【保存版】iPhoneを安く買う方法

ワイモバイルからLINEMOにする7つのデメリット。乗り換えは本当にお得なのか

この記事はワイモバイル→LINEMOの解説記事です

LINEMO→ワイモバイルを検討している人は、以下の記事を参考にしてください。

 

関連 正直メリットある?LINEMOからワイモバイルへの乗り換えは料金アップに見合うのか

ゴリラ

ワイモバイルからLINEMOへの乗り換えって本当にお得?デメリットが知りたいゾ

LINEMOは無駄を削ぎ落したシンプルな安さがメリット。

ただし、付加サービスは少なくなるので、事前に確認しておきたいところです。

この記事では乗り換えをすべきかの判断に役立つよう、デメリット・メリットをザザっと洗い出しておきます。

正直な結論
  • LINEMOのメリットは圧倒的にシンプルなこと
  • その反面、サービスは手薄になる
  • ワイモバイルの細かいサービスを使い切れていない人、家族割引や光回線のセット割引がつかないなら、LINEMOへの乗り換えがおすすめ

※ 正直スマホはアフィリエイトプログラムに参加しています(メディアポリシー)。
※この記事の更新日は冒頭に記載のとおりです。最新の情報は各社公式サイトおよびオンラインショップでご確認ください。

ちなみに…

 

 

  • 20GBが2,780円、3GBは990円
  • 5分かけ放題が7ヶ月無料
  • LINEのギガはノーカウント
  • 手数料もしばりもなし!

 

\ミニプランは実質「3ヶ月無料」/

 

※フィーバータイムの攻略法はこちらで解説!

ワイモバイルとLINEMOの最新プラン

ワイモバイルの料金プラン▼

↓左右にスクロールできます!

シンプル2 S
データ容量 4GB 20GB 30GB
月額料金 2,365円 4,015円 5,115円
※おうち割 光セット(A) -1,100円 -1,650円 -1,650円
※家族割引サービス
(2回線目〜)
-1,100円
PayPayカード割 -187円
割引適用時
最安維持費
1,078円 2,178円 3,278円
さらに
1GB以下の場合
-1,100円で
1,078円
-2,200円で
1,078円
制限時
(第1段階・第2段階)
・最大300Kbps
・最大128Kbps
・最大1Mbps
・最大128Kbps
通話 22円/30秒

※おうち割 光セット(A)と家族割引サービスの併用は不可

参考 【1,078円〜】ワイモバイル新料金プラン「シンプル2」の違い。全然シンプルじゃなく困惑

LINEMOの料金プラン▼

↓左右にスクロールできます!

ミニプラン スマホプラン
月額料金 990円 2,728円
データ容量 3GB 20GB
制限時
最大速度
最大300Kbps 最大1Mbps
通話 22円/30秒

参考 お試し期間あり。LINEMOの特徴と評判、契約すべき理由。

ワイモバイルからLINEMOに乗り換えるデメリット7選

まずは、ワイモバイルからLINEMOに乗り換えるデメリットから。

ワイモバイルからLINEMOへ乗り換えるデメリット
  1. データ繰り越しがない
  2. 家族割引・ソフトバンク光とのセット割引がない
  3. 20GBを超えるプランがない
  4. 主要なキャンペーンが使えない
  5. 店舗のサポートがない
  6. LYPプレミアム(旧Yahoo!プレミアム)が使えなくなる
  7. スマホは売ってない

めっちゃ挙げましたが、人によっては「正直どうでも良い」と感じるかもしれません。

それぞれ、サクッとチェックしていきましょう。

1. データ繰り越しがない

  • ワイモバイル:データ繰り越しあり
  • LINEMO:データ繰り越しなし

LINEMOはデータ繰り越しがありません。使い切れなかったデータ量は消滅します。

2. 家族割引・ソフトバンク光とのセット割引がない

LINEMOには、家族割引・光回線とのセット割がありません。

現状ワイモバイルで「家族割引サービス」または「おうち割 光セット(A)」適用されている人は、LINEMOにすると料金が高くなる可能性があります。

具体的に言うと、シンプル2 M⇒スマホプランのケースで料金が高くなります(シンプル2 S⇒ミニプランなら僅かに安くなります)。

  • 家族で使う
  • ソフトバンク光 / SoftBank Airとセットで使う

という人には、あまり乗り換えをおすすめしません。

3. 20GBを超えるプランがない

LINEMOは、3GBと20GBのプランのみ。

シンプルに使える反面、大量のギガを求める人にはマッチしません

4. 主要なキャンペーンが使えない

ほぼすべてのLINEMOのキャンペーンはソフトバンク・ワイモバイルからの乗り換えは対象外です。

代わりに、ソフトバンク・ワイモバイルからの乗り換えは「基本料初月0円特典」が適用できますが、キャンペーンと比べると見劣りします。

5. 店舗のサポートがない

LINEMOには店舗サポートがありません。

困ったときは、

  • チャットから問い合わせる
  • カスタマーサポートのページで調べる

といった方法で解決しなければいけません。

一方、ワイモバイルには全国2,600もの店舗があり、ソフトバンクなどの大手キャリアと同等のサポートを受けられます。

ゴリラ

とはいえ、すでにワイモバイルを使っている人は、ある程度、自分で調べられる人が多そうだから、そこまで気にしなくても良いかもな!

6. LYPプレミアム(旧Yahoo!プレミアム)が使えなくなる

ソフトバンク・ワイモバイルユーザーは「LYPプレミアム」が無料で利用できます。

▼「LYPプレミアム」の特典▼

  • Yahoo!ショッピングでPayPayポイントが加算
  • 会員限定PayPayクーポン
  • ヤフオク!の落札システム利用料が安くなる など

LINEMOユーザーがLYPプレミアムを利用したい場合、月額508円~の有料課金が必要です。

7. スマホは売ってない

LINEMOには端末の取り扱いがありません。基本的に他で購入した端末を利用することになります。

ただし、ワイモバイルで使っていたスマホのほとんどは、そのままLINEMOでも使えます(SIMロックも自動解除されます)。

動作確認端末はこちら 

なお、LINEMOに乗り換えたあとの機種変更については、以下の記事を参考にしてみてください。

ワイモバイルからLINEMOへ乗り換えるメリット3選

ワイモバイルからLINEMOへ乗り換えるメリットも確認しておきましょう。

ワイモバイルからLINEMOへ乗り換えるメリット
  1. 家族割引・セット割がなくても安い
  2. LINEギガフリーが使える
  3. 乗り換えの手間がすごく少ない

1. 家族割引・セット割がなくても安い

一番のメリットは、(人によっては)料金が安くなることです。

ワイモバイルで割引が適用されていない人は、LINEMOへ乗り換えると安くなります。

  • ワイモバイル「シンプル2 S(4GB)」:2,365円
  • LINEMO「ミニプラン(3GB)」:990円
    ⇒毎月1,375円安くなる
  • ワイモバイル「シンプル2 M(20GB)」:4,015円
  • LINEMO「スマホプラン(20GB)」:2,728円
    ⇒毎月1,287円安くなる

2. LINEギガフリーが使える

LINEMOではLINEのトークなどが無制限で使える「LINEギガフリー」が特典として付与されます。

ゴリラ

LINEって、データ通信量とか大したことなさそうだし、意味あるの?

と思う人もいるかもですが、実はLINEの「音声通話」や「ビデオ通話」も、LINEギガフリーの対象です。

LINEで通話をガツガツ使うなら、特にメリットは大きそうですね。

3. 乗り換えの手間がすごく少ない

これはLINEMOそのもののメリットとは言えませんが。

ワイモバイルからLINEMOへの乗り換えは、ソフトバンクグループの中での「番号移行」になるので、プラン変更に近い簡単な手続きで乗り換えできます。

  • 契約情報が引き継げる
  • SIMロック解除が不要(自動的に解除)
  • MNP予約番号が不要
  • 費用がかからない

ワイモバイルからLINEMOへの乗り換え方法

最後に乗り換え方法をザっと見ていきましょう。

  1. (前準備)「氏名と住所の確認・変更」「暗証番号の準備」
  2. LINEMO公式サイトから申し込み
  3. SIMカードを受け取る
  4. APN設定をして利用開始

ステップ1:前準備

氏名と住所の確認・変更」「暗証番号の準備」の2つを済ませておきましょう。

氏名と住所の確認・変更

氏名と住所は「My Y!mobile」から確認・変更できます。LINEMOには、この氏名・住所がそのまま引き継がれます。

  1. My Y!mobileにログインし、「住所変更」をタップ
  2. 「契約内容の確認・変更」から契約住所や請求先住所を照会・変更する

暗証番号の準備

契約時に決めた4桁の暗証番号を忘れた場合は、本人確認書類を持参してワイモバイルショップで再設定する必要があります。

オンラインで変更することはできません。

ワイモバイルショップを探す(公式)

[/open]

ステップ2:LINEMO公式サイトから申し込み

申し込みは、ワイモバイル端末から行います(申し込みの途中で利用中のワイモバイル端末でログインする必要があります)。

LINEMO公式サイトにアクセスしたら、「今すぐ申し込む」のボタンから手続きします。

今の電話番号をそのまま使用する」⇒「ワイモバイル」と選択。

SIMの種類も選択します。

あとは「My Y!mobileにログイン」から画面に沿って申し込みを完了させましょう。

ステップ3:SIMカードを受け取る

申し込み完了後、約1〜2時間で「お申し込み完了のお知らせ」というメールが届きます。

その後、審査が行われ、SIMカードが発送されます。午前中に審査が完了すれば最短当日で発送されます。

  • 12:00までに審査完了⇒最短当日でSIMカードが発送
  • 12:00以降に審査完了⇒翌日に発送

SIMカードを受け取ったら、同梱される案内にしたがって、スマホにセットします。

ステップ4:APN設定

最後に「APN設定」です。

手順は以下の通りで、iPhone、Androidで手順が異なります。

「iOSのアップデート」「キャリア設定のアップデート」の2つが必要

▼iOSのアップデート▼

「設定」アプリを開き、「一般」>「ソフトウェア・アップデート」を選択

▼キャリア設定のアップデート▼

  1. 「設定」アプリを開き、「一般」>「情報」を選択
  2. 情報画面で数秒待つと「キャリア設定アップデート」というポップアップが表示されるので「アップデート」を選択
  3. 画面上部のステータスバーの通信事業者名が「LINEMO」になっていれば設定は完了

設定から「APN設定」を行います。

  1. 「設定」>「ネットワークとインターネット」
  2. 「アクセスポイント名」からAPN設定画面
  3. LINEMOのAPNを選択

アクセスポイント名の一覧にLINEMOのAPNがないときは、以下の情報を入力します。

APN設定が済んだら、LINEMOへの乗り換えは完了です。

再起動後してスマホ上部の「4G」または「5G」の表示、またはブラウザを開いて通信が繋がるか確認してみましょう。

LINEMOの初期設定をくわしく見てみる

ワイモバイルからLINEMOへ乗り換えた人の口コミ

ワイモバイルからLINEMOへ乗り換えた人の口コミを探してみました。

「安くなった」「ワイモバイルのサービスは不要だった」という声が散見されました。

一方で乗り換えない理由には「意外と安くならないから」などが多い印象です。ワイモバイルで割引がついている人は、積極的にLINEMOにする理由は少ないです。

まとめ

ワイモバイルからLINEMOへ乗り換えるデメリット・メリットは以下。

ワイモバイルからLINEMOへ乗り換えるデメリット
  1. データ繰り越しがない
  2. 家族割引・ソフトバンク光とのセット割引がない
  3. 20GBを超えるプランがない
  4. 主要なキャンペーンが使えない
  5. 店舗のサポートがない
  6. LYPプレミアム(旧Yahoo!プレミアム)が使えなくなる
  7. スマホは売ってない
ワイモバイルからLINEMOへ乗り換えるメリット
  1. 家族割引・セット割がなくても安い
  2. LINEギガフリーが使える
  3. 乗り換えの手間がすごく少ない

今のワイモバイルの料金よりも少しでも安くなるなら乗り換えがおすすめ。

LINEMOからワイモバイルの「出戻り」も簡単にでき、リスクはほとんどないので、迷ったら使ってみて判断すれば良いと思います。

ちなみに:LINEMOはキャンペーンがアツい!

LINEMOは数あるキャリアサービスの中でも、キャンペーンがかなりアツめです!

普通に1万円以上のPayPayがもらえることも多いです。最新のキャンペーンは以下からチェックしてください↓↓

LINEMO公式サイト

ちなみに、LINEMOで使えるスマホを買っておきたいなら、いったんソフトバンクかワイモバイルを契約して買うのもよきです。

最大約4.4万円の割引を受けられます!ソフトバンクやワイモバイルからLINEMOへの変更は無料です。



 

\通常3,850円の手数料が無料/

 

 

\3,850円の手数料が無料/

こんな記事もおすすめ