【保存版】iPhoneを安く買う方法

ドコモ「DuraForce EX KY-51D」スペックチェック。手頃なタフネススマホ

ソフトバンクでも個人向けに発売

2024年3月1日からソフトバンクでも購入できるようになりました!

ソフトバンク商品ページ

ゴリラ

ドコモのDuraForce EX KY-51Dってどうなのかな?

2024年1月29日、ドコモからDuraForce EX KY-51Dが発売されました。

本記事では、DuraForce EX KY-51Dのスペックを総チェックします。

正直な結論
  • DuraForce EX KY-51Dは、国内でほぼ唯一タフネススマホを取り扱う京セラから登場した、「業務用」をアピールするガチなモデル
  • 超耐久性と、法人向けの機能を備えたタフネススマホ
  • ドコモオンラインショップから個人でも購入できる

  • 発売日:2024年1月29日
  • 価格(プログラム利用時):

※ 正直スマホはアフィリエイトプログラムに参加しています(メディアポリシー)。
※この記事の更新日は冒頭に記載のとおりです。最新の情報は各社公式サイトおよびオンラインショップでご確認ください。

ちなみに…

 

ドコモを契約するなら、

  • 事務手数料(3,850円)なし
  • オプション・めんどくさい営業なし
  • 来店・待ち時間なし
  • 24時間いつでも契約できる

オンラインショップがおすすめです。

 

手数料3,850円が無料

最新の在庫は一覧ページでサクッと確認できます!

 

ドコモの旧iPhoneが買いやすくなりました!2年間の負担額が大幅に下げられています。在庫限り!

 

最新の在庫状況を見てみる 

DuraForce EX KY-51Dのスペックを総チェック

DuraForce EX KY-51Dのスペックシートは以下のとおり。参考にauのTORQUE G06と比較しておきます。

スクロールできます→

DuraForce EX TORQUE G06
サイズ ・横:77mm
・縦:163mm
・厚み:14.9mm
・横:75mm
・縦:154mm
・厚み:14.6mm
重量 248g 234g
SoC Dimensity 700 Snapdragon 7 Gen1
RAM 4GB 6GB
容量 64GB 128GB
SDカード 最大1TB 最大1TB
ディスプレイ
解像度
約5.8インチ TFT液晶
HD+
約5.4インチ 有機EL
フルHD+(2,160×1,080)
メインカメラ 1,600万画素 ・広角:6,400万画素
・超広角:1,600万画素
・マクロ:200万画素
フロントカメラ 800万画素 800万画素
防水/防塵 IPX5/IPX8/IP6X IPX5/IPX8/IP6X
バッテリー容量 4,270mAh 4,270mAh
ワイヤレス充電 非対応 対応
生体認証 指紋/顔 指紋/顔
おサイフケータイ 対応 対応
イヤホンジャック あり なし
SIM nanoSIM/eSIM nanoSIM/eSIM

京セラは数年おきに「TORQUEシリーズ」として、auからタフネススマホを発売してきましたが、今回はドコモでの取り扱いです。

※ソフトバンクでも「DuraForce EX」として発売されましたが、こちらは完全に法人への販売です。

DuraForce EX KY-51Dの特徴をそれぞれ見ていきましょう。

  • 耐久性抜群!MIL21項目+独自10項目をクリア
  • 放熱設計を推している
  • 泡ハンドソープで洗える
  • バッテリー交換ができる
  • ショートカットが使える「ダイレクトボタン」が2つ
  • グローブタッチ&ウェットタッチあり
  • OS2回&セキュリティ3年のアップデート保証
  • 業務向けの機能も多数

耐久性抜群!MIL21項目+独自10項目をクリア

耐久性は、米国国防総省の調達基準MIL規格&京セラ独自試験をクリア。タフネススマホならではの抜群の耐久性を誇ります。

  • MIL規格試験(21項目)
    鋼板落下/衝撃/振動/高温動作(1)/高温動作(2)/防塵/風雨/雨滴/塩水噴霧/湿度/氷結・結露/氷結・低温雨/浸漬/低温動作/低温保管/高温保管(1)/高温保管(2)/温度耐久・温度衝撃/太陽光照射/低圧動作/低圧保管
  • 独自試験(10項目)
    コンクリート落下/タンブル落下/鋼球落下/L型金具落下/耐荷重/高温動作/高温保管(1)/高温保管(2)/泡ハンドソープ洗浄/耐薬品

落下への耐久だけではなく、高温・低温の環境や氷結、塩水などあらゆる過酷な現場でも、タフに使えます。

放熱設計を推している

熱源(無線パワーアンプ、CPU、電源IC)を分散、熱源との間に断熱層を設けるなど、放熱設計がアピールされています。

真夏の屋外など、高温な場所でも安定した動作が期待できそうです。

泡ハンドソープで洗える

泡ハンドソープでの丸洗い、アルコール除菌シートの利用もOK。耐薬品の試験もクリアしています。

バッテリー交換ができる

DuraForce EXは、バッテリー交換ができます。

予備の電池をスタンバイしておけば、出先でもすぐに復活できます。また長期の使用でバッテリーがヘタってきたときに交換することもできます。

電池交換の際は、電源ボタン長押しから「電池交換モード(120秒)」が用意されており、すぐに復帰できるのも便利です。

ちなみに対応バッテリー(電池パック KY02)は3,850円で販売されています。

ショートカットが使える「ダイレクトボタン」が2つ

設定したアプリが起動できる「ダイレクトボタン」を左右に搭載。業務効率化をはじめ、個人でも決済アプリを登録して利用できたりします。

グローブタッチ&ウェットタッチあり

軍手などでも操作できる「グローブタッチ」、濡れた手でも反応する「ウェットタッチ」といった、京セラおなじみの機能を搭載。

OS2回&セキュリティ3年のアップデート保証

発売からOSアップデート2回とセキュリティアップデート3回が保証されています。

ただし、SoCがエントリー向けで古め(「Dimensity 700」。2020年に発表。AQUOS wish3Libero 5G IV)なので、3年など長期で安定した利用ができるかは、若干あやしいです。

業務向けの機能も多数

法人向けに特化した機能も多数あり、auの「TORQUE G06」との大きな違いとなります。

  • IPトランシーバー(アプリを使用)
  • Wi-Fiハンドオーバー(自動でアクセスポイントをつなぎ替え)
  • 遠隔で初期化が可能
  • microSDデータ暗号化
  • 業務で不要な機能をブロックするDevice Controlアプリ

DuraForce EX KY-51Dの価格

DuraForce EX KY-51Dの価格は以下のとおり。カッコ内はプログラム適用時の負担額です。

ドコモは2年後に返却しても1万円程度の下取りにしかなりません。プログラムなしで買い切ってしまうのがおすすめです。

DuraForce EXとTORQUE G06を比較

全体にスペックはTORQUE G06が勝っています。

▼DuraForce EX / TORQUE G06▼

  • サイズ
    5.8インチ / 5.4インチ
  • 処理性能(SoC)
    Dimensity 700 / Snapdragon 7 Gen 1
  • ディスプレイ
    液晶 / 有機EL
  • 耐久性
    31項目(MIL21項目+独自10項目)/ 29項目(MIL21項目+独自8項目)
  • ワイヤレス充電
    なし / 対応
  • RAM・ストレージ
    4GB・64GB / 6GB・128GB

とくにSoCの性能差が大きめで、個人で普段使いするなら留意しておくべきポイントです。

TORQUE G06の価格は98,000円(59,800円)で価格差は4万円ほど。

TORQUE G06はドコモ、ソフトバンクの主要バンドにも対応していて、電波も問題なく掴めます。

まとめ

DuraForce EX KY-51Dは法人向けの耐久性、機能を備えたタフネススマホ。

ドコモなら個人でも購入できます。

TORQUE G06よりも手頃なタフネススマホが欲しいなら検討しても良いですね。

ちなみに…約4,000円は必ず安くなるオンラインでの契約がおすすめです

 

  • 事務手数料なし(3,850円お得)!
  • お店独自の手数料なし最大1万円程度)!
  • オプション・面倒な営業なし!
  • 来店・待ち時間なし!

 

 

手数料3,850円が無料

商品の在庫は一覧ページでサクッと確認できます!

 

お店に行く必要もなければ待ち時間もなく、めんどくさい営業を受けることもありません。

誰でも楽に節約できるので、ぜひ試してみてください〜!

こんな記事もおすすめ

\知ってるだけで万レベルでお得/
ドコモでお得に機種変更する方法