【保存版】iPhoneを安く買う方法

シン・コスパ覇権「Google Pixel 7a」スペックレビュー!あえてのダメ出しポイントとは

ゴリラ

Pixel 7aが発売されたね!コスパが良いって聞くけど、実際どうなのかな?

2023年5月11日、ドコモ、au、ソフトバンクからGoogle Pixel 7aが発売されました。

前モデルのPixel 6aに続き、誰が見てもコスパが抜群で、レビューや口コミでも激推しされている状況です。

本記事では、Pixel 7aで進化したところをサクッとお伝えし、

  • 実際のユーザーの評判
  • ここは正直微妙というところ

まで掘り下げてお伝えします。

正直な結論
  • Google Pixel 7aは前モデルから大幅にスペックが強化され、今年発売されたスマホの中では正直スマホ的コスパNo.1
  • あえて微妙なところ挙げると「ズングリと重い」「バッテリー持ちは良くはない」「発熱がある」など

※ 正直スマホはアフィリエイトプログラムに参加しています(メディアポリシー)。
※この記事の更新日は冒頭に記載のとおりです。最新の情報は各社公式サイトおよびオンラインショップでご確認ください。

スマホの機種変更・契約は、頭金なし、来店なし、待ち時間なし、勧誘なしのオンラインショップがお得で便利です。

 

Pixel 7aはどこが進化したのか?

Google Pixel 7aは前モデルのPixel 6aからどこが進化したのか、サクッとまとめました。

  • 90Hzのリフレッシュレート
  • ワイヤレス充電に対応
  • SoCに最新の「Google Tensor G2」
  • カメラ性能がめっちゃ良い

コスパ抜群の前作から大幅なスペックの補強があり、9,000円ほどの価格アップに見合う進化を遂げています。

90Hzのリフレッシュレートに対応

Pixel 7aは90Hzのリフレッシュレートに対応しました。

60HzだったPixel 6aから、ディスプレイの書き換え速度は1.5倍速くなり、ヌルヌル滑らかな操作感が実現。

前モデルの弱点の一つが払しょくされています。

ワイヤレス充電に対応

Pixel 7aはワイヤレス充電にも対応しました。

▼ワイヤレス充電の速度▼

  • Pixel 7a:最大7.5W
  • Pixel 7 / 7Pro:最大20W

充電速度はPixel 7 / 7Proよりも遅めですが、寝ている間に充電するなら問題なしですね。

SoCに最新の「Google Tensor G2」

スマホの頭脳となるSoCには、Pixel 7 / 7Proと同じ「Google Tensor G2」が搭載。

ハイエンドクラスのSoCで、AnTuTuベンチマークは70万点超です。ゲームもサクサク遊べます。

カメラ性能がめっちゃ良い

カメラ性能は前モデルに続いて、10万円を超えるスマホと互角以上のレベルです。

イメージセンサーがさらに大型化し、より多くの光を取り込めるようになりました。

▼各モデルのイメージセンサー▼

  • Pixel 6a:Sony IMX712(1/2.55インチ
  • Pixel 7a:Sony IMX787(1/1.73インチ
  • Pixel 7 / 7Pro:Samsung  GN1(1/1.31インチ

そのほかの進化はこのあたり。

  • 最大8倍の超高解像ズームに対応
  • 4K60fpsの動画撮影に対応
  • 6aから超広角の画角が広がった(114度⇒120度)

カメラのベンチマークで有名な海外サイトを参照すると次のとおり。iPhone 14、Galaxy S23と同率スコアを叩き出しています。

  • Pixel 7a:133
  • Pixel 7:140
  • Pixel 7 Pro:147
  • Pixel 6a:122
  • iPhone 14:133
  • Galaxy S23:133

参照:DxO Mark

あえて挙げるPixel 7aの「微妙に感じるところ」「デメリット」

わりと絶賛されているPixel 7aですが、微妙に感じるところ、デメリットもいくつかあります。

  • 本体がズングリしていて重い
  • バッテリー持ちは良くはない
  • ストレージは128GBのみ

このあたりは、ユーザーの評判的にもやや微妙な部分です。

本体がズングリしていて重い

Pixel 7aで一番微妙に感じるのが本体の重さです。

約193.5gでケースを付けると200gをゆうに超えます。iPhone 14やGalaxy S23と比べると、かなり重いです。

  • Pixel 7a:(6.1インチ):193.5g
  • iPhone 14(6.1インチ):172g
  • Galaxy S23(6.1インチ):168g

厚みもiPhone 14が7.8mm、Galaxy S23が7.6mmに対し、Pixel 7aは9mmもあります。

バッテリー持ちは良くはない

バッテリー持ちは「標準的」または「微妙に良くない」といったレベルです。

海外サイトのバッテリーテストを参照すると以下。

  • Pixel 7a:76時間
  • Pixel 7:90時間
  • Pixel 7 Pro:83時間
  • Pixel 6a:94時間
  • iPhone 14:90時間
  • Galaxy S23:101時間

参考:GSMArena

比較している端末はどれもバッテリー持ちが良い機種ですが、Pixel 7aは標準ぐらいです。

前モデルよりも持続時間は短くなっています。

ちなみに不具合として、アイドル状態でバッテリーが異常に消費されるという報告がチラホラあるようです。

アップデートで早期の解消を願うばかりです。

ストレージは128GBのみ

ストレージは128GBのみで、SDカードスロットもありせん。

ここは少し残念に感じている人もいるようです。256GBが欲しいなら、上位モデルのPixel 7を購入する必要があります。

削られている撮影モードがある

Pixel 7 / 7 Proから削られている撮影モードがあります。

  • アクションパン
  • シネマティックぼかし
  • 10bit HDRの動画撮影
  • 音声ズーム

Pixel 7 / 7 Proのアクションパンでは、流し撮りのような撮影ができます。

Pixel 7 / 7 Proのシネマティックぼかしでは、背景をぼかして動画撮影ができます。

一方、CMなどで話題の「消しゴムマジック」は、Pixel 7aでも使えます

Pixel 7aの発熱・ゲーム・指紋認証の評判は?

Pixel 7aについて、特にユーザーの評判を確認しておきたい部分をリサーチしました。

  • 発熱はある?
  • 原神(重いゲーム)はプレイできる?
  • 指紋認証のスピードは?

発熱はある?

「発熱がけっこうある」と感じている人は、少なくないようです。最新ゲームなどヘビーな使い方をする人は注意。

原神(重いゲーム)はプレイできる?

原神のプレイは「少しキツイ」という口コミが多い印象でした。

安くてゲームがプレイできるスマホとして、Pixel 7aは筆頭の候補ですが、最高の環境を求めるなら予算を足して10万円超のスマホを購入すべきでしょう。

指紋認証のスピードは?

指紋認証の精度やスピードは、快適な様です。

Pixel 7aの各社の価格

Pixel 7aの各社の価格は以下。カッコ内の金額は購入プログラム利用時の2年間の負担額です。

カラーは、Sea(シー)、Snow(スノウ)、Charcoal(チャコール)、Coral(コーラル)の4色です。

各キャリア、全カラーの取り扱いがあります。ドコモのCoralはオンラインショップのみです。

今だと「Pixel 7」「Pixel 6a」も安く買えてしまう件について

ゴリラ

実は「Pixel 7」「Pixel 6a」の方がお買い得ってオチはない?けっこう安くなってるよね。

実は中古や未使用品の「Pixel 7」「Pixel 6a」も安く買えてしまいます。

他社の最新スマホと比べるとPixel 7aのコスパはぶっちぎりですが、Google Pixel同士で比較すると、意外と迷いどころだったりします。

例えば、中古ショップのイオシスの価格を調べてみると、執筆時点で以下のとおりでした。

  • Pixel 7
    • 未使用品:72,800円
    • Aランク品:64,800円
  • Pixel 6a
    • Aランク品:37,800円~

Pixel 7はAランク品ならPixel 7aと同額ぐらい。Pixel 6aはAランク品が3万円台で買えます。

Pixel 7aのライバルは競合他社の製品ではなく、むしろ「Pixel 7」「Pixel 6a」なのかもしれません。

「Pixel 7a」と「Pixel 7」をスペック比較

スクロールできます→

Pixel 7a Pixel 7
サイズ 縦:152mm
幅:72.9mm
厚み:9.0mm
縦:155.6mm
幅:73.2mm
厚み:8.7mm
重さ 約193.5g 約197g
SoC Google Tensor G2 Google Tensor G2
RAM 8GB 8GB
ストレージ 128GB 128GB / 256GB
SDカード
ディスプレイ 約6.1インチ 有機EL
FHD+(1,080 x 2,400)
約6.3インチ 有機EL
FHD+(1,080 x 2,400)
リフレッシュレート 最大90Hz 最大90Hz
メインカメラ 広角:64MP(1/1.73型)
超広角:13MP
広角:50MP(1/1.31型)
超広角:12MP
フロントカメラ 13MP 10.8MP
バッテリー 4,385mAh 4,355mAh
生体認証 ・画面内指紋認証
・顔認証
・画面内指紋認証
・顔認証
防水・防塵 IP67 IP68
イヤホンジャック
そのほか機能 ワイヤレス充電
おサイフケータイ
ステレオスピーカー
ワイヤレス充電
リバースチャージ
おサイフケータイ
ステレオスピーカー
SIM デュアルSIM
(nanoSIM, eSIM)
デュアルSIM
(nanoSIM, eSIM)

Pixel 7aとPixel 7の基本スペックの差分は、限りなく小さいです。

上記のスペック表にない細かい違いには、以下もあります。

  • 7は256GBモデルがある
  • 7はメインカメラのセンサーサイズが大きい
  • 7aはGorilla Glass 3、7はGorilla Glass Victus
  • 急速充電は、7aは最大18W、7が最大20W
  • 7はバッテリーシェアに対応
  • 7はデュアルeSIMに対応

「Pixel 7a」と「Pixel 6a」をスペック比較

スクロールできます→

Pixel 7a Pixel 6a
サイズ 縦:152mm
幅:72.9mm
厚み:9.0mm
縦:152.2mm
幅:71.8mm
厚み:8.9mm
重さ 193.5g 178g
SoC Google Tensor G2 Google Tensor
RAM 8GB 6GB
ストレージ 128GB 128GB
SDカード
ディスプレイ 約6.1インチ 有機EL
FHD+(1080 x 2400)
約6.1インチ 有機EL
FHD+(1080 x 2400)
リフレッシュレート 最大90Hz 60Hz
メインカメラ 広角:64MP(1/1.73型)
超広角:13MP
広角:12.2MP(1/2.55型)
超広角:12MP
フロントカメラ 13MP 8MP
バッテリー 4,385mAh 4,410 mAh
生体認証 ・画面内指紋認証
・顔認証
画面内指紋認証のみ
防水・防塵 IP67 IP67
イヤホンジャック
そのほか機能 ワイヤレス充電
おサイフケータイ
ステレオスピーカー
おサイフケータイ
ステレオスピーカー
SIM デュアルSIM
(nanoSIM, eSIM)
デュアルSIM
(nanoSIM, eSIM)

Pixel 6aと比較すると、SoC、RAM、リフレッシュレート、カメラ、顔認証などが進化しているポイントです。

ただ、Pixel 6aが中古ですごく安く買えるので、そこが悩みどころですね。ちなみに、重量はPixel 6aが15gほど軽いです。

▼その他、比較対象になりそうな端末

関連記事

AQUOS sense8が発売

2023年11月、Google Pixel 7aの競合となるシャープのミッドレンジ「AQUOS sense8」が発売しました。

以下の記事では両モデルのスペックを比較しています。

まとめ

Pixel 7aは、ハイエンドに迫るスペックで価格は6万円台。

iPhone 14やGalaxy S23が12~14万円という価格帯なことを考えると、コスパはどう見てもぶっちぎりです。

本当にスマホが好き、業務上必要、といった人以外、Pixel 7aは誰にでもおすすめできます。

詳細にスペック、口コミを確認しましたが、他所のレビューは本当にそのとおりで、結論は変わりません。

2023年6月現在「安くて使いやすいスマホはない?」と聞かれたら、Pixel 7aと即答すると思います。

ちなみに:契約するならオンラインショップがお得です

契約を検討しているのであれば、オンラインショップがお得なので、最後にそれだけ簡単に説明しておきます。

  1. 事務手数料、頭金がかからない(auは手数料かかります)
  2. オンライン限定キャンペーンがある
  3. オプション不要・しつこい営業がない
  4. 来店不要・待ち時間がない

金銭的メリット(事務手数料、頭金)だけでなく精神的なメリット(待ち時間・勧誘なし)も大きく、おすすめ。

また、各社が直営する公式オンラインショップなので安心して契約できます。

少しでもお得にかしこく契約したいと思っている人は、ぜひオンラインショップを使ってみてください。

こんな記事もおすすめ