【保存版】iPhoneを安く買う方法

1万円台から買える「moto g13」は納得感のある最安級モデル。スペックレビュー

ゴリラ

「moto g13」ってどう?安く買えるみたいだけど。

2023年4月21日、1万円台から買えるエントリースマホ・モトローラの「moto g13」が発売されました。

「そこそこ使える」ところが魅力で、最近では貴重な納得感のあるエントリーモデルと言えそうです。

本記事では、「moto g13」のスペックをサクッとチェックしていきます。

正直な結論

先に正直な結論を伝えると、moto g13は、2万円切りのエントリーモデルとしては、上々のスペックです。

 

90Hz駆動、ステレオスピーカー、トリプルスロット、バッテリー持ちなど魅力は多いです。

  • 発売日:2023年4月21日
  • 価格(プログラム利用時):
    • IIJmio:19,800円
    • mineo:21,384円
    • イオンモバイル:18,800円
    • 公式ストア:22,800円
    • Amazon:22,800円

※ 正直スマホはアフィリエイトプログラムに参加しています(メディアポリシー)。
※この記事の更新日は冒頭に記載のとおりです。最新の情報は各社公式サイトおよびオンラインショップでご確認ください。

 

\格安端末多数あり/

IIJmioの最新プランを正直解説

「moto g13」のスペックを総チェック

moto g13で特に注目すべきポイントを見ていきましょう。

  • 90Hz駆動・6.5インチのディスプレイ
  • マクロ撮影ができるトリプルカメラ
  • バッテリー持ちが期待できる
  • ステレオスピーカー搭載
  • 顔認証と指紋認証、両方OK
  • 5G・おサイフケータイには対応せず
  • モトローラ独自のジェスチャー機能
  • トリプルスロットを搭載
  • SoCは「MediaTek Helio G85」

90Hz駆動・6.5インチのディスプレイ

ディスプレイのリフレッシュレートは90Hzに対応

高速な画面の書き換えができて、ヌルヌル滑らかな操作に貢献してくれます。

画面サイズも6.5インチと大画面です。アスペクト比は 20:9と細長く、映画を大きく表示できます。

なお、解像度は1,600×720(HD+)で液晶です。このあたりは、さすがにエントリークラスです。

マクロ撮影ができるトリプルカメラ

カメラは、メインカメラ、マクロカメラ、深度測位カメラのトリプルカメラです。

  • メインカメラ: 5,000万画素 F1.8
  • マクロカメラ:200万画素 F2.4
  • 深度測位カメラ:200万画素 F2.4

マクロカメラでグッと寄って接写できます。深度センサーでポートレートも強化されています。

ちなみに設定からシャッター音のオンオフの切り替えもでき、無音でも撮影できます。

バッテリー持ちは期待できる

バッテリー容量は5,000mAhと大容量です。スペックが控えめなので省エネ&電池持ちは期待できそうです。

充電は20Wの急速充電(TurboPowerチャージ)に対応。ただし、充電器・ケーブルは付属されていません。

ステレオスピーカー搭載

ステレオスピーカーを搭載しています。

また、Dolby Atmos(ドルビーアトモス)に対応しており、一部の楽曲・動画で、臨場感のある立体音響が楽しめます。

このあたりもコンテンツを楽しむサブ機向きにもってこいですね。

端末上部にはイヤホンジャックも搭載されており、FMラジオにも対応しています。

顔認証と指紋認証、両方OK

顔認証と指紋認証の両方に対応しています。指紋認証は電源センサーと一体型です。

また「本体を起こして画面をオン」も設定できるため、

本体を持つ(起こす)→画面を見る→ロック解除

という一連の流れがスムーズに行なえます。

5G・おサイフケータイには非対応

5Gの通信には対応していません。

また、おサイフケータイも使えず、防水性能もIP52の「防滴レベル」にとどまるため、お風呂用には厳しめです。

5G・おサイフケータイ・防水が必要であれば、上位機のmoto g52jも選択肢になります。

モトローラ独自のジェスチャー機能

設定の中から、ジェスチャー機能を割り当てることができます。

  • 電源キーを2回押しでアシスタントを起動
  • 電源キーをダブルタップでクイックショートカット
  • 3本指でスクリーンショット
  • 端末を2回振って簡易ライトを起動 など

ちなみに以前は「Motoアプリ」にあったジェスチャー機能の設定が、「設定アプリ内」のジェスチャー、ディスプレイ、通話などの項目に移動しています。

トリプルスロットを搭載

SIMスロットは、nano SIM+nano SIM+SDカードのトリプルスロット仕様です。

SIMカードとSDカードのスロットはそれぞれ専用なので、デュアルSIMとSDカードを同時に利用できます。

SDカードは最大512GBまでに対応。ちなみに、本体のストレージも128GBと十分にあります。

SoCは「MediaTek Helio G85」

スマホの頭脳となるSoCは「MediaTek Helio G85」を搭載。AnTuTuベンチマークは20万点台前半です。

アプリの立ち上げなどは、少しモッサリ感を感じるかもしれません。

moto g13の価格は1万円台から

moto g13の価格は次のとおりです。MVNO、公式ストア、Amazonなどで購入できます。

  • IIJmio:19,800円(執筆時点では乗り換えで980円~)
  • mineo:21,384円
  • イオンモバイル:18,800円
  • 公式ストア:22,800円
  • Amazon:22,800円(執筆時点で2,280円引クーポンあり)

IIJmioでは随時セールが実施されるので、そちらを上手く活用できると激安購入も可能です。

「moto g13」「moto g32」「moto g52j 5G」を比較

moto g13以前の機種として、2022年に「moto g32」「moto g52j 5G」を発売しています。

それぞれミドルレンジでIIJmioでは2万円台で購入できます。以下、それぞれの機種を比較しておきます。

スクロールできます→

moto g13 moto g32 moto g52j 5G
発売日 2023年4月21日 2022年9月30日 2022年6月3日
サイズ 横:約74.66mm
縦:約162.7mm
厚さ:約8.19mm
横:約73.84mm
縦:約161.78mm
厚さ:約8.49mm
横:約76.8mm
縦:約171mm
厚さ:約9.1mm
重量 約184g 約184g 約206g
SoC
(AnTuTuベンチマーク)
Helio G85
(約22万点)
Snapdragon 680
(約25万点)
Snapdragon 695 5G
(約39万点)
RAM+ROM
(microSD)
4GB+128GB
(最大512B)
4GB+128GB
(最大1TB)
6GB+128GB
(最大1TB)
ディスプレイ 約6.5インチ IPS液晶
HD+
(1,600×720)
約6.5インチ IPS液晶
フルHD+
(2,400×1,080)
約6.8インチ IPS液晶
フルHD+
(2,460×1,080)
リフレッシュレート 90Hz 90Hz 120Hz
メインカメラ 広角:約5,000万画素
マクロ:約200万画素
深度:約200万画素
広角:約5,000万画素
超広角:約800 万画素
マクロ:約200万画素
広角:約5,000万画素
超広角:約800 万画素
マクロ:約200万画素
フロントカメラ 約1,600万画素 約1,600万画素 約1,300万画素
バッテリー容量 5,000mAh
20W急速充電
5,000mAh
30W急速充電
5,000mAh
15W急速充電
おサイフケータイ 対応
防水・防塵 IP52 IP52 IP68
5G 対応
イヤホンジャック
スピーカー ステレオ ステレオ モノラル
SIM デュアルnanoSIM
+microSDカード
デュアルnanoSIM
+microSDカード
nanoSIM
+microSDカード

IIJmioの価格は次のとおり。

  • moto g13:19,800円
  • moto g32:22,980円
  • moto g52j 5G:34,800円⇒25,800円

3機種の中だと、moto g52j 5Gのスペックがワンランク上です。他2機種との違いは以下のとおり。

  • おサイフケータイとIP68の防水・防塵に対応
  • 120Hzのリフレッシュレート
  • 約6.8インチの大画面
  • Snapdragon 695 5Gで普段使いに十分

最安狙いならmoto g13が良いですが、少し予算を上げてmoto g52j 5Gを買うメリットは十分にあります。

なお、moto g52j 5Gはnano SIMは1枚まで、スピーカーはモノラルとなるので、そこは注意してくださいね。

moto g13を検討中ならこちらもおすすめ

まとめ

「moto g13」は90Hzのリフレッシュレート、ステレオスピーカー、トリプルスロット、128GBのストレージ、トリプルカメラなど、エントリーモデルとしては充実のスペックです。

2023年6月現在、最安狙いでエントリーモデルを買うとなると、候補に含めたい1台になるかと思います。

とくにIIJmioでは特価セールが頻繁にあるので、要チェックです。

ちなみに……

IIJmioでは格安SIM屈指の爆安セールを開催中です。

スクロールできます→

端末名 乗り換え
一括価格
通常価格
moto g24 110円 19,800円
OPPO A79 5G 110円 26,800円
24,800円
Redmi Note 10T 110円 18,800円
moto g13 110円 19,800円
OPPO A77 980円 19,800円
Redmi 12C
[3GB/64GB]
2,480円 17,820円
nubia nubia Ivy 3,980円 29,800円
moto g53j 5G 4,980円 31,000円
Redmi 12 5G
(4GB/128GB)
4,980円 27,800円
moto g50 5G 4,980円 22,800円
AQUOS sense6
[4GB/64GB]
4,980円 19,800円
OPPO Reno7 A 7,980円 3,980円
Redmi 12 5G
(8GB/256GB)
7,980円 32,320円
moto g52j 5G II 7,980円 23,800円
Mode1 RETRO II 7,980円 23,800円
OPPO Reno9 A 9,780円 41,980円
moto g52j 5G SPECIAL 9,980円 36,800円
AQUOS wish3 17,800円 33,800円
motorola edge 40 neo 19,800円 53,700円
motorola edge 40 19,800円 57,800円
49,800円
HTC Desire 22 pro 19,800円 24,800円
Nothing Phone (2a) 24,800円 49,800円
AQUOS sense7 27,800円 49,800円
AQUOS sense8 34,800円 54,800円
49,800円
OPPO Reno10 Pro 5G 37,800円 69,800円
Redmi Note 13 Pro+ 5G 39,800円 58,800円
Xperia 10 V 39,800円 49,800円
POCO F4 GT 49,800円 63,800円
nubia Flip 5G 54,800円 69,800円
AQUOS R6 59,800円 69,800円
motorola razr 40 69,800円 87,800円
Xiaomi 12T Pro 69,800円 79,800円
Xiaomi 13T Pro 73,800円 89,800円
Zenfone 10
[8GB/128GB]
74,800円 79,800円
Zenfone 10
[8GB/256GB]
84,800円 89,800円
motorola razr 40 ultra 85,800円 139,800円
104,800円
Nothing Phone (2)
[12GB/256GB]
89,800円 99,800円
Zenfone 10
[16GB/512GB]
94,800円 99,800円
Nothing Phone (2)
[12GB/512GB]
99,800円 109,800円
ROG Phone 7
[16GB/512GB]
129,800円 139,800円
ROG Phone 8 134,800円 158,000円
Xiaomi 14 Ultra 179,800円 194,800円

最新のセール端末・価格を見てみる 

 

お得なモデルは、毎回、秒で売り切れてしまいます。端末は更新されるので、定期的にチェックしてみてくださいね。

 

\格安端末多数あり/

IIJmioの最新プランを正直解説

こんな記事もおすすめ