

ドコモ光×GMOとくとくBBの特徴は、以下の通りです。

【ドコモ光×GMOとくとくBBの特徴】

  • 月額料金が安いプラン「タイプA」に対応している
  • キャッシュバックが最大66,000円
  • 最大17,000dポイントがもらえる
  • IPv6対応ルーターが無料でレンタルできる

※4/23からスペックアップの高性能Wi-Fiルーターがさらに追加!

この記事では、ドコモ光をGMOとくとくBBから申し込むとどのようなメリットがあるのか、なぜおすすめなのかを詳しく解説しています。

ドコモ光の申し込みはどこからすればいいかわからない!という方は、是非この記事を参考にしてみてください!

光回線名キャンペーン内容+おすすめポイント公式サイト
ドコモ光(代理店GMOとくとくBB) ドコモ光
  • 無条件で38,000円のキャッシュバック
  • 他社からの解約違約金15,000円キャッシュバック
  • 10ギガプランお申し込みで追加13,000円キャッシュバック(総額最大66,000円)
  • v6プラス対応高性能Wi-Fiルーターを無料レンタル
ドコモ光×GMO公式サイト
OCN インターネット OCNインターネット
  • 新規最大55,000円(10ギガ)のキャッシュバックがもらえる
  • NTTドコモが運営し、OCNはプロバイダ実績25年以上
OCN インターネット公式サイト

\現金最大66,000円キャッシュバックがお得!/

>ドコモ光10Gの評判はこちら
記事内の「実質月額」と「契約期間内の総額」は以下の計算式で算出しています。
※1:実質月額料金={(契約期間×月額料金)+初期費用(工事費・端末代・オプション料金・契約事務手数料など)-(キャッシュバック+月額料金割引)}÷契約期間
※2:契約期間内の総額={(契約期間×月額料金)+初期費用(工事費・端末代・オプション料金・契約事務手数料など)-(キャッシュバック+月額料金割引)}
実測値参考元:みんなのネット回線速度

目次

ドコモ光×GMOとくとくBBがおすすめな理由

ドコモ光 gmoとくとくbb おすすめ

ドコモ光を契約する際、プロバイダとしてGMOとくとくBBがおすすめな理由は5つあります。

数あるプロバイダの中で、なぜGMOとくとくBBがおすすめなのか、その理由について解説していきます。

月額料金が安いプロバイダだから

GMOとくとくBBは、ドコモ光プロバイダの中でも月額料金の安い「タイプA」に該当するプロバイダです。

ドコモ光で利用可能なプロバイダは、「タイプA」と「タイプB」に分けられますが、それぞれ月額料金に違いがあります。

分類月額料金
タイプA戸建て:5,720円

マンション:4,400円

タイプB戸建て:5,940円

マンション:4,620円

タイプAとタイプBは、月額料金に220円の差があります。

一見するとそこまで大きな差ではありませんが、2年契約の場合合計で5,280円もタイプAの方がお得に使えるのです。

ドコモ光×GMOとくとくBBの料金については「ドコモ光×GMOとくとくBBの料金は高い?」で詳しく解説していますので、こちらもあわせてご覧ください。

キャッシュバックが高額

ドコモ光をGMOとくとくBBから申し込むと、最大66,000円のキャッシュバックを受け取れます。

66,000円キャッシュバックの内訳は以下の通りです。

  • 38,000円キャッシュバック
  • 他社インターネットからの乗り換えで15,000円増額
  • ドコモ光10ギガプランに申し込みの場合、13,000円増額

誰でも受け取れる金額は38,000円ですが、ドコモ光乗り換え時や10ギガプランを検討している方は、より高額なキャッシュバックが受け取れます。

ドコモ光×GMOとくとくBBのキャッシュバックについては「ドコモ光×GMOとくとくBBのキャッシュバックはお得?」でも詳しく解説していますので、あわせてお読みください。

ドコモ光のキャッシュバックについて詳しくはこちら

キャンペーンが豊富

ドコモ光をGMOとくとくBBから申し込むと、ドコモ光の公式キャンペーンとGMOとくとくBBのプロバイダキャンペーンが併用でき、9つのキャンペーンが利用可能です。

  • 最大66,000円キャッシュバック
  • 新規工事費無料
  • v6プラス対応のWi-Fiルーターが無料※4/23からスペックアップの高性能Wi-Fiルーターがさらに追加!
  • モバイルWi-Fiルーターが最大3ヶ月無料レンタル
  • 最大17,000dポイントプレゼント
  • ドコモのスマホセット割
  • 乗り換え時に発生する他社解約違約金負担
  • 訪問サポート無料
  • セキュリティソフト1年間無料

これらのキャンペーンを利用すれば、よりお得にドコモ光を始められます。

Wi-Fiルーターをこれから用意しようと考えている人向けに、v6プラスに対応したルーターの無料レンタルも行っているので、初期費用が抑えられますよ。

ドコモ光のキャンペーンについて、詳しくは「ドコモ光×GMOとくとくBBのキャンペーン一覧」で解説していますので、あわせてお読みください。

ドコモ光のキャンペーンについて詳しくはこちら

通信速度の向上を常に目指している

GMOとくとくBBは、ドコモ光で利用可能なプロバイダの中でも比較的早い速度で利用でき、その通信速度を改善するために努力しているプロバイダです。

GMOとくとくBBはドコモ光で利用可能なプロバイダの中でも、v6プラスに対応しています。

今後も通信速度がさらに改善されていくことが期待されるので、通信速度重視の方も満足できるプロバイダと言えるでしょう。

ドコモ光×GMOとくとくBBの速度に関しては「ドコモ光×GMOとくとくBBの速度は遅い?」で解説していますので、あわせてお読みください。

ドコモ光の評判についてはこちら

契約者の満足度が高い

GMOとくとくBBは契約者の満足度も高いプロバイダです。

主なオリコンランキングの受賞歴は、以下の通りとなります。

この他にも、ネット上での意見には以下のようなものが見られました。

  • サポート対応がよかった
  • スマホゲームやPCゲームも問題なくできている
  • 料金が安くて助かっている
  • キャッシュバックがお得

実際に利用している人の口コミを見て決めたい!という人も、これなら安心して契約できますね。

ドコモ光×GMOとくとくBB:https://gmobb.jp/service/docomohikari/

\当サイト限定!最大66,000円キャッシュバック!/

ドコモ光×GMOとくとくBBの速度は遅い?

ドコモ光 gmoとくとくbb 速度 遅い

ドコモ光×GMOとくとくBBの速度は、遅くなくむしろ十分な速度が出ていると言えます。

ドコモ光×GMOとくとくBB下り:267.95Mbps

上り:307.09Mbps

Ping値:19.28ms

ドコモ光をGMOとくとくBBを利用して接続した場合の実測値は、上記の通りです。

この速度が出ていれば、SNSの閲覧はもちろん動画視聴も満足できる速度が出ていると言えます。

プレイするのに速度や安定性が必要となるオンラインゲームも、快適に遊べる可能性が高いので、速度重視の方にもおすすめの光回線と言えるでしょう。

>ドコモ光のオンラインゲームの評判についてはこちら

ドコモ光×GMOとくとくBBと他社光回線の速度を比較

ドコモ光×GMOとくとくBBの実測値を、他社光回線と比較してみると、以下のようになります。

光回線実測値
ドコモ光×GMOとくとくBB下り:267.95Mbps

上り:307.09Mbp

s

ソフトバンク光下り:289.08Mbps

上り:302.9Mbps

ビッグローブ光下り:232.31Mbps

上り:245.85Mbps

GMOとくとくBB光下り:218.09Mbps

上り:274.57Mbps

auひかり下り:499.84Mbps

上り:512.52Mbps

NURO光下り:584.08Mbps

上り:588.49Mbps

主な光回線の実測値と比較しても、ドコモ光×GMOとくとくBBはインターネットの利用に十分な速度が出ていることがわかります。

auひかりやNURO光はドコモ光と違い、独自回線を利用してサービスを提供しているため、実測値が目に見えて速いです。

より速度を求めるのであれば、他のサービスもあわせて検討してみてください。

上記の速度は、測定する場所や時間帯もバラバラなため、実際に利用した場合にこの速度がでない可能性もあります。

数値についてはあくまでも目安とお考え下さい。

使用用途速度の目安
メール・LINE128kbps~1Mbps
WEBサイトの閲覧3Mbps~10Mbps
動画の視聴5Mbps~25Mbps
オンラインゲーム30Mbps〜100Mbps

上記は、使用用途別の速度目安となります。

ドコモ光の速度は、速度を必要とするオンラインゲームであっても、十分に使える速度が出ていると言えます。

ドコモ光×GMOとくとくBBの速度が遅い・繋がらない場合の対処法

ドコモ光×GMOとくとくBBの速度が遅い、または繋がらない場合は、次の3つの対処法を試してみてください。

上記の方法を試してみても改善されない場合は、ドコモ光・GMOとくとくBBのサポートセンターへ連絡しましょう。

ドコモ光サポートセンタードコモの携帯電話から:151

ドコモの携帯電話以外から:0120-800-000

受付時間:9時〜20時(年中無休)

GMOとくとくBBサポートセンター電話番号;0570-045-109

受付時間:10時〜19時

ドコモ光・GMOとくとくBBの障害情報を確認する

ドコモ光かGMOとくとくBBで通信障害やメンテナンスが発生している場合、インターネットの通信ができなくなるため、まずはこの情報を確認しましょう。

上記のリンク先から、メンテナンス情報を確認できます。

必ず、ドコモ光とプロバイダのGMOとくとくBB両方の情報を確認してください。

障害が発生していたり、メンテナンスの時間帯だった場合、復旧するのを待ちましょう。

LANケーブルを最新のものに変更してみる

ルーターと端末をLANケーブルで繋いでいる方は、ケーブルを新しくすることで、通信速度が改善する場合があります。

LANケーブル自体に破損が見られたり、経年劣化している場合、通信速度が低下する恐れがあるため、必ず確認しましょう。

別のプロバイダへ乗り換える

どうしても速度が上がらなかったり、接続状況が悪いという場合は、ドコモ光プロバイダの変更も検討してみましょう。

GMOとくとくBBは、ドコモ光の中でも実測値平均が速いプロバイダですが、速度の面だけで比較するとGMOとくとくBBよりも早いプロバイダは存在します。

プロバイダを乗り換える場合、手数料が発生しますがこちらについては「別プロバイダに変更する場合手数料が発生する」の項目で詳しく解説していますので、あわせてお読みください。

IPv6を使っても速度が遅い場合はどうするべき?

IPv6を利用するためには、対応しているルーターが必要となります。

せっかくv6プラスに対応しているプロバイダを選択していても、ルーターがv6プラスに対応していなければIPv6に接続することができないからです。

ドコモ光×GMOとくとくBBでは、IPv6に対応したルーターが無料レンタルできるキャンペーンが開催されています。

どのルーターを選べばいいかわからない人も、このキャンペーンを利用すれば迷うことなく対応ルーターを手に入れられるのでおすすめです!

※4/23からスペックアップの高性能Wi-Fiルーターがさらに追加!

ドコモ光×GMOとくとくBB:https://gmobb.jp/service/docomohikari/

\当サイト限定!最大66,000円キャッシュバック!/

ドコモ光×GMOとくとくBBの料金は高い?

ドコモ光 gmoとくとくbb 料金 高い

ドコモ光×GMOとくとくBBの料金は、他の光回線と比較しても平均的な月額料金です。

月額料金戸建て:5,720円

マンション:4,400円

実質月額料金戸建て:3,357円

マンション:2,037円

最大66,000円のキャッシュバックを含めた実質月額料金を見てみても、これだけ安くドコモ光を使えることがわかります。

さらに、ドコモ・irumo・eximoのユーザーは、月額最大1,100円割引のスマホセット割が適用されるため、よりお得に利用可能です。

ドコモ光×GMOとくとくBBと他社光回線の料金・実質料金を比較

実際にドコモ光×GMOとくとくBBと、他社光回線の月額料金と実質月額料金を比較した表が下記となります。

光回線月額料金実質月額料金
ドコモ光×GMOとくとくBB戸建て:5,720円

マンション:4,400円

戸建て:3,357円

マンション:2,037円

ソフトバンク光戸建て:5,720円

マンション:4,180円

戸建て:4,190円

マンション:2,650円

ビッグローブ光戸建て:5,478円

マンション:4,378円

戸建て:4,236円

マンション:3,140円

GMOとくとくBB光戸建て:4,818円

マンション:3,773円

戸建て:3,548円

マンション:2,503円

※工事費の支払いが終わる3年利用時で計算

auひかり【戸建て】

1年目:5,610円

2年目:5,500円

3年目以降:5,390円

【マンション】

4,180円

戸建て:3,591円

マンション:2,271円

NURO光【戸建て】

G2Tプラン(3年契約):5,200円

G2Dプラン(2年契約):5,700円

【マンション】

M2Tプラン(3年契約):2,090〜2,750円

M2Dプラン(2年契約):2,530〜3,190円

【戸建て】

G2Tプラン:4,041円

G2Dプラン:3,962円

【マンション】

M2Tプラン:2,147円

M2Dプラン:2,285円

このように見てみると、ドコモ光は月額料金は他社よりも少し高いですが、実質月額料金は安いほうだという事がわかりますね。

ドコモ光×GMOとくとくBBでは、最大66,000円のキャッシュバックキャンペーンが開催されているため、実質月額料金が安くなります。

できるだけ安い料金で光回線を使いたいと考えている人は、実質月額料金の方を見て比較してみてください。

ドコモ光×GMOとくとくBBは全光回線の中でも実質料金が安い

ドコモ光×GMOとくとくBBは、全光回線の中でも、実質月額料金が安い光回線です。

他社と比較しても高額な、最大66,000円のキャッシュバックが、実質料金を安くしている大きなポイントとなっています。

このキャンペーン以外にも、新規開通工事費無料キャンペーンやWi-Fiルーター無料レンタルと、魅力的なキャンペーンが多く開催されているのも特徴です。

実質料金が安い光回線を探している方は、是非ドコモ光をご検討ください。

ドコモ光×GMOとくとくBBはドコモユーザーならさらに安くなる

ドコモ光は、ドコモ・irumo・eximoユーザーであれば、毎月最大1,100円のスマホセット割が適用されます。

スマホの料金プランにより割引額は異なりますが、条件を満たしていればこの割引が永年続きます。

契約者だけでなく、同居している家族の端末も対象となるため、家族4人が対象となれば毎月4,400円の割引になるので、通信費の節約に繋がります。

ドコモ・irumo・eximoのセット割が適用されるのはドコモ光のみなので、これらのスマホユーザーの方はドコモ光が最もおすすめと言えます。

詳しいプランごとの割引額や、条件については「ドコモのスマホセット割」の見出しで解説していますので、あわせてご覧ください。

ドコモ光×GMOとくとくBBは本当に安い?プロバイダごとの料金を比較

GMOとくとくBBは、月額料金の安いタイプAに属するプロバイダです。

ドコモ光の料金は、選ぶプロバイダによって「タイプA」「タイプB」「単独プラン」と組み分けられ、それぞれ料金が異なります。

分類対象プロバイダ月額料金
タイプA
  • GMOとくとくBB
  • ドコモnet
  • andline
  • @nifty
  • SIS
  • ic-net
  • hi-ho
  • BBエキサイト
  • BIGLOBE
  • Tigers-net
  • エディオンネット
  • SYNAPSE
  • 楽天ブロードバンド
  • DTI
  • @ネスク
  • TiKiTiKi
戸建て:5,720円

マンション:4,400円

タイプB
  • @TCOM
  • AsahiNet
  • TNC
  • @ちゃんぷるネット
  • WAKWAK
戸建て:5,940円

マンション:4,620円

単独プラン契約者自身が選定戸建て:5,500円+プロバイダ料金

マンション:4,180円+プロバイダ料金

月額料金だけを見てしまうと、単独プランが一見安そうに見えますが、このプランは自分で契約したプロバイダ料金がこの金額に上乗せとなるので、割高となります。

【ドコモ光の単独プランとは】
ドコモ光の契約時にフレッツ光回線のみを契約するプランの事。他の光回線で利用していたプロバイダを継続して利用したい人におすすめですが、料金が割高となる点に注意が必要です。

GMOとくとくBBは月額料金の安いタイプAのプロバイダで、キャッシュバックキャンペーンもお得なため、お得に利用が可能です。

ドコモ光のおすすめプロバイダについてはこちら

ドコモ光×GMOとくとくBBの料金が高い場合の対処法

ドコモ×GMOとくとくBBの料金が高い場合、対処法として3つの方法が挙げられます。

これらの対処法について、詳しく見ていきましょう。

タイプAのプロバイダを利用する

ドコモ光は、選んだプロバイダによって月額料金が変わります。

自分が契約しているプロバイダが、タイプAとタイプBのどちらに属しているか確認しましょう。

月額料金が安いのは「タイプA」のプロバイダです。

タイプBのプロバイダとは、月額料金に200円の差がありますので、少しでも料金を安く抑えたい人は、タイプAのプロバイダを選びましょう。

スマホセット割が適用されているか確認する

ドコモ光では、毎月のスマホ料金が最大1,100円割引となる、スマホセット割が適用可能です。

申し込みが必要な割引となるので、対象プランを利用している方は下記の方法を利用して申し込み手続きを行いましょう

  • ドコモショップで店頭申し込み
  • ドコモインフォメーションセンターへ連絡(ドコモ携帯から:151、一般電話:0120-800-000)

詳しいプランごとの割引額や、適用条件については「ドコモのスマホセット割」で解説していますので、あわせてご覧ください。

不要な有料オプションが付いていないか確認する

月額料金が高いと感じる場合は、不要な有料オプションに契約していないかも確認しましょう。

オプションは下記の方法で確認・解約の手続きができます。

  • Mydocomoにアクセスして解約
  • ドコモインフォメーションセンター(ドコモ携帯から:151、一般電話:0120-800-000)へ連絡
  • ドコモショップで解約

Mydocomoからであれば、自宅でいつでも簡単に手続きができるためおすすめです。

解約の際に確認事項がある場合は、対面のドコモショップやインフォメーションセンターを活用しましょう。

ドコモ光×GMOとくとくBB:https://gmobb.jp/service/docomohikari/

\当サイト限定!最大66,000円キャッシュバック!/

ドコモ光×GMOとくとくBBのキャッシュバックはお得?

ドコモ光 gmoとくとくbb キャッシュバック

ドコモ光を申し込む際、申し込みの代理店窓口は数多くありますが、その中でもキャッシュバックがあるのは7つの窓口となります。

まずは、その窓口ごとのキャッシュバックについて比較してみましょう。

代理店名キャッシュバック額
GMOとくとくBB最大66,000円
NNコミュニケーションズ最大20,000円
@nifty最大35,000円
Wiz最大20,000円
ドコモオンラインコンシェルジュ最大40,000円
ネットナビ最大20,000円
ディーナビ最大95,000円

当記事でおすすめしているGMOとくとくBBは、キャッシュバックキャンペーンを開催している代理店窓口の中でも、高額なキャッシュバックが用意されています。

ディーナビの金額に負けてしまう部分はありますが、ディーナビはキャッシュバックの受け取り条件に有料オプションの契約が含まれているので注意が必要です。

GMOとくとくBBの最大66,000円キャッシュバックは、有料オプションの加入なしで受け取れるので安心ですよ。

ドコモ光×GMOとくとくBBのキャッシュバックがおすすめな理由

ドコモ光×GMOとくとくBBのキャッシュバックをおすすめする理由は、全部で3つあります。

それぞれの理由について、詳しく解説していきます。

他社光回線キャッシュバックとの比較については「ドコモ光×GMOとくとくBBと他社光回線のキャッシュバックを比較」で解説していますので、合わせてご覧ください。

金額が高額

ドコモ光×GMOとくとくBBのキャッシュバックは、最大66,000円と高額なのが特徴です。

すべての人が受け取れるのは38,000円ですが、特定の条件を満たすと、キャッシュバックが増額となります。

  • 他社インターネットからの乗り換えで15,000円増額
  • ドコモ光10ギガプランに申し込みの場合、13,000円増額

上記2つの条件に当てはまる方は、最大66,000円のキャッシュバックを受け取れます。

受け取り条件として有料オプションの契約がなく、複雑な手続きの必要もありません。

受け取り時期がはやい

ドコモ光×GMOとくとくBBのキャッシュバックの受け取りは、開通から5ヶ月後と他のサービスと比較しても、はやいのが特徴です。

キャッシュバックの手続きは、申し込みから期間が空けばあくほど受け取り忘れの確率が高くなります。

受け取り忘れが怖いという人は、受け取り時期が比較的早い窓口を選ぶのがおすすめですよ。

受け取り方法が簡単

ドコモ光×GMOとくとくBBのキャッシュバックは、受け取り方法が簡単で分かりやすいです。

キャッシュバックは、以下の手順で受け取れます。

  • 開通月から3ヶ月目までに違約金明細の写真を提出
  • 開通月から4ヶ月目に届く案内メールで振込先を指定
  • 翌月末日にキャッシュバックが指定口座に振り込み

難しい手続きは必要ありませんが、1点注意事項があるとすれば、案内メールを見逃さないようにすることです。

案内メールは、普段利用しているアドレスに送られてくるのではなく、GMOとくとくBBの専用メールアドレスに送られてきます。

転送設定をしたり、該当月にリマインダー機能を設定したりして見落としに注意しましょう。

ドコモ光×GMOとくとくBBと他社光回線のキャッシュバックを比較

光回線キャッシュバック
ドコモ光×GMOとくとくBB最大66,000円
ソフトバンク光最大68,800円
ビッグローブ光最大48,000円
GMOとくとくBB光最大126,000円
auひかり最大72,000円
NURO光最大45,000円

ドコモ光×GMOとくとくBBのキャッシュバックを、その他の光回線を比較すると、上記のようになります。

いずれも最大表記となっているため、申し込み状況によってはこの金額が貰えないこともあるためご注意ください。

キャッシュバックだけならより高額な光回線がある

キャッシュバックの金額だけで判断すると、ドコモ光よりも高額な光回線があります。

しかし、他サービスよりキャッシュバックが低くても、スマホセット割を利用することによって、毎月の通信費をかなり節約可能です。

最大1,100円の割引を受けられる人であれば、ドコモ光の契約期間内に26,400円のスマホ料金が割引されます。

そのため、光回線を選ぶときはキャッシュバックの金額だけに着目せず、お手持ちのスマホキャリアに合わせてスマホセット割が適用される光回線を選ぶのが長期的に見てもおすすめです。

ドコモ光×GMOとくとくBB:https://gmobb.jp/service/docomohikari/

\当サイト限定!最大66,000円キャッシュバック!/

ドコモ光×GMOとくとくBBのキャンペーン一覧

ドコモ光をGMOとくとくBBから申し込んだ場合に適用されるキャンペーンは、全部で9つあります。

これらのキャンペーンについて、内容や条件等を詳しく見ていきましょう!

最大66,000円キャッシュバック

ドコモ光×GMOとくとくBBでは、最大66,000円のキャッシュバックキャンペーンを開催しています。

キャンペーン内容最大66,000円キャッシュバック
受け取り時期最短5ヶ月後
適用条件【38,000円キャッシュバック】

  • GMOとくとくBBのドコモ光(2年定期契約プラン)を申し込む
  • 申込月を含む5ヶ月以内に開通する
  • GMOとくとくBBの指定の方法で「キャッシュバック受け取り手続き」を完了する

【他社インターネットからの乗り換えで15,000円特典増額】

  • ドコモ光(2年定期契約プラン)の申込みと同時に本特典の適用を希望する
  • 申込み時に、他社インターネット回線を利用している
  • ドコモ光の申込みからドコモ光の回線開通月を1ヶ月目として3ヶ月目の末日までに他社サービスを解約し、指定の方法で他社サービスの解約違約金明細の写真を提出する

【10ギガプラン契約で13,000円特典増額】

  • ドコモ光の10ギガプランに申し込む
  • WEB申込み完了後に折り返し電話で10ギガプラン希望の旨を伝える
  • GMOとくとくBBの指定の方法で「キャッシュバック受け取り手続き」を完了する
注意事項
  • 既にドコモ光を利用していて、プロバイダをGMOとくとくBBに変更する場合は対象外
  • キャッシュバック特典の付与時期に解約となっていた場合は特典の適用外
  • キャッシュバックの案内メールより、指定期日までに受け取り口座の指定が無い場合は対象外となる

このキャッシュバックは、開通から最短5ヶ月後に受け取れます。

GMOとくとくBB以外の窓口から申し込んだ場合は、キャッシュバック額が異なりますのでご注意ください。

また、受け取りの際には開通から4ヶ月後に、GMOとくとくBBの専用アドレス宛に送られてくる案内メールから、受け取り口座の登録をする必要があります。

案内メールを見逃してしまうと、せっかくのキャッシュバックが受け取れなくなってしまうので、転送設定やリマインダー機能を利用して、受け取り忘れを防止しましょう。

新規工事費無料

ドコモ光の公式キャンペーンとして、新規工事費無料キャンペーンが開催されています。

キャンペーン内容ドコモ光を新規で開通する方の工事費が完全無料
適用条件
  • 「ドコモ光1ギガ」または「ドコモ光10ギガ」 を新規で申込み、申込み月含む7か月以内に利用開始する
注意事項
  • 「ドコモ光電話」などのオプション工事料、土日・祝日工事の追加工事料、工事内容によって発生する追加料金は特典対象外
  • フレッツ光または提携CATVのインターネット接続サービスからのきりかえ・設置場所の移転のお申込みの場合は対象外

他社サービスとの大きな違いは、実質無料ではなく「完全無料」となる点です。

実質無料キャンペーンの場合、分割払い期間中に解約をしてしまうと、残りの残債を一括で請求されますが、ドコモ光の場合はそのような請求がありません。

土日祝日の追加料金や、オプションにより発生する工事は対象外となりますのでご注意ください。

v6プラス対応のWi-Fiルーターが無料※4/23からスペックアップの高性能Wi-Fiルーターがさらに追加!

ドコモ光をGMOとくとくBBから申込みの方は、v6プラスに対応しているWi-Fiルーターを0円でレンタルできます。

キャンペーン内容
  • ドコモ光1ギガを契約の方:v6プラス対応の高性能なWi-Fiルーターを0円レンタル
  • ドコモ光10ギガを契約の方:10ギガ対応で最大4803MbpsのWi-Fiルーターを月額309円でレンタル
適用条件
  • ドコモ光1ギガ、またはドコモ光10ギガに申し込みをした方
  • Wi-Fiレンタルキャンペーンの申し込みをBBnaviから申し込んだ方
注意事項
  • Wi-Fiルーター申込後の希望端末の変更はできません
  • GMOとくとくBBの会員お一人さまにつき、1回のみ利用可能
  • 解約時には端末の返却が必要

v6プラスを利用するためには、対応しているルーターを選ばなければいけませんが、インターネット初心者の方は一体どれを選べばいいか迷うと思います。

今お手持ちのルーターを買い替えようとしている人も、このキャンペーンを利用すれば、無料でWi-Fiルーターをレンタルできるため、初期費用が削減されますよ。

10ギガを契約された場合も、2年間の継続利用総額は9,360円となっており、市販のルーターを購入するよりも安い価格でレンタルが可能なので、おすすめのキャンペーンです。

v6プラスとは?なぜ速度が速くなる?

v6プラスは、よりインターネットを快適に利用可能な次世代の通信方式です。

一般的な通信方法では、夜間や休日といった利用者が増える時間帯に回線の混雑が発生し、通信速度が遅くなってしまいます。

v6プラスの場合、このような渋滞状況が起こりにくい接続方式を取っているため、混雑する時間帯でもスムーズなインターネット利用が可能です。

GMOとくとくBBのプロバイダは、v6プラスに対応しているので、上記レンタルキャンペーンを活用して快適にインターネットが利用できる可能性が高いです。

モバイルWi-Fiルーターが最大3ヶ月無料レンタル

ドコモ光をGMOとくとくBBから申し込むと、インターネットが開通するまでモバイルWi-Fiルーターが最大3ヶ月無料でレンタルできます。

キャンペーン内容ドコモ光開通前モバイルWi-Fiルーターが最大3ヶ月無料レンタル
適用条件
  • GMOとくとくBBからドコモ光を申し込んだ方
  • ドコモ光申し込み後にオペレーターへ「モバイルWi-Fiレンタルご利用希望」と伝えた方
注意事項
  • GMOとくとくBB以外からの申し込みは対象外
  • 無料期間は端末発送月+2ヶ月目の末日まで
  • 無料期間後も月額4,950円で引き続き利用可能

こちらは、開通までインターネットが使えない状況が困る…という人におすすめのキャンペーンです。

端末発送月を含む2ヶ月目の末日まで、モバイルWi-Fiが無料で使えますが、3ヶ月目以降は月額料金が発生するため注意が必要です。

最大17,000dポイントプレゼント

NTTドコモの特典として、登録プランに応じて最大17,000dポイントがプレゼントされます。

キャンペーン内容
  • ドコモ光1ギガ申し込み:2,000dポイントプレゼント
  • ドコモ光10ギガ申し込み:17,000dポイントプレゼント
適用条件
  • ドコモ光の2年契約プランを申し込む
  • 申込み月含む7ヶ月間以内に利用を開始する
  • ドコモ光利用者がdポイントクラブ会員またはドコモビジネスプレミアクラブ会員であること
  • 利用開始月の2ヶ月後の月末時点でドコモ光を利用中であること
注意事項
  • 「ポイント交換商品(賞品が当たる抽選、JALマイルへの交換含む)」、「ケータイ料金の支払い」、「データ量の追加」には利用不可
  • 進呈されるdポイントの有効期限は進呈月含む6か月目まで

このdポイントは、使用用途が決められており、注意事項に記載した方法には利用できません。

また、有効期限も進呈月を含む6ヶ月目までと定められているため、期間内に利用するようにしましょう。

ドコモ光×GMOとくとくBB:https://gmobb.jp/service/docomohikari/

\当サイト限定!最大66,000円キャッシュバック!/

ドコモのスマホセット割

ドコモ光では、ドコモ・irumo・eximoを利用している方向けに、ドコモ光セット割が適用されます。

ドコモのスマホセット割
スマホ料金プラン割引額
eximo1,100円割引
irumo9GB1,100円割引
6GB1,100円割引
3GB1,100円割引
0.5GB割引なし
5Gギガホ プレミア1,100円割引
5Gギガホ1,100円割引
ギガホ プレミア1,100円割引
ギガホ1,100円割引
5Gギガライト

/ギガライト

ステップ4:~7GB1,100円割引
ステップ3:~5GB1,100円割引
ステップ2:~3GB550円
ステップ1:~1GB割引なし

上記プランに当てはまる人は、毎月最大1,100円のスマホ料金割引が受けられるため、必ず申請をしましょう。

スマホセット割の申請は、ドコモショップで店頭申し込みか、インフォメーションセンター(ドコモ携帯から:151、一般電話:0120-800-000)から可能です。

乗り換え時に発生する他社解約違約金負担

先程、「最大66,000円キャッシュバック」の箇所でもご紹介しましたが、この内訳の中に、他社サービスから乗り換える場合15,000円のキャッシュバック増額キャンペーンがあります。

キャンペーン内容他社サービスからドコモ光へ乗り換える場合15,000円キャッシュバック増額
適用条件
  • ドコモ光(2年定期契約プラン)の申込みと同時に本特典の適用を希望する
  • 申込み時に、他社インターネット回線を利用している
  • ドコモ光の申込みからドコモ光の回線開通月を1ヶ月目として3ヶ月目の末日までに他社サービスを解約し、指定の方法で他社サービスの解約違約金明細の写真を提出する
注意事項
  • 申し込み時点で他社サービスを既に解約している場合は対象外
  • 他社サービス解約時に発生する解約金・撤去費用の証明書が必須
還元対象
  • インターネット回線、テレビ、電話等の施設撤去に関わる費用や解約金
  • インターネット回線の長期割引等にかかわる解約金
  • 現在利用中のインターネット回線工事費の残債
  • ドコモ光に変更する際の、プロバイダ解約にかかる解約料
  • 他社固定電話からNTTアナログ回線への切り替え時発生する工事料

他社サービスを解約する際に、解約違約金が発生してしまう人も、このキャンペーンを利用すれば違約金を気にせず乗り換えられます。

適用する為には、申し込み時の申請と、違約金の証明書の提出が必要となりますので対象の方は手続きを忘れずに行いましょう。

訪問サポート無料

ドコモ光の申込者限定で、「ドコモ光専用訪問サポート」が初回のみ無料で利用可能です。

キャンペーン内容「ドコモ光専用無料訪問サポート」が初回のみ無料
適用条件2018年12月1日以降にドコモ光を申し込んだ方

開通月から12ヶ月後末日までに利用した方

注意事項
  • 一部地域では別途交通費が発生する
  • 無料範囲を超える作業の場合は、別途料金が請求される
  • 利用者の都合により作業ができなかった場合、6,600円の請求が発生する
対象作業内容
  • インターネット接続設定:各1台
  • Wi-Fi設定:Wi-Fi親機1台+子機1台
  • メール設定:1アカウント
  • ひかりTV接続設定:各1台
  • dtvインストール・接続設定:各1台

インターネットの接続設定に不安がある人も、このサービスを利用すれば安心してドコモ光を始められます。

利用は開通から12ヶ月後の末日までとなっているので、気になる方は早めのご利用がおすすめです。

セキュリティソフト1年間無料

GMOとくとくBBからの申し込みで、月額550円のセキュリティソフト「マカフィーマルチアクセス」が1年間無料で利用できます。

キャンペーン内容「マカフィーマルチアクセス」が1年間無料
適用条件
  • GMOとくとくBBから申し込む
  • BBnaviからキャンペーンを申し込む
注意事項
  • 無料期間最終月の20日までにBBnaviから解約手続きをしない場合、翌月から月額料金が発生する

申し込み月を含む1年間、セキュリティソフトが無料で使えるので、セキュリティ面に不安がある人も安心して利用が可能です。

ドコモ光×GMOとくとくBB:https://gmobb.jp/service/docomohikari/

\当サイト限定!最大66,000円キャッシュバック!/

ドコモ光×GMOとくとくBBにおすすめのルーター

ドコモ光 gmoとくとくbb おすすめルーター

ドコモ光×GMOとくとくBBにおすすめのルーターは「BUFFALO WSR-2533DHPLS」です。

名称WSR-2533DHPLS
データ転送速度(規格値)最大1733Mbps
無線LAN規格IEEE802.11a/b/g/n/ac
アンテナ方式5GHz/2.4GHz 4本(内蔵)
外形寸法36.5x160x160mm

このルーターは、GMOとくとくBBのWi-Fiレンタルサービスでも提供されているルーターで、v6プラスの通信に対応しています。

複数端末の同時通信を可能にする「MU-MIMO」に対応していて、最大4端末が同時通信でき、かつ安定した速度で楽しめます。

※4/23からスペックアップの高性能Wi-Fiルーターがさらに追加!

ドコモ光×GMOとくとくBB:https://gmobb.jp/service/docomohikari/

\当サイト限定!最大66,000円キャッシュバック!/

ドコモ光×GMOとくとくBBの注意点

ドコモ光 gmoとくとくbb 注意点

ドコモ光×GMOとくとくBBを利用する際に注意が必要な事は、全部で3つあります。

契約後に「そうだったの!?」とならないよう、ここでしっかりと確認しておきましょう。

ルーターのレンタルには手続きが必要

ドコモ光×GMOとくとくBBでルーターをレンタルする場合、手続きが必要となります。

以下の3つから、お好きな方法で申し込みをおこなってください。

各リンク先から、詳しい手続き方法が確認できます。

いずれの方法も24時間受付となっているため、お好きな時に申し込みが可能です。

クレジットカード払いがおすすめ

ドコモ光の支払いは、クレジットカードがおすすめです。

中でも「dカードGOLD」の支払いがお得で、ドコモの料金(ドコモのスマホおよびドコモ光の料金)が10%還元されます。

年会費が11,000円となっていますが、この還元を利用すれば年会費分のポイントを回収することができますよ。

別プロバイダに変更する場合手数料が発生する

ドコモ光は、利用途中でもプロバイダのみを変更できますが、手数料が発生します。

変更手続きパターン手数料
  • タイプA→A、タイプB→Bへの変更
  • タイプA→Bへの変更
  • タイプB→Aへの変更
  • タイプAまたはB→単独プランへの変更
3,300円
単独プランからタイプA、またはBへの変更無料

通常3,300円の事務手数料が発生しますが、単独プランを利用している方が、タイプA・Bのプロバイダへ変更する場合に限り、手数料が無料となります。

改めて工事を行う必要はありませんが、プロバイダによっては解約違約金が発生するサービスもあるため、注意が必要です。

ドコモ光×GMOとくとくBB:https://gmobb.jp/service/docomohikari/

\当サイト限定!最大66,000円キャッシュバック!/

ドコモ光×GMOとくとくBBの申し込みからキャッシュバック受け取りまでの流れ

ドコモ光をGMOとくとくBBから申し込み、キャッシュバックを受け取るまでの流れを2つにパターンでご紹介しています。

申し込み時の状況に応じて、開通までの流れが異なりますので、ご自身にあったほうをご覧ください。

新規申し込みの場合

ドコモ光 gmoとくとくbb 新規申し込み手順

ドコモ光をGMOとくとくBBから新規で申し込む場合の手順は、全部で6ステップとなります。

それぞれの手順について、詳しく解説していきます。

「GMOとくとくBB公式ページ」にアクセスし、新規申込をする

ドコモ光を、GMOとくとくBBの公式ページから申し込みます。

必要事項を記入して、簡単なアンケートに答えるだけでOKです。

後日折り返しの連絡が来ますが、連絡の希望日時を第3希望まで入力できるため、電話に出られる時間帯を選択してください。

ドコモ光×GMOとくとくBB:https://gmobb.jp/service/docomohikari/

\当サイト限定!最大66,000円キャッシュバック!/

GMOとくとくBBから申し込み内容の確認の電話がくる

申し込み内容を送信すると、後日GMOとくとくBBから申し込み内容の確認電話がかかってきます。

この電話に出られないと、手続きが先へ進まなくなってしまうのでご注意ください。

  • 10ギガプランの利用を検討している方
  • Wi-Fiルーターのレンタルキャンペーンを利用したい方
  • モバイルWi-Fiのレンタルを希望する方

上記のいずれかに当てはまる方は、この折り返し電話のタイミングで、利用する旨をオペレータまでお伝えください。

また、折り返しの連絡時に開通工事日の打ち合わせを行いますので、あらかじめ都合の良い日をピックアップしておくのがおすすめです。

開通工事をする

ドコモ光の開通工事は、立ち合いが必要となります。

工事日当日に不在の場合は工事が行えず、開通までの時間がさらに伸びてしまうため必ず立ち会える日を選びましょう。

工事の時間の目安は1時間〜2時間程となります。

接続機器の初期設定をして利用開始

工事が完了したら、接続機器の初期設定をして利用を開始します。

Wi-Fiルーターの初期設定は、利用者自身で行う必要がありますが、説明書が同梱されているため、それを見ながら作業していきます。

万が一、ご自身での作業に不安がある場合は、初回利用が無料となる「ドコモ光専用無料訪問サポート」を活用しましょう。

開通月を含む4ヶ月後に届く「キャッシュバック案内メール」をチェックする

ドコモ光が無事開通したら、その月を含めて4ヶ月後に、GMOとくとくBBの専用メールアドレス宛に「キャッシュバックの案内メール」が届きます。

開通から少し時間が空くので、リマインダー機能を設定して該当月に気づきやすいようにする工夫が必要です。

案内メールも、普段利用しているアドレスに送られてくるわけではないので、あらかじめ転送設定をしておくと安心ですよ。

案内メールが届いたら、手続きに従ってキャッシュバックの振込口座の登録をしましょう。

振込先口座指定後の翌月末日にキャッシュバックが振り込まれる

振込先口座に相違が無ければ、翌月末日にキャッシュバックが口座に振り込まれます。

口座情報に誤りがあると、正しく振り込みがされないため注意が必要です。

乗り換え(転用・事業者変更)の場合

ドコモ光 gmoとくとくbb 乗り換え手順

ドコモ光をGMOとくとくBBから乗り換え(転用・事業者変更)で申し込む場合の手順は、全部で7ステップです。

それぞれの手順について、詳しく解説していきます。

現在利用しているサービスから「事業者変更承諾番号」を取得する

転用や事業者変更でドコモ光を申し込む場合、申し込み前に現在利用しているサービスから「事業者変更承諾番号」を取得します。

発行する際には、3,300円程度の手数料が発生しますが、料金はサービスにより異なる場合があります。

発行から15日という有効期限も定められているので、取得したら乗り換えの手続きを速やかに始めましょう。

「GMOとくとくBB公式ページ」にアクセスし転用・事業者変更で申し込む

承諾番号を取得したら、GMOとくとくBBの公式ページから、転用・事業者変更でドコモ光を申し込みます。

この場合も新規申し込みの場合と同様に、必要事項と折り返し連絡の希望日時を入力し送信します。

ドコモ光×GMOとくとくBB:https://gmobb.jp/service/docomohikari/

\当サイト限定!最大66,000円キャッシュバック!/

GMOとくとくBBから申し込み内容の確認の電話がくる

入力した希望日時に、GMOとくとくBBから折り返しの連絡が来ます。

  • 10ギガプランの利用を検討している方
  • Wi-Fiルーターのレンタルキャンペーンを利用したい方
  • 他社からの乗り換えでキャッシュバック増額キャンペーンを利用する方

上記のいずれかに当てはまる人は、この電話の際にオペレータまで利用を伝えてください。

回線が切り替わるのを待つ

転用・事業者変更の場合、新規開通工事の必要がありません。

確認の電話が来た後は、回線が切り替わるのを待つだけです。

転用と事業者変更の場合は、インターネットを使えなくなる期間が無いため、利用者側の負担が少ないのが特徴です。

前のサービスで利用していたレンタル機器の返却

ドコモ光を契約する前に利用していたサービスで、レンタル機器がある場合はこれらを返却します。

返却の方法はサービス毎に異なるため、ご利用中のサービスにご確認ください。

期日までに返却されない場合、違約金が発生することもありますので注意が必要です。

「キャッシュバック案内メール」に従って手続きし、キャッシュバックを受け取る

キャッシュバックの受け取り方法は、新規申込の場合と違いはありません。

「キャッシュバック案内メール」の見落としが無いように、注意しましょう。

ドコモ光×GMOとくとくBBに関するよくある質問

ドコモ光×GMOとくとくBBに関して、よく見られる質問を10個ご紹介します。

それぞれの質問について、詳しく見ていきましょう!

ドコモ光の代理店は本当にGMOとくとくBBがおすすめ?

ドコモ光はGMOとくとくBBからの申し込みが、最もおすすめです。

GMOとくとくBBからの申し込みでは、最大66,000円のキャッシュバックがオプション契約不要で最短5ヶ月後に受け取れます。

キャッシュバックだけでなく、v6プラスに対応したルーターが無料レンタルできたり、インターネットセキュリティが1年間無料だったりとお得なキャンペーンも開催中です。

ドコモ光を申し込む際は、ぜひGMOとくとくBBの窓口からお申し込みください。

ドコモ光のおすすめ代理店についてはこちら

ドコモ光のプロバイダはOCNやぷららに変更可能?

ドコモ光のプロバイダとしてOCNやぷららがありましたが、2024年5月現在は両サービスとも新規受付を終了しています。

現在契約途中の方のみ継続してプロバイダを使用できるため、今からOCNやぷららへの変更はできません。

ドコモ光×GMOとくとくBBの解約方法・解約金は?

ドコモ光を解約する場合、ドコモインフォメーションセンターに電話連絡をしましょう。

【ドコモ光解約時の連絡先】

ドコモインフォメーションセンター

電話番号:0120-800-000

受付時間:9:00~20:00

ドコモ光は2年の契約期間があるため、更新対象月での解約以外では解約違約金が発生します。

お住まいのタイプ2022年7月1日以降に契約した方2022年6月30日以前に契約した方
戸建て5,500円14,300円
マンション4,180円8,800円

※2022年7月に電気通信事業法改正により違約金が安くなりました

解約違約金を支払うことなくドコモ光を解約したい場合は、2年経過後の24~26ヶ月目が対象となる更新月に合わせて解約手続きを行いましょう。

自分の更新月が分らないという人は「My docomo」から確認できますよ。

ドコモ光×GMOとくとくBBではPS4・PS5のオンラインプレイは厳しい?

ドコモ光×GMOとくとくBBでは、PS4やPS5のオンラインプレイでも快適に遊べる可能性が高いです。

プロバイダのGMOとくとくBBは、v6プラスの通信が可能で、従来のインターネット接続方式に比べると、混雑する夜間の時間帯でも速度遅延がおこりにくくなっています。

v6プラスについては「v6プラスとは?なぜ速度が速くなる?」の見出しで解説していますので、あわせてご覧ください。

ただし、絶対に遅延がおこらない訳ではありませんのでご注意ください。

ドコモ光×GMOとくとくBBのルーターはいつ届くの?

Wi-Fiルーターの発送時期は、申し込み時期によって異なります。

引用元:GMOとくとくBB

  • 支払い方法を登録後かつドコモ光開通日(工事日)前日までに申込み:申込日から3営業日を目途に発送
  • 申込み手続きがドコモ光工事予定の1週間以上前:工事予定日に合わせて発送

ドコモ光の開通日に、Wi-Fiルーターが手元にほしい方は、早めの申し込みをおすすめします。

ドコモ光×GMOとくとくBB:https://gmobb.jp/service/docomohikari/

\当サイト限定!最大66,000円キャッシュバック!/

ドコモ光×GMOとくとくBBではルーターの返却をしないとどうなる?

レンタルしていたWi-Fiルーターが返却されない場合、未返却補償料が発生します。

回線の種類未返却補償料
1ギガ回線11,000円
10ギガ回線22,000円

Wi-Fiルーターの返却に伴う返却キットの郵送はないので、ご自身で梱包材を用意する必要があります。

返却物
  • Wi-Fiルーター本体
  • ACアダプタ
  • LANケーブル
返送先住所〒945-1352

新潟県柏崎市安田田尻工業団地7550-1 新進テック(株)内

GMOとくとくBB 物流センター Wi-Fiルーター返却係

電話番号 : 0570-045-109

注意事項
  • 解約月の翌月20日までに必着
  • 返送に係る費用は利用者負担
  • Wi-Fiルーター発送月を1ヶ月目とし、38ヶ月目以降に解約する場合は返却不要
  • ドコモ光10ギガプランを契約している場合は、利用期間に関わらず必ず返却が必要

上記に従って、返却物を梱包し、返送先住所まで期日までに必ず返却しましょう。

ドコモ光×GMOとくとくBBの速度を測定する方法は?

ドコモ光×GMOとくとくBBの速度を測定したい場合は、当サイト内にあるスピードテストで測定が可能です。

PC・スマホどちらからでもワンクリックで簡単にスピード測定ができます。

スピードテストサイトは数多くあり、測定サイトによって誤差が生じることがあるのでご注意ください。

ドコモ光×GMOとくとくBBの提供エリアは?

ドコモ光×GMOとくとくBBの提供エリアは、フレッツ光の提供エリアと同じです。

【ドコモ光 エリア確認】

ドコモ光はフレッツ光の回線を利用してサービスを提供している光コラボなので、上記の検索ページからエリア確認が行えます。

10ギガプランを検討している方は、ドコモ光10ギガ公式サイトから、エリアの確認をしましょう。

12月20日より東日本エリアで10ギガプランの提供エリア拡大を予定しているので、これからドコモ光を契約しようと検討している方は要チェックです!

ドコモ光のスマホセット割が適用されなくなったのはなぜ?

ドコモ光のスマホセット割は2024年5月現在、以前と変わりなく提供されています。

適用されなくなった、またはされない原因として考えられる事は以下の4つです。

  • ドコモ光とドコモのスマホ名義が異なっている(ペア回線でない)
  • 光回線かスマホのどちらかを解約してしまった
  • スマホのプランをセット割対象となるプラン以外へ変更した
  • 家族はドコモのスマホを利用しているが、ドコモ光の契約者は違うキャリアを利用している

スマホセット割が使えないという人は、上記のいずれかに当てはまっている可能性が高いので、今一度契約状況をご確認ください。

ドコモ光×GMOとくとくBBとフレッツ光ではどちらが安い?

ドコモ光とフレッツ光を比較すると、ドコモ光の方が安く利用可能です。

サービス名ドコモ光×GMOとくとくBBフレッツ光
月額料金戸建て:5,720円

マンション:4,400円

戸建て:5,720円〜+プロバイダ料

マンション:3,135円〜+プロバイダ料

工事費新規工事完全無料22,000円
キャッシュバック最大66,000円なし

フレッツ光には、ドコモ光のように工事費の無料キャンペーンや、キャッシュバックキャンペーンがありません。

プロバイダ料金も別途請求されるため、その分毎月支払う月額料金が高くなってしまいます。

対象となるスマホセット割もなく、目に見えてわかるような割引も無いので、ドコモ光とフレッツ光であれば、ドコモ光をGMOとくとくBBから申し込むのが断然お得です。

ドコモ光×GMOとくとくBB:https://gmobb.jp/service/docomohikari/

\当サイト限定!最大66,000円キャッシュバック!/

ドコモ光×GMOとくとくBBまとめ

ドコモ光をGMOとくとくBBから申し込むと、最大66,000円のキャッシュバックをオプション契約なしで受け取れます。

他の窓口と比較しても、受け取りやすく複雑な条件もありません。

GMOとくとくBBは、月額料金の安い「タイプA」に属しているプロバイダで、Wi-Fiルーターの無料レンタルキャンペーンや、訪問サポートが初回無料といったキャンペーンがあるのでおすすめの窓口です。

キャッシュバックやキャンペーンが充実していて、実質月額料金の安い窓口をお探しなら、GMOとくとくBBからの申し込みを是非ご検討ください。

ドコモ光×GMOとくとくBB:https://gmobb.jp/service/docomohikari/

\当サイト限定!最大66,000円キャッシュバック!/

この記事を書いた人
福田ありさ

福田ありさ

ぴかまろ編集・ライティング担当。光回線の販売経験を活かして、インターネットサービスのあれこれをわかりやすくお伝えできるように日々奮闘しています。家でも光回線やスマホサービスを色々試しており、ユーザー目線でリアルな情報を発信できたらと思っています!よろしくお願いします。

NEWS PICKSはこちら