「バナナWi-Fiってどんなサービスなの?」
「バナナWi-Fiの口コミ・評判って実際どう?」
「バナナWi-Fiの料金ってお得?端末はどれ使ってるの?」

このような悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、以下のことを紹介しています。

【この記事で紹介していること】

・バナナWi-Fiのサービス概要を詳しく紹介

・バナナWi-Fiの口コミ・評判から分かるメリット・デメリットを紹介

・バナナWi-Fiの料金・端末について詳しく紹介

この記事を読めばバナナWi-Fiにお得に申し込む方法が分かりますので、利用を考えていた方はぜひ参考にしてください!

バナナWi-Fiとは

運営会社株式会社BALDIA
月額料金2,750円〜
使用端末・FS030W

・304ZT

最大通信速度187,5Mbps

※2024年2月時点の情報です

バナナWi-Fiとは、株式会社BALDIAが提供しているWi-Fiサービスです。

後ほど詳しく紹介しますが、料金プランは20GB・100GB・300GBの3プランが準備されており、どれもコスパが高いです。

また全額返金保証制度もついているため、お気軽に利用できますよ。

バナナWi-Fiにご興味をお持ちの方は、この記事で紹介している内容を参考に利用を検討してみてくださいね!

バナナWi-Fiの口コミ・評判から分かるメリット

ここでは、バナナWi-Fiの口コミ・評判から分かる以下4つのメリットを紹介していきます。

・大容量で月額料金が安い
・通信が安定している
・全額返金保証制度がある
・オプション追加で解約金無料

バナナWi-Fiの利用を迷っている方は、ぜひこれらのメリットを参考に利用するかどうか判断してください!

大容量で月額料金が安い

バナナブルー(20GBプラン)2,750円/月
バナナイエロー(100GBプラン)3,300円/月
バナナレッド(300GBプラン)4,400円/月

バナナWi-Fiには上記の表のとおり、3つの料金プランがあります。

20GBプランは月額料金2,750円で利用できるため、他社よりも料金を抑えて使うことができますよ。

大容量で月額料金の安いWi-Fiを使いたい方は、どの料金プランもコスパが高くなっているバナナWi-Fiがおすすめです!

通信が安定している

バナナWi-Fiはドコモ・ソフトバンクの純回線を使用しているため、通信が安定しています。

対応エリアも広いので他社のポケット型Wi-Fiがエリア外だった場合も、バナナWi-Fiなら提供エリア内の可能性がありますよ。

全額返金保証制度がある

バナナWi-Fiは全額返金保証制度があるため、誰でも手軽に利用を始められます。

なお全額返金保証制度には以下の適用条件があるため、必ず事前にご確認ください。

【全額返金保証制度の適用条件】
1:到着日から3週間以内に返送すること
2:バナナWi-Fiの利用が初めてであること

これらの条件を満たせば、利用料金の全額が返金されますよ。

この制度を利用する場合、返却処理手数料として1,100円かかりますのでご注意ください。

オプション追加で解約金無料

バナナWi-Fiは契約期間の縛りをなくす「バナナアンロック(440円/月)」というオプションを追加することで、解約金を無料にできます。

バナナアンロックは初月無料で利用できるため、最初に追加しておくことをおすすめします。

バナナWi-Fiをいつ解約するか分からない方は、このオプションを追加すれば解約金を無料にできますのでぜひご活用ください!

バナナWi-Fiの口コミ・評判から分かるデメリット

ここでは、バナナWi-Fiの口コミ・評判から分かる以下2つのデメリットを紹介していきます。

・初月のみ保証オプションに加入必須
・1年間の契約期間縛りがある

これらのデメリットはこれから記載する方法を試せば対策可能なので、バナナWi-Fiの利用を迷っている方はぜひ参考にしてみてください!

初月のみ保証オプションに加入必須

保証オプションバナナガード660円/月(盗難・紛失は対象外)
バナナガード+990円/月(盗難・紛失も対象)
保証内容・20GBおかわり(3,300円)

・100GBおかわり(4,400円)

・プラン変更(2,200円)

・本体交換(22,000円)

・電池パック交換(6,600円)

・SIMカード交換(5,500円)

・USBケーブル交換(1,100円)

・再配送料(550円)

バナナWi-Fiは初月のみ上記の表の保証オプションへの加入が必須です。

バナナガートでは、表にある保証内容の中から年間3回まで無料で保証を受けられます。

一方バナナガード+では、年間5回まで無料で保証を受けることが可能です。

これらの保証オプションは翌月以降にマイページから解約できるので、不要な方は解除してくださいね。

なお、おかわり以外の保証適用は年間1回までとなっているため、ご注意ください。

1年間の契約期間縛りがある

バナナWi-Fiは1年間の契約期間があります。

契約期間の縛りをなくしたい方は、オプションの「バナナアンロック(440円/月)」を追加することで縛りをなくせますよ。

またいつ解約するか分からない方も、解約金が発生しないようにバナナアンロックの利用がおすすめです。

バナナWi-Fiの料金プラン

バナナブルー(20GBプラン)2,750円/月
バナナイエロー(100GBプラン)3,300円/月
バナナレッド(300GBプラン)4,400円/月

バナナWi-Fiには上記の表のとおり、3つの料金プランがあります。

バナナブルー(20GBプラン)が最もコスパが高くなっているため、月間データ使用量が20GB以内の方は、バナナブルーがおすすめです。

またバナナイエロー(100GBプラン)も他社と比べて比較的コスパが高くなっているので、20GBじゃ足りない方におすすめですよ。

バナナWi-Fiのオプション

月額料金

内容

バナナアンロック440円契約期間の縛りをなくすことができる
バナナセキュリティ550円スマホやPCなど、3台までフィッシングサイトから守ってくれる
バナナクラウドモンスター550円容量無制限で連絡先や写真、動画を自動保存してくれる

バナナWi-Fiのオプションは上記表の3つですが、おすすめはバナナアンロックです。

もし契約期間内のあいだに解約をしてしまった場合、違約金として13,200円の請求をされてしまいます。

しかしバナナアンロックに加入していれば違約金が発生することはなく、いつでも無料で解約できるのです。

短期間の利用を考えている方はバナナアンロックに加入しておけば、違約金を取られることなく解約できるため安心ですよ!

バナナWi-Fiの端末

FS030W304ZT
最大通信速度下り:150Mbps

上り:50Mbps

下り:187,5Mbps

上り:37,5Mbps

実測値下り:19,28Mbps

上り:12,66Mbps

下り:28,62Mbps

上り:8,05Mbps

最大同時接続台数15台14台

(実測値参考元:みんなのネット回線速度

バナナWi-Fiの端末はどちらも実測値として20Mbps近くでているため、ネットサーフィンや動画視聴は問題なく楽しめます。

他社のポケット型Wi-Fiと比較しても実測値は比較的安定している方なので、通信の安定性を求める方はバナナWi-Fiがおすすめです!

しかし高画質の動画視聴やオンラインゲームには向かないので、これら2つをメインに楽しみたい方には光回線の利用をおすすめします。

バナナWi-Fiの申し込みから利用開始までの流れ

バナナWi-Fiの申し込みから利用開始までの流れは以下のとおりですので、利用を考えている方はぜひ参考にしてください!

【バナナWi-Fiの申し込みから利用開始までの流れ】
Step1:「バナナWi-Fi公式ページ」からお申し込みをする
Step2:案内に沿って必要事項を入力していく
Step3:申し込み完了後、最短翌日に端末が発送される
Step4:自宅に端末が届いたら初期設定をして利用開始

まとめ

この記事ではバナナWi-Fiについて詳しく紹介してきました。

バナナWi-Fiは他社と比較してもコスパが高いため、コスパを重視している方におすすめです。

またソフトバンク・ドコモの純回線を使用しているので、通信の安定性もバツグンです。

通信の安定性とコスパを重視している方はバナナWi-Fiが最もおすすめなので、ぜひ一度公式ページを見てみてください!

この記事を書いた人
福田ありさ

福田ありさ

ぴかまろ編集・ライティング担当。光回線の販売経験を活かして、インターネットサービスのあれこれをわかりやすくお伝えできるように日々奮闘しています。家でも光回線やスマホサービスを色々試しており、ユーザー目線でリアルな情報を発信できたらと思っています!よろしくお願いします。

NEWS PICKSはこちら