光コラボ キャッシュバック光コラボに乗り換えるなら、キャッシュバックを受け取れるところが良い!と考える方は多いでしょう。
契約しただけでたくさんのキャッシュバックを受け取れたら嬉しいですよね。そこでこのページでは、申込先ごとのキャッシュバック金額を徹底比較していきます。
また、キャッシュバックを受け取る際の注意点についても解説!さらに、光コラボ転用の際に注意すべきポイントについてもまとめていますので、これを読めばきっとあなたにぴったりな光回線が見つかるはず!光コラボを検討している方に、この記事がお役に立てれば幸いです。

光コラボ契約で貰える!キャッシュバック金額一覧

光コラボ先として有名なブランドのキャッシュバック内容を調査しまとめました。
以下は光コラボ先とそのキャッシュバック内容をまとめた表です。

公式のキャッシュバックとそれぞれの代理店や申し込み先で行っているキャッシュバックと2種類ありますが、公式キャンペーンは申し込み先のキャンペーンと併用することができるため、多くの場合、公式サイトより代理店などの窓口を利用した方がお得になります。

光コラボ最大キャッシュバック額(申し込み先)
So-net光40,000円
(代理店BIGUP)
ソフトバンク光37,000円
(代理店エヌズカンパニー)
ビッグローブ光26,000円
(代理店NNコミュニケーションズ)
@nifty光25,000円
(代理店NNコミュニケーションズ)
ドコモ光20,000円
(GMOとくとくBB)
OCN光40,000円キャッシュバック
(代理店NNコミュニケーションズ)
Marubeni光33,000円
(代理店ラプター)
U-NEXT光なし
光ギガなし
iSmartひかりなし

表を見るとキャッシュバックではSo-net光が最も高額だとわかります。
トータルしてお得な光コラボを選ぶために、それぞれの光コラボの詳細も見ておきましょう。

キャッシュバック額No.1!So-net光(au・新規の方におすすめ)

ソネット光 BIGUP

キャッシュバック金額40,000円
月額料金戸建て:4,818円~
集合住宅:3,608円~

公式サイトから申し込むと、Amazonギフト券20,000円分のキャッシュバックが受け取れますが、さらにお得に申し込みたいという人はSo-netの公式キャンペーンで行われている20,000円キャッシュバックのキャンペーンを利用することをおすすめします。

auユーザーなら最大2年間毎月2,200円割引されたり、コラボ電話申し込みで最大12か月間550円の電話代が無料になったりと特典満載です。

キャッシュバックと割引額を合わせるとかなりお得になりますので、auの方には大変おすすめです。

ビッグローブ光(au・転用の方におすすめ)

キャッシュバック金額最大26,000円
月額料金戸建て:5,478円~
集合住宅:4,378円~

新規申し込みなら最大26,000円のキャッシュバック、他社転用で10,000円のキャッシュバックがもらえます。
転用でキャッシュバックがもらえるキャンペーンは少ないので、今フレッツ光を利用されている方にはおすすめです。

さらに、auスマホユーザーなら、スマホ利用料が最大2年間毎月2,200円割引!
BIGLOBEモバイルタイプDを利用しているユーザーも無期限で毎月330円安くなります。

ソフトバンク光(ソフトバンクユーザーにおすすめ!)

ソフトバンク光 エヌズカンパニー

キャッシュバック金額37,000円
月額料金戸建て:5,720円~
集合住宅:4,180円~

最大37,000円のキャッシュバックがもらえるソフトバンク光。
他社から乗り換えの際は、公式キャンペーンとして違約金・徹書工事費は全額キャッシュバックしてもらえるので、契約期間中に乗り換えたい方にはとてもお得です。

工事費も実質無料となっており、乗り換えやすくなっています。
ソフトバンクユーザーなら毎月のスマホ代も550円~1,100円お得に。
ソフトバンクユーザーの方にはイチオシのサービスです。

ドコモ光(ドコモユーザーにおすすめ!)

キャッシュバック金額最大20,000円
月額料金戸建て:5,720円~
集合住宅:4,400円~

ドコモユーザーさんにとってお得な光回線はドコモ光です。
ドコモ光なら、月々のケータイ代もひとりで使っているなら最大1,100円、家族で最大20回線までお得になります。

また、ドコモ光を提携プロバイダであるGMOとくとくBBから申し込むと最大20,000円のキャッシュバックが受けられます。

さらに、公式キャンペーンとして、最大dポイント2,000ptのキャッシュバックがあります。
dポイントが利用できるのはローソンやマクドナルド、マツモトキヨシなど。
利用できる施設は限られますが、よく使う施設なら損はないキャッシュバックです。

また、オプション加入不要なのも嬉しいポイント。
さらにドコモのケータイとセットで申し込むと、月々のケータイ代もお得になります。

ただ、30000ptが付与されるのは関西エリアから申し込む場合のみ。
関西に住むドコモユーザーなら、かなりお得に利用できる光コラボです。

@nifty光(転用の方におすすめ)

nifty光 NNコミュニケーションズ

キャッシュバック金額25,000円
月額料金戸建て:5,060円~
集合住宅:3,828円~

@nifty光は、代理店NNコミュニケーションズからの申し込みで最大25,000円のキャッシュバックが受けられます。
ポイントは、新規でも転用でもキャンペーン対象になるという点です。
新規なら25,000円、転用なら10,000円となっています。

@nifty光は毎月割引キャンペーンを実施しており、今月分のキャッシュバックキャンペーンは期間限定なのでお見逃しなく!

また、auユーザーの方は@nifty光電話に加入すると、スマホ月額料金が最大2年間または永年割引!
1台につき550円以上はお得になるので、家族でauユーザーの場合はぜひ検討しておきたい光コラボです。

OCN光(プロバイダにこだわりたい方におすすめ)

OCN光 ラプター

キャッシュバック金額40,000円
月額料金戸建て:5,610円~
集合住宅:3,960円~

OCNは、大手のプロバイダなので、OCN光が気になっている人もいるのではないでしょうか。
OCN光は代理店NNコミュニケーションズから申し込むと、最大40,000円キャッシュバックしてもらえます。
大手のわりに、料金設定も安めなので、OCNのプロバイダにしてみたい人にはおすすめです。

楽天コミュニケーションズ光(月額料金を安くしたい方におすすめ)

楽天ひかり キャンペーン

キャッシュバック金額なし
月額料金戸建て:5,280円
集合住宅:4,180円

月額料金が安いサービスで、かつキャッシュバックも受け取りたいという方におすすめなのが、楽天コミュニケーションズ光です。

料金は光コラボの中でもかなり安く、戸建て5,280円、マンション4,180円となっています。
さらに、楽天スーパーポイントが毎月200P自動的に貯まるので、実質もっとお得に!

しかも、今なら月額料金が最大4ケ月無料というキャンペーンも行われています。
とにかく料金を抑えて安く利用したいという方に、大変おすすめの光コラボです。

Marubeni光(プロバイダを自分で選びたい方におすすめ)

キャッシュバック金額最大33,000円
月額料金戸建て:5,753円
集合住宅:4,268円
※プロバイダがMarubeniBBの場合

光コラボはほとんどの場合、プロバイダとセットになっていますが、セットになっていない光コラボがMarubeni光です。
どういうことかというと、フレッツ光回線をマルベニが販売しているというわけです。

ちなみにマルベニが提供しているMarubeniBBというプロバイダを利用することもできます。
料金も比較的安く、ラプターから申し込めば、33,000円のキャッシュバックももらえるのでおすすめです。

月額料金が安いU-NEXT光

光コラボ キャッシュバック

キャッシュバック金額なし
月額料金戸建て:4,620円~
集合住宅:3,498円~

公式サイトではキャッシュバックほかキャンペーンを開催していません。(2018年6月1日現在)
ただ、集合住宅に住んでいる方はU-NEXT光の集合住宅に特化したサービスである「U-NEXT光01」に申し込むと月額料金が大変お得になります。

U-NEXT光01なら月額3,278円で利用できます。

光ギガはあまりおすすめできない

光コラボ キャッシュバック

キャッシュバック金額なし
月額料金戸建て:5,830円
集合住宅:4,620円

公式サイトを見る限り、キャッシュバックキャンペーンは行っていないようです。(2018年6月1日現在)
その他のキャンペーンも現在は行っていないので、コストパフォーマンスを考えるなら時期を待った方がよいでしょう。

光ギガはスピードを売りにしていますが、最大通信速度は1Gbpsとその他の光回線と変わりません。
また、強引な勧誘によって何度も行政指導を受けており評判も悪いようです。
お得なキャンペーンを行っている正規代理店も見つけられないので、あまりおすすめできる光コラボとは言えません。

iSmartひかりはキャッシュバックなし

光コラボ キャッシュバック

キャッシュバック金額なし
月額料金戸建て:5,720円~
集合住宅:3,135円~

iSmartひかりは株式会社フォーバルテレコムが運営している光コラボです。
ただ、公式サイトからは契約できないため代理店から契約します。

正規代理店を探しましたが見つかりませんでした。
iSmartひかりを申し込む代理店としてはデジタルサポートが最も有名なようです。

代理店ではキャッシュバックキャンペーンを行うこともあるようですが、今回のキャッシュバックキャンペーンは2018年3月に既に終了していました。

また、もし再びキャッシュバックキャンペーンをしていたとしても、正規代理店と標榜しておらず、解約金や違約金が不明瞭なままのサイトから申し込むのはあまり賢明とは言えません。

光コラボ以外のおすすめキャッシュバック

光コラボ以外の光回線サービスもおすすめです。
特にこれから紹介するNURO光やau光、コミュファ光は、特定地域に住んでいる人やauユーザーなら一度は検討しておきたい光回線サービス。

現在フレッツ光を利用している方は工事が必須となりますが、工事費実質無料キャンペーンを行っているところも多いので、金銭的な負担はあまり心配ありません。
むしろ光コラボよりキャッシュバックは高い傾向があるので、キャッシュバック狙いの方には、以下のサービスの方がおすすめです。

最もお得に快適にインターネットを楽しむために、選択肢は広く持っておきましょう。

光コラボよりお得!NURO光

光コラボ キャッシュバック

キャッシュバック金額45,000円
または、以下より1つ選択
①PlayStationVR引き換えクーポン
②ソニーストアお買い物券32,378円分+プレイステーションストアチケット5,000円分
③27ヶ月間利用で合計JAL10,000マイルプレゼント
④27ヶ月間利用で合計ANA10,000マイルプレゼント
月額料金戸建て:5,200円
集合住宅:2,090円~(NURO光マンション)

最大通信速度2Gbpsを誇る、NURO光。
NURO光の公式が設けている特設サイトから申し込むと最大45,000円のキャッシュバックが受け取れます。

さらに、プレステと引き換えできるお買い物券など現金でなく、プレゼント特典を選ぶこともできます。
PlayStationVR引き換えクーポンやプレイステーションストアチケット5,000円分などの特典が満載。
また、27カ月間継続して利用するとANAやJALのマイルが貯まる特典も。旅行好きの方には嬉しいプレゼントです。

その他

  • 違約金負担キャンペーン
  • 工事費実質無料
  • セキュリティ(カスペルキー)付き
  • 無線LANレンタル無料
  • ソフトバンクのスマホ1,100円割引

などのメリットがあります。

ただ、利用可能地域が関東・関西・東海地方に限定されているのがネックです。
自分の住んでいる地域がエリアに含まれているか契約前に確認しておきましょう。

auユーザーにおすすめ!auひかり

光コラボ キャッシュバック

キャッシュバック金額52,000円
月額料金戸建て:5,610円~
集合住宅:4,180円~

auひかりは、auユーザーの方に特におすすめの光回線。
速度の速さに定評があり、快適な通信を楽しめるのも、人気の秘訣です。

もともとお得なサービスですが、さらにお得に申し込みたいなら、代理店がお得。
おすすめの代理店はエNNコミュニケーションズです。
NNコミュニケーションズなら、最大52,000円のキャッシュバックを受けることができます。

もちろん公式で行われている以下のキャンペーンも併用可能で、かなりお得になります。

  • auスマホが最大毎月2,200円割引
  • 違約金を最大30,000円還元
  • 工事費相当額割引

キャッシュバック最高額のコミュファ光

光コラボ キャッシュバック

キャッシュバック金額最大75,000円
月額料金戸建て:3,980円~
集合住宅:3,380円~
※1Gプラン

コミュファ光は、中部テレコミュニケーション(ctc)の光インターネットサービスです。
特に東海エリアでの評判がよく、中部地方に住んでいるなら一度検討しておいて損はありません。

代理店を利用した際の最高キャッシュバック額は75,000円です。

まず、公式サイトから乗り換えの申し込むと違約金負担分+最大25,000円のキャッシュバック!
他社からの乗り換えを検討している方に嬉しいキャンペーンです。

    そして、おすすめ代理店のNEXTでは、これに加えて最大35,000円のキャッシュバックを行っています。
    東海地方にお住まいの方はチェックしておいてください。

    よりお得にインターネットを契約するには?

    よりお得に契約するためには以下の3つを上手く利用するのがコツです。

    • 代理店のキャンペーン
    • スマホ割引
    • 違約金負担キャンペーン

    こういったキャンペーンが多ければそれだけお金も節約できます。
    特に契約期間中に他社への乗り換えを検討している場合は、違約金負担キャンペーンが大きな魅力となるでしょう。

    それでは、それぞれの詳細を見ていきましょう。

    代理店を利用する

    光回線サービスにはそれぞれ代理店が存在する場合があります。
    代理店は光回線サービスの売り上げをあげようとさまざまなキャンペーンを打ち出しており、公式サイトよりもお得になることが多いため見逃さない手はありません。

    ただ、代理店もさまざまです。
    例えばauひかりなら正規販売代理店としてフルコミットや株式会社25、グローバルキャストなどを持っており、キャッシュバック額やキャンペーン内容は代理店ごとに異なります。

    複数の代理店を持っている光回線サービスの場合は、それぞれのキャンペーン内容を確認して、その中で最もお得な代理店から申し込みましょう。

    スマホ割引を適用する

    特にソフトバンクやau、BIGLOBEなどのスマホを利用している方は、スマホ割キャンペーンに注目です。
    スマホ割が適用されれば毎月のスマホ代はグンと下がります。

    具体的な割引価格はスマホのブランドによって異なりますが、例えばauなら最大2年間毎月2,200円割引されるキャンペーンが適用されることも!
    1年間利用すれば26,400円もの節約になります。

    対象のスマホユーザーが多ければ多いほどお得なので、特に家族で同じスマホブランドを利用している方はスマホ割がお得です。

    違約金負担キャンペーンを利用する

    他社から乗り換えする場合、契約期間中の乗り換えだと違約金がかかる場合があります。

    違約金は光回線サービスによって異なりますが、約10,000円~40,000円が相場です。
    特に契約してから1年に満たない場合、違約金が高くなる傾向にあります。

    これだけの違約金を負担してもらえるのはかなりのメリットです。
    乗り換え時期を逃して違約金がかかってしまう人は、違約金負担キャンペーンを積極的に利用しましょう。

    キャッシュバックキャンペーンの落とし穴!注意点とは

    高額なキャッシュバック額だけを見て契約すると後で後悔するかもしれません。
    キャッシュバックを受け取る際は以下の点に注意が必要です。

    • 受け取り時期
    • 受け取り条件
    • 注意事項

    それぞれについて詳しく見ておきましょう。

    受け取り時期

    キャッシュバックの受け取り時期は各光回線サービスによって異なります。
    契約から3か月後に銀行口座に振り込まれる場合が大半ですが、モノによっては半年以上後に振り込まれる場合もあるようです。

    今すぐキャッシュバックが欲しい場合は、いつ頃キャッシュバックが受け取れるのか確認しておきましょう。
    特にキャッシュバック条件が複雑であるほど受け取り時期が遅くなるので要注意です。

    受け取り条件

    申し込みすれば誰でも受け取れるというキャッシュバックは少なく、大半は何かしらの条件つきです。
    例えばネット回線だけでなく、光TVや光電話へ加入が必要だったり、セキュリティなどのオプションへの加入が必要だったりします。

    必要なモノならよいですが、不要なサービスをつけられてしまうと月額が上がり損をするだけです。
    契約前にキャッシュバックの適用条件をよく確認しておきましょう。

    注意事項をよく読もう!

    キャッシュバックのキャンペーンページには注意事項が書いてある場合が多いので、よく読んでおきましょう。
    キャッシュバック額と比べると小さく書かれている場合が多いので、注意が必要です。

    注意事項の内容はさまざまですが、例えば「契約してから1年以内に解約した場合キャッシュバック額は全額返金していただきます。」などの文言が書いてあります。
    かなり重要なことが書いてあるので、申し込む前に必ず注意事項を読んでおきましょう。

    転用前に知っておこう!光コラボのデメリット

    フレッツ光から転用すると安くなると言われている光コラボですが、必ずしもメリットばかりというわけではありません。

    月額料金が高くなったり、通信速度が落ちたり、工事費がかかる場合もあります。
    転用してお得になるかどうか、契約している内容をよく確認しておきましょう。

    必ずしもお得になるわけではない

    特にフレッツ光のマンションタイプを利用している方は要注意。

    VDSL方式やLAN配線方式のプラン2など、集合住宅用の安いプランを利用している方は光コラボへ転用してもあまりお得になりません。
    それどころか、転用先によっては高くなってしまうこともあります。

    転用前に自分が現在どのようなプランに入っていて、毎月いくら支払っているのかを確認しておきましょう。
    それと比較して安くなる光コラボ先があった場合に、転用するのがおすすめです。

    また、光コラボのキャッシュバックは、転用の場合金額が少ない傾向にあるため、キャッシュバック狙いで乗り換えるなら、光コラボ以外の方がお得になるケースもよくあります。

    転用でプロバイダの違約金がかかることがある

    フレッツ光に加入している場合、回線事業者とは別にプロバイダを契約しているはずです。

    フレッツ光自体は違約金なしで、光コラボへの乗り換えができますが、もしプロバイダの契約期間内に解約する場合は、プロバイダの違約金がかかる可能性があります。
    自分が現在どのプロバイダと契約しているのか、現在も違約金が発生するのか、契約書などを見て確認しておきましょう。

    また、転用先の光コラボで現在使用しているプロバイダを取り扱っている場合があります。
    その場合は引き続き同じプロバイダを利用できるので、違約金がかからず、とてもお得です。

    工事費がかかるケースもある

    フレッツ光から光コラボへ転用する場合、フレッツ光の回線をそのまま使うので基本的に工事費はかかりません。
    ただ、VDSL方式を採用している場合や通信速度が200Mbps以下の場合は、新しく工事が必要になります。

    集合住宅に多いVDSL方式は電話線を利用しています。
    しかし、光コラボの場合、電話線ではなく光ファイバー線が必要です。
    全く違う線を新しく引くことになるので、新規申し込みと同じくらい工事費がかかります。

    また、光コラボは1Gbpsの通信速度になるため、Bフレッツ(100Mbps)やハイスピードタイプ(200Mbps)を利用している場合も工事費がかかります。
    品目変更として取り扱われるため新規申し込みほどの費用はかかりませんが、多少の出費は覚悟しておいた方が良いでしょう。

    回線品質が落ちることもある

    フレッツ光から転用した場合、同じ回線を利用しているのに通信速度が落ちる場合があります。
    これはプロバイダや利用環境など複雑な原因があり、一概にこれが原因だとは言えません。
    また、使用前に実際の通信速度を知ることも難しいです。

    これは、光コラボに限らず全ての光回線サービスに言えることなので、仕方のないリスクですが、自分の住んでいる地域の口コミなどを調べておくと、参考になるでしょう。

    まとめ

    キャッシュバックキャンペーンを実施している光コラボは多く、スマホ割引なども実施している代理店を利用すればさらにお得になります。

    ただ、キャッシュバックの適用条件が厳しかったり、フレッツ光のままの方が安い場合もあるので注意が必要です。
    現在の契約内容を十分に確認してから、転用後どれだけ安くなるのか比較検討していきましょう。

    この記事を書いた人
    福田ありさ

    福田ありさ

    ぴかまろ編集・ライティング担当。光回線の販売経験を活かして、インターネットサービスのあれこれをわかりやすくお伝えできるように日々奮闘しています。家でも光回線やスマホサービスを色々試しており、ユーザー目線でリアルな情報を発信できたらと思っています!よろしくお願いします。

    NEWS PICKSはこちら