ソフトバンク光 から 乗り換え

ソフトバンク光から乗り換えるのに最適な回線は工事不要かつ短期間で乗り換えられる光コラボがおすすめです。

光回線名おすすめポイント公式サイト
ビッグローブ光
ビッグローブ光 公式
  • au・UQモバイルユーザーなら毎月のスマホ料金が安くなる
  • 48,000円のキャッシュバックがもらえる
ビッグローブ光公式サイト
楽天ひかり
楽天ひかり
  • 楽天モバイルユーザーなら楽天ポイントが貯まりやすい
  • 楽天モバイルユーザーなら6ヶ月間月額料金無料
楽天ひかり公式サイト
GMOとくとくBB光
とくとくBB光
  • 元々の月額料金が安いので格安スマホユーザーでもお得
  • 最大124,000円のキャッシュバックがもらえる
GMOとくとくBB光公式サイト
ドコモ光
ドコモ光
  • docomoユーザーなら毎月のスマホ料金が安くなる
  • 最大66,000円のキャッシュバックがもらえる
ドコモ光公式サイト

本記事でご紹介するおすすめの乗り換え先ならスマホセット割や高額キャッシュバックを利用できるのでソフトバンク光からお得に乗り換えられます。

ソフトバンク光からの乗り換えを検討している方はどの回線がご自身にとって最適なのか見極める参考にしてみてください。

GMOとくとくBB光公式:https://gmobb.jp/service/gmohikari/

\本サイト限定!最大124,000円キャッシュバック!/

目次

ソフトバンク光から乗り換えるのはソフトバンク・ワイモバイルユーザー以外におすすめ

ソフトバンク光 から 乗り換え

ソフトバンク光から乗り換えるのはソフトバンク・ワイモバイルユーザー以外の方におすすめです。

ソフトバンク光ではソフトバンク・ワイモバイルのスマホセット割しか使えないので、ドコモ・auなどの他社スマホユーザーの方は乗り換えた方がお得です。

またソフトバンク光と同じ光コラボへの乗り換えなら工事不要で簡単に乗り換えられるので、工事にかかる時間や費用を節約できます。

ご利用のスマホキャリアおすすめサービス
ソフトバンク・ワイモバイルソフトバンク光
au・UQモバイルビッグローブ光
ドコモ・irumo・eximoドコモ光
格安スマホGMOとくとくBB光

光コラボのうち、au・UQモバイルユーザーならビッグローブ光、ドコモ・irumo・eximoユーザーならドコモ光へ乗り換えることで安くインターネットを使えます。

スマホセット割がそもそも適用できない格安スマホユーザーは、元々の月額料金が安く高額キャッシュバックをもらえるGMOとくとくBB光へ乗り換えるのがおすすめです。

スマホセット割を適用できてソフトバンク光よりも安い光回線は存在するのか

スマホセット割を適用できてソフトバンク光よりも安い光回線はいくつか存在します。

ご利用のスマホキャリア光回線実質月額料金
ソフトバンク・ワイモバイルソフトバンク光4,191円
au・UQモバイルビッグローブ光3,616円
ドコモ・irumo・eximoドコモ光3,774円

※2024年2月時点の情報
※料金はすべて税込表記
※実質月額料金={(契約期間×月額料金)+初期費用(工事費・端末代・オプション料金・契約事務手数料など)-(キャッシュバック+月額料金割引)}÷契約期間
※戸建ての場合

たとえばau・UQモバイルユーザー限定でスマホセット割が使えるビッグローブ光ならソフトバンク光よりも安い実質月額料金で利用できてお得です。

またドコモ・irumo・eximoユーザーならソフトバンク光からドコモ光に乗り換えることでスマホセット割が適用できるので、乗り換え前よりも通信費を安く抑えられます。

ソフトバンクユーザーはNURO光でもスマホセット割を適用できますが、NURO光は独自回線なのでソフトバンク光からの乗り換えには開通工事が必須です。

NURO光への乗り換えには数万円単位の開通工事費がかかるため、乗り換え費用の負担を避けたい方や開通工事をしたくないという方にはおすすめできません。

ワイモバイルを利用中の方はソフトバンク光が安定

ワイモバイルでスマホセット割を適用できる光回線ソフトバンク光以外にありません。

ホームルーターソフトバンクエアーでもワイモバイルのスマホセット割は使えますが、ソフトバンク光と比べると通信速度は落ちてしまいます。

ワイモバイルユーザーで安定してインターネットを使いたい方は他社へ乗り換えせずにそのままソフトバンク光を継続利用するのがおすすめです。

GMOとくとくBB光公式:https://gmobb.jp/service/gmohikari/

\本サイト限定!最大124,000円キャッシュバック!/

ソフトバンク光から乗り換える際の準備期間

ソフトバンク光 から 乗り換え 準備期間

ソフトバンク光からの乗り換えにかかる準備期間は光コラボへの乗り換えがもっとも早いです

乗り換え先乗り換えにかかる準備期間
光コラボ約1~2週間
独自回線の光回線約1~3ヶ月

開通工事が必要な独自回線の場合は約1〜3ヶ月かかるのに対し、光コラボなら工事不要なので約1〜2週間で乗り換えられます。

ソフトバンク光から他社へ乗り換える際にかかる準備期間は乗り換え先によって異なりますので、どのくらいの時間がかかるか気になる方はぜひ参考にしてみてください。

工事不要で光コラボに乗り換える場合

光コラボから他社光コラボに乗り換える「事業者変更」の場合は工事不要なので、約1〜2週間ほどで乗り換えできます。

工事不要で回線の切り換え手続きも光コラボ側で行ってくれるので、手続きの手間や費用が省ける点もポイントです。

独自回線の光回線に乗り換える場合

独自回線の光回線に乗り換える場合、開通工事が必要になるため戸建てなら約1〜2ヶ月、マンションなら約2週間〜1ヶ月ほど時間がかかります。

光回線の開通工事は繁忙期だと3ヶ月以上かかってしまうこともあるので、乗り換えをすぐに終わらせたいという方は工事不要の光コラボへ乗り換えるのがおすすめです。

GMOとくとくBB光公式:https://gmobb.jp/service/gmohikari/

\本サイト限定!最大124,000円キャッシュバック!/

ソフトバンク光から乗り換える際に発生する初期費用

ソフトバンク光 から 乗り換え 初期費用

ソフトバンク光からの乗り換えで発生するおもな初期費用は以下の通りです。

  • ソフトバンク光の解約違約金
  • ソフトバンク光の工事費残債
  • 乗り換え先の契約事務手数料
  • 乗り換え先の工事費用
  • 乗り換え先の初月月額料金

とくに工事費は最大で数万円かかるケースもあるため、乗り換える際にどのくらいの初期費用がかかるのかあらかじめ把握しておくことが大切です。

具体的な費用の内訳については次項より解説していきますので、乗り換え時に思わぬ出費にならないようあらかじめチェックしてみてください。

ソフトバンク光の解約違約金

ソフトバンク光の解約違約金は自動更新ありのプランの場合に発生します。

適用条件解約違約金額
2022年7月1日以降に契約した場合5,720円~

※契約内容に応じた割引前の月額料金の相当額

2022年6月30日以前に契約した場合10,450円

2024年2月時点の情報
※戸建て自動更新(2年プラン)ありの場合

2022年6月30日以前に契約した場合は10,450円の解約違約金が発生し、事業者変更での乗り換えには別途手数料として3,300円かかります。

一方2022年7月1日以降に契約した場合はプランごとの月額料金相当額を解約違約金として支払う必要がありますが、事業者変更手数料はかかりません。

ソフトバンク光の解約違約金はMy SoftBankで試算できるので、解約前にぜひチェックしてみてください。

なお契約更新期間である契約期間満了月とその翌月・翌々月の3ヶ月間に解約する場合、解約違約金は発生しません。

解約違約金の支払いをなるべく避けたいなら、契約更新期間のうちに解約することをおすすめします。

ソフトバンク光の工事費残債

ソフトバンク光では工事費の分割払い相当分の月額割引を適用することで工事費を実質無料にできます。

しかし分割払い期間中に解約するとその時点で月額割引が適用されなくなるため、解約時に工事費の残債を一括で支払わなければなりません。

工事費残債は請求上限額の算出方法があり、たとえば2年契約プランで15ヶ月目に解約した場合、9,900円の工事費残債が発生します。

2年契約プランで15ヶ月目に解約した場合

  • 工事費:26,400円
  • 分割払い回数:24回
  • キャンペーンの月額割引額:26,400円 ÷ 24回=1,100円/月
  • 解約時点の工事費残債:26,400円 - (1,100円×15ヶ月) = 9,900円

解約前に工事費残債の詳細を知りたい方はMy SoftBankで確認してみてください。

乗り換え先の契約事務手数料

ソフトバンク光から乗り換える際に乗り換え先の契約事務手数料が発生する場合があります。

乗り換え先の契約事務手数料はほとんどの光回線で3,300円前後になることが多いです。

契約事務手数料の割引キャンペーンはほとんど行われていないので、契約事務手数料は必要になると認識しておいてください。

乗り換え先の工事費用

ソフトバンク光から独自回線の光回線へ乗り換える場合には開通工事費が発生します。

開通工事にかかる費用は数万円になる場合がありますが、乗り換え先のキャンペーンを適用することで無料にできる場合があります。

工事費の負担を減らしたい方は、工事費を無料にできるキャンペーンを開催している光回線を選ぶのがおすすめです。

たとえばNURO光なら工事費の分割払い相当額を月額割引してもらえるので、工事費を実質無料にできてお得です。

乗り換え先の初月月額料金

ソフトバンク光から乗り換える場合に乗り換え先の初月月額料金も初期費用の対象になります。

初月の月額料金は契約開始日によって日割り計算になる場合とならない場合がありますので、乗り換え先の光回線の請求方法を必ず確認してみてください。

たとえばGMOとくとくBB光の場合、初月月額料金は日割り計算で請求されるため、月の途中で乗り換えてもその月の利用日数分の料金だけで済みます。

GMOとくとくBB光公式:https://gmobb.jp/service/gmohikari/

\本サイト限定!最大124,000円キャッシュバック!/

ソフトバンク光から乗り換える際に最適な回線を探す方法

ソフトバンク光 から 乗り換え 探し方

ソフトバンク光から他社に乗り換える際には料金面と速度面から最適な回線を探すのがおすすめです。

他社への乗り換えには解約違約金や工事費などの初期費用がかかるため、乗り換え時にあまり費用をかけたくないという方は工事不要で乗り換えられる光コラボがおすすめです。

乗り換え先が月額割引やスマホセット割が使える回線なら月々の通信費を安く抑えられるので、ソフトバンク光の月額料金が高いと悩んでいる方でも安心です。

またソフトバンク光の通信速度に関して「遅い」「繋がらない」といった悩みをお持ちの方は通信速度が速い回線を選ぶのがベストです。

ソフトバンク光はNTT回線を共用している光コラボなので、提供エリアは広いですが利用者が多い時間帯には通信が混雑しやすく速度が落ちることがあります。

独自回線をもつ光回線なら光コラボであるソフトバンク光よりも安定した高速通信ができるため、オンラインゲームや大容量の動画配信でもストレスなく楽しめます。

「料金が高い」とお悩みの場合

ソフトバンク光を使っていて「料金が高い」とお悩みの場合は、ソフトバンク光よりも月額料金が安く乗り換え費用が少ない他社光コラボを選ぶのがおすすめです。

GMOとくとくBB光ならソフトバンク光よりも元々の月額料金が1,000円近く安く、キャンペーン割引などを適用することで毎月3,000円台でインターネットを使えます。

またお持ちのスマホがソフトバンク・ワイモバイル以外なら各キャリアに応じたスマホセット割を使える光回線への乗り換えもおすすめです。

たとえばドコモユーザーの方ならスマホセット割が使えるドコモ光に乗り換えることで、スマホ料金を毎月最大1,100円も安くできます。

くわしくは「スマホセット割を適用できてソフトバンク光よりも安い光回線は存在するのか」の項をぜひ参考にしてみてください。

「速度が遅い」とお悩みの場合

ソフトバンク光の「速度が遅い」というお悩みを抱えている方はソフトバンク光よりも通信速度が速い光回線への乗り換えがおすすめです。

たとえばGMOとくとくBB光なら次世代通信技術のv6プラスを採用しており、最大10Gbpsのプランも用意されているため通信速度重視の方でも満足できます。

光コラボよりももっと安定した高速通信を行いたいという方は実測値が400Mbpsを超える独自回線をもつ光回線への乗り換えが必要です。

ただし独自回線への乗り換えには開通工事が必要になるため、光コラボ同士の乗り換えに比べて時間も費用もかかってしまう点に注意してください。

GMOとくとくBB光公式:https://gmobb.jp/service/gmohikari/

\本サイト限定!最大124,000円キャッシュバック!/

ソフトバンク光から乗り換える際の手順

ソフトバンク光からの乗り換え手順について以下の2通りをご紹介していきます。

  • 工事不要で光コラボに乗り換える際の手順
  • 独自回線の光回線に乗り換える際の手順

乗り換え先の光回線が光コラボか独自回線かで乗り換え手順が異なるので、それぞれの手順について次項よりくわしく解説していきます。

ソフトバンク光からの乗り換えを検討している方はぜひ参考にしてみてください。

乗り換え先乗り換える手順
【光コラボ】

ビッグローブ光

楽天ひかり

GMOとくとくBB光

ドコモ光

など

  1. 事業者変更承諾番号を取得する
  2. 乗り換え先の光コラボへ申し込む
  3. 回線の切り替えを待って周辺機器の初期設定を行う
  4. ソフトバンク光のレンタル機器を返却する
【独自回線】

NURO光

auひかり

など

  1. 乗り換え先の光回線へ申し込む
  2. 乗り換え先の光回線の開通工事を行う
  3. 乗り換え先の光回線の周辺機器の初期設定を行う
  4. ソフトバンク光を解約する
  5. ソフトバンク光のレンタル機器を返却する

>光回線のおすすめはこちら

工事不要で光コラボに乗り換える際の手順

ソフトバンク光 から 乗り換え 光コラボ 工事不要

ソフトバンク光から同じ光コラボの回線へ乗り換える際の手順は以下の通りです。

  1. 事業者変更承諾番号を取得する
  2. 乗り換え先の光コラボへ申し込む
  3. 回線の切り替えを待って周辺機器の初期設定を行う
  4. ソフトバンク光のレンタル機器を返却する

まず光コラボ同士の乗り換えに必要な事業者変更承諾番号をソフトバンク光のサポートセンターで取得してください。

【ソフトバンク光サポートセンター】

電話番号:0800-111-6710

受付時間:10時~19時

事業者変更承諾番号には15日間の有効期限があり、期限を過ぎると再取得する必要があるのでなるべく速やかに手続きを進めるのがおすすめです。

事業者変更承諾番号を取得したら乗り換え先の光コラボへ申し込みを行います。

光コラボ同士の乗り換えは利用する回線が同じなので開通工事が不要です。

回線の切り替えは乗り換え先が自動で行ってくれるので、切り替え完了後にルーターなどの周辺機器の初期設定を行ってください。

乗り換えが完了してインターネットが無事に繋がったら、ソフトバンク光でレンタルしていた機器の返却を行います。

返却物
  • 光BBユニット
  • 電源アダプタ
  • LANケーブル
  • モジュラーケーブル
  • オプション機器など
返却先〒272-0001

千葉県市川市二俣678-55

ESR 市川ディストリビューションセンター3階 北棟N8

ソフトバンク返品センター 宛

ソフトバンク光のレンタル機器一式を梱包のうえ送り状を作成し、宅配便で指定の住所へ返送してください。

独自回線の光回線に乗り換える際の手順

ソフトバンク光 から 乗り換え 独自回線

ソフトバンク光から独自回線をもつ光回線への乗り換えは以下の手順で行います。

  • 乗り換え先の光回線へ申し込む
  • 乗り換え先の光回線の開通工事を行う
  • 乗り換え先の光回線の周辺機器の初期設定を行う
  • ソフトバンク光を解約する
  • ソフトバンク光のレンタル機器を返却する

まず乗り換え先の光回線を選んで申し込みを行います。

ソフトバンク光から独自回線の光回線への乗り換えには開通工事が必要なため、立ち会いでも問題のない日を選べるよう工事日を調整してください。

乗り換え先の光回線の開通工事後、周辺機器の初期設定を行ってインターネットが無事に繋がるかどうかを確認します。

乗り換え先の光回線の開通が完了したら、ソフトバンク光の解約手続きを進めます。

ソフトバンク光の解約はサポートセンターが窓口なので、電話サポート予約などを使って解約希望日の1週間前を目途に解約申請するのがおすすめです。

【ソフトバンク光サポートセンター】

電話番号:0800-111-6710

受付時間:10時~19時

最後にソフトバンク光でレンタルしていた機器とNTT機器を各指定の窓口へ返送すれば乗り換え完了となります。

返却物ソフトバンク光機器一式

  • 光BBユニット
  • 電源アダプタ
  • LANケーブル
  • モジュラーケーブル
  • オプション機器など

NTT機器一式

  • ホームゲートウェイ
  • 回線終端装置
  • 無線LANカードなど
返却先ソフトバンク光機器一式

〒272-0001

千葉県市川市二俣678-55

ESR 市川ディストリビューションセンター3階 北棟N8

ソフトバンク返品センター 宛

NTT機器一式

別途送られてくる回収キットに同梱の送付状に記載

ソフトバンク光のレンタル機器一式は指定の住所を送り状に記載のうえ梱包して発送し、NTT機器一式は別途NTTから送付されてくる回収キットを使って返送してください。

GMOとくとくBB光公式:https://gmobb.jp/service/gmohikari/

\本サイト限定!最大124,000円キャッシュバック!/

ソフトバンク光からビッグローブ光への乗り換えはおすすめ?

ソフトバンク光 から 乗り換え ビッグローブ光

ソフトバンク光からビッグローブ光への乗り換えがおすすめな人は以下のような人です。

  • 月額料金が安い光回線を探している人
  • 光回線を長期で安く利用したい人
  • au・UQモバイルユーザー

ソフトバンク光よりも月額料金が安い光回線を探している人や3年以上の長期利用でお得に光回線を利用したい人ならビッグローブ光はおすすめです。

ビッグローブ光では最大48,000円の高額キャッシュバックや3年以上の利用で工事費が実質無料になる特典があるのでソフトバンク光よりもお得にインターネットを使えます。

またビッグローブ光ならau・UQモバイルユーザー限定のスマホセット割が使えるので、毎月のスマホ料金をぐっと安く抑えられます。

>ビッグローブ光の評判はこちら

ソフトバンク光とビッグローブ光の実質料金を比較

サービス名月額料金実質月額料金
ソフトバンク光5,720円4,191円
ビッグローブ光5,478円3,616円

2024年2月時点の情報
※料金はすべて税込表記
※実質月額料金={(契約期間×月額料金)+初期費用(工事費・端末代・オプション料金・契約事務手数料など)-(キャッシュバック+月額料金割引)}÷契約期間
※戸建ての場合

ソフトバンク光とビッグローブ光の料金を比較すると、月額料金・実質月額料金ともにビッグローブ光の方が安いです。

ビッグローブ光なら最大48,000円の高額キャッシュバックをはじめ工事費実質無料となる月額割引などを適用することで実質月額料金を3,000円台まで安くできます。

またソフトバンク光からビッグローブ光への乗り換えなら工事不要で乗り換えられるので、初期費用の負担も最小限に抑えられてお得です。

ソフトバンク光とビッグローブ光の実測値を比較

サービス名下り上り
ソフトバンク光288.66Mbps299.82Mbps
ビッグローブ光235.16Mbps245.75Mbps

2024年2月時点の情報
※実測値参考元:みんなのネット回線速度

ソフトバンク光とビッグローブ光の通信速度を実測値で比較してみると、ややソフトバンク光の方が速いことがわかります。

しかしソフトバンク光とビッグローブ光はともにフレッツ光と同じNTT回線を利用している光コラボのため、実測値で大きな差はみられません。

光コラボは利用者が増えると通信速度が低下しやすいので、通信速度を改善したいという方はビッグローブ光ではなく独自回線をもつ光回線へ乗り換えるのがおすすめです。

ソフトバンク光からビッグローブ光に乗り換える際に発生する初期費用

ソフトバンク光からビッグローブ光への乗り換えは光コラボ同士の事業者変更となるため、乗り換え時の開通工事費は発生しません。

ソフトバンク光からビッグローブ光への乗り換えにかかる初期費用
ソフトバンク光の解約違約金※15,720円
ソフトバンク光の工事費残債My SoftBankにて確認
ビッグローブ光の契約事務手数料3,300円
ビッグローブ光の工事費用0円
ビッグローブ光の初月月額料金※25,478円

2024年2月時点の情報
※料金はすべて税込表記
※1:戸建て自動更新あり(2年)プランで2022年7月1日以降に契約している場合
※2:戸建ての場合

2022年7月1日以降に契約している場合、ソフトバンク光の戸建てプランの解約違約金は月額料金相当の5,720円かかります。

工事費の残債は解約時期によって異なるため、事前にMy SoftBankにて確認してみてください。

また2022年6月30日以前に契約している場合は事業者変更手数料として追加で3,300円かかるので注意が必要です。

ビッグローブ光では契約事務手数料と初月月額料金がかかりますが、工事不要で乗り換えられるので開通工事費はかかりません。

ビッグローブ光公式:https://join.biglobe.ne.jp/ftth/hikari/

\最大48,000円キャッシュバック!/

ソフトバンク光から楽天ひかりへの乗り換えはおすすめ?

ソフトバンク光 から 乗り換え 楽天ひかり

ソフトバンク光から楽天ひかりへの乗り換えがおすすめなのは以下のような人です。

  • 短期利用でお得に光回線を使いたい人
  • 楽天モバイルユーザー
  • 楽天経済圏を普段から利用している人

ソフトバンク光と楽天ひかりはどちらも光コラボなので、乗り換えの際に工事は必要ありません。

くわえて楽天モバイルユーザーなら6ヶ月間月額料金無料で利用できるので、お得に光回線を使いたい方にもおすすめです。

また楽天モバイルユーザーならポイントアップキャンペーンを適用できるため楽天ポイントを効率的に貯められます。

楽天ひかりは楽天市場を普段からよく利用する方や楽天ひかりの支払いをポイントで補いたい方にもぴったりです。

ソフトバンク光と楽天ひかりの実質料金を比較

サービス名月額料金実質月額料金
ソフトバンク光5,720円4,191円
楽天ひかり5,280円3,163円

2024年2月時点の情報
※料金はすべて税込表記
※実質月額料金={(契約期間×月額料金)+初期費用(工事費・端末代・オプション料金・契約事務手数料など)-(キャッシュバック+月額料金割引)}÷契約期間

ソフトバンク光と楽天ひかりの料金を比べると、ソフトバンク光よりも楽天ひかりの方が月額料金・実質月額料金ともに安いです。

また楽天ひかりへの乗り換えなら光コラボ同士で工事が不要なので、工事費などの初期費用も節約できてお得です。

ソフトバンク光と楽天ひかりの実測値を比較

サービス名下り上り
ソフトバンク光288.66Mbps299.82Mbps
楽天ひかり210.56Mbps224.05Mbps

2024年2月時点の情報
※実測値参考元:みんなのネット回線速度

ソフトバンク光と楽天ひかりの実測値を比較すると、ソフトバンク光の方が速いことがわかります。

しかしソフトバンク光と楽天ひかりはどちらも同じフレッツ光の回線を利用しているので、実測値に大きな差はありません。

通信速度の向上を目的にソフトバンク光から乗り換えるなら、楽天ひかり以外で実測値の速い光回線を選ぶのがおすすめです。

ソフトバンク光から楽天ひかりに乗り換える際に発生する初期費用

ソフトバンク光から楽天ひかりに乗り換える際は、事業者変更のため工事費用は初期費用に含まれません。

ソフトバンク光から楽天ひかりへの乗り換えにかかる初期費用
ソフトバンク光の解約違約金※15,720円
ソフトバンク光の工事費残債My SoftBankにて確認
楽天ひかりの契約事務手数料1,980円
楽天ひかりの工事費用0円
楽天ひかりの初月月額料金0円

2024年2月時点の情報
※料金はすべて税込表記
※1:戸建て自動更新あり(2年)プランで2022年7月1日以降に契約している場合

ソフトバンク光で2022年7月1日以降に契約した場合、乗り換えにかかる解約違約金は契約しているプランの1ヶ月の月額料金相当額になります。

工事費残債に関しては契約時期と解約時期によって異なるため、あらかじめMy SoftBankにて確認するのがおすすめです。

2022年6月30日以前に契約した場合の解約違約金については「ソフトバンク光の解約違約金」の項も参考にしてみてください。

また楽天ひかりでは光コラボからの乗り換えで1,980円の契約事務手数料が発生しますが、工事不要のため開通工事費はかかりません。

また楽天ひかりでは日割り計算が行われず利用開始日の翌月から料金が発生するため、初月は無料で利用できます。

楽天ひかり公式:https://network.mobile.rakuten.co.jp/hikari/

\6ヶ月間月額料金無料!/

ソフトバンク光から工事不要で乗り換えられるおすすめのプロバイダ(光回線・ホームルーター)

ソフトバンク光 から 乗り換え おすすめ プロバイダ

ソフトバンク光から工事不要で乗り換えられるおすすめの光回線ホームルーターは以下の通りです。

GMOとくとくBB光とドコモ光はソフトバンク光と同じ光コラボなので、事業者変更として工事不要で乗り換えられます。

ドコモhome5Gとソフトバンクエアーはいずれもキャリア回線を利用するホームルーターで、端末をコンセントに繋ぐだけで簡単にインターネットが使えます。

それぞれのサービスの詳細について次項にてご紹介していきますので、ぜひ乗り換えの参考にしてみてください。

GMOとくとくBB光

 GMOとくとくBB光

おすすめ申込窓口GMOとくとくBB光公式サイト
月額料金戸建て:4,818円~

マンション:3,773円~

実質月額料金戸建て:3,521円~

マンション:2,476円~

実測値下り:219.57Mbps

上り:275.64Mbps

契約期間なし
事務手数料3,300円
スマホセット割なし
キャッシュバック新規:30,000円

他社解約違約金補填:60,000円

10ギガプラン申し込み:10,000円

オプション同時追加:最大25,000円

2024年2月時点の情報
※料金はすべて税込表記
※実質月額料金={(契約期間×月額料金)+初期費用(工事費・端末代・オプション料金・契約事務手数料など)-(キャッシュバック+月額料金割引)}÷契約期間
※実測値参考元:みんなのネット回線速度

GMOとくとくBB光ソフトバンク光と同じ光コラボで、プロバイダ大手のGMOとくとくBBが提供する光回線です。

実質月額料金は戸建て3,000円台からと比較的安く、ソフトバンク光からの乗り換えなら最大124,000円もの高額キャッシュバックがもらえてお得です。

GMOとくとくBB光なら元々の月額料金が安いので格安スマホユーザーでスマホセット割が使えない方でも安くインターネットを使えます。

>GMOとくとくBB光の評判はこちら

GMOとくとくBB光公式:https://gmobb.jp/service/gmohikari/

\ソフトバンク光から乗り換えで最大124,000円キャッシュバック!/

ドコモ光

 ドコモ光 GMOとくとくBB

おすすめ申込窓口GMOとくとくBB
月額料金戸建て:5,720円~

マンション:4,400円~

実質月額料金戸建て:3,774円~

マンション:2,454円~

実測値下り:263.64Mbps

上り:260.92Mbps

契約期間2年
事務手数料3,300円
スマホセット割ドコモ・irumo・eximoのスマホ料金が毎月最大1,100円永年無料

キャッシュバック

キャッシュバック新規:30,000円

他社解約違約金補填:15,000円

10ギガプラン申し込み:17,000円

2024年2月時点の情報
※料金はすべて税込表記
※実質月額料金={(契約期間×月額料金)+初期費用(工事費・端末代・オプション料金・契約事務手数料など)-(キャッシュバック+月額料金割引)}÷契約期間
※実測値参考元:みんなのネット回線速度

ドコモ光はドコモが提供する光コラボで、ドコモ・irumo・eximoユーザーならスマホ料金が毎月最大1,100円も永年無料にできるスマホセット割が使えます。

高性能Wi-Fiルーターを無料レンタルできるほか、セキュリティソフトや訪問サポートを無料で利用できるなどお得なオプションが豊富です。

さらにGMOとくとくBBを窓口として申し込むことで最大66,000円のキャッシュバックがもらえるので、お得にドコモ光へ乗り換えられます。

ドコモ光×GMOとくとくBB:https://gmobb.jp/service/docomohikari/

\当サイト限定!最大66,000円キャッシュバック!/

ドコモhome5G

ドコモhome5G GMO

おすすめ申込窓口GMOとくとくBB
月額料金4,950円
端末代金71,280円

※月々サポート払いで実質無料

契約期間なし
事務手数料3,850円
実測値下り:150.69Mbps

上り:17.51Mbps

キャッシュバック18,000円(Amazonギフトカード)
キャンペーン【home5G セット割】

ドコモのスマホ料金から毎月最大1,100円永年割引

【home5G U29デビュー割】

月間使用量が30G以下の場合月額料金から1,760円を最大12ヶ月間割引

【他社解約金還元特典】

最大22,000ポイントのdポイント進呈

2024年2月時点の情報
※料金はすべて税込表記
※実質月額料金={(契約期間×月額料金)+初期費用(工事費・端末代・オプション料金・契約事務手数料など)-(キャッシュバック+月額料金割引)}÷契約期間
※実測値参考元:みんなのネット回線速度

ドコモhome5Gはドコモ回線を利用したホームルーターサービスで、実測値は下り150Mbps以上とホームルーターの中でもかなり速いのが特長です。

端末は最大4.8Gbpsの高速通信が可能な最新機種で、月々サポート割引を適用すれば端末を実質無料で購入できてお得です。

ドコモユーザーならスマホセット割を使うことでスマホ料金を毎月最大1,100円も割引できるので、毎月の通信費を節約できます。

GMOとくとくBBを窓口として申し込むことで18,000円分のAmazonギフト券がもらえるのでお得に乗り換えられます。

ドコモhome5G×GMOとくとくBB:https://gmobb.jp/service/docomo5g/

\18,000円分のAmazonギフト券がもらえる!/

ソフトバンクエアー

ソフトバンクエアー エヌズカンパニー

おすすめ申込窓口株式会社エヌズカンパニー
月額料金5,368円
端末代金71,280円

※分割払い相当分の月額割引で実質無料

契約期間なし
事務手数料3,300円
実測値下り:81.39Mbps

上り:8.41Mbps

キャッシュバック新規:40,000円

他社解約違約金補填:最大100,000円

キャンペーン【スマホセット割】

ソフトバンク・ワイモバイルのスマホ料金から毎月最大1,188円永年割引

2024年2月時点の情報
※料金はすべて税込表記
※実質月額料金={(契約期間×月額料金)+初期費用(工事費・端末代・オプション料金・契約事務手数料など)-(キャッシュバック+月額料金割引)}÷契約期間
※実測値参考元:みんなのネット回線速度

ソフトバンクエアーはソフトバンクが提供しているホームルーターで、ソフトバンクの5G回線を利用した高速通信が魅力です。

契約期間の縛りがなく解約違約金も発生しないため、お試しで使ってみたいという方でも気軽に始められます。

端末代金は分割払い相当分を月額割引してもらえるため、実質無料で購入できてお得です。

株式会社エヌズカンパニーから申し込めば40,000円のキャッシュバックと最大100,000円の他社解約違約金補填がもらえるので初期費用の負担なく乗り換えられます。

ソフトバンク・ワイモバイルユーザーなら毎月のスマホ料金を最大1,188円も割引できるので、月々の通信費をぐっと安く抑えられます。

ソフトバンクエアー×エヌズカンパニー:https://ns-air.net/

\最大40,000円のキャッシュバック!/

ソフトバンク光から乗り換える際の注意点

ソフトバンク光 から 乗り換え 注意点

ソフトバンク光から乗り換える際に注意しておくべきポイントは以下の6点です。

  • スマホの料金が高くなる場合がある
  • 解約違約金・工事費の残債が発生する場合がある
  • 有料オプションは別途解約が必要な場合がある
  • 乗り換えの時期・タイミングに注意する
  • レンタルしている機器は必ず返却する
  • 独自回線に乗り換える場合は開通工事が必須

これらの注意点をあらかじめ押さえておくことで安心して他社回線に乗り換えられます。

各注意点については次項より詳細を解説していきますので、ソフトバンク光からの乗り換えを検討している方はぜひ参考にしてみてください。

スマホの料金が高くなる場合がある

ソフトバンク光ではソフトバンク・ワイモバイルユーザーを対象としたスマホセット割が使えますが、他社に乗り換えることでスマホセット割が使えなくなる場合があります。

スマホセット割が使えなければスマホ料金が高くなってしまうため、スマホセット割を使ってお得にインターネットを利用したい場合は乗り換え先に注意してください。

ソフトバンク・ワイモバイルユーザーで引き続きスマホセット割を使いたいなら無理に乗り換えせずソフトバンク光を継続利用するのがおすすめです。

ソフトバンク・ワイモバイルユーザー以外なら、お持ちのスマホキャリアに応じてスマホセット割を提供している光回線を選ぶことでお得に通信費を抑えられます。

解約違約金・工事費の残債が発生する場合がある

ソフトバンク光では他社への乗り換え時に解約違約金工事費残債が発生する場合があります。

ソフトバンク光の契約時期や契約プランによっては数万円単位の解約違約金や工事費残債を請求されることもあるので、解約時にあらかじめチェックしておくことが大切です。

ソフトバンク光ではMy SoftBankで解約時にかかる費用を試算できるためぜひ参考にしてみてください。

乗り換え時の費用を負担してくれるおすすめの光回線

ソフトバンク光からの乗り換え費用を負担してくれる光回線ならGMOとくとくBB光ドコモ光がおすすめです。

GMOとくとくBB光やドコモ光では他社解約違約金に対する補填として最大15,000円もの高額キャッシュバックを受け取れます。

解約違約金や工事費残債を十分に補えるので、乗り換え時の負担を最小限に抑えたい方はGMOとくとくBB光やドコモ光への乗り換えをぜひ検討してみてください。

有料オプションは別途解約が必要な場合がある

ソフトバンク光では有料オプションの解約が光回線の解約と別に必要な場合があります。

オプションの解約手続きはMy SoftBankより行えるので、ソフトバンク光からの乗り換え時にはオプションの解約も忘れないようにしてください。

【ソフトバンク光のオプション解約手順】

  1. My SoftBankにログインし「サービス」のタブを選択
  2. 「ご加入中オプション/パック」に表示された加入中のオプションごとに「変更する」を選択して手続き

また一部のオプションは解約時に別途解約手数料が発生する点にも注意が必要です。

乗り換えの時期・タイミングに注意する

ソフトバンク光から他社に乗り換える場合は、乗り換え時期やタイミングに注意してください。

ソフトバンク光では契約更新期間以外に解約すると解約違約金が発生するので、契約更新期間がいつになるのか事前に把握しておくことが大切です。

ソフトバンク光の契約更新期間は契約期間満了月とその翌月・翌々月の3ヶ月間で、この期間に解約することで解約違約金を支払わずに済みます。

また工事費の残債がある状態でソフトバンク光を解約すると解約時に残債を一括請求されてしまうため、解約時期は工事費を全て払い終わった後がおすすめです。

レンタルしている機器は必ず返却する

ソフトバンク光から他社へ乗り換える際はソフトバンク光でレンタルしている機器の返却が必要です。

ソフトバンク光からレンタルしている機器を期日までに返却しないと違約金を支払わなければならなくなるので注意してください。

ソフトバンク光から独自回線をもつ光回線へ乗り換える場合はソフトバンク光の機器にくわえてNTT機器の返却も別途必要です。

くわしくは「独自回線の光回線に乗り換える際の手順」にて解説していますのであわせてチェックしてみてください。

独自回線に乗り換える場合は開通工事が必須

ソフトバンク光光コラボなので独自回線に乗り換える場合には開通工事が必須となります。

独自回線の開通工事にはおよそ数ヶ月かかるだけでなく、数万円単位の開通工事費が発生するので注意してください。

開通工事をしたくないという方は工事不要な他社光コラボへ乗り換えるか、端末にコンセントを挿すだけでインターネットが使えるホームルーターがおすすめです。

GMOとくとくBB光公式:https://gmobb.jp/service/gmohikari/

\本サイト限定!最大124,000円キャッシュバック!/

ソフトバンク光から乗り換える際によくある質問

ソフトバンク光から他社回線に乗り換える際によくある質問は以下の通りです。

  • ソフトバンク光から乗り換える際にキャッシュバックがもらえるおすすめの回線はありますか?
  • ソフトバンク光から乗り換える際に電話番号はそのまま使えますか?
  • ソフトバンク光から乗り換える際にメールアドレスはそのまま使えますか?
  • ソフトバンク光からNTT(フレッツ光)に戻す方法を教えてもらえますか?

それぞれの質問に対して分かりやすく回答していますので、不明点がある方はぜひ参考にしてみてください。

ソフトバンク光から乗り換える際にキャッシュバックがもらえるおすすめの回線はありますか?

ソフトバンク光から乗り換える際にキャッシュバックがもらえるおすすめの光回線は、GMOとくとくBB光またはドコモ光です。

GMOとくとくBB光では最大124,000円もの高額キャッシュバックを受け取れるので、ソフトバンク光の解約時にかかる費用を安く抑えられます。

またドコモ・irumo・eximoユーザーならキャッシュバックがもらえてスマホセット割も適用できるドコモ光への乗り換えがおすすめです。

ソフトバンク光から乗り換える際に電話番号はそのまま使えますか?

ソフトバンク光で使用していた固定電話の電話番号は、同じ光コラボへの乗り換えであれば事業者変更手続きによってそのまま引き継げます。

ただし「ホワイト光電話」などソフトバンク光で発番した電話番号の場合は、番号ポータビリティ制度を利用してNTTアナログ電話へ移行しなければ引き続き使用できません。

番号ポータビリティ制度による電話番号の引き継ぎは乗り換え先のプロバイダでの手続きが必要になるため、乗り換え先のサポートセンターまで問い合わせてみてください。

>ソフトバンク光のプロバイダについてはこちら

ソフトバンク光から乗り換える際にメールアドレスはそのまま使えますか?

ソフトバンク光で使える「@ybb.ne.jp」のメールアドレスは他社へ乗り換える際に解約扱いとなり使えなくなります。

他社へ乗り換えてもそのままメールアドレスを使いたい場合は、乗り換え先でも引き続き使えるyahooメールなどのフリーメールを利用してみてください。

ソフトバンク光からNTT(フレッツ光)に戻す方法を教えてもらえますか?

ソフトバンク光からNTT(フレッツ光)へ戻す場合は事業者変更の手続きが必要です。

ソフトバンク光からの解約時に事業者変更承諾番号を取得し、フレッツ光を運営しているNTTへ新規で申し込みを行います。

事業者変更による乗り換え手順は「工事不要で光コラボに乗り換える際の手順」の項でくわしく説明していますので、あわせて参考にしてみてください。

GMOとくとくBB光公式:https://gmobb.jp/service/gmohikari/

\本サイト限定!最大124,000円キャッシュバック!/

ソフトバンク光から乗り換えまとめ

ソフトバンク光から乗り換えるなら手続きが簡単でお得な他社光コラボへの乗り換えがおすすめです。

光コラボ同士の乗り換えは工事不要で乗り換えまでの期間が短くて済むため、乗り換えにかかる費用や時間を節約できます。

またソフトバンク光からの乗り換え先を選ぶなら、お持ちのスマホキャリアがスマホセット割を適用できるかどうかもチェックしてみてください。

たとえばソフトバンク・ワイモバイルユーザーならソフトバンク光のスマホセット割でスマホ料金を安くできるので乗り換えない方がお得です。

ソフトバンク光からの乗り換え費用が気になる方は他社解約違約金を補填してくれる他社回線を選ぶことで解約にかかる負担をぐっと減らせます。

通信速度を重視する場合は独自回線への乗り換えを検討してみるのもよいですが、独自回線への乗り換えには開通工事が必要になる点に注意が必要です。

ソフトバンク光から乗り換えるなら各社の料金や速度を踏まえてご自身にとってお得になる乗り換え先をぜひ見つけてみてください。

GMOとくとくBB光公式:https://gmobb.jp/service/gmohikari/

\本サイト限定!最大124,000円キャッシュバック!/

この記事を書いた人
福田ありさ

福田ありさ

ぴかまろ編集・ライティング担当。光回線の販売経験を活かして、インターネットサービスのあれこれをわかりやすくお伝えできるように日々奮闘しています。家でも光回線やスマホサービスを色々試しており、ユーザー目線でリアルな情報を発信できたらと思っています!よろしくお願いします。

NEWS PICKSはこちら