【保存版】iPhoneを安く買う方法

Galaxy Z Fold5 スペックチェック。「スキマ」解消、軽量化、最新SoCでさらに洗練

ゴリラ

今年のGalaxy Z Fold5はどうなった?そろそろ買ってみても良いのかな。

2023年9月1日、Galaxy Z Fold5が発売しました。

評判の高かった前作「Fold4」からまたひとつ、確実に進化しています。

本記事では、Galaxy Z Fold5のスペック・進化したポイント・評判をサクッと見ていきます。

正直な結論

先に正直な結論を伝えると、Galaxy Z Fold5は、ヒンジの隙間が解消、SoCの性能向上、軽量化などがアップデートしたポイント。

 

完成度抜群だったFold4からするとマイナアップデートですが、確実にブラッシュアップされています。

  • 発売日:2023年9月1日
  • 価格(プログラム利用時):
    • ドコモ:257,400円(147,840円)~
    • au:242,660円(141,610円)~

※ 正直スマホはアフィリエイトプログラムに参加しています(メディアポリシー)。
※この記事の更新日は冒頭に記載のとおりです。最新の情報は各社公式サイトおよびオンラインショップでご確認ください。

スマホの機種変更・契約は、頭金なし、来店なし、待ち時間なし、勧誘なしのオンラインショップがお得で便利です。

 

Galaxy Z Fold5のスペックを総チェック

Galaxy Z Fold5のスペックシートは以下のとおり。

スクロールできます→

Galaxy Z Fold5 Galaxy Z Fold4
開いたときの
のサイズ
・縦:154.9mm
・幅:129.9mm
・厚み:6.1mm
・縦:155.1mm
・幅:130.1mm
・厚み:6.3mm
閉じたときの
のサイズ
・縦:154.9mm
・幅:67.1mm
・厚み: 13.4mm
・縦:155.1mm
・幅:67.1mm
・厚み:14.2mm
重さ 253g 263g
SoC Snapdragon 8 Gen 2
for Galaxy
Snapdragon 8+ gen1
RAM 12GB 12GB
ストレージ 256GB / 512GB / 1TB 256GB
SDカード 非対応 非対応
メイン画面 7.6インチ
Dynamic AMOLED 2X
1~120Hz駆動
解像度2,176 x 1,812
7.6インチ
Dynamic AMOLED 2X
1~120Hz駆動
解像度2,176 x 1,812
カバー画面 6.2インチ
Dynamic AMOLED
48~120Hz駆動
解像度2,316 x 904
6.2インチ
Dynamic AMOLED 2X
48~120Hz駆動
解像度2,316 x 904
メインカメラ ・超広角:12MP(f/2.2)
・広角:50MP(f/1.8)
・望遠:10MP(f/2.4)
3倍光学ズーム
30倍デジタルズーム
・超広角:12MP(f/2.2)
・広角:50MP(f/1.8)
・望遠::10MP(f/2.4)
3倍光学ズーム
30倍デジタルズーム
フロントカメラ ・メイン画面:4MP(f/1.8)
・カバー画面:10MP(f/2.2)
・メイン画面:4MP(f/1.8)
・カバー画面:10MP(f/2.2)
バッテリー 4,400mAh 4,400mAh
ワイヤレス充電 対応 対応
生体認証 顔認証・指紋認証 顔認証・指紋認証
防水・防塵 防水対応 (IPX8)
防塵非対応
防水対応 (IPX8)
防塵非対応
イヤホンジャック なし なし
スピーカー ステレオ ステレオ
SIM SIMカード+eSIM SIMカード+eSIM

前モデルからの主な変更点は以下のとおりです。
  • ヒンジの隙間がなくなった
  • Snapdragon 8 Gen 2 for Galaxyを搭載
  • 本体が軽くなった
  • ディスプレイ輝度は最大1,750nitにアップ

ヒンジの隙間がなくなった

前モデルのFold4では閉じたときに1mm弱の隙間がありましたが、Fold5ではピッタリ重なります。

Galaxy Z Foldシリーズ特有の「開閉のパカパカ」がもっと気持ちよくできるようになりました。

Snapdragon 8 Gen 2 for Galaxyを搭載

SoCに最新のSnapdragon 8 Gen 2 for Galaxyを搭載。

処理性能・電力効率ともに評価の高い「Snapdragon 8 Gen 2」の高クロック版にあたるGalaxy限定のチップです。

前モデルからAnTuTuベンチマーク(v10)のスコアも確実に伸ばしています。大画面と圧倒的なスペックでゲームが遊べます。

  • Galaxy Z Fold5(Snapdragon 8 Gen 2 for Galaxy)
    約150~160万点
  • Galaxy Z Fold4(Snapdragon 8+ Gen 1)
    約120~130万点

本体が軽くなった

重量は253gでFold4から10g軽くなりました。重量は世代を重ねるごとに軽くなっています。

  • Galaxy Fold 5G: 276g
  • Galaxy Z Fold2 5G:279g
  • Galaxy Z Fold3 5G:271g
  • Galaxy Z Fold4:263g
  • Galaxy Z Fold5:253g

Galaxy S23 Ultraが234gなので、かなり普通のスマホに近い重量になってきましたね。

ディスプレイ輝度は最大1,750nitにアップ

ディスプレイの最大輝度が1,300nit⇒1,750nitにアップし、屋外でも見やすくなりました。

Galaxy Z Fold5はタブレットをポケットに入れて持ち歩くことが最大の魅力。屋外で使用する機会も多いと思われます。

用途にマッチした、実用的な進化ですね。

Galaxy Z Fold5のバッテリー持ち

Galaxy Z Fold5のバッテリー容量は4,400mAhでFold4から据え置きです。

バッテリーテスト(GSMArena)の結果が以下。

  • Galaxy Fold 5G:90h
  • Galaxy Z Fold2 5G:81h
  • Galaxy Z Fold3 5G:75h
  • Galaxy Z Fold4:101h
  • Galaxy Z Fold5:95h
  • iPhone 14:90h
  • Galaxy S23 Ultra:126h

GSMArenaの結果では、前モデルよりもじゃっかん、バッテリー持ちが悪くなっています。

ただしFold3からの買い替えであれば、大幅な改善が期待できそうです。

Galaxy Z Fold5を使った人の評判

Galaxy Z Fold5を実際に利用されたユーザーの声を集めてみました。

完成度が高かったFold4がブラッシュアップされていることもあり、「ガッカリ」といった声はほとんど見つけられず、概ね好評でした。

空き時間が有効に使える

電子書籍、大画面でゲーム、Sペンでイラストといった用途を想定している人は多いようです。

電車や待ち時間など座っててスマホが触れるシチュエーションだと、Galaxy Z Fold5は最高ですね。

タブレットが要らなくなる / 要らなくならない

Galaxy Z Fold5は7.6インチで、サイズ感は8.4インチのiPad mini6に近いです。

「iPad mini6の代わりにはなるけど、10インチ超のタブレットの代わりにはならない」という声が多い印象。

思ったより軽い / 重い

折りたたみのスマホに慣れている人からすると、今回の改良で軽さを実感できるかもしれませんね。

とはいえ、折りたたみではない普通のスマホと比べると、基本的にどの機種よりも重いです。

Galaxy Z Fold5の価格は25万円前後~

Galaxy Z Fold5の価格は以下のとおり。カッコ内の金額は購入プログラム利用時の2年間の負担額です。

  • ドコモ
    • 256GB:257,400円(147,840円)
    • 512GB:272,030円(161,150円)
  • au
    • 256GB:242,660円(141,610円)
    • 512GB:269,300円(157,780円)
    • 1TB:298,200円(172,960円)

ちなみに、Fold4の発売時の価格はドコモで249,700円、auで249,960円でした(ともに256GBのみ)。

スマホの価格が高騰するなか、Galaxy Z Fold5は価格が抑えられている方です。

iPhone 15 Pro Maxのキャリア価格が23万円前後、Galaxy S23 Ultraが20万円前後なことを考えると、折りたたみスマホもいよいよ現実的な選択肢になってきました。

キャンペーン情報はこちらにまとめています。

カラーはアイシーブルー(256GBのみ)、ファントムブラックの2色です。auのファントム ブラックはオンラインショップのみの取り扱いです。

Galaxy Z Fold4が安くなってる

型落ちのGalaxy Z Fold4が安くなってきています。

auは2023/09/27現在、56,960円の値下げの193,000円(115,000円)。

auのGalaxy Z Fold4

また中古も安くなってきています。イオシスの価格は139,800円~174,800円でした。

Fold4とFold5のスペック差はそこまで大きくはないので、初めての折りたたみスマホを買うならFold4がおすすめです。

ちなみにGalaxy Z Fold2の買取価格は、B~Cランクで6万円台でした。

仮にFold4を2年使って手放すと、ざっくりauのスマホトクするプログラムを利用した場合と、同じくらいの負担になりそうです。

  • au「スマホトクするプログラム」利用時:
    11.5万円/2年
  • 中古販売店で購入→2年後に売却:
    約17.5万円 – 約6万円=約11.5万円

ゴリラ

ただ、購入プログラムを使うなら、Fold5でも大きく金額が変わらなくなるな……。悩ましいゼ

まとめ

今年は完成度の高いFold4をブラッシュアップするマイナーアップデートでした。「さらに完成度が高まった」という印象です。

Foldシリーズは発売以来「高嶺の花」的な存在でしたが、ここ数年で他のスマホとの価格差が縮まってきており、現実的な選択肢に入ってきた印象です。

最上位のスマホを中心に機種変更を検討するなら、ここらでひとつ手に取ってみるのはアリですね。

ちなみに:契約するならオンラインショップがお得です

契約を検討しているのであれば、オンラインショップがお得なので、最後にそれだけ簡単に説明しておきます。

  1. 事務手数料、頭金がかからない(auは手数料かかります)
  2. オンライン限定キャンペーンがある
  3. オプション不要・しつこい営業がない
  4. 来店不要・待ち時間がない

金銭的メリット(事務手数料、頭金)だけでなく精神的なメリット(待ち時間・勧誘なし)も大きく、おすすめ。

また、各社が直営する公式オンラインショップなので安心して契約できます。

少しでもお得にかしこく契約したいと思っている人は、ぜひオンラインショップを使ってみてください。

こんな記事もおすすめ