gmoとくとくbb wimax 評判
「GMOとくとくBB WiMAXの評判の悪さをよく聞くけど実際はどうなの?」
「他のWiMAXプロバイダと比べて料金は安い?」
「キャッシュバックの受け取り方は?」GMOとくとくBB WiMAXを申し込もうとする時によく見かける口コミや評判として、このようなものがあると思います。

結論から述べると、GMOとくとくBB WiMAXは、キャッシュバックの受け取り忘れに気を付ければ、WiMAXの中でも安い料金で利用できるプロバイダです

「とにかくまずはデメリットが知りたい!」という方のために、デメリットとその対処法についてまとめました。

GMOとくとくBB WiMAXのデメリットデメリットの対処法
速度が遅い・繋がらない・不安定という声が目立つ
  • 速度が際立って遅いわけではない
  • 通信障害を確認したり、端末の再起動を試してみたりする
キャッシュバックの受け取り忘れに注意
  • スマホのリマインダー機能を活用して案内メールを見落とさないようにする
キャッシュバックの「最大表記」に注意
  • 新規でも乗り換えでも確実に貰えるのは15,000円
  • 乗り換えの際,発生した費用に応じて最大40,000円キャッシュバック
  • 有料オプションの同時申し込みが必要
プラスエリアモードの通信容量を超過すると速度制限になる
  • 制限がかかってもスタンダードモードに切り替えれば、通常利用可能
端末の「最大通信速度」の表記に注意
  • そもそも最大通信速度までの速さは出ない
  • 実測値を確認する
支払い方法がクレジットカードのみ

この記事では他社のWiMAXプロパイダと料金や実測値を比較をしながら、GMOとくとくBB WiMAXのメリットやデメリットについて解説しています。

これからGMOとくとくBB WiMAXを申し込もうと考えている方は、ぜひこちらの記事を参考にしてみてください!

光回線名キャンペーン内容+おすすめポイント公式サイト
GMOとくとくBB WiMAX GMOとくとくBB ・最大57,000円キャッシュバック

・月額料金大幅値引き

・au、UQモバイルのスマホセット割
GMOとくとくBB WiMAX公式サイト

\現金最大57,000円キャッシュバックがお得!/

※本記事は2024/5/22時点の情報です。詳細は各公式ページをご参照ください。
記事内の「実質月額」と「契約期間内の総額」は以下の計算式で算出しています。
※1:実質月額料金={(契約期間×月額料金)+初期費用(工事費・端末代・オプション料金・契約事務手数料など)-(キャッシュバック+月額料金割引)}÷契約期間
※2:契約期間内の総額={(契約期間×月額料金)+初期費用(工事費・端末代・オプション料金・契約事務手数料など)-(キャッシュバック+月額料金割引)}
実測値参考元:みんなのネット回線速度

目次

GMOとくとくBB WiMAXの評判が悪い理由!デメリットの対処法と注意点を解説

gmoとくとくbb wimax 評判

GMOとくとくBB WiMAXの評判が悪い理由としてあげられるのは、以下の6つです。

  • 速度が遅い・繋がらない・不安定という声が目立つ
  • キャッシュバックの受け取り忘れに注意
  • キャッシュバックの「最大表記」に注意
  • プラスエリアモードの通信容量を超過すると速度制限になる
  • 端末の「最大通信速度」の表記に注意
  • 支払い方法がクレジットカードのみ

これらのデメリットについて、対処法や注意すべき点を詳しく解説していきます。

速度が遅い・繋がらない・不安定という声が目立つ

GMOとくとくBB WiMAXは、SNSや評判サイトでの口コミに、速度が遅い・繋がりにくい・不安定といった声が目立っています。

しかし、評判の中には「GMOとくとくBB WiMAXに変えたら速度が速くなった」という声があるのも事実です。

WiMAXは利用地域や、使用場所によっては思ったように速度が出ないこともあります。

実際に寄せられた口コミや評判については「GMOとくとくBB WiMAXの通信速度は遅い?利用者の評判・口コミ」でご紹介していますので、合わせてご覧ください。

速度に関する悪評はGMOとくとくBBに限った話ではない

そもそも、速度に関する悪評は、何もGMOとくとくBB WiMAXに限った話ではありません。

他のWiMAXでも同様に、速度が速い・遅い・繋がらないなどといった声は聞かれます。

どうしても速度の評判が気になるという方で、自宅での利用をメインに検討している方には、光回線がおすすめです。

光回線は導入までに工事が必要だったりすぐに利用が開始できなかったりといったデメリットがありますが、実測値はWiMAXよりも速い速度が出ます。

より速い速度を求めているのであれば、光回線もご検討ください。

速度が遅い・繋がらない・不安定な場合の対処法

GMOとくとくBB WiMAXの速度が遅い・繋がらない・不安定だと感じる場合には、下記の方法をお試しください。

通信障害が起きていないか確認するWiMAX障害情報

WiMAXメンテナンス情報

サービスエリアから外れていないかWiMAX エリア確認
端末の再起動再起動すると改善する場合がある
周波数を変更してみる利用状況によって2.4GHzと5GHzを変更すると利用できる場合もある
ポケット型Wi-Fiの電波の繋がりにくい場所にいないか地下やマンション、山間部といった場所は繋がりにくい
ホームルーターの設置場所が適切か電気機器や壁の近くからは離して設置する

色々と試してみたけれど、上手く繋がらない!という場合は「GMOとくとくBBお客様センター」まで連絡しましょう。

「GMOとくとくBBお客様センター」

電話番号:0570-045-109(10:00~19:00 年中無休)

キャッシュバックの受け取り忘れに注意

GMOとくとくBB WiMAXは、キャッシュバックの受け取り忘れが多く、これが評判が悪くなる要因の一つとなっています。

最大57,000円のキャッシュバックを受け取るための案内メールが送られてくるのは、端末発送月を含む11ヶ月目の月です。

普段利用しているメールアドレスではなく、GMOとくとくBB WiMAXに申し込んだ際に作成するアドレス宛に送られてくるので、見落としてしまう人が多い傾向にあります。

対象月に忘れることがないよう、あらかじめカレンダーに印を付けたり、スマホのリマインダー機能を利用してわかるようにしたりしておくことが大切です。

GMOとくとくBB WiMAXのキャッシュバック受け取り方法と受け取り時期

申請時期端末発送月を含む11ヶ月目の月

※受け取りは12ヶ月後

受け取り手順
  1. 端末発送月を含む11ヶ月目に送られてくる「キャッシュバック案内メール」を確認
  2. 案内に従って振込指定先口座を登録する
  3. 手続き完了後の翌月末に指定口座へ振り込み

GMOとくとくBB WiMAXの最大57,000円キャッシュバックを受け取る手順は、全部で3ステップです。

一見とても簡単そうで、受け取り忘れもなさそうに見えますが「キャッシュバック案内メール」を見落としがちな要因として、メールが送られてくる時期と受信先があります。

申し込みをしてから11ヶ月後に送られるので、そもそもキャッシュバックの存在を忘れがちですよね。

スマホのリマインダー機能を利用すれば、受け取り忘れ防止に繋がるので、設定しておくことをおすすめします。

次に、案内メールを受信するアドレスがGMOとくとくBB登録時に発行したGMOドメインのメールアドレスという点です。

普段利用するアドレスとは違うのでご注意ください。

GMOドメインに届くメールは「BBnavi」からチェックできます。

キャッシュバックの「最大表記」に注意

GMOとくとくBB WiMAXのキャッシュバックには「最大表記」があります。

申し込んだ人全員が、57,000円を受け取れるわけではないのでご注意ください。

新規申し込み者が対象となるキャッシュバック額は、 15,000円となります。

他社からGMOとくとくBB WiMAXに乗り換える場合は、他社の解約に関連して発生した金額に合わせてキャッシュバック額が変わります。

キャッシュバック内訳キャッシュバック額
申し込みの方全員対象15,000円
他社違約金負担最大40,000円
オプション同時加入2,000円

他社から乗り換えの場合でも、違約金以上のバックは受け取れる金額設定となっているので、貰い忘れに気を付けて手続きを行ってください。

GMOとくとくBB WiMAX公式:https://gmobb.jp/wimax/waribiki/

\最大57,000円のキャッシュバック!/

WiMAX自体を不安視している人が多い

そもそもWiMAX自体に不安を感じている人が多いのも、悪い評判が目立つ理由の1つです。

「せっかく契約したのに通信が不安定」

「もっと早い速度が出ると思ったのに、思ってたより遅い」

「料金も高く感じる」

このような声があるのも事実なので、少しでも不安がある人は、光回線やWiMAX以外のポケット型Wi-Fiホームルーターを検討してみてはいかがでしょうか?

WiMAXよりも速度が速い光回線や、通信制限なしで安く利用可能なポケット型Wi-Fiも多数存在します。

当メディアでは、あなたにぴったりの光回線やポケット型Wi-Fi・ホームルーターのおすすめについてもご紹介している記事がありますので、是非参考にしてみてください!

光回線のおすすめについてはこちら

ポケット型WiFiのおすすめについてはこちら

ホームルーターのおすすめについてはこちら

契約事務手数料がかかる

GMOとくとくBB WiMAXでは、登録時に契約事務手数料の3,300円が発生します。

この事務手数料は、GMOとくとくBB WiMAXに限った話ではなく、他のWiMAXを提供しているサービスや光回線でも同様に発生する料金です。

GMOとくとくBB WiMAXは8日以内であればキャンセルが可能ですが、この事務手数料だけは無料になりません。

完全無料で解約できるわけではないので、ご注意ください。

プラスエリアモードの通信容量を超過すると速度制限になる

GMOとくとくBB WiMAXでは、プラスエリアモードが利用できますが、スタンダードモードと違い、当月利用のデータ通信量が30GBを超えると通信制限がかかります。

送受信最大126kbpsに通信速度制限されるので、不便に思うかもしれませんが、スタンダードモードに切り替えれば制限なく利用できます

BBnavi」にログインすれば、当月の使用量を確認できるので、プラスエリアモードをご利用の場合は、こまめにチェックするのがおすすめです。

端末の「最大通信速度」の表記に注意

GMOとくとくBB WiMAXで提供される端末には「最大通信速度」が設定されています。

この数字はあくまでも理論値なので、端末を利用している際にこの速度が出ることはありません。

実際にどのくらいの速度で利用できるのかを知りたい場合、実測値を確認するのがおすすめです。

「みんなのネット回線速度」というサイトでは、実際に利用している人達の平均値を見ることができます。

GMOとくとくBB WiMAXで提供されるおすすめの端末の「X11」と「L11」の最大通信速度と実測値を見てみましょう。

機種最大通信速度実測値
Speed Wi-Fi

5G X11

下り最大:2.2Gbps

上り最大:183Mbps

下り:68.1Mbps

上り:11.67Mbps

ZTE Speed Wi-Fi

HOME 5G L11

下り最大:2.7Gbps

上り最大:183Mbps

下り:109.98Mbps

上り:18.93Mbps

※実測値:みんなのネット回線速度

上記を見てもわかるように、確かに最大通信速度ほど実測値はでていません。

この実測値についてもあくまで平均値なので、1つの目安として考えていただければと思います。

支払い方法がクレジットカードのみ

GMOとくとくBB WiMAXの支払いで利用できるのは、クレジットカードのみです。

デビットカードを除き、国内発行されたクレジットカードであれば支払えます。

申し込み前にクレジットカードを作成するか、口座振替希望の場合は、口座振替が可能な「BIGLOBE WiMAX」や「Broad WiMAX」もご検討ください。

GMOとくとくBB WiMAX公式:https://gmobb.jp/wimax/waribiki/

\最大57,000円のキャッシュバック!/

GMOとくとくBB WiMAXの評判・口コミからわかるメリット9選

gmoとくとくbb wimax 評判

GMOとくとくBB WiMAXの評判や口コミからわかるメリットは、全部で9つあります。

  • 最大57,000円キャッシュバックがお得
  • 実質月額料金・総額がかなり安い
  • 「繋がりにくい」「遅い」といった場合に簡単に光回線に乗り換えられる
  • オプションを一定期間無料で利用できる
  • データ容量無制限で利用できる
  • au・UQモバイルのスマホセット割がある
  • 端末が最短即日発送
  • 解約違約金が0円
  • 5Gに対応したことで繋がりやすさが上がった

これらのメリットについて、詳しくご紹介していきます。

最大57,000円キャッシュバックがお得

GMOとくとくBB WiMAXのキャッシュバックは、他社に比べると高い金額に設定されています。

プロバイダ名キャッシュバック額
GMOとくとくBB WiMAX最大57,000円
Broad WiMAX最大19,000円
BIGLOBE WiMAX10,000円
Vision WiMAX10,000円

他社WiMAXプロバイダのキャッシュバック額と比較してみると、GMOとくとくBB WiMAXのキャッシュバックの高額さがわかりますね。

受け取り忘れが多いというデメリットはありますが、そこさえクリアしてしまえばお得なキャッシュバックなので、この金額は大きなメリットと言えます。

実質月額料金・総額がかなり安い

月額料金端末発送月:1,375円

1〜35ヶ月目:3,762円

36ヶ月目以降:4,807円

実質月額料金※1新規:4,141円

乗り換え:3,030円

契約期間内の総額※2新規:149,065円

乗り換え:109,065円

※1:実質月額料金={(契約期間×月額料金)+初期費用(工事費・端末代・オプション料金・契約事務手数料など)-(キャッシュバック+月額料金割引)}÷契約期間
※2:端末分割払いが終了する3年で計算しています

GMOとくとくBB WiMAXは、主要なWiMAXプロバイダの中でも実質料金が安いです。

端末の分割払い期間が3年と少し長い点が気になりますが、料金の安いWiMAXプロバイダを探している人におすすめです。

「繋がりにくい」「遅い」といった場合に簡単に光回線に乗り換えられる

GMOとくとくBB WiMAXでは、実際に使ってみて「繋がりにくい」「遅くて使えない」といった理由で解約を検討している場合に違約金無しで光回線に乗り換えられます。

どんな時も解約サポート
乗り換え手順
  1. WEBまたは電話から申し込み
  2. 乗り換え先のサービス開始
  3. 現在利用中のWiMAXは自動解約
乗り換え先として選べる光回線

「引っ越したらWiMAXが繋がりにくくなった」「自宅で利用する人数が増えたので光回線を検討している」といった場合に活用できるサービスです。

対象となる光回線は上記4社に限られますが、当てはまればお得に乗り換えられるチャンスなので、ぜひ利用しましょう。

【どんな時も解約サポート 相談電話窓口】

電話番号:0120-051-093(10:00〜19:00 年中無休)

希望日時での折り返し希望の場合:GMOとくとくBBお乗換えご相談・申込フォーム

オプションを一定期間無料で利用できる

GMOとくとくBB WiMAXでは、月額料金を支払うと利用できるオプションがありますが、それぞれに無料期間が設けられています

オプション名月額料金無料期間
安心サポート330円最大2ヶ月
公衆無線LAN398円最大2ヶ月
インターネット安心セキュリティ550円12ヵ月
スマホトラブルサポート1,078円最大2ヶ月

契約してみて、やっぱり不要だなと感じるのであれば、無料期間内なら料金が発生せずに「BBnavi」から解約可能です。

端末が故障したり破損したりした場合5,500円以上の支払いが発生するので、安心サポートへの加入はおすすめですよ。

GMOとくとくBB WiMAX公式:https://gmobb.jp/wimax/waribiki/

\最大57,000円のキャッシュバック!/

データ容量無制限で利用できる

WiMAXはデータ容量無制限で利用できます。

上限を気にすることなくインターネットを楽しみたい人におすすめです。

ただし完全無料というわけではなく、一定期間内に大量のデータ通信の利用があった場合は、混雑する時間帯の通信速度を制限する場合もあると公式サイトに記載があります。

プラスエリアモードを利用中の人は、データ通信量が30GBを超えると通信制限がかかるのでご注意ください。

スタンダードモードに変更すれば、引き続き制限なしでインターネットを利用可能です。

au・UQモバイルのスマホセット割がある

GMOとくとくBB WiMAXでは、auとUQモバイルを利用している人向けに、スマホセット割が用意されています。

スマホの利用プランによって割引額が異なりますが、1端末ごとに毎月最大1,100円の割引となるので、必ず利用しましょう!

auとUQモバイルのスマホセット割の詳細について、詳細を説明していきます。

auのスマホセット割の詳細

auのスマホセット割
プラン割引額
ピタットプラン 5G

ピタットプラン 4G LTE

(新auピタットプランN)

1GBまで割引対象外
1GB超~7GBまで翌月から

550円/月割引

データMAX 5G ALL STARパック(P)

データMAX 5G Netflixパック(P)

データMAX 5G with Amazonプライム

データMAX 5G ALL STARパック

データMAX 5G テレビパック

auデータMAX 5G Netflixパック

auデータMAX 5G

auデータMAX 5G Netflixパック

データMAX 4G LTE

データMAX 4G LTE Netflixパック

翌月から

1,100円/月割引

auピタットプランN(s)2GBまで

auピタットプラン(シンプル)の場合、1GBまで割引対象外となります

翌月から

550円/月割引

2GB超~20GBまで翌月から

1,100円/月割引

ピタットプラン 5G(s)

ピタットプラン 4G LTE(s)

2GB超~20GBまで翌月から

550円/月割引

カケホ

(3Gケータイ・データ付)

翌月から

1,027円/月割引

各プランによる割引額については、上記の通りです。

WiMAX端末が手元に届き次第、電話かauショップでスマホ割の申請を行いましょう。

  • KDDIお客様センター

au携帯電話から:(局番なし) 157 (通話料無料)

一般電話から: 0077-7-111 (通話料無料)

※年中無休 (オペレータとの通話は9:00~20:00)

WiMAX+5G端末1つにつき合計9回線まで適用されます。

家族4人でauスマホを利用し、1,100円の割引があれば、1ヶ月4,400円の割引、1年間で52,800円の割引となります。

自動適用されないので、必ず申し込みを行いましょう。

UQモバイルのスマホセット割の詳細

UQモバイルのスマホセット割
プラン割引額
トクトクプラン

ミニミニプラン

1,100円/月割引
くりこしプランS/M +5G638円/月割引
くりこしプランL +5G858円/月割引

UQモバイルの利用プランによる割引額は上記の通りです。

au回線と合わせて10回線まで適用可能となっています。

こちらも自動で適用されないので「自宅セット割」インターネットコース申し込みページまたはUQスポット、au Style、auショップなどの店頭で必ず申し込みを行ってください

端末が最短即日発送

GMOとくとくBB WiMAXでは、申し込んだ端末が最短で即日発送されます。

平日15時半まで、土日祝日は14時までの申し込みに限りますが、すぐに必要になった!という場合でも関東県内なら翌日到着することもあります。

選ぶ端末によっては即日発送が選べず、通常発送となる場合もあるようですのでご注意ください。

解約違約金が0円

GMOとくとくBB WiMAXは解約違約金が0円です。

最低利用期間が2年間とされていますが、この利用期間内に解約したとしても無料で解約できます。

ただし、端末代金は36回の分割払いとなっているので、支払いが終わる前に解約すると、未払い分が一括で請求されるのでご注意ください。

5Gに対応したことで繋がりやすさが上がった

GMOとくとくBB WiMAXでは、au5G・au 4G LTE・WiMAX 2+の3つの回線が利用可能です。

徐々に5G回線が使えるエリアも広くなってきているので、今後より繋がりやすくなることが期待できます。

より繋がりやすくということであれば、プラスエリアモードの利用もご検討ください。

接続した月のみ1,100円の月額料金が発生します。

プラスエリアモードを利用しなければ料金は発生しないので、旅行や帰省などで使いたいときにだけ利用することも可能です。

GMOとくとくBB WiMAX公式:https://gmobb.jp/wimax/waribiki/

\最大57,000円のキャッシュバック!/

GMOとくとくBB WiMAXの通信速度は遅い?利用者の評判・口コミ

gmoとくとくbb wimax 評判

GMOとくとくBB WiMAXの速度に関する口コミや評判は、良いものもあれば悪いものも見られます。

実測値としては、インターネットの利用に問題ない速度がでています。

実測値
Speed Wi-Fi

5G X11

下り:68.1Mbps

上り:11.67Mbps

ZTE Speed Wi-Fi

HOME 5G L11

下り:109.98Mbps

上り:18.93Mbps

※実測値:みんなのネット回線速度

WiMAXは5Gに対応していますが、エリア拡大中とはいえまだ5Gの使用可能範囲が広くありません。

契約してみたけれど、思ったように速度が出ないこともあり得るのです。

5Gでの通信を希望している方は、必ず事前にWiMAXのエリア確認を行い、利用できることがわかってから契約しましょう。

WiMAXプロバイダによって実測値が大きく異なることは基本的にはない

WiMAXプロバイダはすべて同じWiMAXの回線を利用しているので、実測値が大きく異なることは基本的にありません。

実測値を測定するサイトでは、プロバイダごとに異なる結果が出ていますが、測定する環境や地域、集計している件数の差などによる影響が大きいと思われます。

概ね同じくらいの速度が出ると考えても問題ないでしょう。

WiMAXが繋がりにくい場所

WiMAXには繋がりにくい場所が存在します。

  • 山間部
  • 地下
  • マンション
  • 同じような周波数の電波が飛ぶ家電の近く

ポケット型Wi-Fiでは、電波の届きにくい山間部や地下、ホームルーターの場合はマンションは繋がりにくいです。

また、室内で利用する場合は、電波を発する家電の近くで利用すると、混線して上手くインターネットが利用できない場合があります。

通信速度と安定性を重視する方には「光回線」がおすすめ

そもそも安定した通信速度を重視する方には、WiMAXよりも「光回線」がおすすめです。

実際に主要な光回線とGMOとくとくBB WiMAXの実測値を比較した表が下記のものです。

実測値
GMOとくとくBB WiMAX

ZTE Speed Wi-Fi HOME 5G L11

下り:109.98Mbps

上り:18.93Mbps

ドコモ光下り:281.3Mbps

上り:256.05Mbps

auひかり下り:520.32Mbps

上り:498.52Mbps

ソフトバンク光下り:317.35Mbps

上り:280.85Mbps

ビッグローブ光下り:264.59Mbps

上り:235.39Mbps

※実測値:みんなのネット回線速度

これを見てもわかるように、実測値としては圧倒的に光回線の方が速いです。

自宅の利用のみを検討している方で、速度の必要なオンライン会議やオンラインゲームを楽しみたい方は「光回線」の導入をご検討ください。

GMOとくとくBB WiMAX公式:https://gmobb.jp/wimax/waribiki/

\最大57,000円のキャッシュバック!/

GMOとくとくBB WiMAXの料金は高い?利用者の評判・口コミ

gmoとくとくbb wimax 評判

GMOとくとくBB WiMAXの料金は、他のWiMAXを提供しているサービスの中でも安いです。

今までWiMAX2+を利用していた人が、WiMAX+5Gに変更しても月額料金があまり変わらないので、お得感があるという声も見られます。

端末代金は36回の分割払いで合計27,720円かかりますが、キャッシュバック額がこれを上回るので、結果的に実質無料となります。

キャッシュバック以外にも、月額料金割引キャンペーンがあり、合計で57,827円相当が割り引かれるのも、通信費を安く抑えたいと思っている人に好評です。

データ容量無制限で使用できるWiMAXで、安い料金のプロバイダを探しているのであれば、GMOとくとくBB WiMAXはおすすめできます。

GMOとくとくBB WiMAXの料金を他社と比較

月額料金実質月額料金※1契約期間内の総額※2,3
GMOとくとくBB WiMAX端末発送月:1,375円

1〜35ヶ月目:3,762円

36ヶ月目以降:4,807円

新規:4,141円

乗り換え:3,030円

新規:149,065円

乗り換え:109,065円

Broad WiMAX【ギガ放題コスパプラン】

初月:1,397円

1~36ヶ月目:3,663円

37ヶ月目~:4,818円

【ギガ放題縛りなしプラン】

初月:1,397円

1~36ヶ月目:3,850円

37ヶ月目~:4,950円

【ギガ放題コスパプラン】

4,555円

【ギガ放題縛りなしプラン】

4,734円

【ギガ放題コスパプラン】

109,320円

【ギガ放題縛りなしプラン】

170,424円

BIGLOBE WiMAX初月のみ:0円

1ヶ月目以降:4,928円

3,973円143,028円
Vision WiMAX【ギガ放題2年プラン】

初月:1,078円

2〜24ヶ月目:3,872円〜

25ヶ月目以降:4,532円〜

【ギガ放題フリープラン】

初月:1,254円

2〜24ヶ月目:4,048円〜

25ヶ月目以降:4,532円〜

【ギガ放題2年プラン】

4,383円

【ギガ放題フリープラン】

4,559円

【ギガ放題2年プラン】

105,192円

【ギガ放題フリープラン】

164,124円

カシモWiMAX初月:1,408円

2ヶ月目以降:4,378円

4,391円158,076円

※1:実質月額料金={(契約期間×月額料金)+初期費用(工事費・端末代・オプション料金・契約事務手数料など)-(キャッシュバック+月額料金割引)}÷契約期間
※2:契約期間内の総額={(契約期間×月額料金)+初期費用(工事費・端末代・オプション料金・契約事務手数料など)-(キャッシュバック+月額料金割引)}
※3:契約期間が設けられていない場合、3年で計算しています

GMOとくとくBB WiMAXの料金を他のWiMAXプロバイダと比較したのが、上記の表となります。

WiMAXプロバイダの中でも、実質料金が安いという事が見てとれますね。

最大57,000円のキャッシュバックと、合計57,827円相当の月額料金割引キャンペーンがあるので、よりお得にWiMAXを利用可能です。

GMOとくとくBB WiMAX公式:https://gmobb.jp/wimax/waribiki/

\最大57,000円のキャッシュバック!/

GMOとくとくBB WiMAXの料金が高い場合の対処法

思っていたよりも、GMOとくとくBB WiMAXの料金が高い…という人は、下記の対処法を試してみましょう。

  • 不要なオプションに加入していないか確認する
  • au・UQモバイルのスマホセット割に加入しているか確認する

オプションとスマホセット割の加入状況は「BB navi」へログインすると確認可能です。

GMOとくとくBB WiMAXの加入時に、無料期間があるので試しに加入してみたオプションが解約されずそのままになってしまっていれば、月額料金が発生しています。

オプションの解約も「BB navi」からできるので、一度見直してみることをおすすめします。

auとUQモバイルのスマホセット割は、自動適用されないので申し込みが必要です。

最大で毎月1,100円の割引が最大10回線まで適用されるので、申し込みがまだの人は必ず申請しましょう。

各プランごとに割引額や、申請方法については「au・UQモバイルのスマホセット割がある」の項目で解説していますので、あわせてご覧ください。

GMOとくとくBB WiMAXの契約時に発生する初期費用

GMOとくとくBB WiMAXを契約する際に発生する初期費用は、事務手数料と端末代金です。

それぞれの料金については、下記の通りとなります。

事務手数料3,300円
端末代金27,720円

※770円×36回払い

合計31,020円

端末代金は分割払いとなっているので、毎月の月額料金に770円ずつプラスされていきます。

事務手数料と端末代金を合計しても、キャッシュバック額と同等の金額なので、実質無料で利用可能ですよ。

GMOとくとくBB WiMAXの端末代金

GMOとくとくBB WiMAXの端末代金は27,720円です。

端末代金が無料となるキャンペーンは実施されていませんが、最大57,000円のキャッシュバック(誰でも受け取れる額でも15,000円)を受け取れることを考えれば、お得に利用できることがわかりますね。

GMOとくとくBB WiMAX公式:https://gmobb.jp/wimax/waribiki/

\最大57,000円のキャッシュバック!/

GMOとくとくBB WiMAXで開催中のキャッシュバック・キャンペーン一覧

GMOとくとくBB WiMAXで開催中のキャッシュバック・キャンペーンは2つあります。

GMOとくとくBB WiMAXのキャンペーン一覧

  • 最大57,000円キャッシュバック
  • 57,827円相当の月額料金値引

適用させるための条件や、詳しい内容について解説していきます。

最大57,000円キャッシュバック

GMOとくとくBB WiMAXのキャッシュバックは、他のWiMAXプロバイダに比べて高額な最大57,000円のキャッシュバックが受け取れます。

契約者全員が57,000円を受け取れる訳ではなく、全ての人が対象となるキャッシュバックは15,000円です。

他社から乗り換える場合、発生した違約金に応じて最大40,000円のキャッシュバックとなります。

乗り換えの場合には、指定の方法で他社サービスの解約違約金明細の写真を解約違約金キャッシュバック申請フォームから提出する必要があるので、忘れずに手続きしてください。

57,827円相当の月額料金値引

GMOとくとくBB WiMAXでは、最大57,000円のキャッシュバック以外にも、月額料金値引きのキャンペーンが開催されています。

利用月月額料金割引後の月額料金割引額
端末発送月5,302円1,375円3,927円×1回

※合計3,927円引き

1ヶ月~35ヶ月3,762円1,540円×35回

※合計53,900円引き

36ヶ月〜4,807円495円

全ての割引金額を合計すると、57,827円の割引となります。

他社WiMAXプロバイダの中でも、ここまで月額料金割引をしている所はないので、少しでも料金を安く利用したい人には、やはりGMOとくとくBB WiMAXがおすすめです。

GMOとくとくBB WiMAX公式:https://gmobb.jp/wimax/waribiki/

\最大57,000円のキャッシュバック!/

GMOとくとくBB WiMAXが悪質と言われている理由

gmoとくとくbb wimax 評判

GMOとくとくBB WiMAXの評判について見ていると、「悪質だ」「良くない」といった声が見られると思います。

その理由が、最大57,000円のキャッシュバックの受け取りにくさにあります。

このキャッシュバックは以前、あまりにも貰い忘れが多いという声が寄せられたので、是正の申し入れがされています。

これにより、わかりにくかったメールのタイトルが「GMOとくとくBBからのお知らせ」から「GMOとくとくBBからのお知らせ キャッシュバック特典について」に変更され、目に留まりやすくなりました。

しかしながら、キャッシュバックの案内メールの送り先や送る時期、申請期間については以前と変わらないままです。

今後改善される可能性もありますが、GMOとくとくBB WiMAXのキャッシュバックを利用する人は、受け取り忘れに十分注意しましょう。

GMOとくとくBB WiMAX公式:https://gmobb.jp/wimax/waribiki/

\最大57,000円のキャッシュバック!/

GMOとくとくBB WiMAXのおすすめ機種(ポケット型Wi-Fi・ホームルーター)

gmoとくとくbb wimax 評判

GMOとくとくBB WiMAXを契約すると、ポケット型Wi-Fiとホームルーターのどちらかを選んで利用できます。

端末の特徴に合わせて、貴方が今利用したいほうの端末をお選びください。

それぞれの特徴については以下の通りです。

端末の特徴
ポケット型Wi-Fi
  • コンパクトサイズで持ち運びができる
  • 屋内外両方で使えるメリットがある
  • 充電が無くなると利用できない
  • 接続台数はホームルーターに劣る
ホームルーター
  • 屋内専用で利用する端末
  • 充電の必要が無い
  • ポケット型Wi-Fiよりも通信は安定している
  • 接続台数もポケット型Wi-Fiに比べると多い

簡単にまとめると、屋外での利用がメインか、それとも屋内での利用がメインかということになります。

これを踏まえて、それぞれでおすすめの端末と、なぜこれがおすすめなのかについてもご紹介していきますので、参考にしてみてください。

ポケット型Wi-Fiなら「X11」がおすすめ

端末名Speed Wi-Fi 5G X11
寸法(幅×高さ×厚さ)約W136×H68×D14.8㎜
重量約174g
通信方式(国内)5G(Sub6)

4G LTE

WiMAX 2+

バッテリー容量4,000mAh

連続通信時間:約490分(初期設定時)

連続待受時間:約400時間(初期設定時)

5G(一部エリア)受信最大: 2.7Gbps

送信最大:183Mbps

最大接続数16台

「X11」は、同時に接続できる台数が16台までと、GalaxyWi-Fiに比べると多いです。

あくまでも期待値なので、実際にこの速度が出るわけではありませんが受信最大2.7Gbpsは、WiMAX端末の中でも速度の速さが期待できます。

ボタン操作なので、操作性が悪いと感じる人もいるかもしれませんが、慣れてしまえば特に気になりません。

専用クレードル(充電大)を利用すれば、おくだけで充電できますが、GMOとくとくBB WiMAXの場合は別途クレードル代として3,542円が発生します。

ホームルーターなら「L11」がおすすめ

端末名Speed Wi-Fi HOME 5G L11
寸法(幅×高さ×厚さ)約W70×H182×D124㎜
重量約599g
通信方式(国内)5G(Sub6)

4G LTE

WiMAX 2+

5G(一部エリア)受信最大: 2.7Gbps

送信最大:183Mbps

最大接続数30台

「L11」は面倒な初期設定も無く、コンセントに差し込むだけですぐに利用可能なホームルーターです。

登録住所以外でも利用できるので、出張先のホテルに持っていけば自宅と同じように通信が楽しめます。

ポケット型Wi-Fiのように屋外利用はできませんが、自宅に光回線を引くことのできない方や、単身赴任・1人暮らしをしている人は手軽にインターネット回線を確保可能です。

GMOとくとくBB WiMAX公式:https://gmobb.jp/wimax/waribiki/

\最大57,000円のキャッシュバック!/

GMOとくとくBB WiMAXの利用をおすすめしない人の特徴

gmoとくとくbb wimax 評判

GMOとくとくBB WiMAXを利用するメリットやデメリットを踏まえたうえで、利用がおすすめできない人の特徴としてあげられるのは以下の3点です。

  • キャッシュバックの受け取り忘れが怖い方
  • 通信速度に関する悪評が気になる方
  • 口座振替を利用したい方

では、なぜおすすめできないのかを解説していきます。

キャッシュバックの受け取り忘れが怖い方

以前に比べると、受け取りやすくなったとはいえ、せっかくのキャッシュバックを受け取り忘れてしまうことが怖いと感じる方には、GMOとくとくBB WiMAXはおすすめしません。

そのような方には、キャッシュバックがなくても実質月額料金の安い「5G CONNECT」がおすすめです。

5G CONNECTにキャッシュバックはありませんが、実質月額料金はWiMAXの中でも安い部類で、端末代金もかかりません。

キャッシュバックの受け取り忘れが怖い方や確実に安くWiMAXを利用したい方は、ぜひ5G CONNECTの公式サイトをチェックしてみてください。

通信速度に関する悪評が気になる方

通信速度に関連する悪評が気になる方も、GMOとくとくBB WiMAXはおすすめできません。

速度の速いインターネットを使いたい方には、「光回線」の利用をおすすめします。

光回線は回線を引き込む開通工事が必要だったり、WiMAXに比べると月額料金が高くなりますが、実測値は速い速度が出ます。

工事可能な戸建てに住んでいる方や、家族全員でインターネット利用を検討している方、オンラインゲームやオンライン会議の利用がメインとなる方は、ぜひ光回線をご検討ください。

光回線のおすすめについてはこちら

口座振替を利用したい方

GMOとくとくBB WiMAXは、支払い方法がクレジットカードのみに限られているので、口座振替で料金を支払いたい人にもおすすめできません。

WiMAXプロバイダの中で、口座振替に対応しているおすすめのプロバイダは「BIGLOBE WiMAX」と「Broad WiMAX」です。

このうち「BIGLOBE WiMAX」は、申し込み時にクーポンコードを入力することで10,000円のキャッシュバックを受け取れて、月額料金が24ヶ月目までずっと3,267円になります。

口座振替に対応したサービスを探している方は、BIGLOBE WiMAXをご検討ください。

WiMAXのおすすめについてはこちら

GMOとくとくBB WiMAX公式:https://gmobb.jp/wimax/waribiki/

\最大57,000円のキャッシュバック!/

GMOとくとくBB WiMAXの利用をおすすめする人の特徴

gmoとくとくbb wimax 評判

メリットやデメリットを踏まえたうえで、GMOとくとくBB WiMAXの利用がおすすめな人の特徴は以下の3つです。

  • 安いWiMAXに契約したい方
  • 高額キャッシュバックを受け取りたい方
  • 解約違約金を支払いたくない方

なぜおすすめできるのか、その理由について解説していきます。

安いWiMAXに契約したい方

GMOとくとくBB WiMAXは、実質料金がWiMAXプロバイダの中でも安いサービスです。

データ通信無制限で利用可能なWiMAXの中でも、できるだけ安いWiMAXを探している人におすすめです。

キャッシュバックも高額なので、それを含めてもお得に利用できるといえます。

高額キャッシュバックを受け取りたい方

GMOとくとくBB WiMAXは高額キャッシュバックキャンペーンを利用したい人にもおすすめできます。

GMOとくとくBB WiMAXでは、最大57,000円のキャッシュバックが受け取れて、他社と比較してもこのキャッシュバック額は高額です。

受け取りの案内メールが届くのが端末が到着してから11ヶ月後となるので、このメールを見逃さないように注意が必要です。

スマホのリマインダー機能を利用して、忘れないよう対策をしておきましょう。

解約違約金を支払いたくない方

GMOとくとくBB WiMAXは、違約金がいつ解約しても無料なので、解約時に違約金を支払いたくない人におすすめです。

最低利用期間が2年と定められていますが、2年未満での解約でも支払いが不要です。

ただし、端末の支払いが36回払いとなっているので、この支払が終わっていない場合は未払い分が一括請求される点にご注意ください。

GMOとくとくBB WiMAX公式:https://gmobb.jp/wimax/waribiki/

\最大57,000円のキャッシュバック!/

GMOとくとくBB WiMAXの申し込みから利用開始(キャッシュバック受け取り)までの流れ

gmoとくとくbb wimax 評判

GMOとくとくBB WiMAXの申し込みからキャッシュバックの受け取りまでの流れは、全部で4ステップです。

  1. 対応エリアの確認
  2. WEBまたはお電話で申し込み
  3. 端末到着・利用開始
  4. キャッシュバックを受け取る

複雑な手続きはなく、申し込みも簡単に行えますので、詳しく見ていきましょう!

Step1:対応エリアの確認

申し込む前に、まずは自分が利用を検討している場所で、WiMAXの利用が可能か確認しましょう。

ポケット型Wi-Fiを利用する方は自宅以外にも、職場や実家といった持込が想定される場所の確認もしておくと安心です。

WiMAXのエリア確認は「WiMAX エリア確認」から可能です。

Step2:WEBで申し込み

GMOとくとくBB WiMAXの公式サイトから申し込みを行います。

購入したい端末と、加入希望のオプションを選択し、必要事項を入力してください。

Step3:端末到着・利用開始

GMOとくとくBB WiMAXの場合は、平日は15時半まで、土日祝日は14時までに申し込み手続きが完了すると即日発送になります。

土日に発送をしているサービスは多くありませんので、急ぎで手元に端末が欲しい時に嬉しいポイントですね。

配送状況については、登録受付確認メールアドレスに送られてくる伝票番号を利用して佐川急便の荷物追跡サービスから確認可能です。

手元に端末が届き次第、同梱されているマニュアルを確認して利用を開始しましょう!

Step4:キャッシュバックを受け取る

端末が到着してから11ヶ月後に、GMOとくとくBBで作成したメールアドレス宛に、キャッシュバック申請の案内メールが届きます。

メールが届き次第、案内に従ってキャッシュバックの受け取り口座登録をしてください。

口座登録の手続きも、メールの到着からおよそ1ヶ月と決められています。

キャッシュバックの受け取り忘れを防止するためにも、スマホのリマインダー機能を活用し、時期になったらこまめに「BBnavi」から受信ボックスを確認しましょう。

GMOとくとくBB WiMAX公式:https://gmobb.jp/wimax/waribiki/

\最大57,000円のキャッシュバック!/

GMOとくとくBB WiMAXの解約方法

gmoとくとくbb wimax 評判

GMOとくとくBB WiMAXの解約は、下記の手順で可能です。

  1. BBnaviにログイン
  2. TOPメニューのご利用中サービスから「WiMAX +5G」を選択する
  3. 解約する対象の契約を選択して契約更新月を確認する
  4. 「その他のお手続き」ボタンから解約手続きを行う
  5. 「とくとくBBの退会」ボタンから解約手続きを行う
  6. 「退会手続きに進む」ボタンから解約手続きを行う

解約時は、日付にご注意ください。

当月20日までに解約手続きをすると、当月末で解約となりますが、21日以降で解約手続きを行うと、翌月末での解約となります。

全ての退会手続きが終了すれば、「BBnavi」から確認できる基本メールアドレス宛に、解約受付完了のメールが送られてきます。

GMOとくとくBB WiMAXの解約違約金

GMOとくとくBB WiMAXは、2年間の契約期間が決められていますが、いつ解約しても解約違約金は0円です。

解約違約金は0円でも、端末代金の36回払いが終了していない時点で解約する場合は、残りの未払い分が一括請求されるので、3年以内での解約時には支払いが発生する点にご注意ください。

GMOとくとくBB WiMAXが解約できない場合の原因と対処法

GMOとくとくBB WiMAXを解約したいのに、解約ボタンが表示されない場合があります。

原因として考えられるのは「申し込み/サービス追加から1ヶ月経過していないサービス/オプション」があるということです。

全てのサービス(オプション含め)1ヶ月の最低利用期間が定められているので、これに抵触している場合、解約ができません。

解約手続きはお申し込み/サービス追加の翌月から可能なので、時間を置いてから手続きを行いましょう。

特に原因として考えられるものがなく、解約ができない場合は、サポートセンターへ連絡してみてください。

「GMOとくとくBBお客様センター」

電話番号:0570-045-109(10:00~19:00 年中無休)

GMOとくとくBB WiMAX公式:https://gmobb.jp/wimax/waribiki/

\最大57,000円のキャッシュバック!/

そもそもGMOとくとくBB WiMAXとは

月額料金端末発送月:1,375円

1〜35ヶ月目:3,762円

36ヶ月目以降:4,807円

実質月額料金※1新規:4,141円

乗り換え:3,030円

事務手数料3,300円
端末代金分割:770円×36回
契約期間なし
解約違約金なし
最大通信速度
  • Speed Wi-Fi5G X11

下り最大:2.2Gbps

上り最大:183Mbps

  • ZTE Speed Wi-FiHOME 5G L11

下り最大:2.7Gbps

上り最大:183Mbps

実測値※2
  • Speed Wi-Fi5G X11

下り:68.1Mbps

上り:11.67Mbps

  • ZTE Speed Wi-FiHOME 5G L11

下り:109.98Mbps

上り:18.93Mbps

スマホセット割au・UQモバイル
データ容量無制限
支払い方法クレジットカード
キャッシュバック最大57,000円

GMOとくとくBB WiMAXはWiMAXプロバイダの中でも、実質料金の安さが目立つサービスです。

契約期間や解約違約金がなく、端末代金以上のキャッシュバックを受け取れるので、実質的に発生する初期費用としては事務手数料のみなのも嬉しいポイントとなります。

通常5,302円の月額料金も割引されるので、毎月の通信費を少しでも安く抑えたい人には、GMOとくとくBB WiMAXがおすすめです。

GMOとくとくBB WiMAX公式:https://gmobb.jp/wimax/waribiki/

\最大57,000円のキャッシュバック!/

GMOとくとくBB WiMAXの料金プラン

GMOとくとくBB WiMAXに、難しい料金プランは一切ありません。

利用月月額料金
端末発送月1,375円
1~35ヶ月目3,762円
36ヶ月目以降4,807円

上記の月額料金に、端末の分割料金770円が加算されたものが請求されるだけです。

これから初めてインターネット回線を契約する人でもわかりやすくなっています。

GMOとくとくBB WiMAXのオプション一覧

GMOとくとくBB WiMAXでは、下記オプションを必要に応じて利用可能です。

オプション名概要月額料金/無料期間
安心サポート万が一WiMAXが故障しても無償修理対応330円

最大2ヶ月無料

公衆無線LANWiMAXを持っていなくても、街中で公衆無線LANが使える398円

最大2ヶ月無料

インターネット

安心セキュリティ

コンピューターウィルスの被害から守ってくれる

(マカフィー® マルチアクセス)

550円

最大3ヶ月無料

スマホトラブルサポートクラウドバックアップサービス+データ復旧保証サービス+スマホ保険サービス1,078円

最大2ヶ月無料

どのオプションにも無料期間が設けられているので、気になるオプションに加入してみて、不要と感じれば無料期間内に解約すると料金は発生しません。

このうち安心サポートは、WiMAX端末が破損、故障した場合の補償となっているので、高額な修理費用を払いたくない方は加入をおすすめします。

GMOとくとくBB WiMAXの提供エリア

GMOとくとくBB WiMAXはau5G・au 4G LTE・WiMAX 2+が利用できるエリアで使用可能です。

自分の地域で利用可能かどうかは、WiMAX エリア確認でお確かめください。

WiMAXは徐々にエリアを拡大中ですので、今後5G対応のエリアも増えていく可能性がありますよ!

GMOとくとくBB WiMAXの通信制限

GMOとくとくBB WiMAXは、スタンダードモードであれば、無制限で利用できます。

以前は3日で15GBまでといったような利用制限が設けられていましたが、現在は撤廃されて無制限で利用可能になりました。

完全無制限での利用はできないので、公式サイトには「一定期間内に大量のデータ通信のご利用があった場合、混雑する時間帯の通信速度を制限する場合があります」といった注意書きがあります。

明確にどれくらい利用すると制限されるのか記載はありませんが、日常使いする分には特に問題ないと言えるでしょう。

GMOとくとくBB WiMAXのプラスエリアモードの注意点

プラスエリアモードは、利用しなければ月額1,100円が発生しません。

ただし、誤操作であってもスイッチが1度入ってしまうと料金が発生してしまいますので、利用の際はご注意ください。

プラスエリアモードは、スタンダードモードと違い当月の利用データ通信量が30GBを超えると通信制限がかかります。

この場合はスタンダードモードに切り替えることで利用を続けられるので、通信制限がかかった場合はスタンダードモードへ変更しましょう。

GMOとくとくBB WiMAX公式:https://gmobb.jp/wimax/waribiki/

\最大57,000円のキャッシュバック!/

GMOとくとくBB WiMAXの評判に関するよくある質問

GMOとくとくBB WiMAXの評判に関する、よくある質問は3つです。

  • GMOとくとくBB WiMAXの端末代はいくらですか?
  • GMOとくとくBB WiMAXの欠点(デメリット)は何ですか?
  • GMOとくとくBB WiMAXのメリットは何ですか?

それぞれ詳しく見ていきましょう。

GMOとくとくBB WiMAXの端末代はいくらですか?

GMOとくとくBBWiMAXの端末代金は、27,720円です。

支払いは分割払いで770円×36回となり、毎月の月額料金に上乗せされます。

残念ながら無料で利用することはできませんが、キャッシュバック額が最大57,000円なのを考えると、実質無料で利用できるといえるでしょう。

GMOとくとくBB WiMAXでは、契約期間が設けられていませんが、端末の分割払いが終了する前に解約すると、未払いの端末代金が一括請求されますのでご注意ください。

GMOとくとくBB WiMAXの欠点(デメリット)は何ですか?

GMOとくとくBB WiMAXのデメリットには、以下の6つがあげられます。

対処法を知っていれば、避けられるデメリットもあります。

各刻目で詳しくご説明していますので、あわせてご覧ください。

GMOとくとくBB WiMAXのメリットは何ですか?

GMOとくとくBB WiMAXでは、以下9つのメリットがあげられます。

最大57,000円のキャッシュバックを受け取れるほか、データ容量無制限、違約金0円などメリットが豊富です。

メリットの中には注意しなければならない点もあります。

各項目で詳しく解説していますので、そちらもあわせてお読みいただければと思います。

GMOとくとくBB WiMAX公式:https://gmobb.jp/wimax/waribiki/

\最大57,000円のキャッシュバック!/

GMOとくとくBB WiMAXの評判・口コミまとめ

GMOとくとくBB WiMAXは、口コミや評判で悪評が目立つWiMAXプロバイダですが、実質月額料金の安いサービスです。

悪い評判の目立つ原因に、40,000円キャッシュバックのもらい忘れがあげられます。

リマインダー機能を活用したり、端末が届いた11ヶ月後に「BBnav」の受信ボックスをこまめに確認したりすれば、貰い忘れを防止できます。

その他の悪い評判についても、きちんと対処法を知っていれば改善できるものが多いです。

料金プランが複雑でなかったり、契約期間や解約違約金が設けられていなかったりするので、これからWiMAXを利用する人も申し込みやすくなっています。

料金の安いWiMAXを探している方は、是非GMOとくとくBB WiMAXの利用をご検討ください。

GMOとくとくBB WiMAX公式:https://gmobb.jp/wimax/waribiki/

\最大57,000円のキャッシュバック!/

この記事を書いた人
福田ありさ

福田ありさ

ぴかまろ編集・ライティング担当。光回線の販売経験を活かして、インターネットサービスのあれこれをわかりやすくお伝えできるように日々奮闘しています。家でも光回線やスマホサービスを色々試しており、ユーザー目線でリアルな情報を発信できたらと思っています!よろしくお願いします。

NEWS PICKSはこちら