【保存版】iPhoneを安く買う方法

iPhone 7は24年に正規修理が終了。実際いつまで使えるのか、OSアップデートができないとどうなる?

ゴリラ

まだiPhone 7使ってるんだけど、いつまで使えるのかな?

長年大切に使ってきたiPhone。「いつまで使えるんだろう?」「まだ使えてるけど、限界とかあるのかな?」と不安になるかもしれませんね。

この記事では、2016年に発売したiPhone 7がいつまで使えるのか?どうするのがベストか?提案します。

正直な結論
  • 2024年現在、iPhone 7はすぐに使えなくなるわけではないが、そろそろ機種変更を考えても良い
  • 2022年9月に公開されたiOS16へのアップデート対象から外されたが、セキュリティアップデートは続いている
  • 2024年9月までは正規の修理を受けられ、2026年には完全にサポートを終える予定

※ 正直スマホはアフィリエイトプログラムに参加しています(メディアポリシー)。
※この記事の更新日は冒頭に記載のとおりです。最新の情報は各社公式サイトおよびオンラインショップでご確認ください。

スマホの機種変更・契約は、頭金なし、来店なし、待ち時間なし、勧誘なしのオンラインショップがお得で便利です。

 

iPhone 7はiOS16(2022秋)アップデート対象外に

iPhone 7 いつまで

▼iPhone 7の発売日などのデータ▼

  • 発売:2016年
  • 販売終了:2019年
  • iOSアップデートサポート終了:2022年

iPhone 7は2022年の9月に最新のiOS(iOS16)対応機種から除外されてしまいました。

iPhoneのメインのコンピュータである「OS(オーエス)」は約1年ごとに新しいものにアップデートされますが、今後、iPhone 7は最新のOSに更新することができません。

では、最新のiOSにできないとなにが起こるのか、次項で解説します。

最新iOSの対象外になるとどうなる?

大前提として、最新のiOSでなくてもiPhoneは普通に使えます。

「最新OSにアップデートできません」などの通知が、日常的に表示されて鬱陶しいかもしれませんが、使えなくはありません。

最新iOSにアップデートできないことで想定される不安なことは、アプリによってはアップデートに対応しなくなる可能性があること。

iPhone 7のままだと、近い将来、以下のようなアプリが使えなくなる可能性が高いです。

  • メルカリなどのショッピングアプリ
  • LINEなどのメッセージアプリ
  • YouTubeなどの動画アプリ
  • PayPayなどの決済アプリ
  • その他ゲームアプリ

わざわざ例を出してみましたが、iPhoneに入っているあらゆるアプリが、ジワジワと使えなくなっていく覚悟をしておいた方が良いかもしれません。

セキュリティアップデートは続く

スマホメーカーはOSのアップデート以外にも、細々としたセキュリティのアップデートを行っています。

iPhone 7は最新OSへのアップデートはできないものの、セキュリティアップデートは継続して行われています。

例えばこの記事を書いている直近では、2023年10月に実施されています。

参照 Apple セキュリティアップデート – Apple サポート (日本)

修理ももうしばらくは受けられる

Appleは販売が終了したiPhoneを以下の2種類に分類します。

  • ビンテージ製品
    販売中止から5年以上7年未満の製品
    部品がある限り、Appleや正規プロバイダから修理を受けられる
  • オブソリート製品
    販売中止から7年以上経過した製品
    修理が受けられなくなり、完全にサポートが終了する

iPhone 7の販売終了は2019年9月でした。なので、2024年9月までは正規の修理を受けられ、それ以降については、部品の在庫次第となり、2026年には完全にサポートを終える予定です。

その他に起こる可能性のある不具合

OSのバージョンに関係なく、iPhone 7を今後も使い続けると以下のような症状が起こる可能性があります。

  • バッテリーの減りが早まる
  • バッテリーがふくらむ
  • 突然シャットダウンする
  • アプリが開くのが遅くなる
  • 動作が遅い、重い、カクカクする

すでにこれらの症状が出ている方もいるのではないでしょうか?

長期間同じスマホを使うと、特にバッテリー周りの不具合(減りが早い、膨らむ、突然シャットダウンなど)が増えてきます。

まだiPhone 7を使ってる人を探してみる

2024年1月にXにてiPhone 7を使っている人の声を探してみました。

サブ端のiPhone7がそろそろ限界だってずっと言ってるけど結局変えるほどでもないんだよな

参照 X

iPhone7という古のスマホから15に変えたよ!画面がでっかい!

参照 X

「iPhone 7」で検索してみると、かなりの数の言及が確認できます。それだけユーザーの多い端末だということがわかります。

ただしその内訳を見てみると「iPhone 7から機種変更した(そして、感動した!)」という声が大半を占めています。

事実、そろそろ限界を迎えているユーザーは多いようです。

iPhone 7から機種変更でおすすめのiPhoneは?

ということで、現在もiPhone 7を使っている方には、問答無用で機種変更をおすすめします。

iPhoneの機種変更を考えている方に3つのiPhoneを紹介します。

  • せっかくなので最新がいい方→iPhone 15
  • とくにこだわりはない→iPhone SE(第3世代)
  • 節約したいけど、大画面がいい方→iPhone 13

以下でそれぞれ解説します!

思い切って最新iPhone!「iPhone 15シリーズ」

せっかくiPhoneを買い換えるなら、やはり最新のiPhone 15には魅力を感じます。

iPhone 15には以下の4機種があります。

  • iPhone 15:基本となるモデル
  • iPhone 15 Plus:15とスペックは同じで画面サイズが大きい
  • iPhone 15 Pro:上位モデル
  • iPhone 15 Pro Max:上位モデルかつ大型

 

スクロールできます→

iPhone 15

iPhone 15 128GB 256GB 512GB
ドコモ
※24年4月改定
149,490円
(75,570円)
(62,898円)
172,040円
(86,240円)
(73,040円)
212,300円
(106,700円)
(89,540円)
au
※24年4月改定
145,640円
(76,820円)
(38,240円)
166,780円
(87,630円)
206,930円
(107,985円)
ソフトバンク
※24年4月改定
142,920円
(62,304円)

145,152円
(36,144円)
166,320円
(85,320円)
(83,160円)
206,640円
(105,960円)
(103,800円)
楽天モバイル
※24年2月改定
140,800円
(70,392円)

131,800円
(65,880円)
161,800円
(80,800円)

153,800円
(76,896円)
199,800円
(99,888円)

187,800円
(93,888円)
Apple 124,800円
(83,199円)
139,800円
(93,199円)
169,800円
(113,199円)

iPhone 15 Plus

iPhone 15 Plus 128GB 256GB 512GB
ドコモ 168,740円
(85,580円)
190,080円
(96,360円)
230,890円
(116,050円)
au 163,490円
(85,790円)
184,850円
(96,830円)
225,360円
(117,415円)
ソフトバンク
※24年4月改定
163,440円
(84,000円)
(46,800円/1年)
(85,680円/2年)
184,320円
(95,520円)
(52,200円/1年)
(96,240円/2年)
224,640円
(117,000円)
(63,360円/1年)
(117,120円/2年)
楽天モバイル
※24年2月改定
156,800円
(78,384円)

146,800円
(73,392円)
178,800円
(89,400円)

167,800円
(83,880円)
218,900円
(109,440円)

204,800円
(102,384円)
Apple 139,800円
(93,199円)
154,800円
(103,200円)
184,800円
(123,199円)

iPhone 15 Pro

iPhone 15 Pro 128GB 256GB 512GB 1TB
ドコモ 192,060円
(97,020円)
218,790円
(110,550円)
255,090円
(131,010円)
291,830円
(158,510円)
au 185,860円
(99,705円)
211,930円
(112,930円)
248,560円
(131,560円)
285,420円
(150,420円)
ソフトバンク
※24年4月改定
185,760円
(96,120円)
(43,992円/1年)
(91,248円/2年)
211,680円
(109,200円)
(53,820円/1年)
(106,440円/2年)
248,400円
(130,680円)
(71,280円/1年)
(130,320円/2年)
285,120円
(150,360円)
(81,540円/1年)
(149,400円/2年)
楽天モバイル
※24年2月改定
179,800円
(89,880円)

174,700円
(87,336円)
205,800円
(102,888円)

192,800円
(96,384円)
240,900円
(120,432円)

225,800円
(112,896円)
276,800円
(138,384円)

259,800円
(129,888円)
Apple 159,800円
(106,533円)
174,800円
(116,533円)
204,800円
(136,533円)
234,800円
(156,533円)

iPhone 15 Pro Max

iPhone 15
Pro Max
256GB 512GB 1TB
ドコモ 236,940円
(119,460円)
273,680円
(145,640円)
305,910円
(169,950円)
au 230,360円
(122,360円)
267,100円
(141,105円)
303,850円
(159,850円)
ソフトバンク
※24年4月改定
229,680円
(120,840円)
(65,340円/1年)
(120,120円/2年)
266,400円
(140,400円)
(76,320円/1年)
(139,680円/2年)
293,040円
(155,040円)
(85,320円/1年)
(154,560円/2年)
楽天モバイル
※24年2月改定
224,800円
(112,392円)

210,800円
(105,384円)
260,800円
(130,392円)

244,800円
(122,400円)
288,800円
(144,384円)

276,800円
(138,384円)
Apple 189,800円
(126,533円)
219,800円
(146,533円)
249,800円
(166,533円)

※カッコ内は各社のプログラムを使ったときの、実質の負担額

この記事の読者さんは物持ちがめちゃくちゃいいと思います。過去数年でもっとも大きな進化を遂げたiPhone 15を購入して、5年、6年と長期で使うのはコスパの良い選択だと思います。

とくにこだわりがないなら「iPhone SE(第3世代)」

2022年に発売されたiPhone SE(第3世代)は「廉価版iPhone」の位置づけです。スペックはiPhone 15より劣り、その分、価格が安いです。

 

スクロールできます→

iPhone SE
(第3世代)
64GB 128GB 256GB
ドコモ
24年1月改定
73,370円
(37,730円)
(22,154円)
82,280円
(42,680円)
104,500円
(53,020円)
au
23年12月改定
70,935円
(38,295円)
(22,047円)
82,190円
(44,390円)
(26,600円)
103,415円
(55,775円)
ソフトバンク 73,440円
(22,008円)
81,360円
(26,784円)
99,360円
(52,560円)
楽天モバイル 62,800円
(31,392円)
69,800円
(34,896円)
84,800円
(42,384円)
UQモバイル 70,935円 82,190円 103,415円
ワイモバイル 73,440円 81,360円 99,360円
Apple公式 62,800円 69,800円 84,800円

前面フルディスプレイではなく、ホームボタンがついた、iPhone 8以前のデザインです。

しかし2022年発売だけあり、CPUはiPhone 14と同じものが使われており、処理性能は問題ありません。しかも価格が62,800円〜とお手頃なのが特徴です。

コスパよしの大画面「iPhone 13」

iPhone 13は2024年現在もApple公式で発売されており、価格は95,800円〜です。

iPhone SE(第3世代)に次いで安く買えるモデルで、こちらはホームボタンがなく、フルディスプレイです。

動画やゲーム、電子書籍や雑誌を見る機会が多い方は、型落ちながらまだまだ使えるiPhone 13がよいかと思います。

ただ、キャリアでの取り扱いは少なくなっており、Apple公式か、イオシスなどの中古販売店での購入となります。

Apple公式だと64GBが95,800円、イオシスなら執筆時点では、ほぼ未使用に近い「ランクA」が9万円程度で買えます。


その他、以下の記事では、今から買っても大丈夫な型落ちのiPhoneの特徴をまとめています!

今(2024年)からiPhone 7を買っても平気?

2024年の時点でiPhone 7を買うのはおすすめしません。

理由は今後使える期間が限られているから。

正直、これくらい古いiPhoneになると、最新OSのアップデートに対応しているモデルと、大きな価格差はありません。以下、2024年現在のイオシスにおける販売価格。

  • iPhone 7:9,800円〜(iOS16非対応)
  • iPhone 8:11,800円〜(iOS17非対応)
  • iPhone XR:24,800円〜(iOS17対応)

あと1万数千円を上乗せすれば、最新OSへのアップデートに対応しているモデルを購入できます。

まとめ:iPhone 7はすぐに使えなくなるわけではないが、そろそろ買え時

2024年になってもiPhone 7を使っている方は、非常に物持ちがよく、大切に使ってきたことと思います。

しかし2022年9月以降は最新のOSにアップデートできない不完全なiPhoneです。

セキュリティアップデートは続くものの、アプリが使えなくなる可能性があること、バッテリーが減っていると予想されることなどから、そろそろ機種変更を考えてもいいかな、という感じです。

この記事が機種変更を検討する際の参考になればうれしいです。

「このiPhone、いつまで使える?」解説記事

ちなみに:契約するならオンラインショップがお得です

契約を検討しているのであれば、オンラインショップがお得なので、最後にそれだけ簡単に説明しておきます。

  1. 事務手数料、頭金がかからない(auは手数料かかります)
  2. オンライン限定キャンペーンがある
  3. オプション不要・しつこい営業がない
  4. 来店不要・待ち時間がない

金銭的メリット(事務手数料、頭金)だけでなく精神的なメリット(待ち時間・勧誘なし)も大きく、おすすめ。

また、各社が直営する公式オンラインショップなので安心して契約できます。

少しでもお得にかしこく契約したいと思っている人は、ぜひオンラインショップを使ってみてください。

こんな記事もおすすめ

\知ってるだけで万レベルでお得/
iPhoneを安く買う方法