【保存版】iPhoneを安く買う方法

Rakuten Turboは言われてるほど高い?僕が考える本当のメリット・実測

ゴリラ

楽天モバイルの「Rakuten Turbo」が気になっているけど、あんまり評判良くないの?

2023年1月、楽天モバイルが自宅据え置き型のWi-Fiサービス「Rakuten Turbo」の提供をスタートしました。

ただ、発表当初から「高い」などネガティブな声が多く、出鼻をくじかれている感じです……。

そこでRakuten Turboの概要や注意点、口コミも参考にしながら、ぶっちゃけどうなん?本当に高いのか?を考えていきたいと思います。

正直な結論
  • Rakuten Turboは自社内のモバイルプラン「Rakuten最強プラン」のコスパが良すぎるあまりに「高い」と言われがち
  • しかし、他社のホームルーターサービスと比べれば、そこまで高いわけではない
  • 解約後の端末の使いみちがない、スマホとのセット割がない。この辺りはデメリットに挙げられる

※ 正直スマホはアフィリエイトプログラムに参加しています(メディアポリシー)。
※この記事の更新日は冒頭に記載のとおりです。最新の情報は各社公式サイトおよびオンラインショップでご確認ください。

ちなみに…

 

 

楽天モバイルでは端末を買って最大3.2万円還元のキャンペーンをやってます!
対象iPhone / 対象Android

 

\一度は契約しないと損/

料金シミュレーションもれなく100ポイントもらえます

楽天モバイル iPhone キャンペーン 2024年4月

 

楽天モバイルのiPhone 15などが値下げされました!

 

さらに、SE以外のすべてのiPhoneが最大3.2万円還元されるキャンペーンもスタート!!!新規でも最大2.8万円還元!!

 

キャンペーンをくわしく見てみる 

楽天モバイルのホームルーター「Rakuten Turbo」

Rakuten Turbo

Rakuten Turboは自宅などに据え置きで使うホームルーターサービスです。

ルーターをコンセントに差すだけで通信でき、工事もなく、サクッとWi-Fi環境をつくることができます。

この手のサービスは「FWA(Fixed Wireless Access)」と呼ばれ、ドコモなどの他キャリアでも提供されています。

「自宅に光回線が引けない」「(集合住宅など)引いても速度が出ない」「手軽にWi-Fi環境をつくりたい」といったニーズを取り込み、市場を拡大させています。

Rakuten Turboの料金

Rakuten Turboでは「プラン料金」と「製品代金(分割)」の合算を毎月支払っていくことになります。

Rakuten Turboの「プラン料金」は以下のとおり(2024年4月現在)。

  • 4,840円/月
  • 最初の6ヶ月間は0円で利用可(合計29,040円割引)

また、Rakuten Turbo専用端末「Rakuten Turbo 5G」の価格は以下。

  • 一括:41,580円
  • 24回:1,732円/回
  • 48回:866円/回

この料金がぶっちゃけ高いのかどうか?は、あとで比較しますが、結論、他社と比べれば安いです。

Rakuten Turboのエリア

Rakuten Turbo

基本的には楽天モバイルのエリアに準じています。

ただし、一点重要な違いがあります。

Rakuten Turboでは楽天モバイルでは利用できる「パートナー回線(au回線)」につながりません。

つまり、自宅などの使用環境で楽天回線が入らないと、Rakuten Turboは契約できないということです。

現状の楽天回線は屋内や高層階に弱いとされています。基本的に屋内で使うサービスなので、ちょっと不安ですね……。

専用端末「Rakuten Turbo 5G」

Rakuten Turbo

Rakuten Turbo向けの端末「Rakuten Turbo 5G」のスペックも確認しておきましょう。

特筆すべきポイントは以下のとおり。

  • 「Wi-Fi 6(11ax)」に対応
  • 下り:最大2.1Gbps、上り:最大218Mbps(5G sub6通信時)
  • 最大接続台数:128台
  • 対応バンド:5G n77、LTE 3

Wi-Fi 6(11ax)は2019年に公開されたWi-Fiの規格です。それまでより通信速度が向上し、同時接続にも強くなりました。

国内では2022年からWi-Fi 6E(6の拡張版)も使えるようになりましたが、対応しているデバイス自体がまだ少なく、実用シーンでは「6」で十分です。

またRakuten Turbo 5G、先程もお伝えしたように、楽天モバイルの周波数にのみ対応しています。

口コミ:Rakuten Turbo 速度の実測値

サービス開始から約1週間後の時点での、速度に関する口コミを調査しました。

こちらの方の情報では、楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT)の方が、下りの速度で上回っています

また、「みんそく」には確認時点(2024/04/20)で896件のレポートが上がっていました。

参考にRakuten最強プラン(右)も併記します。

  • 平均Ping値:59.93ms / 51.19ms
  • 平均ダウンロード速度:86.94Mbps / 136.37Mbps
  • 平均アップロード速度:32.78Mbps/ 33.45Mbps

参照:Rakuten Turboの速度測定結果(実測値)

2024年4月現在はモバイルの「Rakuten最強プラン」の方が速度が出ている状況……。

特に下りの速度には大きな差が見られます。

Rakuten Turboの速度を上げる方法

公式では以下の環境を推奨しています。

  • 窓際など、電波を受け取りやすい場所
  • Wi-Fiの電波と干渉する機器(電子レンジ、テレビなど)から離して設置
  • 高層階(およそ16階以上)ではない場所

やはり楽天回線は室内の奥まった場所は苦手です。窓のそばに設置するのは必須と言えそうです。

Rakuten Turboの注意点、デメリット

ゴリラ

それ以外の注意点はないのか?

契約前に知っておきたい注意点は以下のとおり。

  • 解約後、端末の用途がない
  • 登録した住所でしか利用できない
  • スマホとのセット割がない

個人的に一番気になるのが、一番上の端末に関すること。

  • Rakuten TurboはRakuten Turbo 5Gの購入とセットでしか契約できない
  • 楽天モバイルのSIMを入れても使えない
  • 対応Bandが限定的

つまり仮に短期で解約すると、買い取ったRakuten Turboは使いみちがなく、また、フリマなどで売ろうにも買い手がつきません

なので意地でも端末代金の元をとるまで使わないと……、という感情になり、つまりこれは事実上の縛りとなってしまいます。

ゴリラ

せめて、端末のレンタルプランがあればいいのにな……

Rakute Turboのメリット、他社比較

正直、Rakute Turboだけを見ていると、あまりいいところが見えてきません。

そこで競合サービスと比較してみることで、Rakute Turboの良いところを見出してみようと思います。

スクロールできます→

Rakuten
Turbo
ドコモ
home 5G
UQ
ギガ放題プラス
ソフトバンク
Air
月額料金
(割引前)
4,840円 4,950円 4,950円 5,368円
端末 Rakuten Turbo 5G home 5G HR01 HOME 5G L12 Airターミナル5
端末代 41,580円 39,600円 5,940円 71,280円
割引 ・2,860円×12ヶ月
=34,320円
・楽天モバイルとセットで
2万ポイント還元
1,100円×36ヶ月
=39,600円
682円×25ヶ月
=17,050円
・1,980円×36ヶ月
=71,280円
・2,288×12ヶ月
=27,456円
端末
実質代金
▲12,740円 0円 ▲11,110円 ▲27,456円
事務手数料 3,300円 0円 3,300円 3,300円
36ヶ月の
合計負担額
164,800円 178,200円 176,330円 169,092円
スマホとの
セット割
同時接続 128 65 40 128
Wi-Fi Wi-Fi6(IEEE802.11ax)

メリット① Rakuten Turboの月額料金(割引前)は安い

「高い」と言われがちですが、各社のホームルータープランの中では、割引前の月額料金は最安です。

また、楽天モバイルとセットで契約することでもらえるポイント(2万ポイント。2023年6月現在)まで考慮すれば、3年間の負担額は最も抑えられます

ゴリラ

ただ、楽天モバイルのことだから、将来的にガツンとキャンペーンやる可能性ありそうだな!そのときは圧倒的に安くなりそう。

メリット② 最大128台に同時接続できる

ソフトバンクのAirターミナル5と並んで、128台まで接続できます。

実際にそんなに接続することはないですが、スペック的には多いに越したことはありません。

メリット③ 8日間キャンセルもできる(歓迎ぎみ)

回線契約のクーリングオフとも言われる「初期契約解除(8日間キャンセル)」にも対応しています。

楽天モバイルは「通信速度や製品にご満足いただけない場合は返金・返品もOK」と大々的にアピールしています。

Rakuten Turbo

他サービスでも8日間キャンセルはできますが、ここまで「OKやで!」とは言っていません。

キャンセル前提で契約するのは全くおすすめできませんが、楽天としては「まずは使って欲しい」というスタンスを見せてくれています。

高いと言われる本当の理由は「楽天モバイル」という”ライバル”の存在

Rakute Turboが登場する前も、楽天モバイルを固定回線代わりに使っているユーザーはたくさんいました。

かくいう僕も、楽天モバイルをBand3固定して、固定回線として利用していた時期があります。

  • 楽天モバイル:3,278円(20GB以上)
  • 無制限で通信可
  • 据え置きではなく、持ち運べる
  • パートナー回線も使える
  • (口コミでは)速度もそんなに変わらなさそう

現状、スマホ向けプランの方が、据え置きプランの上位互換という感じになってしまっています。

「Rakuten Turboは高い!」と言われるのも、この楽天モバイルの存在によるところが大きいです。

Rakuten Turboがおすすめな人

ここまで紹介した内容を踏まえて、Rakuten Turboを検討しても良いのはこんな人!を考えました。

  • 集合住宅の光回線が遅いファミリー世帯
  • 数十人を集客できる店舗事業のオーナー

集合住宅の光回線が遅いファミリー世帯

マンションで固定回線を引いているけれど、思うような速度が出なくて悩んでいる、というファミリー世帯は、検討の余地があります。

マンションは他の居住者と回線を分け合って利用するため、光回線であっても速度が出にくいです。

またマンションによっては、そもそも速度が出ない設備が導入されていることもあります。

数Mbpsのような超低速な状況なら、Rakuten Turboにした方が速度が期待できるでしょう。

また128台まで接続でき、5GHz・2.4GHzともにWi-Fi6を利用できることから、家族や複数デバイス(家電など)での利用にも向いています

数十人を集客できる店舗事業のオーナー

めっちゃピンポイントな提案ですが……。

同時接続台数が多いことから、一度に数十人が来店する可能性がある飲食店や宿泊業のオーナーさんも、検討の余地があるかもしれません。

固定回線の方が通信は安定しますが、Rakuten Turboなら工事不要、撤去もコンセントを抜くだけです。

現状は楽天モバイル(Rakuten最強プラン)の固定回線化をおすすめ

Rakuten Turboは他のホームルーターと比べても遜色ないサービスだと思います。

しかし、自社内に楽天モバイルという、無制限で使える強力なライバルが存在します。

料金、使い勝手、速度、どれをとっても、現状は楽天モバイルを固定回線代わりに使うほうが良い、という結論です。

ただし楽天のこと。他を圧倒するようなド派手はキャンペーンを行う可能性もあるため、気になる方はタイミングを見計らっておくのが良さそうです。

公式サイトでRakuten Turboを見てみる

ちなみに:期間限定キャンペーンも実施中

楽天モバイルでは、以下のキャンペーンを実施中です!

↓左右にスクロールできます!

キャンペーン 乗り換え契約 新規契約
①楽天モバイル
を初めて契約
6,000ポイント 2,000ポイント
②対象端末購入 iPhone:最大2万円還元
Android:最大6,000ポイント
対象iPhone
対象Android
③対象iPhone
購入でさらに
6,000ポイント
端末詳細
三木谷さんの紹介ページ
から申し込みで
解説記事
最大1.4万ポイント
※①③との併用は不可
※2回線目OK
最大7,000ポイント
①③との併用は不可
※2回線目OK
合計 最大3.4万円還元 最大2.8万円還元

ゴリラ

今らな、30秒くらいの料金シミュレーションするだけで、全員100ポイントもらえるゾ!

最新の価格や在庫は公式サイトを確認してみてくださいね!

 

\一度は契約しないと損/

料金シミュレーションもれなく100ポイントもらえます

こんな記事もおすすめ