【保存版】iPhoneを安く買う方法

完成度抜群の「Galaxy S23 Ultra」スペックレビュー。前作からどこが変わった?

ゴリラ

今年も最強スペックのGalaxy S23 Ultraが発売されたね!前モデルからどこが変わった?

2023年4月20日、ドコモ、auからGalaxyのフラッグシップモデル「Galaxy S23 Ultra」が発売されました。

「S20 Ultra以来の完成度」との呼び声も高く、現行最強のAndroidとして話題になっています。

Galaxy S23 Ultraの注目ポイントをサクッと見ていきましょう。

正直な結論

先に正直な結論を伝えると、デザインは前モデルのS22 Ultraとあまり変わりませんが、中身は大幅にアップデート。

  • 2億画素のカメラで夜景・高画素が進化
  • バッテリー持ちが大幅に良くなった
  • 処理性能が一気にアップ。発熱も改善

発売時点では、頭一つ抜けた現行最高の完成度を誇るAndroidです。19万円超ですが予算があるなら「買い」。

  • 発売日:2023年4月20日
  • 価格(プログラム利用時):
    • ドコモ:197,670円~(99,990円~)
    • au197,650円~(107,410円~)
      164,800円~(89,700円~)

※ 正直スマホはアフィリエイトプログラムに参加しています(メディアポリシー)。
※この記事の更新日は冒頭に記載のとおりです。最新の情報は各社公式サイトおよびオンラインショップでご確認ください。

スマホの機種変更・契約は、頭金なし、来店なし、待ち時間なし、勧誘なしのオンラインショップがお得で便利です。

 

Galaxy S23 Ultraのスペック

スクロールできます→

Galaxy S23 Ultra Galaxy S22 Ultra
サイズ ・横:約78mm
・縦:約163mm
・厚さ:約8.9mm
・横:約78mm
・縦:約163mm
・厚さ:約8.9mm
重さ 約234g 約229g
SoC Snapdragon 8 Gen 2
for Galaxy
Snapdragon 8 Gen 1
RAM+ROM 8GB+256GB/512GB/1TB 8GB+256GB
外部ストレージ
バッテリー容量 5,000mAh 5,000mAh
ディスプレイ
– サイズ
– 種類
– 解像度
– ガラス
・約6.8インチ
・有機EL
(Dynamic AMOLED 2X)
・Quad HD+
(3,088×1,440)
・Gorilla Glass Victus 2
・約6.8インチ
・有機EL
(Dynamic AMOLED 2X)
・Quad HD+
(4,088×1,440)
・Gorilla Glass Victus 2
輝度 ・1,750nits(ピーク) ・1,750nits(ピーク)
リフレッシュレート 1〜120Hz 1〜120Hz
メインカメラ ・超広角:1,200万画素
・広角:2億画素
・望遠(光学10倍):1,000万画素
・望遠(光学3倍):1,000万画素
・超広角:1,200万画素
・広角:1億800万画素
・望遠(光学10倍):1,000万画素
・望遠(光学3倍):1,000万画素
ズーム ・3倍、10倍光学
・最大100倍デジタル
・3倍、10倍光学
・最大100倍デジタル
インカメラ 1,200万画素 4,000万画素
スピーカー ステレオ ステレオ
防水・防塵 IPX5 / IPX8・IP6X IPX5 / IPX8・IP6X
SIM デュアル
(nanoSIM / eSIM)
シングル
(nanoSIM)
急速充電 最大45W 最大45W
OS (発売時) Android 13 Android 12
その他 ・おサイフケータイ
・顔認証
・指紋認証
・おサイフケータイ
・顔認証
・指紋認証

「2億画素」でカメラが一気に進化

Galaxy S23 Ultraのカメラ構成は次のとおりです。

  • セルフィー:1,200万画素
  • 超広角:1,200万画素
  • 広角:2億画素
  • 望遠(光学10倍):1,000万画素
  • 望遠(光学3倍):1,000万画素

注目のポイントは次の3つです。

  • 夜景撮影が大きく進化
  • 2億画素の超高画素撮影ができる
  • 100倍ズームに対応

夜景撮影が大きく進化

Galaxy S23 Ultraの「2億画素」が存分に活かされるのがナイトグラフィーの夜景撮影です。

複数の画素を合成して、より多くの光を取り込むピクセルビニングという技術が使われています。

明るさが必要なシーンでは、最大で16個(4×4個)の画素を合成し、約1,200万画素として撮影が可能です。

画素数をとにかく増やしてピクセルビニングするという方向で、夜景撮影を大幅に強化しています。

S22 Ultraもピクセルビニングをしていましたが、こちらは9個(3×3個)での合成です。比べると確かに進化しています。

数分置きに撮影して、 星の軌跡をタイムラプスで残せる「天体ハイパーラプス」も追加されました。

2億画素の超高画素で写真が撮れる

2億画素によって拡大した時も細部までクッキリ鮮明な写真が撮れます。

2億画素の情報量に対応できる「Snapdragon 8 Gen 2 for Galaxy」があってこそ成せる業ですね。

100倍ズームに対応

Galaxy S23 Ultraでは光学3倍、光学10倍の2つの望遠レンズを搭載。最大ズームは光学10倍×デジタルズーム10倍で100倍ズームに対応します。

バッテリー持ちが一気に良くなった

バッテリー持ちが大きく伸びています。

バッテリーテストで有名な「GSMArena」をみると、iPhone 14 Pro Maxを超える結果を叩き出しています。

  • Galaxy S23 Ultra:126h
  • iPhone 14 Pro Max:121h
  • Galaxy S22 Ultra:108h
  • Galaxy S23:101h
  • iPhone 14 Pro:86h
  • Galaxy S22:85h

バッテリー容量は5,000mAhでS22 Ultraから据え置きですが、以下の2つが大きいようです。

  • 消費電力を抑えたディスプレイ
  • 電力効率の良いSnapdragon 8 Gen 2 for Galaxy

ディスプレイは発光効率を高めることで、消費電力を13%〜16%削減しているとのこと。ピーク輝度は1,750nitで前モデルと変わりません。

参照:Samsung Display

バッテリー持ちを実感する口コミはたくさん見つけることができました。

「Snapdragon 8 Gen 2 for Galaxy」が凄い

Galaxy S23 Ultraは、スマホの頭脳となるSoCに「Snapdragon 8 Gen 2 for Galaxy」を搭載しました。

通常のSnapdragon 8 Gen 2から、クロック数が3.20GHz⇒3.36GHzに変更されるなど、Galaxy向けにカスタマイズされています。

昨年の 8 Gen 1と比べると、CPU性能が34%、NPU性能が49%、GPU性能が41%向上しています。

AnTuTuベンチマークスコアは120万点超です。100万点弱のS22 Ultraから大きくスコアを伸ばしています。

発熱対策が強化されてるのがうれしい

薄型で高い冷却効率を実現する「ベイパーチャンバー」は、S22 Ultraから約2.1倍に大型化しています。さらに高い冷却効率が期待できます。

今回のモデルは発熱が少ないという声が多いですね。

また、充電しながらゲームをする時に直接給電で発熱を抑える「Pause USB Power Delivery」も新たに追加されました。

Xperiaの「HSパワーコントロール」と同様の機能です。

ディスプレイは平らな部分が増えた

地味に変わったのがディスプレイの形状です。S22 Ultraと比べ、エッジの丸みが減り、平らな面積が増えています。

Sペンもより使いやすくなっているようです。

価格は19万円超。ドコモ・auで販売

2023年4月20日にドコモ、auから発売されました。

ドコモ

  • 256GB:197,670円(99,990円)
  • 512GB::236,500円(119,020円)

au

  • 256GB:197,650円(107,410円)
    164,800円~(89,700円)
  • 512GB:225,120円(121,440円)
    184,800(99,900円)
  • 1TB::253,440円(138,000円)
    211,800(116,000円)
MEMO

24年2月にauで値下げされました!

※512GB、1TBはファントムブラックのみ

カッコ内の金額は、購入プログラムを利用したときの、2年間の負担額です。

価格はドコモ、auともに256GBでも20万円に迫る価格です。

ドコモではいつでもカエドキプログラム、auではスマホトクするプログラムで、2年間は10万円前後の負担額で利用できます。

カラーはクリーム、グリーン、ファントムブラックの3色です。ドコモ、auともに3色取り扱いがあります。

後継モデル「Galaxy S24 Ultra」が発売

Galaxy S24 Ultra

2024年4月に後継モデルの「Galaxy S24 Ultra」が発売されます。

本作はハード面の進化はそこそこに「Galaxy AI」という新機能に注力されています。

ちなみに2024年4月以降、Galaxy S23 UltraもアップデートによってGalaxy AI機能が使えるようになります。

まとめ

Galaxy S23 Ultraは、カメラ、バッテリー、SoCと主要な項目で大幅な進化があり、今回は「メジャーアップデート」と言ってもよいでしょう。

  • 2億画素のカメラで夜景・高画素撮影が進化
  • バッテリー持ちが大幅に良くなった
  • 処理性能が一気にアップ。発熱も改善

Ultraに飛びつくタイミングを伺っていた人にとって、今回は「買い」のタイミングなのかもしれません。

ちなみに:契約するならオンラインショップがお得です

契約を検討しているのであれば、オンラインショップがお得なので、最後にそれだけ簡単に説明しておきます。

  1. 事務手数料、頭金がかからない(auは手数料かかります)
  2. オンライン限定キャンペーンがある
  3. オプション不要・しつこい営業がない
  4. 来店不要・待ち時間がない

金銭的メリット(事務手数料、頭金)だけでなく精神的なメリット(待ち時間・勧誘なし)も大きく、おすすめ。

また、各社が直営する公式オンラインショップなので安心して契約できます。

少しでもお得にかしこく契約したいと思っている人は、ぜひオンラインショップを使ってみてください。

こんな記事もおすすめ