【2023厳選】コンパクト・小さいスマホで本当のおすすめ8選

ゴリラ

コンパクトで小さいスマホが欲しいんだよね!今だとどれを選べば良いの?

6インチ以上のスマホが主流となった今、貴重なコンパクトで小さめな端末の中からおすすめを厳選してピックアップしました。

「ポケットに収まる機種が欲しい!」「デカいスマホは要らない!」という方は、チェックしてみてください。

正直な結論

先に正直な結論を伝えると、2023年現在でおすすめできる小さいコンパクトスマホは、以下の機種です。

▼世界最小クラス▼

▼コンパクト▼

▼コンパクト~中型▼

迷ったら、iPhone 13 mini、Zenfone 10(または9)がおすすめです。どちらもメインでバリバリ使えます。

スマホの機種変更・契約は、頭金なし、来店なし、待ち時間なし、勧誘なしのオンラインショップがお得で便利です。

世界最小クラスの「Jelly Star / Jelly 2」:3インチ

  • 価格:約2.5万円〜
  • 発売日:
    • Jelly Star:2023年10月(海外)
    • Jelly 2:2021年5月31日(国内)

 Jelly Star / Jelly 2のおすすめポイント

  • 世界最小クラス
  • バッテリー容量2,000mAhで実用レベル

Jellyシリーズは、Unihertz(ユニハーツ)というスマホメーカーの世界最小クラスのスマホです。

中でも最新の4代目「Jelly Star」と2代目「Jelly 2」がおすすめ。サイズはどちらも3インチで、クレジットカードサイズです。

  • Jelly Star(海外 2023年10月発売。予約受付中)
  • Jelly 2(国内 2021年5月発売)

このサイズながらバッテリー容量が2,000mAhあるので、ライトな使い方なら1日持ちます。

Jelly StarとJelly 2の主な違いは以下のとおりです。

Jelly StarJelly 2
SoC
(AnTuTuベンチマーク)
Helio G99
(約30万点)
Helio P60
(約20万点)
OSAndroid 13Android 10
※Android 11が配信済
おサイフケータイ
カメラ4,800万画素1,600万画素

Jelly StarではSoCがアップデート。Jelly 2はおサイフケータイが利用できます(Jelly Starは非対応)。

Jelly Star / Jelly 2ともに、4キャリアの主要バンド、プラチナバンドに対応。5Gには対応していません。

Unihertz Jelly 2、FeliCa機能対応アンドロイド10スマホ 6GB+128GB 2000mAhバッテリー

未使用品が安い「Rakuten mini」: 3.6インチ

  • 価格:約4,000円〜(イオシス
  • 発売日:2020年1月23日

 Rakuten miniのおすすめポイント

  • 世界最小クラス
  • 中古品・未使用品が安い

世界最小クラスのスマホをとにかく安く入手するなら、Rakuten miniがおすすめです。

執筆時点では、イオシスなどでざっくり以下の相場で購入できます。

  • 中古で4,000円~7,000円ほど
  • 未使用品で7,000円~9,000円ほど

バッテリーのヘタリを考えると未使用品が良さそうです。過去に「1円バラマキ」があったこともあり、激安で入手できます。

処理性能が最低限をやや下回るのと、バッテリーが貧弱(1,250mAh)なのがネックです。

あくまで「とにかく安く」という人向けですね。

 注意:製造ロットで対応バンドが異なる

ちなみにこの製品は製造番号ごとに初期、中期、後期のロットがあり、対応バンド異なります。

後期ロット(製造番号:351676110356708~)は3キャリアの主要バンドの「バンド1」に対応していません。

また、eSIM専用端末なことにも注意してください。

\さらにくわしく/
解説ページ
 

\最新の価格をチェック/
イオシス

定番の「iPhone SE(第2 / 3世代)」:4.7インチ

  • 価格:約2万円〜(イオシス
  • 発売日:
    • iPhone SE(第2世代):2020年4月24日
    • iPhone SE(第3世代):2022年3月18日

 iPhone SE(第2 / 3世代)のおすすめポイント

  • 無難に使える定番のコスパiPhone
  • 中古や楽天モバイルで安い

スペックと価格を抑えて、無難にコンパクトなスマホを選びたい人には、iPhone SE(第2 / 3世代)がおすすめ。

厚みがスリムで、本流のハイエンドiPhoneとはまた違った美しさが魅力です。

第2世代も十分な処理性能で、まだまだ現役で使えます。中古だとイオシスなどでAランク品でも2万円台で入手できます。

メイン機として長期で使うなら第3世代もおすすめ。楽天モバイル6.28万円〜で、さらに最大2万円を超えるポイント還元もあります(2023年8月現在)。

第2世代の解説を見る 
第3世代の解説を見る 

一括1円の「Rakuten Hand 5G」:5.1インチ

Rakuten Hand 5G

 iPhone SE(第2 / 3世代)のおすすめポイント

  • 楽天モバイルで一括1円~
  • 握りやすい。実用的なバッテリー持ち

楽天モバイル一括1円から買えるコンパクトスマホです。2023年8月時点では、まだ在庫があります。

「サブ機として」「モバイルルーター代わりに」「Rakuten Linkのかけ放題用」など、幅広い用途で使えます。

Snapdragon 480を搭載し、処理性能も十分です。

Rakuten miniほど小さくありませんが、実用性を考えると、こちらの方が安心感はあります。

\さらにくわしく/
解説ページ
 

\最新の価格・割引をチェック/
楽天モバイル

文句なしのスペックの「iPhone 13 mini」:5.4インチ

  • 価格:92,800円〜
  • 発売日:2021年9月24日

 iPhone 13 miniのおすすめポイント

  • 貴重なコンパクトハイエンド
  • iPhoneだから長く付き合える

ハイエンドなスペックを求めるなら、iPhone 13 miniがおすすめ。

SoCもカメラも一級品で、JellyシリーズやRakutenオリジナルとは一線を画すスペックです。

またiPhoneは保証期間が長く、バッテリー交換もしやすいので、4年、5年と長く付き合えます。

miniはiPhone 14で廃止されてしまいましたが、次のコンパクトiPhone発売(発売されるかはわかりませんが……)まで、これで粘ることができそうです。

\さらにくわしく/
解説ページ

 \最新の価格・割引をチェック/
楽天モバイル

安くて安心の「Xperia Ace III」:5.5インチ

 Xperia Ace IIIのおすすめポイント

  • 必要十分なスペック & 長持ちバッテリー
  • ザラザラした質感の背面

Xperiaのコンパクトモデルです。端末価格は2万円台で、ワイモバイルなら割引で5,000円以下で購入できることもあります。

スペックは普段使いなら必要十分。バッテリー持ちが良いことが強みです。

電源一体型の指紋認証も使いやすいです。

背面はザラザラした質感のテクスチャー加工で、裸で使いたいコンパクトスマホですね。

\さらにくわしく/
解説ページ
 

\最新の価格・割引をチェック/
ワイモバイル

貴重なコンパクトハイエンド「Zenfone 10」:5.9インチ

  • 価格:約116,000円〜
  • 発売日:2023年6月29日

 Zenfone 10のおすすめポイント

  • 貴重なAndroidのコンパクトハイエンド
  • 当たりチップのSnapdragon 8 Gen 2を搭載

貴重なコンパクトハイエンドのAndroidです。

コンパクト路線に方向転換したZenfone 9がヒットして、Zenfone 10でもその流れを継続しています。

SoCには省エネ・発熱少なめと評判の良いSnapdragon 8 Gen 2を搭載。

今回からワイヤレス充電にも対応しました。

ASUS Zenfone 10 5G Dual 256GB 8GB RAM Unlocked (GSM Only | No CDMA – not Compatible with Verizon/Sprint) Global, NGP Wireless Charger Included – White

IIJmioでは割引で、前モデルのZenfone 9が59,800円から購入できます。こちらもお買い得ですね。

Zenfone 9、Zenfone 10ともに4キャリアの主要バンド、プラチナバンドに対応しています。

スリムで軽い「Xperia 10 IV / Xperia 10 V」:6.1インチ

  • 価格:実質5,800円〜(楽天モバイル
  • 発売日:
    • Xperia 10 IV:2022年7月8日
    • Xperia 10 V:2023年7月6日

 Xperia 10 IV / Xperia 10 Vのおすすめポイント

  • スリムで軽い
  • バッテリー持ちが抜群

サイズは6.1インチと小型~中型ですが、重量はXperia 10 IVで161g、Vで159gとかなり軽いです。

幅が細くてスリムなので片手で楽に握れます。

そして注目なのがバッテリー持ちです。バッテリーテストでは国内スマホの中で1、2位につけています。

  • Xperia 10 V:175h(国内1位)
  • Xperia 10 IV:163h(国内2位)
  • iPhone 13 mini:75h
  • iPhone SE(第三世代):62h

参考:GSMArena

最小クラスではありませんが、バッテリー持ちにこだわるなら、選択肢になるモデルですね。

特にXperia 10 IVは、旧モデルとなったことで価格がグッと安くなっています。楽天モバイルでは実質5,800円~。

\さらにくわしく/
解説ページ
 

\最新の価格・割引をチェック/
楽天モバイル

最新のXperia 10 Vは6~7万円台です。

※カッコ内はプログラム適用時の負担額です

\さらにくわしく/
解説ページ

関連記事:auのスマホサイズを比較する方法。おすすめの大きい・小さいスマホも紹介

ちなみに:契約するならオンラインショップがお得です

契約を検討しているのであれば、オンラインショップがお得なので、最後にそれだけ簡単に説明しておきます。

  1. 事務手数料、頭金がかからない(auは手数料かかります)
  2. オンライン限定キャンペーンがある
  3. オプション不要・しつこい営業がない
  4. 来店不要・待ち時間がない

金銭的メリット(事務手数料、頭金)だけでなく精神的なメリット(待ち時間・勧誘なし)も大きく、おすすめ。

また、各社が直営する公式オンラインショップなので安心して契約できます。

少しでもお得にかしこく契約したいと思っている人は、ぜひオンラインショップを使ってみてください。

スマホの機種変更・契約は、頭金なし、来店なし、待ち時間なし、勧誘なしのオンラインショップがお得で便利です。

関連サイト