【保存版】iPhoneを安く買う方法

ドコモで「eSIM」を契約するメリット・デメリット。SIMカードとどっちがいい?

ゴリラ

ドコモのeSIMって、どんなメリットがあるの?次の機種変更で試してみようと思ってる……!

本記事ではeSIMにするメリット・デメリットからドコモをeSIMで契約する方法再発行する方法など紹介します。

正直な結論
  • eSIMは、SIMカードの代わりに、本体内蔵のSIMを使って通信する機能
  • 「デュアルSIM運用」や「通常よりも短時間での開通」などがメリット
  • デメリットは特にないが、初心者はプロファイルのダウンロード(初期設定)が難しいかも
  • 2023年3月8日からオンラインの機種変更でeSIMが選べるように。また、2023年3月28日にiPhoneのeSIM クイック転送に対応

※ 正直スマホはアフィリエイトプログラムに参加しています(メディアポリシー)。
※この記事の更新日は冒頭に記載のとおりです。最新の情報は各社公式サイトおよびオンラインショップでご確認ください。

ちなみに…

 

ドコモを契約するなら、

  • 事務手数料(3,850円)なし
  • オプション・めんどくさい営業なし
  • 来店・待ち時間なし
  • 24時間いつでも契約できる

オンラインショップがおすすめです。

 

手数料3,850円が無料

最新の在庫は一覧ページでサクッと確認できます!

 

ドコモの旧iPhoneが買いやすくなりました!2年間の負担額が大幅に下げられています。在庫限り!

 

最新の在庫状況を見てみる 

eSIMにするメリット

eSIMにするメリットは主に2つあります。

  • 2回線を同時に携帯できる(デュアルSIM)
  • 新しい回線をスピード開通できる

2回線を同時に携帯できる(デュアルSIM)

デュアルSIM

1つのスマホで、2つの回線を同時に契約して持ち歩くデュアルSIMという使い方があります。

2023年現在、iPhoneを含むほとんどのスマホは物理的なSIMカードが1枚までしかセットできないので、デュアルSIMをするためには、eSIMが使えることが必須です。

デュアルSIMにすると

  • 電話番号が2つ持てる
  • いざという時の予備の回線を持てる
  • 楽天モバイルのかけ放題と組み合わせられる

など使い方の幅が広がり、もっと便利にお得に使えるようになります。

ドコモをデュアルSIMで使うには、主に2つの方法があります。

それぞれ後半で手順を解説します。

新しい回線をスピード開通できる

手持ちのスマホにドコモ回線を追加する際は、スピード開通できることもメリットです。

eSIMならオンライン上の手続きだけで済むので、SIMカードの郵送が不要です。

最短で申し込んだその日に回線が使えるようになります。

ドコモのeSIMの対応機種

最新の対応機種はこちら(公式)から確認できます。

iPhoneはXS / XR以降でeSIMを利用できます。

ドコモのeSIMを契約する方法

ドコモのeSIMを契約する方法を具体的に見ていきましょう。

機種変更でeSIMにする方法

ドコモオンラインショップでは、2023年3月からSIMの種類が選べるようになりました。

これによりスマホの購入時(機種変更時)にeSIMを契約できるように。

eSIMを選んで機種変更する手順は以下のとおり。

STEP.1

オンラインショップにアクセス。欲しい機種をカートに入れます。

STEP.2

SIMの種類の選択のところで「eSIM」を選択。入力を進めて、注文を完了させましょう。

STEP.3

注文が完了すると、「申し込み受付完了」「eSIM利用開始のご案内」のメール / SMSが届きます。

STEP.4

最後に、eSIMを利用する機種の初期設定をします。

下記ページでeSIMの設定方法を確認し、プロファイルのダウンロードを行います。

eSIM設定の手続き方法(商品到着後の設定・開通(利用開始の手続き))

手持ちのスマホでeSIMを契約する方法(回線のみ)

ゴリラ

今持ってるスマホに、ドコモのeSIMを追加したいんだけど、どうすれば良いの?

手持ちのスマホでeSIMを契約する方法を見ていきましょう。

STEP.1

まずは、SIMのみ新規・契約変更(5Gへの変更等)のページにアクセス。SIMの種類で「ドコモ eSIM」を選択します。

STEP.2

手続き方法の項目は、「eSIMの発行(お持ちのeSIM機種で利用する)」を選択。

画面に沿って、手続きを完了させましょう。

STEP.3

あとは、初期設定すれば利用できるようになります。初期設定の方法は以下のページで確認できます。

eSIM設定の手続き方法(商品到着後の設定・開通(利用開始の手続き))

手続きの際に「EID番号(=eSIMの識別番号)」が必要になります。EID番号は、スマホの設定や個装箱から確認できます。

ドコモのeSIMを再発行する方法

ゴリラ

eSIMの再発行は、どうすれば良いの?

ドコモオンラインショップのSIMのみ契約ページから、オンラインで再発行できます。

  • 別のスマホにeSIMを移し替える
  • SIMカードからeSIMに切り替える

などは、eSIMの再発行で対応できます。

eSIMを再発行する手順を見ていきましょう。

STEP.1

SIMのみ契約ページでSIMの種類は「ドコモ eSIM」を選択

STEP.2

手続き方法は「eSIMの発行(お持ちのeSIM機種で利用する)」を選択

STEP.3

確認事項にチェックを入れ「申込み手続きに進む」をタップ

STEP.4

「eSIM利用中の機種で再発行」を選び、注文確定まで進める

STEP.5

eSIMを利用する機種でWi-Fiに接続する

STEP.6

ドコモからSMSで届く「確認コード」を確認する

STEP.7

以下のQRコードからeSIMプロファイルをダウンロードし、端末を再起動する

※最新のQRコードはこちらのページから「eSIM申し込み」>「eSIMの発行」でご確認ください。

 

ブラウザを開くなど、通信できていることを確認してみてください。

プロファイルを先に削除すると詰む可能性がある

eSIMを再発行する際はdアカウントでのログインが必要で、SMSに届くセキュリティコードを入力します。

もしeSIMの再発行が完了する前に、今使っているeSIMのプロファイルを削除してしまうと、SMSの受信ができなくなります。十分に注意してください。

また、ダウンロードしたeSIMプロファイルを削除するのもNGです。再ダウンロードはできません(ドコモショップへの来店が必要になります……)。

【注目】iPhoneは「eSIM クイック転送」も可能

さらに2023年3月28日からは、ドコモでもiPhoneの「eSIM クイック転送」が利用できるようになりました。

古いiPhoneから新しいiPhoneにeSIM情報をワイヤレスで転送できます。

▼クイック転送の方法▼

  1. (新iPhoneで)設定アプリを開く
  2. 「モバイル通信」→「eSIMを追加」
  3. 「近くのiPhoneから転送」
  4. (転送元のiPhoneで)画面に表示される指示に従って操作する

ドコモのeSIMクイック転送は、iPhone 11以降の機種で対応しています。iOS 16.4にアップデートすると利用できます。

ドコモのeSIMのよくある疑問

ドコモのeSIMのよくある疑問をまとめています。

eSIMの料金プランは?

eSIMの料金プランは通常のSIMと同じです。

eSIMにしたからといって、特別な料金はかかりません。

店頭でeSIMを再発行できる?手数料は?

ドコモショップ店頭でもeSIMの再発行ができます。

オンラインでは手数料は無料ですが、店頭では手数料3,850円(2023年7月に改定)がかかります。

ドコモのeSIMのキャンペーンは?

eSIMで以下のキャンペーンが利用できます。

▼SIMのみの契約▼

▼機種の購入▼

ちなみに…約4,000円は必ず安くなるオンラインでの契約がおすすめです

 

  • 事務手数料なし(3,850円お得)!
  • お店独自の手数料なし最大1万円程度)!
  • オプション・面倒な営業なし!
  • 来店・待ち時間なし!

 

 

手数料3,850円が無料

商品の在庫は一覧ページでサクッと確認できます!

 

お店に行く必要もなければ待ち時間もなく、めんどくさい営業を受けることもありません。

誰でも楽に節約できるので、ぜひ試してみてください〜!

こんな記事もおすすめ

\知ってるだけで万レベルでお得/
ドコモでお得に機種変更する方法