auひかり 乗り換え

auひかりへの乗り換え時に違約金負担キャンペーンはある?」
auひかりに乗り換える際に工事は不要?」
auひかりへの乗り換え時にもらえるキャッシュバックは?」
auひかりから乗り換える際におすすめの光回線は?」
auひかりからソフトバンク光への乗り換え手順は?」

他社光回線を利用している方のなかには、auひかりへの乗り換えを検討している方もいらっしゃるでしょう。

あるいは、auひかりから他社回線へ乗り換えてみたいと考えている方もいらっしゃるかもしれません。

そこで、auひかりの乗り換えに関する手続き方法や違約金などの乗り換えにかかる費用負担などについて徹底調査しました。

結論からいうと、auひかりに乗り換えた方がいい人とauひかりから乗り換えた方がいい人の特徴は以下となります。

他社回線からauひかりに乗り換えた方がいい人・au・UQモバイルユーザー

・通信速度を重視する人

・更新月以外でお得に乗り換えたい人

auひかりから他社回線に乗り換えた方がいい人・auひかりの提供エリア外に移転(引越し)する人

・移転(引越し)にともなう費用負担を避けたい人

・希望のプロバイダに変更したい人

auひかりに乗り換えた方がいい人とそうでない人の特徴をくわしく解説し、乗り換えの注意点やメリットなどもあわせてご紹介していきます。

本記事を読むことで、ご自身がauひかりに乗り換えるべきかどうかを正しく判断できるようになるでしょう。

auひかりの乗り換えについて悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

auひかりの評判・口コミはこちら

光回線名キャンペーン内容+おすすめポイント公式サイト
auひかり(代理店NNコミュニケーションズ) auひかり・通信速度が速い

・最大72,000円の高額キャッシュバック

・実質月額料金が安い

・au、UQモバイルのスマホセット割

・工事費実質無料
auひかり×NNコミュニケーションズはこちら
auひかり(So-net:ディズニープラス スタンダードプラン特典窓口) So-net・ディズニープラス スタンダードプラン12カ月間無料視聴プレゼント(月額990円×12ヶ月分=11,880円分お得)

・ディズニー作品をはじめ、ピクサーやマーベル作品も見放題

・速度が快適な光回線の契約と同時にディズニー作品を楽しみたい方におすすめ
auひかり(So-net:ディズニープラス スタンダードプラン特典窓口)公式サイトはこちら

\最大72,000円キャッシュバックがお得!/

auひかりのキャッシュバックはこちら

記事内の「実質月額」と「契約期間内の総額」は以下の計算式で算出しています。
※1:実質月額料金={(契約期間×月額料金)+初期費用(工事費・端末代・オプション料金・契約事務手数料など)-(キャッシュバック+月額料金割引)}÷契約期間
※2:契約期間内の総額={(契約期間×月額料金)+初期費用(工事費・端末代・オプション料金・契約事務手数料など)-(キャッシュバック+月額料金割引)}
実測値参考元:みんなのネット回線速度

目次

auひかりへの乗り換えはお得?メリットを紹介

他社回線からauひかりへ乗り換えることで得られるメリットについて、以下にご紹介していきましょう。

  • 乗り換えキャンペーンで他社違約金を相殺できる
  • 高額なキャッシュバックがもらえる
  • 開通工事が実質無料になる
  • 速度の速いプロバイダを選択できる

これらのメリットについて、どのようにお得になるのかくわしく解説していきます。

乗り換えキャンペーンで他社違約金を相殺できる

auひかりでは、他社回線から乗り換えることで他社違約金相当額をキャッシュバックしてくれるキャンペーンを開催しています。

なかでもauひかりの代理店であるNNコミュニケーションズからauひかりに申し込むことで、最大72,000円の高額キャッシュバックを受け取れます。

対象プランauひかり

他社解約違約金

NNコミュニケーションズ

追加キャッシュバック

・ホーム:ネット(ずっとギガ得プラン)+電話最大30,000円72,000円
・マンション:ネット(お得プラン・お得プランA)+電話最大30,000円72,000円

auひかり乗り換えスタートサポートの最大30,000円に上乗せして最大25,000円のキャッシュバックが追加でもらえるため、ほとんどの他社違約金を相殺できるでしょう。

更新月以外に他社を解約しても費用負担なく乗り換えられて、とてもお得なキャンペーンといえます。

auひかり乗り換えスタートサポートに関しては「更新月以外でお得に乗り換えたい方」でも解説していますので、あわせてチェックしてみてください。

高額なキャッシュバックがもらえる

auひかりでは、新規でauひかりに申し込むともらえるお得なキャッシュバックを実施しています。

なかでもNNコミュニケーションズは、最大72,000円の高額キャッシュバックを受け取れるためおすすめの代理店窓口です。

プロバイダauひかり

契約プラン

キャンペーン条件NNコミュニケーションズキャッシュバック金額プロバイダ

キャッシュバック金額

So-net戸建てネット+電話+スマホキャッシュバックのみ72,000円25,000円
キャッシュバック+Wi-Fi6ルーター49,000円
ネット+電話キャッシュバックのみ45,000円
キャッシュバック+Wi-Fi6ルーター39,000円
ネットのみキャッシュバックのみ39,000円
キャッシュバック+Wi-Fi6ルーター33,000円
マンションネット+電話+スマホキャッシュバックのみ60,000円20,000円
キャッシュバック+Wi-Fi6ルーター54,000円
ネット+電話キャッシュバックのみ50,000円
キャッシュバック+Wi-Fi6ルーター44,000円
ネットのみキャッシュバックのみ44,000円
キャッシュバック+Wi-Fi6ルーター38,000円
So-net以外戸建てネット+電話キャッシュバックのみ45,000円25,000円

(BIGLOBE)

キャッシュバック+Wi-Fi6ルーター39,000円
ネットのみキャッシュバックのみ39,000円
キャッシュバック+Wi-Fi6ルーター33,000円
マンションネット+電話キャッシュバックのみ50,000円20,000円

(BIGLOBE)

キャッシュバック+Wi-Fi6ルーター44,000円
ネットのみキャッシュバックのみ44,000円
キャッシュバック+Wi-Fi6ルーター38,000円

NNコミュニケーションズでは、独自キャンペーンに加えて一部プロバイダの独自キャンペーン特典もあわせて受け取れます。

auひかりの申し込みの段階でキャッシュバック申請も完了するので、面倒な手続きがいっさいなく手間がかかりません。

キャッシュバックはauひかり開通後の最短翌月末に振り込まれるため、キャッシュバックをもらい忘れる心配もないでしょう。

NNコミュニケーションズなら、高額キャッシュバックにありがちな有料オプションの加入などもなくお得にキャッシュバックを受け取れるのでおすすめです。

auひかり×NNコミュニケーションズ公式:https://nn-com.co.jp/auhikari/ext/

\最大72,000円キャッシュバックがお得!/

開通工事が実質無料になる

auひかりでは開通工事費を含む初期費用相当額を月額料金から割引してくれるサービスがあります。

以下の表の通り、初期費用を分割払いした場合の月々の支払額相当分が月額料金より割り引かれます。

プラン名auひかり

ホーム「ネット+電話」

auひかり

マンション

初期費用

(工事費含む)

【ずっとギガ得プラン】

41,250円 (1,178.5円/月 × 35回)

【ギガ得プラン・標準プラン】

41,250円 (1,793円/月 × 23回)

33,000円

(1,434.4円/月 × 23回)

月額料金

割引額

【ずっとギガ得プラン】

初回のみ:644円(ネット)+550円(電話)=1,194円割引

628円(ネット)+550円(電話)=1,178円割引 × 34回

【ギガ得プラン・標準プラン】

初回のみ:1,254円(ネット)+550円(電話)=1,804円割引

1,243円(ネット)+550円(電話)=1,793円割引 × 22回

初回のみ:1,443円割引

1,434円割引 × 22回

初期費用には開通工事費も含まれているため、月額割引を適用させることで実質的に開通工事費が無料となりとてもお得といえるでしょう。

ただし、auひかりホームで「ネット単体」もしくは「ネット+テレビ」のプランで申し込んだ場合、割引金額はネットのみとなる点に注意してください。

速度の速いプロバイダを選択できる

auひかりでは、光回線とは別にプロバイダを選んで契約できます。

auひかりで契約できる主なプロバイダは、以下の通りです。

【auひかりのプロバイダ一覧】

au one net、@nifty、@T COM、ASAHIネット、BIGLOBE、DTI、So-net、GMOとくとくBB、など

auひかりおすすめプロバイダから3社を抜粋し、実際の回線速度を示す実測値を比較してみました。

auひかりのプロバイダ実測値
GMOとくとくBB上り:594.84Mbps

下り:660.35Mbps

@nifty上り:444.76Mbps

下り:462.98Mbps

So-net上り:470.99Mbps

下り:498.84Mbps

上表をみると、どのプロバイダも400Mbpsを超える速さであることがわかります。

なかでも、GMOとくとくBBは600Mbps前後と非常に高い実測値をほこるため、通信速度の速さを重視する方におすすめのプロバイダといえるでしょう。

auひかり×NNコミュニケーションズ公式:https://nn-com.co.jp/auhikari/

\最大72,000円キャッシュバックがお得!/

auひかりへ乗り換える手順

auひかり 乗り換え方法

実際に他社回線からauひかりへ乗り換える方法について、以下の通りにご紹介していきます。

Step1:auひかりへ新規申込を行う

Step2:契約書類と必要な接続機器を受け取る

Step3:auひかりの開通工事を実施する

Step4:利用中の他社回線を解約する

各Stepの詳細は次項より順に解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

Step1:auひかりへ新規申込を行う

まずは、auひかりのおすすめ申し込み窓口「NNコミュニケーションズ」より新規申込を行いましょう。

お住まいの地域がauひかりの提供エリアかどうかを確認し、契約するプロバイダや契約プランを選択していきます。

なお、auひかりのプロバイダは途中変更ができないため、各プロバイダのサービス内容をよく確認し慎重に選ぶことをおすすめします。

必要な個人情報を入力し送信を完了すると、折り返し開通工事日についての連絡がメールで届きますので確認しておきましょう。

電話で質問をしながら納得して申し込みたいという方は、NNコミュニケーションズ(0120-987-652)に電話してみてください。

不安点や疑問点がある場合は担当オペレーターに直接問い合わせのうえ、申し込みを行ってください。

Step2:契約書類と必要な接続機器を受け取る

auひかりへの申し込みが完了したら、KDDIから工事日についての調整連絡がきます。

開通工事には原則として立ち会いが必要となりますので、確実に立ち会える日を選ぶようにしましょう。

その後、契約関連書類と必要な接続機器がご自宅に届きます。

接続機器は開通後にご自身で設定が必要ですので、工事完了まで大切に保管しておきましょう。

なお、あまりにも工事日が遅いと感じたらauひかりの開通工事が遅い場合の対処法を参考に対応してみてください。

Step3:auひかりの開通工事を実施する

事前に決められた開通工事日に開通工事を実施します。

開通工事が終わったら、設定ガイドなどをもとに必要な機器を回線に接続して初期設定を行います。

初期設定が完了したら、auひかりの利用開始です。

Step4:利用中の他社回線を解約する(乗り換えの場合)

auひかりが開通したら、利用中の他社回線の解約手続きを行いましょう。

光回線とプロバイダを個別で契約している場合は、プロバイダの解約手続きも忘れずに行ってください。

他社回線の解約手続きが完了したら、レンタルしていた機器なども忘れず返却しましょう。

他社回線の解約に際して違約金や工事費の残債が発生した場合は、auひかりの乗り換えキャンペーンを利用すれば違約金負担を相殺できるためお得です。

お得にauひかりへ乗り換えたい方は、乗り換えキャンペーンの申請手続きもあわせて行いましょう。

auひかりの乗り換えキャンペーンの申請方法については「auひかり乗り換えスタートサポートの申請方法」の項をご確認ください。

auひかり×NNコミュニケーションズ公式:https://nn-com.co.jp/auhikari/

\最大72,000円キャッシュバックがお得!/

auひかりに乗り換えた方がいい人の特徴

他社回線をお使いの方で、auひかりに乗り換えた方がいい人の特徴を以下にご紹介します。

  • au・UQモバイルユーザー
  • 通信速度を重視する方
  • 更新月以外でお得に乗り換えたい方

それぞれの項目について、理由も添えてくわしく解説してまいりましょう。

au・UQモバイルユーザー

au・UQモバイルユーザーの方なら、auひかりに乗り換えた方がお得です。

auひかりのスマホセット割を適用することで、毎月の通信料が最大税込1,100円も永年で割引されます。

サービス名スマホプラン名月の割引額
auスマートバリュー

【au】

スマホミニプラン(4G/5G)550円
使い放題MAX(5G)

ALL STAR パック

1,100円
使い放題MAX(5G)

with Amazonプライム

1,100円
使い放題MAX(4G/5G)1,100円
使い放題MAX(4G/5G)

テレビパック

Netflixパック(P)

Netflixパック

DAZNパック

1,100円
タブレットプラン201,100円
自宅セット割

【UQモバイル】

くりこしプランS(5G)638円
くりこしプランM(5G)638円
くりこしプランL(5G)858円

※新規受付中のプランのみ

au・UQモバイルともに10回線まで適用されるため、ご自身だけでなく遠く離れた家族も含めた全員のスマホ料金を安く抑えられます。

また「auスマートバリュー」もしくは「自宅セット割」への加入特典として、最大10,000円のキャッシュバックを受け取れます。

申請から約1ヶ月後にau PAY残高へチャージされますので、早く手軽にキャッシュバックを受け取れるでしょう。

キャッシュバック受け取りに関する手順については「auひかり乗り換えスタートサポートの申請方法」を参考にしてみてください。

なお、スマホセット割の適用条件として電話サービス等の有料オプションの加入が必要です。

くわしくは「au・UQモバイルのスマホセット割の条件に注意」の項にて解説していますので、あわせてチェックしてみてください。

auひかりが提供エリア外の場合におすすめの光回線

au・UQモバイルユーザーの方でも、auひかりの提供エリア外のところにお住まいの場合、auひかりは利用できません。

au・UQモバイルユーザーの方がauひかりを利用できない場合におすすめなのがビックローブ光です。

ビッグローブ光はNTTの回線を共用している光コラボ回線のひとつで、フレッツ光と同じく全国的に利用できるほど提供エリアが広いです。

auひかりが提供エリア外という方でも、ビッグローブ光なら使える可能性が高いでしょう。

ご自身のお住まいエリアがビッグローブ光の提供エリアかどうかは、NTT西日本NTT東日本の専用ページで確認してみてください。

またビックローブ光では、au・UQモバイルユーザー限定のスマホセット割が使えます。

au・UQモバイルの月額料金を最大税込1,100円も割引してくれるため、auひかりの提供エリア外にお住まいの方でもお得に通信料を節約できるでしょう。

ビッグローブ光の詳細については、ビックローブ光のキャッシュバック情報まとめ記事にてご紹介していますので、気になる方はぜひ参考にしてみてください。

通信速度を重視する方

光回線を選ぶうえで通信速度の速さを重視する方も、auひかりへの乗り換えがおすすめといえます。

auひかりはKDDIが提供している独自回線で、次世代規格であるIPv6に対応しているため、安定した高速通信が可能です。

実際の回線速度を示す実測値を用いて、auひかりと他社回線の速度を表で比較してみましょう。

サービス名下り上りPing値
auひかり468.23Mbps441.12Mbps17.94ms
フレッツ光267.9Mbps218.47Mbps21.18ms
ソフトバンク光325.21Mbps251.07Mbps16.28ms
ドコモ光276.65Mbps232.1Mbps20.68ms

auひかりは下り上りともに450Mbps前後あり、他社光回線と比較するとかなり速いことがわかります。

他社回線で満足いく通信速度を得られなかったという方でも、auひかりに乗り換えることで安定した高速インターネットを楽しめるでしょう。

更新月以外でお得に乗り換えたい方

auひかりでは、他社回線からお得に乗り換えできる「他社違約金補填サービス」を提供しています。

auひかり乗り換えスタートサポートでは、他社回線からの解約金相当額として最大30,000円のキャッシュバックを受け取れます。

サービス名対象プロバイダキャッシュバック金額還元方法
auひかり

ホーム

・au one net

・@nifty

・@TCOM

・BIGLOBE

・So-net

最大30,000円au PAY残高へチャージ
・Asahi Net

・DTI

最大15,000円au PAY残高へチャージ
auひかり

マンション

・au one net

・@nifty

・@TCOM

・BIGLOBE

・So-net

・Asahi Net

・DTI

最大10,000円au PAY残高へチャージ
最大20,000円

(1,000円割引×最大20ヶ月)

月額料金から割引

キャッシュバックは申請から約1ヶ月後に還元されるため、キャッシュバックを早く受け取りたい方にもおすすめです。

auひかり乗り換えスタートサポートを利用することで、更新月以外に解約しても他社違約金の心配なく乗り換えられるでしょう。

auひかり乗り換えスタートサポートの申請方法

auひかり乗り換えスタートサポートでキャッシュバックを受け取るためには、auひかりの契約とは別に申請手続きが必要です。

auひかり乗り換えスタートサポートの申請は、auひかりの開通後に他社回線を解約してからとなりますので注意しましょう。

なお、auひかりへの乗り換え手順については「auひかりへ乗り換える手順」の項にて具体的に解説していますので参考にしてみてください。

auひかり乗り換えスタートサポートの申請手順については、以下の通りです。

①他社違約金請求明細書類を用意する

②専用の申請書に必要事項を記入する

③auひかりへ他社違約金請求明細のコピーと記入済の申請書を送付する

④書類送付から約1ヶ月後にキャッシュバックを受け取る

申請書の記入方法についてはauひかり公式サイトに掲載されていますので、分からない方は参考にしてみてください。

なお、送付先は以下の宛先となります。

乗り換えスタートサポート申請書類送付先

〒859-3226

長崎県佐世保市崎岡町2720-8

佐世保情報産業プラザ 株式会社KDDIエボルバ気付

KDDI株式会社 KDDI開通センター 行

申請書の送付期限はauひかりへの申し込みから12ヶ月以内となりますので、送り忘れのないよう注意しましょう。
auひかり×NNコミュニケーションズ公式:https://nn-com.co.jp/auhikari/

\最大72,000円キャッシュバックがお得!/

auひかりに乗り換えないほうがいい人の特徴

他社回線利用中でauひかりには乗り換えない方がいい人の特徴は、以下の通りです。

  • 開通まで待てない方
  • 固定電話の番号を継続したい方

それぞれの理由もふくめて次項にてくわしく解説してまいりましょう。

開通まで待てない方

auひかりはKDDIが提供する独自の光回線なので、利用するためには必ず開通工事が必要となります。

戸建ての場合、開通工事を経て実際に利用開始できるまで1〜2ヶ月ほどかかるため、すぐに光回線を利用したい方はauひかりへの乗り換えを避けた方がよいでしょう。

開通まで待てないという方は、開通工事不要のポケット型Wi-Fiサービスの利用をおすすめします。

なかでもWiMAXなら申し込みから最短翌日に機器を発送してくれるので、急いでインターネットを利用したい方に最適です。

おすすめWiMAXプロバイダ紹介記事では、WiMAXを選ぶ際のポイントや注意点などをご紹介していますので、興味のある方はチェックしてみてください。

auひかりの開通工事が遅い場合の対処法

auひかりの開通工事が遅い場合は、KDDIの開通センターまで問い合わせて開通工事を早められないか相談してみましょう。

KDDI開通センター

電話番号:0120-925-641

受付時間:10時~19時

開通センターは土日祝も対応しているので、比較的電話の繋がりやすい昼間の時間帯に連絡してみるとよいでしょう。

また、光回線の開通工事は3月〜4月が繁忙期のため、この時期に開通工事を依頼するのはなるべく避けることをおすすめします。

固定電話の番号を継続したい方

他社光電話回線の固定電話番号を継続したいという方にも、auひかりへの乗り換えはおすすめできません。

auひかりでは、他社固定電話番号を継続できる場合継続できない場合に分かれます。

もし利用中の固定電話番号がauひかりで継続できない場合、auひかりへ乗り換え完了した時点で元の固定電話番号は自動解約され使えなくなってしまいます。

auひかりへの乗り換えを検討されている方は、現在利用している固定電話番号がauひかりでも引き続き利用できるかどうかをあらかじめ確認しておくようにしましょう。

現在利用中の固定電話番号をどうやって発番したか分からない方は、NTTの問い合わせ窓口へ連絡してみてください。

NTT問い合わせ窓口

NTT東日本エリアにお住まいの場合:0120-116-000

NTT西日本エリアにお住まいの場合:0800-2000116

受付時間:9時~17時

番号を継続して利用できる場合

利用中の固定電話番号がNTT契約時に発番した番号(NTT加入電話)であれば、auひかりへの乗り換え後も引き続きその番号を利用できます。

お使いの電話機や発信番号表示などほとんどのオプションサービスも継続して利用できますので、安心してauひかりに乗り換えできるでしょう。

番号を継続して利用できない場合

auひかりに乗り換えた際にお使いの固定電話番号が継続して利用できない場合は、以下の通りです。

【利用中の固定電話番号を継続して利用できない場合】

・フレッツ光の「ひかり電話」

・ソフトバンク「おとくライン」

・J:COM『J:COM PHONE』

・上記以外のNTT加入電話以外の他社電話サービスで発番した場合

NTT加入電話以外の他社電話サービスで新たに発番した電話番号の場合、原則としてauひかりに乗り換えると自動解約されてしまいます。

お使いの固定電話番号を継続したい場合は、いったんNTT加入電話に切り替えたうえでauひかりに乗り換える必要があるため注意が必要です。
auひかり×NNコミュニケーションズ公式:https://nn-com.co.jp/auhikari/

\最大72,000円キャッシュバックがお得!/

auひかりに乗り換える際の注意点

他社回線からauひかりに乗り換える際に、注意しておくべきポイントについて以下の通りにまとめました。

  • 提供エリアが限られている
  • au・UQモバイルのスマホセット割の条件に注意
  • テレビサービスでは地デジが見れない
  • セキュリティソフトを自分で購入する必要がある

それぞれの注意点について、その理由も添えて順に解説していきましょう。

提供エリアが限られている

auひかりはKDDIの独自回線を利用しているため、提供エリアが限られている点に注意が必要です。

auひかりのおもな提供エリアについては、以下の通りです。

プラン名提供エリア
ホーム1ギガプラン全国
ホーム5ギガ・10ギガプラン東京・神奈川・埼玉・千葉の一部エリア
マンションプラン沖縄を除く全国

ホーム1ギガプランは全国的に提供されてはいますが、地域によっては提供エリア対象外となる場合もあります。

ご自身のお住まいのエリアがauひかりの提供エリアかどうか分からない方は、auひかり公式サイトにて確認してみてください。

もしお住まいのエリアがauひかりの提供エリア外だった場合は、提供可能な他社回線を選択するとよいでしょう。

おすすめの光回線12社比較記事にて、地域別におすすめの光回線をご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

au・UQモバイルのスマホセット割の条件に注意

au・UQモバイルユーザーの方なら、auひかりのスマホセット割を適用することで、毎月のスマホ料金を安く抑えられます。

しかし、auひかりのスマホセット割には有料オプションの加入が必要となるなどの適用条件が定められています。

au・UQモバイルのスマホセット割の条件詳細を確認し、不要な出費とならないよう注意しましょう。

au・UQモバイルのスマホセット割の条件詳細

au・UQモバイルのスマホセット割の適用条件は、以下の通りです。

サービス名適用条件
auスマートバリュー

【au】

①auスマホ対象プランへの加入

②auひかり回線への加入

③有料電話サービスへの加入 or 有料テレビサービスへの加入 or 「auスマートポート」「auホームルーター」または「WiMAX+5G」の対象プランにおける利用

自宅セット割

【UQモバイル】

①UQモバイル対象プランへの加入

②auひかり回線への加入

③有料電話サービスへの加入 or 対象ケーブルテレビへの加入 or ルーターサービス(au / WiMAX+5G)の利用

スマホセット割を適用させるためには、上表の通りauひかり回線の契約とあわせて各種有料サービスへの加入が必須となります。

なかでも、auひかり電話は月額税込550円かかる有料サービスですが、スマホセット割を適用することで実質無料で利用できるためお得です。

オプションサービスについて特段のこだわりがない方は、auひかり電話を選択することをおすすめします。

有料テレビサービスの利用を検討されている方は「テレビサービスでは地デジが見れない」の項もぜひ参考にしてみてください。

テレビサービスでは地デジが見れない

auひかりが提供するテレビサービスでは、残念ながら地デジは見られません。

その代わり、全46種の専門チャンネルをはじめYoutubeやNetflixなどの各動画配信サービスを利用できます。

テレビサービスは月額税込1,628円から料金がかかりますが、最大2ヶ月間無料で利用できるためお得に始められます。

スマホセット割などのキャンペーンと併用すれば、実質料金をもっと安く抑えられるでしょう。

サービス詳細は、auひかりテレビサービス公式サイトにて確認してみてください。

セキュリティソフトを自分で購入する必要がある

auひかりではセキュリティサービスが提供されていないため、セキュリティ対策をご自身で行わなければなりません。

セキュリティソフトをご自身で購入する必要がありますが、自腹でセキュリティ対策を行うことに抵抗のある方もいらっしゃるでしょう。

お得にセキュリティ対策を行いたい方は、プロバイダのセキュリティサービスを利用することをおすすめします。

プロバイダのセキュリティサービスは無料で利用できるものもあるため、セキュリティ対策費用をできるだけ安くしたい方に最適です。

auひかりのおすすめプロバイダ紹介記事では、auひかりのプロバイダでお得に使えるセキュリティサービスをご紹介していますので、あわせてチェックしてみてください。

auひかり×NNコミュニケーションズ公式:https://nn-com.co.jp/auhikari/

\最大72,000円キャッシュバックがお得!/

auひかりから乗り換える際におすすめの光回線

お使いの

スマホキャリア

おすすめの

光回線

実質月額料金※1キャンペーン内容初期費用※2速度実測値※3
スマホ料金割引キャッシュバックその他特典
au(東海地方)コミュファ光3,710円最大1,100円/月最大93,000円・月額料金が1年間最大2,190円割引

・初期費用・工事費無料

・他社違約金全額還元

・メッシュWi-Fi最大2ヶ月間無料

28,270円上り:492.83Mbps

下り:566.05Mbps

au・UQモバイルビッグローブ光3,323円最大1,100円/月最大48,000円

または

月額料金1年間1,480円割引

・工事費実質無料

・電話サポート最大2ヶ月間無料

・セキュリティソフト最大2ヶ月間無料

・無線LANルーター1年間無料レンタル

23,100円上り:221.68Mbps

下り:270.29Mbps

ドコモドコモ光3,983円最大1,100円/月最大66,000円・Wi-Fiルーター無料レンタル

・モバイルWi-Fiルーター最大3ヶ月無料

・セキュリティサービス1年間無料

・訪問サポート無料

・新規工事費無料

・dポイント2,000ptプレゼント

23,100円上り:232.79Mbps

下り:277.84Mbps

ソフトバンク・ワイモバイルソフトバンク光4,190円最大1,188円/月最大68,800円・工事費実質無料

・他社違約金最大100,000円負担

・他社スマホから乗り換えでスマホ月額料金割引

・開通前Wi-Fi機器無料レンタル

29,700円上り:250.29Mbps

下り:325.38Mbps

ソフトバンク(速度重視)NURO光3,546円最大1,100円/月最大45,000円・開通前Wi-Fiルーター最大2ヶ月間無料レンタル

・「NUROスマートライフ」最大3ヶ月間無料

・工事費実質無料

・他社違約金最大20,000円負担

・開通遅れで最大15,600円負担

・開通月から最大3ヶ月間月額料金無料

・解約違約金無料

・設定サポート1回無料

47,300円上り:496.07Mbps

下り:551.48Mbps

楽天モバイル楽天ひかり3,548円なしなし 

・楽天市場のお買い物がポイント+1倍

21,780円上り:214.21Mbps

下り:248.29Mbps

格安スマホGMOとくとくBB光3,607円なし最大127,000円・Wi-Fiルーター無料レンタル

・工事費実質無料

・解約違約金無料

29,700円上り:269.57Mbps

下り:294.13Mbps

※料金はすべて税込表記
※新規・戸建て契約の場合
※NURO光forマンションは、2024年10月のご利用分(11月ご請求)から、月額負担金が一律450円増額となります。

auひかりから他社光回線に乗り換える際は、お手持ちのスマホキャリアに合わせて光回線を選ぶとよいでしょう。

ほとんどの光回線では、スマホセット割というモバイルと連携したお得なキャンペーンを実施しています。

スマホセット割を適用することでスマホ料金を節約できるため、通信費全体を安く抑えられてお得といえるでしょう。

上表の情報を踏まえ、auひかりからの乗り換えでおすすめの光回線を以下の通りに解説していきます。

おすすめ光回線12社比較記事でもおすすめの光回線をくわしくご紹介していますので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

コミュファ光:東海地方のauユーザーにおすすめ

 コミュファ光 アウンカンパニー

月額料金【戸建て】5,170円~

【マンション】4,070円~

キャッシュバック【新規契約】最大31,000円

【オプション加入キャンペーン】最大6,000円

工事費27,500円(実質無料)
契約事務手数料770円(実質無料)
速度実測値上り:492.83Mbps

下り:566.05Mbps

おもなキャンペーン内容・月額料金が1年間実質月額料金980円〜

・キャッシュバック最大93,000円

・【スマホセット割】スマホ月額料金最大1,100円永年割引

・初期費用・工事費無料

・他社違約金全額還元

・メッシュWi-Fi最大2ヶ月間無料

提供エリア愛知県・三重県・岐阜県・静岡県・長野県

東海地方にお住まいのauユーザーにおすすめの光回線は、コミュファ光です。

コミュファ光の提供エリアは東海地方の5県のみとなりますが、独自回線による通信速度の速さが魅力です。

実測値は下りで約566Mbpsと他社を圧倒する回線速度をほこり、回線は速度重視という方でも満足できるでしょう。

また高額キャッシュバックをはじめとしたキャンペーンが豊富にあり、他社違約金も負担してくれるため、auひかりからも安く乗り換えられます。

auユーザーならスマホセット割を適用できるので、毎月の通信料も安く抑えられて大変お得といえるでしょう。

コミュファ光の評判や実態については、コミュファ光の評判まとめ記事にて詳細を解説していますので、気になる方はチェックしてみてください。

コミュファ光のキャッシュバックはこちら
コミュファ光×アウンカンパニー:https://aun-company.com/commufa/

\最大93,000円キャッシュバック!/

ビッグローブ光:au・UQモバイルユーザーにおすすめ

ビッグローブ光

月額料金【戸建て】5,478円

【マンション】4,378円

キャッシュバック【新規契約】最大40,000円(月額割引特典と併用不可)

→クーポンコード「LSS」の入力で最大48,000円キャッシュバック

【新規+ビックローブ光テレビ加入】10,000円

工事費19,800円(実質無料)
契約事務手数料3,300円
速度実測値上り:221.68Mbps

下り:270.29Mbps

おもなキャンペーン内容・月額料金が1年間1,480円割引(キャッシュバック特典と併用不可)

・【スマホセット割】スマホ月額料金最大1,100円永年割引

・工事費実質無料(分割工事費相当額を月額料金から値引き)

・電話サポート最大2ヶ月間無料

・セキュリティソフト最大2ヶ月間無料

・無線LANルーター2台まで1年間無料レンタル

提供エリア全国

au・UQモバイルユーザーの方でauひかりからお得に乗り換えたい方には、ビックローブ光がおすすめです。

auひかりからの乗り換えでも、最大48,000円の高額キャッシュバックをはじめ有益なオプションサービスを無料で利用できてお得です。

ビックローブ光ではau・UQモバイルユーザーのスマホセット割も使えるため、毎月の通信費をできるだけ安く抑えたい方にもぴったりでしょう。

ビックローブ光のキャッシュバックまとめ記事では、ビックローブ光のお得なキャンペーン情報を詳細にご紹介していますので、興味のある方はぜひ参考にしてみてください。

ビッグローブ光の評判・口コミはこちら

ビッグローブ光公式:https://join.biglobe.ne.jp/ftth/hikari/

\最大48,000円キャッシュバックがお得!/

ドコモ光:ドコモユーザーにおすすめ

 ドコモ光 GMOとくとくBB

月額料金【戸建て】5,720円~

【マンション】4,400円~

キャッシュバック

【GMOとくとくBB経由の場合】

【新規契約】38,000円

【他社違約金補填】+15,000円

【10ギガプラン】+13,000円

工事費19,800円(実質無料)
契約事務手数料3,300円
速度実測値上り:232.79Mbps

下り:277.84Mbps

おもなキャンペーン内容

【GMOとくとくBB経由の場合】

・【スマホセット割】スマホ月額料金最大1,100円永年割引

・v6プラス対応高性能Wi-Fiルーター無料レンタル

・モバイルWi-Fiルーター最大3ヶ月無料

・インターネット安心セキュリティサービス1年間無料

・訪問サポート無料

・新規工事費無料

・dポイント最大20,000ptプレゼント

提供エリア全国

ドコモユーザーの方がauひかりからの乗り換えを検討しているなら、ドコモ光がおすすめです。

ドコモ光のスマホセット割を適用することで、ドコモのスマホ料金から毎月最大税込1,100円も永年で割引してもらえます。

auひかりからの乗り換えであっても、GMOとくとくBBから申し込むことで最大66,000円もの高額キャッシュバックを受け取れるため、お得にドコモ光を始められるでしょう。

ドコモ光の評判まとめ記事にて、ドコモ光の実態やお得なキャンペーン情報などを詳細に解説していますので、あわせてチェックしてみてください。

ドコモ光のキャッシュバックはこちら

ドコモ光×GMOとくとくBB公式:https://gmobb.jp/lp/docomohikari_gentei/

\最大66,000円キャッシュバックがお得!/

ソフトバンク光:ソフトバンク・ワイモバイルユーザーにおすすめ

 ソフトバンク光 エヌズカンパニー

月額料金【戸建て】5,720円

【マンション】4,180円

キャッシュバック

【エヌズカンパニー経由の場合】

【1ギガ:新規契約】40,000円+新品Wi-Fi6ルーター

【1ギガ:転用・事業者変更】15,000円+新品Wi-Fi6ルーター

【10ギガ:新規契約】68,800円+新品Wi-Fi6ルーター

【10ギガ:転用・事業者変更】15,000円+新品Wi-Fi6ルーター

【他社違約金補填】最大100,000円

工事費26,400円(実質無料)
契約事務手数料3,300円
速度実測値上り:250.29Mbps

下り:325.38Mbps

おもなキャンペーン内容

【エヌズカンパニー経由の場合】

・【スマホセット割】スマホ月額料金最大1,188円永年割引

・工事費実質無料(分割工事費相当額を月額料金から値引き)

・開通前Wi-Fi機器無料レンタル

提供エリア全国

ソフトバンクもしくはワイモバイルユーザーの方なら、ソフトバンク光への乗り換えがおすすめです。

ソフトバンク・ワイモバイルユーザー限定のスマホセット割を適用できるため、モバイル料金を毎月最大税込1,188円も安く抑えられてお得です。

エヌズカンパニー経由で乗り換えれば、他社違約金補填として最大100,000円までキャッシュバックしてもらえるので、違約金負担の心配なく乗り換えられるでしょう。

ソフトバンク光のくわしい評判や実態については、ソフトバンク光の評判まとめ記事にてご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

ソフトバンク光のキャッシュバックはこちら

ソフトバンク光×エヌズカンパニー公式:https://ns-softbank-hikari.com/

\最大68,800円キャッシュバックがお得!/

NURO光:速度重視のソフトバンクユーザーにおすすめ

 NURO光 公式

月額料金【2ギガプラン】5,200円

【10ギガプラン】5,700円

キャッシュバック【新規契約】45,000円

【他社違約金補填】20,000円

【新規契約+オプション加入:ひかりTV for NURO】12,000円

【新規契約+オプション加入:NURO でんき】6,000円

【新規契約+オプション加入:NURO ガス】2,000円

【開通遅延補填】5,200円×最大3ヶ月分

工事費44,000円(実質無料)
契約事務手数料3,300円
速度実測値上り:496.07Mbps

下り:551.48Mbps

おもなキャンペーン内容・【スマホセット割】スマホ月額料金毎月最大1,100円永年割引

・開通月から最大3ヶ月間月額料金無料

・解約違約金無料

・工事費実質無料(分割工事費相当額を月額料金から値引き)

・設定サポート1回無料

・「NUROスマートライフ」最大3ヶ月無料

・開通前Wi-Fiルーター最大2ヶ月間無料レンタル

提供エリア東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・栃木・群馬・愛知・静岡・岐阜・三重・大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・広島・岡山・福岡・佐賀・北海道・福島・山形・宮城

※NURO光forマンションは、2024年10月のご利用分(11月ご請求)から、月額負担金が一律450円増額となります。

ソフトバンクユーザーの中でも回線速度にはこだわりたいという方には、NURO光への乗り換えがおすすめです。

NURO光は速度実測値が上り下りともに500Mbps前後と他社より高い傾向にあり、光回線は速度重視という方でも充分満足できるでしょう。

毎月最大税込1,100円のスマホセット割も適用できるため、ソフトバンクユーザーであれば毎月の通信料を安くできてお得といえます。

他社違約金補填をはじめとしたキャッシュバック特典も豊富ですので、NURO光ならお得にauひかりから乗り換えられるでしょう。

NURO光の詳細についてはNURO光の評判まとめ記事にて解説していますので、興味のある方はあわせてチェックしてみてください。

NURO光のキャッシュバックはこちら

NURO光 公式:https://www.nuro.jp/hikari/pr/

\45,000円のキャッシュバック!/

楽天ひかり:楽天モバイルユーザーにおすすめ

 楽天ひかり 公式

月額料金【戸建て】5,280円

【マンション】4,180円

キャッシュバックなし
工事費19,800円
契約事務手数料1,980円
速度実測値上り:214.21Mbps

下り:248.29Mbps

おもなキャンペーン内容・【スマホセット割】月額料金6ヶ月間無料
提供エリア全国

楽天モバイルをご利用中の方であれば、楽天ひかりへの乗り換えがもっともおすすめです。

楽天モバイルと楽天ひかりをセットで契約することで、楽天ひかりの月額料金が6ヶ月間も無料で使えてとてもお得といえます。

スマホセット割を適用すれば楽天ひかりの利用開始にともなう費用は初期費用(契約事務手数料+工事費)だけで済むため、年間最大税込41,580円も安くできて負担も少なく済むでしょう。

楽天ひかりの評判まとめ記事では、楽天ひかりの基本情報や実際の評判などについてくわしくご紹介していますので、気になる方は参考にしてみてください。

楽天ひかりのキャンペーンはこちら

楽天ひかり 公式:https://network.mobile.rakuten.co.jp/hikari/

\月額料金が6ヶ月間も無料!/

GMOとくとくBB光:格安スマホユーザーにおすすめ

 GMOとくとくBB光

月額料金【戸建て】4,928円

【マンション】3,883円

キャッシュバック最大117,000円(10ギガプランなら最大127,000円)
工事費26,400円(実質無料)
契約事務手数料3,300円
速度実測値上り:269.57Mbps

下り:294.13Mbps

おもなキャンペーン内容・工事費実質無料(分割工事費相当額を月額料金から値引き)

・解約違約金無料

・Wi-Fiルーター無料プレゼント

提供エリア全国

ahamoやpovoなどの格安スマホユーザーが、auひかりからの乗り換え先としておすすめなのがGMOとくとくBB光です。

格安スマホの場合、光回線のスマホセット割を適用できないケースがほとんどです。

しかし、GMOとくとくBB光なら月額料金が税込3,883円からと他社回線と比べて安いため、毎月の通信料を安く抑えたい方に最適です。

auひかりからの乗り換えであれば最大127,000円の高額キャッシュバックを受け取れるので、お得にGMOとくとくBB光を始められるでしょう。

くわしくはGMOとくとくBB光の評判まとめ記事にて解説していますので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

GMOとくとくBB光公式:https://gmobb.jp/lp/gmohikari_gentei/

\本サイト限定!最大127,000円キャッシュバック!!/

auひかりから乗り換える際に発生する費用

auひかりから他社光回線へ乗り換える際に発生する乗り換え費用については、以下の通りです。

  • 乗り換え先の初期費用
  • 工事費の残債
  • 撤去工事費
  • 解約違約金

光回線をお得に乗り換えるためには、乗り換えにどのくらいの費用がかかるのかをあらかじめ確認しておくことが大切です。

具体的に乗り換えにかかる費用について個別に解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

乗り換え先の初期費用

auひかりは独自回線であり光コラボ回線ではないため「転用」や「事業者変更」は適用されません。

乗り換え先の光回線には必ず新規で契約することになるので、初期費用が発生する点に注意が必要です。

光回線初期費用
工事費

(キャンペーン適用後)

契約事務手数料

(キャンペーン適用後)

合計

(キャンペーン適用後)

コミュファ光27,500円(無料)770円(無料)28,270円(無料)
ビッグローブ光19,800円(無料)3,300円(3,300円)23,100円(3,300円)
ドコモ光19,800円(無料)3,300円(3,300円)23,100円(3,300円)
ソフトバンク光26,400円(無料)3,300円(3,300円)29,700円(3,300円)
NURO光44,000円(無料)3,300円(3,300円)47,300円(3,300円)
楽天ひかり19,800円(19,800円)1,980円(1,980円)21,780円(21,780円)
GMOとくとくBB光26,400円(無料)3,300円(3,300円)29,700円(3,300円)

おすすめの乗り換え先光回線の初期費用を一覧でみると、およそ20,000円〜40,000円ほどの初期費用が必要なことがわかります。

しかし、ほとんどの光回線では初期費用が実質無料となるキャンペーンが実施されているため、乗り換えにかかる初期費用はぐっと安く抑えられるでしょう。

auひかりからお得に乗り換えたいなら、乗り換え先の他社回線で開催されている乗り換えキャンペーンを積極的に活用することをおすすめします。

工事費の残債

auひかりの開通工事費を分割払いしている方のなかには、他社回線への乗り換え時に支払いが残っているという方もいらっしゃるでしょう。

他社回線へ乗り換える際に工事費の残債がある場合は、残債を一括請求されてしまいます。

注意が必要なのは、工事費無料キャンペーンを利用している方でも工事費の残債が発生することがあるという点です。

auひかりの工事費無料キャンペーンは、分割工事費相当額を月額料金から値引きする「工事費実質無料」という形で提供されています。

工事費の残債を支払い終える前にauひかりから乗り換えた場合、その時点で残っている工事費に割引は適用されなくなるのです。

auひかりから他社回線への乗り換えを検討する際は、工事費の残債がどのくらいあるかを契約書類などで前もって確認しておくようにしましょう。

撤去工事費

auひかりから他社回線へ乗り換える際、auひかりを契約した日付によっては回線の撤去工事費が発生する場合があります。

回線の撤去工事要否と撤去工事費については、以下の通りとなります。

auひかり契約日撤去工事費撤去要否
2018年2月28日以前11,000円任意
2018年3月1日以降

2022年6月30日までの間

31,680円必須

(撤去不可の場合は設備維持費の支払いが必要)

2022年7月1日以降31,680円任意

2018年3月1日から2022年6月30日までの間にauひかりを契約した方は、税込31,680円の撤去工事が必要となりますので注意が必要です。

それ以外の期間にauひかりを契約した方については、回線の引き込み設備が残っても問題ない場合は撤去の必要がないので撤去工事費もかかりません。

いつauひかりに契約したかによって撤去工事費の有無が変わってくるため、他社回線へ乗り換える際にはauひかりの契約日についても確認しておきましょう。

auひかりの契約日については、契約書類もしくはMy auにて確認してみてください。

解約違約金

auひかりでは、契約更新月以外に解約すると解約違約金が発生します。

くわしい解約違約金の内訳については、下表の通りです。

適用条件対象プラン解約違約金
2022年7月1日以降に契約した場合戸建て:ギガ得プラン4,460円
戸建て:ずっとギガ得プラン4,730円
マンション:お得プランA2,290円
マンション:お得プラン2,730円
2022年6月30日以前に契約した場合戸建て:ギガ得プラン10,450円
戸建て:ずっとギガ得プラン16,500円
マンション:お得プランA7,700円
マンション:お得プラン10,450円

2022年7月1日以降、解約違約金が大幅に減額されたため、費用負担は戸建てなら4,000円台、マンションなら2,000円台の解約違約金で済むようになりました。

しかし、2022年6月30日以前に契約した場合は最大16,500円の解約違約金が発生してしまうので、乗り換え時の負担は大きいといえるでしょう。

なるべく解約違約金を支払いたくないという方は、auひかりの更新期間に乗り換えることをおすすめします。

auひかりの更新期間は契約期間の最終月を含む3ヶ月間となっているため、この期間に乗り換えることで解約違約金を支払わずにすみます。

ご自身の更新期間がいつか分からないという方は、My auなどで契約更新月を確認してみてください。

どうしても更新期間外に乗り換えたい場合は、解約違約金を補填してくれる他社回線を探しましょう。

auひかりから乗り換える際におすすめの光回線」では、解約違約金相当分のキャッシュバックをもらえる他社回線もご紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

auひかり×NNコミュニケーションズ公式:https://nn-com.co.jp/auhikari/

\最大72,000円キャッシュバックがお得!/

auひかりからお得に乗り換えたい時のポイント

auひかりから他社光回線にお得に乗り換えたい時のポイントについてご紹介していきましょう。

  • 契約更新月に解約をする
  • 乗り換えキャンペーンを実施している光回線を選ぶ

auひかりから乗り換える際に発生する費用をできるだけ減らす対策をとることが、auひかりからお得に乗り換えるポイントといえます。

根拠も添えてくわしく解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

契約更新月に解約をする

auひかりから他社回線に乗り換える際は、必ずauひかりを解約しなければなりません。

しかし、auひかりの契約日によっては最大税込16,500円の解約違約金が発生する場合もあります。

auひかりの解約違約金の支払いを回避したいなら、なるべくauひかりの契約更新月に解約することをおすすめします。

auひかりの契約更新月は契約期間の最終月とその翌月・翌々月の3ヶ月間あり、この期間に解約すれば解約違約金を支払う必要はありません。

auひかりから他社回線への乗り換えをご検討の際は、My auなどでご自身の契約更新月を確認のうえ解約手続きを行うようにしましょう。

なお、特段の事情があって契約更新月以外の期間にauひかりを解約せねばならない場合は、解約違約金を負担してくれる他社回線への乗り換えをおすすめします。

他社違約金補填キャンペーンを実施している光回線はたくさんありますので「auひかりから乗り換える際におすすめの光回線」などを参考に乗り換えを検討してみてください。

乗り換えキャンペーンを実施している光回線を選ぶ

auひかりから乗り換える際は、乗り換え先の光回線が乗り換えキャンペーンを実施しているかどうかを確認するようにしましょう。

他社回線からの乗り換えキャンペーンを利用することで、下表のような高額キャッシュバックをはじめとしたお得な特典を受け取れます。

光回線名乗り換えキャンペーン内容
コミュファ光・他社違約金・撤去工事費・接続機器残債全額キャッシュバック
ビッグローブ光・最大48,000円キャッシュバック または 月額料金1年間1,628円割引
ドコモ光
【GMOとくとくBB経由の場合】
・他社違約金15,000円キャッシュバック
ソフトバンク光
【エヌズカンパニー経由の場合】
・他社違約金・撤去工事費など最大100,000円までキャッシュバック

・月額料金最大1,100円×24ヵ月(工事費最大26,400円相当)割引

NURO光・他社違約金最大20,000円キャッシュバック

・NURO光契約解除料無料

・月額料金最大1,230円×36ヵ月(工事費最大44,000円相当)割引

GMOとくとくBB光・他社違約金・工事費残債など最大127,000円キャッシュバック

auひかりを解約するにあたってかかった費用にもとづいて、ご自身に合った乗り換えキャンペーンを選択することが大切です。

各光回線の基本情報やキャンペーンについては「auひかりから乗り換える際におすすめの光回線」でよりくわしくご紹介しています。

乗り換えキャンペーン以外にもお得な特典が豊富にありますので、最適な光回線選びの参考としてみてください。

auひかり×NNコミュニケーションズ公式:https://nn-com.co.jp/auhikari/

\最大72,000円キャッシュバックがお得!/

auひかりから乗り換える際の注意点・確認しておくべきこと

auひかりから他社光回線に乗り換える際に、注意しておくべき確認事項はいくつかあります。

  • スマホセット割が適用できる光回線を選ぶ
  • 光電話の番号を引き継げない
  • 撤去工事が必要な場合がある
  • 法改正前は解約違約金が高額
  • 解約月の支払いは日割り計算にならない

これらの注意点をしっかり抑えておくことで、安心してご希望の他社回線へ乗り換えられるでしょう。

ひとつずつ詳細に解説していきますので、確認漏れがないかどうか順にチェックしてみてください。

スマホセット割が適用できる光回線を選ぶ

auひかりから乗り換える際はスマホセット割が適用できる光回線を選ぶようにしましょう。

スマホセット割を適用することで、毎月の通信費を安く抑えられるためお得にインターネットを利用できます。

スマホセット割が適用できる光回線は、お持ちのスマホキャリアによって異なります。

auひかりから乗り換える際におすすめの光回線」にてお持ちのスマホ別におすすめの光回線をご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

光電話の番号を引き継げない

auひかりで利用していた光電話の番号は、他社回線へ乗り換えてしまうと原則として引き継ぎできません。

auひかりで発番した光電話の番号はauひかりでしか利用できないためです。

ただし、NTT契約時に発番した電話番号をauひかりでも引き継いで使用している場合は、他社回線へ乗り換えても引き続き利用できます。

NTTで発番した電話番号を引き続き利用したい場合は、auひかり解約前に他社回線を開通させておきましょう。

他社回線への乗り換え後に電話番号の継続手続きが完了したら、auひかり電話は自動的に解約されます。

くわしい手続き方法などは乗り換え先の他社回線の窓口にお問い合わせください。

撤去工事が必要な場合がある

auひかりでは、2018年3月1日から2022年6月30日までの間に契約した場合、解約時に撤去工事を行う必要があります。

撤去工事には最大税込31,680円の撤去工事費がかかるため、思わぬ出費とならないよう注意が必要です。

撤去工事費の支払いをなるべく避けたい場合は、乗り換え先の他社回線で行われているキャンペーンを利用するのがおすすめです。

他社回線の撤去工事費を負担してくれるキャンペーンを実施している光回線もあるため、お得に乗り換えられるでしょう。

auひかりから乗り換える際におすすめの光回線」の項にて撤去工事費の還元特典がある他社回線をぜひ探してみてください。

法改正前は解約違約金が高額

法改正後の2022年7月1日以降にauひかりを契約した場合、解約違約金は最大税込4,730円かかります。

しかし、法改正前の2022年6月30日以前に契約した場合、最大税込16,500円もの高額な解約違約金が必要となります。

他社回線への乗り換え前に、My auなどでご自身のauひかりの契約日を確認し、解約違約金がいくら発生するのかをチェックしておきましょう。

解約違約金の支払い負担を減らしたい方は、他社の解約違約金を補填するキャンペーンを実施している光回線への乗り換えをおすすめします。

auひかりから乗り換える際におすすめの光回線のなかには、他社違約金を全額負担してくれる光回線もありますので、auひかりからお得に乗り換えられるようぜひ検討してみてください。

解約月の支払いは日割り計算にならない

auひかりでは、解約月の支払いは原則として日割り計算にはなりません。

月途中に解約した場合でも一ヶ月分の月額料金が請求されるため、auひかりの解約日はなるべく月末に指定するとよいでしょう。

ただし、他社回線の利用開始日が月初からずれてしまう可能性もあるので、インターネットを利用できない期間が発生する場合に備えることが大切です。

光回線のなかには乗り換えキャンペーンの一環として、開通前にWi-Fiルーターを無料レンタルできるサービスを実施しているところもあります。

auひかりから乗り換える際におすすめの光回線」の項を参考に、お得かつ快適にauひかりから乗り換えられる他社回線をぜひ見つけてみてください。
auひかり×NNコミュニケーションズ公式:https://nn-com.co.jp/auhikari/

\最大72,000円キャッシュバックがお得!/

auひかりの移転(引越し)に関する詳細

現在の住まいから新しい住居へ移転または引越しを検討されている方のなかには、引き続きauひかりの利用を希望される方もいらっしゃるでしょう。

移転(引越し)後もauひかりを継続して利用する場合は、契約しているプロバイダの手順にもとづいて手続きを行う必要があります。

基本的な移転(引越し)の手続きの流れは、以下の通りとなります。

①契約しているプロバイダ窓口より移転(引越し)の申し込みを行う

②移転(引越し)先の開通工事日を決定する

③契約関連書類と必要な接続機器を受け取る

④移転(引越し)先の開通工事を実施する

⑤回線と接続機器を繋いで初期設定を完了させる

以上を経て、移転(引越し)先でも継続してauひかりを利用できるようになります。

引越しの手続きに関する留意点については、auひかり公式サイトに詳細を解説している動画がありますので、不明点がある方は参考にしてみてください。

なお、移転(引越し)の手続きには約1〜2ヶ月ほどの時間がかかるだけでなく、移転(引越し)にかかる諸経費が別途必要となります。

契約先住居必要経費
移転(引越し)元・初期費用(工事費含む)残債

・回線撤去工事費

・契約解除料

移転(引越し)先・開通工事費

・契約事務手数料

このうち、移転元にかかる初期費用の残債などは、auひかりや各プロバイダの引越し特典を利用することで無料にできます。

しかし、移転(引越し)先でかかる開通工事費や契約事務手数料は新たに支払わなければならないため、金銭的負担がかかるでしょう。

移転(引越し)にともなう経費をなるべく安く抑えたい方には、auひかりの継続ではなく他社回線への乗り換えをおすすめします。

他社回線への乗り換えであれば、乗り換えキャンペーンなどで移転にかかる諸経費を補填できるため、お得に移転(引越し)を行えるでしょう。

auひかりから乗り換える際におすすめの光回線」にてご自身にぴったりの乗り換えキャンペーンを実施している他社回線をぜひ探してみてください。

auひかりで移転(引越し)する場合工事費は発生する?

auひかりで移転または引越しを行う際は、移転先であらたに開通工事を行わなければならないため工事費が発生します。

プラン開通工事費
戸建て41,250円
マンション33,000円

少しでも費用負担なく移転または引越しを実施したい場合は、契約しているプロバイダの独自キャンペーンを利用するとよいでしょう。

以下に、auひかりのおすすめプロバイダで行われているおもなキャンペーン内容をまとめました。

プロバイダ移転(引越し)にともなうキャンペーン内容
au one net・10,000円キャッシュバック

・回線撤去費無料 など

@nifty・最大6,000円キャッシュバック

・回線撤去費用31,680円減免 など

@T COM・3,000円キャッシュバック など
BIGLOBE・回線撤去費無料

・工事費残債を月額料金から値引き など

So-net・工事費残債相当額分のキャッシュバック

・回線撤去費無料 など

プロバイダによっては工事費を無料にしてくれるお得なキャンペーンも実施されていますので、ご自身が契約しているプロバイダの特典をチェックしてみてください。

auひかりで移転(引越し)する場合のお問い合わせ先は?

auひかりで移転もしくは引越しを行う場合、お問い合わせ先は契約しているプロバイダによって異なります

契約中のプロバイダがau one netの場合は、公式サイトの「お引っ越し情報入力フォーム」へ必要事項を入力のうえKDDIへ連絡してください。

契約中のプロバイダがau one net以外の場合は、各プロバイダの会員サポートページより必要な手続きを行いましょう。

auひかりで移転(引越し)する場合は工事不要?

auひかりで移転または引越しを行うにあたっては、原則として移転先で開通工事を行わなければなりません。

実際に工事が完了するまで2〜4週間程度かかるため、移転先で急いでインターネットを使いたいという方には、WiMAXをはじめとした工事不要のポケット型Wi-Fiサービスの利用をおすすめします。

おすすめWiMAX紹介記事では、WiMAXのサービス情報をくわしく解説していますので、気になる方はぜひ参考にしてみてください。
auひかり×NNコミュニケーションズ公式:https://nn-com.co.jp/auhikari/

\最大72,000円キャッシュバックがお得!/

auひかりから乗り換える手順

auひかりをご利用中の方が他社光回線へ乗り換える場合の手順についてご紹介していきましょう。

Step1:乗り換え先の他社回線へ新規申込を行う

Step2:乗り換え先の他社回線の開通工事日を決める

Step3:auひかりを解約する

Step4:乗り換え先の他社回線の開通工事を実施する

上記の流れについて、各Step別にくわしく解説していきます。

なお、auひかりは光コラボ回線ではないため「転用」や「事業者変更」といった制度は利用できません。

他社回線へ乗り換える際は、必ずauひかりを解約することになりますので注意してください。

またauひかりから他社回線に乗り換える際は、工事費の残債撤去工事費解約違約金など解約にかかる経費についてしっかり確認しておきましょう。

乗り換え先の他社回線によっては、乗り換えキャンペーンでこれらの解約にかかる負担金を補填してくれるところもあります。

くわしくは「auひかりから乗り換える際におすすめの光回線」にてキャンペーン内容を確認してみてください。

Step1:乗り換え先の他社回線へ新規申込を行う

auひかりから乗り換える際におすすめの光回線」を参考にして、auひかりから乗り換えたい他社回線を選びましょう。

乗り換えキャンペーンが充実している他社回線であれば、お得にauひかりから乗り換えられるのでおすすめです。

ご希望の他社回線が決まったら、その他社回線の専用窓口にて新規申込を済ませてください。

折り返し担当者より連絡がきますので、申込内容を確認し、問題なければ申し込みは完了となります。

Step2:乗り換え先の他社回線の開通工事日を決める

他社回線への新規申込完了後、開通工事日の調整連絡がきますので、問題がないか確認します。

開通工事は原則として立会いが必要となりますので、時間に余裕がもてる日を選ぶようにしましょう。

申込後に契約関連書類と必要な接続機器がご自宅に届きますので、開通工事が完了するまで保管しておきましょう。

Step3:auひかりを解約する

他社回線の開通工事日が決まったら、auひかりの解約手続きを行いましょう。

auひかりからお得に乗り換えたい時のポイント」を参考に、契約しているプロバイダの窓口から解約を申し込みます。

auひかりのおもなプロバイダの解約申込窓口は、以下の通りですので参考にしてみてください。

auひかりのプロバイダ解約申込窓口
au one netKDDIお客様センター:0077-7068 または 0120-22-0077

受付時間:9時~18時(年中無休)

@nifty0570-03-2210

受付時間:10時~17時(日祝・年末年始を除く)

@T COM0120-805633

受付時間:10時~19時(平日)10時~18時(土日祝)

ASAHIネット0120-577-108 または 会員専用ページ

受付時間:10時~17時(平日土日祝)

BIGLOBE0120-86-0962 または 03-6385-0962

受付時間:9時~18時(年中無休)

DTI0570-004740 または 会員専用ページ

受付時間:10時~17時(平日)

So-net会員専用ページより以下選択

・他社回線未開通:0120-20-0702

・他社回線開通済:専用チャット

受付時間:9時~18時(1/1・1/2を除いて年中無休)

GMOとくとくBB0570-045-109

受付時間:10時~19時(平日)

解約手続きが完了したら、auひかりからレンタルしている機器を返却しましょう。

KDDIから機器返却用の着払い伝票が届きますので、伝票に記載の返却物を確認し適切に梱包のうえ着払い伝票を貼って返送してください。

レンタル機器を返却しないでいると違約金を支払わねばならなくなるため、返却し忘れないよう注意しましょう。

Step4:乗り換え先の他社回線の開通工事を実施する

事前に決めておいた日に、他社回線の開通工事を実施します。

開通工事が完了したら、事前に受け取っておいた接続機器を回線と繋いで初期設定を行いましょう。

初期設定が完了したら、無事に他社回線の利用開始となります。

なお、他社回線の乗り換えキャンペーン特典を利用したい方は、他社回線開通後に特典の申込手続きを行いましょう

他社回線乗り換えキャンペーンの詳細な手続き方法については、各回線の専用窓口にてご確認ください。
auひかり×NNコミュニケーションズ公式:https://nn-com.co.jp/auhikari/

\最大72,000円キャッシュバックがお得!/

auひかりの乗り換えに関するよくある質問

auひかりの乗り換えに関するよくある質問について、以下にまとめてみました。

  • auひかりへの乗り換えはお得?
  • auひかりで移転(引越し)する場合は乗り換えと継続どっちがお得?
  • auひかりに乗り換える際に工事は必須?
  • auひかりはプロバイダの乗り換えは可能?
  • auひかりからソフトバンク光への乗り換えはどんな人におすすめ?
  • auひかりの乗り換えキャンペーンはお得?
  • auひかりへの乗り換えでキャッシュバックはもらえる?

似たような疑問をお持ちの方のために分かりやすく回答していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

auひかりへの乗り換えはお得?

auひかりへの乗り換えについて、以下にあてはまる方はお得といえるでしょう。

  • au・UQモバイルユーザー
  • 通信速度を重視する人
  • 更新月以外でお得に乗り換えたい人

au・UQモバイルユーザーであれば、スマホセット割が適用できるため毎月の通信費を安くできます。

また、auひかりは独自回線のため速度実測値が他社と比較しても早い傾向にあり、通信速度を重視している方にもおすすめです。

更新月以外に乗り換えが必要な方でも、auひかり乗り換えスタートサポートを利用することで最大30,000円のキャッシュバックがもらえるため、解約違約金の負担を少なくできるでしょう。

詳細は「auひかりに乗り換えた方がいい人の特徴」の項でも解説していますので、あわせて確認してみてください。

auひかりで移転(引越し)する場合は乗り換えと継続どっちがお得?

auひかりを契約中に移転(引越し)する場合、auひかりを継続するよりも他社回線へ乗り換えた方がお得といえます。

移転先でもauひかりを継続する場合、移転手続きを行えば解約金は発生しませんが、移転先の開通工事費や契約手数料は別途必要となります。

auひかりの移転(引越し)に関する詳細」では移転(引越し)にかかる諸経費の内訳をご紹介していますのであわせて確認してみてください。

一方、他社回線への乗り換えであれば工事費無料・他社違約金還元などの乗り換えキャンペーンを利用することで、乗り換えにかかる金銭的負担をぐっと減らせます。

なるべく安くお得に移転(引越し)したい方は、auひかりの継続ではなく他社回線への乗り換えを検討してみましょう。

auひかりから乗り換える際におすすめの光回線」にてご自身に合った最適な他社回線をぜひ探してみてください。

auひかりに乗り換える際に工事は必須?

auひかりは独自回線なので、乗り換える際には開通工事が必須となります。

実際にauひかりの利用を開始できるのは、申し込みからおよそ1〜2ヶ月の期間が必要となるでしょう。

急いで光回線を利用したいという方は、開通工事不要のポケット型Wi-Fiサービスの導入を検討することをおすすめします。

なかでも、WiMAXなら申し込みから最短翌日に発送してくれるため、すぐにインターネットを使いたい方にもぴったりです。

WiMAXに興味のある方は、おすすめWiMAXプロバイダ紹介記事でWiMAXについての情報をくわしくご紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

auひかり×NNコミュニケーションズ公式:https://nn-com.co.jp/auhikari/

\最大72,000円キャッシュバックがお得!/

auひかりはプロバイダの乗り換えは可能?

auひかりでは、契約期間中にプロバイダだけを乗り換えることはできません。

どうしてもプロバイダを変更したい場合は、一度auひかりを解約し再契約する必要があるため手間がかかります。

希望するプロバイダがある場合は、思い切ってauひかりから他社回線への乗り換えを検討してみてもよいでしょう。

他社回線への乗り換えには「auひかりから乗り換える際におすすめの光回線」でご紹介している光回線がおすすめですので、ぜひ参考にしてみてください。

auひかりからソフトバンク光への乗り換えはどんな人におすすめ?

auひかりからソフトバンク光への乗り換えは、ソフトバンク・ワイモバイルユーザーの方におすすめです。

ソフトバンク光では、ソフトバンク・ワイモバイルユーザー限定のスマホセット割キャンペーンが実施されています。

スマホセット割を適用することで、毎月最大税込1,188円もスマホ料金を安くできるため、毎月の通信費を抑えられてお得といえます。

詳細は「ソフトバンク光:ソフトバンク・ワイモバイルユーザーにおすすめ」の項でご紹介していますので、興味のある方はあわせてチェックしてみてください。

auひかりの乗り換えキャンペーンはお得?

auひかりの乗り換えキャンペーンは、高額キャッシュバックをはじめ様々な特典がもらえるためお得です。

NNコミュニケーションズ経由でauひかりの乗り換えスタートサポートを利用すれば、他社違約金補填として最大55,000円を負担してもらえます。

契約更新月以外に他社回線を解約しなければならない方でも、解約違約金の心配なくauひかりへ乗り換えられるため大きなメリットといえるでしょう。

auひかりへの乗り換えはお得?メリットを紹介」にて、auひかりへの乗り換えで得られるメリットについて解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

auひかりへの乗り換えでキャッシュバックはもらえる?

auひかりへ乗り換えることで、合計最大72,000円もの高額なキャッシュバックを受け取れます。

auひかり乗り換えスタートサポートキャンペーンを適用することで最大30,000円、さらにNNコミュニケーションズの窓口から申し込むことで72,000円の追加キャッシュバックをもらえます。

乗り換え時に他社違約金が発生している方なら、費用負担なくお得にauひかりへ乗り換えられるためお得といえるでしょう。

auひかりへの乗り換えでもらえるキャッシュバックについては「乗り換えキャンペーンで他社違約金を相殺できる」「高額なキャッシュバックがもらえる」の項もあわせてチェックしてみてください。
auひかり×NNコミュニケーションズ公式:https://nn-com.co.jp/auhikari/

\最大72,000円キャッシュバックがお得!/

auひかりの乗り換えまとめ

auひかりへの乗り換えは、au・UQモバイルユーザーや回線速度重視の方などにおすすめとご紹介してきました。

auひかりに乗り換えた方がいい人の特徴にあてはまる方は、ぜひauひかりの乗り換えキャンペーンを使ってお得に乗り換えてみてください。

auひかりの代理店であるNNコミュニケーションズから申し込めば、最大72,000円のキャッシュバック特典をもらえるのでおすすめです。

また、auひかりを利用している方のうち移転や引越し予定のある方は、auひかりを継続するよりも他社回線へ乗り換える方がお得です。

移転や引越し先でもauひかりを継続しようとすると初期費用の負担が大きいため、高額キャッシュバックなどの特典が豊富な他社回線への乗り換えがおすすめといえます。

auひかりからの乗り換えで他社回線を選ぶ際は、お手持ちのスマホキャリアに合わせて回線を選ぶとよいでしょう。

多くの光回線ではスマホセット割を実施しているため、他社回線へ乗り換えた後もずっとお得にインターネットを使えます。

auひかりからの乗り換えにおすすめの光回線一覧表などを参考にして、ぜひご自身にぴったりの光回線を探してみてください。

auひかり×NNコミュニケーションズ公式:https://nn-com.co.jp/auhikari/

\最大72,000円キャッシュバックがお得!/

この記事を書いた人
福田ありさ

福田ありさ

ぴかまろ編集・ライティング担当。光回線の販売経験を活かして、インターネットサービスのあれこれをわかりやすくお伝えできるように日々奮闘しています。家でも光回線やスマホサービスを色々試しており、ユーザー目線でリアルな情報を発信できたらと思っています!よろしくお願いします。

NEWS PICKSはこちら