【保存版】iPhoneを安く買う方法

【最新プラン対応】UQモバイル2回線目契約のメリットを絞り出す。維持費やデメリットも

ゴリラ

UQモバイルで2回線目を追加しようと思ってるんだけど、料金とかメリット、気をつけた方がいいこととかある?

キャンペーンの特典目当てであったり、家族のために、UQモバイルで2回線目、3回線目の契約を考えている人に向けた記事です。

UQモバイルで2回線目以降を契約する際、どういったメリットがあるのか、維持費や注意したいことを、最新の情報を元にお伝えいたします。

正直な結論
先に正直な結論を伝えると、UQモバイルで2回線目を契約すると、

 

  • 最安990円で回線を追加できる
  • 2回線目以降もキャンペーンを受けられる
    最大2.2万円の端末割引など)
  • 将来、他社にお得に乗り換えられる

 

といったメリットがあります。

 

一方で2023年4月から初期費用が高くなっていることは、知っておきたいです。

※ 正直スマホはアフィリエイトプログラムに参加しています(メディアポリシー)。
※この記事の更新日は冒頭に記載のとおりです。最新の情報は各社公式サイトおよびオンラインショップでご確認ください。

Redmi 12 5G

 

UQモバイルでは一括1円端末も販売中!

 

最新の端末ラインナップ・価格を見る 

UQモバイルの2回線以上の契約について

UQモバイルの複数回線の契約に関する基本情報は以下のとおり。

  • 同一名義で契約できるのは最大で5回線まで
  • 回線数のカウントはau、povo、UQモバイルで合算して計算される
  • 当初に契約できるのは、原則1回線のみ。ただし、家族を利用者に登録するなど、内容によっては、最大3回線まで同時申し込みが可能

UQモバイルに加入当初は3回線までしか契約できませんが、契約期間を積み重ねることで、最大5回線にまで増えます。

普通の使い方であれば、5回線もあれば十分ですね。

2回線目の契約方法

UQモバイルオンラインショップでは複数の回線を同時に契約することはできません。

2回線目、3回線目と複数申し込む場合も、1回線ずつ、申し込む必要があります。

また契約する際、最初にau IDによるログインを求められます。

UQモバイル

1回線目と同じau IDでログインすることで、

  • 契約者氏名
  • 生年月日
  • 性別
  • 契約住所
  • 暗証番号

などの情報を流用できます。

家族や子どもを利用者として登録する場合も、契約者のau IDでログインした後に、それぞれの利用者を登録します。

2回線契約したときの料金・維持費

UQモバイルは2023年6月に新プランへ移行しました。

今後、UQモバイルを新規契約する際は、新しいプランから選ぶことになります。

▼UQモバイル 23年6月〜新プラン▼

スクロールできます→

コミコミ
プラン
トクトク
プラン
ミニミニ
プラン
データ容量 20GB 1GB 15GB 4GB
月額料金 3,278円 2,277円 3,465円 2,365円
家族
セット割 ※
-550円
自宅
セット割 ※
-1,100円
au PAY カード
お支払い割
-187円
最安維持費 3,278円 990円 2,178円 1,078円
10分
無料通話
無料 880円
24時間
無料通話
1,100円 1,980円
データ
繰り越し
節約モード
超過後の
最大速度
1Mbps 1Mbps 300kbps
増量
オプションⅡ
+5GB +5GB +2GB

※家族セット割と自宅セット割はいずれか適用可

 

スクロールできます→

くりこし
プランS +5G
くりこし
プランM +5G
くりこし
プランL +5G
月額料金 1,628円 2,728円 3,828円
自宅セット割
適用時
990円 2,090円 2,970円
データ容量
(データ増量)
※7ヶ月間は無料
3GB
(+2GB)
15GB
(+5GB)
25GB
(+5GB)
超過後 最大300Kbps 最大1Mbps
回線 4G/5G
通話 22円/30秒

新プランでは「家族セット割」が復活

上記のとおり、新しいプランでは「トクトクプラン」「ミニミニプラン」を対象に、家族全員が550円の割引を受けられる「家族セット割」が復活しました。

この家族セット割は条件をクリアしていれば、同一利用者の契約であってもすべての回線で割引されます。

例えば「ミニミニプラン」で家族セット割、au PAYカードお支払い割を適用すると、

  • 2,365円/4GB(7ヶ月間は6GB)
  • 家族セット割:▲550円
  • au PAYカードお支払い割:▲187円
    →1,628円/月

6GB×2回線が3,256円で維持できます。

できれば「自宅セット割」の方を狙いたい

UQモバイル 自宅セット割

UQモバイルには「家族セット割」の他に、auでんきやauひかりなどとのセット割である「自宅セット割」という割引があります。

この2つはいずれか1つしか受けられません

家族セット割(550円/回線)よりも、自宅セット割(1,100円/回線)の方が、2倍の額の割引を受けられます。

先のミニミニプランの例なら、自宅セット割が適用できると……

  • 6GB×2回線が3,256円(家族セット割)
  • 6GB×2回線が2,156円(自宅セット割)

で利用できます。

複数回線を契約するなら、自宅セット割を狙いにいきたいところです。

MEMO

自宅セット割を狙うとき、個人的には固定回線(WiMAX、auひかり)よりも、auでんきの方が、契約のハードルは低いのかな、と思います(電気はどこの家庭でも必要なので)。

 

ただし、2023年4月からauでんきは東北、四国エリアでは新規申し込みを一時的に停止しています。これらのエリアの人は、しばらくは家族セット割を適用させておいて、受付が再開したときに、自宅セット割を狙うのが良いかもしれませんね。

 

またauでんきでは、2023年6月請求分から、電気代に応じて還元されるPontaポイントの付与率が大幅に減っています。

注意:複数回線間(家族間)の無料通話などはない

注意点として、UQモバイルには、auなどの大手キャリアにはある家族間の無料通話はありません。

また、複数の回線間でデータ容量をシェアする機能もありません。

2回線目を契約する際に使えるキャンペーン

今回、キャンペーン目当てで複数の回線を検討している人も多いことでしょう。

以下はUQモバイルの中でも特にお得度が高く、2回線目でも利用できるキャンペーンや割引です。

  1. 「au PAY残高還元」(SIM単体契約)
  2. UQモバイルオンラインショップおトク割

① au PAY残高還元

SIM単体契約でもらえる特典。

  • 乗り換え:最大1万円
  • 新規:最大3,000円

乗り換え、eSIM、トクトクプランまたはコミコミプラン、増量オプションⅡ(7ヶ月間は無料)に加入することで、最大限の還元を受けられます。

また、こちらのキャンペーンはたまに還元額が増額されることがあるんで、以下から最新の条件をチェックしてみてくださいね!

詳しい条件を見てみる 

② UQモバイルオンラインショップおトク割

UQモバイルオンラインショップおトク割

他社からの乗り換えで、最大2.2万円割引で端末を購入できます。

  • 乗り換え:最大2.2万円割引
  • 新規:最大1.1万円割引

UQモバイルはそもそも端末の価格が安めなモデルが多く、そこからさらに割引を受けられます。

中には一括1円で購入できる端末もあります。

すべての端末の特別価格をチェックする 

UQモバイルで2回線以上契約するメリット

個人的に考えるUQモバイルで複数回線を契約するメリットは以下のとおり。

  • 2回線目以降もキャンペーンが使える
  • 自宅セット割が使えるなら、まだまだお得
  • 将来的に乗り換えやすくなる

先に見たUQモバイルのキャンペーンは「1回線1回限り」という制限はあるものの、回線ごとに特典を受けられます。

もちろん1回線ごとに審査があるため、必ず契約できるわけではありませんが、そこそこ美味しい特典を、何度も受けられます。

また、7ヶ月間、auの高速回線が6GB1,078円で維持できるというのは、なんだかんだで、まだまだお得感があります。

ゴリラ

この料金ならオンライン専用のpovo2.0よりも安いな!

さらに、複数回線を保持しておけば、将来的に他社でお得なキャンペーンが行われたときに、さっと移行しやすいというメリットもあります。

例えば、2024年3月現在、UQモバイルを半年以上使った上でauへ乗り換えると、最大で5.7万円以上の還元を受けられるキャンペーンが開催されています。

長い目で見れば、UQモバイルを複数回線契約するのは、悪くはない選択です。

デメリットは初期費用が高くなったこと(回避策もなくはない)

au、UQモバイル、povo2.0の一部の契約について、2023年4月20日に事務手数料が改定されました。

ゴリラ

これまで3,300円だったところ、3,850円……。これは正直キツイな……

しかもKDDI系列はオンラインショップであっても、事務手数料がそのままかかります(他社はオンライン契約だと、事務手数料0円)。

ただし、この事務手数料を無料にする方法もなくはありません。それはpovo2.0から移行する方法です。

povo2.0→UQモバイルの事務手数料は無料なので、一旦、povo2.0を経由すれば、この事務手数料を回避できることになります。

当サイトとしておすすめするわけではありませんが、そういう方法もあるということは、知っておいても良いでしょう。

UQモバイルとの2台持ちで相性の良いサービス

ちなみに「複数回線を持つこと」が目的なら、あえてUQモバイル2回線にこだわる必要もありません。

「UQモバイルと他社の2回線持つ」という選択もあります。この場合に相性が良いのは、au回線以外のサービス

他社回線を契約していれば、UQモバイル(au回線)が障害などを起こしたときのバックアップにもなります。

上記のサービスはいずれも、UQモバイルを2回線契約するよりも、安価に維持できるプランがあります。

UQモバイルを2回線契約するなら自宅セット割への加入を

2023年6月以降の新プランが全体的に高くなったこと、また、UQモバイルの事務手数料も改定されたことから、以前よりもUQモバイルを2回線契約するメリットが小さくなっているのは事実です。

ただし乗り換えによる還元や割引など、まだまだUQモバイルで追加回線を契約すべき理由はあります。

その際は、維持費をグッと抑えられる自宅セット割への加入も検討しましょう。

2024年現在、UQモバイルを安く使う上で、自宅セット割は避けては通れない割引です。

ちなみに:UQモバイルへの申込みはオンラインショップがおすすめ

UQモバイルはオンラインショップSIMのみで契約すると、キャッシュバックがもらえます!

  • 新規…3,000円
  • 他社からの乗り換え…1万円
    ※au、povo2.0からの乗り換えは対象外です…

これらのキャンペーンは実店舗は対象外なので気をつけてくださいね!

時期によってもらえるキャッシュバック額が異なるので、オンラインショップで最新の情報をチェックしてみてくださいね↓↓

 

\1円〜買えるスマホあり/

こんな記事もおすすめ