【保存版】iPhoneを安く買う方法

【がっつりシニア向け】auからBASIO activeが発売!BASIO4から大きく進化

後継モデルが発売

2024年4月に後継の「 BASIO active2」が発売しています。

関連 au「BASIO active2」はカメラ性能が向上。耐久性◎なシニア向けエントリー機

ゴリラ

両親のスマホに「BASIO active」ってどうかな?スマホを勧めてあげたいと思ってるんだけど。

2022年10月28日、auからBASIO activeが発売。

2020年に発売の「BASIO4」から大幅にアップデートされて帰ってきました。

本記事では「BASIO active」の特徴をチェックした上で、前モデル「BASIO4」と比較して、進化したポイントを紹介します。

正直な結論
  • BASIO activeは「シニア」や「スマホデビュー」にぴったりの親切設計、シンプルさが魅力のモデル
    • 画面が見やすい
    • シニアに親切な設計
    • タフで壊れにくい
    • 便利なツボを押さえた機能

 

  • 発売日:2022年10月28日
  • 価格(プログラム適用時):
    au 28,800円(24,150円)
    UQモバイル 6,800円〜

※ 正直スマホはアフィリエイトプログラムに参加しています(メディアポリシー)。
※この記事の更新日は冒頭に記載のとおりです。最新の情報は各社公式サイトおよびオンラインショップでご確認ください。

ちなみに…

 

 

auで契約するなら

  • 頭金(3,000~1万円)なし
  • オプション・しつこい営業なし
  • 来店・待ち時間なし
  • 24時間いつでも契約できる

auオンラインショップがおすすめです!

 

 

\Web限定セールあり/

 

最新の在庫は一覧ページでサクッと確認できます!

 

Apple-iPhone-15-lineup-color-lineup-geo-230912

 

今、auで購入するなら、以下の端末とかは正直にめちゃ安いです……!

 

  • Pixel 8 128GB
    一括117,900円 → 一括93,600円
    乗り換えで47円/2年〜!)
  • iPhone 15(128GB)
    76,820円/2年 → 38,240円/2年
  • iPhone 14(128GB)
    24,090円/2年 → 44,047円/2年
    乗り換えで47円/2年〜!)
  • iPhone SE 3(64GB)
    38,295円/2年 → 22,047円/2年
    乗り換えで47円/2年〜!) など

 

\在庫限り・端末のみでも買える/

最新の価格・他の端末を見てみる

BASIO activeは「画面が見やすい」

BASIO activeは、画面が見やすく、スマホデビューでも迷わず操作できるのが大きな特徴です。

「ホーム画面」がスマホデビューに最適

ホーム画面には、よく使う機能の大きなアイコンが並んでいます。

下の方には、連絡先を3つ登録できます。

スマホデビュー向けの機種では、お馴染みのホーム画面ですね。

端末の下部には、電話キー、ホームキー、メールキーがあります。物理ボタンがあるのも、便利ですね。

電話やメールが来たら、ボタンが光ってお知らせしてくれます。

シャープならではの「はっきりビュー」

色の見え方や鮮やかさやを自動調整してくれる「はっきりビュー」の機能があります。

地図やWEBページ、メールの表示をより見やすい色味に調整してくれます。

BASIO activeは「シニアに親切な設計」

BASIO activeは、シニア向けならではのサポート機能も、数多く盛り込まれています。

  • 1日の最初に「元気だよメール」を自動送信
  • 通話をサポートしてくれる機能
  • 音声検索キー」を搭載

1日の最初に「元気だよメール」を自動送信

1日の最初にBASIO activeを使用した時に、登録した相手へ自動でメールを送れる「元気だよメール」の機能があります。

ちょっとした機能ですが、離れて暮らす両親の安全を毎日確認できます。

(こちらの機能は、auメールでのみ利用できます。)

通話をサポートしてくれる機能

通話をサポートしてくれる機能もあります。

  • スロートーク
  • トリプルくっきりトーク

「スロートーク」をオンにすると、相手の声がゆっくり聞こえるようになります。

「トリプルくっきりトーク」をオンにすると、声が聞き取りやすくなり、クリアな音で通話ができます。

「音声検索キー」を搭載

側面に「音声検索キー」を搭載しています。

ボタンを押せば、Google アシスタントが起動し、音声検索が可能です。

「今日の天気は?」「音楽を再生して」「アラームを7時にセットして」などと話かけるだけで、必要な情報が手に入ったり、面倒な作業を自動で行ってくれます。

BASIO activeは「タフで壊れにくい」

BASIO activeは、耐衝撃、万全の防水・防塵と、タフに作られているのも大きな特長です。

落としても壊れにくい

BASIO activeは、米国国防総省の調達基準「MIL-STD-810H」に準拠しています。

耐衝撃については「高さ1.22mから鋼板に製品を26方向で落下させる試験」をクリアしているとのこと。

防水・防塵もバッチリ

防水・防塵は「IPX5/IPX8・IP6X」に対応。

最高クラスの防水・防塵性能です。

  • IPX5/IPX8(防水)
    – あらゆる方向からの直流噴流で有害な影響がない
    – 水面下での使用が可能
  • IP6X(防塵)
    – 粉塵が侵入しない完全な防塵構造

キッチンでレシピを見ながら調理するなど、水周りでも水濡れを気にせず使えます。

泡ハンドソープで丸洗いできる

BASIO activeは、泡ハンドソープで丸洗いしてもへっちゃらです。

流水でスマホ表面の気になる雑菌もキレイに洗い流せます。

普通の防水スマホは、ハンドソープはNGです。故障の原因になる可能性があります。

BASIO activeなら丸洗いで、いつでも清潔に保てますね。

ちなみにアルコール除菌シートで表面をお手入れすることもできます。

BASIO activeの便利な「ツボを押さえた機能」

普段使いにも便利な「ツボを押さえた機能」が揃っています。

顔認証と指紋認証の両方に対応

スマホのロックを解除する際、「指紋認証」と「顔認証」の好きな方が使えます。

ちなみに顔認証はマスクを着けたままでもOK

指紋認証センサーは、本体の側面にあります。

「簡単お支払い機能」でキャッシュレスが捗る

指紋センサーの長押しで、登録したキャッシュレス決済のアプリを起動できます。

キャッシュレス決済をするとき、レジの前で「ホーム画面を開いて、アプリを探して…」と、慌ててしまった経験、誰もが一度はあるはず。

この機能があれば、一瞬でアプリを開けます。

トピックスクリーンでニュースなどが受け取れる

ホーム画面から上へスライドすると、「トピックスクリーン」が開きます。

朝・昼・夜の3回、1日の歩数の表示、最新ニュース・動画・ショッピング・クーポンなどの情報を受け取れます。

公式サイトで見てみる

「BASIO active」と「BASIO4」を比較

2020年2月に発売の前モデル「BASIO4」と性能を比較しておきましょう。

スクロールできます→

BASIO active BASIO4
サイズ 縦:約158mm
幅:約71mm
厚み:9.4mm
縦:約159mm
幅:約71mm
厚み:8.9mm
重さ 約174g 151g
SoC Snapdragon 695 MediaTek Helio A22
RAM 4GB 3GB
ストレージ 64GB 32GB
microSDカード 最大1TB 最大512GB
ディスプレイ 5.7インチ TFT液晶
フルHD+(1520×720)
5.6インチ 有機EL
HD+(1480×720)
メインカメラ 1200万画素 1300万画素
生体認証 指紋認証
顔認証
なし
防水・防塵 IPX5/IPX8・IP6X IPX5/IPX8・IP6X
ハンドソープ
で丸洗い
可能 不可
5G 対応 非対応

BASIO4から大きく進化したポイントは、以下の通りです。

  • SoCがアップデートして処理性能が大幅に向上
  • 5G通信に対応
  • ハンドソープで洗えるようになった
  • バッテリーが増量

BASIO4は発売当時から性能が普段使いにギリギリのレベルで、今となってはかなり厳しめです。

BASIO activeでは、処理性能は大幅に改善され、日常での使い方なら全く問題ありません。

また、今回から5Gにも対応しました。

そのほか、先述のハンドソープで洗えるのも新機能。細かいところでは、バッテリー容量も増量されています。

特にBASIO4を利用中の方は、そろそろ、動きがカクカクもったりして、厳しくなってきているはずです。

BASIO active含め、他機種への買い替えを検討したいところですね。

BASIO activeの発売日・価格

BASIO activeは、2022年10月28日にauから発売。執筆時点での価格は以下のとおり。

  • 本体価格:28,800円
  • スマホトクするプログラムでの負担額:24,150円

確かにBASIO activeのようなミドル性能のモデルは、2年くらいで新しい機種に変更するのが、妥当です。プログラムを積極的に使うのが吉。

MEMO

2023年3月17日から、UQモバイルでも販売されました。UQモバイルは乗り換え契約で6,800円〜と格安で購入できます!

その他、auのエントリーモデルで、シニアにもおすすめできるモデルを集めました。

他社ケータイからの乗り換えならタダでスマホがもらえる

3Gとりかえ割(スマホ)/3Gとりかえ割プラス

現在、他社で3Gのケータイを使っている方が、auでスマホデビューをする場合、「3Gとりかえ割」で最大で2.6万円の割引が受けられます(2024年3月現在)。

この割引を使えば、タダで手に入る端末もあります。

「今、両親が他社でケータイをつかっているけど、auでスマホデビューさせよう」というパターンでは、大きな恩恵が受けられます。

また、スマホデビュー時には以下の特別プランにも加入できます。

まとめ

BASIO activeは、分かりやすいホーム画面、元気だよメール、ハンドソープで丸洗いなど、手厚い親切設計が特徴。

がっつりシニア向けのスマホが欲しいなら、現行ラインナップの中では、もっともおすすめできます。

ちなみに:契約するならauオンラインショップがお得です

契約するなら店舗よりもオンラインショップがお得なので、最後にそれだけお伝えしますね!

理由は以下4点です。

 

  • 頭金がかからない!(最大1万円くらいお得
  • 店員からの営業なし!
  • オプションに入らなくてOK!
  • 待ち時間ゼロ!24時間契約できる!

\1円でも初期費用を抑えるなら/

 

こんな記事もおすすめ