ドコモ光 申し込み どこで

ドコモ光は代理店から申し込むのがおすすめです。

代理店からドコモ光を申し込むとドコモ光の公式特典に加えて代理店独自のキャッシュバックやキャンペーン特典が受け取れます。

たとえばドコモショップでは店舗ごとに実施しているキャンペーンが異なるだけでなく、キャッシュバックがあっても代理店窓口よりはキャッシュバック金額が少ないです。

ドコモ光の代理店のうち、もっともおすすめの申し込み窓口はGMOとくとくBBです。

GMOとくとくBBなら複雑な条件なしで最大66,000円の高額キャッシュバックを受け取れるので、お得にドコモ光を始められます。

本記事ではGMOとくとくBBをはじめとした各窓口を項目別に比較し、おすすめの申し込み窓口の選び方や申し込み方法についてご紹介していきます。

ドコモ光の利用を検討している方はぜひ参考にしてみてください。
【ドコモ光のおすすめ申し込み窓口比較表】

代理店名おすすめポイント公式サイト
GMOとくとくBB
GMOとくとくBB
  • 最大66,000円の高額キャッシュバックがもらえる
  • 独自キャンペーンが豊富
  • v6プラス対応で通信速度が他社と比較して速い
GMOとくとくBB公式サイト
NNコミュニケーションズ
NNコミュニケーションズ
  • 最大40,000円のキャッシュバックが申請不要・最短翌月末にもらえる
NNコミュニケーションズ公式サイト
@nifty
ドコモ光 nifty
  • 最大35,000円のキャッシュバックがもらえる
  • 各種オプションサービスの期間限定無料特典が豊富
@nifty公式サイト
OCN インターネット
OCNインターネット
  • 新規 最大55,000円(10ギガ)のキャッシュバックがもらえる

  • NTTドコモが運営し、OCNはプロバイダ実績25年以上

  • 世界でも限られた事業者が運営する「Tire1IP(バックボーン接続で高品質なインターネット回線が強み)

OCN インターネット公式サイト

※料金はすべて税込表記

ドコモ光×GMOとくとくBB:https://gmobb.jp/service/docomohikari/

\当サイト限定!最大66,000円キャッシュバック!/

>ドコモ光の評判・口コミはこちら
>ドコモ光のキャッシュバックはこちら

>ドコモ光の料金についてはこちら

>ドコモ光のおすすめプロバイダはこちら

>ドコモ光のおすすめ代理店はこちら

目次

ドコモ光のキャンペーンはどこで申し込みすると最もお得?一覧比較表

ドコモ光 申し込み どこで キャンペーン

窓口プロバイダキャッシュバックキャンペーン特典
GMOとくとくBBタイプA
  • 1ギガ申込:38,000円
  • 10ギガ申込:13,000円
  • 他社解約違約金補助:15,000円
  • 新規工事費無料
  • v6プラス対応高性能Wi-Fiルーターを無料レンタル
  • モバイルWi-Fiルーターが最大3ヶ月間無料レンタル
  • 訪問サポート初回無料
  • セキュリティオプションが1年間無料
  • 1ギガ:dポイント(期間・用途限定) 2,000ptプレゼント
  • 10ギガ:dポイント(期間・用途限定) 17,000ptプレゼント
NNコミュニケーションズ-最大40,000円
  • 新規工事費無料
  • 1ギガ:dポイント(期間・用途限定) 2,000ptプレゼント
  • 10ギガ:dポイント(期間・用途限定) 17,000ptプレゼント
BIGLOBEタイプAなし
  • Wi-Fiルーターを無料レンタル
  • セキュリティオプションが1年間無料
  • 訪問サポート初回無料
  • 新規工事費無料
  • 1ギガ:dポイント(期間・用途限定) 2,000ptプレゼント
  • 10ギガ:dポイント(期間・用途限定) 17,000ptプレゼント
オンラインコンシェルジュ-
  • 1ギガ申込:65,000円
  • 10ギガ申込:最大20,000円
  • 他社解約違約金補助:15,000円
  • 新規工事費無料
  • v6プラス対応高性能Wi-Fiルーターを無料レンタル
  • 1ギガ:dポイント(期間・用途限定) 2,000ptプレゼント
  • 10ギガ:dポイント(期間・用途限定) 17,000ptプレゼント
wiz-
  • 新規・引越し:20,000円
  • 映像サービス加入:最大2,000円
  • 新規工事費無料
  • ポケットWi-Fi無料レンタル
  • 1ギガ:dポイント(期間・用途限定) 2,000ptプレゼント
  • 10ギガ:dポイント(期間・用途限定) 17,000ptプレゼント
ディーナビ-
  • 1ギガ申込:45,000円
  • 10ギガ申込:最大20,000円
  • 他社解約違約金補助:30,000円
  • Wi-Fiルーター無料レンタル
  • セキュリティサービス永年無料
  • 訪問サポート無料
  • 新規工事費無料
  • dポイント(期間・用途限定) 2,000ptプレゼント
ネットナビ-20,000円
  • 新規工事費無料
  • dポイント(期間・用途限定) 2,000ptプレゼント
@niftyタイプA
  • 1ギガ:20,000円
  • 10ギガ:35,000円
  • 新規工事費無料
  • 1ギガ:dポイント(期間・用途限定) 2,000ptプレゼント
  • 10ギガ:dポイント(期間・用途限定) 17,000ptプレゼント
  • セキュリティサービスが最大1年間無料
  • リモートサポート・訪問サポート初回無料
OCN インターネットタイプA
  • 1ギガ(新規・事業者変更):37,000円
  • 1ギガ(転用):32,000円
  • 10ギガ(新規・事業者変更):55,000円
  • 10ギガ(転用):37,000円
  • 10ギガ(事業者変更):42,000円
  • 高性能Wi-Fi 6対応ルーター無料レンタル(1ギガ契約者向け)

  • 新規工事費無料
  • 1ギガ:dポイント(期間・用途限定) 2,000ptプレゼント
  • 10ギガ:dポイント(期間・用途限定) 17,000ptプレゼント
  • セキュリティサービスが最大1年間無料
  • 訪問サポート初回無料

※料金はすべて税込表記

ドコモ光を申し込める窓口とキャンペーン内容の一覧を上表にてまとめました。

もっともお得なドコモ光の申し込み窓口はGMOとくとくBBです。

GMOとくとくBBでは最大66,000円の高額キャッシュバックを複雑な条件なしで受け取れます。

GMOとくとくBBならWi-Fiルーターの無料レンタルや有料オプションの無料特典などキャンペーンの数も豊富なのでドコモ光を安く利用できてお得です。

またGMOとくとくBBはドコモ光のタイプAプロバイダで、他社プロバイダに比べると実測値が300Mbps前後と速いです。

次世代技術のv6プラスに対応しており安定して快適な通信ができるので、GMOとくとくBBは通信速度を重視する方にもおすすめです。

ドコモ光のキャッシュバック窓口比較記事ではドコモ光でお得なキャッシュバックをもらえる窓口をご紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。

>ドコモ光のおすすめプロバイダはこちら

>ドコモ光のプロバイダ変更方法はこちら

ドコモ光×GMOとくとくBB:https://gmobb.jp/service/docomohikari/

\当サイト限定!最大66,000円キャッシュバック!/

公式のドコモショップのキャンペーンはお得?

公式のドコモショップのキャンペーンはあまりお得とはいえません。

ドコモショップのキャンペーンは地域によって内容が異なるものの、特典のほとんどはdポイントの進呈です。

代理店によくある現金のキャッシュバックや有料オプションの無料特典などはないため、ドコモショップでドコモ光を申し込むのは避けることをおすすめします。

ヤマダ電機をはじめとした家電量販店のキャンペーンはお得?

ヤマダ電機をはじめとしたドコモ光の家電量販店のキャンペーンは、特典をもらえる条件が厳しいことが多いためあまりおすすめできません。

家電量販店でドコモ光を契約すると家電製品の割引やキャッシュバックがもらえることがありますが、ほとんどは数万円以上の家電を同時購入する必要があります。

家電製品が欲しい方にとってはお得ですが、ドコモ光を申し込みたいだけなら家電量販店以外の窓口から申し込んだ方がお得です。

>ドコモ光のキャッシュバックはこちら

Webからの申し込みなら「GMOとくとくBB」がおすすめ

Webからドコモ光を申し込むならGMOとくとくBBがおすすめです。

GMOとくとくBBはドコモ光のプロバイダでもあり、月額料金が安いタイプAのプロバイダです。

次世代技術のv6プラスに対応しているため高速通信が可能で、高性能なWi-Fiルーターを無料でレンタルできます。

またGMOとくとくBB公式サイトからドコモ光を申し込むことで最大66,000円の高額キャッシュバックをはじめお得なキャンペーンを利用できます。

【GMOとくとくBBのドコモ光キャンペーン一覧】

  • 1ギガ申し込みで38,000円キャッシュバック
  • 10ギガ申し込みで13,000円キャッシュバック
  • 他社からの乗り換えで15,000円キャッシュバック
  • 新規工事費無料
  • v6プラス対応高性能Wi-Fiルーターを無料レンタル
  • モバイルWi-Fiルーターが最大3ヶ月間無料レンタル
  • 訪問サポート初回無料
  • セキュリティオプションが1年間無料

キャッシュバック以外にも適用できるキャンペーン数が多いため、GMOとくとくBBならお得にドコモ光を始められます。

ただしキャッシュバックの受け取りは開通から最短5ヵ月後とやや時間がかかるので、受け取り忘れのないように注意してください。

あらかじめアプリのアラート機能などを使ってリマインド設定をかけておくとキャッシュバックの受け取りを忘れずに済むのでおすすめです。

ドコモ光×GMOとくとくBBのキャッシュバック適用条件

ドコモ光×GMOとくとくBBのキャッシュバック適用条件
ドコモ光1ギガに申し込み38,000円キャッシュバック
ドコモ光10ギガに申し込み13,000円キャッシュバック
他社回線から乗り換えで申し込み(転用可能な回線からの乗り換えを除く)15,000円キャッシュバック

※料金はすべて税込表記

GMOとくとくBB公式サイトを窓口として申し込むだけでドコモ光の1ギガなら38,000円、10ギガなら13,000円のキャッシュバックがもらえます。

他社回線からドコモ光へ乗り換える場合はさらに15,000円キャッシュバックを増額できるので、最大で66,000円の高額キャッシュバックを受け取れてお得です。

GMOとくとくBBのキャッシュバックには有料オプション加入などの条件がないため、申し込むだけで誰でも受け取れます。

ただし15,000円の増額キャッシュバックは転用・事業者変更での乗り換えの場合には適用されないので注意してください。

ドコモ光×GMOとくとくBBのキャッシュバック受け取り時期

GMOとくとくBB経由でもらえるドコモ光のキャッシュバックいずれも利用開始から5ヶ月後の末日に受け取れます。

ドコモ光を申し込んでから5ヵ月後にキャッシュバックをもらえるので、すぐにキャッシュバックが欲しいという方は注意してください。

ドコモ光×GMOとくとくBBのキャッシュバック受け取り方

ドコモ光×GMOとくとくBBのキャッシュバック受け取り方法
38,000円・13,000円キャッシュバック
  1. GMOとくとくBB公式特設窓口からドコモ光を申し込む
  2. 開通から4ヶ月目に送られてくる案内メールを受信し振込先口座を登録する
  3. 振込先口座登録の翌月末日にキャッシュバックが振り込まれる
15,000円キャッシュバック
  1. GMOとくとくBB公式特設窓口から他社からの乗り換えで申し込む
  2. 開通から3ヶ月目までに他社回線を解約し解約違約金明細を提出する
  3. 開通から4ヶ月目に送られてくる案内メールを受信し振込先口座を登録する
  4. 振込先口座登録の翌月末日にキャッシュバックが振り込まれる

※料金はすべて税込表記

ドコモ光×GMOとくとくBBのキャッシュバックはいずれも開通から4ヶ月目にキャッシュバック申請案内メールがGMOのメールアドレスに届きます。

GMOのメールアドレスを普段使いしていない場合はよく使うメールボックスへ転送設定しておくとメールを受け取りそびれないのでおすすめです。

キャッシュバック申請案内メールにしたがって振込先口座を登録したら、登録の翌月末日にキャッシュバックが振り込まれます。

他社からの乗り換えでもらえる15,000円のキャッシュバックは他社回線の解約証明書類を開通から3ヶ月以内に提出する必要があるので注意してください。

電話で申し込みをする際はキャンペーンが適用できない可能性もある

GMOとくとくBBを窓口としてドコモ光を申し込む際、Web上からではなく電話から申し込むとキャンペーンを適用できない可能性があります。

38,000円・13,000円・15,000円キャッシュバックGMOとくとくBB公式サイトからの申し込みが必要
モバイルWi-Fiルーター最大3ヶ月間無料レンタルGMOとくとくBB公式サイトからの申し込みが必要
訪問サポート初回無料別途申し込みが必要
セキュリティオプション1年間無料別途申し込みが必要

※料金はすべて税込表記

キャッシュバックやモバイルWi-Fiルーターの無料レンタル特典はGMOとくとくBB公式サイトからの申し込みでないと適用されません。

また訪問サポート無料特典やセキュリティオプションの無料特典は別途申し込みをしないと受け取れないので注意してください。

ドコモ光×GMOとくとくBB:https://gmobb.jp/service/docomohikari/

\当サイト限定!最大66,000円キャッシュバック!/

ドコモ光の料金はどこで申し込みすると最もお得?ポイントを解説

ドコモ光 申し込み どこで 料金

ドコモ光をお得に利用するために最適な窓口を見つけるポイントは以下の通りです。

  • タイプAプロバイダを選ぶ
  • 実質月額料金の安い申し込み窓口を選ぶ
  • キャンペーンの数を見てお得さを判断する

これらのポイントを押さえておくことでドコモ光の料金を安くできるので安い光回線を使いたいという方はぜひ参考にしてみてください。

【結論】最安で申し込みたいなら「GMOとくとくBB」がおすすめ

結論からいうと最安でドコモ光を申し込みたいならGMOとくとくBBがおすすめです。

GMOとくとくBBはドコモ光のプロバイダでもあり、月額料金がもっとも安いタイプAプロバイダです。

最大66,000円の高額キャッシュバックを適用することで実質月額料金を安くできるので、GMOとくとくBBは安い光回線を使いたい方に最適です。

またGMOとくとくBBはドコモ光公式サイトなどに比べてキャンペーンの数も多く、ドコモ光公式キャンペーンとも併用できるためお得にドコモ光を使えます。

まずタイプAプロバイダを選ぶ

ドコモ光を安く使いたいならプロバイダはタイプAのプロバイダを選んでみてください。

ドコモ光ではタイプAとタイプBの2種類のプロバイダから好きな方を選べます。

タイプAプロバイダはタイプBに比べて月額料金が税込220円も安く、年間にすると税込2,640円もお得にドコモ光を利用できます。

とくにプロバイダにこだわりがないなら、GMOとくとくBBのようなタイプAのプロバイダを選ぶことをおすすめします。

>ドコモ光は高い?についてはこちら

実質月額料金の安い申し込み窓口を選ぶ

キャッシュバックなどのお得なキャンペーンで実質月額料金が安くなる申し込み窓口を選べばドコモ光を安く使えます。

GMOとくとくBB経由でドコモ光を申し込んだ場合の料金
月額料金1ギガ:5,720円

10ギガ:6,380円

実質月額料金1ギガ:4,108円

10ギガ:4,324円

※料金はすべて税込表記
※戸建ての場合
※実質月額料金=キャッシュバック金額を満額受け取った場合

たとえばGMOとくとくBBからドコモ光を申し込んだ場合、最大66,000円もの高額キャッシュバックをもらえるためドコモ光の実質月額料金を約2,000円も安くできてお得です。

キャンペーンの数を見てお得さを判断する

ドコモ光を申し込む際はキャンペーンの数を見てどの窓口がお得かを判断することをおすすめします。

ドコモ光の公式サイトやドコモショップ、家電量販店などと比べると、代理店が実施するキャンペーンの方が特典の数が豊富です。

さらに代理店独自のキャンペーンとドコモ光公式キャンペーンを併用できる窓口から申し込めばよりお得にドコモ光を利用できます。

なかでもGMOとくとくBBは高額キャッシュバック以外に訪問サポートやセキュリティオプションの無料特典も利用できるので、安くドコモ光を使えてお得です。

>ドコモ光のキャンペーンはこちら

【注意】ドコモ光はドコモのスマホと合わせるとどの光回線よりもお得になる

ドコモ光はドコモ・eximo・irumoユーザーを対象としたスマホセット割を利用できるので、ドコモのスマホと合わせるとどの光回線よりもお得になります。

ドコモ光のスマホセット割では毎月のスマホ料金から最大1,100円も永年割引できるので、ドコモ・eximo・irumoユーザーなら通信費を節約できておすすめです。

スマホセット割は家族全員に適用できるので、たとえば4人家族がドコモ光のスマホセット割を利用する場合は年間で最大52,800円も安くインターネットを使えます。

ドコモ光×GMOとくとくBB:https://gmobb.jp/service/docomohikari/

\当サイト限定!最大66,000円キャッシュバック!/

ドコモ光の速度はどこで申し込みすると速くなる?おすすめ窓口を紹介

ドコモ光 申し込み どこで 速度

通信速度が速くなるドコモ光の申し込み窓口ならGMOとくとくBBがおすすめです。

GMOとくとくBBをおすすめする理由としては以下の4点があげられます。

  • プロバイダ自体の評価が高い
  • お客様満足度が高い
  • 通信品質の改善に常に力を入れている
  • Web上で確認できる実測値が速い

次項にてGMOとくとくBBのおすすめ理由を具体的に解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

プロバイダ自体の評価が高い

GMOとくとくBBは大手プロバイダ事業者で、オリコン顧客満足度調査で2年連続1位を獲得した実績をもつプロバイダです。

ドコモ光auひかりなど多くの光回線にプロバイダサービスを提供しており、高速通信可能な次世代技術のv6プラスに対応しています。

通信品質やサービス品質の良さで評価が高いプロバイダなので、GMOとくとくBBならプロバイダに信頼性を求める方でも安心して選べます。

お客様満足度が高い

GMOとくとくBBはお客様満足度96.8%と高い評価を得ています。

電話対応や訪問サポートオプションの無料特典など充実したサポート体制があるため、GMOとくとくBBならインターネット初心者の方でも安心して利用できます。

通信品質の改善に常に力を入れている

GMOとくとくBBは通信品質の改善に常に力を入れているのが特長です。

速度遅延の原因を解消できる次世代の通信技術であるv6プラスを採用しており、混雑する時間帯でも快適に通信しやすい環境を整えています。

他社と比較しても実測値が速いため通信速度にお悩みの方ならGMOとくとくBBをプロバイダにすることで通信品質の改善が期待できます。

Web上で確認できる実測値が速い

GMOとくとくBBは実際の通信速度をあらわす実測値が速いです。

GMOとくとくBBの実測値
下り:278.86Mbps

上り:315.71Mbps

GMOとくとくBBでは次世代技術であるv6プラスに対応しており、安定した高速通信を体験できます。

Web上で確認できる実測値は300Mbps前後あり、日常的にインターネットを使う分にはまったく問題ない速度といえます。

ドコモ光×GMOとくとくBB:https://gmobb.jp/service/docomohikari/

\当サイト限定!最大66,000円キャッシュバック!/

ドコモ光電話の申し込み手順と基本情報

ドコモ光 申し込み 光でんわ

ドコモ光電話はドコモ光の有料オプションのひとつで、ドコモ光の回線を使ったひかり電話サービスです。

ドコモ光電話なら月額税込550円でNTTアナログ電話やひかり電話から番号をそのまま引き継げるほか、アナログ電話で使える付加サービスも利用できます。

NTTアナログ電話は最低でも月額税込1,760円から料金がかかるので、ドコモ光電話にすることでサービスはそのままに安くひかり電話を使えます。

ドコモ光と同時申し込みならドコモ光電話の契約事務手数料や工事費の負担が軽くなるため、ドコモ光でも固定電話を使いたい方にドコモ光電話はおすすめです。

ドコモ光電話の基本料金・オプション

ドコモ光電話
基本料金550円
工事費用無派遣工事:1,100円

派遣工事:4,950円

交換機等工事料:770円~

機器工事料:1,100円~

通話料金国内:8.8円

海外:9円(免税)

携帯電話:17.6円

オプションサービス
  • 通話中着信:330円
  • 転送でんわ:550円
  • 発信者番号表示:440円
  • ナンバー・リクエスト:220円
  • 迷惑電話ストップサービス:220円
  • 着信お知らせメール:110円
  • ダブルチャネル:220円
  • 追加番号:110円
おもな特長
  • NTTアナログ電話またはフレッツ光発番のひかり電話から切り替えなら電話番号を継続できる
  • NTT東日本のひかり電話からの切り替えならひかり電話対応機器利用料(月額税込495円)が無料になる

※料金はすべて税込表記

ドコモ光電話は月額税込550円で利用でき、通話料金は国内なら距離に関係なく3分につき8.8円で使えます。

NTTアナログ電話またはフレッツ光発番のひかり電話からの切り替えなら電話番号や電話機をそのまま継続して使えるのが特長です。

またNTTアナログ電話でも使える様々なオプションサービスはドコモ光電話でも利用できます。

「ドコモ光電話バリュー」なら発信者番号表示や通話保留サービスなどの6つのオプションを月額税込1,650円ですべて使えるので単体で契約するよりもお得です。

ドコモ光電話の申し込み手順

ドコモ光電話の申し込み手順は以下の通りです。

<ドコモ光と同時に申し込む場合>

<既にドコモ光を利用中でドコモ光電話のみを申し込む場合>

ドコモ光と同時に申し込む場合はドコモ光の申し込み時にドコモ光電話をオプションとして追加してください。

すでにドコモ光を利用中で新たにドコモ光電話を申し込む場合はお近くのドコモショップもしくはドコモインフォメーションセンターに電話で申し込みます。

申し込みの際にはドコモの携帯電話番号・ドコモ光の契約IDなど本人確認書類が必要なので、事前に準備しておいてください。

ただしフレッツ光以外のひかり電話の場合は電話番号を継続できない可能性があるため、前もってお使いの光電話事業者に番号を継続できるかどうか確認しておくのがおすすめです。

ドコモ光電話の解約方法

ドコモ光電話の解約はWeb上で手続きできないため、ドコモショップへ訪問するかドコモインフォメーションセンターに電話で申し込みを行ってください。

ドコモ光電話の解約時の料金は日割り計算になり、解約月の翌々月に請求されます。

ドコモ光電話を電話で解約する場合は混雑しやすいので、公式サイトの混雑予想カレンダーをチェックしながら比較的混雑しにくい時間帯に問い合わせるのがおすすめです。

ドコモ光×GMOとくとくBB:https://gmobb.jp/service/docomohikari/

\当サイト限定!最大66,000円キャッシュバック!/

ドコモ光の申し込みから開通まで(キャッシュバック受け取りまで)の流れ

ドコモ光の申し込みから開通してキャッシュバックを受け取るまでの一連の流れは以下の場合によって異なります。

フレッツ光からの乗り換えなら「転用」、他社光コラボからの乗り換えなら「事業者変更」になります。

ここではGMOとくとくBBからの申し込みの場合について解説していきますのでぜひ参考にしてみてください。

新規申込の場合

ドコモ光 申し込み 新規

新規でドコモ光に申し込む場合の手順は以下の通りです。

  1. GMOとくとくBB公式サイトの専用フォームから申し込む
  2. 担当者からの電話連絡で申し込み内容の確認と開通工事日の調整を行う
  3. 開通工事を実施する
  4. 周辺機器の初期設定を行う
  5. キャッシュバック申請を行う

担当者からの電話連絡は2回くるので、キャンペーン特典などの利用を希望する際はあわせて伝えてください。

開通工事には原則として立ち会いが必要なので、工事日は時間に余裕をもって決めることをおすすめします。

開通工事完了後にWi-Fiルーターの初期設定を行ってインターネットが繋がることを確認できたらドコモ光の利用開始となります。

キャッシュバックを受け取る際は開通後に申請を行う必要があるので「ドコモ光×GMOとくとくBBのキャッシュバック受け取り方」の項を参考に手続きを進めてください。

転用・事業者変更での乗り換えの場合

ドコモ光 申し込み 乗り換え

転用・事業者変更での乗り換えの場合は以下の手順で手続きを行います。

  1. GMOとくとくBB公式サイトの専用フォームから申し込む
  2. 「転用承諾番号」または「事業者変更承諾番号」を取得する
  3. 担当者からの電話連絡で申し込み内容の確認と回線切り替え日を確認する
  4. 回線の切り替えを待って、周辺機器の初期設定を行う
  5. キャッシュバック申請を行う

フレッツ光からの乗り換えの場合は「転用承諾番号」を、他社光コラボからの乗り換えの場合は「事業者変更承諾番号」を取得してください。

「転用承諾番号」・「事業者変更承諾番号」には15日間の有効期限があり、有効期限の残り日数によっては手続きができず再発行が必要になる場合があるので注意が必要です。

転用・事業者変更の場合は工事が不要なので、何もせず回線が切り替わるのを待つだけでOKです。

回線の切り替えを待ってからWi-Fiルーターの初期設定を行ってドコモ光への乗り換え完了となります。

お得なキャッシュバックを受け取りたい方は「ドコモ光×GMOとくとくBBのキャッシュバック受け取り方」の項を参考に申請を行ってみてください。

独自回線からの乗り換えの場合

ドコモ光 申し込み 乗り換え 独自回線

独自回線から乗り換える場合のドコモ光の申し込み手順は以下の通りです。

  • GMOとくとくBB公式サイトの専用フォームから申し込む
  • 担当者からの電話連絡で申し込み内容の確認と開通工事日の調整を行う
  • 開通工事を実施する
  • 周辺機器の初期設定を行う
  • 他社回線の解約手続きを行う
  • キャッシュバック申請を行う

独自回線からドコモ光に乗り換える場合は独自回線の解約とドコモ光の開通工事が必要になります。

まずはドコモ光の「新規申込の場合」と同じ手順で申し込みを行ってください。

開通工事とWi-Fiルーターなどの周辺機器の初期設定が完了したら、他社回線の解約手続きを進めます。

ドコモ光開通前に他社回線を解約するとインターネットを使えない期間が長く発生してしまう可能性があるため、なるべくドコモ光開通後に他社回線を解約するようにしてください。

GMOとくとくBBなら独自回線からの乗り換えの場合に他社解約違約金補填として15,000円のキャッシュバックをもらえます。

15,000円キャッシュバックの申請には他社解約証明書類が必要になるので、他社回線の解約時に準備しておくのがおすすめです。

くわしくは「ドコモ光×GMOとくとくBBのキャッシュバック受け取り方」の項を参考にしてみてください。

移転(引越し)で申し込みをする場合

ドコモ光 申し込み 引越し

ドコモ光の移転(引越し)の申し込み手順については以下の通りです。

  1. 引っ越し先のエリアを確認する
  2. ドコモ光に移転(引越し)の申し込みをする
  3. 引っ越し元でドコモ光の撤去工事を行う
  4. 引っ越し先でドコモ光の開通工事を行う
  5. 周辺機器の初期設定を行う

引越し先によっては工事費用や工事期間が異なるため、まずは引越し先のエリアを確認してみてください。

ドコモ光の移転(引越し)はドコモ光の各窓口から直接申し込むことで手続きできます。

ドコモ光の移転(引越し)手続き申し込み窓口
WEBドコモオンライン手続きよりdアカウントでログイン

受付時間:24時間

電話電話番号(ドコモユーザー限定):151

電話番号(一般):0120-800-000

受付時間:9時~20時

ドコモショップ/d gardenお近くの店舗を公式サイトなどで検索

受付時間:各店舗の営業時間内

必要があれば引越し元のドコモ光の撤去工事を実施後、引越し先のドコモ光の開通工事を行います。

開通完了後にWi-Fiルーターの周辺機器の初期設定を行ってインターネットに問題なく繋がれば移転(引越し)は完了です。

ドコモ光の移転(引越し)手続きには税込2,200円の移転事務手数料と引越し先の開通工事費が別途かかるので注意してください。

またドコモ光の移転(引越し)はGMOとくとくBBを経由しないためキャッシュバックはもらえませんが、公式特典として期間・用途限定のdポイントを2,000ポイントもらえます。

GMOとくとくBBでは専用の申し込みフォームにて移転(引越し)の相談ができるので、不明点がある方はぜひ利用してみてください。

ドコモ光×GMOとくとくBB:https://gmobb.jp/service/docomohikari/

\当サイト限定!最大66,000円キャッシュバック!/

ドコモ光の申し込み後にキャンセルする場合の手順と費用

ドコモ光 申し込み キャンセル

ドコモ光を申し込んだ後にキャンセルする場合は、初期契約解除制度を利用することでドコモ光を解約できます。

初期契約解除制度は書面での郵送・電話・店頭の3つの手続き方法があります。

書面「ドコモ光契約申込書」に記入のうえ郵送する

郵送先:〒170-0013

東京都豊島区東池袋3-16-3 アーバンネット池袋ビル3F

株式会社ドコモCS ドコモ光サービスセンター

電話ドコモ光サービスセンターに電話する

電話番号(ドコモユーザー):15715

電話番号(ドコモユーザー以外):0120-766-156

受付時間:10時~20時(年中無休)

店頭お近くのドコモショップに訪問して口頭・書面にて契約解除する

受付時間:各店舗の営業時間内

初期契約解除制度は契約書面が届いた日から8日以内であれば利用可能で、初期契約解除制度で解約すれば解約違約金が発生しません。

契約書面が届いた日から8日を過ぎてからの解約は通常解約扱いとなるので注意してください。

初期契約解除制度のくわしい手順と費用について開通工事前に解約する場合開通工事後に解約する場合にわけて次項で解説していきます。

開通工事前に解約する場合と費用

開通工事前にドコモ光を解約する場合の費用は以下の通りです。

【開通工事前に解約する場合の費用】

  • 契約事務手数料3,300円

※料金はすべて税込表記

開通工事前であれば開通工事費と月額料金はかからないため、契約事務手数料の税込3,300円のみ請求されます。

開通工事後に解約する場合と費用

開通工事後にドコモ光を解約する場合の費用は以下の通りです。

【開通工事後に解約する場合の費用】

  • 契約事務手数料:3,300円
  • 開通工事費用:キャンペーン適用で無料
  • 契約解除日までの通信料・割引サービス・オプションサービスなどの月額料金の日割り計算分

※料金はすべて税込表記

開通工事が完了してしまっている場合は、契約事務手数料と契約解除日までにかかった月額料金の日割り計算分が請求されます。

工事費無料特典を適用している場合は工事完了後に解約しても回線の開通工事費はかかりません。

ドコモ光を解約する際の注意点

ドコモ光を解約する際には以下のポイントに注意してください。

  • 解約違約金がかかる可能性がある
  • 別途解約手続きが必要なプロバイダ・オプションがある
  • プロバイダのメールアドレスが使えなくなる
  • インターネットが使えない期間が発生する可能性がある

ドコモ光を解約する際は解約違約金がかかる可能性があります。

解約違約金の支払いを避けたい場合は初期契約解除制度を利用するか契約更新月(契約満了月とその翌月・翌々月)に解約するのがおすすめです。

契約しているプロバイダやオプションサービスによってはドコモ光とは別で解約手続きが必要な場合があるので、各プロバイダやオプションサービスの窓口で確認してみてください。

ドコモ光を解約すると原則としてプロバイダも解約扱いとなるため、プロバイダで使っていたメールアドレスが使えなくなる可能性があります。

プロバイダによっては有料で引き続きメールアドレスを使えるプロバイダがあるので、どうしてもメールアドレスを継続したい方はプロバイダに直接問い合わせてみてください。

ドコモ光を解約する際に次の回線が開通する前に解約してしまうとインターネットが使えない期間が長く発生してしまうため、解約のタイミングには注意が必要です。

インターネットを使えない期間を短くしたいなら次の回線の開通が完了した後にドコモ光を解約することをおすすめします。

ドコモ光×GMOとくとくBB:https://gmobb.jp/service/docomohikari/

\当サイト限定!最大66,000円キャッシュバック!/

ドコモ光申し込み窓口の失敗しない選び方

ドコモ光 申し込み窓口 選び方

ドコモ光の申し込み窓口を選ぶうえで失敗しないポイントとしては以下の4点があげられます。

  • 正規代理店を選ぶ
  • 事前に実質月額料金・実測値が速い申し込み窓口を調べておく
  • 適用できるキャンペーンが多い申し込み窓口を選ぶ
  • キャッシュバックの受け取り方が簡単な申し込み窓口を選ぶ

これらのポイントをしっかり把握して申し込み窓口を選ぶことでドコモ光をお得に始められます。

正規代理店を選ぶ

ドコモ光の申し込み窓口を選ぶならドコモ光の正規代理店がおすすめです。

ドコモ光の正規代理店ならドコモ光が正式に許可を出している事業者なので、信頼性が高く安心して申し込めます。

正規代理店のひとつであるGMOとくとくBBは通信品質の良さと充実したサポート体制が魅力です。

最大66,000円の高額キャッシュバックをはじめ適用できるキャンペーンが豊富なので、GMOとくとくBBならお得にドコモ光を始められます。

事前に実質月額料金・実測値が速い申し込み窓口を調べておく

ドコモ光でおすすめの申し込み窓口について事前に実質月額料金と実測値を調べておくことも大切です。

月額料金が高くてもキャッシュバックやキャンペーンを適用することで実質月額料金を1,000円〜2,000円ほど安くできるのでお得にドコモ光を使えます。

またプロバイダによっては実際の速度を示す実測値が変わることがあります。

プロバイダ名速度実測値※1
GMOとくとくBB下り:278.86Mbps

上り:315.71Mbps

OCN下り:271.94Mbps

上り:271.34Mbps

BIGLOBE下り:230.76Mbps

上り:249.0Mbps

@nifty下り:238.68Mbps

上り:303.38Mbps

GMOとくとくBBはドコモ光のプロバイダでもあり、高速通信可能な次世代技術のv6プラスに対応しているため、他社プロバイダに比べると実測値は速いです。

>ドコモ光は高い?についてはこちら

適用できるキャンペーンが多い申し込み窓口を選ぶ

お得にドコモ光を申し込むなら適用できるキャンペーンが多い申し込み窓口を選ぶことをおすすめします。

ドコモ光公式サイトと代理店なら適用できるキャンペーンが多い代理店を窓口としてドコモ光を申し込む方がお得です。

GMOとくとくBBのキャンペーンドコモ光公式キャンペーン
  • 1ギガ:38,000円キャッシュバック
  • 10ギガ:13,000円キャッシュバック
  • 他社からの乗り換え:15,000円キャッシュバック
  • v6プラス対応高性能Wi-Fiルーター無料レンタル
  • モバイルWi-Fiルーター最大3ヶ月無料レンタル
  • 訪問サポート初回無料
  • 「インターネット安心セキュリティ」最大1年間無料
  • 新規工事費無料
  • 1ギガ:dポイント(期間・用途限定) 2,000ptプレゼント
  • 10ギガ:dポイント(期間・用途限定) 17,000ptプレゼント

※料金はすべて税込表記

代理店のなかでもGMOとくとくBBは高額キャッシュバックをはじめWi-Fiルーターの無料レンタルや有料オプションの無料特典など適用できるキャンペーン数が豊富です。

GMOとくとくBBならドコモ光公式キャンペーン特典とも併用できるので、お得にドコモ光を申し込みたい方にぴったりです。

>ドコモ光のキャッシュバックはこちら

キャッシュバックの受け取り方が簡単な申し込み窓口を選ぶ

ドコモ光を申し込むならキャッシュバックの受け取り方法が簡単な申し込み窓口が最適です。

キャッシュバックキャンペーンを提供している代理店のなかには有料オプションの加入など厳しい条件がないとキャッシュバックがもらえない窓口も存在します。

またキャッシュバックを申請してから受け取りまで1年以上かかる窓口はキャッシュバックを受け取り忘れる可能性があるためあまりおすすめできません。

GMOとくとくBBなら振込口座の登録だけで最短5ヶ月後に最大66,000円の高額キャッシュバックをもらえるので初めて利用する方でも安心です。

>ドコモ光のキャッシュバックはこちら

ドコモ光×GMOとくとくBB:https://gmobb.jp/service/docomohikari/

\当サイト限定!最大66,000円キャッシュバック!/

ドコモ光からahamo光への乗り換えはおすすめ?

ドコモ光 ahamo光 乗り換え

ドコモ光からahamo光への乗り換えは以下のような人におすすめできます。

  • ドコモ光より月額料金が安い光回線を探している人
  • ahamoユーザー

ahamo光はドコモ光の月額料金よりも安く、それ以外のサービス内容はドコモ光とほぼ同じなので今よりインターネットをもっと安く利用したい方に最適です。

ただしahamo光はahamoユーザーでしか契約できず、ドコモのスマホセット割や代理店のキャッシュバックキャンペーンも適用できません。

ドコモユーザーならahamo光に乗り換えずそのままドコモ光を継続利用する方が通信費をお得に節約できます。

ドコモ光とahamo光の違い

ドコモ光ahamo光
月額料金戸建て:5,720円

マンション:4,400円

戸建て:4,950円

マンション:3,630円

実測値下り:278.86Mbps

上り:315.71Mbps

下り:298.25Mbps

上り:267.27Mbps

契約期間2年2年
契約事務手数料3,300円3,300円
工事費戸建て:19,800円

マンション:16,500円

戸建て:19,800円

マンション:16,500円

スマホセット割ありなし
キャッシュバック
  • 1ギガ:38,000円キャッシュバック
  • 10ギガ:13,000円キャッシュバック
  • 他社からの乗り換え:15,000円キャッシュバック
なし
おもなキャンペーン特典【GMOとくとくBB限定特典】

  • v6プラス対応高性能Wi-Fiルーター無料レンタル
  • モバイルWi-Fiルーター最大3ヶ月無料レンタル
  • 訪問サポート初回無料
  • 「インターネット安心セキュリティ」最大1年間無料

【ドコモ公式特典】

  • 新規工事費無料
  • 1ギガ:dポイント(期間・用途限定) 2,000ptプレゼント
  • 10ギガ:dポイント(期間・用途限定) 17,000ptプレゼント
  • 新規工事費無料
  • dポイント(期間・用途限定) 10,000ptプレゼント
提供エリア全国全国

※料金はすべて税込表記

ドコモ光とahamo光はどちらもフレッツ光の回線を利用した光コラボです。

ドコモ光とahamo光の違いは月額料金・スマホセット割の有無・キャンペーン特典だけで、通信品質や工事費、契約期間などのサービス内容は基本的に同じです。

ahamo光はドコモ光よりも元々の月額料金が1,000円近く安いですが、ドコモのスマホセット割は適用できず、代理店のキャッシュバックキャンペーンなども利用できません。

またドコモ光はどのスマホキャリアでも契約できますが、ahamo光はahamoユーザーでないと契約できないので注意が必要です。

ahamoユーザーには「GMOとくとくBB光」もおすすめ

ahamoユーザーにはプロバイダ大手のGMOグループが運営するGMOとくとくBB光もおすすめです。

ahamoのようなスマホセット割がない格安スマホをお使いの方は、GMOとくとくBB光のようにもともとの月額料金が安い光回線だと通信費を安く抑えられます。

GMOとくとくBB光では最大126,000円の高額キャッシュバックをもらえるので、ahamoユーザーでも実質月額料金を安くできてお得です。

くわしい情報についてはGMOとくとくBB光の評判まとめ記事をぜひチェックしてみてください。

>ahamoユーザーにおすすめの光回線はこちら

ドコモ光×GMOとくとくBB:https://gmobb.jp/service/docomohikari/

\当サイト限定!最大66,000円キャッシュバック!/

ドコモ光の申し込みに関するよくある質問

ドコモ光の申し込みに関するよくある質問は以下の6点です。

  • ドコモ光のプロバイダはどこがおすすめ?
  • ドコモ光の代理店はどこがおすすめ?
  • ドコモ光の申し込み窓口はどこが評判良い?
  • ドコモ光のプロバイダ変更はどこでできる?
  • ドコモ光でahamoのスマホセット割は適用できる?
  • 結局ドコモ光はどこで契約するのがお得?

ドコモ光の最適な申し込み窓口をお探しの方はぜひ参考にしてみてください。

ドコモ光のプロバイダはどこがおすすめ?

ドコモ光のおすすめプロバイダはGMOとくとくBBです。

GMOとくとくBBはドコモ光で料金が安いタイプAプロバイダで、高速通信可能なv6プラスに対応しているので他社プロバイダよりも速い実測値が魅力です。

他社光回線にも長年プロバイダサービスを提供しておりサポート体制がしっかりと整えられているので、GMOとくとくBBなら初めての方でも安心して利用できます。

ドコモ光の代理店はどこがおすすめ?

ドコモ光のおすすめ代理店GMOとくとくBBです。

GMOとくとくBBを窓口としてドコモ光に申し込むことで最大66,000円の高額キャッシュバックを複雑な条件なしで受け取れます。

モバイルWi-Fiルーターの無料レンタルやセキュリティオプションの無料特典など適用できるキャンペーンの数が豊富なのも特長です。

GMOとくとくBBのキャンペーンはドコモ光公式のキャンペーンとも併用できるのでよりお得にドコモ光を始められます。

ドコモ光の申し込み窓口はどこが評判良い?

ドコモ光の申し込み窓口として評判が良いのはGMOとくとくBBです。

GMOとくとくBBはオリコン顧客満足度調査で2年連続1位の実績をもち、お客様満足度も98.6%と非常に高いです。

GMOとくとくBBなら信頼性の高いプロバイダをお探しの方でも安心して選べます。

ドコモ光の評判まとめ記事ではGMOとくとくBBの詳細情報をご紹介しているので、ドコモ光の評判が気になる方はぜひチェックしてみてください。

ドコモ光×GMOとくとくBB:https://gmobb.jp/service/docomohikari/

\当サイト限定!最大66,000円キャッシュバック!/

ドコモ光のプロバイダ変更はどこでできる?

ドコモ光のプロバイダ変更は電話もしくはお近くのドコモショップで手続きできます。

電話ドコモインフォメーションセンター

電話番号(ドコモユーザー限定):151

電話番号(一般):0120-800-000

受付時間:9時~20時

ドコモショップお近くの店舗を公式サイトなどで検索

受付時間:各店舗の営業時間内

公式サイトの混雑予測カレンダーで直近の混雑具合を確認できるので、比較的混雑しづらい平日の昼頃を目安に問い合わせてみるのがおすすめです。

またドコモショップの営業時間は各店舗によって異なるので、事前に来店予約しておくとスムーズに手続きできます。

手続きにはドコモの携帯電話番号もしくはドコモ光の契約IDが本人確認書類として必要になるので事前に準備しておいてください。

ドコモ光でahamoのスマホセット割は適用できる?

ドコモ光ではahamoのスマホセット割を適用できません。

ドコモ光でスマホセット割が適用できるスマホキャリアはドコモ・eximo・irumoのみです。

ahamoユーザーはスマホセット割が使えないので、通信費をなるべく抑えたい方はGMOとくとくBB光などの月額料金が安い光回線の利用がおすすめです。

くわしくはahamoユーザーにおすすめの光回線まとめ記事をぜひ参考にしてみてください。

結局ドコモ光はどこで契約するのがお得?

ドコモ光はGMOとくとくBBを窓口として契約するのがお得です。

GMOとくとくBB限定で最大66,000円もの高額キャッシュバックやドコモ光公式特典を併用して受け取れるのでドコモ光をぐっと安く利用できます。

またGMOとくとくBBはドコモ光のプロバイダでもあり、高速通信可能なv6プラスに対応しているので実測値の速い窓口をお探しの方にもおすすめです。

ドコモ光×GMOとくとくBB:https://gmobb.jp/service/docomohikari/

\当サイト限定!最大66,000円キャッシュバック!/

ドコモ光の申し込みまとめ

ドコモ光はGMOとくとくBBを窓口として申し込むのがもっともおすすめです。

GMOとくとくBBはドコモ光の正規代理店で、最大66,000円の高額キャッシュバックをはじめお得なキャンペーンを数多く開催しています。

ドコモ光の公式キャンペーンとも併用できるので他窓口で申し込むよりもお得にドコモ光を始められます。

またGMOとくとくBBはドコモ光のプロバイダでもあり、実測値が速いので通信速度重視の方にもおすすめです。

次世代通信技術であるv6プラスに対応しているため、GMOとくとくBBなら混雑しやすい時間帯でも安定した高速通信を期待できます。

ドコモ光の利用を検討している方はぜひGMOとくとくBBから申し込んでみてください。

ドコモ光×GMOとくとくBB:https://gmobb.jp/service/docomohikari/

\当サイト限定!最大66,000円キャッシュバック!/

この記事を書いた人
福田ありさ

福田ありさ

ぴかまろ編集・ライティング担当。光回線の販売経験を活かして、インターネットサービスのあれこれをわかりやすくお伝えできるように日々奮闘しています。家でも光回線やスマホサービスを色々試しており、ユーザー目線でリアルな情報を発信できたらと思っています!よろしくお願いします。

NEWS PICKSはこちら