【保存版】iPhoneを安く買う方法

いよいよUQモバイル・ワイモバイルでiPhone 13が発売。コスパ◎の狙い目モデル

Apple_iphone13_design_09142021

ゴリラ

お、auだと在庫がなかったiPhone 13がUQモバイルで売ってる!買っても大丈夫かな?

2023年11月、UQモバイルとワイモバイルが2年前の旧モデル「iPhone 13」の取り扱いを始めました。

価格や維持費をチェックし、今、iPhone 13はどのように買えば良いのか考えてみました。

正直な結論
  • UQモバイルは他社からの乗り換え、ワイモバイルは既存ユーザーの機種変更で最も安く購入できる
  • UQモバイルは事務手数料がかかることもあり、ぶっちゃけあんまり安くない
  • Apple公式などで端末のみを購入して、SIMのみ契約するのがおすすめ(au PAYのキャッシュバックあり)
  • au Certified 、ソフトバンク認定中古品でもiPhone 13の取り扱いが開始

 

\1円〜買えるスマホあり/

 

\3,850円の手数料が無料/

UQモバイル、ワイモバイルのiPhone 13の価格

UQモバイルは128GBモデルのみワイモバイルは3種類の容量すべてを取り扱っています。

参考にApple公式も並べておきます。

スクロールできます→

容量 購入先 乗り換え 新規 機種変更 (参考)
本体価格
128GB UQ 92,720円 103,720円 114,720円 114,720円
Yモバ 97,200円 97,200円 93,600円 115,200円
Apple 95,800円
256GB Yモバ 113,040円 113,040円 109,440円 131,040円
Apple 110,800円
512GB Yモバ 143,280円 143,280円 139,680円 161,280円
Apple 140,800円

UQは乗り換え、ワイモバイルは機種変更で最大割引

UQモバイル、ワイモバイルともに、端末価格はApple公式よりも高く設定されていますが、これは割引ありきの設定。

それぞれ、最大限の割引を受けると、Apple公式で買うよりも安く買えます。

ゴリラ

ワイモバイルの機種変更の割引が大きいのは珍しいな……!

ただし注意したいのが、UQモバイル契約時には3,850円の事務手数料が必ずかかってしまうこと。

仮にUQモバイルへ乗り換えて128GBモデルを買ったとしても、手数料まで含めるとApple公式価格を上回ってしまいます。

なんでUQモバイルを契約するならSIMのみを契約し、端末はAppleで買うのが良いでしょう。SIMのみ契約で常時1万円のau PAYの還元があります。

最新の条件を見てみる 

一方、ワイモバイルはオンラインショップであれば、3,850円の事務手数料が無料になります。

既存のワイモバユーザーは普通にオンラインショップで「機種変更」の手続きをすればOKです。

中古市場、認定中古品もチェック

2024年3月現在の中古販売大手のイオシスの価格を確認しておきましょう。

128GBモデルだと……

  • 未使用品:約9.5万円
  • 美品(ランクA):約8.2万円
  • 中古(ランクB):約7.7万円

ざっくりこんな感じです。

発売から2年半が経ち、中古市場の流通量が増えている印象です。

(2024年3月追記)

UQモバイルの「au Certified」、ワイモバイルの「ソフトバンク認定中古品」でもiPhone 13の取り扱いが始まりました!

以下はiPhone 13(128GB)の価格。

一般的な中古販売店よりもかなりお得感がありますね。

au Certifiedの最新ラインナップ・価格

ソフトバンク認定中古品の最新ラインナップ・価格

UQモバイル、ワイモバイルのiPhone 13の維持費をシミュレーション

以下、128GBモデルをそれぞれ最安の条件で36回払いで購入したときの「最低維持プラン」「20GBプラン」、それぞれで維持費をシミュレーションしてみました。

▼最低維持プラン▼

  • UQモバイル(乗り換え)
    トクトクプラン(1GB)2,277円 + 2,575円 = 4,852円
  • ワイモバイル(機種変更)
    シンプル2 S(4GB)2,365円 + 2,600円 = 4,965円

▼20GBプラン▼

家族割や光回線のセット割が付けば、もう少し安くなります。

UQモバイルでシミュレーションしてみる 

ワイモバイルでシミュレーションしてみる 

iPhone 13はどんな機種だった?今から買うのはアリ?

iPhone 13は2021年秋に発売したモデルです。

  • カメラが大きく進化。シネマティックモード、無印モデルにもセンサーシフト光学式手ぶれ補正(OIS)を搭載
  • iPhone 14と同じ「A15 Bionic
  • デュアルeSIMに対応

iPhon 13 → 14の進化が比較的小さかったことからも、iPhone 13は非常にコスパの良いモデルと言えます。

特にカメラの進化が大きく、eSIM同士でデュアルSIM運用できるなど、今後、数年は不便なく使えるはずです。

ちなみに現在、iPhone13ユーザーの筆者も、2025年頃までは使い続ける予定です。

 

\1円〜買えるスマホあり/

 

\3,850円の手数料が無料/

\知ってるだけで万レベルでお得/
iPhoneを安く買う方法