【保存版】iPhoneを安く買う方法

エディオンの機種変更。一括1円キャンペーンやメリット・デメリットを紹介

ゴリラ

エディオンの機種変更、今ってお得なのかな?

この記事では、家電量販店「エディオン」のキャンペーンの口コミ、一括1円の動向、手続きで知っておきたい情報をまとめています。

正直な結論
  • 23年12月から始まった規制でキャンペーンは下火
  • 最新iPhoneの一括1円などは基本なくなった
  • 今はキャリアが力を入れている購入プログラムがお得

ゴリラ

この記事で紹介する口コミは、読むタイミングによっては少し前のものもあるから、最新の口コミもチェックしてくれな!

※ 正直スマホはアフィリエイトプログラムに参加しています(メディアポリシー)。
※この記事の更新日は冒頭に記載のとおりです。最新の情報は各社公式サイトおよびオンラインショップでご確認ください。

スマホの機種変更・契約は、頭金なし、来店なし、待ち時間なし、勧誘なしのオンラインショップがお得で便利です。

 

Google Pixel 8

 

新規制により量販店の投げ売りは少なくなりましたが、auのスマホがかなり安くなりました

 

  • Pixel 8 128GB
    一括117,900円 → 一括93,600円
    乗り換えで47円/2年〜!)
  • iPhone 15(128GB)
    76,820円/2年 → 38,240円/2年
  • iPhone 14(128GB)
    24,090円/2年 → 44,047円/2年
    乗り換えで47円/2年〜!)
  • iPhone SE 3(64GB)
    38,295円/2年 → 22,047円/2年
    乗り換えで47円/2年〜!) など

 

最新の価格・他の端末を見てみる

総務省による一括1円スマホ規制の動き(2023年12月27日〜)

mba_cap 407電気通信事業法第27条の3改正

出典:日々の生活をより豊かにするためのモバイル市場競争促進プラン|総務省

2021年頃から、家電量販店の一括1円販売の状況は、目まぐるしく変化してきました。

  • 2021年夏、一括1円でiPhone SE(第2世代)などが販売され始める
  • 2021年末〜22年3月にかけて、iPhoneを中心に価格崩壊
  • iPhone SE(第3世代)も発売当初から一括1円で売られる
  • 2022年3月、総務省が販売店の情報提供窓口に寄せられた通報状況を公開
  • 2022年4月〜、最新iPhoneの一括1円はなくなる
  • 2022年7月〜、iPhoneの販売価格が値上げ
  • 2022年11月、4キャリアが割引に規制を設けることを提案
  • 2023年2月、公正取引委員会が1円iPhoneなどは「不当廉売」の可能性があると結論
  • 2023年5月、有識者会議が通信とセット販売の端末の割引上限を4.4万円に緩和する案を提示
  • 2023年12月27日、端末の割引上限(白ロム割含む)を4.4万円に改定、施行

直近では、総務省の主導により、2023年12月27日から割引上限を原則4万円にする規制が始まりました。

端末の価格ごとの割引上限は以下のように改められました。

  • 4万円以下の端末:最大2.2万円
  • 4〜8万円の端末:端末価格の50%
  • 8万円以上の端末:最大4.4万円

この規制により、2.2万円以上の端末の「一括1円」販売はできなくなり、家電量販店の店頭からも姿を消しました。

残債免除による「実質1円/月」はまだある

ただしソフトバンクやauではMNP割引(最大4.4万円)と購入プログラム(2年レンタル)の併用で「実質1円/月」で利用できる端末が残っています。

▼ソフトバンクの実質1円/月(24円/2年)端末▼

※’ソフトバンクによる注記:この記事で紹介する内容について、詳細はソフトバンクの公式サイトでご確認ください。

▼auの主な格安端末▼

  • Pixel 8 128GB
    一括117,900円 → 一括93,600円
    乗り換えで47円/2年〜!)
  • iPhone 15(128GB)
    76,820円/2年 → 38,240円/2年
  • iPhone 14(128GB)
    24,090円/2年 → 44,047円/2年
    乗り換えで47円/2年〜!)
  • iPhone SE 3(64GB)
    38,295円/2年 → 22,047円/2年
    乗り換えで47円/2年〜!) など

ソフトバンクau、いずれもキャリアのオンラインショップから、上記の価格で購入できます。

あえて家電量販店の店頭に足を運ぶ理由は少なくなりました。

エディオンの機種変更のキャンペーンの口コミ(2024年5月)

2024年5月現在、総務省の規制もあり以前ほど派手なキャンペーンはなくなりました。「iPhoneの最新機種が一括1円」みたいなことは皆無です。

店舗のキャンペーンはキャリア公式オンラインショップからも適用できるケースがほとんどです。

エディオンで機種変更するメリット

上記キャンペーン以外のメリットも見ていきましょう。

エディオンで機種変更するメリットには以下が挙げられます。

  • 商品の割引も期待できる
  • アクセサリーも一緒に購入できる
  • 店員さんに相談ができる

家電の割引や大量のポイント還元も期待できる

エディオンではスマホの契約と合わせて、家電などの割引が実施されていることがあります。大量のポイント還元で家電やゲーム機が購入できることも。

執筆時点では、指定商品に最大4万円の割引が実施中でした。時期によってキャンペーンの実施状況は異なるので、エディオン公式サイトや店頭で確認してみてください。

アクセサリーも一緒に購入できる

エディオンで機種変更すれば、ついでにケースや保護フィルムなどのアクセサリーも購入できます。

スマホのアクセサリーの販売については、在庫処分セールなどの口コミも多数確認できました。

店員さんに相談できる

店員さんに相談してプランを見直したり、スマホを買い替えたりできます。

また、3キャリアの取り扱いがあるので、その場でキャリアの比較もできます。このあたりは単一のキャリアショップにないメリットですね。

エディオンで機種変更するデメリット

エディオンで機種変更するデメリットも見ていきましょう。

  • 時間がかかることがある
  • 店員さんに営業を受けることも

時間がかかることがある

エディオンに限らず、店頭での手続きでは、説明、重要事項の説明、契約審査、開通作業など1つずつ進めていく必要があり、1時間以上かかることが多いです。

オンラインなら10分ほどででサクッと終わるものが、移動や待ち時間まで含めると、けっこう時間を取られます。

店員さんに営業を受けることも

相手も仕事なのでしょうがない部分はありますが、定員さんに声をかけられ、人によっては居心地悪く感じてしまうかもしれません。

ゆっくり自分のペースで決めたい人にはデメリットになるでしょう。

中には店員さんに押し切られ、セットで光回線を契約してしまう、みたいなこともあるかもしれません。

冷静に倹約するなら、各キャリアのオンラインショップも検討してみてはいかがでしょうか。

エディオンの機種変更の手続きの「よくある疑問」

最後にエディオンの機種変更の手続きに関して、よくある疑問をまとめています。

エディオンの機種変更は何時までやってる?

各店舗へ問い合わるのが確実です。

エディオングループ店舗・チラシ検索

楽天モバイルやワイモバイルは、各店舗検索のページで営業時間が確認できます。

機種変更の受付は店舗の営業時間より短いところもあるようなので、時間に余裕をもって足を運ぶことをおすすめします。

エディオンで予約はできる?

各キャリアのiPhoneは受け取り予約のためのページが用意されています。

iPhoneオンライン予約

ワイモバイル楽天モバイルは各キャリアの店舗ページからの来店予約できます。

データ移行はしてもらえる?

データ移行はしてもらえず、自分でやる必要があります。これは他の家電量販店と同じです。

今はキャリアショップもデータ移行は有料です。

以下の記事でデータ移行の手順を紹介しています。以前に比べると簡単になっているので、ぜひ参考にしてみてください。

エディオンで機種変更するときに必要なものは?

  • 本人確認書類
  • 利用中のスマホ

  • 本人確認書類
  • クレジットカード or キャッシュカード

  • 本人確認書類
  • クレジットカード or キャッシュカード
  • MNP予約番号

事務手数料は、原則、翌月のスマホ代に合算されます。

Google Pixel 8

 

新規制により量販店の投げ売りは少なくなりましたが、auのスマホがかなり安くなりました

 

  • Pixel 8 128GB
    一括117,900円 → 一括93,600円
    乗り換えで47円/2年〜!)
  • iPhone 15(128GB)
    76,820円/2年 → 38,240円/2年
  • iPhone 14(128GB)
    24,090円/2年 → 44,047円/2年
    乗り換えで47円/2年〜!)
  • iPhone SE 3(64GB)
    38,295円/2年 → 22,047円/2年
    乗り換えで47円/2年〜!) など

 

最新の価格・他の端末を見てみる

サクッと機種変更するなら「オンラインショップ」も注目

家電量販店以外で、賢く機種変更できる方法に挙げられるのが、各キャリアの「オンラインショップ」ですね。

  • 頭金が無料
  • 自宅でサクッと手続きできる
  • 来店不要・待ち時間がない

23年12月からの規制で、量販店のぶっ飛んだキャンペーンは下火に。いまお金、時間、労力を節約できるオンラインショップはリアルにおすすめです。

その他の量販店の記事はこちら

こんな記事もおすすめ