ドコモ光 から 楽天ひかり

ドコモ光から楽天ひかりへ乗り換えた方がいい人の特徴は、以下の通りです。

【ドコモ光から楽天ひかりへ乗り換えた方がいい人】

  • 楽天ポイントを効率よく貯めたい人
  • 安定した快適な通信速度を求める人

楽天ひかりは高速通信可能なIPv6に対応しているので、快適で安定したインターネットを楽しみたい人におすすめです。

また楽天ポイントを1,000ptもらえるお得なキャンペーンを実施中なので、日常的に楽天ポイントを使って買い物をする人にもおすすめの光回線です。

楽天ひかりの評判まとめ記事では楽天ひかりの評判からわかるデメリットなどについてくわしく解説していますので、あわせてチェックしてみてください。

また楽天ひかりのキャンペーンまとめ記事では過去に行われていた分も含めたキャンペーンの詳細をご紹介していますので、興味のある方は参考にしてみてください。

光回線名キャンペーン内容+おすすめポイント公式サイト
楽天ひかり 楽天ひかり・6ヶ月間月額料金無料キャンペーン
>光回線のおすすめはこちら

・SPUでポイントポイント還元+1倍

・楽天ポイントプレゼントキャンペーン
楽天ひかり公式サイト

\楽天経済圏がお得になる!/

※本記事は2024/5/22時点の情報です。詳細は各公式ページをご参照ください。
記事内の「実質月額」と「契約期間内の総額」は以下の計算式で算出しています。
※1:実質月額料金={(契約期間×月額料金)+初期費用(工事費・端末代・オプション料金・契約事務手数料など)-(キャッシュバック+月額料金割引)}÷契約期間
※2:契約期間内の総額={(契約期間×月額料金)+初期費用(工事費・端末代・オプション料金・契約事務手数料など)-(キャッシュバック+月額料金割引)}
実測値参考元:みんなのネット回線速度

目次

ドコモ光から楽天ひかりに乗り換える際の注意点8選

ドコモ光から楽天ひかりへ乗り換える際に注意しておいた方がよい点について、以下の通りに解説していきます。

  • ドコモ光から楽天ひかりに乗り換える際に固定電話は継続利用可能?
  • ドコモ光から楽天ひかりに乗り換える際に楽天モバイルのセット割は使えるの?
  • ドコモ光から楽天ひかりに乗り換える際にIPv6は使える?
  • ドコモ光から楽天ひかりに乗り換える際にテレビサービスは継続利用可能?
  • ドコモ光から楽天ひかりに乗り換える際に開通工事は不要?
  • ドコモ光から楽天ひかりに乗り換える際にモデムの返却は必要?
  • ドコモ光から楽天ひかりに乗り換える際にルーターの設定は再度必要?
  • ドコモ光から楽天ひかりに乗り換える際にプロバイダのメールアドレスは継続利用可能?

ドコモ光から楽天ひかりへの乗り換えで悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

ドコモ光から楽天ひかりに乗り換える際に固定電話は継続利用可能?

ドコモ光で固定電話を使用している方は、楽天ひかりに乗り換えても継続して同じ固定電話を利用できます。

光コラボ回線であるドコモ光から同じ光コラボ回線の楽天ひかりへ乗り換える場合は、事業者変更を利用することで固定電話をそのまま引き継げます

引き続き同じ固定電話を使いたい方でも、安心してドコモ光から楽天ひかりへ乗り換えられるでしょう。

ドコモ光から楽天ひかりに乗り換える際に楽天モバイルのセット割は使えるの?

ドコモ光から楽天ひかりに乗り換える際に、楽天モバイルを使用していてもスマホセット割は使えません

楽天ひかりでは以前にスマホセット割がありましたが、2024年5月現在はスマホセット割キャンペーンを終了しています。

スマホセット割を適用して通信費を節約したい方は、楽天ユーザーであっても楽天ひかりへの乗り換えはおすすめできないといえるでしょう。

ドコモ光から楽天ひかりに乗り換える際にIPv6は使える?

ドコモ光と楽天ひかりはともにフレッツ光の回線を利用している光コラボサービスです。

フレッツ光では高速通信可能な次世代技術のIPv6を採用しているので、ドコモ光や楽天ひかりでもIPv6を使えます

ただし、楽天ひかりでIPv6の高速通信を行うためにはIPv6に対応したルーターが必要です。

楽天ひかりのIPv6に関するまとめ記事にて楽天ひかりに乗り換える際におすすめのIPv6対応ルーターをご紹介していますので、あわせてチェックしてみてください。

ドコモ光から楽天ひかりに乗り換える際にテレビサービスは継続利用可能?

ドコモ光で利用していたひかり電話やテレビサービスは、楽天ひかりでも引き続き利用できます。

事業者変更手続きを行う際に楽天ひかりから電話連絡がきますので、サービスに関する契約内容を確認してみてください。

ご自身での手続きは特に必要ないので、ドコモ光から楽天ひかりへ乗り換えても引き続きひかり電話やテレビサービスを楽しめますよ。

楽天ひかり公式:https://network.mobile.rakuten.co.jp/hikari/

\1,000ptもらえるキャンペーン実施中!/

ドコモ光から楽天ひかりに乗り換える際に開通工事は不要?

ドコモ光から楽天ひかりへの乗り換えは、光コラボ同士の乗り換えなので事業者変更手続きを行います。

事業者変更手続きはWeb上で完了するため、楽天ひかりの開通工事は不要です。

工事にかかる費用や時間もかからないので、簡単かつスピーディーに楽天ひかりへ乗り換えられます。

ドコモ光から楽天ひかりに乗り換える際にモデムの返却は必要?

光コラボであるドコモ光から同じ光コラボの楽天ひかりに乗り換える際は、モデムの返却は必要ありません。

ドコモ光で使用しているNTTのモデムは楽天ひかりでも引き続き使用できるため、わざわざモデムを返却する手間が省けるでしょう。

ドコモ光から楽天ひかりに乗り換える際にルーターの設定は再度必要?

ドコモ光から楽天ひかりに乗り換える際には、新たにルーターを再設定する必要があります。

楽天ひかりで高速通信可能なIPv6通信を利用したい場合は、IPv6に対応したルーターを別途用意して設定を行いましょう。

IPv6対応ルーターの導入を検討している方は、おすすめのIPv6対応ルーターをご紹介している楽天ひかりのIPv6に関するまとめ記事をぜひ参考にしてみてください。

楽天ひかりのルーター設定方法

楽天ひかりでIPv6を使う場合のルーターの設定を下記手順にしたがって実施してみましょう。

①NTT機器とIPv6対応ルーターを接続する

楽天ひかりのインターネット接続設定方法」を参考にNTT機器とIPv6対応ルーターを接続します。

正常に接続できない場合は、楽天ひかり公式サイトなどを参考に接続手順を見直してみるとよいでしょう。

②IPv6ルーター本体の設定を行う

NTT機器とIPv6対応ルーターを正常に接続できたら、次にルーター本体の設定を行います。

ルーター本体の設定方法はメーカーによって異なるので、各メーカーのマニュアルにしたがって設定してみてください。

ルーター本体の設定が完了したら、楽天ひかりでIPv6の通信が利用可能です。

ドコモ光から楽天ひかりに乗り換える際にプロバイダのメールアドレスは継続利用可能?

楽天ひかりのプロバイダである楽天ブロードバンドは、ドコモ光では提供されていません。

ドコモ光から楽天ひかりへ乗り換えることで自動的にプロバイダが変更になるため、ドコモ光で使っていたプロバイダのメールアドレスは継続利用できない点に注意しましょう

楽天ひかりに乗り換え後も引き続きドコモ光のプロバイダのメールアドレスを使いたい場合は、別途プロバイダ料金を支払う必要があります。

楽天ひかりの料金とは別にドコモ光のプロバイダ料金を追加で支払うことになるので、費用負担がかかってしまう点には注意が必要です。
楽天ひかり公式:https://network.mobile.rakuten.co.jp/hikari/

\1,000ptもらえるキャンペーン実施中!/

ドコモ光と楽天ひかりを徹底比較|料金・速度はどっちが優れている?

ドコモ光※1楽天ひかり
月額料金戸建て:5,720円

マンション:4,400円

戸建て:5,280円

マンション:4,180円

実質月額料金※2戸建て:5,858円

マンション:4,538円

戸建て:6,142円

マンション:4,904円

通信速度下り:最大1Gbps

上り:最大1Gbps

下り:最大1Gbps

上り:最大1Gbps

実測値※3下り:278.33Mbps

上り:239.32Mbps

下り:245.31Mbps

上り:222.42Mbps

※料金はすべて税込表記
※1:1ギガタイプA(2年定期契約)プランの場合

ドコモ光と楽天ひかりを比較するにあたって、料金面・速度面の両方からどちらのサービスが優れているかを検証してみました。

料金に関しては、月額料金とは別に初期費用や割引キャンペーンなどを総合した実質月額料金にて比較を行います。

また通信速度に関しては、理論上の最大速度とあわせて実際の通信速度を示す実測値でも比較してみました。

上表をみると両サービスともに一見して大きな違いはみられませんが、次項にてより詳細な比較検証とその理由について解説してまいります。

ドコモ光から楽天ひかりへの乗り換えを検討している方はぜひ参考にしてみてください。

ドコモ光と楽天ひかりの料金を比較

月額料金実質月額料金
ドコモ光※1戸建て:5,720円

マンション:4,400円

戸建て:5,858円

マンション:4,538円

楽天ひかり戸建て:5,280円

マンション:4,180円

戸建て:6,142円

マンション:4,904円

※料金はすべて税込表記
※1:1ギガタイプA(2年定期契約)プランの場合

ドコモ光と楽天ひかりの月額料金を比較してみると、楽天ひかりの方がわずかに安いことがわかります。

しかし工事費や契約事務手数料などの初期費用、割引キャンペーンなどを加味した実質月額料金で比較するとドコモ光がややお得といえます。

これはドコモ光が新規契約者を対象とした工事費無料キャンペーンを実施していることが安い要因と考えられるでしょう。

さらにドコモユーザーだとドコモ光のスマホセット割を適用できるので、ドコモ光の方が毎月の通信費を節約できます。

楽天ひかりの1年間無料キャンペーンは終了している

楽天ひかりでは、楽天モバイルと楽天ひかりを同時契約することで楽天ひかりを1年間無料で利用できるキャンペーンを開催していました。

楽天ひかりの1年間無料キャンペーンは2024年5月現在すでに終了しており、キャンペーンが再開されるかどうかも未定です。

しかし2024年1月16日より、楽天ひかりでは6ヶ月間月額料金が0円になるキャンペーンが実施されます。

楽天ひかりを少しでもお得に利用したい方はキャンペーン期間中に申し込みをしましょう。

>おすすめの光回線はこちら

楽天ひかりではドコモのスマホセット割は使えない

楽天ひかりでは、ドコモとのスマホセット割は実施されていません。

ドコモユーザーが楽天ひかりに乗り換えるとドコモのスマホ料金は割引されなくなってしまうため注意してください。

ドコモのスマホ料金割引を継続して利用したい方は、楽天ひかりには乗り換えずドコモ光の利用を続けた方がよいでしょう。

ドコモ光と楽天ひかりの速度(実測値)を比較

通信速度実測値※1
ドコモ光下り:最大1Gbps

上り:最大1Gbps

下り:278.33Mbps

上り:239.32Mbps

楽天ひかり下り:最大1Gbps

上り:最大1Gbps

下り:245.31Mbps

上り:222.42Mbps

※料金はすべて税込表記

ドコモ光と楽天ひかりの通信規格上の最大通信速度は上り下りともに1Gbpsとなっています。

実際の速度をあらわす実測値でみてもドコモ光の方がほんのわずか速いとはいえ、ほとんど変わりない数値といえるでしょう。

ドコモ光と楽天ひかりの速度実測値はほぼ同じなのは、ともにフレッツ光の回線を使っている光コラボ回線だからです。

通信速度に大差はないので、楽天ポイントを効率的に貯めたいという方には楽天ひかりの方がおすすめといえるでしょう。

楽天ひかりでIPv6を使う方法

楽天ひかりでは、IPv6を使うための申し込み手続きは必要ありません。

ただし楽天ひかりでIPv6の機能を発揮させるためには、IPv6に対応したルーターを用意する必要があります

ドコモ光から楽天ひかりに乗り換える際はルーターの再設定が必要なので、IPv6を使いたい場合はIPv6対応ルーターを導入してから設定するとよいでしょう。

IPv6対応ルーターのくわしい設定方法などは「ドコモ光から楽天ひかりに乗り換える際にルーターの設定は再度必要?」の項で説明していますので、ぜひ参考にしてみてください。

楽天ひかりが遅い・繋がらない場合はIPv6を活用しよう

楽天ひかりを使っていても、速度が遅い場合や回線が繋がらない場合はIPv6を活用してみましょう。

IPv6は高速通信可能な次世代技術であり、回線が混雑しづらく安定して快適な通信を行えるというメリットがあります。

楽天ひかりではIPv6に対応したルーターを光回線に繋ぐことでIPv6を利用できるので、楽天ひかりの通信速度でお悩みの方はぜひ試してみてください。
楽天ひかり公式:https://network.mobile.rakuten.co.jp/hikari/

\1,000ptもらえるキャンペーン実施中!/

ドコモ光から楽天ひかりへの乗り換えで使えるお得なキャンペーン

ドコモ光から楽天ひかりへ乗り換えることで使える現在実施中のお得なキャンペーンは以下の2つです。

  • 楽天ポイント+1倍キャンペーン
  • 楽天ひかりに新規申込で楽天ポイントを1,000ptプレゼント

それぞれのキャンペーン内容について次項よりくわしくご紹介していきましょう。

なお楽天ひかりのキャンペーン申し込み方法などは、楽天ひかりキャンペーン解説記事にて最新情報をご紹介していますので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。

楽天ポイント+1倍キャンペーン

楽天ひかり 1倍

楽天ひかりでは、楽天ひかりを契約している楽天会員を対象に楽天市場で買い物すると楽天ポイントが+1倍になるお得なキャンペーンを開催中です。

楽天ひかりの開通が確認された月から楽天市場で購入した商品に対して+1倍ポイントが付与され、翌月15日にポイントが進呈されます。

進呈されるポイント数は5,000ptという上限があり、当キャンペーンで獲得したポイントは進呈されてから1ヶ月間のみ有効な期間限定ポイントである点に留意しておきましょう。

楽天ひかりに新規申込で楽天ポイントを1,000ptプレゼント

楽天ひかり 1,000ポイント

楽天ひかりでは新規で2年定期プランに申し込んだ方を対象として、楽天ポイントを1,000ptプレゼントするキャンペーンが実施されています。

楽天ひかりの専用ページより申し込みを行うことで、楽天ひかりの開通月から3ヶ月後に1,000ptの楽天ポイントがもらえてお得です。

進呈されたポイントは進呈月から半年のみ有効な期間限定ポイントですが、楽天ポイントをたくさん貯めたい方にはぴったりのキャンペーンといえるでしょう。
楽天ひかり公式:https://network.mobile.rakuten.co.jp/hikari/

\1,000ptもらえるキャンペーン実施中!/

ドコモ光から楽天ひかりへの乗り換えで発生する費用・料金

ドコモ光から楽天ひかりへ乗り換える際に発生する費用については、おおまかに以下の2点が考えられます。

  • ドコモ光の解約違約金
  • 楽天ひかりとドコモ光の事務手数料

ドコモ光から楽天ひかりへの乗り換えで経費がいくらかかるのかを前もって正確に知っておくことで無駄な出費を抑えられるでしょう。

出来る限りお得にドコモ光から楽天ひかりへの乗り換えを済ませたい方はぜひ参考にしてみてください。

ドコモ光の解約違約金

ドコモ光の契約プランには、2年契約プランと契約期間なしプランの2種類があります。

契約期間なしプランでは解約違約金はかかりませんが、2年契約プランの解約もしくは契約期間なしプランへの変更には解約違約金が発生してしまいます。

プランドコモ光の解約違約金
2022年7月1日以降に契約した場合2022年6月30日以前に契約した場合
戸建て5,500円14,300円
マンション4,180円8,800円

※料金はすべて税込表記
※1ギガ(2年定期契約)プランの場合

2022年6月30日以前の契約と2022年7月1日以降に契約した場合で、ドコモ光の解約違約金額は大きく異なるため注意してください。

もし解約違約金を払いたくない場合は、契約満了となる月とその翌月・翌々月の3ヶ月間の契約更新月にドコモ光を解約するようにしましょう。

契約更新月に解約すれば解約違約金がかからないので、なるべく安くドコモ光から楽天ひかりへ乗り換えたい方は契約更新月に解約することをおすすめします。

楽天ひかりとドコモ光の事務手数料

ドコモ光から楽天ひかりへの乗り換えにあたっては、ドコモ光と楽天ひかり双方で事業者変更にともなう事務手数料が必要となります。

ドコモ光と楽天ひかりにおいて事業者変更にかかる事務手数料は下表のとおりです。

サービス名事業者変更事務手数料
ドコモ光2022年7月1日以降に契約:0円

2022年6月30日以前に契約:3,300円

楽天ひかり1,980円

※料金はすべて税込表記

ドコモ光ではドコモ光の契約年月日によってかかる事務手数料が異なるので注意してください。

また事業者変更による楽天ひかりの契約事務手数料は、一律税込1,980円となります。

ドコモ光から楽天ひかりへの乗り換えにかかる事務手数料は最大税込5,280円かかるため、費用に問題がないか事前に確認しておくとよいでしょう。
楽天ひかり公式:https://network.mobile.rakuten.co.jp/hikari/

\1,000ptもらえるキャンペーン実施中!/

ドコモ光から楽天ひかりに乗り換えるデメリット

ドコモ光から楽天ひかりに乗り換えるにあたって考えられるデメリットは、楽天ひかりの1年間無料キャンペーンが終了してしまっている点です。

楽天ひかりでは楽天モバイルと楽天ひかりを同時契約することで、楽天ひかりの月額料金を1年間も無料にできるお得なキャンペーンを開催していました。

しかし2023年4月に楽天ひかりの1年間無料キャンペーンは終了しており、楽天ひかりで使える月額割引がなくなったことで実質月額料金が高くなってしまっているのが現状です。

お得に光回線を使いたい方にとって、楽天ひかりへの乗り換えは現状おすすめできないといえるでしょう。

ドコモ光からよりお得な光回線へ乗り換えたいと考えている方は、光回線のおすすめ13社比較まとめ記事にてご自身に合う光回線をぜひ探してみてください。
楽天ひかり公式:https://network.mobile.rakuten.co.jp/hikari/

\1,000ptもらえるキャンペーン実施中!/

ドコモ光から楽天ひかりに乗り換えるメリット

ドコモ光から楽天ひかりへ乗り換えることで得られるメリットとしては、楽天ポイントが貯まりやすくなる点があげられます。

楽天ひかりでは、楽天ポイントが貯まるお得なキャンペーンを開催しています。

キャンペーン名キャンペーン概要
楽天ポイント+1倍キャンペーン楽天ひかりを契約することで楽天市場での買い物ごとに楽天ポイント+1倍
楽天ひかり新規申込で楽天ポイントを1,000ptプレゼント楽天ひかりの新規契約から4ヶ月後に楽天ポイントを1,000ptプレゼント

楽天ひかりのキャンペーンを利用することで、楽天ポイントを効率的に貯められるのでお得です。

普段から楽天ポイントを利用して買い物をされる方は、楽天ひかりへの乗り換えがおすすめです。

ほかにも楽天ひかりを利用するメリットについては、楽天ひかりの評判まとめ記事にてくわしくご紹介していますので、あわせてチェックしてみてください。
楽天ひかり公式:https://network.mobile.rakuten.co.jp/hikari/

\1,000ptもらえるキャンペーン実施中!/

ドコモ光から楽天ひかりへの乗り換え手順

実際にドコモ光から楽天ひかりへ乗り換える手順については、以下の通りです。

  1. ドコモ光から事業者変更承諾番号を取得する
  2. 楽天ひかりに事業者変更で申し込む
  3. 回線が楽天ひかりに切り替わるのを待つ
  4. 機器の初期設定をして利用開始
  5. ドコモ光のレンタル機器を返却する

それぞれのステップ順に乗り換え方法をくわしく解説していきますので、楽天ひかりへの乗り換え手順が分からない方はぜひ参考にしてみてください。

ドコモ光から事業者変更承諾番号を取得する

ドコモ光から楽天ひかりへの乗り換えには、事業者変更の手続きが必要になります。

ドコモ光の専用ページより、事業者変更の手続きに必要な事業者変更承諾番号を取得しましょう。

なお事業者変更承諾番号には有効期限があり、番号の取得から15日間しか使えません

事業者変更承諾番号が有効期限切れになった場合は再取得が必要となるので、番号を取得後はなるべく早めに手続きを済ませることをおすすめします。

楽天ひかりに事業者変更で申し込む

ドコモ光から事業者変更承諾番号を取得したら、楽天ひかりに事業者変更で申し込みを行います。

ドコモ光から楽天ひかりへ事業者変更を申し込む際は、事業者変更承諾番号と契約者氏名のほか下記情報が必要となるのであらかじめ準備しておきましょう。

【ドコモ光から楽天ひかりへの事業者変更申し込みに必要な情報】
・NTT東日本エリアにお住まいの方:ドコモ光設置場所の利用者名

・NTT西日本エリアにお住まいの方:ドコモ光の契約ID

またドコモ光から楽天ひかりへの事業者変更手続きには事務手数料が必要となる点に注意が必要です。

回線が楽天ひかりに切り替わるのを待つ

楽天ひかりへの事業者変更申し込みが完了したら、あとは回線がドコモ光から楽天ひかりに切り替わるのを待ちましょう。

回線の切り替え手続きは楽天ひかり側で行ってくれるため、ご自身での手続きは不要です。

機器の初期設定をして利用開始

楽天ひかりで回線切り替えが完了したら、必要な周辺機器の設定を行います。

ドコモ光で利用していたルーターは楽天ひかりでも引き続き利用可能ですが、ルーターの再設定が必要です。

高速通信可能なIPv6を使いたい場合は、IPv6に対応したルーターが別途必要になるので準備しておきましょう。

お手持ちのNTT機器とルーターの設定を完了させれば、楽天ひかりの利用開始となります。

楽天ひかりのインターネット接続設定方法

楽天ひかりのインターネット接続設定方法は、以下の手順で行います。

  1. NTT機器の電源をOFFにする
  2. 用意したルーターの背面にある「モード切替スイッチ」を「RT」側にする
  3. NTT機器の「LANポート」とルーターの背面にある「WANポート」をLANケーブルで繋ぐ
  4. NTT機器の電源をONにし、1分ほど待つ
  5. パソコンでインターネットを使う場合は、電源をOFFにしたパソコンの「LANポート」とルーターの背面にある「LANポート」をLANケーブルで繋ぐ
  6. ルーターの電源をONにし、1~2分ほど待つ
  7. ルーターのマニュアルにしたがって正常に作動しているか確認する

上記手順で正常に接続完了していることが確認できれば、引き続きルーター本体の設定を行います。

ルーター本体の設定方法については「楽天ひかりのルーター設定方法」にて説明していますので、参考にしてみてください。

ドコモ光のレンタル機器を返却する

楽天ひかりへの乗り換え手続きが終わったら、ドコモ光は自動的に解約となります。

使わなくなったドコモ光のレンタル機器は所定の方法でドコモ光へ返却しましょう。

返却伝票つきの専用回収キットが送られてくるので、回収キット内にある返却リストに記載された機器を返却用封筒に入れて返送してください。

なおドコモ光解約時に回線の撤去工事を行う場合は工事担当者がレンタル機器を回収してくれるため、ご自身での返却対応は必要ありません。

レンタル機器を返却しなかった場合は弁償となる可能性もあるので、返却し忘れないようにしましょう。
楽天ひかり公式:https://network.mobile.rakuten.co.jp/hikari/

\1,000ptもらえるキャンペーン実施中!/

そもそも楽天ひかりとはどんな光回線?

 楽天ひかり 公式

項目名サービス概要
月額料金戸建て:5,280円

マンション:4,180円

工事費【戸建て】

配線調整あり:19,800円

配線調整なし:8,360円

派遣工事なし:2,200円

【マンション】

配線調整あり:16,500円

配線調整なし:8,360円

派遣工事なし:2,200円

初期登録費新規もしくは他社から楽天ひかりへ乗り換える場合:880円

フレッツ光から楽天ひかりへ乗り換える場合(転用):1,980円

他社光コラボから楽天ひかりへ乗り換える場合(事業者変更):1,980円

速度実測値※1下り:245.31Mbps

上り:222.42Mbps

主なキャンペーン【楽天ポイント+1倍キャンペーン】

楽天ひかりを契約することで楽天市場での買い物ごとに楽天ポイント+1倍

【楽天ポイント1,000ptプレゼント】

楽天ひかりの新規契約から4ヶ月後に楽天ポイントを1,000ptプレゼント

提供エリア全国
運営会社楽天モバイル株式会社

※料金はすべて税込表記

楽天ひかりは楽天モバイル株式会社が運営する光コラボ回線サービスです。

最大1Gbpsを誇る高速通信が魅力で、IPv6対応の機器を設定すれば安定した快適な高速インターネットを楽しめるでしょう。

また楽天ポイントをお得に貯められるキャンペーンが開催されているので、楽天ポイントをお得に貯めたい方にもおすすめの光回線です。

楽天ひかり公式:https://network.mobile.rakuten.co.jp/hikari/

\1,000ptもらえるキャンペーン実施中!/

楽天ひかりの特徴

楽天ひかりの主な特徴としては、以下の点があげられます。

  • 提供エリアが広い
  • 高速通信できるIPv6に対応している
  • 楽天ポイントを貯めやすい

上記の特徴はドコモ光から楽天ひかりへ乗り換えるメリットにもつながるため、次項にてくわしく解説してまいりましょう。

提供エリアが広い

楽天ひかりはフレッツ光の回線を利用している光コラボ回線で、全国的にエリアを展開しています。

提供エリアが広いことから、楽天ひかりは地方にお住まいの方でも使いやすいといえるでしょう。

高速通信できるIPv6に対応している

楽天ひかりでは高速通信可能な次世代技術のIPv6を採用しており、安定して快適なインターネットを楽しめます。

ドコモ光でIPv6を使っていた方なら楽天ひかりに乗り換えても引き続きIPv6を使えるので、安心して乗り換えられるでしょう。

また楽天ひかりでIPv6を利用するためには、IPv6に対応したルーターを別途準備しておく必要があります。

ドコモ光でIPv6対応ルーターをお使いだった方は、楽天ひかりに乗り換えた後でルーターを再設定する必要がある点に注意してください。

楽天ポイントを貯めやすい

楽天ひかりでは、新規契約者を対象として楽天ポイントを1,000ptプレゼントするキャンペーンを実施中です。

楽天市場で買い物するごとに+1倍の楽天ポイントをもらえる特典とあわせて利用すれば、効率的に楽天ポイントを貯められます。

楽天ひかりなら楽天ポイントを貯めやすいので、普段から楽天ポイントを使って買い物をする方にもお得といえるでしょう。

楽天ひかりの利用をおすすめする人の特徴

楽天ひかりの利用をおすすめする人の特徴としては、以下の2つがあげられます。

  • 楽天ポイントを効率よく貯めたい人
  • 安定した快適な通信速度を求める人

楽天では楽天市場で買い物をすると楽天ポイントが+1倍もらえるキャンペーンが実施されており、楽天ポイントを効率的に貯めることが可能です。

新規契約者を対象に楽天ポイントを1,000ptもらえるキャンペーンも開催しているので、楽天会員の方や普段から楽天で買い物をする方におすすめです。

また楽天ひかりはIPv6通信に対応しており、IPv6対応のルーターを使用することで回線の混雑を避けた高速通信を実現できます。

現状の通信速度に満足していない方や安定した快適な通信速度を求める方にもおすすめの光回線です。

楽天ひかりの利用をおすすめしない人の特徴

楽天ひかりの利用をおすすめしない人の特徴は、以下の通りです。

  • お得に光回線を使いたい人
  • ドコモユーザーの人

現在、楽天ひかりでは月額割引など料金が安くなるキャンペーンが実施されていません

過去に開催されていた月額料金1年間無料キャンペーンは既に終了しており、楽天ひかりはお得に光回線を使いたい人にあまりおすすめできないでしょう。

またドコモ光を使っている方でドコモユーザーの方は、楽天ひかりに乗り換えることでスマホセット割を適用できなくなります。

スマホ料金を安くすることで通信費を節約したいという方は、楽天ひかりに乗り換えない方が得策といえるでしょう。
楽天ひかり公式:https://network.mobile.rakuten.co.jp/hikari/

\1,000ptもらえるキャンペーン実施中!/

ドコモ光から楽天ひかりへの乗り換えまとめ

ドコモ光から楽天ひかりへの乗り換えは事業者変更にあたるため、開通工事が不要で固定電話やテレビサービスも簡単に引き継げます。

楽天ひかりはIPv6に対応しているので、IPv6対応のルーターを再設定すれば安定した快適な高速通信を実現できるでしょう。

また楽天ポイントをたくさんもらえるお得なキャンペーンを利用することで、効率的に楽天ポイントを貯められます。

楽天ひかりは日常的に楽天市場などで買い物をする方にもおすすめの光回線です。

また2024年1月16日より、楽天ひかりでは月額料金6ヶ月間無料キャンペーンを実施しています。

もし月額料金が安い光回線への乗り換えを希望する方は、光回線のおすすめ13社比較記事を参考にご自身に合ったお得な光回線を探してみることをおすすめします。

楽天ひかり公式:https://network.mobile.rakuten.co.jp/hikari/

\1,000ptもらえるキャンペーン実施中!/

この記事を書いた人
福田ありさ

福田ありさ

ぴかまろ編集・ライティング担当。光回線の販売経験を活かして、インターネットサービスのあれこれをわかりやすくお伝えできるように日々奮闘しています。家でも光回線やスマホサービスを色々試しており、ユーザー目線でリアルな情報を発信できたらと思っています!よろしくお願いします。

NEWS PICKSはこちら