この記事のまとめ
フレッツ光をマンションで利用するには、サービスやプランの確認、プロバイダ選びや工事など様々な工程が必要です。
しかし、管理会社からは回線やプランを告げられるだけで、開通するために何をすれば良いのかわからない方も多いでしょう。
フレッツ光マンションプランの内容・料金は?
hikaritayasushi
マンションでフレッツ光を利用する場合は、大抵プランが建物側で決められているため、プロバイダ選びが重要になってきます。
当記事では、フレッツ光をマンションタイプの内容やプロバイダの選び方、さらに開通までの流れを詳しく解説しています。
フレッツ光マンションタイプを利用予定の方は、是非参考にしてください!

フレッツ光マンションタイプの種類

まずは、フレッツ光のマンションタイプの種類について解説します。

建物によって「配線方式」が異なる

フレッツ光のマンションタイプには、「ミニ」「プラン1」「プラン2」の3つのサービスメニューがあり、マンション内でフレッツ光を契約すると想定される世帯数によって選ばれます。
このサービスメニューは、住人側で選択することができません。

また、配線方式も3つあり、建物の設備によって異なります。

①光配線方式」・・・光ファイバーでインターネットに接続するもの
②LAN配線方式」・・・LAN配線のあるマンションで利用できる
③「VDSL方式」・・・光配線などの代わりに電話配線を利用するもの(光配線やLAN配線の設備がないマンションで採用される)

この配線方式もマンションごとに決まっており、自分では選べません。

なお近年は、配線方式のうちLAN配線方式はあまり採用されていないので、「光配線方式」か「VDSL配線方式」のどちらかになることが多いでしょう。

ここからは、各配線方式について、詳しく説明していきます。

最大1Gbps!一番早い「光配線方式」

光配線方式では、マンション内の光配線を部屋まで引き込み、インターネットに接続します。
この方式は速度が速いのが特徴で、タイプによっては最大1Gbpsまで出すことが可能です。

そして、フレッツ光の光配線方式には、3つのタイプがあります。
「ギガマンション・スマートタイプ」は、Wi-Fiルーターをレンタルでき、速度が速いです。
「マンション・ギガラインタイプ」だとルーターのレンタルはなくなりますが、月額利用料は安めとなっています。
3つ目の「マンション・ハイスピードタイプ」は月額利用料がさらに安いですが、通信速度は他の2つより遅いです。

上記のタイプは自分で選ぶことができるので、希望に合ったものを選びましょう。

従来のマンションで多い「VDSL方式」

マンション内に光配線やLAN配線がなければ、VDSL方式となります。
VDSL方式ではマンション内の電話配線が利用されます。
その影響で、光配線方式よりも通信速度が落ちてしまうのでご注意ください。

光配線方式には3つのタイプがありますが、VDSL方式の場合は「マンションタイプ」のみとなります。
マンションタイプの月額利用料は、光配線方式のスマートタイプやギガラインタイプよりも安めです。

利用できるマンションタイプの確認方法

次に、利用できるマンションタイプの確認方法を解説します。

WEB(NTT公式サイト)で確認

物件ごとのフレッツ光のタイプは、NTTの公式サイトで確認できます。
東日本の場合、以下のサイトにアクセスして「提供エリアの確認はこちら」という箇所に郵便番号を入力してください。

https://flets.com/

西日本の場合は、以下のページの「お申し込み」を押し、続けて「かんたんお申し込み」を選択すれば、検索画面に移ります。
郵便番号のほか、県名からもマンションを検索できます。

https://flets-w.com/new/

電話で確認する

電話でもタイプの確認は可能です。
問い合わせ先は東日本と西日本で異なり、それぞれ以下の通りです。

・東日本:0120-116116(9時~17時)
・西日本:0800-2000116(9時~17時)

物件の管理会社・大家さんに確認する

マンションによって、利用できるフレッツ光のタイプが決められている可能性もあります。
そのような場合は、物件の管理会社や大家さんに確認すればわかることが多いです。

フレッツ光マンションプランの料金

続いて、フレッツ光のマンションプランの料金をご紹介します。

フレッツ光ネクスト ギガマンション・スマートタイプ

ギガマンション・スマートタイプは、速度がおおむね1Gbpsと一番速く、Wi-Fiのルーターがレンタルできます。

月額利用料3,685円
プロバイダ月額利用料539円~
割引額
(ギガスマート割・にねん割)
-385円
合計3,839円~

フレッツ光ネクスト ギガラインタイプ

ギガラインタイプも最大速度が1Gbpsと速いですが、WiFiルーターのレンタルサービスはありません。
その分、スマートタイプとくらべて月額利用料が安くなっています。

月額利用料3,685円
プロバイダ月額利用料550円~1,045円
割引額
(ギガスマート割・にねん割)
-385円
合計3,850円~4,345円

フレッツ光ネクスト ハイスピードタイプ

ハイスピードタイプは、上記のタイプと比べて最大スピードは200Mbpsと遅くなります。
その分料金が安いのが特徴です。

月額利用料3,135円
プロバイダ月額利用料539円~
割引額

(にねん割)

-110円
合計3,564円~

フレッツ光ライト マンションタイプ

VDSL配線方式のマンションでは、フレッツ光ライトのマンションタイプとなります。
インターネットの利用量により月額料金の幅があり、あまり利用しない方であれば安く済むというメリットがあります。

月額利用料2,200~4,730円
プロバイダ月額利用料539~1,045円
合計2,739~5,775円

フレッツ光の初期費用

フレッツ光を利用するには、以下の初期費用がかかります。

契約料880円
初期費用16,500円(初回3,300円 + 2回目以降440円/月×30回)

フレッツ光で利用できるプロバイダ一覧

続いて、フレッツ光の回線を利用するためのプロバイダをご紹介します。
東日本と西日本とでは、プロバイダの月額利用料や特典が異なる場合があるので、気になるプロバイダがあれば、詳しくチェックしましょう。

東日本

東日本の場合、マンションタイプのプロバイダとサービス内容は以下の通りです。

月額利用料特典
OpenBit,Net0円なし
BB.excite550円なし
ASAHIネット770円最大12ヶ月無料
WAKWAK990円23ヶ月550円
DTI680円初月無料、23ヶ月半額
plala660~880円クーポン1,200円分
So-net990円毎月200円割引
@nifty950円3ヶ月無料
OCN990円24ヶ月50円割引
hi-ho890円最大4ヶ月無料
BIGLOBE990円24ヶ月440円割引

西日本

西日本では以下のプロバイダと契約できます。

月額利用料特典
OpenBit,Net0円なし
BB.excite550円なし
ASAHIネット750円最大12ヶ月無料
WAKWAK660円開通月無料、23ヶ月300円
DTI680円初月無料、23ヶ月半額
plala660~880円クーポン1,200円分
So-net990円毎月200円割引
@nifty950円なし
OCN891円24ヶ月50円割引
hi-ho890円最大4ヶ月無料
BIGLOBE935円24ヶ月440円割引

プロバイダの選び方-チェックすべきポイントは?

プロバイダを選ぶ際は、以下の点に着目しましょう。

月額料金の安さ

プロバイダ利用料はサービスによって異なります。
そのため、月額利用料の金額をしっかりと確認しましょう。
サービス内容や特典内容などもプロバイダ毎に変わってくるので、自分の希望に合ったものを選ぶことをおすすめします。

割引・特典内容

プロバイダを選ぶ際は、割引や特典の内容にも注目です。
プロバイダの中には、月額利用料が数ヶ月無料になるものや、セキュリティソフトを無料で利用できるものもあります。
そのため、料金を重視するのか、セキュリティ面を重視するのかなど、選ぶ人によっておすすめは変わってきます。
また、通信速度を重視している場合は、IPv6無料などのキャンペーンを行っているプロバイダを選ぶと良いでしょう。

フレッツ光の申し込み~利用開始の流れ

ここからは、フレッツ光の申し込みの流れを解説します。

フレッツ光公式サイトから申し込む

申し込みはフレッツ光の公式サイトから行います。
東日本で契約する方は、以下のNTT東日本のサイトを開いてください。
ページをスクロールして「今すぐお申し込み」を押し、指示に従って提供エリアを確認して、利用するサービスとプロバイダを選択していけば、申し込みが完了します。

NTT東日本 公式サイト

エリアが西日本の場合は、以下のNTT西日本のサイトで申し込みを行うことが可能です。
ページ右上の「お申し込み」から手続きを進められます。
「お申し込み」を押すと出てくる画面には「かんたんお申し込み」という項目がありますが、これを選択すればマンションタイプを確認しながら申し込みができるので、利用してみてください。

NTT西日本 公式サイト

手続きが正常に行われると、申し込み完了メールが送られてきます。

指定した日に工事が行われる

利用する建物で工事が必要な場合は、申し込み後に電話がかかってくるので、この電話の中で工事日程を決めることになります。
工事は立ち会いが必要なため、都合の良い日を選んで日程を決めましょう。
指定した日時に業者の方が来て、開通工事が行われます。

WiFiルーターが必要な場合は準備しておく

工事後にWiFiを利用するには、ルーターが必要になります。
業者からルーターをレンタルしない方は、自分で用意しておきましょう。

インターネットに接続できるか確認・利用開始

工事が完了したら、インターネットに接続できるかどうか確認してください。
PCに有線接続できるかどうか、またスマホなどでWi-Fi接続できるかどうか、試してみましょう。
無事接続できれば、インターネットの利用を開始できます。

フレッツ光のマンションタイプまとめ

最後に、当記事の内容をまとめます。

・ フレッツ光のサービスメニューや配線方式は、マンションによって異なる。
・ 光配線方式は通信速度が速いので、VDSL方式よりおすすめ。
・ 物件ごとのタイプはNTTの公式サイトや電話で確認できる。
・ プロバイダを選ぶときは、月額利用料や割引、特典内容をチェックする。
・ フレッツ光マンションタイプの申し込みは、公式サイトから行える。

マンションでフレッツ光を契約する場合は、事前にしっかりと下調べを行うことが大切です。
マンションごとのタイプや配線方式などを把握したうえで、申し込み手続きに進みましょう。

この記事を書いた人
福田ありさ

福田ありさ

ぴかまろ編集・ライティング担当。光回線の販売経験を活かして、インターネットサービスのあれこれをわかりやすくお伝えできるように日々奮闘しています。家でも光回線やスマホサービスを色々試しており、ユーザー目線でリアルな情報を発信できたらと思っています!よろしくお願いします。

NEWS PICKSはこちら