【保存版】iPhoneを安く買う方法

【7つの新要素】iPhone 15 Pro、iPhone 15 Pro Max スペック解説。チタニウム・A17 Proで超進化

ゴリラ

iPhone 15 Pro/Pro Maxが発売するね!今年はどこが変わったの?

2023年9月22日にiPhone 15 Pro/Pro Maxが発売します。

13や14を見送ってタイミングをうかがっていた人にとって、今年はいよいよメジャーアップデートで買いのタイミングと言えそうです。

本記事では、iPhone 15 Pro/Pro Maxの新要素をサクッとお伝えします。

正直な結論

先に正直な結論を伝えると、iPhone 14のマイナーアップデートを経て、15のProモデルは新要素が目白押しです。

 

なかでもUSB Type-C対応、チタニウムフレーム、A17 Proチップ、アクションボタンが注目です。見た目も中身も大きな変化を遂げています。

※ 正直スマホはアフィリエイトプログラムに参加しています(メディアポリシー)。
※この記事の更新日は冒頭に記載のとおりです。最新の情報は各社公式サイトおよびオンラインショップでご確認ください。

スマホの機種変更・契約は、頭金なし、来店なし、待ち時間なし、勧誘なしのオンラインショップがお得で便利です。

 

iPhone 15 Pro/Pro Maxの新機能・進化ポイント

スクロールできます→

iPhone 15
Pro
iPhone 14
Pro
iPhone 15
Pro Max
iPhone 14
Pro Max
容量 128GB
256GB
512GB
1TB
128GB
256GB
512GB
1TB
256GB
512GB
1TB
128GB
256GB
512GB
1TB
サイズ 横:70.6mm
縦:146.6mm
厚さ:8.25mm
横:71.5mm
縦:147.5mm
厚さ:7.85mm
横:76.7mm
縦:159.9mm
厚さ:8.25mm
横:77.6mm
縦:160.7mm
厚さ:7.85mm
重量 187g 206g 221g 240g
ディスプレイ
解像度
6.1インチ
OLED
2,556 x 1,179
460ppi
6.7インチ
OLED
2,796 x 1,290
460ppi
Dynamic Island
常時表示
リフレッシュ
レート
1〜120Hzの可変
ProMotionテクノロジー
1〜120Hzの可変
ProMotionテクノロジー
最大輝度 1,000ニト(標準)
1,600ニト(HDR)
2,000ニト(屋外)
1,000ニト(標準)
1,600ニト(HDR)
2,000ニト(屋外)
チップ A17 Proチップ
6コアCPU
6コアGPU
16コア
Neural Engine
A16 Bionicチップ
6コアCPU
5コアGPU
16コア
Neural Engine
A17 Proチップ
6コアCPU
6コアGPU
16コア
Neural Engine
A16 Bionicチップ
6コアCPU
5コアGPU
16コア
Neural Engine
防沫/耐水/防塵 IP68
(水深6メートルで
最大30分間)
IP68
(水深6メートルで
最大30分間)
バッテリー容量
(ビデオ/音楽)
最大23時間/
最大75時間
最大20時間/
最大80時間
最大29時間/
最大95時間
充電 ・約30分で50%(20W)
・MagSafe:最大15W
・ワイヤレス:最大7.5W
・約30分で50%(20W)
・MagSafe:最大15W
・ワイヤレス:最大7.5W
アクションボタン
SIM ・nano-SIM+eSIM
・eSIM+eSIM
・nano-SIM+eSIM
・eSIM+eSIM
生体認証 Face ID
(顔認証)
Face ID
(顔認証)
決済 Apple Pay Apple Pay
安全 ・緊急SOS
・衝突事故検出
・緊急SOS
・衝突事故検出

iPhone 15 Pro/Pro Maxの主だった新機能は以下のとおりです。

  • ついにUSB Type-Cに対応
  • Proは高速データ転送のUSB 3に対応
  • チタニウムで軽くなった
  • A17 Proチップを搭載
  • アクションボタンが登場
  • ベゼル幅が狭くなった
  • Apple Watchへ逆充電できる

新機能・進化したポイントを詳しく見ていきましょう。

ついにUSB Type-Cに対応

iPhone 15 Pro/Pro MaxはUSB Type-Cに対応し、ついにLightning端子を卒業しました。

これからは他のデバイスとケーブルを統一できます。

ヨーロッパでは2024年12月28日から、充電デバイスの接続端子がUSB Type-Cに義務付けられることが決まっていました。

遅かれ早かれ、iPhoneもType-Cになることが確実視されていましたが、iPhone 15のタイミングでバチっと切り替わりました。

Proは高速データ転送の「USB 3」に対応

一言で「USB Type-C」と言っても、規格によって転送速度が異なります。

Proモデルは高速データ転送ができる「USB 3」に対応しました。

  • iPhone 15 Pro/Pro Max:USB 3(最大10Gbps)
  • iPhone 15/15 Plus:USB 2(最大480Mbps)

Pro仕様のカメラで撮影した大容量のファイルをMacなどに転送する際、iPhone 15や14 Proの約20倍の速さで一気に送れます。

チタニウムで軽くなった

サイドフレームがステンレススチールから頑丈で軽量なチタニウムに変更され、軽くなりました。

それぞれProモデル史上最軽量とのこと。

  • iPhone 15 Pro / 14 Pro:187g / 206g
  • iPhone 15 Pro Max / 14 Pro Max:221g / 240g

Pro、Pro Maxともに19g軽量化しています。10円玉4枚分ぐらい軽くなりました。

Apple Watch Ultra / Ultra 2などでもチタニウムが採用されています。

「航空宇宙産業レベルのチタニウム」と銘打った素材をiPhoneでも味わえます。

A17 Proチップを搭載

Proモデルには新型のA17 Proチップが搭載されました。

Android含め、スマホとして初の3nmプロセスで製造されるチップです。今回は技術的に大きく進歩しています。

性能はCPUが最大10%、GPUが最大20%高速化されています。

▼A17 Proチップの構成▼

  • 6コアCPU(2つの高性能コアと4つの高効率コア)
  • 6コアGPU
  • 16コアNeural Engine

最新の製造プロセスによる微細化で、性能だけでなくバッテリー持ちの大幅アップが期待できそう。これまで体験したことがない別格のパフォーマンスになるはずです。

今後はiPadやMacなどにも展開される可能性がある3nmプロセスのチップ。まずはiPhonでお披露目されます。

アクションボタンが登場

消音モードに切り替えるためのミュートスイッチが廃止され、代わりにアクションボタンが搭載されました。

アクションボタンにはよく使う機能をショートカットに設定できます。

  • 消音モード
  • 集中モード
  • カメラ
  • フラッシュライト
  • ボイスメモ
  • 翻訳
  • 拡大鏡
  • ショートカット 
  • アクセシビリティ

カメラ、ボイスメモ(録音)、翻訳など、かなり重宝する人も多そうですね。

ベゼル幅が狭くなった

べセル幅が狭くなり、ディスプレイの占有率が高まっています。

また本体サイズもわずかに小さくなっています。

  • iPhone 15 Pro / 14 Pro:
    147.6 × 71.6 × 7.80 mm
    / 146.7 × 71.5 × 7.80 mm
  • iPhone 15 Pro Max / 14 Pro Max
    159.9 × 76.7 × 8.25 mm
    / 160.7× 77.7 × 7.85 mm

ディスプレイのサイズは6.1インチ、6.7インチで据え置きです。

前面のデザインもまたひとつ洗練され、次のステージに進みました。

Apple Watchへ逆充電ができる

iPhone 15シリーズでは、USB Type-C⇒USB Type-CのケーブルでAirPodsやApple Watchに逆充電ができます。

ワイヤレス充電での逆充電の噂もありましたが、ケーブルの逆充電のみの対応となるようです。

15 Pro/Pro Maxのカメラの変更点

スクロールできます→

iPhone 15
Pro
iPhone 14
Pro
iPhone 15
Pro Max
iPhone 14
Pro Max
画素数
ƒ値
・メイン:
4,800万画素 ƒ/1.78
・超広角:
1,200万画素・ƒ/2.2
・2倍望遠:
1,200万画素・ƒ/1.78
(メインカメラを利用)
・3倍望遠:
1,200万画素・ƒ/2.8
・メイン:
4,800万画素 ƒ/1.78
・超広角:
1,200万画素・ƒ/2.2
・2倍望遠:
1,200万画素・ƒ/1.78
(メインカメラを利用)
・5倍望遠:
1,200万画素・ƒ/2.8
・メイン:
4,800万画素・ƒ/1.78
・超広角:
1,200万画素・ƒ/2.2
・2倍望遠:
1,200万画素・ƒ/1.78
(メインカメラを利用)
・3倍望遠:
1,200万画素・ƒ/2.8
光学ズーム ・ズームイン:3倍
・ズームアウト:2倍
・ズームイン:5倍
・ズームアウト:2倍
・ズームイン:3倍
・ズームアウト:2倍
デジタルズーム 最大15倍 最大25倍 最大15倍
手ブレ補正 ・第2世代のセンサーシフト
光学式手ぶれ補正(メイン)
・光学式手ぶれ補正(3倍望遠)
・第2世代の
センサーシフト
光学式手ぶれ補正(メイン)
・3Dセンサーシフト
光学式手ぶれ補正(5倍望遠)
・第2世代の
センサーシフト
光学式手ぶれ補正(メイン)
・光学式手ぶれ補正(3倍望遠)
ナイトモード
フォトグラフィ
スタイル
マクロ撮影
Apple ProRAW
ビデオ
フレームレート
・4K(24fps/25fps/30fps/60fps)
・1080p(25fps/30fps/60fps)
・720p(30fps)
・ドルビービジョン対応
HDRビデオ撮影
(最大4K、60fps)
・4K(24fps/25fps/30fps/60fps)
・1080p(25fps/30fps/60fps)
・720p(30fps)
・ドルビービジョン対応
HDRビデオ撮影
(最大4K、60fps)
ビデオ
シネマティックモード
4K HDR、最大30fps 4K HDR、最大30fps
ビデオ
アクションモード
最大2.8K、60fps 最大2.8K、60fps
ビデオ
ProRes撮影
最大4K、60fps 最大4K、30fps
(128GBモデルは
1080p、30fps)
最大4K、60fps 最大4K、30fps
(128GBモデルは
1080p、30fps)
ビデオ
デジタルズーム
最大9倍 最大15倍 最大9倍
TrueDepthカメラ
(フロントカメラ)
・1,200万画素
・ƒ/1.9
・1,200万画素
・ƒ/1.9

カメラの新要素も見ていきましょう。

  • 5倍光学ズームに対応(Pro Maxのみ)
  • 空間ビデオ撮影に対応
  • あとからポートレートにできる

5倍光学ズームに対応(Pro Maxのみ)

iPhone 15 Pro Maxでは、5倍光学ズームに対応したテトラプリズムデザインの望遠カメラを搭載します。

高倍率になると望遠鏡のようにレンズが長くなるところを、iPhoneの内部で4回反射させて焦点距離を稼ぐことで、薄いiPhoneで5倍ズームを実現しました。

ちなみにMaxではないiPhone 15 Proは光学3倍ズームの望遠レンズです。

またiPhone 14 Pro/Pro Maxと同様に、高画素のメインレンズによる2倍光学ズームも利用できます。

空間ビデオ撮影に対応

iPhone 15 Pro/Pro Maxは「Apple Vision Pro」で再生できる空間ビデオ撮影に対応しました。

メインカメラと超広角カメラを両目のように使い、奥行き感のある立体的な映像が撮影でき、Apple Vision Proで再生することで、その場にいるような体験ができるとのことです。

約50万円のApple Vision Proはハードルが高めですが、具体的にどんな機能になるのか気になるところです。

あとからポートレートにできる

iPhone 15シリーズは、撮影後でもポートレート風の仕上げができるようになりました。

被写体が人、犬、猫などの場合、自動で深度情報を取得しれくれます。撮影後にフォーカス調整も可能です。

iPhone 15 Pro/Pro Maxの価格は20万円切り

iPhone 15シリーズの価格は以下のとおりです。

スクロールできます→

機種 容量 Apple
公式価格
(参考)
先代モデル価格
※15発表直前価格
iPhone 15 128GB 124,800円 119,800円
256GB 139,800円 134,800円
512GB 169,800円 164,800円
iPhone 15
Plus
128GB 139,800円 134,800円
256GB 154,800円 149,800円
512GB 184,800円 179,800円
iPhone 15
Pro
128GB 159,800円 149,800円
256GB 174,800円 164,800円
512GB 204,800円 194,800円
1TB 234,800円 224,800円
iPhone 15
Pro Max
128GB 164,800円
256GB 189,800円 179,800円
512GB 219,800円 209,800円
1TB 249,800円 239,800円

先代のモデルよりも1万円値上げされました。妥当な範囲に収まっている印象です。

人によって感じ方はそれぞれだと思いますが、個人的にはブランドとリセールバリューを考えれば、割安に感じます。

iPhone 15 Pro Maxは256GBからのスタートになり、128GBは廃止されました。256GBで比較すると15 ProとPro Maxの価格差は1.5万円です。この価格差は迷いますね。

iPhone 15 Pro/Pro Maxのカラーは4色

iPhone 15 Pro/Pro Maxのカラーは4色。チタニウムを全面に押し出しています。

  • ナチュラルチタニウム
  • ブルーチタニウム
  • ホワイトチタニウム
  • ブラックチタニウム

 

購入プログラムを利用する方法もある

ちなみにキャリアで購入プログラムに加入してスマホを購入する方法もあります。

2年で返却することで、端末価格の3〜5割程度の支払いを免除してもらえます。

プログラムを使えば、Proモデルでも10万円以下の負担で、2年間利用できるようになるはずです。

iPhone 15 Pro/Pro Maxの評判・口コミ

iPhone 15 Pro/Pro Maxの発表当初のユーザーの声を探してみました。

みなさんは今回の発表をどのように受け止めたのでしょうか。

「無印よりProでしょ!」側の声

Proモデルは物欲センサーでビビっと選んでいる人が多い印象でした。新要素のどれかが刺さって決め手になっているようです。

チタニウムのデザインの評判|かっこいい!

チタニウムは軽くなったのもありますが、何よりデザインが良いという声が多いです。好意的な声がほとんどでした。

カラーの評判|色が少ないなどの声も

カラーは「落ち着いたカラーしかない」「バリエーションが少ない」などの声も。

Proは高級感のあるカラーに絞られたので、好みが分かれているようです。

無印モデルはホワイトがないことを嘆く声が複数見られました。ホワイトがどうしても欲しいとなると、Proを選ぶことになります。

まとめ

今回のiPhone 15 ProシリーズはUSB Type-C、チタニウム、A17 Pro、アクションボタンなど新要素目白押しで、メジャーアップデートな年になりました。

賛否ありつつも「あんまり変わってなくない?」の声が今年は少なく印象を受けました。のちに「iPhone 15 Proは転機だった」と言われるような、エポックメイキングな端末になる可能性があります。

今年はマニアックな進化ではなく、実用性に寄ったもので、正直メッチャ良いなと思いました。買い替えのタイミングなら、ぜひ検討したいですね。

各社でお得に機種変更する方法をまとめています。

ちなみに:契約するならオンラインショップがお得です

契約を検討しているのであれば、オンラインショップがお得なので、最後にそれだけ簡単に説明しておきます。

  1. 事務手数料、頭金がかからない(auは手数料かかります)
  2. オンライン限定キャンペーンがある
  3. オプション不要・しつこい営業がない
  4. 来店不要・待ち時間がない

金銭的メリット(事務手数料、頭金)だけでなく精神的なメリット(待ち時間・勧誘なし)も大きく、おすすめ。

また、各社が直営する公式オンラインショップなので安心して契約できます。

少しでもお得にかしこく契約したいと思っている人は、ぜひオンラインショップを使ってみてください。

こんな記事もおすすめ

\知ってるだけで万レベルでお得/
iPhoneを安く買う方法