【保存版】iPhoneを安く買う方法

SIMフリーのiPhone・Androidスマホをauで使う方法(持ち込み機種変更)

ゴリラ

中古で安いSIMフリーのiPhoneを買ったら、auで使えるの?

端末を別の場所で安く買い、auの安定した通信を利用したいといった人が増えています。

今回はau以外で買ったSIMフリーのスマホを、auで利用する手順を、オンラインでの手続きをメインにお伝えします。

正直な結論
  • SIMフリーのスマホでもauで利用できる
  • ただし、SIMロックがかかっていないこと、auの周波数・VoLTEに対応しているスマホである必要がある

※ 正直スマホはアフィリエイトプログラムに参加しています(メディアポリシー)。
※この記事の更新日は冒頭に記載のとおりです。最新の情報は各社公式サイトおよびオンラインショップでご確認ください。

ちなみに…

 

 

auで契約するなら

  • 頭金(3,000~1万円)なし
  • オプション・しつこい営業なし
  • 来店・待ち時間なし
  • 24時間いつでも契約できる

auオンラインショップがおすすめです!

 

 

\Web限定セールあり/

 

最新の在庫は一覧ページでサクッと確認できます!

 

Apple-iPhone-15-lineup-color-lineup-geo-230912

 

今、auで購入するなら、以下の端末とかは正直にめちゃ安いです……!

 

  • Pixel 8 128GB
    一括117,900円 → 一括93,600円
    乗り換えで47円/2年〜!)
  • iPhone 15(128GB)
    76,820円/2年 → 38,240円/2年
  • iPhone 14(128GB)
    24,090円/2年 → 44,047円/2年
    乗り換えで47円/2年〜!)
  • iPhone SE 3(64GB)
    38,295円/2年 → 22,047円/2年
    乗り換えで47円/2年〜!) など

 

\在庫限り・端末のみでも買える/

最新の価格・他の端末を見てみる

SIMフリーのスマホをauで使う手順

auは他社で購入したスマホは、動作確認を行っておらず「一切の動作保証対象外」としています。

参照 他社携帯電話機ご利用時のお手続き | スマートフォン・携帯電話をご利用の方 | au

ただし、基本的には以下で説明する方法で利用できるので、必要以上に不安になることはありません。

SIMフリーのスマホをauで利用する手順は、

  1. (契約していないなら)auでSIMのみを契約
  2.  初期設定

のシンプルな2ステップです。

1. (契約していないなら)auでSIMのみを契約する

この記事はすでにauを契約している人を想定して書いています。

現時点でauを契約していないなら、まずはauで通信契約のみを行います。

auでは実店舗、オンラインショップに関わらず、SIMカード、もしくはeSIMのみの契約ができます。

ちなみに他社からの乗り換えなら、オンラインショップでSIMのみを契約すると、1万円相当のau PAY残高の還元を受けられます。

MEMO

店舗、オンラインショップ、どちらで契約しても3,850円の事務手数料がかかります

2. 初期設定を行う

SIMが手元に揃ったら、初期設定を行います。

iPhoneの場合、auのSIMカードを挿入すれば、そのまま通信、通話ができるようになります。

Androidの場合は、端末によってはAPN設定が必要です。

機種によって項目が異なりますが「設定」アプリから「ネットワークとインターネット」>「au」のモバイルネットワークを選択>「アクセスポイント名」>右上のメニューから「新しいAPN」を選んで、以下の情報を入力します。

引用(以下同じ):au ICカード開通手続き | スマートフォン・携帯電話をご利用の方 | au

  • 名前:au
  • パスワード:au
  • APN名:uad5gn.au-net.ne.jp
  • 認証タイプ:CHAP
  • ユーザー名: au@uad5gn.au-net.ne.jp

  • 名前:au
  • パスワード:KpyrR6BP
  • APN名:uno.au-net.ne.jp
  • 認証タイプ:CHAP
  • ユーザー名: 685840734641020@uno.au-net.ne.jp

入力後、保存をしてAPN一覧からauを選びます。

もし、上記の設定をしても通話やデータ通信ができない場合は、

  • 再起動する
  • 電源を切って、SIMカードを差し直す
  • 再度、設定を見直す(大文字と小文字、「,」と「.」 などミスしがち)
  • iPhoneで古いAPN構成プロファイルが残っている場合は、削除する
  • OSが古い場合は、最新のOSにアップデートしてみる

といったことを試してみてください。

そのスマホ、auで使える?見極め方

SIMフリーのスマホがauで使えるかどうかは、端末選びが重要です。

ざっくり

  • 他社のSIMロックがかかっていないこと
  • auの主要Band(周波数)に対応していること
  • VoLTE対応端末であること

この3点は抑えておきましょう。

他社のSIMロックがかかっていないこと

2021年秋以前にドコモ、ソフトバンクなどで購入したスマホには、SIMロックがかかっていることがあります。

SIMロックがかかっていると、そのキャリアでしか利用できません。

以下の手順で、解除の手続きをおこなっておきましょう。

  • ドコモ(2023年10月から完全無料)
    My docomoから手続き
    My docomoにログイン>三本線のメニューから「サービス一覧」を選択>「SIMロック解除」>製造番号(IMEI)を入力>「SIMロック解除を申込む」「SIMロック解除の注意事項に同意する」をチェック>「手続きを完了する」
  • au
    My au(SIMロック解除のページ)から手続き
    My auにログイン>SIMロックを解除する端末のチェックボックスにチェックを入れ「次へ」>解除理由を選択して「この内容で申し込む」
  • ソフトバンク
    My SoftBank(SIMロック解除のページ)から手続き
    My SoftBankにログイン>製造番号(IMEI)を入力>「解除手続きをする」
  • ワイモバイル
    My Y!mobile(SIMロック解除のページ)から手続き
    My Y!mobileにログイン>製造番号(IMEI)を入力>「解除手続きをする」
  • UQモバイル
    my UQ mobileから手続き
    my UQ mobileにログイン>「契約確認・変更」タブ>「ご契約内容」欄の「詳細を確認・変更する」>「SIMロック解除」(下の方)>「ロックを解除する」
MEMO

2021年秋以降、原則、SIMロックが禁止されています。

 

例えばiPhone 13以降のiPhoneは、どこのキャリアで買ったとしても、ロックがかかっていない「SIMフリー」モデルとして販売されています。

参照:移動端末設備の円滑な流通・利用の確保に関するガイドライン

auの主要Band(周波数)に対応していること

SIMフリーのスマホでも、auが利用する周波数に対応していないと、auで通信ができません。

auが利用する周波数は以下のとおり。

▼4G LTEの対応周波数▼

  • Band 1
  • Band 3
  • Band 11
  • Band 18/26
  • Band 28
  • Band 42

▼5Gの対応周波数▼

  • n77
  • n78

とくにauの4G LTEのメインとなる「Band1」と、プラチナバンドと呼ばれる「Band18/26」への対応は必須です。

基本的にiPhoneは、上記のBandに対応しています。

一方でAndroidスマホは、SIMフリー機であっても、auのBandが(意図的に)塞がれてしまっているものもあります。

対応Bandはスマホメーカーのホームページや、キャリアの製品ページで確認できます。

ゴリラ

SIMロックの解除をすれば、無条件で使えるわけじゃないってことだな。ここは要注意だゾ

VoLTE対応端末であること

少し古めのスマホを使おうと思っている人は注意が必要です。

auでは2022年3月をもって、3G通信の提供を終えました。

それもあり、VoLTE(LTEデータ通信を使った音声通話)に対応していないスマホは、auで利用できません。

MEMO

iPhoneの場合、iPhone 5s/5c以前の機種はVoLTEに対応していません。

個人的には、今からiPhoneを買うなら、11(2019)よりも新しいものを購入されることをおすすめします。

 

参照 値下げされた「型落ちiPhone」で十分じゃね?おすすめはこちら

型落ち中古を安く買うのもおすすめ

この記事の読者さんは、少しでも端末代金を節約したいという人が多いのではないかと思います。

SIMフリーのスマホをこれから購入するのであれば、イオシスなどの中古販売店での購入を検討しても良いでしょう。

フリマなどの個人売買と違って、一定の品質が保証されており、お得に質の高い製品を購入できます

auでSIMフリースマホは買える?

SIMフリースマホを「SIMロックがかかっていない端末」と定義するなら、auでも購入できます。

先にも触れましたが、2021年秋以降、原則、キャリアで販売されるスマホにはSIMロックがかかっていません。

またauオンラインショップで2021年秋よりも前に発売したスマホを購入する際は、SIMロックの解除を合わせて申し込むことができます

au SIMロック

購入後に面倒なロック解除の手続きをする必要はありません。

よくある疑問

最後にSIMフリースマホをauで使う際によく挙がる疑問やトラブルをまとめておきます。

今すでに契約しているSIMはそのまま使える?→使える

すでにauを使っていて、端末だけ他の販売店などで購入して、機種変更するケースです。

先述した初期設定を行えば、基本的に利用できますが、1点注意したいのが4Gスマホから5G対応スマホに買い換えるときです。

この場合、これまで使っていたSIMカードから、5Gスマホ用のSIMカードに変更する必要があります。

SIMカードの変更はauショップへの来店、またはお客様センター(局番なし157)で手続きしてください(いずれも手数料3,850円が必要です)。

SIMカードの交換を無料でする方法はないの?→なくはない

基本的には有料になります。

少し手間をかけても良いのなら、一旦、auからpovo2.0に乗り換え、その後、再び、povo2.0からauに戻すという方法もあります。

au↔povo2.0間の移動に手数料がかからないので、この方法なら理屈的には無料でauのSIMカードを交換できることになります。

ただし、当サイトが実際に試したわけではないので、自己判断でお願いします。

SIMフリー機でauメールは使える?→使える

iPhoneの場合、以下のページからメールの初期設定を行うことで、auメールを利用できます。

メール初期設定(メールアプリ)| 初期設定・使い方ガイド | iPhone | au

Androidスマホでも使いたいメールアプリで設定することで利用できますが、リアルタイムで新着通知がなされないことがあります。

その他のアプリにauメールを設定する | auメール:サービス・機能 | au

端末の補償サービスに入れる?→入れる

2022年11月から、auでは持ち込みスマホ(他社のSIMフリースマホ)で加入できる「持ち込み故障サポート」がスタートしました。

まとめ

auでSIMフリースマホを利用するのは、そこまで難しいことではありません。

auでSIM単体で契約して、初期設定をするのみです。

1点、auで使える端末であるかといったことだけは、とくに注意すると良いですね。

ちなみに:契約するならauオンラインショップがお得です

契約するなら店舗よりもオンラインショップがお得なので、最後にそれだけお伝えしますね!

理由は以下4点です。

 

  • 頭金がかからない!(最大1万円くらいお得
  • 店員からの営業なし!
  • オプションに入らなくてOK!
  • 待ち時間ゼロ!24時間契約できる!

\1円でも初期費用を抑えるなら/

 

こんな記事もおすすめ