gmoとくとくbb光 10g 評判

GMOとくとくBB光10Gの評判は悪い?デメリットは?」

GMOとくとくBB光10Gの速度(実測値)は?」

GMOとくとくBB光のキャンペーンはお得?」

GMOとくとくBB光とGMO光アクセスの違いは?」

GMOとくとくBB光の10Gプランは、1Gプランよりも通信速度が速く、特にオンラインゲームや動画配信、大容量のデータ通信といった速度を必要とする作業が快適に行える特徴があります。

10Gプランの通信を最大限活用するには、10ギガに対応したルーターやLANケーブル等が必要となるので、下記を参考にご用意ください。

GMOとくとくBB光10Gを利用するためにおすすめの通信環境
PC・スマホ等周辺機器
  • 有線:LANポート10GBASE-T
  • 無線:WiFi6搭載
ルーター
  • ホームゲートウェイ
  • 10Gbps対応ルーター

※GMOとくとくBBからの申し込みで最新Wi-Fiルーターが月額390円でレンタル可能

LANケーブル
  • カテゴリ6A以上

GMOとくとくBB光10GをGMOとくとくBBの公式サイトから申し込むと、最大126,000円のキャッシュバックが受け取れます。

さらに、最新Wi-Fiルーターが月額390円という安さでレンタル可能なので、ルーターの新規購入や買い換えを検討している方にもおすすめです。

この記事では、GMOとくとくBB光10Gの評判からわかるメリット・デメリット、申し込みからキャッシュバック受け取りまでの流れを詳しく解説しています。

まずはどんなデメリットがあるのか知りたい!という人のために、GMOとくとくBB光10Gプランのデメリットと対処法について簡単にご紹介します。

GMOとくとくBB光10Gプランのデメリット対処法
光回線の接続方式に注意
  • VDSLやLAN方式の場合、10Gを導入しても速度が出ないのであらかじめ確認する
料金が少し高め
  • GMOとくとくBBからの申し込みでキャッシュバックを活用して実質月額料金を下げる
  • 他の光回線でスマホ割が使えるキャリアを使っている場合は、他のおすすめ光回線を選ぶ
マンションでも戸建ての料金と同じ
  • 1Gプランでも十分な人が契約してしまうと損をするので、事前に10Gの通信速度が必要かを確認をする
10Gプランに対応した機器を取り揃えないといけない
  • 開通前にあらかじめ10Gに対応した機器をそろえる
  • NNコミュニケーションズの最新Wi-FiルーターがもらえるBコースのキャッシュバックを利用する
10Gプラン対応のルーターが高め
  • Wi-Fiルーター月額390円レンタルキャンペーンを利用する
対応エリアが狭い
  • 契約前に対応エリアかどうかをチェックする
  • エリア外の場合は高速通信が可能な他のおすすめ光回線を選ぶ
工事の立ち会いが必須
  • 時間に余裕をもって早めに申し込み手続きをおこなう
  • 繁忙期(3月〜4月)の申し込みを避ける

GMOとくとくBB光の10Gプランは、評判から口コミからわかるデメリットがいくつかありますが、対処法を知っていれば解決できるものがほとんどです。

通信環境をしっかりと整えていれば、オンラインゲームや動画配信を快適な通信速度で楽しめる可能性が高いですよ。

光回線名キャンペーン内容+おすすめポイント公式サイト
とくとくBB光 とくとくBB光・本サイト限定で最大126,000円キャッシュバック

・実質月額料金は1,365円〜で他社より安い

・格安スマホユーザーでも安く利用できておすすめ

・通信速度に力を入れているから快適にインターネットを使える可能性が高い
とくとくBB光公式サイト

\本サイト限定!最大126,000円キャッシュバック!/

※本記事は2024/5/22時点の情報です。詳細は各公式ページをご参照ください。
記事内の「実質月額」と「契約期間内の総額」は以下の計算式で算出しています。
※1:実質月額料金={(契約期間×月額料金)+初期費用(工事費・端末代・オプション料金・契約事務手数料など)-(キャッシュバック+月額料金割引)}÷契約期間
※2:契約期間内の総額={(契約期間×月額料金)+初期費用(工事費・端末代・オプション料金・契約事務手数料など)-(キャッシュバック+月額料金割引)}
実測値参考元:みんなのネット回線速度

目次

GMOとくとくBB光10Gプランの評判からわかるデメリット・注意点7つ

gmoとくとくbb光 10g 評判 デメリット

GMOとくとくBB光10Gプランの評判からわかる、デメリットや注意点を7つご紹介します。

いずれも対処法を知っていれば、対策できるものばかりですので、GMOとくとくBB光の10Gプランを検討している方は、まずこちらから確認していきましょう!

光回線の接続方式に注意

GMOとくとくBB光10Gプランは、戸建てとマンションで契約が可能ですが、特にマンションにお住まいの方は光回線の接続方式に注意してください。

マンションの中には、VDSL方式という接続方式を採用している建物があり、この場合は10Gの通信設備を整えても下りの最大通信速度が100Mbps程度しか出ません。

高い月額料金を支払っても、思ったような速度が出ないのでエリア内であっても建物の接続方式を申し込み前に確認しておくことが大切です。

料金が少し高め

GMOとくとくBB光10Gは、1Gに比べると月額料金が少し高いです。

料金プラン月額料金
1Gプラン戸建て:4,818円

マンション:3,773円

10Gプラン5,940円

月額料金は高くなりますが、GMOとくとくBBの窓口から申し込むと最大126,000円のキャッシュバックが受け取れるので、キャンペーンを適用させれば実質月額料金を安くすることが可能です。

申込時のキャンペーンは窓口毎に異なりますので、よりお得に利用開始できるGMOとくとくBBの窓口から申し込みましょう。

マンションでも戸建ての料金と同じ

GMOとくとくBB光10Gの月額料金は、戸建て・マンションで変わりはありません。

マンションにお住まいの場合、1Gの月額料金と比較すると2,167円も高くなります。

1Gプランで十分な人が契約すると、損をする形になるので、ご自身のインターネット利用方法についてよく考えた上で申し込みましょう。

GMOとくとくBB光公式:https://gmobb.jp/service/gmohikari/

\本サイト限定!最大126,000円キャッシュバック!/

10Gプランに対応した機器を取り揃えないといけない

10Gプランの通信速度を最大限利用するためには、10Gプランに対応した機器をそろえる必要があります。

光回線のサービスだけを10Gにしても、LANケーブルやルーターが1G対応の物である場合、十分な実測値が望めません。

GMOとくとくBB光10Gプランにおすすめの機器については「GMOとくとくBB光10Gプランで快適に通信するために必要な環境・機器」で解説していますので、あわせてお読みください。

10Gプラン対応のルーターが高め

GMOとくとくBB光10Gプランを利用するためには、10Gに対応したルーターが必要ですが、量販店やネット購入する場合でも、平均価格は10,000円~30,000円前後と初期費用としては大きい値段がかかります。

GMOとくとくBBから10Gプランを申し込んだ場合、10G対応最新ルーター「WXR-5700AX7S」が月額390円でレンタル可能です。

12ヶ月レンタルで4,680円、工事費の残債支払いが完了する36ヶ月目まで利用すると14,040円なので、高価なルーターを購入するよりも安い料金で使える事がわかります。

現在10G対応ルーターをお持ちでない人は、レンタルキャンペーンの利用がおすすめですよ。

対応エリアが狭い

GMOとくとくBB光の10Gプランは、1Gプランに比べると対応エリアが狭いです。

NTT東日本エリア東京都・神奈川・千葉・埼玉・北海道・宮城・新潟
NTT西の本エリア大阪府・和歌山・京都府・奈良・滋賀・兵庫・愛知・静岡・岐阜・三重

現状の提供エリアは上記の通りですが、直近でも2024年3月26日にエリアが拡大となっていることから、今後もエリア外の地域が提供エリア内となる可能性があります。

必ず申し込み前に、自宅がエリア内であるかを確認してください。

エリアはフレッツ光クロスの提供エリアと同じであるため、下記より確認ができます。

GMOとくとくBB光10Gがエリア外で、速度の速い光回線を探している方は、他の光回線の10Gプランがエリア内であるかや、独自回線を利用しているauひかりやNURO光も合わせてご確認ください。

工事の立ち会いが必須

GMOとくとくBB光10Gプランの利用には、おなじ10Gプランの光コラボから転用・事業者変更を使って乗り換える場合を除き、開通工事が必ず必要となります。

1Gプランから10Gプランへのプラン変更の場合でも、扱いは新規申込となるので開通工事費が発生します。

しかし、GMOとくとくBBからの申し込みであれば、新規開通工事費が実質無料となり、初期費用を抑えて利用可能です。

申し込みから工事までは2ヶ月程度かかる場合もあるので、ある程度期間に余裕を持って手続きを進めていきましょう。

GMOとくとくBB光公式:https://gmobb.jp/service/gmohikari/

\本サイト限定!最大126,000円キャッシュバック!/

GMOとくとくBB光10Gプランの評判からわかるメリット6つ

gmoとくとくbb光 10g 評判 メリット

GMOとくとくBB光10Gプランの評判からわかるメリットを、6つご紹介します。

SNSや評価サイトでは、デメリットの評価が目立つ傾向にありますが、もちろん多くのメリットが存在します。

GMOとくとくBB光10Gプランには、どんなメリットがあるのかを、詳しく見ていきましょう。

通信速度が速い

GMOとくとくBB光10Gプランは、最大実測値が10Gbpsとなるため、1Gよりも通信速度が速いという特徴があります。

残念ながらSNSや測定サイトでGMOとくとくBB光10Gの実測値を実際に測定した速度が見つけられませんでしたが、同じフレッツ光回線の10Gサービスであるフレッツ光クロスの速度を紹介します。

【フレッツ光クロスの実測値例】

  • 下り:2023.98Mbps、上り:2284.45Mbps
  • 下り:2608.3Mbps、上り:3743.64Mbps
  • 下り:7025.27Mbps、上り:7089.00Mbps

※引用元:X(旧Twitter)

上記の実測値は測定時間や曜日、地域も異なるのであくまでも目安と捉えてください。

10Gに必要な機器をそろえて利用すると、GMOとくとくBB光10Gもこれくらいの実測値が出るポテンシャルがあると考えられます。

オンラインゲームや動画配信を快適にできる可能性が高い

GMOとくとくBB光10Gは、オンラインゲームや動画配信といった速度を必要とする利用方法でも、快適に使える可能性が高いです。

大容量のデータ通信、オンライン会議といった利用方法でもスムーズに通信できるため、ストレス無くインターネットの利用が可能です。

10G専用のキャンペーン・キャッシュバックがお得

GMOとくとくBB光10GをGMOとくとくBBから申し込むと、10G専用のキャンペーンやキャッシュバックが利用できます。

通常1Gプランの申し込みでは、全員対象となるキャッシュバック額は30,000円ですが、10Gプラン契約時にはキャッシュバックが11,000円上乗せとなり、合計41,000円のキャッシュバックになります。

10G対応のWi-Fiルーターを月額390円でレンタル可能となるキャンペーンも開催していて、現在Wi-Fiルーターの新規購入や買い換えを検討している人におすすめです。

GMOとくとくBB光公式:https://gmobb.jp/service/gmohikari/

\本サイト限定!最大126,000円キャッシュバック!/

格安SIMユーザーでも安い

GMOとくとくBB光10Gにはスマホセット割がありませんが、元々の月額料金が他社10Gサービスよりも安いため、格安SIMユーザーでも安く使える光回線です。

サービス名月額料金
GMOとくとくBB光10G</5,940円
ドコモ光10G6,380円
ソフトバンク光10G6,380円
auひかり10G6,798円

月額料金の安さに加えて、最大126,000円のキャッシュバックキャンペーンも開催されていることから、実質月額料金もさらに安く抑えられます。

他社でスマホ割を利用できない格安SIMユーザーの方は、GMOとくとくBB光10Gの契約がおすすめですよ。

工事費が実質無料

GMOとくとくBB光10Gの開通には工事は必須となりますが、工事費はキャンペーンを適用することで実質無料になります。

工事費実質無料キャンペーン
内容最大26,400円相当の工事費が継続36ヶ月利用で実質無料

※36回の分割払い相当額を割り引くことで相殺

注意事項
  • 土日・祝日工事の追加工事費や工事内容によって発生する追加料金は実質無料特典の適用外
  • 分割払い(36ヶ月)期間中での解約時は、残りの残債が一括請求される

注意すべき点は、工事費が完全無料では無く「実質無料」であるという点です。

36回払いの分割料金と同等額を毎月割り引くことで、工事費が無料となるシステムなので、この期間中に解約すると、残りの工事費が一括請求されます。

10G対応のルーターを格安でレンタルできる

GMOとくとくBB光10Gプランを、GMOとくとくBBの窓口から申し込むと、10G対応ルーターを月額390円でレンタル可能です。

12ヶ月レンタルで4,680円、工事費の残債支払いが完了する36ヶ月目まで利用すると14,040円なので、市販されている10G対応ルーターの平均価格よりも安くレンタルできます。

量販店で数あるルーターの中からどれを選べば良いかわからない人や、高額な初期費用を抑えたい人におすすめです。

GMOとくとくBB光公式:https://gmobb.jp/service/gmohikari/

\本サイト限定!最大126,000円キャッシュバック!/

GMOとくとくBB光10Gの通信速度は速い?1Gプランとの比較や評判・口コミ

gmoとくとくbb光 10g 評判 通信速度

プラン1Gプラン10Gプラン
月額料金戸建て:4,818円

マンション:3,773円

5,940円
実質月額料金戸建て:4,076円

マンション:3,031円

4,893円
最大通信速度1Gbps10Gbps
契約期間なし(実質3年)
工事費最大26,400円

※実質無料

スマホセット割なし
キャッシュバック最大11,5000円最大126,000円
キャンペーン
  • 30,000円キャッシュバック
  • 他社からの乗り換え時最大60,000円キャッシュバック
  • 指定オプション申し込みで最大25,000円キャッシュバック
  • 工事費実質無料キャンペーン
  • 最新Wi-Fiルーター無料レンタル
  • 41,000円キャッシュバック
  • 他社からの乗り換え時最大60,000円キャッシュバック
  • 指定オプション申し込みで最大25,000円キャッシュバック
  • 工事費実質無料キャンペーン
  • 最新Wi-Fiルーター月額390円レンタル
GMOとくとくBB光の評判(10Gの通信速度)】

  • 通信速度が速い
  • 機器を同時使用しても速度が落ちないので快適
  • 土日・深夜の時間帯でも問題なく使える

※引用元:X(旧Twitter)

GMOとくとくBB光の1Gプランと10Gプランを比較すると、上記のようになります。

口コミを見ても、悪い評判はそこまで見られず通信速度の安定さについての口コミが目立ちます。

GMOとくとくBB光10Gは1Gよりも高い月額料金ですが、その分キャッシュバックが11,000円上乗せされるため、実質月額料金は比較的安い料金に抑えられます。

スマホセット割を使えない格安スマホユーザーは、GMOとくとくBB光10Gがおすすめです。

GMOとくとくBB光10Gプランを快適に使うためには、この後ご紹介する「GMOとくとくBB光10Gプランで快適に通信するために必要な環境・機器」を参考にしてください。

10Gプランは1Gプランより理論値では10倍速い

GMOとくとくBB光10Gプランの最大通信速度は10Gbpsです。

1Gプランの最大通信速度は1Gbpsであることから、理論値だけを見ると10Gプランの方が10倍速い速度で利用できるということになります。

あくまでもこの最大通信速度は「最良の条件が整った際に発揮できる理論上の最大値」です。

実際に使った時の速度が知りたい場合は、SNSでその回線を利用している人の実測値測定結果を参考にしたり、「みんなのネット回線速度」を確認してみましょう。

測定地域や時間帯、有線・無線の接続状況で実測値にも差がありますので、あくまでも参考値として見ることが大切です。

【結論】GMOとくとくBB光10Gプランの実測値はかなり速い

GMOとくとくBB光10Gの実測値は、SNS等で確認できませんでしたが、同じ回線を使用しているフレッツ光クロスの実測値例を紹介します。

【フレッツ光クロスの実測値例】

  • 下り:2023.98Mbps、上り:2284.45Mbps
  • 下り:2608.3Mbps、上り:3743.64Mbps
  • 下り:7025.27Mbps、上り:7089.00Mbps

※引用元:X(旧Twitter)

この実測値を見てみると、同じフレッツ光の回線を使用しているGMOとくとくBB光10Gも同程度の速度が出るポテンシャルを持っていると考えられます。

あくまでもこの実測値は目安となりますが、1Gよりもかなり速い速度でインターネットを使えることがわかります。

動画配信やオンラインゲーム、大容量のデータ通信をする方には、10G光回線がおすすめです。

GMOとくとくBB光10Gプランで快適に通信するために必要な環境・機器

auひかりの10ギガプランを快適に利用するために必要な環境や機器は、以下の通りです。

PC・スマホ等周辺機器
  • 有線:LANポート10GBASE-T
  • 無線:WiFi6搭載
ルーター
  • ホームゲートウェイ
  • 10Gbps対応ルーター

※GMOとくとくBBからの申し込みで最新Wi-Fiルーターが月額390円でレンタル可能

LANケーブル
  • カテゴリ6A以上

今まで1Gの回線を利用していた場合、特にLANケーブルのカテゴリ違いに注意が必要です。

1G対応機器を利用していると、10G回線のパフォーマンスを十分に発揮できません。

せっかく光回線を10Gにしても思ったように速度が出ないので、必ず周辺機器の環境をご確認ください。

GMOとくとくBB光公式:https://gmobb.jp/service/gmohikari/

\本サイト限定!最大126,000円キャッシュバック!/

GMOとくとくBB光10Gプランの評判からわかる利用をおすすめしない人の特徴

gmoとくとくbb光 10g 評判 おすすめしない人

GMOとくとくBB光10Gプランの評判からわかる、利用をおすすめしない人の特徴は、以下の3つです。

なぜおすすめできないのか、そういった人はどの光回線やプランがおすすめなのかについて、詳しく解説していきたいと思います。

au・ドコモ・ソフトバンクのスマホを利用している方

GMOとくとくBB光には、対象となるスマホセット割が無いため、au・ドコモ・ソフトバンクのスマホを利用している方にはおすすめできません。

【各スマホキャリア毎におすすめの光回線】

  • au:auひかり10ギガ・ビッグローブ光10ギガ
  • ドコモ:ドコモ光10ギガ
  • ソフトバンク:NURO光10ギガ・ソフトバンク光10ギガ

スマホ割は、毎月の通信費の節約にも繋がるので、対象キャリアを利用中の方は上記を参考におすすめの光回線をお選びください。

mineoをはじめとした格安SIMユーザーにはGMOとくとくBB光がおすすめ

スマホセット割の対象外となる、格安SIMを利用中のユーザーには、GMOとくとくBB光がおすすめです。

GMOとくとくBB光は、多くの光回線の中でも実質月額料金が安い光回線です。

おすすめの窓口GMOとくとくBBから申し込むと、最大126,000円キャッシュバックが受け取れるため、お得に利用できますよ。

現在とくとくBB光入会後に、格安スマホmineoをとくとくBB限定特典プランで申し込むと、6月3日までデータ容量が最大6ヶ月間一律10Gに増量されるキャンペーンが開催中です。

【申し込み方法】

  1. GMOとくとくBB光をGMOとくとくBB公式サイトから申込む
  2. BBnavi(会員ページ)内からキャンペーンページへアクセス
  3. 専用フォームから申し込み

「マイピタまるっと990円キャンペーン」と併用可能なので、よりお得にmaineoを始められます。

オンラインゲームや動画配信をしない方

速度を必要とするオンラインゲームや動画配信をしない方には、GMOとくとくBB光10Gプランはおすすめしません。

SNSの閲覧やYouTube等の動画視聴を楽しむ程度であれば、1Gプランで十分楽しめます。

10Gプランの方が1Gプランよりも月額料金が高いので、ご自身のインターネット利用方法をよく考えてからプランを選ぶのが大切です。

提供エリア外の方

GMOとくとくBB光10Gプランは、提供エリアが限られている関係上、エリア外にお住まいの方は利用できません。

エリア外だが、速度の速い光回線を探している人は独自回線を利用したauひかりやNURO光といった光回線がおすすめです。

独自回線を利用した光回線は、光コラボの光回線よりも速い通信速度でインターネットを利用できます。

10Gプランに比べると速度は落ちますが、速度の速く安定して使えるおすすめの光回線です。

GMOとくとくBB光公式:https://gmobb.jp/service/gmohikari/

\本サイト限定!最大126,000円キャッシュバック!/

GMOとくとくBB光10Gプランの申し込みから利用開始まで(キャッシュバック受け取りまで)の流れ

gmoとくとくbb光 10g 申し込み時の注意点

実際にGMOとくとくBB光10Gプランを、おすすめの申込窓口のGMOとくとくBBから申し込んだ場合の、キャッシュバック受け取りまでの流れを3つのパターンに分けてご紹介します。

乗り換え方法によって手続きが微妙に異なるので、ご自身の状況に合わせた申し込み方法をご確認ください。

新規申込の場合

今まで光回線を使ったことがない人と、他社1ギガ回線から乗り換えで利用する人は、GMOとくとくBB光10Gへ新規申込となります。

手順は以下の4ステップです。

  1. GMOとくとくBB光10GをGMOとくとくBBの窓口から申し込む
  2. 開通工事をして初期設定をおこなう
  3. 利用中の光回線を解約する(他社から乗り換えの場合)
  4. キャッシュバックを受け取る

乗り換えで開通する方の場合は、GMOとくとくBB光10Gが開通後に利用中の光回線を解約してください。

開通→解約の順にすることで、インターネットが使えなくなる期間を無くすことが可能です。

それぞれの手順について、詳しく見ていきましょう。

GMOとくとくBB光10GをGMOとくとくBBの窓口から申し込む

GMOとくとくBBのWEBページから「10ギガお申し込み」を選択して進めていきます。

提供エリアを再度確認し、現在の光回線の状況で「光回線を契約されていない方」を選択します。

利用するオプションサービスがある場合は、次の画面でオプションサービスを選択してください。

キャッシュバック増額対象となるオプションも、この申し込み画面で選択する必要があるので、選択し忘れのないように注意しましょう。

個人情報を入力したら、折り返しの電話の希望日を第3希望まで入力し、支払い方法等を入力したら申し込み内容の確認をして送信してください。

このとき、新たにGMOとくとくBBのメールアドレス(GMO ID)を発行します。

キャッシュバックの案内メールが送られてくる大事なアドレスとなるため、忘れないようにメモ等を残しておくと安心です。

開通工事をして初期設定をおこなう

指定した日に、利用者立ち会いのもと開通工事をおこないます。

工事業者が到着した際に不在だった場合、当日の工事ができず日を改めての作業となります。

開通までにさらに時間がかかることとなるので、工事日は1日予定をいれず在宅しておくのがおすすめです。

無事に開通工事が完了したら、ルーターやパソコン、スマホといった周辺機器の初期設定をして利用開始します。

利用中の光回線を解約する(他社から乗り換えの場合)

他社から乗り換えで新規申込をする方は、開通後のこのタイミングで利用中の光回線を解約します。

解約方法はサービス毎に異なりますので、利用中の光回線をご確認ください。

解約時に違約金が発生する場合、最大60,000円まで違約金を還元してくれるキャッシュバックキャンペーンが開催中です。

解約金・撤去費用の証明書を専用フォームから提出する必要があるので、解約時の書類は必ず手元に残しておいてください。

キャッシュバックを受け取る

開通手続きが完了したら、最後にキャッシュバックを受け取ります。

GMOとくとくBBのキャッシュバックは、開通月を1ヶ月目として11ヶ月目に基本メールアドレス宛にキャッシュバック特典の振込に関するご指定口座確認の案内メールが送られてきます。

GMOとくとくBBの基本メールアドレスは、入会時に発行した「gmobb.jp」と付くメールアドレスを指します。

入会時に郵送された「登録証」に記載されている他、「お客様専用ページBBnavi」から確認が可能です。

11ヶ月と期間が空くことと、普段使いしていないメールアドレスに案内メールが送られてくることから、メールを見落とす可能性が高いです。

対策としてメールの転送設定をしたり、対象月に気づくようスマホのリマイダー設定をしておきましょう。。

案内メールに従って手続きをすれば、最短翌月にキャッシュバックが受け取れます。

キャッシュバックについて詳しくは「最大126,000円キャッシュバックがお得」をご覧ください。

GMOとくとくBB光1G→10Gへのプラン変更の場合

現在GMOとくとくBB光1Gを利用中の方が、10Gへプランを変更したい場合、一度1Gプランを解約してから10Gプランを申し込む手順となります。

  1. GMOとくとくBB光1Gプランを解約する
  2. GMOとくとくBB光10GプランをGMOとくとくBBから申し込む
  3. 開通工事をして初期設定をおこなう
  4. キャッシュバックを受け取る

1Gプランの解約時期によっては、工事費の残債を支払う可能性があるため、支払いをなくすためにはどのタイミングでの解約がベストなのかも解説していきます。

それぞれの手順について詳しく見ていきましょう!

GMOとくとくBB光1Gプランを解約する

GMOとくとくBB光1Gプランを契約中の方は、このままでは10Gプランを契約できないので、まず初めに1Gプランの解約をします。

この時に注意することは、1Gプランの解約タイミングによっては工事費の残債支払いが発生するという点です。

他社違約金の還元キャンペーンがありますが、これは現在他社でインターネット回線を利用している人が対象なので、プラン変更による解約の場合は対象外となります。

工事費の残債支払いをすることなく1Gプランを解約するには、契約から36か月以上が経過している必要があります。

もともとGMOとくとくBB光は解約違約金のない光回線のため、この期間が過ぎていれば解約時の支払いなく1Gプランの解約が可能です。

GMOとくとくBB光の解約は「お客様専用ページBBnavi」からWEB手続きで進められます。

1Gプランでレンタルしているものがある場合、指示に従って速やかに返却しましょう。

GMOとくとくBB光10GプランをGMOとくとくBBから申し込む

1Gプランの解約手続きが完了したら、GMOとくとくBBから10Gプランを申し込みます。

オプションや個人情報、支払い方法を入力して申し込みましょう。

開通工事をして初期設定をおこなう

予定日に立ち合いの元、開通工事をします。

工事が無事に完了した後は、利用者が周辺機器の初期設定をして利用開始します。

機器に同梱されている書類や、事前に郵送されている書類を確認して設定してください。

キャッシュバックを受け取る

10Gプランが開通したら、開通から11ヶ月後にGMOとくとくBBの専用メールアドレス宛に、キャッシュバックの案内メールが送られてきます。

必ずメールの転送設定やリマインダー設定をして、見落とすことのないように対策をしましょう。

キャッシュバックについて詳しくは「最大127,000円キャッシュバックがお得」をご覧ください。

転用・事業者変更の場合

現在フレッツ光クロス、光コラボの10G回線を利用している方は、転用・事業者変更を使って工事なしで乗り換えられます。

  1. 承諾番号を取得する
  2. GMOとくとくBBから10Gプランを転用・事業者変更で申し込む
  3. 回線が切り替わるのを待つ
  4. プロバイダを解約する(フレッツ光利用者のみ)
  5. キャッシュバックを受け取る

転用・事業者変更の場合、新規と1Gからの申し込みよりも工事不要な分簡単に乗り換えられます。

承諾番号を取得する

まずは利用中の光回線から承諾番号を取得します。

  • 転用承諾番号:EかFから始まる8桁
  • 事業者変更承諾番号:EかWで始まる8桁

申請方法は光回線によって異なりますが、承諾番号の有効期限は発行日を含めて15日と定められています。

発効後は速やかに手続きを進めていきましょう。

GMOとくとくBBから10Gプランを転用・事業者変更で申し込む

承諾番号を取得したら、GMOとくとくBBから10Gプランを転用・事業者変更で申し込みます。

WEB上の申し込みボタンを押すと、利用中の光回線を選択する画面が表示されるので、該当する光回線の項目をクリックして手続きを進めていきます。

手元にある承諾番号や個人情報、折り返しの連絡希望日等を記入して送信しましょう。

回線が切り替わるのを待つ

手続きが正しく完了していれば、あとは回線が切り替わるのを待つだけです。

工事が必要な場合は、申し込み時点で工事の案内がありますので、それに従ってください。

申し込みから数日後に、インターネット利用に必要なIDやパスワードが記載された開通案内が届くので、切り替え日になったら案内を参考に初期設定をして利用を開始します。

プロバイダを解約する(フレッツ光利用者のみ)

フレッツ光クロスからGMOとくとくBB光10Gへ乗り換える方のみ、フレッツ光で利用していたプロバイダの解約をします。

各プロバイダの解約窓口で受け付けているため、速めに手続きを済ませておきましょう。

この際、プロバイダで発行したメールアドレスは使用できなくなるので、注意が必要です。

キャッシュバックを受け取る

10Gプランが開通したら、開通から11ヶ月後にGMOとくとくBBの専用メールアドレス宛に、キャッシュバックの案内メールが送られてきます。

案内メールを見落とすことのないよう、必ず転送設定やリマインダー設定をして、対策をしましょう。

キャッシュバックについて詳しくは「最大126,000円キャッシュバックがお得」をご覧ください。

GMOとくとくBB光公式:https://gmobb.jp/service/gmohikari/

\本サイト限定!最大126,000円キャッシュバック!/

そもそもGMOとくとくBB光10Gプランとは?

gmoとくとくbb光 10g とは

おすすめの申し込み先とくとくBB光公式サイト
月額料金5,940円
実質月額料金※1

※工事費の支払いが終わる3年利用時で計算

4,893円
実測値※2下り:264.23Mbps

上り:307.18Mbps

契約期間なし
事務手数料3,300円
工事費最大26,400円

※実質無料

スマホセット割なし
キャッシュバック最大126,000円
キャンペーン
  • 41,000円キャッシュバック
  • 他社からの乗り換え時最大60,000円キャッシュバック
  • 指定オプション申し込みで最大25,000円キャッシュバック
  • 工事費実質無料キャンペーン
  • 最新Wi-Fiルーター月額390円レンタル

GMOとくとくBB光10Gは、プロバイダのGMOとくとくBBが提供している最大通信速度10Gbpsの高速通信が可能な光回線です。

おすすめの窓口GMOとくとくBBから申し込むと、最大126,000円のキャッシュバックが受け取れます。

現在10G対応のWi-Fiルーターをお持ちでない人も、月額390円のレンタルキャンペーンを使えば、お得に最新機器をレンタル可能です。

利用スマホキャリアによるセット割がないデメリットがありますが、10Gプランの月額料金がそもそも他社サービスより安く設定されているので、格安スマホユーザーでもお得に使えるおすすめの光回線です。

GMOとくとくBB光10Gプランの提供エリア

GMOとくとくBB光10Gプランの提供エリアは次の通りです。

NTT東日本エリア東京都23区、狛江市、調布市、三鷹市、府中市、稲城市、羽村市、国分寺市、小金井市、小平市、昭島市、清瀬市、西東京市、多摩市、東久留米市、東村山市、東大和市、武蔵村山市、武蔵野市、福生市、立川市、あきる野市、国立市、青梅市、町田市、日野市、八王子市、西多摩郡瑞穂町
神奈川県横浜市、川崎市、茅ケ崎市、綾瀬市、大和市、逗子市、藤沢市、平塚市、南足柄市、伊勢原市、足柄上郡松田町、相模原市、横須賀市、海老名市、鎌倉市、厚木市、座間市、小田原市、秦野市、愛甲郡愛川町、高座郡寒川町、足柄上郡開成町、三浦郡葉山町、中郡二宮町、中郡大磯町、足柄上郡大井町、足柄上郡中井町
千葉県千葉市、市川市、習志野市、松戸市、白井市、浦安市、鎌ヶ谷市、市原市、成田市、船橋市、袖ケ浦市、大網白里市、東金市、八街市、木更津市、流山市、四街道市、柏市、茂原市、八千代市、君津市、銚子市、旭市、印西市、我孫子市、鴨川市、佐倉市、山武市、富里市、野田市、香取市、匝瑳市
埼玉県さいたま市、ふじみ野市、狭山市、坂戸市、志木市、新座市、草加市、鶴ヶ島市、富士見市、北本市、和光市、蕨市、秩父郡横瀬町、南埼玉郡宮代町、入間郡三芳町、飯能市、本庄市、三郷市、羽生市、越谷市、桶川市、加須市、吉川市、久喜市、熊谷市、戸田市、幸手市、行田市、鴻巣市、春日部市、所沢市、上尾市、深谷市、川越市、川口市、秩父市、朝霞市、東松山市、日高市、入間市、八潮市、蓮田市、白岡市、児玉郡神川町、秩父郡小鹿野町、比企郡滑川町、北葛飾郡杉戸町、北足立郡伊奈町、比企郡小川町、比企郡吉見町、入間郡毛呂山町
北海道札幌市、室蘭市、石狩市、登別市、苫小牧市、北広島市、石狩郡当別町
宮城県仙台市、多賀城市、白石市、塩竈市、岩沼市、気仙沼市、石巻市、宮城郡七ヶ浜町、柴田郡村田町、柴田郡大河原町
新潟県新潟市
NTT西日本エリア大阪府大阪市、堺市、岸和田市、豊中市、池田市、吹田市、泉大津市、高槻市、守口市、枚方市、茨木市、八尾市、泉佐野市、富田林市、寝屋川市、松原市、大東市、和泉市、箕面市、門真市、藤井寺市、東大阪市、泉南市、四条畷市、交野市、大阪挟山市
和歌山県和歌山市、田辺市、岩出市
京都府京都市、宇治市、亀岡市、城陽市、向日市、長岡京市、八幡市、京田辺市、木津川市
奈良県奈良市、大和高田市、橿原市、香芝市、王寺町
滋賀県大津市、彦根市、長浜市、近江八幡市、草津市、守山市、栗東市
兵庫県神戸市、姫路市、尼崎市、明石市、西宮市、芦屋市、伊丹市、加古川市、宝塚市、川西市、三田市
愛知県名古屋市、豊橋市、岡崎市、一宮市、瀬戸市、半田市、春日井市、豊川市、津島市、碧南市、刈谷市、豊田市、安城市、西尾市、蒲郡市、常滑市、江南市、小牧市、稲沢市、東海市、大府市、知立市、尾張旭市、岩倉市、日進市、清須市、北名古屋市、あま市、長久手市
静岡県静岡市、浜松市、沼津市、三島市、富士宮市、富士市、磐田市、焼津市、掛川市、藤枝市、御殿場市、袋井市、裾野市、⾧泉町
岐阜県岐阜市、大垣市、高山市、多治見市、関市、羽島市、美濃加茂市、各務原市、可児市、瑞穂市
三重県津市、四日市市、伊勢市、桑名市、鈴鹿市

提供エリアは2023年12月、2024年3月に拡大されていることから、今後もエリア拡大が期待できます。

エリア外の場合はGMOとくとくBB光10Gの利用はできませんので、ご注意ください。

GMOとくとくBB光10Gプランの料金プラン

GMOとくとくBB光10Gの料金プランはとてもシンプルです。

戸建て・マンションともに月額料金は変わらず、5,940円で統一されています。

契約年数による違いや、利用年数による月額料金の変動もないので、初めて光回線を契約するという方でも、安心して契約できますよ。

GMOとくとくBB光10Gプランの初期費用(工事費用など)

GMOとくとくBB光10Gを契約する際の初期費用について、各契約方法にそってご紹介します。

契約方法初期費用
新規申込
  • 事務手数料3,300円
  • 工事費最大26,400円

※キャンペーン適用で実質無料

  • 他社解約違約金(乗り換え時のみ)

※更新期間内の解約で費用発生なし

1G→10Gへの乗り換え
  • 事務手数料3,300円
  • 工事費最大26,400円

※キャンペーン適用で実質無料

  • 1G解約違約金

※更新期間内の解約で費用発生なし

転用・事業者変更
  • 事務手数料3,300円
  • 承諾番号発行手数料3,300円

工事費や他社解約違約金については、キャンペーンを利用することで、実質無料で契約が可能です。

1G→10Gへ乗り換える場合は1Gの解約違約金の還元は、キャンペーン対象外となりますのでご注意ください。

解約時期や乗り換え時期に注意すると、最小限の手数料のみの支払いで乗り換えられるので、乗り換えの際に契約中の光回線がある場合はよくご確認ください。

GMOとくとくBB光10Gプランのオプション詳細(ひかり電話・光テレビ)

オプションGMOひかり電話GMOひかりTV
料金
  • 月額利用料:550円~
  • 通話料(国内固定電話):8.8円/3分~
  • 月額料金:825円
工事費交換機器等工事のみの場合:2,200円

訪問で機器工事等を行う場合:8,250円

  • 工事と同時にGMOひかりテレビを新規工事:6,380円
  • 転用/事業者変更時、または光回線契約時にGMOひかりテレビを新規工事:11,660円
追加オプションサービス
  • 発信者番号表示サービス:440円
  • ナンバー・リクエスト:220円
  • 通話中着信サービス:330円
  • 着信転送サービス:550円
  • 迷惑電話ブロック:220円
  • 着信お知らせメール:110円
  • FAXお知らせメール:110円
  • マイナンバー:110円
  • ダブルチャネル:220円
  • 着信者負担通話サービス:1,100円
なし
提供エリア全国
  • 東日本エリア(戸建て・マンションタイプ):東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県、長野県、新潟県、福島県、宮城県、山形県、岩手県、北海道の各一部地域
  • 西日本エリア(戸建てタイプのみ):大阪府、和歌山県、京都府、奈良県、滋賀県、兵庫県、愛知県、静岡県、岐阜県、三重県、石川県、富山県、福井県、広島県、岡山県、香川県、徳島県、愛媛県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、沖縄県の各一部
特徴
  • NTT一般加入電話番号をお持ちの場合、現在利用中の電話番号、電話機がそのまま利用可能
  • 月額料金が安い
  • 国内通話は8.8円/3分~と安い料金で通話可能
  • スカパーの新規同時加入ならテレビ接続工事費が無料
  • アンテナ不要で視聴可能

GMOとくとくBB光10Gで契約可能なひかり電話と、ひかりTVの詳細は上記の通りです。

上記2つのオプションは、GMOとくとくBB光10Gを申し込む際に同時申し込みをすると、最大25,000円のキャッシュバック増額キャンペーンがあります。

  • GMOひかりテレビ:20,000円キャッシュバック増額
  • GMOひかり電話:3,000円キャッシュバック増額
  • インターネット安心セキュリティおよびスマホトラブルサポート+:2,000円キャッシュバック増額

光回線申し込み時の同時申し込みが対象となり、後からの申し込みでキャッシュバックを受け取ることはできませんので、必ず事前に加入するかどうかを検討しておきましょう。

GMOとくとくBB光公式:https://gmobb.jp/service/gmohikari/

\本サイト限定!最大126,000円キャッシュバック!/

GMOとくとくBB光10Gプランの申し込みは「公式サイト」がおすすめ

gmoとくとくbb光 10g おすすめ申し込み窓口

GMOとくとくBB光10Gプランのおすすめ申し込み窓口は「公式サイト」です。

おすすめする理由は、全部で3つあります。

上記の理由について、それぞれ詳しく解説していきます。

最大126,000円キャッシュバックがお得

GMOとくとくBB光10Gを、GMOとくとくBBの窓口から申し込むと、最大126,000円のキャッシュバックが受け取れます。

全ての人が126,000円全額を受け取れる訳では無く、3つの内訳に分けられます。

それぞれの特典内容や条件、注意事項、受け取り方法について見ていきましょう!

全員受け取れる41,000円キャッシュバック

特典内容41,000円キャッシュバック
受取り方法
  1. 開通月を1ヶ月目として11ヶ月目に基本メールアドレス宛にキャッシュバック特典の振込に関する指定口座確認の案内メールを送信される
  2. 登録があった翌月末日(営業日)に指定の口座へ振り込み
適用条件GMOとくとくBB光10GをGMOとくとくBBから申し込み
注意事項メールはGMOとくとくBBの専用メールアドレス宛に送られてくるので見逃しに注意

41,000円キャッシュバックは、GMOとくとくBBから申し込んだ方全員が受け取れるキャッシュバックです。

特別なオプションの契約は不要ですが、受け取りの案内メールを見逃してしまうと、貰うことができなくなってしまいます。

契約時に登録したGMOとくとくBBのメールアドレス宛に送られてくるため、事前に普段利用するメールアドレスへ転送設定をしておくか、リマインダー設定をしておくと安心です。

他社からの乗り換えで最大60,000円キャッシュバック

特典内容他社解約違約金最大60,000円還元
受取り方法
  1. GMOとくとくBB光10Gを申込み後、申込み完了メールに記載されている解約違約金キャッシュバック申請フォームURLから特典の申込みをする
  2. 開通月を1ヶ月目として3ヶ月目の末日までに他社サービスを解約し、指定の方法で他社サービスの解約違約金明細の写真を提出する
適用条件
  • GMOとくとくBB光10GをGMOとくとくBBから申し込んだ方
  • 他社サービス解約時に解約違約金等の支払いが発生する方
  • GMOとくとくBB光10Gを申込み後、解約違約金キャッシュバック申請フォームにて特典のお申込みをされた方
  • GMOとくとくBB光10Gの申込みから開通月を1ヶ月目として3ヶ月目の末日までに他社サービスを解約し、指定の方法で他社サービスの解約違約金明細の写真を提出する方
注意事項
  • 指定口座確認の案内メールの送信日より翌月の末日までに受取口座の連絡がなかった場合、または受取口座情報に不備がある場合
  • 申込みの時点で他社サービスを解約されている場合には、キャンペーンの対象外

他社から乗り換える際に、どうしても解約違約金が発生してしまう…という人も、キャンペーンを利用すると最大60,000円まで還元されます。

解約時の違約金明細を、開通月を1ヶ月目として3ヶ月目の末日までに指定の方法で提出すれば、指定口座に振り込まれる仕組みです。

受取口座の登録や、明細の提出を忘れずに行いましょう。

オプション同時申し込みで最大25,000円キャッシュバック

特典内容
  • GMOひかりテレビ:20,000円増額
  • GMOひかり電話:5,000円増額
  • インターネット安心セキュリティ・スマホトラブルサポート+:2,000円増額
受取り方法
  1. 開通月を1ヶ月目として11ヶ月目に基本メールアドレス宛にキャッシュバック特典の振込に関する指定口座確認の案内メールを送信される
  2. 登録があった翌月末日(営業日)に指定の口座へ振り込み
適用条件GMOとくとくBB光10Gと指定オプションを同時申し込み
注意事項メールはGMOとくとくBBの専用メールアドレス宛に送られてくるので見逃しに注意

GMOとくとくBB光10Gの申し込みと同時に、指定オプション(GMOひかりテレビ・GMOひかり電話・インターネット安心セキュリティ・スマホトラブルサポート+)を申し込むと、最大25,000円のキャッシュバックが受け取れます。

光回線の申し込みと同時申し込みが条件となりますので、必ず申し込み前にオプションに加入するかどうかをご確認ください。

41,000円キャッシュバックと同様に、契約時登録したGMOとくとくBBのメールアドレス宛に送られてくるため、事前に普段利用するメールアドレスへ転送設定をしておくか、リマインダー設定をしておくと安心です。

乗り換えにかかる初期費用が安い

GMOとくとくBB光10Gは、他社から乗り換える際の初期費用が安いというメリットがあります。

他社光回線から乗り換える場合、転用や事業者変更の場合を除いて開通工事が必要です。

しかし、最大26,400円の工事費や、他社の解約時にかかる違約金は、キャンペーンを適用すると実質無料になります。

これらのキャンペーンをうまく利用することで、乗り換え時にかかる費用を、事務手数料の3,300円まで抑えることが可能です。

各申し込み方法による初期費用については、「GMOとくとくBB光10Gプランの初期費用(工事費用など)」の見出しで解説しています。

10G対応のWi-Fiルーターを安くレンタルできる

GMOとくとくBBの窓口から申し込むと、10G対応のWi-Fiルーターが月額390円でレンタル可能です。

10G対応ルーターを量販店で購入する場合、価格設定が様々であったり、どれがいいのかよくわからないという方もいらっしゃると思います。

月額390円レンタルであれば、実質契約年数となる3年利用したとしても、合計で14,040円の支払いとなります。

提供されるWi-FiルーターのWXR-5700AX7Sは、購入するとおおよそ20,000円前後の価格なので、このキャンペーンの方が安く利用可能です。

Wi-Fiルーターの新規購入を検討している方は、是非レンタルキャンペーンをご利用ください。

GMOとくとくBB光公式:https://gmobb.jp/service/gmohikari/

\本サイト限定!最大126,000円キャッシュバック!/

GMOとくとくBB光10Gプランに関するよくある質問

GMOとくとくBB光10Gプランに関して、よく見られる質問は全部で5つあります。

それぞれの質問について、詳しく見ていきましょう。

GMOとくとくBB光の1Gから10Gプランへの変更はそもそも可能ですか?

現在GMOとくとくBB光の1Gプランを利用中の方は、10Gプランへ「プラン変更」で乗り換える事はできません。

この場合、1Gプランを一度解約してから10Gプランに新規申込で手続きをするため、開通の際に必ず立ち会い工事が必要となります。

1Gプランを開通から36ヶ月以内に解約する場合、工事費の残債が一括で請求されるので解約時期には十分注意してください。

GMOとくとくBB光10Gの1Gから10Gへの詳しい乗り換え方法は「GMOとくとくBB光1G→10Gへのプラン変更の場合」をご覧ください。

GMOとくとくBB光の1Gから10Gプランへ変更する際に開通工事は必須ですか?

1Gから10Gプランへ変更する際に、開通工事は必須です。

開通工事費も発生しますが、GMOとくとくBBからの申し込み時に使えるキャンペーンを利用すれば、実質無料となります。

ただし、36ヶ月以内に解約してしまうと、工事費の残債支払いが発生するので、長期的な契約を視野に入れておきましょう。

工事費実質無料キャンペーンの詳細については「工事費が実質無料」にて解説しています。

GMOとくとくBB光では10Gへの変更キャンペーンを開催していますか?

現在GMOとくとくBB光では、10Gへの変更キャンペーンは実施していません。

しかし、GMOとくとくBBの窓口から申し込むと最大126,000円のキャッシュバックや、工事費実質無料キャンペーンを利用できお得に契約が可能です。

GMOとくとくBB光とGMO光アクセスの違いは何ですか?

GMOとくとくBB光とGMO光アクセスは、名称は異なりますが同じサービスを提供している会社です。

以前はGMO光アクセスの名称でサービスが提供されていましたが、現在はGMOとくとくBB光と名前が変わっています。

インターネット上でどちらの名前も見かけて混乱する方もいるかと思いますが、同じサービスであるということを覚えておきましょう。

GMOとくとくBB光10Gが遅い原因と対処法を教えてもらえますか?

GMOとくとくBB光10Gの実測値が遅い原因として考えられるのは、接続機器や周辺機器が10Gに対応していないという事です。

LANケーブルやWi-Fiルーターが10Gに対応している物かどうか、今一度確認しましょう。

GMOとくとくBB光10Gおすすめの接続環境については「GMOとくとくBB光10Gプランで快適に通信するために必要な環境・機器」で解説していますので、ご確認ください。

GMOとくとくBB光公式:https://gmobb.jp/service/gmohikari/

\本サイト限定!最大126,000円キャッシュバック!/

GMOとくとくBB光10Gプランまとめ

GMOとくとくBB光10Gプランは、大容量の通信をスムーズに行いたい方や、動画配信やオンラインゲームにおすすめの光回線です。

周辺環境(ルーターやLANケーブル)を10Gに対応したものでそろえる事で、最大10Gbpsの速度を十分に活用できます。

提供エリアが一部に限られていることや、料金についてのデメリットも見られますが、各デメリットに対する対処法を抑えておくことで、解消できる物が多いです。

快適な高速通信でストレス無くインターネットを楽しみたい格安SIMユーザーの方は、特にGMOとくとくBB光10Gがおすすめですので、是非ご検討ください。

GMOとくとくBB光公式:https://gmobb.jp/service/gmohikari/

\本サイト限定!最大126,000円キャッシュバック!/

この記事を書いた人
福田ありさ

福田ありさ

ぴかまろ編集・ライティング担当。光回線の販売経験を活かして、インターネットサービスのあれこれをわかりやすくお伝えできるように日々奮闘しています。家でも光回線やスマホサービスを色々試しており、ユーザー目線でリアルな情報を発信できたらと思っています!よろしくお願いします。

NEWS PICKSはこちら