【保存版】iPhoneを安く買う方法

Rakuten最強プラン爆誕。リアルに最強だが、デメリットもある

Rakuten最強プラン

ゴリラ

Rakuten最強プランが始まったな!具体的にどこが変わったのかな?

2023年6月から、楽天モバイルの新プラン「Rakuten最強プラン」が始まりました。

従来の「Rakuten UN-LIMIT Ⅶ」からの変更点・改善点を中心に、注意したいデメリット、どんな人におすすめなのか、個人的に感じることも踏まえてお伝えします。

正直な結論
  • パートナー回線で5GBの制限が撤廃された
  • 都市部・屋内でもつながりやすくなる
  • パートナー回線への切り替えがよりスムーズになる
  • 特に都市部在住のユーザー、それまでパートナー回線エリアで使っていたユーザーは、大きな恩恵を受けられそう

※ 正直スマホはアフィリエイトプログラムに参加しています(メディアポリシー)。
※この記事の更新日は冒頭に記載のとおりです。最新の情報は各社公式サイトおよびオンラインショップでご確認ください。

ちなみに…

 

 

楽天モバイルでは端末を買って最大3.2万円還元のキャンペーンをやってます!
対象iPhone / 対象Android

 

\一度は契約しないと損/

料金シミュレーションもれなく100ポイントもらえます

楽天モバイル iPhone キャンペーン 2024年4月

 

楽天モバイルのiPhone 15などが値下げされました!

 

さらに、SE以外のすべてのiPhoneが最大3.2万円還元されるキャンペーンもスタート!!!新規でも最大2.8万円還元!!

 

キャンペーンをくわしく見てみる 

Rakuten最強プランの変更点・ヤバいと感じたこと

Rakuten最強プラン

楽天モバイルは2023年6月1日、従前のプラン「Rakuten UN-LIMIT Ⅶ」に置き換わる新プランとして「Rakuten最強プラン」をスタートしました。

同日、Rakuten UN-LIMIT Ⅶの提供は終了し、自動的に切り替わるため、既存ユーザーの手続きは不要です。

料金体型はこれまでと変わらず1,078円〜3,278円で、データの使用量によって決まります。

  • 〜3GB:1,078円
  • 3〜20GB:2,178円
  • 20GB〜(無制限):3,278円

今回の新プランで具体的に変わった点、大きなメリットだと感じる部分をピックアップしました。

  1. パートナー回線でもデータ制限なしに
  2. ローミングエリアを「再拡大」で都市部・屋内でもつながりやすく
  3. パートナー回線への切り替えがよりスムーズに
  4. データ専用SIMを提供
  5. 「楽天グループに提出済みの書類で本人確認」が可能に

① パートナー回線でもデータ制限なしに

Rakuten最強プラン

今回の最大の変更点がコレ。

楽天モバイルでは自社回線(楽天回線)とパートナー回線(au回線)が利用できます。

これまで、パートナー回線における高速通信は月間5GBまでという制限がありましたが、今回の新プランでは撤廃されました。

ゴリラ

無制限で使いたいけど、パートナー回線エリアだから5GBで制限かかっちゃう

というユーザーにとっては、最高の朗報です。

これにより、例えばパートナー回線エリアでも、楽天モバイルをテザリングすれば、自宅の据え置き回線として利用できるようになりました(理論上は)。

② ローミングエリアを「再拡大」で都市部・屋内でもつながりやすく

Rakuten最強プラン

これまで楽天モバイルは、自社回線を拡大するための設備投資を積極的におこなってきました。

今回、その方針を転換して、新たにパートナー回線が使えるエリアを増やすことで、人口カバー率99.9%を実現します。

具体的には以下のようなエリアで、つながりやすくなるとしています。

  • 東京都23区・名古屋市・大阪市を含む都市部の一部繁華街
  • 一部のインドア(地下鉄、地下街、トンネル、屋内施設など)

楽天モバイルの泣きどころだった屋内の通信環境が改善されることで、ユーザーの体験が大きく向上しそうです。

(ただし「徐々に拡大する」とのことで、6月1日からすぐに繋がりやすくなるわけではありません)。

③ パートナー回線への切り替えがよりスムーズになる

楽天回線↔パートナー回線の切り替えが、よりスムーズになるとしています。

これまで使用環境によっては、回線が切り替わるタイミングで通信が遮断され、ストレスを感じていたユーザーが一定数いました。

今回、新たな技術を採用することで、よりスムーズな切り替えができるようになるとのことです。これは期待大。

MEMO

これまで、iPhone 12以前のiPhoneでは、楽天回線↔パートナー回線の自動切り替えにすら対応していませんでした(機内モードオン・オフなどが必要だった)。

 

今回の改善によって、古めのiPhoneを利用しているユーザーでも、自動切り替えができるようになるかもしれません。

 

参照 楽天モバイルにしたらiPhoneが使えなくなるってマジ?実態を調べてみました | 正直スマホ

④ データ専用SIMを提供

また2023年7月から、楽天モバイル初のデータ通信専用SIM「Rakuten最強プラン(データタイプ)」がスタートしました。

料金体系は通常のRakuten最強プラン(音声SIM)と同じです。

最大のメリットは「3分で契約できること」で、あくまでお試し版的に位置づけられています。

⑤「楽天グループに提出済みの書類で本人確認」が可能に

2023年8月末から楽天銀行・楽天証券・楽天生命のいずれかを契約しているユーザーは、契約時の本人確認(書類の撮影、アップロードなど)が不要になりました。

楽天グループに提出済みの書類で確認とは

ちなみに、旧プランから変わらないメリット

これらの楽天モバイルのメリットは、新プランに移行した後も、引き続き享受できます。

 

Rakuten最強プランを公式で見てみる

Rakuten最強プランの注意点・デメリット・知っておきたいこと

「落とし穴」「罠」という程のものではありませんが、個人的に感じたデメリット、予め知っておきたい注意点は以下のとおり。

  1. auのすべての周波数が使えるわけではない
  2. ローミングを終了したエリアの「復活」ではない
  3. 将来的な無制限の撤廃、料金アップもゼロではない
  4. 恩恵を受けられない人もいる

① auのすべての周波数が使えるわけではない

Rakuten最強プラン

楽天モバイルのパートナー回線で利用できる周波数は「プラチナバンド」と呼ばれる800MHzの帯域です。

プラチナバンドはつながりやすい反面、高速な通信が不得手です。

「全エリアで高速通信」が謳われているものの、パートナー回線の速度に対して、過度な期待はしない方が良いかもです。

ゴリラ

「au回線が無制限になるから、auユーザーは全員、乗り換えた方がいいじゃん」って声があったけど、本家auのような速度は期待できないってことか……。

感覚的には、パートナー回線=格安SIM(MVNO)くらいの認識で想定しておくのが良さそうです。

もし、auからの乗り換えを考えているなら、一旦は楽天モバイルを新規契約してみることをおすすめします。

初期費用、しばりなしで、手厚いキャンペーンがあります。

スクロールできます→

キャンペーン 乗り換え契約 新規契約
①楽天モバイル
を初めて契約
6,000ポイント 2,000ポイント
②対象端末購入 iPhone:最大2万円還元
Android:最大6,000ポイント
対象iPhone
対象Android
③対象iPhone
購入でさらに
6,000ポイント
端末詳細
三木谷さんの紹介ページ
から申し込みで
解説記事
最大1.4万ポイント
※①③との併用は不可
※2回線目OK
最大7,000ポイント
①③との併用は不可
※2回線目OK
合計 最大3.4万円還元 最大2.8万円還元

② ローミングを終了したエリアの「復活」ではない

ゴリラ

僕の家、パートナー回線が打ち切られてから、つながりづらくなったから、助かるゾ!

という声もよく聞きますが、これも期待は禁物。

今回のパートナー回線のエリア拡大はあくまで「主要な都市部の繁華街」「一部のインドア」であって、過去にパートナー回線が打ち切られたエリアの復活ではありません。

とくに地方の楽天回線エリアのユーザーは、通信の改善を受けられない可能性があります。

③ 将来的な無制限の撤廃、料金アップの可能性もゼロではない

今回のプラン改定については「最高かよ!」という評価が多い一方で、「大丈夫なの?」という、楽天モバイルの経営を不安視する声も多く見られました。

auから回線を借りている楽天モバイルにとって、パートナー回線をたくさん使われることは、それだけauへの支払いが増えることを意味します。

Rakuten最強プランでユーザーが増えることは間違いないでしょう。しかし、ユーザーを獲得したのちに、

  • 再度、パートナー回線に制限をつける
  • 料金をアップする

といった可能性もありそうです。

④恩恵を受けられない人もいる

  • すでに楽天回線で不自由なく使えている
  • 地方都市在住
  • 月間5GBも利用しない

といったユーザーが、今回の改定によって受けられる恩恵はほとんどありません。

Rakuten最強プランはどんな人におすすめなのか

ここまで見てきた内容から、Rakuten最強プランはどんな人にメリットがあるのか、おすすめできるのかをまとめておきましょう。

メリットが大きい人
  • 生活圏が主要な都市で、これまで楽天回線がつながりづらかった人
  • ドコモ、au、ソフトバンクでデータ使い放題のプランに入っている人
  • 自宅の固定回線とモバイル通信を一本化してしまいたい人

主要な都市圏で生活しており、地下や屋内施設など、一部のつながりづらい場所にストレスを感じていた人は、通信環境が大きく改善する可能性があります。

また、ドコモのeximo5Gギガホ プレミア、auの使い放題MAX 5G、ソフトバンクのメリハリ無制限+といった使い放題系のプランに入っているユーザーが乗り換えることで、ざっくり4,000円/月の節約が期待できます。

さらに、これまで楽天モバイルを固定回線にしたくても、パートナー回線の「5GBの壁」に阻まれていた人にも朗報と言えます。

家族割「最強家族プログラム」・学割「最強青春プログラム」もスタート

2024年2月から、楽天モバイル初となる家族割「最強家族プログラム」がスタートしました。

また24年3月には、家族割とも併用できる学割「最強青春プログラム」も始まっています。

まとめ

Rakuten最強プランの主な変更点は、

  • パートナー回線で5GBの制限が撤廃される
  • 都市部・屋内でもつながりやすくなる
  • パートナー回線への切り替えがよりスムーズになる

で、楽天回線がつながりづらかったユーザーの通信体験が大きく向上する可能性があります。

ただ「つながりやすさ」はあくまで机上の話であって、実際に通信が改善するかは、使ってみないと何とも言えません。

他社からの乗り換えを検討しているなら、いきなり乗り換えてしまうのではなく、まずは新規で契約して、チェックされることを強くおすすめします。

もし期待したほどでなかったなら、解約すればいいだけなので、リスクはありません。

ちなみに:期間限定キャンペーンも実施中

楽天モバイルでは、以下のキャンペーンを実施中です!

↓左右にスクロールできます!

キャンペーン 乗り換え契約 新規契約
①楽天モバイル
を初めて契約
6,000ポイント 2,000ポイント
②対象端末購入 iPhone:最大2万円還元
Android:最大6,000ポイント
対象iPhone
対象Android
③対象iPhone
購入でさらに
6,000ポイント
端末詳細
三木谷さんの紹介ページ
から申し込みで
解説記事
最大1.4万ポイント
※①③との併用は不可
※2回線目OK
最大7,000ポイント
①③との併用は不可
※2回線目OK
合計 最大3.4万円還元 最大2.8万円還元

ゴリラ

今らな、30秒くらいの料金シミュレーションするだけで、全員100ポイントもらえるゾ!

最新の価格や在庫は公式サイトを確認してみてくださいね!

 

\一度は契約しないと損/

料金シミュレーションもれなく100ポイントもらえます

こんな記事もおすすめ