ソフトバンクオンラインショップ 機種変更

ソフトバンクで機種変更する際、店頭申込以外に「ソフトバンクオンラインショップ」を使う方法があることをご存じですか?

「オンラインで機種変更って難しいそう」

「オンラインショップでできるのは知っているけど、データ移行とか手続きのやり方がよくわからない」

このように考える方がほとんどですが、オンラインショップでの申し込みは1度行って覚えれば簡単です。

しかもお店に行く手間もかからないなどのメリットが沢山あります。

今回は、そんなソフトバンクオンラインショップで機種変更をしたことが無い人向けて、各手順やデータの移行方法などを解説していきます。

この記事を最後まで読むことで、オンラインショップの機種変更に抵抗があった方でも手続きを安心して行うことができます。

オンラインショップで申し込みを始めて行う方は是非参考にしてください。

ソフトバンクオンラインショップを使って自分で機種変更する時に必要なもの

ソフトバンクオンラインショップを使うとき、事前に用意するものは下記の3つになります。

【オンラインショップを使って自分で機種編子する際に必要なもの】

  • マイソフトバンクのアカウント
  • 端末に設定した4桁の暗証番号
  • 連絡受信用のメールアドレス

マイソフトバンクIDを特に設定していない場合は、ご自身の携帯番号となっています。

端末に設定した暗証番号を忘れてしまった方は、ソフトバンクショップで再発行する必要があります。

また、ソフトバンクオンラインショップからの端末発送のメールなどは、すべて登録したメールアドレスに送られてくるので、連絡受信用メールアドレスは常に見ることができるアドレスで登録しておきましょう。

\24時間好きな時に申込OK/

ソフトバンクオンラインショップを使って自分で機種変更する手順

ソフトバンクオンラインショップを使って自分で機種変更する手順

この章ではソフトバンクオンラインを使って実際に機種変更する際の手順を解説します。

【ソフトバンクオンラインショップにて自分で機種変更する手順】

  1. オンラインで機種変更手続き
  2. 端末郵送・受け取り
  3. 端末にUSIMカードを挿入・回線切り替え

この順番通りにこなしていけば、さほど問題のある作業ではありません。

以下でこの3つの手順を詳しく解説していきます。

1、オンラインで機種変更手続き

最初にソフトバンクオンラインショップのページを開きます。

ソフトバンクオンラインショップはこちらから。

ソフトバンクオンラインショップのサイトではちょっとした注意点があります。

ソフトバンクオンラインショップのサイトではちょっとした注意点

通常のサイトですと画像の赤丸部分をクリックするとオンラインショップのトップに戻るはずなのですが、ソフトバンクオンラインショップでは「ソフトバンク公式のホームページ」に移動してしまいます。

しかもそこから中々オンラインショップに戻ってこれませんので、もし押してしまった場合は携帯のブラウザの「戻るボタン」で操作したほうが手間は少なくなります。

機種変更手続きでは最初に機種を選択します。

オンラインで機種変更手続き解説画像1

購入予定の機種を選択すると次に手続き方法の選択があるので「今の電話番号をそのまま利用する」を選択。

オンラインで機種変更手続き解説画像2

次に「ソフトバンク機種変更」を選びます。

オンラインで機種変更手続き解説画像3

契約者が19歳未満の場合はオンラインショップを使っての申し込みができないので、ここでは「20歳以上」を選びます。

最後に「機種選択に進む」を押します。

機種選択画面では機種の色や分割払いの回数、オプションの選択をします。

選択後「料金プランを選ぶ」を押すと、今度はマイソフトバンクへのログインを求められます。

ログインは「携帯番号」と「パスワード」を入力しますが、ソフトバンクの携帯で手続きをしている場合は、携帯の回線から読み取って手続きをしていたり、YahooのIDがあれば簡単にログインできます。

マイソフトバンクにログイン後、料金プラン、オプションなどを選択し最後に購入手続きに進むを押せば手続きは完了です。

手続き完了後、購入できるかどうかの審査が行われ、審査結果のメールが送られてきます。

2、端末郵送・受け取り

審査で問題なければ端末発送メールが送られてきます。この発送メールは回線の切り替えのときに必要ですから、消さずに保存しておきます。

ちなみに午前10時までに手続きを終わらせた場合、最短当日発送になる場合があります。

端末の受け取りは自宅か指定した場所で、対面での受け取りになります。

3、端末にUSIMカードを挿入・回線切り替え

端末は端末のみが送られてくる場合と、端末とUIMカードが一緒に送られてくる場合の2通りがあります。

それぞれ若干操作が変わってくるのでここでは分けて説明します。

端末のみが送られてきた場合

今使っている端末のUSIMカードを新しい端末でも使うことができる時は端末のみが郵送されてきます。

この場合は今使っている端末のUSIMカードを新しい端末に挿し直すだけで機種変更の処理は完了となります。

USIMカードの挿し方がわからない方はソフトバンクのオンラインマニュアルに詳しく説明があります。

SIMカードのマニュアル確認方法1 SIMカードのマニュアル確認方法2

 

オンラインマニュアルにアクセスしたあと、自分の機種を選択→検索項目に「SIMカード」と入力、もしくは索引で「S」を押すと、USIMの挿入方法のマニュアルを見ることができます

端末とUSIMカードが送られてきた場合

端末とUSIMカードが送られてきた場合は回線の切り替えをしなければいけません。

回線の切り替えは電話かWEB上かのどちらかで行うことができます。

受付時間は年中無休で9:00~20:30となっています。

①電話で回線切り替えをする場合②WEBで回線切り替えをする場合
「0800-100-2555」に電話。

音声案内に従って携帯番号と端末に登録した4桁の暗証番号を入力。

その後、混雑していなければ30分前後で回線切り替えが完了します。

機種変更専用ページへアクセス。

・お申し込み受付番号(出荷完了メールに記載)
・生年月日
・携帯電話番号
4桁の暗証番号
・ご契約者名

上記の情報を入力します。

入力が完了すれば電話での回線切り替えと同じように30分前後で切り替え完了です。

ソフトバンクの機種変更時のデータ移行について

ソフトバンクの機種変更時のデータ移行について

ソフトバンク携帯のデータ移行は次の4パターンがあります。

【データ移行のパターン】

  1. Android→Android
  2. iPhone→iPhone
  3. Android→iPhone
  4. iPhone→Android

今、ショップでは個人情報保護ということでデータ移行ができませんから、やり方を覚えておいて損はないはずです。

以下でそれぞれの方法の詳細を解説します。

1、Android→Android

ソフトバンクの機種変更がAndroid同士の場合、データ移行方法は2通りあります。

  • Googleのバックアップ機能を利用する
  • ソフトバンク「かんたんデータコピー」を使う

それぞれの方法の使い方を紹介します。

Googleのバックアップ機能を利用する

Androidユーザーでしたらほとんどの方がGoogleアカウントを持っているはずなので、使い方はさほど難しくありません。

使い方は機種交換前のAndroid携帯で「設定」から「システム」→「バックアップと復元」を選択。
「バックアップと復元」の画面で「Googleにバックアップ」と「自動復元」をONにします。
この操作だけで新しい携帯でアプリをダウンロードしたとき設定を復元できます。
Googleのバックアップ機能は普段使っているときのデータバックアップとしても使い勝手のいい機能です。
連絡先やGoogleカレンダー、Gメールなど普段メインに使っていると、新しい携帯ですぐ使えるのでAndroidユーザーにはおすすめです。

ソフトバンク「かんたんデータコピー」を使う

「かんたんデータコピー」はWi-Fi環境が必要ですが、サーバーにデータをバックアップせず直接携帯間でデータ移行ができるアプリです。

使い方は次の通り。

①最初Playストアストアから新旧両方の携帯に「かんたんデータコピー」をダウンロードインストールします。

Playストア:「かんたんデータコピー

②Wi-Fiをオンにします。この際データ移行に時間がかかることが予想されるにで、両方の携帯を電源に接続します。

また、SDカードのデータをコピーしたいならば新しい携帯にSDカードを挿し、メールデータをコピーする場合はメールの初期設定を済ませておきます。

③2台の携帯で同時に「かんたんデータコピー」を開き、画面の指示通りに操作を進める。

④古い携帯で「コピーする」を選択し、コピー開始です。

Googleのバックアップ機能で移行できなかったデータの移行にも使うことができるアプリです。

2、iPhone→iPhone

iPhone同士のデータ移行方法は次の3つ。

  • クイックスタート
  • iTunesにバックアップ→復元
  • iCloudにバックアップ→復元

「かんたんデータコピー」も使えるのですが、MMS(@softbank.ne.jpのメール)など一部のデータが移行できないので上記3つが確実です。

それぞれの使い方を以下で紹介します。

クイックスタート

クイックスタートはiOS12.4以上のiPhoneに対応している移行方法で、iPhone 5S以降ならOSをアップデートすれば使用可能なデータ移行方法です。

使い方は次のようになっています。

①充電が十分な状態の新旧iPhoneを同じWi-Fiに繋ぐ

②新しいiPhoneの電源を入れる

③古いiPhoneに「新しいiPhoneを設定」が表示されるので「続ける」をタップ

④新しいiPhoneに円形の青いアニメーションが表示されるので、古いiPhoneのカメラに収める

⑤新しいiPhoneに古いiPhoneのパスコードを入力

⑥新しいiPhoneでFaceIDまたはTouch IDを設定する

以上の操作でデータの移行が開始されます。

iTunesにバックアップ→復元

OSがクイックスタートに対応していない場合は、パソコンでiTunesを利用する方法を使います。

iTunesを開き、古いiPhoneを接続し「今すぐバックアップ」を選択。

バックアップが完了したら新しいiphoneを接続し「バックアップ復元」を選択で操作は完了です。

iCloudにバックアップ→復元

iPhone同士のデータ移行は、Appleの提供するクラウドサービス「iCloud」を使ってもできます。

ただ、iCloudは無料の場合5GBしか容量がないので、写真や動画が多い場合には有料プランを使うしかありません。

【iCloud有料プラン】

  • 5GBまで:無料
  • 50GBまで:130円
  • 200GBまで:400円
  • 2TBまで:1,300円

iCloudの有料プランは「設定」→「AppleID」→「iCloud」→「ストレージ管理」から申し込むことができます。

パソコンを持っていない方はデータのバックアップ用に有料プランに加入していても良いかもしれません。

さて、iCloudを使ったデータ移行手順ですが、次のようになっています。

古いiPhoneで「設定」→「AppleID」→「iCloud」→「iCloudバックアップ」の順に進み、バックアップをONにすればバックアップを開始します。

バックアップ完了後、新しいiphoneの設定をする場合は、初期設定で「iCloudバックアップから復元」を選択するだけでOKです。

3、Android→iPhone

Android携帯からiPhoneへのデータ移行はAppleが提供している「Move to iOS」を使用します。

Playストア:「Move to iOS」

このアプリではAndroidとiPhoneに対応しているデータはほとんど移動可能です。

使い方は新旧の携帯をWi-Fiに接続し次の操作をします。

①「Move to iOS」をAndroid携帯にインストール

②iPhoneで初期設定を進め、「Androidからデータを移行」を選択

③Android携帯で 「Move to iOS」 を開き、「コード検索画面」右上の「次へ」をタップ

④iPhoneに10桁もしくは6桁のコードが表示されるので、Android携帯にコードを入力

⑤Android携帯で転送するコンテンツを選択するとiPhoneで読み込みが開始される

後は選択したコンテンツが移行できるまで待てば完了です。

4、iPhone→Andoroid

iphone→AndroidはGoogleのサービスを使い、あらかじめバックアップを取り、AndroidでGoogleアカウントにログインして使用するという方法が便利です。

設定の仕方は、最初iPhoneの「設定」から「パスワードとアカウント」→「アカウントの追加」で「Google」を選択。

Googleにログインすると「メール」「連絡先」「カレンダー」「メモ」の同期を選択できます。

このほかにも「Googleフォト」アプリを使えば写真などもクラウドを経由して移行することが可能です。

データ移行の注意点

アプリによってはここまで紹介したデータ移行の方法では、新しい携帯にデータを引き継げないアプリがあります。

この引き継げないアプリに関しては、店頭でも同じです。

例:LINE、PayPayなどのコード支払いアプリ
また、iPhoneは「おサイフケータイ」アプリが使えませんので注意してください。
ただし、例外として「モバイルSuica」については次のような移行ができます。

Android→iPhoneの場合
モバイルSuica残高はApple Payに引き継げるので、機種変更前にモバイルSuica会員メニューから「機種変更手続き」を行っておく
iPhone→Androidの場合
Apple PayでモバイルSuicaを使っていた場合、残高は引き継ぎができないので払い戻し手続きをしておく

古い携帯から回線を切り替えた後ですと手続きが面倒になる場合があるので、重要なアプリは事前に調べておくことをおすすめします。

ソフトバンクの機種変更をオンラインショップでするメリット

ソフトバンクオンラインショップで機種変更するメリットは次の4つです。

【ソフトバンクの機種変更をオンラインショップでするメリット】

  • 手数料と頭金がかからない
  • iPhoneなど人気機種の予約をお家で24時間申込み可能
  • 送料や代引き手数料がかからない
  • ショップでよくある待ち時間が必要ない

この4点について詳しく解説していきます。

手数料、頭金がかからない

ソフトバンクオンラインショップを使って機種変更をすると事務手数料などが発生しません。

ショップで機種変更をすると事務手数料の他に、機種代の頭金として3,000円~10,000円の費用が発生してしまいます。

ちなみに、この頭金はキャリア代理店(ショップ)が収益を出すために設定している金額のため各店で金額はバラバラです。

iPhoneなどの人気機種の予約を家で24時間申込み可能

iPhoneなどの人気機種は店頭では機種が在庫切れだったり、気に入った色が無かったりと中々お気に入りの機種を手に入れられません。

しかしオンラインショップならば、わざわざ店舗に出向いて機種を確認する必要もなく、24時間自分の空き時間に機種をチェックすることができます。

送料や代引き手数料がかからない

ソフトバンクオンラインショップは5,500円(税込み)以上の買い物をすると送料が無料になります。
機種変更でしたら当然この金額はオーバーしますから送料が必要ないわけです。
同時にケースやフィルムを買えば付属品も送料無料となります。

ショップでよくある待ち時間が必要ない

ショップで機種変更をすると平気で2時間くらい拘束されてしまいます。
土日の混雑しているときなどは、さらに自由に行動できない時間が増えます。
オンラインショップを利用すれば、待ち時間なく自分の好きなタイミングで申込をすることが可能です。

また、オンラインショップを使えば余計なオプションの勧誘などのストレスを感じることなく機種変更の手続きをすることができます。

ソフトバンクの機種変更をオンラインショップでするデメリット

次に挙げる3つのデメリットが問題ない方がソフトバンクオンラインショップで機種変更するとお得に感じるといえます。

【ソフトバンクの機種変更をオンラインショップでする4つのデメリット】

  • 即日受け取りができない
  • 機種を見て選べない
  • 自分でSIMカードの入れ替えや回線切り替えをする必要がある

この3点を詳しく解説します。

即日受け取りができない

ソフトバンクオンラインショップで機種を購入した場合、早くても翌日しか端末は届きません。

そのため、今日から新しい端末を使いたい方は待ち時間がかかってもショップでの機種変更をするしかありません。

機種を見て選べない

ネットショッピングの最大のデメリットです。

特に携帯端末は長く使い続けるものですし、値段も高いものですから、できれば手に取って質感などを確かめたいものです。

ソフトバンクオンラインショップで機種変更する際は、空き時間に量販店などで機種をみて、ある程度購入する端末が決まった状態で利用すれば失敗は少ないはずです。

自分でSIMカードの入れ替えや回線切り替えをする必要がある

ソフトバンクオンラインショップで機種変更をした場合、サポートしてくれるショップ店員は当然いません。
つまりオプションについても自分で調べて申し込み、自分でSIMカードの入れ替えや回線切り替えをしなければいけません。

この記事では出来るだけ詳しく自分で機種変更する方法を解説していますが、この記事を読んでも自信が持てないようでしたら、ショップで機種変更したほうが確実です。

ソフトバンクで機種変更する際の手数料について

ソフトバンクで機種変更する際の手数料について

機種変更方法事務手数料
店頭3,300円
オンラインショップ手数料なし

店頭とソフトバンクオンラインショップでは、手数料が上記のように違ってきます。
先ほども話したように、店頭で機種変更した場合、頭金が必要な場合があります。

先ほど話したデメリットが問題なければ、ソフトバンクの機種変更はオンラインがお得と言えます。

ただ、携帯電話の契約者が未成年の場合は、ソフトバンクオンラインショップで機種変更手続きができないので、店頭に足を運ぶしかありません。

ソフトバンクで機種変更に使えるキャンペーン一覧

2021年9月現在、ソフトバンクで機種変更した場合に使えるキャンペーンは全部で6種類。

キャンペーン特典内容
トクするサポート+48回払いのうち、最大24回分の支払いが不要
下通りプログラム最大58,800円のPyaPyaボーナスか本体代57,600円の値引き
3G買い替え
キャンペーン
最大32,400円値引き
1年おトク割+1年間毎月1,100円割引
プリペイドスマホ機種変更キャンペーン9,922円の割引
5Gスマホを買ってVRゴーグルもらおうキャンペーン対象機種購入でVRゴーグルがもらえるキャンペーン

【引用元:ソフトバンク公式ホームページより】

それぞれの条件等を詳しく解説していきます。

トクするサポート+

キャンペーン権利取得条件:48回払いで端末を購入することで適用可能になります。

【キャンペーン内容】
機種購入25か月目以降に機種変更をする場合、今使っている端末をソフトバンクに返却すると、端末代の残金の支払いをしなくても良いプランです。また、「1年買い替えオプション」を使えば、13か月目以降に「24回分-経過月」の残金を支払えば、残金無しで新しいスマホに機種変更できます。

比較的短い期間でスマホを交換したい人にとってお得なプランです。

ただし、端末返却時に破損等、ソフトバンクの基準に満たない場合は残金の支払いも発生するので、返却時に条件をよく確かめる必要があります。

下取りプログラム

端末をソフトバンクへ下取りに出すと最大58,800円のPayPayボーナスか本体代を最大57,600円値引きするキャンペーンです。

詳しくは次章で解説します。

3G買い替えキャンペーン

3Gケータイ・スマホから対象機種に機種変更をすると機種代金が割引されるキャンペーンになります。

【キャンペーンが対象となる方】

  • 今の携帯が3Gまでしか対応していない
  • 現在プリペイドタイプ以外の料金プランに契約している

 

3G買い替えキャンペーンの割引額と対象機種
対象機種キャンペーン割引額 直営店で購入した場合の追加割引オンラインショップで購入した場合の追加割引
Google Pixel4a(5G)-36,000円-21,600円-21,600円
AQUOS sense 5G-21,600円-21,600円-21,600円

3G買い替えキャンペーンはソフトバンク直営店かソフトバンクオンラインショップで対象機種を購入すれば端末代が0円になるキャンペーンです。

しかし、ソフトバンク直営店は意外に少なく、全国に8店舗しかないのでソフトバンクオンラインショップで機種変更をした方が無難です。

機種に特にこだわりがない方が、3Gまでしか対応していないガラケ・スマホからの機種変更する場合にとてもお得なプランです。

1年おトク割+

データープラン3Gに新たに加入もしくは加入中でガラケーからスマホに機種変更することでキャンペーン対象になります。

【キャンペーン内容】
上記条件を満たした場合に翌月から12か月間、請求金額から1,188円値引きとなります

あまりデータを使う予定のない人向けのキャンペーンです。

ただ、データ量3GはYouTubeなどを見てしまうと一瞬でなくなり追加料金が必要になりますから、特にガラケーからスマホに機種変更した場合は注意して使う必要があります。

プリペイドスマホ機種変更キャンペーン

プリペイド型のガラケーをお使いの方がプリペイド型のスマホに機種交換する場合に適用になるキャンペーンです。

対象機種:機種定価プリペイドスマホ機種交換キャンペーンの値引き無料チャージ分
Libero3:24,200円機種代から最大9,922円の値引き10,000円

機種代の値引きは各ショップで違うので確認する必要があります。
また、購入時旧機種を店舗で提示する必要があります。

5Gスマホを買ってVRゴーグルもらおうキャンペーン

対象機種をソフトバンク店舗もしくはソフトバンクオンラインショップで購入するとVRゴーグルプレゼントへの応募ができるキャンペーン

【キャンペーン対象機種】
ZTE Axon 10 Pro 5G・OPPO Reno3 5G

キャンペーンは数量限定で先着順でのプレゼントとなります。

また購入しただけではプレゼント対象にはならず、キャンペーンに応募してはじめてプレゼント対象となるので注意してください。

機種変更するなら下取りプログラムがお得!

機種変更するなら下取りプログラムがお得!

機種変更をして使わなくなった携帯を処分するなら、ソフトバンクの「下取りプログラム」がお得です。

下取りプログラムは、例えば画面割れ等、通常の携帯買取ショップでは買ってくれない携帯も減額されますが買い取ってくれます。

下取りプログラムの詳細は次のようになっています。

【下取りプログラム特典】

下取り機種により最大で58,800円のPayPayボーナスもしくは最大57,600円の購入機種値引きを受けられます。

注意点:ソフトバンクオンラインショップでの機種変更の場合はPayPayボーナスのみ破損している場合は条件を満たせば「破損品」価格での特典となります。

【ソフトバンク下取りプログラム(機種変更)適用条件】

  • 下取り対象機種をソフトバンクで購入している
  • 機種変更でソフトバンク指定の機種を購入している
  • PayPayボーナスを受け取る場合は、PayPayアカウントに登録していること
  • 購入代金割引を受ける場合には、古物営業許可のある店舗で新機種購入と同時に下取りを受ける
  • 製造番号(IMEIなど)が確認でき、メーカーの保証対象外(改造していない)の状態になっていない
  • 「スマホデビュー割」の適用もしくは「スマホデビュープラン」に加入していない
  • 「電源が入らない」「初期化されていない(各種ロックが解除されていない)」「水没した痕跡がある」機種は下取りできない

引用元:ソフトバンク下取りプログラム

下取りプログラムは実質PayPayボーナスへの付与がメインのキャンペーンですが、「トクするサポート+」などに加入していない場合は携帯買取ショップよりお得なキャンペーンと言えます。

ソフトバンクの下取りは店舗とオンラインショップどちらでも可能

ソフトバンク下取りプログラムは、店舗でもソフトバンクオンラインショップでもどちらでも申し込むことができます。

下取り方法は店舗の場合は店頭で下取りと郵送で下取りの両方を選択でき、オンラインショップの場合は郵送での下取りになります。

どの方法を使っても特典は一緒なのでご自身の都合の良い方法を選んで大丈夫です。

以下でそれぞれの方法での下取りプログラムの手順を紹介しますので、参考にしてください。

店頭で下取りを利用する手順
  1. 本人確認のための「免許証」「パスポート」「マイナンバーカード」などを持参する
  2. 来店前に「バックアップ」「初期化」「各種ロック解除」を行う
    ※「購入代金割引」特典を受ける場合には店頭でデータ移行ができる状態にして携帯を持っていく
  3. ソフトバンクショップに来店し、査定を受ける
  4. 特典を受ける
店舗で機種変更をして郵送で下取りを利用する場合
  1. 店頭で下取りの申し込みを行い、送付キットを受け取る
  2. 「バックアップ」「初期化」「ロック解除」を行う
  3. 「下取り機種」と「添え状」を送付キットに梱包し発送
  4. 査定後、特典を受け取る(PayPayボーナス)
ソフトバンクオンラインショップで下取りを利用する場合
  1. 機種変更後、「下取りプログラム(機種変更)」を申し込む
  2. 商品発送先住所にて送付キットを受け取る
  3. 「バックアップ」「初期化」「各種ロック解除」を行う
  4. 送付キットに下取り機種を梱包し発送する
  5. 査定後、特典を受け取る(PayPayボーナス)

ソフトバンクの機種変更をする際の注意点

ソフトバンクで機種変更する際、注意しておくべきポイントがあります。

下記3つは、ソフトバンクオンラインショップを利用して機種変更する際に注意してほしい点です。

【ソフトバンクで機種変更する際の注意点】

  • ソフトバンク下取りプログラムは途中解約されることがある
  • 自宅受け取りの際、宅配BOXなどの受け取りができない
  • 未成年の方はオンラインショップで機種変更ができない

上記3つの注意点の詳細をこの後、紹介します。

ソフトバンク下取りプログラムは途中解約されることがある

ソフトバンク下取りプログラムは、ある程度破損した携帯でも下取りしてくれるのですが、次に挙げる3つの状態の場合は下取りできません。

  • 電源が入らない、スリープボタンが機能しない
  • 各種ロックが解除されていない、初期化されていない
  • 現状正常に作動していても水没した履歴がある

このような状態の場合、下取り不可となり返却されてくるので、特にロック解除と初期化は忘れないようにしてください。

自宅受け取りの際、宅配BOXなどの受け取りができない

ソフトバンクオンラインショップで端末を購入した際は指定した場所で対面で商品を受け取らなければいけません。

受け取り日時の指定は余裕をもった時間設定にすると無駄が省けるはずです。

未成年の方はオンラインショップで機種変更ができない

携帯の契約者が未成年(20歳未満)の場合、ソフトバンクオンラインショップで機種変更ができません。

ソフトバンク店舗でしたら、親権者が同行もしくは親権者の同意書があれば機種変更ができるので、未成年者は店舗で機種変更するしかないのが現状です。

ソフトバンクの機種変更する際に、よくある質問

最後にソフトバンクで機種変更する際によくある質問に対してQ&Aで回答していきます。

機種変更はSIMカードの入替のみでOK?

古いスマホと新しいスマホが同じUSIMの場合:USIMカードの入替だけでOKです。

古いスマホと新しいスマホが違うUSIMだった場合:回線切り替え手続きが必要になります。

詳しくは「ソフトバンクオンラインショップを使って自分で機種変更する手順」を参照してください。

ソフトバンクのiPhoneは、自分で機種変更できる?

iPhoneも問題なく自分で機種変更できます。

この記事でも「ソフトバンクオンラインショップを使って自分で機種変更する手順」で詳しく解説していますし、ソフトバンク「iPhoneお客様サポート」でも詳しく解説していますから参考にしてください。

ソフトバンクは、以前家族が使っていた機種を持ち込んで機種変更できますか?

ソフトバンクの各ショップでは機種持ち込みでの機種変更に対応しているので問題ありません。

ちなみにご家族の以前使っていた機種がソフトバンクの場合、自分の機種と同じUSIMでしたらUSIMを差し替えるだけで使うことができます。

USIMカードの確認はソフトバンク「サポート」に一覧があるので参考にしてみてください。

機種変更の際に必要なものはなんですか?

店頭での機種変更、ソフトバンクオンラインショップでの機種変更では、それぞれで必要なものは次のようになっています。

【店舗で機種変更する時に必要なもの】

  • 機種変更する携帯本体
  • 身分証明書
  • 未成年の場合は「親権者の同意書」
【ソフトバンクオンラインショップで機種変更する時に必要なもの】

  • マイソフトバンクのアカウント端末に設定した4桁の暗証番号
  • 連絡受信用のメールアドレス

機種変更する際の手数料はいくらかかりますか?

店舗で機種変更する場合は3,300円事務手数料が必要となります。

ソフトバンクオンラインショップで機種変更する場合は無料となっています。

ソフトバンクオンラインショップを使って自分で機種変更するのは意外と簡単!

自分で機種変更する手順は、自分でスマホを設定できたり簡単なパソコン操作ができる方ならさほど難易度は高くありません。

はじめての方でも、この記事の手順を参考にデータ移行まで問題なくできるはずです。

近年は格安スマホの登場により自分で機種変更することが主流になってきました。

ソフトバンクもオンラインショップを使えばお得に時間を節約した機種変更をすることができます。

ぜひ、この記事を読んで「できそう」と感じたのなら、わざわざショップに足を運ぶわずらわしさから解放された機種変更に挑戦してみてください。

\24時間好きな時に申込OK/

この記事を書いた人
福田ありさ

福田ありさ

ぴかまろ編集・ライティング担当。光回線の販売経験を活かして、インターネットサービスのあれこれをわかりやすくお伝えできるように日々奮闘しています。家でも光回線やスマホサービスを色々試しており、ユーザー目線でリアルな情報を発信できたらと思っています!よろしくお願いします。

NEWS PICKSはこちら